老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
49 / 193 ツリー ←次へ | 前へ→

【11231】安全保障を語るスレッド その13 かっくるなかしま 14/4/24(木) 9:17
【11232】Re:安全保障を語るスレッド その13 tomyk 14/4/25(金) 9:34
【11234】Re:岩礁対決 かっくるなかしま 14/4/26(土) 10:21
【11235】Re:岩礁対決 退役軍人 14/4/26(土) 14:23
【11236】Re:岩礁対決 かっくるなかしま 14/4/28(月) 0:24
【11237】米国、フィリピンが新軍事協定締結 かっくるなかしま 14/4/28(月) 18:27
【11238】米国、フィリピンが新軍事協定締結 その2 かっくるなかしま 14/4/28(月) 20:55
【11239】Re:米国、フィリピンが新軍事協定締結 そ... tomyk 14/4/28(月) 23:47
【11243】米国、中国向け軍事選択肢を策定 かっくるなかしま 14/4/29(火) 15:21
【11246】軍事支援施設の重要性 退役軍人 14/4/30(水) 17:14
【11250】Re:軍事支援施設の重要性 tomyk 14/5/2(金) 8:17
【11233】だだっ子の韓国 あぶさん 14/4/25(金) 10:17
【11252】仏作って魂入れず tomyk 14/5/3(土) 0:10
【11290】これはヤバイ!南沙諸島問題 tomyk 14/5/16(金) 23:20
【11301】脱原発と集団的自衛権の連動 tomyk 14/5/23(金) 22:25
【11302】Re:脱原発と集団的自衛権の連動 退役軍人 14/5/25(日) 17:06
【11303】ネックは中国と内憂 tomyk 14/5/25(日) 19:29
【11304】場を掻き回す者、回される者 tomyk 14/5/26(月) 23:09
【11305】速報 tomyk 14/5/27(火) 0:48
【11317】すごいぞ!航空自衛隊!(棒読み) tomyk 14/5/31(土) 23:56
【11329】台湾と連携が取れないか? tomyk 14/6/2(月) 0:09
【11330】Re:台湾と連携が取れないか? こっかん 14/6/2(月) 23:35
【11331】Re:台湾と連携が取れないか? tomyk 14/6/3(火) 0:02
【11339】Re:台湾と連携が取れないか? こっかん 14/6/4(水) 1:14
【11340】韓国の態度 tomyk 14/6/4(水) 8:15
【11333】Re:台湾と連携が取れないか? (その1) かっくるなかしま 14/6/3(火) 10:06
【11335】Re:台湾と連携が取れないか? (その2) かっくるなかしま 14/6/3(火) 11:29
【11337】アメリカの影響力減少? tomyk 14/6/3(火) 23:52
【11336】アジア安全保障保障会議〜日米vs中国、安倍... かっくるなかしま 14/6/3(火) 12:46
【11344】G7会議でも日本の存在感 tomyk 14/6/5(木) 21:40
【11349】気になったこと 佳之輔 14/6/11(水) 14:49
【11351】Re:気になったこと 退役軍人 14/6/12(木) 7:56
【11352】Re:気になったこと 佳之輔 14/6/13(金) 0:30
【11353】緊迫、イラク情勢 かっくるなかしま 14/6/13(金) 8:42
【11354】イラン、イラクに派兵 かっくるなかしま 14/6/13(金) 11:13
【11357】Re:イラン、イラクに派兵 tomyk 14/6/14(土) 22:43
【11362】Re:イラン、イラクに派兵 かっくるなかしま 14/6/17(火) 20:57
【11364】イラク国境再編、分割統治へ〜人工国家から... かっくるなかしま 14/6/18(水) 10:20
【11400】新国家樹立? tomyk 14/7/1(火) 0:10
【11403】Re:新国家樹立? かっくるなかしま 14/7/1(火) 21:55
【11404】Re:新国家樹立? tomyk 14/7/2(水) 1:08
【11405】Re:新国家樹立? かっくるなかしま 14/7/2(水) 19:50
【11407】Re:新国家樹立? tomyk 14/7/3(木) 10:35
【11399】集団的自衛権、必要なものは? tomyk 14/6/29(日) 19:12
【11406】Re:集団的自衛権、必要なものは? こっかん 14/7/2(水) 23:55
【11410】Re:集団的自衛権、必要なものは? tomyk 14/7/3(木) 21:38
【11411】Re:集団的自衛権、必要なものは? こっかん 14/7/4(金) 20:12
【11412】Re:集団的自衛権、必要なものは? tomyk 14/7/4(金) 23:56
【11585】御嶽山噴火に関して tomyk 14/9/29(月) 14:34
【11586】Re:御嶽山噴火に関して かっくるなかしま 14/9/29(月) 18:35
【11587】Re:御嶽山噴火に関して 退役軍人 14/9/30(火) 0:27

【11231】安全保障を語るスレッド その13
 かっくるなかしま  - 14/4/24(木) 9:17 -

引用なし
パスワード
   前スレッドが満杯になりましたので後続のスレッドを立てます。

よろしくお願いします。

【11232】Re:安全保障を語るスレッド その13
 tomyk  - 14/4/25(金) 9:34 -

引用なし
パスワード
   オバマ大統領の訪日の成果としては、日米同盟の再確認が大きいですね。

ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/140425/plc14042503340005-n1.htm

大統領から尖閣諸島の防衛に関して引き出せたのは大きい。
まあ、それでも中国は領海侵犯を続けるのは間違いないでしょうが。

ウクライナ問題に首を突っ込んだことも影響があると思いますが。

【11233】だだっ子の韓国
 あぶさん  - 14/4/25(金) 10:17 -

引用なし
パスワード
   朝鮮日報の記事から。

ttp://ww.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/24/2014042403313.html?ent_rank_news

【ソウル聯合ニュース】韓国の民間シンクタンク、峨山政策研究院が24日発表した調査結果によると、韓国では歴史問題をめぐる韓日の関係悪化に米国がしっかり対応できていないとの世論が優勢となっている。

 同研究院は先月半ば、韓国の成人男女1000人を対象に世論調査を実施した。その結果、「米国が韓日の葛藤にうまく対応できないでいる」との回答が53.8%を占め、「うまく対応している」は34.8%にとどまったことが分かった。

 米国が韓日のどちらをより重視しているかの質問には、32.4%が韓国、53.0%が日本を挙げた。米国が日本をより重視していると回答した人のうち42.2%は、韓国が今後中国との協力を強化すべきと考えている。

 研究院は「米国の日本寄りの態度と韓日間の葛藤の仲裁に失敗したかのような格好が、韓国人を中国の方へ近づけている」と分析した。
(引用終わり)

なになに?
米国が日本のほうを重視するから中国のほうへ走るって?
どんどん走っていけって。かまわんから。
米国がしっかり対応できていない、の意味は、
米国が韓国の立場に立って日本を叱っていない、
ということだろうに。自分勝手な。

だいたい、北朝鮮が核実験をする気配があったときに、
中国へ相談しに行くってどういうことだろう。
そりゃ、中国が一番北朝鮮に影響があるが、
韓国が中国に作用するような影響力はないだろうに。
中国へ相談するなら、日米と連携して、だろうに。
結局、習近平にうまくあしらわれたんじゃない?

あの国の訳のわからなさは、次第に北朝鮮を抜いてきたのでは?

【11234】Re:岩礁対決
 かっくるなかしま  - 14/4/26(土) 10:21 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

おはようございます。

>オバマ大統領の訪日の成果としては、日米同盟の再確認が大きいですね。
>ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/140425/plc14042503340005-n1.htm
>大統領から尖閣諸島の防衛に関して引き出せたのは大きい。

同感です。

肝心なところに曖昧さを残すとそれが火種になりますから。

集団的自衛権の行使容認にせよ、そこ(第一列島線)がしっかりしていないと、

何のためなのかわけがわからなくなりますし。

>まあ、それでも中国は領海侵犯を続けるのは間違いないでしょうが。

口先を試しにかかるのがロシア流ですが(笑 軍事的に裏付けが乏しいと試しにかかるばかりとなるので、

今回のオバマ訪日/アジア歴訪でのこの件は、大きな成果だったと観ています。

類似の岩礁対決では、フィリピンのほうに切迫感が見られるので(↓)、

ttp://m.jp.wsj.com/articles/SB10001424052702303595604579517172211442850?mg=reno64-wsj
(WSJ、「対中国政策問われるオバマ大統領のアジア歴訪」、2014/04/22)

南沙諸島が首脳会談/米比相互防衛条約でどう位置付けられるかもまた注目されるところなのでしょう。

>ウクライナ問題に首を突っ込んだことも影響があると思いますが。

そこなんですよね。

年末年始は、靖国参拝問題に見られるように米国のスタンス/認識のずれが目について、それがロシア/ウクライナ問題をきっかけにやっと修正されたというイメージです。
ー    修正されたのは3月の中旬くらい。
ー    シリアやウクライナで後手に回りましたが、アジアでも後手。

戦略的な組み立てというより、場当たり的な感が否めず、

次のフィリピンでの南沙諸島問題への米国のコミットメント/踏み込みの深さを見てみないと、

アジア回帰の本気度について、なんとも言えないと思っています。

【11235】Re:岩礁対決
 退役軍人  - 14/4/26(土) 14:23 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん
tomykさん

おはようございます。

色々と問題がありまして。
一時撤収することにいたしました。

来週の中頃帰国しようと思っています。

<失礼大幅割愛>
>>オバマ大統領の訪日の成果としては、日米同盟の再確認が大きいですね。
>>ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/140425/plc14042503340005-n1.htm
>>大統領から尖閣諸島の防衛に関して引き出せたのは大きい。
>
>同感です。
>肝心なところに曖昧さを残すとそれが火種になりますから。
>集団的自衛権の行使容認にせよ、そこ(第一列島線)がしっかりしていないと、
>何のためなのかわけがわからなくなりますし。
>>まあ、それでも中国は領海侵犯を続けるのは間違いないでしょうが。
>
>口先を試しにかかるのがロシア流ですが(笑 軍事的に裏付けが乏しいと試しにかかるばかりとなるので、

中国も同じですよ。

海警(中国海事警察)という組織に所属する船で領海侵犯をさせていますが、
目的は海自艦艇の引っ張り出しですよ。

海保のような海事警察の艦艇が警備する海域に、中国海軍の艦艇を出せば「明らかな宣戦布告」となりますからね。つまり、中国側が事態をエスカレートさせたことになる。

領海警備に海自艦艇を引っ張り出せれば事態をエスカレートさせることが出来ます。

反撃の一発を先に撃たせたくて射撃管制レーダーを海自艦艇に照射してみたりしていますが。

考えうるありとあらゆる手段を講じて「最初の一発」を撃たせようとしたり、あるいは状況の変化を日本側に先にやらせたいのです。

これに対して安倍政権の対応は実に巧みでしたたかですよ。

一部の保守系論者には、「弱腰」だなんだという人もいますが。

こちらから状況を変えたり、警備を厳重にしたり、警備要員を上陸させたりしていないでしょ。

強面で迫れば譲歩すると思っていたら、まったく譲歩しない。

また、それなりの挑発をすればのってくると思っていたが、まったくのってこない。

中国側はもはや打つ手がない。

しかも、米国大統領に口頭とは言いながらも「尖閣諸島は日米安保条約の対象地域である。」と明確に意思表示されてしまった。

>今回のオバマ訪日/アジア歴訪でのこの件は、大きな成果だったと観ています。

御意。

オバマ大統領にしてみれば、しぶしぶだったと思いますよ。

まぁ、安倍首相が「極右」だと観ていた節がありますからね。
だが、実際はリアリストであったと理解できたわけで。

まぁ、中間選挙の結果にもよりますが。

上院での優位を失うことになれば、これから残る任期二年間は「実質的なレームダック」となり、大きな政策変更は不可能になります。

というか、中長期(50年〜100年)での米国の対外政策は不変だったのです。
政権与党というか、どちらの政党が大統領の座を得てもこれが変わることはなかった

対外政策の大幅な変更というか、いわゆる一国孤立主義というか、これをオバマ氏は試みていたと観ています。

リベラルな民主党政権ではクリントン氏が最初に試みて失敗しましたが、オバマ氏も失敗確実ですね。

その布石は人事に見ることが出来るかと。

先々代の国防長官はブッシュ政権から、そのまま引き継いだロバート・ゲィツ氏でしたけれど、大統領でさえ無視できないほどの影響力を持っていましたからね。軍部へもCIAをはじめとする情報機関へも。オバマ氏にしてみればかなり煙たかったんだろうなぁ。

