老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
1 / 394 ページ 前へ→

【13385】社会の本質
[NEW]  退役軍人  - 17/11/23(木) 19:36 -

引用なし
パスワード
   米空軍第十基地航空団司令官の訓話

我々の社会の基本に通底すると思うのでご紹介します。

h
ttps://w
ww.youtube.com/watch?v=XtyCvA8eN18

本気でかつ怒りを隠さない訓示。

まぁ、見て頂ければお解りになると思います。

軍服を着ている人の発言との色をつけて否定する人がいるのだろうか。
・ツリー全体表示

【13384】Re:GODZIRA 怪獣惑星 観てきました
[NEW]  かっくるなかしま  - 17/11/23(木) 11:21 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
cc▼退役軍人さん

おはようございます。

>おはようございます。
>昨日レイトショーで観てきました。

(*^^*)

>去年の東宝作品と比較されてますが、今回のGODZIRA怪獣惑星が全三部作であるということと、脚本が魔法少女マギカまどかの虚淵玄であると言う点で予想すれば、王道の怪獣SFであるということ。

自分も最初は比較してしまって、さすがにハードルが高いと思っていましたが、見終わって、比較の対象は、初代やシン・ではなくて、その他のゴジラシリーズというところに落着しました。

>宇宙人、ゴジラ以外の怪獣(キングギドラも出るそうです)自作に出ると予想されるメカゴジラ。
>王道です。

キングギドラですか(*_*)

ラストのあのデカイのを見てしまうと、次回作では2万年前に出てこなかったものの出番ですよね。キングギドラは相応しい。モスラも(*^^*)

>逆に昨年の大ヒット作シンゴジラは?
>怪獣映画としてはかなりの異端であると。
>監督、庵野氏のゴジラと特撮の愛とオマージュ、そして徹底的な実際にあるもののリアリティと一切の無駄を省いた編集。
>異端です(列車がゴジラに一矢報いる時点で異端)。

全くです。女子供が出ないし、出てきた女はみんなどこか変だし(笑

>やはり去年が凄すぎた。
>君の名はもDVDで視聴しましたが、凄すぎてもう。
>新海監督の囲い込みに失敗した日テレはダメージが大きいでしょうね。
>昨年との比較は質の面ではねぇ。

そこは仕方ないっす。

>GODZIRA三部作でどこまでやれるか?
>一応追いかけますが、つくづく去年が凄すぎたの一言です。

今回の新作への期待値としては、複数のUMA(怪獣)が出てくるその他の数多のゴジラシリーズの中での「新機軸」にあります(^-^ゞ

・・・

>ガールズ&パンツァーも劇場7部作で完結編をやります。

地元の大洗港が聖地のようっす(*^^*)

ttp://w
ww.ibarakiguide.jp/seasons/girls_und_panzer.html
(観光いばらき、人気アニメ「ガールズ&パンツァー」の街・大洗をたのしもう♪)

>いわゆるヤマト2199と同じですね。
>こちらは一昨年の劇場版で既に固定客としてのガルパンおじさんが確保されてます。

ガルパンおじさん(≧∇≦)b

>株価としては、公開日の前後で仕手を仕掛けるのもいいかもしれません。
>失敗したと思われたテレビアニメが再放送・再編集で息を吹き返した稀有な例です(初代ガンダムに近い)。

ヤマトもガンダムもエヴァも最初の放送ではパッとしていませんでしたよね。

>バンダイビジュアルがバックについたので、資金もクリアしています。
>今後のアニメは流れが今までと変わるか?
>作画スタッフの賃金も問題になっており、クオリティ確保に資金を出す側がそれを改善できるのかも焦点です。

制作の水平分業の体制作りがとても重要そう。

>あと今年ナンバー1アニメ、けものフレンズの続編も気になるところです。

今年の一番は「けものフレンズ」でしたか、気がつかなかった(>_<)

NHKの「ねこねこ日本史」とか好きなんですが、ねこねこ日本史は世の中的に評価が今一つなんでしょうか(^^;;

ではまた(^-^ゞ

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13383】GODZIRA 怪獣惑星 観てきました
[NEW]  tomyk  - 17/11/23(木) 6:20 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん
▼退役軍人さん

おはようございます。
昨日レイトショーで観てきました。

去年の東宝作品と比較されてますが、今回のGODZIRA怪獣惑星が全三部作であるということと、脚本が魔法少女マギカまどかの虚淵玄であると言う点で予想すれば、王道の怪獣SFであるということ。
宇宙人、ゴジラ以外の怪獣(キングギドラも出るそうです)自作に出ると予想されるメカゴジラ。
王道です。

逆に昨年の大ヒット作シンゴジラは?
怪獣映画としてはかなりの異端であると。
監督、庵野氏のゴジラと特撮の愛とオマージュ、そして徹底的な実際にあるもののリアリティと一切の無駄を省いた編集。
異端です(列車がゴジラに一矢報いる時点で異端)。

やはり去年が凄すぎた。
君の名はもDVDで視聴しましたが、凄すぎてもう。
新海監督の囲い込みに失敗した日テレはダメージが大きいでしょうね。

昨年との比較は質の面ではねぇ。

GODZIRA三部作でどこまでやれるか?
一応追いかけますが、つくづく去年が凄すぎたの一言です。

ガールズ&パンツァーも劇場7部作で完結編をやります。
いわゆるヤマト2199と同じですね。
こちらは一昨年の劇場版で既に固定客としてのガルパンおじさんが確保されてます。
株価としては、公開日の前後で仕手を仕掛けるのもいいかもしれません。
失敗したと思われたテレビアニメが再放送・再編集で息を吹き返した稀有な例です(初代ガンダムに近い)。

バンダイビジュアルがバックについたので、資金もクリアしています。

今後のアニメは流れが今までと変わるか?
作画スタッフの賃金も問題になっており、クオリティ確保に資金を出す側がそれを改善できるのかも焦点です。

あと今年ナンバー1アニメ、けものフレンズの続編も気になるところです。
・ツリー全体表示

【13382】米国、対北朝鮮で追加制裁14団体・個人な...
 かっくるなかしま  - 17/11/22(水) 13:24 -

引用なし
パスワード
   表題は日経のこちらから(↓)であるが、

外電(FT、CNN、Foxなど)で確認すると、テロ支援国家再指定後の米国財務省による追加制裁の第一段は、実質的には中国に対する追加措置となっている。

ttps://r.nikkei.com/article/DGXMZO23783270S7A121C1000000
(日経、「米、対北朝鮮で追加制裁14団体・個人など対象に」、2017/11/22/04:47)

>> 米財務省は21日、北朝鮮への追加制裁として1個人と13団体、20の北朝鮮の船舶を新たに対象に加えたと発表した。中国の貿易会社などが含まれる。米国内の資産が凍結されるほか、米国人との取引ができなくなる。

外電では例えばFTによるこちら(↓)。
ttps://w
ww.google.co.jp/amp/s/amp.ft.com/content/1008ec2a-cee6-11e7-9dbb-291a884dd8c6
(FT、US hits Chinese firms as it boosts North Korea sanctions)

>> The Treasury on Tuesday unveiled sanctions on one Chinese individual, 13 entities that included four Chinese trading companies, and 20 shipping vessels that it says are helping North Korea evade UN sanctions.

