老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
97 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→

【10323】老人党からその66 tomyk 13/9/28(土) 18:04

【10339】Re:期間限定投稿自粛 かっくるなかしま 13/10/9(水) 10:12
【10341】Re:期間限定投稿自粛 退役軍人 13/10/10(木) 1:12

【10339】Re:期間限定投稿自粛
 かっくるなかしま  - 13/10/9(水) 10:12 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼tomykさん:
▼あぶさんさん:

おはようございます。

海のyeahさんの核心を突いた指摘がものの見事に削除されていましたが、

あれが侮蔑に相当するなら、スレッドそれ自体が人身攻撃そのものなんだけどな(笑

▼退役軍人さん:

執筆はIT系ノンフィクションで単独です。原案、企画、初稿を終えて、表紙のデザインを終えましたが、最終稿に至っておらず、一方で、書店に対して営業がちらりと入り始めているので、やや焦っています(^^)

悪態と罵声による送別ですか、

うわべを取り繕って済まされるような温い環境/状況/世界では決してありえない、

極限のリアリズムを共有しうる者ならではの儀式ですね。

▼あぶさんさん:

それはもちろん半沢直樹でしょう、

倍返し、いや10倍、いや足りない、100倍返しだ!

半沢直樹は面白くて、最後の15分くらい、テレビの前に立ち上がって観ていました。

少し気になったのは、彼が使っているのが2進法なのか10進法なのかで、自分の場合、そういうところが一貫していないとすごく気になるので、

8倍、いや足りない、128倍、た、足らん、1024倍返しだ!

としておきます(笑

▼tomykさん:

速効出ました一人カラオケ(笑

市民の意見なんたらって、ベ平連系の残党、セクトですよね。尖鋭化する方向、純化する方向で、どんどんやってもらってよろしいんじゃないでしょうか。

だいたい異論やノイズが嫌なら、会員制にすればいいって、リニューアル前から出ていた話ですよね、それで済む話なわけです。

オープンにするということで、ギャラリーが増える反面、異論も生じるということは、そもそも当たり前の話であって、そこで多くの合意を得ようとするのなら(そのつもりがあるのなら)、説得しかないわけです。

故なだいなだ氏は、「権威と権力」(岩波、注記:名著)の第7章「説得の方法」の中で、

説得には権威による説得と理による説得との二通りがあり、理による説得を説いているわけです。

笑ってしまいますよ、理を権威で封じることに躍起になるわけですから。

> 八ヶ月後に閑古鳥が鳴いてないといいですね(棒読み)

そんなことになったら1024倍返しできないじゃないですか(笑
ー 最大の障害である沈黙の朱夏氏が取り除かれたことで、大いなる発展を遂げること間違いなし、と私は確信しているんですけれど、間違えていますか(笑

ではまた。

【10341】Re:期間限定投稿自粛
 退役軍人 E-MAIL  - 13/10/10(木) 1:12 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん
tomykさん
あぶさんさん

こんばんは。

<失礼大幅割愛>

>海のyeahさんの核心を突いた指摘がものの見事に削除されていましたが、
>
>あれが侮蔑に相当するなら、スレッドそれ自体が人身攻撃そのものなんだけどな(笑

一部削除とされていましたが。
肝心かなめの部分を削除すると投稿そのものの意味を失ってしまいますよね。

私は「相変わらず鋭いし簡潔な文章」だなぁと感心していましたけれど。

保護しようか迷ったのですが、この程度は容認するだろうと観ました。

相変わらずトーレランスの狭い人たちですねぇ。(笑......

>▼退役軍人さん:
>
>執筆はIT系ノンフィクションで単独です。原案、企画、初稿を終えて、表紙のデザインを終えましたが、最終稿に至っておらず、一方で、書店に対して営業がちらりと入り始めているので、やや焦っています(^^)
>
>悪態と罵声による送別ですか、
>
>うわべを取り繕って済まされるような温い環境/状況/世界では決してありえない、
>
>極限のリアリズムを共有しうる者ならではの儀式ですね。

私もそうですが、チームのみんなが望まないのに去らなければならない仲間たちを見てきています。

お互いをバディと呼び合い、躊躇なく背中を任せあう仲間なのです。

私の人生でこれ以上の信頼関係を築けたこともないし、見たこともない。(嫁さんは別.....笑......)

その仲間が訓練や演習、さらには作戦中に大きな怪我をしてしまう。
そして仲間であり続けるために、何か月も体を苛め抜いて能力を取り戻そうと努力、いや自らの体と格闘するのです。

これをね、見ているのは辛いし悲しい。

頑張っているが無理だろうという予測ができるわけですよ。
だが、闘っている仲間に「無理だ、もうよせ。」とは口が裂けても言えないのです。

入院治療中にたるんでしまった体は、あっという間に元の「バキバキ筋肉と骨だけ」の体に戻りますが。

ほとんど場合、関節や椎骨、また腱や靭帯を痛めてしまうので努力しても取り戻せない能力が出てしまう。

鍛えることが難しい弱い部分を痛めてしまうのです。

肉離れ(筋肉断裂)や骨折は大丈夫なんですけどね。
時間は必要だけれど、何とか能力を取り戻すことが可能なのです。

鍛えて、強靭な骨格と筋肉を得ているだけに。
鍛えることが難しい部位に極端な負担がかかって痛めてしまう。

相撲取りの人たちが膝を痛めるのと同じ理由なのです。

自らが仲間の脅威となってしまった、この現実を受け入れるのはとてもつらい。

そして、全員が「明日は我が身」であると覚悟しているわけで。

去らなければならない仲間への惜別の辞は「悪態と罵声」こそふさわしい。

>> 八ヶ月後に閑古鳥が鳴いてないといいですね(棒読み)
>
>そんなことになったら1024倍返しできないじゃないですか(笑
>ー 最大の障害である沈黙の朱夏氏が取り除かれたことで、大いなる発展を遂げること間違いなし、と私は確信しているんですけれど、間違えていますか(笑
>
>ではまた。

どうなのかな、社会への怨嗟の声で埋め尽くされるか。

Kawabe Hitoshi氏がなにやら書いていたが。

断言できるが、ロジック=論理なのです。

これを異質のものととええてしまうところが「論理脳」ではない証左ですよ。

どちらも言葉であり、意味するところに何の違いもありません。

電子的な働きで形作られる論理回路とロジック・サーキットの意味するところに一厘ほどの違いもない。

論理的にと言いながら、その主張するところは「非論理的印象論」これ以上の矛盾はほかにないでしょうね。

申し訳ないが、Kawabe Hitoshi氏による駄文を読んで大笑いしてしまった。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
97 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free