なぜなら、彼は空軍の情報士官であったこと、CIA分析官からCIA長官に上り詰めた唯一の人であること。イラクの安定化に増派を決定して成果を上げたこと。

しかも、超が付くほどの徹底したリアリストでもある。

今は大学の総長ですが、大統領が共和党に変わればまた国防長官に復帰するのではないかと観ています。

それぐらいの稀有な人物ですよ。
米国の国防長官としてこれ以上の適任者はいないと思います。

極言すれば、彼を国防長官にしないのは米国の損失でもある。

それでも、交代させたのはなぜか。

中長期的対外戦略の構築には国防長官と国務長官の存在は必須でしょ。

で、リアリストとは言えないが元共和党員で現民主党員、CIA長官の実績もあるレオン・パネッタ氏を据えたが。

議会での承認を考えたのだと思いますが。
組織をまとめる能力は秀でていたものの国防長官としては非力とみなされていた。

そりゃあそうですよね、前任者のロバート・ゲィツ氏と常に比較されるだろうし。(気の毒....

軍部や情報機関への影響力なんざ比較することも出来ないほど無力と言っても良かった。

平時の国防長官なら良かったのに。

で、続いて元上院議員で共和党員であるチャック・ヘーゲル氏を就任させた。

どういうことかというと民主党員には国防長官を務められるほどの人材がいなかったということかな。それでなくとも、軍部や情報畑などのコミュニティでは緊密な人間関係を築きますからね。まず、外部の人は入り込めないと思いますよ。

中長期的な対外戦略の見直しには、米軍の縮小が必須なんです。

最初に試みて制度化したが、実質的な失敗となったのがクリントン氏(民主党軍務経験なし)で、オバマ氏(民主党軍務経験なし)も失敗間違いなし。

結論として、米国の対外戦略の基本は変わらないと観ています。

>南沙諸島が首脳会談/米比相互防衛条約でどう位置付けられるかもまた注目されるところなのでしょう。
>>ウクライナ問題に首を突っ込んだことも影響があると思いますが。
>そこなんですよね。
>
>年末年始は、靖国参拝問題に見られるように米国のスタンス/認識のずれが目について、それがロシア/ウクライナ問題をきっかけにやっと修正されたというイメージです。
>ー    修正されたのは3月の中旬くらい。
>ー    シリアやウクライナで後手に回りましたが、アジアでも後手。
>
>戦略的な組み立てというより、場当たり的な感が否めず、

オバマ氏に決定的にかけているのは中長期的視点ですよ。

>次のフィリピンでの南沙諸島問題への米国のコミットメント/踏み込みの深さを見てみないと、
>アジア回帰の本気度について、なんとも言えないと思っています。

オバマ氏は本気じゃあないと思いますよ。

場当たり的だもの。
韓国大統領との会見で従軍慰安婦を批判してみたり。

米国現代史では最悪の大統領ではないかと観ています。

【11236】Re:岩礁対決
 かっくるなかしま  - 14/4/28(月) 0:24 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼tomykさん :

こんばんは。

>色々と問題がありまして。
>一時撤収することにいたしました。
>来週の中頃帰国しようと思っています。

そういうこともあるんですか、意外(@_@)

><失礼大幅割愛>
>>>オバマ大統領の訪日の成果としては、日米同盟の再確認が大きいですね。
>>>ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/140425/plc14042503340005-n1.htm
>>>大統領から尖閣諸島の防衛に関して引き出せたのは大きい。
>>同感です。
>>肝心なところに曖昧さを残すとそれが火種になりますから。
>>集団的自衛権の行使容認にせよ、そこ(第一列島線)がしっかりしていないと、
>>何のためなのかわけがわからなくなりますし。
>>>まあ、それでも中国は領海侵犯を続けるのは間違いないでしょうが。
>>口先を試しにかかるのがロシア流ですが(笑 軍事的に裏付けが乏しいと試しにかかるばかりとなるので、

>中国も同じですよ。

ですよね、民主党政権で効果てき面(>_<)

>海警(中国海事警察)という組織に所属する船で領海侵犯をさせていますが、
>目的は海自艦艇の引っ張り出しですよ。
>海保のような海事警察の艦艇が警備する海域に、中国海軍の艦艇を出せば「明らかな宣戦布告」となりますからね。つまり、中国側が事態をエスカレートさせたことになる。
>領海警備に海自艦艇を引っ張り出せれば事態をエスカレートさせることが出来ます。
>反撃の一発を先に撃たせたくて射撃管制レーダーを海自艦艇に照射してみたりしていますが。
>考えうるありとあらゆる手段を講じて「最初の一発」を撃たせようとしたり、あるいは状況の変化を日本側に先にやらせたいのです。
>これに対して安倍政権の対応は実に巧みでしたたかですよ。
>一部の保守系論者には、「弱腰」だなんだという人もいますが。

なるほど。

巧みでしたたかですよね。

NSCが発足前からワークしていたのかの印象。

挑発に乗らず、徒に譲歩もせず。

>こちらから状況を変えたり、警備を厳重にしたり、警備要員を上陸させたりしていないでしょ。
>強面で迫れば譲歩すると思っていたら、まったく譲歩しない。
>また、それなりの挑発をすればのってくると思っていたが、まったくのってこない。

相手にするほうからすれば、実に嫌な相手(笑

>中国側はもはや打つ手がない。
>しかも、米国大統領に口頭とは言いながらも「尖閣諸島は日米安保条約の対象地域である。」と明確に意思表示されてしまった。

ロシアににじり寄って牽制するか、フィリピンに隙があれば南沙諸島で動くかでしょうか。

>>今回のオバマ訪日/アジア歴訪でのこの件は、大きな成果だったと観ています。
>御意。
>オバマ大統領にしてみれば、しぶしぶだったと思いますよ。

国防総省に言わされたのイメージ(笑

韓国じゃ韓国政府に言わされた?

なんか、ポリシーが感じられなくて。

>まぁ、安倍首相が「極右」だと観ていた節がありますからね。
>だが、実際はリアリストであったと理解できたわけで。

米国のリベラル系のメディア(TIMEやNewsweek)も、英国のFTですらそういう伝え方になっていて、的外れっぽくて(>_<)

安倍首相は、日本のレーガン(by共和党議員)でしょうに(>_<)

>まぁ、中間選挙の結果にもよりますが。
>上院での優位を失うことになれば、これから残る任期二年間は「実質的なレームダック」となり、大きな政策変更は不可能になります。

韓国での迎合ぶりを見ると、今回の歴訪は、よほどフィリピンで締めないと、

失敗かもしれません。

>というか、中長期(50年〜100年)での米国の対外政策は不変だったのです。
>政権与党というか、どちらの政党が大統領の座を得てもこれが変わることはなかった
>対外政策の大幅な変更というか、いわゆる一国孤立主義というか、これをオバマ氏は試みていたと観ています。

オバマ政権は、不確実性というものを嫌っているかのように見えます。

安全策を取りに行って、決断を要する判断を避けたがるような。

>リベラルな民主党政権ではクリントン氏が最初に試みて失敗しましたが、オバマ氏も失敗確実ですね。
>その布石は人事に見ることが出来るかと。
>先々代の国防長官はブッシュ政権から、そのまま引き継いだロバート・ゲィツ氏でしたけれど、大統領でさえ無視できないほどの影響力を持っていましたからね。軍部へもCIAをはじめとする情報機関へも。オバマ氏にしてみればかなり煙たかったんだろうなぁ。
>なぜなら、彼は空軍の情報士官であったこと、CIA分析官からCIA長官に上り詰めた唯一の人であること。イラクの安定化に増派を決定して成果を上げたこと。
>しかも、超が付くほどの徹底したリアリストでもある。
>今は大学の総長ですが、大統領が共和党に変わればまた国防長官に復帰するのではないかと観ています。
>それぐらいの稀有な人物ですよ。
>米国の国防長官としてこれ以上の適任者はいないと思います。
>極言すれば、彼を国防長官にしないのは米国の損失でもある。

なるほど。

>それでも、交代させたのはなぜか。
>中長期的対外戦略の構築には国防長官と国務長官の存在は必須でしょ。
>で、リアリストとは言えないが元共和党員で現民主党員、CIA長官の実績もあるレオン・パネッタ氏を据えたが。
>議会での承認を考えたのだと思いますが。
>組織をまとめる能力は秀でていたものの国防長官としては非力とみなされていた。
>そりゃあそうですよね、前任者のロバート・ゲィツ氏と常に比較されるだろうし。(気の毒....

そうなんですか(>_<)

>軍部や情報機関への影響力なんざ比較することも出来ないほど無力と言っても良かった。
>平時の国防長官なら良かったのに。
>で、続いて元上院議員で共和党員であるチャック・ヘーゲル氏を就任させた。
>どういうことかというと民主党員には国防長官を務められるほどの人材がいなかったということかな。それでなくとも、軍部や情報畑などのコミュニティでは緊密な人間関係を築きますからね。まず、外部の人は入り込めないと思いますよ。
>中長期的な対外戦略の見直しには、米軍の縮小が必須なんです。
>最初に試みて制度化したが、実質的な失敗となったのがクリントン氏(民主党軍務経験なし)で、オバマ氏(民主党軍務経験なし)も失敗間違いなし。

ゲイツ氏の回想録に、オバマ大統領と周辺のスタッフが士官を信じない、という指摘がありましたが、

経験のなさゆえに想像力/創造力が働かず、わからない、だから信じられない、そういう繋がりのように思えました。
ー    わからないものは信じないというのは、一般論としては正しいと観ますが、わからないでは済まされない立場にあるといえる、にもかかわらず、というところでしょうか。

>結論として、米国の対外戦略の基本は変わらないと観ています。

軸はぶれずとも、中間選挙が終わるまで、軸の周りでのぶれが大きそうな感じ(>_<)

>>南沙諸島が首脳会談/米比相互防衛条約でどう位置付けられるかもまた注目されるところなのでしょう。
>>>ウクライナ問題に首を突っ込んだことも影響があると思いますが。
>>そこなんですよね。
>>年末年始は、靖国参拝問題に見られるように米国のスタンス/認識のずれが目について、それがロシア/ウクライナ問題をきっかけにやっと修正されたというイメージです。
>>ー    修正されたのは3月の中旬くらい。
>>ー    シリアやウクライナで後手に回りましたが、アジアでも後手。
>>
>>戦略的な組み立てというより、場当たり的な感が否めず、