・・・

今回のテロ支援国家への再指定の「効果」という点では、これまでに独自の経済制裁を重ねてきているため経済的なものよりむしろ、第一にシンボリックな政治的メッセージとして、第二に第三国へのプレッシャーにあると言えるでしょう。

追加制裁の「余地」という点では、これまでに主要国および国連での追加制裁を重ねてきているため、その余地は小さい。 しかし同時に、米国にせよ中国にせよ、決定的に北朝鮮を追い込むことを避けてきた。つまり、余地に乏しいが、残されている措置は北朝鮮にとって痛打となるものと言えるでしょう。

退路を完全に断ってしまうという意味での最終的なそれは、1) 米国による金融制裁での金氏一族の「資産凍結」、2)中国による経済制裁での石油・原燃料の「全面禁輸」、の二つ。

米国による制裁措置は、来週にかけて逐次、追加されてゆく予定にあるが、時間をかけて小出しにしているのは、北朝鮮及び、中国・ロシアなど第三国の反応を見ながらということであり、(外交交渉期間) それでも北朝鮮からの交渉再開/妥協のレスポンスに乏しい、或いは逆に弾道ミサイルの試射(ICBMまたはSLBM)の形で対決の様相を強める場合、制裁は最終的なものへと収斂してゆくのでしょう。

テロ支援国家の再指定以降の制裁措置は、これまで温存してきた切り札を切ってくるということなので、相対的に交渉のテーブルに残ってくるのは軍事オプションとなり、いよいよの警戒水域に入ってきたと思われる。言い換えれば、向こう1〜2週間が交渉による非軍事的な問題解決の最大の機会/最後の機会(?)となるでしょう。

ーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13380】トランプ政権、北朝鮮をテロ支援国家に再...
 かっくるなかしま  - 17/11/21(火) 7:37 -

引用なし
パスワード
   表題副題はNHKのヘッドラインから(↓)。
ttp://w
ww3.nhk.or.jp/news/html/20171121/k10011230341000.html
(NHK、「トランプ政権、北朝鮮をテロ支援国家に再指定へ」、2017/11/21/01:56)

詳報は外電によるこれら(↓)。

ttps://w
ww.bloomberg.com/news/articles/2017-11-20/trump-says-u-s-to-label-north-korea-a-state-sponsor-of-terror
(Bloomberg、label a state sponser、 2017/11/2/3:49JST)

ttps://amp.cnn.com/cnn/2017/11/20/politics/president-donald-trump-north-korea-terrorism/index.html
(CNN、names a state sponser、2017/11/21/02:45PMEST)

・・・

このタイミングでの再指定は、トランプ大統領のアジア歴訪後の直近の中国による北朝鮮への勅使派遣(↓)と無関係ではあり得ないでしょう。

ttps://w
ww.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-15/OZG0C16K50XU01
(Bloomberg、「中国、北朝鮮に特使派遣へ、トランプ大統領が先週訪中したばかり」、2017/11/15)

ttps://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20171120-00078362/
(Yahoo!、遠藤誉、「北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか〜特使派遣の裏側」、2017/11/20)

上記の再指定の報道では、本日以降、来週にかけて逐次、追加的な制裁が課せられる見通しであるが、我が国との関連で言えば、6月に可決・成立、7月に施行された「改正組織犯罪処罰法」(↓)が相応に意味を持ってくるでしょう。

ttps://r.nikkei.com/article/DGXLASFS14H4D_U7A610C1M11000
(日経、「共謀罪を規定する条文全文」、2017/06/15/18:56)

ttps://w
ww.zakzak.co.jp/soc/amp/170728/soc1707280020-a.html
(Zakzak、「北メディア、共謀罪法施行を非難」、2017/07/28)

改正組織犯罪処罰法ーテロ準備罪、テロ支援国家再指定ー北朝鮮というそれぞれの関係が接続して、改めて、改正組織犯罪処罰法ーテロー北朝鮮という構図に。

高々数ヶ月前の出来事であるが、当時のメディアの報道では、改正組織犯罪処罰法の呼称を巡り、共謀罪かテロ準備罪かで二分されていたが、起きている事実(テロ支援国家再指定)を鑑みれば、テロ準備罪と呼称するのは故なきことではなかったと言えるし、私見では当初より安倍政権は、米国との意思疎通のもとで予見的(プロアクティブ)に行動していたと観ます

平たく言えば、北朝鮮関連の組織・団体は、改正組織犯罪処罰法のもとで、事前監視がより強化されるだろうし、高々10余年前まで、北朝鮮と親密な友好関係にあった一部の政党・政治団体も該当し得る。

また、改正組織犯罪処罰法の制定を目指した年央の「通常国会」を振り返れば、受託収賄での立件が全く視野に入らないにも関わらず、森友・加計騒動で国会が空転し、一部の野党と一部のメディアが倒閣運動に傾斜した動機も、強く推し量れるところとなるでしょう。

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13379】どうなるBitcoin〜金融当局の認識は、Fi...
 かっくるなかしま  - 17/11/20(月) 16:40 -

引用なし
パスワード
   都内某所にて、ブロック・チェーンの共同研究シンポジウムに参加する機会を得たので、

また、内容的にも、金融当局の参加を交えつつ、包括的・体系的で興味深いものがあったので、その概況をお伝えしておきましょう。

結論は表題、

どうなるBitcoin、

金融当局の認識は、Fintech≒ブロック・チエーンの様相。

そのココロは、

投機ブームに沸いている仮想通貨(Bitcoinなど)ですが、

あまり眼中にないようです(*´∀`)

(中央銀行の通貨に取って替わるとは見られていない)

(ということは、仮想通貨ブームがそうした期待に支えられている、或いはそうした期待に煽られているとすれば、剥落するということです。)

・・・

共同研究シンポジウムの趣旨は、基盤技術(インフラ)としての「ブロック・チェーン」に専らフォーカスして、その「制度的課題」を検討する/展望する、というもの。

法学・商学・経済学・工学が交錯しつつも、制度設計になるので、金融当局による「政策立案」の《前提》を知る、

従って、IMFやBISがどう考えているのか? (彼らは報告書で何を言っているのか?) ということが起点となっている。

・・・

【問】 IMFやBISは、どう考えているのか?