>オバマ氏に決定的にかけているのは中長期的視点ですよ。

そこなんです(>_<)

中東アフリカから半歩引くにせよ、後顧の憂いをなくする布石に乏しく、ただ引くとの印象を残すから、つけこまれるは不信を買うは。

ではアジアはどうかと言えば、まとめていく上での布石がなさげで、ウクライナ情勢に流されて、やっと安倍政権の地政学的リアリズムに少しついて来れているかのような。

社会保障のカネを捻出するため軍隊を引き、揉め事があると軍事費がかかるから、仲良くしなさい、自分達でやりなさい、

なんかそんな感じで、だったらビジネスマンか弁護士のする仕事だろうそういうのは、というイメージ(>_<)

>>次のフィリピンでの南沙諸島問題への米国のコミットメント/踏み込みの深さを見てみないと、
>>アジア回帰の本気度について、なんとも言えないと思っています。
>オバマ氏は本気じゃあないと思いますよ。

(@_@)

>場当たり的だもの。

やっぱりそうですか(@_@)

>韓国大統領との会見で従軍慰安婦を批判してみたり。

余計な一言で、歴訪の目的や全体の構図を曖昧にしていますよ。

>米国現代史では最悪の大統領ではないかと観ています。

(@_@)

やっぱりそうですか(>_<)

ではまた。

【11237】米国、フィリピンが新軍事協定締結
 かっくるなかしま  - 14/4/28(月) 18:27 -

引用なし
パスワード
   オバマ大統領の到着前での軍事協定締結のニュースフロー(↓)。

ttp://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASGM2701H_X20C14A4000000/
(日経、「米・フィリピンが新軍事協定締結、28日に署名」、2014/04/28)

米軍基地の再使用と米軍派遣を伝える内容で、

対中国戦略の修正としては米国が深い踏み込みを示したとの第一印象です。
ー    係争となっている南沙諸島の取り扱いについては不明。

尖閣諸島、米比新軍事協定と続いたことで、

アジア地域での米国の軍事的プレゼンスの維持/強化という点で、今回のアジア歴訪の目的が比較的クリアになってきているかに思われます。

同時に、中国からすれば嫌なことなので、今後のその反発の度合いから、米国の本気度を推測しうるのかも知れません。

蛇足ながら、まるで外交的に頓珍漢ぶりを発揮したのが韓国だったと言えるでしょう。

彼らは、対中包囲網の文脈でアジア歴訪を捉えてはいませんでしたから。
ー    中国の威光を借りての反日が如何に趨勢に反していたか。

アジア外交で最も先見性を示していたのはリアリズムの安倍政権だったと言えるでしょう。

ps

八方美人で中途半端なオバマ大統領がフィリピンにつく前に、国防総省が早々と外堀を埋めてしまったかに思えなくありませんが(笑

【11238】米国、フィリピンが新軍事協定締結 その2
 かっくるなかしま  - 14/4/28(月) 20:55 -

引用なし
パスワード
   自己レスです。

>オバマ大統領の到着前での軍事協定締結のニュースフロー(↓)。
>ttp://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASGM2701H_X20C14A4000000/
>(日経、「米・フィリピンが新軍事協定締結、28日に署名」、2014/04/28)
>米軍基地の再使用と米軍派遣を伝える内容で、

>対中国戦略の修正としては米国が深い踏み込みを示したとの第一印象です。
>ー    係争となっている南沙諸島の取り扱いについては不明。

>尖閣諸島、米比新軍事協定と続いたことで、
>アジア地域での米国の軍事的プレゼンスの維持/強化という点で、今回のアジア歴訪の目的が比較的クリアになってきているかに思われます。

とは言えどうにも米国の打つ手のタイミングが1手、2手遅れている感が否めません。

>同時に、中国からすれば嫌なことなので、今後のその反発の度合いから、米国の本気度を推測しうるのかも知れません。

つまり、嫌な手だけど中国の読み筋の範囲内にあって、意外性に乏しいと。

>蛇足ながら、まるで外交的に頓珍漢ぶりを発揮したのが韓国だったと言えるでしょう。
>彼らは、対中包囲網の文脈でアジア歴訪を捉えてはいませんでしたから。
>ー    中国の威光を借りての反日が如何に趨勢に反していたか。

韓国の場合は、20年前のフィリピンのよう。

>アジア外交で最も先見性を示していたのはリアリズムの安倍政権だったと言えるでしょう。

一方で、わけのわからなさは、靖国参拝後のバイデン副大統領の反応〜わけがわからない〜に見られるように、

米国のアジア外交に動きが乏しくて、遅ればせながらの再均衡の舵取り。

>ps
>八方美人で中途半端なオバマ大統領がフィリピンに着く前に、国防総省が早々と外堀を埋めてしまったかに思えなくありませんが(笑

そのフィリピンと米国政府との交渉の開始時期は、去年の8月からで、いかにも遅く(↓)、
ttp://ww
.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014042802000212.html
(東京新聞、「米軍、再駐留・・・」、2014/04/28)

フィリピン側からの強烈なメッセージ発信(↓)にも、
ttp://sankei.jp.msn.com/smp/world/news/140206/asi14020608120000-s.htm
(産経、「比大統領、国際社会に警鐘」、2014/02/06)

自分の記憶では(検索でも)、米国現政権にめぼしいリアクションはなかった様子で、

ウクライナ/ロシアの紛争と北朝鮮のミサイル実験で、重い腰をあげざるを得なかった、

政権として受動的に反応しているように見えてなりません。

腰を上げないよりましかなと思いますが、

腰が据わっているように見えなくて、目先の情勢が変わると腰砕けになりそうな気がする。

中国がロシアとの距離を詰めることを恐れているのかな。

中国への備えの甘さは、

北朝鮮が親中国派を粛清していなかった時期までなら理解できるけど。

強く出てみて中国がどこまでロシアとの距離を縮めるか試せばいいのに。

【11239】Re:米国、フィリピンが新軍事協定締結 ...
 tomyk  - 14/4/28(月) 23:47 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
こんばんわです。

米比の軍事協定、自分も気になっていたニュースでした。
フィリピン側がアメリカに話を持ちかけていたのは知ってましたが、これが妥結するかどうか。
当面は軍備をフィリピンに駐留させるそうですが、中国がアクションを起こしたときにどう対処するか。

フィリピンの軍備ですが、陸、海、空ともかなり旧式化が進んでおり、更に空軍戦力に関しては防空戦闘機が無い状況。
だから中国に侵食されたとは思いますが。

アメリカの対応ですが、本当に何をやりたいのか分かりません。
中国が経済的に不安定になったという理由もあるとは思いますが、腰が定まらないですよね。
現状、パワーゲームのプレイヤーとしてはオバマ大統領は下手なゲームばかりしています。
まだ安倍首相の方が強かですよね。

え?韓国大統領?
自分も金でベットもできないのにゲームに参加する権利もありません!

【11243】米国、中国向け軍事選択肢を策定
 かっくるなかしま  - 14/4/29(火) 15:21 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
cc▼退役軍人さん、あぶさんさん :

こんにちは。

>米比の軍事協定、自分も気になっていたニュースでした。
>フィリピン側がアメリカに話を持ちかけていたのは知ってましたが、これが妥結するかどうか。
>当面は軍備をフィリピンに駐留させるそうですが、中国がアクションを起こしたときにどう対処するか。
>フィリピンの軍備ですが、陸、海、空ともかなり旧式化が進んでおり、更に空軍戦力に関しては防空戦闘機が無い状況。
>だから中国に侵食されたとは思いますが。

そこですよね。

1986年の民主化革命と1991年のピナトゥボ火山噴火の後、憲法も変えて安全保障の手抜きをしていましたから。
ー    昨年秋の安倍首相のフィリピン訪問時に、巡視艇の供与の話がありましたが、練度(人)やメンテナンスがついて回りますし。

>アメリカの対応ですが、本当に何をやりたいのか分かりません。
>中国が経済的に不安定になったという理由もあるとは思いますが、腰が定まらないですよね。
>現状、パワーゲームのプレイヤーとしてはオバマ大統領は下手なゲームばかりしています。
>まだ安倍首相の方が強かですよね。

標題に関わりますが、WSJによると、

今回の中国向け軍事選択肢の策定を担ったのはハワイの米軍で、策定に入ったのは昨年暮れの中国による防空識別圏の設定を契機にしてのようです(↓)。
ttp://m.jp.wsj.com/articles/SB10001424052702303709304579529300166805332?mg=reno64-wsj
(WSJ、「米国、中国向け軍事選択肢を策定・・・」、2014/04/28)
ー   なんか完全に国防総省主導っぽい。もー、大統領とその取り巻きだけに任せてはおけないって感じ(笑

WSJの過去記事で、安倍首相の戦略と今の状況を見通していたものがあります(↓)。
ttp://m.jp.wsj.com/articles/SB10001424052702303572904579335721221681920?mg=reno64-wsj
(WSJ、「安倍首相の靖国参拝は戦略的な一手」、2014/01/22)
ー   外国からの批判を甘受しても安全保障政策の具体的な改善を図ることに注力し適切な外交的リスクを取って安倍首相は戦略ゲームに参加してきたという内容です。そして米国の行動が今年は重要になると。

>え?韓国大統領?
>自分も金でベットもできないのにゲームに参加する権利もありません!

早晩、'あの時に歴史認識問題に固執し中国に迎合したのは歴史的誤りだった'という歴史認識に至るのでしょう。
ー    注記。韓国の歴史教科書を見ると、どっちにつくか迷って間違うの繰り返しばかりなので、それで韓国史が傷つくとは思えませんが(笑

ps

蛇足ながら、大前研一氏らが面白い(そしておそらくは正しい)、オバマ大統領とプーチン大統領との比較をしていたので、ご紹介しておきます(↓)。
ttp://president.jp/articles/-/12376?page=6
(プレジデント、大前/小川、「なぜオバマはプーチンに負けるのか」、2014/04/23)
ー    オバマ大統領の米軍の最高司令官としての態度、とあります。

上記記事に関連してこちら(↓)。
ttp://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYEA3A04720140411
(ロイター、「スコットランド独立、ウイスキー業界は懸念を表明」、2014/04/11)
ー    欧米が許容する独立のルールを、プーチン大統領はよく観察しているということになります。

ではまた。

【11246】軍事支援施設の重要性
 退役軍人  - 14/4/30(水) 17:14 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん
tomykさん
あぶさんさん

こんにちは、退役軍人@シンガポール帰国準備中です。

今晩の深夜便で帰国します。

要点のみの記述となるため大幅割愛失礼。

>1986年の民主化革命と1991年のピナトゥボ火山噴火の後、憲法も変えて安全保障の手抜きをしていましたから。
>ー    昨年秋の安倍首相のフィリピン訪問時に、巡視艇の供与の話がありましたが、練度(人)やメンテナンスがついて回りますし。