【答】 (それについては日経等、報道ではいろいろ伝えられているが、シンポジウム及び当局の見解として) 1) そもそも国際報告(IMFやBISによる)の動機は、マネー・ロンダリングや経済制裁にある、2) 今のところ仮想通貨のブームについてはその影響は軽微と観ていて、むしろ、「ブロック・チェーン」が広範に使用される場合の影響に主たる関心を持っている、3) 巷でのFintechについては、(ニアリイ)イコールブロック・チェーン(分散型基本台帳)であると(金融当局は)認識しつつ、その「適用領域」は、大口の金融決済手段(大口CBCC)と限定し、小口CBCCは実現困難、としている。(注記:CBCC=中央銀行仮想通貨)

《補足》
・ 法学の観点では、「公法」(規制)の将来像となる。興味深いのは、法学の領域で関心事となっているのは、「執行管轄権の域外適用」にあるというところ。(国家主権は仮想空間にどこまで及ぶか?である) IMF/BISの調査の初期の動機が、マネー・ロンダリングや経済制裁にあったことと重なり合う。

・ 中央銀行は小口CBCCに懐疑的であるが、より広く経済学的観点では、仮想通貨は決済手段の一部を代替し得ても、与信(信用創造)はそれ自体では担えない、となる。(信用とは情報であるから、当たり前と言えば当たり前である)

・ 但し、同じく経済学的観点では、通貨に付随する情報が、必ずしも銀行の独占とはならなくなる。ビッグデータで購買行動を熟知する大手流通業者のポテンシャルがそれ。従って、IMF/BISは、金融業は不滅であっても、今の金融業の事業モデル(高コストの決済に収益を依存)をコーシャス/懐疑的に観ている。

ーーーーーーーーーーーー

《補足の補足》
・ 参加しているのは、金融当局を含む産学官。

・ ゲート式量子コンピュータによる暗号解読というセキュリティの要素も関連するので、産業技術総合研究所の技術者も参加していたが、結論はしばらく破れない。ぶっちゃけ、もし破られていても知る由がない、と。

・ ゲーム理論の経済学者が面白い指摘をしていて、Bitcoinの供給のモチベーションは採掘(マイニング)による利得あるが、採掘が装置産業化していて、寡占化による市場機能の阻害にぶつかりつつあるが、(阻害=多数の事後の相互承認という機能が低下すること)、寡占化を修正しようとすると、モチベーションが損なわれるというジレンマに陥るというところ。

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13378】番外編〜東宝の株価とGodzilla怪獣惑星の...
 かっくるなかしま  - 17/11/20(月) 10:54 -

引用なし
パスワード
   番外編として記しておきましょう、

東宝の株価とGodzilla怪獣惑星のユーザーレビュー。

・・・

経緯を振り返ると、まず東宝の株価(↓)。

ttps://m.finance.yahoo.co.jp/stock/chart?code=9602.T&candle_period=d&span=1
(Yahoo!株価、日足、過去1ヶ月)

月初の試写会以降、その評判をほとんど聞き及びませんが、株価がじり安となっていた。(評判は断片的に出ていても、標本集団とするには不十分だった)

ちょうど1年前に東宝は、「君の名は。」と「シン・ゴジラ」で興行的に大きく成功したので、株価は大きく水準訂正したが(↓)、
 
ttps://m.finance.yahoo.co.jp/stock/chart?code=9602.T&candle_period=w&span=2
(Yahoo!株価、週足、過去1ヶ年)

前年対比(YOY)で業績は、常識的には減益の基調に向かうと見られるが、

【問】逆に、その株価の支持要因となり得るのが、今回の「Gozilla怪獣惑星」であるが、果たしてどれだけ効くのか?

ブロックバスターは滅多にないが、昨年はそれが続いたので、今回も可能性は排除できない。

・・・

ということで、実際に視聴・観賞して試(み)る、となり、

その結果の自分の感想としては、「予想外に面白かった」、ということだったのだが、(既報)

投資判断上は、自分がどう思うかだけでなく、他の多くの人達がどう思うかでもあるので、← J.M.ケインズの「美人投票」

Yahoo!でのユーザーレビューを確認すると、評価はこうした分布にある(↓)。

(個々の意見ではなく、意見の集まりの様子に意味がある。)

ttps://movies.yahoo.co.jp/movie/GODZILLA+怪獣惑星/357979/review/
(Yahoo!映画ユーザーレビュー)

一瞥して、評価が割れていることが分かり、

しかも真っ二つなところが面白い(*^^*)

その理由を考える前に、

東宝株の評価という結論から申し述べると、

【答】 今回の「Gozilla怪獣惑星」は、同社株の支持要因とはなり得えない、

となります。

それは、評価の割れる「Gozilla怪獣惑星」が失敗作であったからではなく、ユーザーレビューで容易に確認できる通り、昨年の二つの作品の評価が極めて高いことによる相対的な落差となります。

ttps://movies.yahoo.co.jp/movie/シン・ゴジラ/354182/review/

ttps://movies.yahoo.co.jp/movie/君の名は。/355058/review/

蛇足ながら、

上記の二つの作品のレビューの分布を見ると、あれだけ評判が高くても、最低評価をつける人達が世の中には10%〜15%いて、

100%満足させられるものなどあり得ない、ということを確信します(笑

・・・

一区切りつけて、Godzilla怪獣惑星のレビューに戻って、評価が真っ二つに割れるのは何故か? と考えてみると、

単純にそれが駄作だからとはならない。所謂、駄作の場合、レビューの分布形状は「ピラミッド型」になるため。例えば、最近のアニメSF映画ではこういう型に見られるように(↓)。

ttps://movies.yahoo.co.jp/movie/交響詩篇エウレカセブン+ハイエボリューション1/360093/review/

推測するに、

事前の期待値が高くなってしまう、というのがあるでしょう。

昨年の「シン・ゴジラ」との比較がどうしても働いてしまうし、

作品にGodzillaを冠していて東宝からのオーソライズを得ている以上、「シン・ゴジラ」以降の最初に作品として、相応しいか? という視点が加わってくるから。

そしてそれだけではなく、

ゴジラ単独ではなく、複数のUMA(怪獣)が登場するという設定が不利な要因に働いてくる。

平たく言えば、昭和ゴジラも平成ゴジラも辿ってしまったゴジラシリーズとしての「子供向け」路線への傾斜への危惧。

典型的に、モスラが出てくると、収拾がつかなくなり、ファンタジー化してしまう(>_<)

逆に言えば、今回のGodzilla怪獣惑星は、ゴジラシリーズの「鬼門」にいきなり挑戦してきているので、

来年5月の次回作で作品の評価が決まる、と観ています。

個人的には、ゴジラシリーズの多くの他の作品群をリセットしてリブートする役割を本作品に位置付けとして期待しています。

平成ゴジラにせよシン・ゴジラにせよ、「子供向け」でぐだぐだになったものを、初代への回帰でリセットしてきたけれど、

初代への回帰だけを毎回続けられるはずもなく、(四半世紀に一回のペースで回帰してきたが)

むしろ、その途中でぐだぐだになっているもの全体をなんとかする「サルベージ」が今回のトライアルになると観ています。

忌憚なく言ってしまうと、

(社会的・文化的に) 平和憲法下でのゴジラシリーズで繰り返されてきた似非平和主義によるぐだぐだの破壊です(笑

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13377】アニメ版のGodzilla、観てきました、面白...
 かっくるなかしま  - 17/11/17(金) 19:16 -

引用なし
パスワード
   アニメ版のGodzilla、

観てきました、面白かったっす(≧∇≦)b

株式投資的には困ったな(´・ω・`)