クラーク空軍基地はピナトゥボ火山噴火の影響で復旧不可能との結論で放棄されました。

まぁ、空軍基地は滑走路さえあればそれほど長い時間は必要とせず運用可能です。

現在のニノイアキノ国際空港でもすぐに軍民兼用空港として使えるようになります。

支援施設、たとえば給油施設とか燃料タンクなどは民間機用の施設があれば十分。燃料の油種も同じですしね。

ジャンボ(順次退役中)の腹を毎日満たしている訳で。

整備などは民間の支援が受けられないというか。
そもそも軍事機密や兵装の管理などもあり民間への委託はほぼ不可能、専門の整備要員を本国から連れて行くしかないから。

海自の対潜哨戒機が短い時間でジブチへ展開でき、運用を開始出来た理由でもあります。建物などは運用開始から一年後に着手して最近出来上がったと聞いています。

護衛艦の陸上支援を考えても、ジブチ港が商業港として近隣では規模も大きく、欧米の民間海事会社が事務所を持ち本格的な整備を伴わない支援なら、十二分に可能だったからでもある。

時間が必要なのは海軍基地なんです。

何故かというと、高い技術レベルでの艦艇支援はその実務のほぼ半分が民間企業によるものなんです。

横須賀が世界最高の支援力を持つ米海軍基地であるのは、港湾関連の民間企業が質と量ともに高い能力を持っていて、これを自由に使えるからなのです。

佐世保もおなじですね、規模は横須賀に比べるとやや小さいものの。

だから、横須賀や佐世保に米海軍の艦隊支援処がある。

かなり本格的な改修などでも横須賀や佐世保で行っています。

それが可能なレベルの高い民間会社があるから。

スービック海軍基地は、条約改定時に米国が10年間の使用延長を申し入れましたが、フィリピン上院がこれを拒否して放棄されました。

で、周辺で艦艇支援の仕事を担っていたフィリピンの海事関係企業はスービックから姿を消した。

これをこれから集めるなんて、無理無理。

ということは、任務海域を哨戒遊弋している艦艇ならいざ知らず、緊張した場合にどこから派遣しますか。

日本からしかないでしょ。
しかしながら緊急展開する海域が南シナ海なら派遣に時間が必要ですよね。

だから、米国は十年間の使用延長を申し入れたのです。
南シナ海における政治外交的影響力を維持する為に。

先の見えないフィリピンの政治家の決断が、中国の南シナ海における覇権確立の野望を後押ししたと言っても良い。

いわば、自業自得なのです。

陸上戦を任務とする歩兵はグアムからでも沖縄からでもすぐに急派できる。

だが、彼らが必要不可欠とするAPCなどの重量装備はそうはいかない。
紛争が予想される地域の近くにステージングエリアが必要不可欠なのです。

これをフィリピンに築くかどうかで、本気度は判断がつきます。

海兵隊の訓練施設などが出来る、あるいは計画されるようなら、米国は本気であるということになります。

ここを中国は注視していると思いますよ。

外交の延長線上には軍事力があるというのは、こういうことだと思います。

>今回の中国向け軍事選択肢の策定を担ったのはハワイの米軍で、策定に入ったのは昨年暮れの中国による防空識別圏の設定を契機にしてのようです(↓)。
>ttp://m.jp.wsj.com/articles/SB10001424052702303709304579529300166805332?mg=reno64-wsj
>(WSJ、「米国、中国向け軍事選択肢を策定・・・」、2014/04/28)
>ー   なんか完全に国防総省主導っぽい。もー、大統領とその取り巻きだけに任せてはおけないって感じ(笑

まさにその通りだと思います。

ハワイに司令部を置く米太平洋軍関係者の危機感はかなりのものであったと聞いています。

オバマさんは米国大統領とはなれても、米軍の最高指揮官として無能であったということかな。

【11250】Re:軍事支援施設の重要性
 tomyk  - 14/5/2(金) 8:17 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼かっくるなかしまさん
▼あぶさんさん
おはようございます。

▼退役軍人さん
おかえりなさいまし。

指摘されて見れば、軍事施設が重要になりますね。
単純な寄港地にとどまるのか、限定的なサービスを受けれる施設にするのか。
同時に、フィリピン軍の改革も行うのか。
艦艇は古いフリゲートを使用してるので、それに合わせるんでしょうが。

空軍戦力は韓国からT−50の導入を予定してるそうですが。
中途半端はやめて一度流れた中古のF−16の方が良いと思うんですけどね。

とにかく、圧倒的に制空戦力が足りない。
これがあると無いのでは大違いです。

【11252】仏作って魂入れず
 tomyk  - 14/5/3(土) 0:10 -

引用なし
パスワード
   余り話題にしたくなかった類の事件に関連することですが、韓国の貨客船沈没事故での韓国海洋警察…というより、新装備を欲しがる韓国の実態を紹介。

ttp://japanese.joins.com/article/867/184867.html?servcode=400&sectcode=430
中央日報より

>><韓国旅客船沈没>最新の高速艦艇も…運転できる者がいなかった海洋警察(1)

やたらと新型の装備を入手したがる韓国ですが、それを操作できる人材がいないのではないかという話題。
これがローテーションによる整備なら話は分かるのですが、緊急時に対応できる装備と人材が不足しているというのを浮き彫りにしています。
軍備でもステルス戦闘機や、イージス艦や空母や原潜配備をすると息巻いているようですが。

パワーパックが無い新型戦車に水没する水陸両用戦車、暴発する艦載砲に共食い整備にされた早期警戒機。
そういえば新造のミサイル艇が引き渡し前に水没したというニュースもありました。

ここ最近、無理に背伸びした結果が噴出しているなぁ。

【11290】これはヤバイ!南沙諸島問題
 tomyk  - 14/5/16(金) 23:20 -

引用なし
パスワード
   ベトナム側が公表した中国海警局の巡視船の体当たりが酷い。

ttp://asianews2ch.jp/archives/38791302.html

完全に故意にぶつけにいっています。
これでベトナムに抗議するなぞお門違い。

【11301】脱原発と集団的自衛権の連動
 tomyk  - 14/5/23(金) 22:25 -

引用なし
パスワード
   まあ、脱原発に拘るわけではありませんが、実際問題、集団的自衛権がそのまま日本国内の資源確保と外貨獲得に連動してることを指摘する論者が見えないのはいかがなものかと。

原発廃止を求める連中からこの手の話題が出ないのは想像力の欠如というしかない。

【11302】Re:脱原発と集団的自衛権の連動
 退役軍人  - 14/5/25(日) 17:06 -

引用なし
パスワード
   tomykさん

こんにちは。

ちと、忙しくてなかなか書き込めないのです。

▼tomykさん:
>まあ、脱原発に拘るわけではありませんが、実際問題、集団的自衛権がそのまま日本国内の資源確保と外貨獲得に連動してることを指摘する論者が見えないのはいかがなものかと。
>
>原発廃止を求める連中からこの手の話題が出ないのは想像力の欠如というしかない。

まぁ、木を見て森を見ないということなんでしょうねぇ。

経済活動の維持と発展には、エネルギー政策が根底にある。

資源小国というか、人的資産しか持たない我々の国ですから、エネルギー資源は輸入に頼らざるを得ない訳で。

いわゆるシーレーンというか、通商路の安全保障戦略が外交上の大きな課題となります。我が国の公権が及ばない海域が我が国の生殺与奪権を握ることになりますよね。

これは、輸出でも同じですよ。

我々の国は通商国家であり海洋国家なのだから。

閑話休題

中長期的に原発は全廃されるでしょう。

問題はそこに至る過程に有る訳で。

人口が減っていき、経済規模が縮小するのは確実ですから、どういう風に「上手に衰退」していくかという視点が不可欠だと思います。

残念ながら本家の方々には一部を除いてそういう視点を感じさせる投稿はありませんよね。

【11303】ネックは中国と内憂
 tomyk  - 14/5/25(日) 19:29 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
こんばんわです。

>まぁ、木を見て森を見ないということなんでしょうねぇ。
>
>経済活動の維持と発展には、エネルギー政策が根底にある。
>
>資源小国というか、人的資産しか持たない我々の国ですから、エネルギー資源は輸入に頼らざるを得ない訳で。
>
>いわゆるシーレーンというか、通商路の安全保障戦略が外交上の大きな課題となります。我が国の公権が及ばない海域が我が国の生殺与奪権を握ることになりますよね。
>
>これは、輸出でも同じですよ。
>
>我々の国は通商国家であり海洋国家なのだから。

火力発電の燃料費用そのものもですが、運搬コストというのも発生し、そこには船舶の運用費用以外の航海での安全確保のコストも考慮しなくてはいけない。
そのための集団的自衛権の拡大解釈という思考に行き着かないのか、無視しているか。

現在奇形カタカナサヨク系の団体は中国人と朝鮮人とタッグを組んで反対行動を起こしていると聞きます。

ttp://j.people.com.cn/94474/8592941.html

>閑話休題
>
>中長期的に原発は全廃されるでしょう。
>
>問題はそこに至る過程に有る訳で。
>
>人口が減っていき、経済規模が縮小するのは確実ですから、どういう風に「上手に衰退」していくかという視点が不可欠だと思います。

同意します。
事故を起こした以上、原発がやがて廃止になるのは当然だと思います。
問題はその過程と結果による代替エネルギーの確保をどうするかなのですが。
メガソーラーや風力発電などの再生可能エネルギーを扱うにしても、数十年の改良期間は必要かと思います。
やはり将来的には核融合でしょうかねぇ。

>残念ながら本家の方々には一部を除いてそういう視点を感じさせる投稿はありませんよね。

目先の問題だけ取り上げて日本の「未来」を憂うとか書いてるポエミストがいますが、悪口しか書いてないのに何を言ってるのでしょうかね。
集団的自衛権に関しても、現在の中国の蛮行が彼らの主張を台無しにしています。

このタイミングで安全保障の政策を推し進める安倍首相には舌を巻きます。

【11304】場を掻き回す者、回される者
 tomyk  - 14/5/26(月) 23:09 -

引用なし
パスワード
   対日政策関係から連携して何の得があるのか?

ttp://sankei.jp.msn.com/world/news/140526/chn14052618360008-n1.htm
msn産経ニュース

>中国の王毅外相は26日、2日間の日程で韓国を訪問し、尹炳世外相と会談した。年内に予定される中国の習近平国家主席の訪韓日程を調整し、北朝鮮による核実験は容認しないとの立場を確認したもようだ。

>昨年3月の外相就任後、王氏が訪韓したのは初めて。会談では、日本と中韓両国が対立する歴史問題や、集団的自衛権の行使容認に向けた日本の動向なども議題に上った可能性がある。

>尹氏は会談の冒頭、「王氏の訪韓は、北朝鮮の核を容認しないことや朝鮮半島の平和に対する中韓両国の共通認識を再確認し、北朝鮮に明確なメッセージを送る良い機会だ」と表明。王氏は「韓国と共に朝鮮半島の平和を守り、アジア地域の振興を築いていきたい」と述べた。(共同)

現在韓国は経済的にも安全保障的にもかなり際どい位置にいます。
経済的には、政府による経済の数字の操作が明るみになりつつあること(失業率や為替介入、粉飾決算など)
安全保障では北朝鮮との関係悪化、装備品の不良、アメリカとの関係悪化など枚挙に暇がありません。
防衛協議でも反日というカードを既に切ってる状況で日本との協議も満足に行えていない。
ましてや旅客船の沈没を初めとした海難事故の連続で韓国海運の信頼性は地の底に落ちている。

そんな状況で好調だった経済に幻惑されて中国寄りの外交を行った結果、引くに引けない状況になりつつあります。

中国も南シナ海で騒動を起こし、防空識別圏問題で不信感を周辺国に振りまいてる状況で韓国の取り込みに傾注している状況。

政策的にも外交的にも行き詰った韓国は中国と一蓮托生するんでしょうかねぇ。

日本の集団的自衛権にも批判的な態度を取っていますが、これは単純に南北朝鮮の休戦が無効になったときに日本の火事場泥棒を怖れていると見ていますが。
そんな態度では二進も三進もいかんでしょう。

韓国国内の親北派が中国に乗換えでもしたのかと穿った見方をしてますが。

【11305】速報
 tomyk  - 14/5/27(火) 0:48 -

引用なし
パスワード
   時事通信より

【ハノイ時事】中国が石油掘削を始めた南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島海域で26日、ベトナムの漁船が中国の漁船から体当たりされて沈没した。漁民10人は他のベトナムの漁船が救出した。複数の地元メディアが伝えた。
 5月に入ってからのベトナム船と中国船の問題で、沈没という事態は初めて。これを受けて対中関係はさらに緊張する可能性がある。
 報道によると、沈没した漁船は、掘削施設から南南西約31キロの海域で中国の漁船約40隻に囲まれ、体当たりされた。ベトナム沿岸警備隊当局者は「現場は非常に緊迫した状況だ」と述べた。また、ベトナムの漁業監視船1隻も中国船10隻から囲まれて妨害行為を受け「重大な被害」を受けたという。(2014/05/26-23:12)

幸い死者は出ませんでしたが、これは非常に危険な状況です。
民主党政権下での尖閣諸島で起きた漁船衝突事件から連想されることでは、中国は「組し易い」と判断した相手には非常に強硬な手段に出てくる。
日本が政権交代で毅然とした態度で対応しているから、直接的な手段は控えられていると見ています。

これはベトナムの対中政策の今後が気になりますね。

【11317】すごいぞ!航空自衛隊!(棒読み)
 tomyk  - 14/5/31(土) 23:56 -

引用なし
パスワード
   ttp://ww
.asahi.com/articles/ASG5Y6DCLG5YUHBI02G.html?iref=com_alist_6_02

朝日新聞より

>日中の軍用機が東シナ海上空で異常接近した問題を巡り、中国国防省の耿雁生報道官は29日の定例会見で「昨年11月に中国空軍機が自衛隊機の追跡監視を受け、約10メートルの距離まで接近した」と述べ、日本の対応を批判した。衝突回避のための連絡システムの構築にも消極的な立場を示した。

>耿報道官は中国が東シナ海に防空識別圏を設定して以来、自衛隊機が「10回以上、パトロール中の中国軍機に長時間の追跡監視を行い、中国側の正常な活動を妨害した」と批判。その例として、中国が防空識別圏設定を発表した昨年11月23日、「中国空軍のY8早期警戒機が識別圏をパトロール中、自衛隊のF15戦闘機2機から34分間にわたる追跡監視を受け、約10メートルまで接近された」と述べた。

スゲー!ニホンノイーグルドライバーノギリョウッパネェ!

…何というか中国側の政府報道官がこんなコメント出しちゃいかんだろう。
日本側が中国空軍の戦闘機が30メートルに近づいたから、「そっちは10メートルまで近づいたアル!」か?
これがもし本当なら、航空自衛隊のイーグルドライバー(F−15乗り)の技量は恐ろしいレベルってことになる。
東シナ海のスクランブルは基本、那覇基地所属の204飛行隊所属だからF−15ですね。
ブルーインパルスなどのアクロバット飛行ならお互いの信頼感と訓練であの見事な編隊飛行を行えるが、他国のおまけにもし本当に当たれば開戦に繋がりかねない状況でそんなことするわけねーじゃないか。

中国のこの状況は末期状態に近いんじゃないですかね?

【11329】台湾と連携が取れないか?
 tomyk  - 14/6/2(月) 0:09 -

引用なし
パスワード
   ttp://ww
.asahi.com/articles/ASG615F26G61UHBI010.html?iref=comtop_6_03
朝日新聞より

>中国と同様に尖閣諸島の領有権を主張している台湾の外交部(外務省)は1日、中国が台湾統治の実態を認めていないことなどを理由に、この問題で中国とは共闘しないとの声明を出した。地元紙に、中台が協力すべきだとの投書が掲載されたことを受け、見解を示した。

>台湾は、主権問題を棚上げして漁業権問題を解決するとの方針で、日本と漁業協定を結んだ。声明では、中国が台湾のこうした姿勢に反対していることや、日本が1952年に「中華民国」と結んだ日華平和条約に対する立場の違いも共闘できない理由としている。この条約は、日中国交正常化により効力を失った

ついこの間まで台湾国民党政権と中国との交流が活発と聞いてましたが、現状では経済的に落ち込み始めた中国と距離をとるという表明でしょうか。
まあ、この時期に中国との関係を深化しようとする国は韓国くらいでしょうか。

ttp://ww
.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140522/frn1405221830006-n1.htm

>>「朝貢外交に戻ったらどうか」

>>韓国紙・朝鮮日報は18日、中韓政府関係者の定期交流行事で、中国側の当局者が提案したという、衝撃的発言をこう報じた。朝貢外交は、中国皇帝に貢ぎ物を贈る代わりに、周辺国が正当性を認めてもらうもので、中国に「属国になれ」といわれたに等しい。

今の韓国ははっきり言って何をしようとしてるのか、何をしてるのか、何処へ行きたいのかさっぱり分からない。
一つだけいえるのは、日本が韓国を相手にしなくなったからおかしくなったわけでは無く、元からおかしいということが一般の日本国民にも周知されてきたことくらいでしょうか。

今後はどんな中国警戒の記事が出るか。

【11330】Re:台湾と連携が取れないか?
 こっかん  - 14/6/2(月) 23:35 -

引用なし
パスワード
   tomykさん こんばんは

>ttp://ww
>.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140522/frn1405221830006-n1.htm
>
>>>「朝貢外交に戻ったらどうか」
>
>>>韓国紙・朝鮮日報は18日、中韓政府関係者の定期交流行事で、中国側の当局者が提案したという、衝撃的発言をこう報じた。朝貢外交は、中国皇帝に貢ぎ物を贈る代わりに、周辺国が正当性を認めてもらうもので、中国に「属国になれ」といわれたに等しい。
>
>今の韓国ははっきり言って何をしようとしてるのか、何をしてるのか、何処へ行きたいのかさっぱり分からない。
>一つだけいえるのは、日本が韓国を相手にしなくなったからおかしくなったわけでは無く、元からおかしいということが一般の日本国民にも周知されてきたことくらいでしょうか。

金永三大統領までは、まだマシだったとは思う訳です。

今の大統領は、何を公約に大統領に成ったか?知りませんが、具体的に韓国という国をどのようにするか?というビジョンは「ない」でしょう。

個人的には、自衛隊と連携したい韓国国防省との乖離から、タイではないですが、あまり酷いとクーデターが起きやしないかと考えます。(日本にとってはその方が良い?)

【11331】Re:台湾と連携が取れないか?
 tomyk  - 14/6/3(火) 0:02 -

引用なし
パスワード
   ▼こっかんさん:
こんばんわです。

>金永三大統領までは、まだマシだったとは思う訳です。
>
>今の大統領は、何を公約に大統領に成ったか?知りませんが、具体的に韓国という国をどのようにするか?というビジョンは「ない」でしょう。
>
>個人的には、自衛隊と連携したい韓国国防省との乖離から、タイではないですが、あまり酷いとクーデターが起きやしないかと考えます。(日本にとってはその方が良い?)

韓国軍高官も自分の権益拡大に勤しんで、日本を仮想敵国に仕立てあげて装備品発注のポッポナイナイに熱心みたいです。
でなくてはあれだけ高性能兵器に飛びつく割にモノになってるのが殆ど無いという事態にはなっていないんじゃないでしょうか。

実際、対日用としか思えない計画や装備品も目立ちます。
対北用にイージス艦3隻は多すぎますし、去年には更に3隻追加して6隻にするとか。
日本の現有イージス艦は6隻ですから、これに対抗してるとしか思えません。

まあ、中堅どころの佐官軍人さんはどうかわかりませんが。

クーデターが起きるとすれば、アメリカがバックに付いたときかもしれません。
現状では想像しにくいです。

【11333】Re:台湾と連携が取れないか? (その1)
 かっくるなかしま  - 14/6/3(火) 10:06 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん :
▼こっかんさん :
▼退役軍人さん :

こんにちは。

ジグゾーパズル感覚で参ります。

作業仮説として、

◇米国の世界戦略が米国内で分裂していて合意がとれていない、

それが原因で、

◇対中国については、融和と抑止の両面で臨む方針であったのに(それは正しい)、抑止の側面が軽視されて、中国の増長を招いた、

◇対韓国については、対中融和策の一環として、その前線に立つことを期待したが、抑止策を疎かにしたため、韓国が勘違いして、(長いものに巻かれてしまう韓国の歴史的土壌もあって) 韓国が中国に取り込まれてしまった、

そういうことだろうと観ています。

>ttp://ww
>.asahi.com/articles/ASG615F26G61UHBI010.html?iref=comtop_6_03
>朝日新聞より
>>中国と同様に尖閣諸島の領有権を主張している台湾の外交部(外務省)は1日、中国が台湾統治の実態を認めていないことなどを理由に、この問題で中国とは共闘しないとの声明を出した。地元紙に、中台が協力すべきだとの投書が掲載されたことを受け、見解を示した。
>>台湾は、主権問題を棚上げして漁業権問題を解決するとの方針で、日本と漁業協定を結んだ。声明では、中国が台湾のこうした姿勢に反対していることや、日本が1952年に「中華民国」と結んだ日華平和条約に対する立場の違いも共闘できない理由としている。この条約は、日中国交正常化により効力を失った

>ついこの間まで台湾国民党政権と中国との交流が活発と聞いてましたが、現状では経済的に落ち込み始めた中国と距離をとるという表明でしょうか。
>まあ、この時期に中国との関係を深化しようとする国は韓国くらいでしょうか。
>ttp://ww
>.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140522/frn1405221830006-n1.htm

韓国でCSISのフォーラムが開催されましたが、

米国は中国の「一つの中国」という外交政策を固定的に評価しています。
ttp://s.japanese.joins.com/article/889/185889.html?servcode=a00&sectcode=a00
(中央日報、「一つの韓国、国際社会に拡散」、2014/05/28)
ー   キャンベル前国務次官補へのインタビューです。
ー   加えるに、米国は、中国が韓国をサポートすることを明確に支持しています。

台湾に関して言えば、米国は「一つの中国」政策を支持するにとどまらず、米国内では「台湾放棄論」すら出ていたわけです。
ttp://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40270
(現代ビジネス、「アメリカで叫ばれ始めたたいがい放棄論」、2014/03/27)

韓国に戻ると、

米国が考えているのはこういうことでしょう、つまり、

"米国の勢力圏にあり、議会制民主主義で自由経済体制の韓国が、朝鮮半島を統一することに、

中国の支援と了解を期待する、韓国による統一は中国にとって脅威にはならない"、

と。

でも、甘かったですよね。抑止策が働いていないから、韓国は勘違いするは、中国は朝貢/冊封体制への回帰を韓国に打診する始末なのですから。

むしろ、中国の後援による半島統一ではそれだけで済まない、ということが本能的によく分かっているのが北朝鮮のほうであった、と言えるでしょう。

>>「朝貢外交に戻ったらどうか」
>>韓国紙・朝鮮日報は18日、中韓政府関係者の定期交流行事で、中国側の当局者が提案したという、衝撃的発言をこう報じた。朝貢外交は、中国皇帝に貢ぎ物を贈る代わりに、周辺国が正当性を認めてもらうもので、中国に「属国になれ」といわれたに等しい。