・・・

2万年の時間経過は、往路と復路で1対3くらいの割合で生じていて、システムトラブルではなく、

辻褄は合っていないけれど、相対論的なウラシマ効果で、

Wikiが間違いっす。

そこの辻褄は合っていないけれどあまり気にならず、

映画のテイストは、戦闘シミュレーションゲームに近いかという感じ。

前半、退屈だという感想が見られるけれど、

退屈はしなくて眠気もなく、あっという間の90分だったので、

面白かったと。

でも、シン・ゴジラやサマー・ウォーズほどではなく、君の名は。ほどでもなく、

佳作といったところか。

ラストにどんでん返しが入るので、

続編は観に行きます(^-^ゞ

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13376】Re:映画「ゴジラ怪獣惑星」、ウラシマ効...
 かっくるなかしま  - 17/11/17(金) 14:49 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:

おはようございます。

>>地上波でのシン・ゴジラを観ていたら、

>まぁ、そうなんですが。
>SF小説を読んだり、SF漫画、あるいはSF映画を楽しもうとすると。
>なぜか、脳味噌が違和感で満たされることが多いんですよ。

そこは同じです。SFの場合は、一応、科学的な素材を用いているだけに誤魔化しが効かず、設定が破綻していると、SFでその話をやる必要があるのか?となります。

SFに表現上の利点があるとすると、ダメな作品は最初からダメさの見極めがつきやすいというところだろうと思っています(笑

>「そんなわけないだろ。」と思うこと多し。

その違和感を補って余りある何かがないと、作品としてきついわけですが、

SFの場合は、前提にする虚構が、公理のように働いて、いかに虚構の世界を構築できるかに掛かるだろうと思っています。アシモフのロボット3原則などはその典型で、もしもそれがなかったら何も生まれてこない。

上手く言えませんが、異質さが異質な世界を作れていると成功で、異質さが現実の世界で浮いてしまうと失敗なのでしょう。

・・・

>まっ、エンタティメントだからと思うしかありません。

取り敢えず、2時間くらいの間、眠くならなければいいかなと(笑

>それと、我々人類が知っていることより知らないことのほうが多いよなぁ。
>って、何とか折り合いをつけて楽しんでます。
>結論として、SFエンタティメントといういわば「視聴覚メディア(媒体)」を使ってのビジネスだから。儲からなければならないという命題からは逃げられないだろうし。

SF映画の場合だと、斬新な視覚映像の創造のエッジを行っていたわけですが、それ(SFX)が普通になってしまったので、最近では、知名度のある大作の続編/リブートで、制作費と広告を回収することが前提になっていて、何か面白くなくなってきています(笑

>運命だとか、愛だとか、勇気なんかのいわば共通の価値観の部分を観衆に訴求しなければいけないし。
>面白くなければならないし。

たかだか2時間に、第3者に自己投影させたり感情移入させたりする技術は凄いです。> 映画

>こういうビジネスの世界で生きている人たちを尊敬しますよ。
>とても、私には出来ない事だから。

見方を変えると、彼らの存在がSF的です(笑 未来の世界で彼らがどういうことをしているのかをSF映画にしてみて欲しいっす(^-^ゞ

・・・

今回のゴジラ(アニメ版)に関して言えば、

東宝の株価(↓)との関連で注目しています。

ttps://m.finance.yahoo.co.jp/stock/chart?code=9602.T&candle_period=d&span=1
(Yahoo!株価、日足、過去1ヶ月)

月初の試写会以降、その評判をほとんど聞き及びませんが、株価がじり安となっています。

ちょうど1年前に東宝は、「君の名は。」と「シン・ゴジラ」で興行的に大きく成功したので、株価は大きく水準訂正しましたが(↓)、

ttps://m.finance.yahoo.co.jp/stock/chart?code=9602.T&candle_period=w&span=2
(Yahoo!株価、週足、過去1ヶ年)

前年対比(YOY)で業績は、常識的には減益の基調を向かえますが、

その株価の支持要因となり得るのが、今回の「Gozilla怪獣惑星」ですが、果たしてどれだけ効くのか?

本日の夕方に上映されるので観に行って参りますが、

売りのポジションを取っているので、株式運用上は強く駄作であって欲しいですが、一観客としては名作であって欲しい(笑

予想では若干の根拠をもってダメな方に賭けていますが、面白かったら損が出ます。

(´・ω・`) か、(≧∇≦)b かの分かれ目です。

ではまた。

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13375】Re:映画「ゴジラ怪獣惑星」、ウラシマ効...
 退役軍人  - 17/11/17(金) 9:30 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん

おはようございます。

<失礼大幅割愛>
>地上波でのシン・ゴジラを観ていたら、

>《コメント》
>・ ワープ航法で失敗するとは、超ハードな設定と言えるでしょう(;´∀`)
>
>・ 脱出速度の20倍くらいの「鈍足」で、2万年かけてくじら座タウ星eに到着し、主人公達はコールドスリープしていて余り年を取らなくて済んだ、とすると矛盾しないとも考えたが、違った。
>
>・ 亜空間航法を持ち出さずとも、準光速(ほとんど光速)の航行で減速に失敗して激しくオーバーランすると、1万年、10万年くらい容易に地球時間が経過してしまうが、その場合、主人公達が何十歳か年を取ってしまう。主人公達の平均年齢がたぶん60歳を越えてしまう(;´∀`)

まぁ、そうなんですが。

SF小説を読んだり、SF漫画、あるいはSF映画を楽しもうとすると。

なぜか、脳味噌が違和感で満たされることが多いんですよ。

「そんなわけないだろ。」と思うこと多し。

まっ、エンタティメントだからと思うしかありません。

それと、我々人類が知っていることより知らないことのほうが多いよなぁ。

って、何とか折り合いをつけて楽しんでます。

結論として、SFエンタティメントといういわば「視聴覚メディア(媒体)」を使ってのビジネスだから。儲からなければならないという命題からは逃げられないだろうし。

運命だとか、愛だとか、勇気なんかのいわば共通の価値観の部分を観衆に訴求しなければいけないし。

面白くなければならないし。

こういうビジネスの世界で生きている人たちを尊敬しますよ。

とても、私には出来ない事だから。
・ツリー全体表示

【13374】映画「ゴジラ怪獣惑星」、ウラシマ効果で...
 かっくるなかしま  - 17/11/17(金) 0:02 -

引用なし
パスワード
   地上波でのシン・ゴジラを観ていたら、

アニメ版の「ゴジラ怪獣惑星」の公開を控えるということで、あらすじをざっくりと眺めていて(下記のCiatr)、

一瞬、ポカン(´・ω・`)

というのも、

準光速で長距離航行して帰還すると、「ウラシマ効果」で1万年のオーダーで地球の時間が進んでもおかしくないが、

くじら座タウ星eは11.9光年とかなり近いから、さすがにそうした大きな時間差が生じない。(極端な話、ほとんど光速で往復して24年、宇宙船内時間がほとんど全く進まなくても、時間差は24年だから)

でもその一方で同時に設定では、

宇宙船内時間が20年経過していて、準光速で宇宙船内時間20年というのはかなりの長距離飛行に相当してきて、

1G加速の「常時一定加速航法」を採るとすると、くじら座タウ星e(距離12光年)どころか、みなみじゅうじ座アルファ星(距離322光年)辺りまで往復していてもおかしくない。

どうなっているんだろう?(;´∀`)

ttps://ciatr.jp/topics/205398
(Ciatr、「GODZILLA怪獣惑星、ゴジラ初アニメ映画のあらすじ」、2017/10/31)

>> 人類は長年におよぶ怪獣とゴジラとの戦いの末、地球脱出計画を立て地球から11光年離れたとある惑星に移住を試みましたが、時間をかけやっとたどり着いたその惑星は移住することが到底できないようなものでした。

>> 移住を断念し引き返す、人類一行は地球にたどり着くが、そこには見たこともないような光景が広がっていました。

>> なんと脱出を試みてから地球では2万年の月日が流れ、怪獣で溢れる未知の生態系を構築していたのです。

う〜ん(´・ω・`)?

ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/くじら座タウ星e

ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/みなみじゅうじ座アルファ星

・・・

ということで、

不思議に思って条件を変えて計算をいろいろとやって、往路で主人公達はだいたい0.515C(光速の約半分くらい)でくじら座タウ星eまで行ったはずだ、となった。

その場合、距離12光年のくじら座タウ星eまで所要時間は、12/0.515≒23.3年、船内(固有)時間はウラシマ効果で20.0年。(光速c=1として、v=tanhθ、Δt=Δτ・coshθなどを使用。Δτは船内固有時間、Δtは地球時間。coshθ≧1がウラシマ効果。)

でも所要時間は地球時間と同じだから、2万年も進まない。(準光速も光速の半分くらいだと効果は限られて、地球時間≒船内固有時間)

う〜ん(´・ω・`)?

ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/時間の遅れ

ttp://keisan.casio.jp/exec/system/1260325380
(カシオ、双曲線関数)

・・・

ということで、

念のためWikiで確認してみたら、

ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/GODZILLA_(アニメ映画)

>> 恒星間移民船「アラトラム号」は11.9光年彼方に存在する惑星「くじら座タウ星e」を目指して旅立った。

>> しかし、20年後に到着した惑星は人類が生存するには適さない環境であることが判明し、移住計画は事実上失敗に終わる。

>> アラトラム号は危険とされる長距離亜空間航行で往路よりもはるかに短時間で地球へ帰還する。

>> しかし地球では亜空間航行の影響によって2万年もの歳月が経過しており、人類の文明が失われた地上にはゴジラを頂点とした生態系が築かれていた。

(´・ω・`)

>> 亜空間航行の影響によって2万年もの歳月が経過しており

どひゃ〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ

ウラシマ効果じゃなかったのか(≧∇≦)b

亜空間航行の影響って?(´・ω・`)

普通はそれは「ワープ航法」だから、ほとんど瞬時に移動しないとまずい。

もし、ミッションが「大マゼラン雲(距離15.7万光年)まで行って放射能除去装置を貰って帰って来る」という場合、

光速でも往復32万年もかけたら地球が持たないからワープ航法を採るが、

ワープ航法で地球に戻ったら2万年経っていましただったら、相当にまずい(;´∀`)

・・・

でも、なんかしっくりこない。

往路で0.515Cで20年飛行している間に亜空間航行を実用化できるくらいの技術的進歩が見られるなら、

復路はほとんど光速で戻ってくるくらいにしておけば、1) 主人公達はほとんど年を取らなくて済むし、2)地球では12年経過するだけで済むはずなのだが(;´∀`)

・・・

つまり、

設定上、その2万年という時間を必要とする以上、また、例えばヒトの進化では2万年程度の時間は十分な意味を持ち得る以上、

2万年という時間がゴジラの進化にどれほどの影響をもったのか?が、大きな見所なのでしょう(*´∀`)

(残された人類がどうなったのか?も)

(2万年経って進化した人類が、実はゴジラでした、か?)

ーーーーーーーーーーーー

以下、関連情報を追記しておきましょう。

ttp://w
ww.itmedia.co.jp/news/spv/1504/23/news092.html
(itmedia、「SFでおなじみ「くじら座タウ星」、生命の存在はあまり期待できない、米研究」、2015/04/23)

《コメント》
・ くじら座タウ星eは、生命の生息に適していないようだということなので、Godzilla怪獣惑星の設定は残念な現実と言えそうである。

ttp://sorae.jp/030201/2017_02_23_nasa.html/amk(Sorae、「NASA、7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見、3つは生命存在可能」、2017/02/23)

《コメント》
・ Googleのトップロゴにもなっていたハビタブル惑星発見の今年の話題(*´∀`)

ttps://news.yahoo.co.jp/byline/kihirateruyuki/20171114-00078128/
(Yahoo! ニュース、紀平照幸/映画ライター、「シン・ゴジラの次はアニゴジ!超ハードな世界観で描かれる本格SFアニメGODZILLA怪獣惑星」、2017/11/14)

《コメント》
・ ワープ航法で失敗するとは、超ハードな設定と言えるでしょう(;´∀`)

・ 脱出速度の20倍くらいの「鈍足」で、2万年かけてくじら座タウ星eに到着し、主人公達はコールドスリープしていて余り年を取らなくて済んだ、とすると矛盾しないとも考えたが、違った。

・ 亜空間航法を持ち出さずとも、準光速(ほとんど光速)の航行で減速に失敗して激しくオーバーランすると、1万年、10万年くらい容易に地球時間が経過してしまうが、その場合、主人公達が何十歳か年を取ってしまう。主人公達の平均年齢がたぶん60歳を越えてしまう(;´∀`)

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13373】その後の希望の党(その3)〜小池百合子知...
 かっくるなかしま  - 17/11/14(火) 20:04 -

引用なし
パスワード
   世論同様、

都政に専念すべきであるとは思うが、

小池氏の場合、汚れ仕事ができない/しない、と観てしまっているから、

都政に時間的に専念しつつ、共同代表は継続で、

立ち上げてしまった希望の党にも、最後まで責任を負うかどうかが、

評価上のポイントであったかに思う。

ttp://w
ww.huffingtonpost.jp/2017/11/14/koike-kibou_a_23276364/
(ハフィントン、「小池百合子知事、希望の党代表の辞任を表明、何を語った?(発言詳報)」、2017/11/14/17:27)

小池氏が何を言っているかに興味が湧かない。

たやすく投げてしまえば、

都政に専念しようとも上手くいかなければ、

たやすく投げ出すのだろうと思う(´・ω・`)

ーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13372】米韓、インド太平洋戦略で不協和音 @毎日
 かっくるなかしま  - 17/11/11(土) 12:05 -

引用なし
パスワード
   国益は違っていて当然であるけれど、

異論/異議を唱えるにせよ、「タイミング」というものがあるでしょう。> 韓国

ttps://mainichi.jp/articles/20171110/k00/00m/030/061000c
(毎日、「米韓、インド太平洋戦略で不協和音、共同発表文」、2017/11/09/20:09)

ttps://w
ww.chosunonline.com/m/svc/article.amp.html%3fcontid=2017111000757
(朝鮮日報、「文在寅政権、韓国大統領府、インド太平洋戦略参加、米国と同意していない」、2017/11/10/08:50)