>今の韓国ははっきり言って何をしようとしてるのか、何をしてるのか、何処へ行きたいのかさっぱり分からない。
>一つだけいえるのは、日本が韓国を相手にしなくなったからおかしくなったわけでは無く、元からおかしいということが一般の日本国民にも周知されてきたことくらいでしょうか。
>今後はどんな中国警戒の記事が出るか。

韓国内で、北朝鮮への感情が悪化すると親日、北朝鮮への感情が改善すると反日、というサイクルが基本であったところに、

中国による後援と、米国による後援への後援が加わり、

楽観モードで反日。
ー    統一費用を我が国からの事後徴収として当て込んでいたのが、従軍慰安婦での民間請求。

ところが北朝鮮が親中派を粛清して、楽観の梯子がもろに外れた。

北朝鮮との関係が悪化すれば、国防上、通常であれば親日に転換しなければならないが、

反日で抜き差しならないところまできてしまっていたから、体面上、我が国を頼みにできない。

で、米国も慌てふためく。

そうこうするうちに、今回の日朝合意。

韓国も米国も中国も不愉快に感じると思いますよ。

韓国と米国は、そのやり方が失敗したところに、安倍首相から駄目だしを喰らったわけですから。

中国はあと一歩のところで北朝鮮からちゃぶ台返しを喰らって、間隙を安倍首相に突かれたわけですから。

【11335】Re:台湾と連携が取れないか? (その2)
 かっくるなかしま  - 14/6/3(火) 11:29 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん :
▼退役軍人さん :
▼こっかんさん :

続きです。

欧州とインドで大きなイベントが発生しているわけです。

一つが、欧州議会選挙での右派の台頭。反EU派の躍進です(↓)。
ttp://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPKBN0E80H020140528
(ロイター、「欧州議会選挙で激震、EUは死の淵に」、014/05/28)

ロシア/ウクライナ紛争で、ウクライナを抱え込むだけのEUの財政的余力のなさに言及しましたが、

EU自身が下手をすれば政治的解体の危機に直面していたわけなので、

欧米によるキエフへの介入がいかに無謀であったか。
ー   またEU自身、ロシアに対して融和偏重で臨み、それに対して米国はEUが抑止のための軍事力支出をけちっていたことに不満を抱いていたと記憶します。軍事的オプションの用意を抜きにロシアの裏庭にちょっかいを出すことが自分には理解不能(@_@) 

米国が、時間軸上で、どういう抑止戦略を採ろうとしているのか、自分にはさっぱり分からない。

ロシアを抑えるのが先で、中国を抑えるのが後ならば、米国のアジア回帰戦略が後回しになるというのは分かりますが、ウクライナを見るように、軍事オプションの用意も十分でなければ、それ以前に、英国、ドイツ、フランスとの善後策も練られていない。

中国を抑えるのは後だという優先順位付けが事前になされているとは、とても思えません。


もう一つの大きなイベント発生がインドでの政権交代です(↓)。
ttp://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40791
(「オバマ大統領を揺さぶるインドのモディ新首相」、2014/05/27)
ー   モディ新首相は重要人物です。アジアで最も影響力を持つ四人の指導者(周近平、プーチン、安倍、モディ)の一人。
ー   だけれど仲が悪い(>_<) というか嫌われている(@_@)

安倍首相はかねてより、日本ーASEANーインドという広域の弧による海上安全保障を構想し、インドとの友好関係の構築に、安倍氏が不遇な時期にも注力していました。

オバマーモディの指導者間の確執は、外交的な穴としては大きいので、

米国のアジア回帰という戦略がどこまできちんと米国内で描かれていて合意形成がなされているのか・・・疑問。

安倍首相のほうはゆきとどいていますよ、

モディ新首相には、過去に5回会談を行っているという実績を踏まえた上で、新首相の海外歴訪の最初に我が国を、と要望打診する、それだけでもたいしたものですが、

それだけではなくて、こう(↓)ですから。芸が細かい。
ttp://m.cinematoday.jp/page/N0063331
(シネマトゥデイ、「安倍昭恵夫人、来日したボリウッド映画トップ女優を花束で歓迎」、2014/05/29)

米国のアジア回帰戦略をきちんとサポートしているのが安倍首相であって、

であるのに米国からは安倍首相をアジアの脅威と見なす声がいまだ収まらず、

米国内部の戦略の分裂と合意形成のなさが、

米国のアジア回帰戦略の足を米国が引っ張るという事態を招いているものと、観ています。

【11336】アジア安全保障保障会議〜日米vs中国、安...
 かっくるなかしま  - 14/6/3(火) 12:46 -

引用なし
パスワード
   英国際戦略研主催のアジア安全保障会議。

基調講演で安倍首相は、「海における法の支配」で3原則を提示(↓)。
ttp://sankei.jp.msn.com/smp/politics/news/140530/plc14053023370026-s.htm
(産経、「交わすべきは言葉・・」、2014/05/30)

日米vs中国の構図が鮮明になり(↓)、ASEAN諸国/豪州は日米を支持。
ー     朝日の見出しとは逆に中国がフルボッコ状態。
ttp://digital.asahi.com/sp/articles/DA3S11168226.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11168226
(朝日、「中国軍幹部、日米を非難、首相を名指し・・」、2014/06/02)

何が問題なのかどこに原因があるのかは、既に明らかだったのだが(↓)、
ttp://lite.blogos.com/article/85964/
(BLOGOS、奥山、「南シナ海でのベトナムと中国の艦船衝突の背景」、2014/05/07)
ー     一言で、中国による軍拡と地域軍事バランスの不安定化。

そうした問題と原因の所在が改めてクリアに確認され、地域でのコンセンサス形成に至ったというのが、今回のアジア安全保障会議だった、と言えるでしょう。

【11337】アメリカの影響力減少?
 tomyk  - 14/6/3(火) 23:52 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
▼退役軍人さん :
▼こっかんさん :
こんばんわです。

アメリカの行動規範が見えないですよね。

外交的にはかなりの失点を繰り返しています。
EUも、主要国に右派政権が続々と誕生し、反EU派が出始めています。
これでEUの連携が取れなくなると、ウクライナ情勢ではアメリカの介入が意味無しになりそうです。

韓国が中国に傾倒しているのが、一時的なのか確信してるのかも判断が付いていないようですし。
戦術的にアメリカとの連携を前提にしている韓国にはアメリカとの情報系統が軍単位にあるわけで、それが中国に渡ることを警戒していないのか。
中国がアメリカとの戦端を開かないことを何処かで信じきっているのでしょうか。

ここでアメリカと中国が戦略的合意をしているというなら、東西太平洋の分割案が成立していることになります。
いや、まさか、そんな。
と思えないのが、オバマ大統領の体たらくなんですけどね。

そんな状況でTPPの成立を目指しているのなら、TPPは成立しないのですけどね。
オバマ政権としては、国内の経済潤滑のためにTPPを推進しているわけですが、安全保障面での考慮が無いのかと疑います。

いずれにせよ、ASEAN諸国ではアメリカより日本の影響力増大が望まれてるってことですかね。

【11339】Re:台湾と連携が取れないか?
 こっかん  - 14/6/4(水) 1:14 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
こんばんは
>>金永三大統領までは、まだマシだったとは思う訳です。
>>
>>今の大統領は、何を公約に大統領に成ったか?知りませんが、具体的に韓国という国をどのようにするか?というビジョンは「ない」でしょう。
>>
>>個人的には、自衛隊と連携したい韓国国防省との乖離から、タイではないですが、あまり酷いとクーデターが起きやしないかと考えます。(日本にとってはその方が良い?)
>
>韓国軍高官も自分の権益拡大に勤しんで、日本を仮想敵国に仕立てあげて装備品発注のポッポナイナイに熱心みたいです。
>でなくてはあれだけ高性能兵器に飛びつく割にモノになってるのが殆ど無いという事態にはなっていないんじゃないでしょうか。
>
>実際、対日用としか思えない計画や装備品も目立ちます。
>対北用にイージス艦3隻は多すぎますし、去年には更に3隻追加して6隻にするとか。
>日本の現有イージス艦は6隻ですから、これに対抗してるとしか思えません。
>
>まあ、中堅どころの佐官軍人さんはどうかわかりませんが。
>
>クーデターが起きるとすれば、アメリカがバックに付いたときかもしれません。
>現状では想像しにくいです。

日本への対抗心もありますが、対中・対北本睨みで対日半睨み。
崔潤喜合同参謀本部議長の空母配備発言も、大連のワリヤーグに反応してのものかと。

ただ昨今の韓国の高官の発言。

崔潤喜海軍大将の合同参謀本部議長就任時の発言

「政治とは関係なく、軍事的に必要な部分は日本と互いに軍事協力できるよう交流するべきだ。」

金寛鎮国防部長官の国会答弁(日本の集団的自衛権行使に関連して)

「集団的自衛権の行使は、日本の平和憲法に符合しわれわれの域内平和と繁栄に寄与する方向で推進されるべき」

我が国の左翼を遥かに超えた現実的な発言です。

この金寛鎮国防部長官の発言は、韓国国内でかなり物議を醸した模様です。

それで、この前の旅客船沈没事故です。

謎に包まれているのが「韓国海軍出動せず」
合同軍事演習中、事故現場へ救助に向かったのが米軍ヘリ2機…
それも混乱を招くと断わるヽ(´o`;

様々な憶測が飛び交ってますが…

当方の憶測は「あのおばはん、軍と仲悪くねえか?海軍に救助要請してねえんじゃねぇ( ̄◇ ̄;)」

【11340】韓国の態度
 tomyk  - 14/6/4(水) 8:15 -

引用なし
パスワード
   ▼こっかんさん:
おはようございます。

>日本への対抗心もありますが、対中・対北本睨みで対日半睨み。
>崔潤喜合同参謀本部議長の空母配備発言も、大連のワリヤーグに反応してのものかと。

にしても拙速すぎます。
韓国のEEZで空母や原子力潜水艦は明らかに過ぎたるものです。
同額の予算で中性能の潜水艦や、稼動防空戦闘機の数を増やしたほうが遥かに安上がりです。
まさか韓国軍単独でSLOC防衛を行うつもりは…無いと…思いますが…あれ?