どひゃ〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ

全くのお粗末(≧∇≦)b

・・・

米韓首脳会談が終わったからそれで終わりではなくて、

アジア歴訪というシーケンスがあって、

《インド太平洋戦略》というのは米国にとって、ベトナムを訪問する大きな目的の一つであるのだから、

時間軸として、

ttps://mainichi.jp/articles/20171111/k00/00m/030/092000c
(毎日新聞、「トランプ大統領、ベトナムでのアジア政策演説の詳報」、2017/11/10/21:14)

トランプ大統領による演説(↑)が行われる前の時点で、

《インド太平洋戦略》を否定することは、

中国の国益に適(かな)ってはいても、米国の国益に全く相反していると言える。

だいたいからして、米韓首脳会談で合意したばかりであったはずだし、それについては9月の日米韓首脳会談で説明が行われていたはず。

トランプ大統領のアジア歴訪が終わってから、

米国による韓国の処遇、北朝鮮ではなくて韓国の処遇に興味津々。

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13371】Re:元慰安婦招待、日米政府に相談なし、...
 かっくるなかしま  - 17/11/11(土) 9:38 -

引用なし
パスワード
   ▼阿怪さん:

おはようございます。

>>ソースが朝日新聞で話題が慰安婦でだから・・
>>フェイクかもしれない(´・ω・`)
>>ttp://w
>>ww.asahi.com/sp/articles/ASKC964CMKC9UHBI01Q.html?iref=comtop_8_02
>>(朝日新聞、「元慰安婦招待、日米政府に相談なし、トランプ氏歓迎会」、2017/11/09/20:53)

>>だがしかし、ここまで伝えているし、第三者報道機関による確認/裏取りは容易であるはずなので、(また、朝日新聞にとって、有利な内容とも思われないので)

>>> 日米両政府は元慰安婦の女性が参加することは知らされておらず、事実確認に走ったが、韓国外交省は把握していなかった。韓国政府は夕食会の直前になり、米側に元慰安婦の女性の参加を告げたという。

>>事実を伝えていると仮定して・・
>>お粗末(≧∇≦)b

>わたしはてっきり米国務省が事前に韓国側から招待客のリストを提供されており、人物を点検して、シークレットサービスや大統領に伝えていたものと思っていたのですが、どうやらそうじゃなかったみたいですね。
>わたしが前に投稿したトランプや国務省の策謀説は取り下げなければならないかも。

続報として駐韓大使代理が寝惚けたことを言っているようなので、外務(国務)が上手く機能していないという点で、「不作為」と言えるのかもしれません。

(韓国側の動きを把握できていなかったとしたら、驚きですよね。普通は分かっているはずだし、であるなら容認したとなるわけなので。)

・・・

>軍事評論家の岡田俊次がいうには今回の歴訪に国務省はまったく関与、機能していなかったらしい。
>機能したくとも、ま、無いに等しいですからね国務省。岡田がネットで漏らしたところによれば、戦後、米大統領が皇居を訪問してはじめての異常事態があったという。
>シークレットサービスがトランプの訪問直前になって皇居内の警備状況を点検させろといって内宮に乗り込んできたという。
>まったく失礼どころかふざけた話だ。
>国務省から皇居内の警備状況がまるで伝わっていないというか、伝える人もいなかったらしい。シークレットサービスがその場その場で動き回ってやりくりしていたとか。
>(橋下徹が憤慨していたが、メラニアとかいうパンスケ婆あが挨拶を交わした後、陛下よりも先にどんと椅子に腰掛けてしまったこと。こんな非礼は世界中探してもこの野卑な一家がはじめてのことだとか)

>まあ、陛下に礼をしなかったことは許すとしても、こんな不潔な一家が皇居を我が物顔に歩いたというだけで汚された気がします。

田岡俊次氏は今でこそ軍事評論家の看板がウリになっていますが、私の頭の中では、昔のテレ朝のニュースステーションで朝日新聞社のコメンテーター/久米宏のサポート役の印象が強くてどうも・・(^^;;

それはさておき、皇居での警備を巡るトラブルの件での第一報は日経のこちら(↓)でした。

ttps://r.nikkei.com/article/DGXMZO23196840X01C17A1000000
(日経、「流れかけた陛下とトランプ大統領の会見」、2017/11/07/16:50)

>> 宮内庁幹部は一連の経緯について「コメントできない」としている。ただ、政府内では前代未聞ともいえる要求を米側が出してきたことに「米国務省の弱体化で、トランプ氏の警備当局に十分に外交儀礼や日米の慣例について教育できていない」(外務省幹部)との憤りの声が聞かれる。実際、トランプ政権の発足から約10カ月がたっても国務省の高官ポストは東アジア担当の国務次官補を含む多くが空席のままとなっている。

リークは本邦の外務省からでしょうが、

米国の現政権の外交能力が「弱体化」している、ということでしょう。

オバマ政権に比べると、軍派が政権中枢にあって安全保障政策で高い能力を示す一方、

国務(外務)がガタガタで、商務もまた長官がスキャンダルに見舞われて、

政権の執行能力のバランスが悪い。

今回のトランプ大統領のアジア歴訪でも、

我が国までは、外交基盤の弱さが目立っていませんでしたが、(皇居の警備のトラブルに綻びの一端が現れていますが)

韓国→中国→ベトナムと経るにつれ、次第に弱さが浮き彫りになっているものと観ています。

ベトナムで米露首脳会談を設定できなかったのは、最たるものではないでしょうか。

では。

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13370】Re:元慰安婦招待、日米政府に相談なし、...
 阿怪  - 17/11/10(金) 20:27 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん
こんばんは

>どひゃ〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ
>
>ソースが朝日新聞で話題が慰安婦でだから・・
>
>フェイクかもしれない(´・ω・`)
>
>ttp://w
>ww.asahi.com/sp/articles/ASKC964CMKC9UHBI01Q.html?iref=comtop_8_02
>(朝日新聞、「元慰安婦招待、日米政府に相談なし、トランプ氏歓迎会」、2017/11/09/20:53)
>
>だがしかし、ここまで伝えているし、第三者報道機関による確認/裏取りは容易であるはずなので、(また、朝日新聞にとって、有利な内容とも思われないので)
>
>>> 日米両政府は元慰安婦の女性が参加することは知らされておらず、事実確認に走ったが、韓国外交省は把握していなかった。韓国政府は夕食会の直前になり、米側に元慰安婦の女性の参加を告げたという。
>
>事実を伝えていると仮定して・・
>
>お粗末(≧∇≦)b

わたしはてっきり米国務省が事前に韓国側から招待客のリストを提供されており、人物を点検して、シークレットサービスや大統領に伝えていたものと思っていたのですが、どうやらそうじゃなかったみたいですね。
わたしが前に投稿したトランプや国務省の策謀説は取り下げなければならないかも。

軍事評論家の岡田俊次がいうには今回の歴訪に国務省はまったく関与、機能していなかったらしい。
機能したくとも、ま、無いに等しいですからね国務省。岡田がネットで漏らしたところによれば、戦後、米大統領が皇居を訪問してはじめての異常事態があったという。
シークレットサービスがトランプの訪問直前になって皇居内の警備状況を点検させろといって内宮に乗り込んできたという。
まったく失礼どころかふざけた話だ。
国務省から皇居内の警備状況がまるで伝わっていないというか、伝える人もいなかったらしい。シークレットサービスがその場その場で動き回ってやりくりしていたとか。
(橋下徹が憤慨していたが、メラニアとかいうパンスケ婆あが挨拶を交わした後、陛下よりも先にどんと椅子に腰掛けてしまったこと。こんな非礼は世界中探してもこの野卑な一家がはじめてのことだとか)

まあ、陛下に礼をしなかったことは許すとしても、こんな不潔な一家が皇居を我が物顔に歩いたというだけで汚された気がします。
・ツリー全体表示

【13369】トランプ米大統領、ベトナムに到着、APE...
 かっくるなかしま  - 17/11/10(金) 17:06 -

引用なし
パスワード
   表題副題は以下のロイターから(↓)。

ttps://jp.reuters.com/article/trump-asia-vietnam-arrival-idJPL3N1NG2QX?il=0
(ロイター、「トランプ米大統領、ベトナムに到着 APEC首脳会議出席へ」、2017/11/10 /15:34)

明日に予定されている米越首脳会談では、

ベトナムは、南シナ海を俯瞰する地政学的に極めて重要な位置取りにあり、消費経済が離陸する直前のフェーズにもあるため、

米越両国は名実ともに極めて良好な関係を相互に確認することが確実と見られるが、

同時に、

本日のAPEC首脳会議では、トランプ大統領がその《新アジア政策》を提示する予定にあるため、

併せて注目に値すると言えるでしょう。

ttp://w
ww3.nhk.or.jp/news/html/20171110/k10011218491000.html
(NHK、「トランプ大統領、ベトナムへ、アジア政策の演説も」、2017/11/10/10:35)
>> 演説についてホワイトハウスは「自由で開かれたインド・太平洋地域の構想と、アメリカの繁栄と安全のためこの地域が果たす重要な役割について強調する内容となる」と説明しています。

狭く我が国の外交という範疇で見た場合、

「自由で開かれたインド・太平洋地域」という構想は、トランプ政権の発足以前から進めてきた基本政策であり、周辺/関係諸国と緊密な関係を独自に築いてきたこともあり(インド、ベトナム、フィリピン、豪州等)、

「対中国」での動的均衡を図る上で、米国による新アジア政策の提示は、とても重要な指針となるでしょう。

(力の均衡による対立の緩和、冒険的機会主義の排除)

米中共同会見は玉虫色で、画竜点睛を欠くの感があったが、(私見)

トランプ大統領の歴訪の入り口(日米)と出口(米越)では、発せられるメッセージがよりクリアとなり、

トータルとして歴訪の意味が確定するとなるでしょう。

・・・

ttp://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51575?page=5
(JBpress、「ついにベトナム戦争を“追体験”できるトランプ〜米国のTPP離脱も意に介さず着実な成長を続けるベトナムの強か外交」、2017/11/10)

《コメント》
・ ベトナムは、おそらくは1960年代〜70年代にかけての我が国と同様の、地理的・社会的に均整の取れた高度経済成長を辿るでしょう。(人的リソースの資質の高さと前述の地政学的優位性によって。)

・ 米国がマクロ経済的に国家として金融業を営む構造にある以上、資本収支を稼ぎ出す成長セクターが必要であり、適合するのはASEANを中心とする東西の回廊となる。(人口動態と治安要因により、中東・アフリカ・中南米の投資リスクが上昇)

・ 東京で五輪を開催するには相応の理由があると観てよいでしょう。時差の少ないそれら途上国群での消費経済への離陸/移行期という観点で。

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13368】元慰安婦招待、日米政府に相談なし、トラ...
 かっくるなかしま  - 17/11/10(金) 12:44 -

引用なし
パスワード
   どひゃ〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ

ソースが朝日新聞で話題が慰安婦でだから・・

フェイクかもしれない(´・ω・`)

ttp://w
ww.asahi.com/sp/articles/ASKC964CMKC9UHBI01Q.html?iref=comtop_8_02
(朝日新聞、「元慰安婦招待、日米政府に相談なし、トランプ氏歓迎会」、2017/11/09/20:53)

だがしかし、ここまで伝えているし、第三者報道機関による確認/裏取りは容易であるはずなので、(また、朝日新聞にとって、有利な内容とも思われないので)

>> 日米両政府は元慰安婦の女性が参加することは知らされておらず、事実確認に走ったが、韓国外交省は把握していなかった。韓国政府は夕食会の直前になり、米側に元慰安婦の女性の参加を告げたという。

事実を伝えていると仮定して・・

お粗末(≧∇≦)b

別に我が国に対して伝える必要は、(相当に無礼ではあるが)

ないとしても、

米国に伝えていないというのはさすがにまずいだろう(;´∀`)

まさか、その慰安婦なんたらという団体が、北朝鮮に関連しているという場合、いったいどうなるのだろう? > 米韓関係

全くの他人(ひと)事ながら、((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13367】北朝鮮包囲網、残る濃淡、中国対話を堅持...
 かっくるなかしま  - 17/11/10(金) 12:26 -

引用なし
パスワード
   とても楽しみにしていたのだけれど、> 米中首脳会談

共同会見は、全体として玉虫色で、(場所柄、仕方ないか) 米中首脳のそれぞれの言い分の併記に近く、

北朝鮮への処遇は、足並みを揃えつつも温度差が見られ、

印象としては、当面、経済制裁の効果を測るという展開と観ておきましょう。(干魃の影響と制裁の効果が現れる時間帯に入っているし。)

両国の一致点と差異について、よく纏まっているのが表題でのこちら(↓)。

ttps://r.nikkei.com/article/DGXMZO2333088010112017EA2000
(日経、「北朝鮮包囲網、残る濃淡中国「対話」を堅持」、2017/11/10/0:30)

・・・

次の訪問先のベトナムでは、

「米露首脳会談」が予定されており、

米国の内政事情によりそれが凍結されてきただけに注目されるところであるし、

同時に、米中関係は中露関係に反映されるので、

(例えば、米中が接近すると緊密だった中露関係に隙間が生じる)

水面下ではともかく公式的には玉虫色だった米中首脳会談の実態を、

米露首脳会談を通じて推し量れるとなる。

(例えば、仮に水面下で米中が握ったとロシアが判断すれば、北朝鮮で無駄に抵抗せずに、シリアで米国の譲歩を引き出すという取引に)