何というか、事大主義が行き過ぎて外交的に絶望の状況になりつつあるんですよねぇ。
日本というより、安倍首相がASEANを飛び回って防衛協定を結びまくってるのが正解なんですよ。
韓国も別に援助しろというわけでもなく、韓国海軍の艦艇を定期的にSLOC上の国に派遣するだけでもいいんです。
簡単な合同訓練を繰り返すだけでいいんです。
そして、本来なら日本と積極的に防衛協定を結ぶべきなんです。
そうすれば韓国周辺に防衛力を限定して、濃密な防衛線の構築ができるはずなんです。

反日をこじらせた結果が中国への朝貢復活の提案ですよ。

>ただ昨今の韓国の高官の発言。
>
>崔潤喜海軍大将の合同参謀本部議長就任時の発言
>
>「政治とは関係なく、軍事的に必要な部分は日本と互いに軍事協力できるよう交流するべきだ。」
>
>金寛鎮国防部長官の国会答弁(日本の集団的自衛権行使に関連して)
>
>「集団的自衛権の行使は、日本の平和憲法に符合しわれわれの域内平和と繁栄に寄与する方向で推進されるべき」
>
>我が国の左翼を遥かに超えた現実的な発言です。

当該の記事を見ました。
結論で言えば韓国メディアと国内の「反日感情」が問題ですね。
理論的に考える専門家と感情でしか見えないその他というところでしょうか。
確かに、韓国政府は是非を出していませんでした。

>この金寛鎮国防部長官の発言は、韓国国内でかなり物議を醸した模様です。

ネットでの韓国人の反応もさまざまでした。

>それで、この前の旅客船沈没事故です。
>
>謎に包まれているのが「韓国海軍出動せず」
>合同軍事演習中、事故現場へ救助に向かったのが米軍ヘリ2機…
>それも混乱を招くと断わるヽ(´o`;
>
>様々な憶測が飛び交ってますが…
>
>当方の憶測は「あのおばはん、軍と仲悪くねえか?海軍に救助要請してねえんじゃねぇ( ̄◇ ̄;)」

指導力と決断力が圧倒的に足りていないみたいですね。
政府と軍実行部隊との軋轢があるのも憶測以上の信憑性がありますね。

で、初動の救難活動で失敗した海洋警察は解体するとか。
朴大統領、弾劾決議を受ける日も遠くないですね。

【11344】G7会議でも日本の存在感
 tomyk  - 14/6/5(木) 21:40 -

引用なし
パスワード
   ttp://ww
3.nhk.or.jp/news/html/20140605/k10014986201000.html

>首脳会議は日本時間の5日未明に始まり、安倍総理大臣やアメリカのオバマ大統領ら各国首脳は、夕食をとりながら、ウクライナ情勢をはじめとする外交課題について意見を交わしました。
>このなかで、安倍総理大臣は「中長期的なウクライナの安定実現に向けて、引き続きG7が協力すべきだ。ウクライナに対する経済支援に日本としても積極的な役割を果たしていきたい」と述べました。
>そして、安倍総理大臣は、ロシアへの対応について「ロシアを責任ある国家として、国際社会の問題に関与させることが重要だ」と述べました。
>さらに、安倍総理大臣は、中国の海洋進出を念頭に、東シナ海や南シナ海で緊張が高まっていることを指摘したうえで「力による現状変更は認められないという強いメッセージを出しており、ASEAN=東南アジア諸国連合の各国の支持も受けている。G7として、航行や飛行の自由について発信していく必要がある。ウクライナの問題はほかの地域にも連動してくる可能性があり、しっかり議論していく必要がある」と述べ、事態の沈静化に向けて協力を呼びかけました。
>これに対して、G7の首脳の間から、同意する意向が示されたということです。

デカイ収穫ですねぇ。
日本としてはウクライナ情勢とセットで中国へのけん制をG7首脳会談で持ち込めたのは大きい。
他の国としても、ウクライナを背負ってしまった状況では日本の経済力をアテにしてるのは当然でしょうから已む無しなんでしょうけど。
これで日本にベトナムとフィリピンなどの中国といざこざを起こしてる国が歩調を取ってくるのは間違いないです。
予想ですが、ロシアとも裏での密約があると見ています。
実際、ロシア軍はクリミアを併合した時点で国境線から軍を退いてるそうですし。
ウクライナ問題でここまでイニシアティブを取るとは正直思いませんでした。

【11349】気になったこと
 佳之輔  - 14/6/11(水) 14:49 -

引用なし
パスワード
   スレの趣旨から逸脱するかも知れませんが,
自衛隊絡みなんでここに書き込みます.

鉄道旅行が好きで,知人に鉄道ファンが多いので,
会話のネタ仕入で鉄道関連のHP等を見ています.

「日頃走らない電車が走った」様なニュースサイトや
それに近いもの(個人サイトやSNS)で時折陸自の戦車輸送の
貨物列車運行が取り上げられています.

掲載者にすれば,自衛隊のことよりも鉄道に関する方を
広めたくて掲載していると思いますが,装備の輸送を
ネット等に載せることは演習の日程や場所,装備についての
情報管理やテロ対策等で問題は無いのでしょうか??

こんな心配,取り越し苦労だと良いんですけれど.
失礼しました.

【11351】Re:気になったこと
 退役軍人  - 14/6/12(木) 7:56 -

引用なし
パスワード
   佳之輔さん

おはようございます。

結論から言って、「想定済み」ですから心配は無用かと。

▼佳之輔さん:
>スレの趣旨から逸脱するかも知れませんが,
>自衛隊絡みなんでここに書き込みます.
>
>鉄道旅行が好きで,知人に鉄道ファンが多いので,
>会話のネタ仕入で鉄道関連のHP等を見ています.
>
>「日頃走らない電車が走った」様なニュースサイトや
>それに近いもの(個人サイトやSNS)で時折陸自の戦車輸送の
>貨物列車運行が取り上げられています.
>
>掲載者にすれば,自衛隊のことよりも鉄道に関する方を
>広めたくて掲載していると思いますが,装備の輸送を
>ネット等に載せることは演習の日程や場所,装備についての
>情報管理やテロ対策等で問題は無いのでしょうか??
>
>こんな心配,取り越し苦労だと良いんですけれど.
>失礼しました.

在日米軍の動向を常に監視してアップしているサイトもありますよ。

ttp:// ww.rimpeace.or.jp/

良くみているというか。(苦笑

まぁ、自らが見ているよりももっと詳細に緻密に監視されていることに気がついていないとは思いますが。(笑......

詳細は書けませんが、彼らは確実に監視されています。

心配はいらないと思います。

【11352】Re:気になったこと
 佳之輔  - 14/6/13(金) 0:30 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:こんばんは
>>結論から言って、「想定済み」ですから心配は無用かと。

やはり取り越し苦労でした.ありがとうございます.


>在日米軍の動向を常に監視してアップしているサイトもありますよ。
>
>ttp:// ww.rimpeace.or.jp/
>
>良くみているというか。(苦笑
>
>まぁ、自らが見ているよりももっと詳細に緻密に監視されていることに気がついていないとは思いますが。(笑......
>
>詳細は書けませんが、彼らは確実に監視されています。
>
>心配はいらないと思います。

逆を突くのもすごいですね.

失礼しました.

【11353】緊迫、イラク情勢
 かっくるなかしま  - 14/6/13(金) 8:42 -

引用なし
パスワード
   緊迫、イラク情勢。
ttp://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0EN10G20140612
(ロイター、「イラクで攻勢強める、ISIL、指導者は第二のビンラディンか」、2014/06/12)

あのかつての攻防地ファルージャがとっくに制圧されていて、北部の第二の都市モースルまで陥落とは(@_@)

シリアがロシア介入で膠着して、

アフガニスタンが米国撤収で緩和して、

両サイドから過激派武装勢力のベクトルがイラクに向かって雪崩れ込んだというイメージ。

状況は2006年頃に逆戻りしてしまっていますね。

米国は空爆のオプションを用意しているようですが。

この状況は、シリア、クリミアどころではない米国の軍事的/外交的な大失態ではないかと観ています。

【11354】イラン、イラクに派兵
 かっくるなかしま  - 14/6/13(金) 11:13 -

引用なし
パスワード
   イラン、イラクに派兵。
ttp://m.jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304826804579620901533224282?mobile=y
(WSJ、同上、2014/06/13)

既にイランは派兵して、イラク軍(マリキ政権)とともにティクリートの奪還の攻防を行っているということになります。

イランから派遣されているのはクッズ旅団とありますが、

この部隊は、シリア政府軍(アサド政権)を支援していた部隊でもあった(はずな)ので、

シリアから転戦しているか、他の部隊がイラン本国から投入されているのでしょう。

イラン放送によれば、米国のサキ報道官がイランに対し、イラク情勢での役割を要請したと伝えていますが、

おそらくは、イランによる派兵を容認しているということなのでしょう。

これにより、ISILによる南部/首都への侵攻は阻止されると観られますが、

イランによる直接的な軍事介入が容認されたという事態は政治的に重い意味を持つものと思われます。

ISILはスンニ派の過激派であり、スンニ派内部でのバトルがありますが、

イラク現政権は穏健派スンニ派を排除してきたという経緯があるため、

シーア派vsスンニ派という構図がより鮮明となるからです。

つまり、イランによるイラクへの西方進出、イランに対して妥協的に出ざるを得なかった米国の中東政策を、

スンニ派の湾岸諸国が今後どう評価するかです。

当該地域での米国の威信が更に低下し、

米国の実力に対する過小評価が生じることで、

当該地域での地政学的リスクはこれまでより上がってしまうと観ています。

ps

イラクが流動的で状況が昔に逆戻りしていても、政治的に撤収の判断を米国(オバマ政権)がしてしまっている以上、軍事介入のオプションを用意していても、軍事介入は、政権自身の判断の誤りを認めることになるので、それが軍事的に正しくとも、米国の中間選挙を前にして、政治的にかなり困難な選択なのであろうと観ています。

イランによる派兵の容認は、本来、イランを軍事的に封じ込めようとしていた米国の政策とは真逆であり、窮余の策なのでしょうが、イランに対して借りをつくることになります。シリアで敵対しているクッズ旅団の力を借りるとなると、自ずと米国のシリアでのプレゼンスは下がることになるでしょう。

そのイラン、シリアに対してロシアは協調的、融和的な戦略を採ってきたわけですが、イランに対して妥協的な態度を取ると、そのイランを抑えるにはロシアの影響力に期待するとなり、今度はロシアに対する妥協が必要となり、敵対しているウクライナでの妥協を余儀なくされる。

米国はその実力に見あわない誤ったメッセージを発信し続けて、自縄自縛に陥ったと観ています。地中海、中東、東欧に火が着いてしまったので、アジア回帰の戦略は、後退を余儀なくされた、もしくは頓挫であると観ています。

オバマ政権は、アジア地域では、我が国に対しては、対韓融和、対中自重を求めるようにその外交感覚がずれてしまっていて、強く出るべき相手をなぜか間違ってしまっていて、誤りのメッセージを発信し続けてきたとともに、それはまた当該地域でのヒューミントを疎かにしていることであると観ています。

言い換えれば、今の米国は、コミットする地域での人心を把握すること、同盟国に対してですら、それに失敗していて、今回のイラクでの失態はその証左であろうと。

今の米国がやっているのは、「投票箱民主主義」です。形式的な器ができればミッション完了。イラクもアフガニスタンも、仕上げのところが手抜かりで形式的。エジプトにしてもそう。ウクライナにしてもそう。

【11357】Re:イラン、イラクに派兵
 tomyk  - 14/6/14(土) 22:43 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
こんばんわです。

CNNのニュースでは、イラン外務省は否定してるとありますが、実際に派兵してた場合、アメリカはイランへの貸しを積み重ねてることになります。
イラン側も、欧米への協調路線を取って経済に弾みをつけたいところでしょう。

しかし、すごい移り変わりですね。
ここ数年で国際情勢の変化が大きすぎじゃないでしょうか?