ベトナムでは米露首脳会談とともに、「日露首脳会談」も予定されており、そちらにもおおいに注目、としておきましょう。

なぜならば、安倍首相とプーチン大統領は、9月初旬にウラジオストクで首脳会談を行っているが、

その時点で安倍首相は政治的にレームダック化の危機に曝されていて、

重要なことが決められない状況(≒ロシア側が真剣に我が国を相手にしない状況)にあったから。

先の総選挙圧勝と日米同盟再確認で足場を固めた上での仕切り直しの日露首脳会談となるので、昨年12月以降、3度目ながら、おおいに注目の両首脳会談と観ておきましょう。

ーーーーーーーーーーーー

以下は、米中首脳会談に関しての記録。

◆ 米中首脳共同会見のサマリー(↓)。

ttps://mainichi.jp/articles/20171110/k00/00m/030/155000c.amp
(毎日、「米中首脳の発言(要旨)」、2017/11/09/23:50)

ttps://w
ww.jiji.com/sp/article?k=2017110900989&g=use
(時事通信、「米中首脳の記者会見要旨」、2017/11/09/19:23)

・・・

◆ 欧米メディアの反応(↓)。概ね、トランプ大統領に対して辛口(^^;

ニュヨークタイムズ(↓)。
ttps://mobile.nytimes.com/2017/11/08/opinion/trump-china-xi-jinping.html
(New York Times、Trump Is Ceding Global Leadership to China)

ワシントンポスト(↓)。
ttps://w
ww.washingtonpost.com/amphtml/news/post-politics/wp/2017/11/08/in-beijing-trump-lavishes-praise-on-chinese-leader-touts-great-chemistry-between-them/
(Washington Post,、In Beijing, Trump declines to hit President Xi

CNN(↓)。
ttps://amp.cnn.com/cnn/2017/11/08/politics/donald-trump-xi-jinping-statement/index.html
(CNN、Trump blames US for trade gap with China)

BBC(↓)。
ttps://w
ww.bbc.co.uk/news/amp/world-asia-china-41924228
(BBC、Trump China visit: US leader strikes warmer tone with Xi Jinping)

Bloomberg(↓)。
ttps://w
ww.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-09/OZ4ZRT6JTSEB01
(Bloomberg、「トランプ大統領の訪中で見込まれる28兆円の商談、巨額だが中身伴わず」、2017/11/09/15:46JST)

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13366】トランプ氏、対北朝鮮で中国に圧力強化要...
 かっくるなかしま  - 17/11/9(木) 12:19 -

引用なし
パスワード
   表題は日経から。

どういう声明が出てくるにせよ、

歴史的に画期となると観ているので楽しみ(*´∀`)

ttps://r.nikkei.com/article/DGXMZO2328005009112017MM0000
(日経、「トランプ氏、対北朝鮮で中国に圧力強化要求へ首脳会談」、2017/11/09/10:37)

・・・

主要メディアが挙げている焦点について、どのような解答が出てくるのか? また、予想外の展開になってくるのか? 事後の比較・検証のため、事前の主要なニュースフローを並べておくことにしましょう。

ttp://w
ww3.nhk.or.jp/news/html/20171109/k10011216681000.html
(NHK、「きょう米中首脳会談、北朝鮮対応を議論」、2017/11/09/04:40)

ttps://w
ww.jiji.com/sp/article?k=2017110900155&g=use
(時事通信、「米中首脳、北朝鮮対応など協議へ、経済「均衡回復」も議題に」、2017/11/09/05:10)

ttp://w
ww.sankei.com/smp/world/news/171109/wor1711090005-s1.html
(産経、「米中首脳会談の主要テーマになる4つの対立点〜トランプ氏訪中」、2017/11/09/00:15)

ttps://r.nikkei.com/article/DGKKZO2324099008112017FF1000
(日経、「米中、会談控えけん制、貿易不均衡是正などで」、2017/11/09/02:30)

続報を待つとしましょう。

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

【13365】トランプ氏、強硬姿勢崩さず、対北朝鮮、...
 かっくるなかしま  - 17/11/9(木) 1:24 -

引用なし
パスワード
   歴史的に画期となる米中首脳会談であるから、

気合いが入ってしまう(*´∀`)

トランプ大統領の韓国国会演説の、

日経によるまとめ(↓)。

ttps://r.nikkei.com/article/DGXMZO23254870Y7A101C1FF2000
(日経、「トランプ氏、強硬姿勢崩さず、対北朝鮮、中国を意識、韓国演説」、2017/11/08/19:09)
>> トランプ米大統領は8日の韓国国会での演説で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への圧力を最大限に高めるよう国際社会の結束を訴えた。軍事行動に結びつく直接的な表現は避けながらも、金正恩政権を刺激する言葉をちりばめたトランプ氏。

北朝鮮に対するメッセージは表現が苛烈。

韓国の高官はいったいどう受け止めたことだろう。

>> その強硬姿勢には9日の米中首脳会談を控え、中国に行動を迫る狙いもある。

それは明白でしょう。

空母3隻と海自による合同訓練の開始も、北朝鮮への牽制だけが狙いとは全く思えません。

・・・

ttps://w
ww.zakzak.co.jp/soc/amp/171108/soc1711080015-a.html
(Zakzak、「トランプ氏、韓国にブチ切れ、「文大統領に現実を教えることになる」、北支援、中国すり寄り…訪韓は通告だけ」、2017/11/08)

実際に、韓国国会で苛烈な北朝鮮批判をやってのけたし、米韓首脳会談の高々10分間が示す通りでしょう。

>> 「日本訪問は朝鮮半島有事を踏まえた『友好・同盟の確認』、中国訪問は『交渉』だが、韓国訪問は『教育・啓蒙』だ。自国の置かれた立場を全く理解していない文大統領や政権幹部に現実を教えることになる」

全く。

中国訪問は歴史的に画期な交渉のスタート。

日米首脳会談は、同盟の確認のメッセージ、

韓国国会演説は、米国の意志表明であるが、苛烈な北朝鮮批判は、北朝鮮を擁護する韓国の高官に対しては、有無を言わせずの教育的指導となるのかもしれない。

・・・

ttps://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20171108-00077896/
(Yahoo!、遠藤誉、「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?」、2017/11/08/10:44)

まあ、中国もしくは北朝鮮の意向に沿っての分断工作の線でしょう。

米国が仲介して2015年に終息させているのだから米国が蒸し返す必然性がない。日韓関係が悪化すると、後方支援を在日米軍に依存する在韓米軍にとって潜在的な不利益となるのだから、今、このタイミングで蒸し返す合理性も全くない。

韓国国会演説でトランプ大統領が完全スルーして終わり。

・・・

ttp://w
ww.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/11/post-8866_1.php
(Newsweek、「日本はトランプをよく手なずけた、中国に勝算はあるのか?」、2017/11/08/19:30)

手なずけたというより、安倍政権がやるべきことをやってきたのと、オバマ政権下での外交的な空白を結果的に埋めてきたので、実績による信頼を得ているということでしょう。

やるべきことというのは、特定秘密保護法であり安全保障法制であり改正組織犯罪処罰法等の立法措置。

オバマ政権下での外交的な空白の穴埋めとは、対インド、対豪州、対ベトナム、対フィリピンとの緊密な関係構築。域外では対トルコ、対ロシアも同様。

もしこれらが全てなかったとしたら、米国はゼロから対中交渉の準備をしなければならなかったところ。

米国からすれば、対中交渉の重要な切り札が日本といったところでしょう。(かつてない。こういうことは。)

ーーーーーーーーーーーー
・ツリー全体表示

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
1 / 394 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free