>イラクが流動的で状況が昔に逆戻りしていても、政治的に撤収の判断を米国(オバマ政権)がしてしまっている以上、軍事介入のオプションを用意していても、軍事介入は、政権自身の判断の誤りを認めることになるので、それが軍事的に正しくとも、米国の中間選挙を前にして、政治的にかなり困難な選択なのであろうと観ています。

>イランによる派兵の容認は、本来、イランを軍事的に封じ込めようとしていた米国の政策とは真逆であり、窮余の策なのでしょうが、イランに対して借りをつくることになります。シリアで敵対しているクッズ旅団の力を借りるとなると、自ずと米国のシリアでのプレゼンスは下がることになるでしょう。

>そのイラン、シリアに対してロシアは協調的、融和的な戦略を採ってきたわけですが、イランに対して妥協的な態度を取ると、そのイランを抑えるにはロシアの影響力に期待するとなり、今度はロシアに対する妥協が必要となり、敵対しているウクライナでの妥協を余儀なくされる。

>米国はその実力に見あわない誤ったメッセージを発信し続けて、自縄自縛に陥ったと観ています。地中海、中東、東欧に火が着いてしまったので、アジア回帰の戦略は、後退を余儀なくされた、もしくは頓挫であると観ています。

>オバマ政権は、アジア地域では、我が国に対しては、対韓融和、対中自重を求めるようにその外交感覚がずれてしまっていて、強く出るべき相手をなぜか間違ってしまっていて、誤りのメッセージを発信し続けてきたとともに、それはまた当該地域でのヒューミントを疎かにしていることであると観ています。

なんつうか迷走外交ですね。
状況的にも、ビリヤードボール効果が激しすぎ。
自業自得とはいえ、それが回りまわってわが国にも影響が出てる時点でアメリカに責任を追及してもいいんじゃないかと思います。

>言い換えれば、今の米国は、コミットする地域での人心を把握すること、同盟国に対してですら、それに失敗していて、今回のイラクでの失態はその証左であろうと。

>今の米国がやっているのは、「投票箱民主主義」です。形式的な器ができればミッション完了。イラクもアフガニスタンも、仕上げのところが手抜かりで形式的。エジプトにしてもそう。ウクライナにしてもそう。

間違ったメッセージの連続が今の中国の増長に繋がったということでしょうかね。
中国経済に対する米大統領のブレーンはどんな情報をオバマ大統領に送り続けてたことやら…
韓国の中国擦り寄りも原因が無いとはいえませんし。

中国国内の少数民族弾圧も、見逃せば大火事になるという焦りでしょうし。
どうしてこうなった?

【11362】Re:イラン、イラクに派兵
 かっくるなかしま  - 14/6/17(火) 20:57 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

こんばんは。亀レスにて失礼します。

>CNNのニュースでは、イラン外務省は否定してるとありますが、実際に派兵してた場合、アメリカはイランへの貸しを積み重ねてることになります。
>イラン側も、欧米への協調路線を取って経済に弾みをつけたいところでしょう。

CNNの続報(↓)ですが、実態を追認してきている、あるいは客観的に見て他に有力な選択肢がないので予定調和的かもしれません。
ttp://ww
.cnn.co.jp/m/world/35049499.html
(CNN、「米、イランとの協力探る、イラク問題で直接協議も」、2014/06/17)

>しかし、すごい移り変わりですね。
>ここ数年で国際情勢の変化が大きすぎじゃないでしょうか?

>なんつうか迷走外交ですね。
>状況的にも、ビリヤードボール効果が激しすぎ。
>自業自得とはいえ、それが回りまわってわが国にも影響が出てる時点でアメリカに責任を追及してもいいんじゃないかと思います。

投票箱民主主義のツケだと観ています。

ISILの南進から間髪入れず、北部のクルド自治区の軍閥が北部油田地帯を掌握しましたが(↓)、
ttp://m.jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304826804579620473605622710?mobile=y
(WSJ、「クルド部隊が北部主要都市を掌握」、2014/06/13)

ちょうど1ヶ月前には既にこうなっていて(↓)、
ttp://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASGM14061_U3A510C1000000/
(日経、英国FT、「米の反対押し切るトルコ、クルド自治区で石油開発」、2014/05/14)

つまり、トルコ政府は、トルコ国内の反政府勢力と手打ちをして、イラク北部と結びつきを深めていたわけです。

米国の言うことを聞きませんよ、

ちょうど1年前に、トルコで親西欧派のデモで騒動になって、2020年五輪を逃すは、下手をすりゃ大統領の地位を追われかねなかったわけですから。

そっくりなことがウクライナで起きたわけですし。
ー   トルコの宿敵がロシアとはいえども、トルコがシリアで反政府勢力を支援し、ISILと戦っていたといえども、それでも米国の言うことを聞かない(@_@)

米国は、いかにも民主党政権らしい投票箱民主主義で、中東や東欧で、パンドラの箱を開けてしまった、

そのように観ています。

>間違ったメッセージの連続が今の中国の増長に繋がったということでしょうかね。
>中国経済に対する米大統領のブレーンはどんな情報をオバマ大統領に送り続けてたことやら…
>韓国の中国擦り寄りも原因が無いとはいえませんし。

中国も韓国もプロパガンダ戦をうまくやってきたと思います。

我が国を圧政者に見立て人道を楯に国際世論を味方につけようとするやり方。

やり過ぎがたたって失敗していますが、

やり方が投票箱民主主義の物真似ですから、今の米国ならそのやり方で通じるということだったのでしょう。

エジプトにせよトルコにせよサウジアラビアにせよ、投票箱民主主義が米国とそれら同盟国とに距離/亀裂を生じさせたわけで、

そうした米国の脇の甘さをよく研究しているのではないかと思います。


>中国国内の少数民族弾圧も、見逃せば大火事になるという焦りでしょうし。
>どうしてこうなった?

【11364】イラク国境再編、分割統治へ〜人工国家か...
 かっくるなかしま  - 14/6/18(水) 10:20 -

引用なし
パスワード
   早めに想像を交えますが、

もし、

「イランとサウジアラビアの中間地帯の要衝としてのイラクに、議会制民主主義で自由市場経済のイラクを打ち建てて、それを中東全域への橋頭堡とする」、

ということが米国や英国のプランであったなら、そのプランは白紙に戻り、

「イラクの国境再編前提に、分割統治で地域の安定を図る」、

というような別のプランへの切り替えが不可避な状況に直面していると、言えそうです。

イラクからサウジに牽制が入っている。
ttp://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASDC1700M_X10C14A6EA2000/
(日経、AFP、「首都近郊で戦闘激化、イラク首相府、サウジが支援と避難」、2016/96/18)

イランは米国に秋波を送っている。
ttp://sankei.jp.msn.com/smp/world/news/140617/mds14061720420014-s.htm
(産経、「イラン、米国のお墨付き狙う」、2014/06/17)

米国はイランvsサウジの狭間で股割き状態。
ー   積極的な介入には出られない。おそらくは、空爆に踏み切れず、イランの介入を黙認することになるのだろうと観ます。

ただし、積極的な介入に出られないということは、

原理主義的なテロ組織の軍事行動を半ば見過ごすことに他ならないので、

イラン、サウジとの関係を損ねないという短期的利益の代償として、

9.11以降これまでの、対テロ戦争の長き過程と大義名分/国際正義とを大きく損ねます。

英国は、在イラン大使館の活動を3年ぶりに再開するとのこと。
ttp://sankei.jp.msn.com/smp/world/news/140617/mds14061722150016-s.htm
(産経、時事、「英、在イラン大使館再開へ、イラク危機打開探る」、2014/06/17)
ー    "真の脅威はイランではなく、スンニ派の過激派である"、と。

それはその通りだろうけれど、

ついこの間まで、イランが支援するシリアを英米仏で空爆しようとしていたし、イランを脅威と見なし封じ込めようとしていたわけであるから、

状況に追い込まれて、プランの切り替えを余儀なくされたと言えるでしょう。

個人さんのブログでニュースフローのフォローが行き届いているので添付しますが、
ttp://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/4095114.html
(個人さん、「イラク軍、シーア派義勇軍反撃」、2014/06/16)

イラクの状況は、宗派と部族の分布状態に即する形で、

つまり、第二次大戦後の人工的国境線が、当該地域の自然国境線へと再編される過程にあると観ることができます。

ウクライナも全く同じで、西部(旧ポーランド)、東部(ウクライナ)、クリミア(ロシア)の3地域区分が自然状態。

中国も同様で、そこでは崩壊前のソ連のような人工国家が温存されていて、

内部の軋轢で解体の圧力が生じていて、不安定性を増していると見るべきでしょう。

しかるに、米国や欧州は、人工国家というものを所与として、

人工国家を汎国家に束ねること(広域自由経済市場)を強く志向する余り、

人工国家群が自然国家群に解体しつつあるというもう一つの動きを過小に評価してきたと観ています。


自然国家 ← → 人工国家 ← → 汎国家

      ↑         ↑
    解体運動      統合運動


地政学的リスクは、解体運動の箇所で生じますが、

その解決に、統合運動という見当違いの処方箋を充てているため、

特に軍事面で、地政学的リスクに後手後手に回っていると観ています。

【11399】集団的自衛権、必要なものは?
 tomyk  - 14/6/29(日) 19:12 -

引用なし
パスワード
   与党間の閣議決定が決まる状況で集団的自衛権という言葉を、一部の勢力が恐怖の言葉として独り歩きさせようとしています。

しかし、状況によっては泥沼の地上戦に引きずり込まれる可能性も全く無いわけで、これは阻止する必要があります。

1。
何故集団的自衛権を日本は憲法解釈変更によって必要なのか?

2。
集団的自衛権において日本が果たすべき役割は?

3。
集団的自衛権を行使することによる日本のメリット、デメリットは?

4。
今後日本が安全保障を確立するために必要なものは?ハードウェア、ソフトウェアの面で。

今思いつくのはざっとこれだけです。
1に関しては、地政学的戦略環境の変化が目まぐるしいというのが自分の理由です。
中国の台頭、ロシア、北朝鮮との関係の変化、同様に韓国の変化。
アメリカの国力低下。
シーレーンに面するASEAN諸国との安全保障分野での協力の不可避。
原発事故による国家エネルギー戦略の見直し。
全て兆候としては、十数年前から表れていたのもありますが、大半はここ数年の問題噴出です。
実際は改憲することが筋なのですが、悠長に構える時間が惜しい状況にもなっています。
対処療法感が大きいですが、政治判断によるという小回りも利く。
しかし、安倍政権という安定的な政権で無ければ改憲を行うのと同じくらい時間がかかったかもしれません。

2では、日本が持つ最も有効な安全保障分野では、間接的には経済・物資支援と直接的には海上自衛隊による迅速なシーレーン防衛が重要になります。
どちらも経済に直接関係することであり、日本が行う集団安全保障としては十分では無いでしょうか。
陸上戦力の供出は、補給と実際の能力故に大規模なものは不可能で、限定的なことしか出来ない。
個人的にはこの辺りはスパッと諦めたほうがいいと見ています。

3のメリットはずばり経済活動の安定。
ASEAN諸国周辺で有事になった場合、シーレーン防衛が重要になります。
また、海上自衛隊の戦力が「来るかもしれない」という抑止力も無視できない。
デメリットとしては、相応の発言権と交渉力が無いと地上戦に引きずり込まれかねないのは当方としても懸念するところです。
また、短中期的には中国との関係悪化による経済活動の損失も考慮する必要があります。
海上活動に極力限定することが重要か?

4のソフトウェアは、将来的には憲法改正と同盟国の拡充、特にASEAN方面でのそれは必要になってきます(自分が以前から言っていたアジアアライアンス)。
ハードウェアとしては潜水艦戦力の拡充、対潜哨戒機の更新と「同盟国の前線基地」、護衛艦の整備と人員の育成。
あとは島嶼防衛・奪還を目的とした戦闘団の整備。
これらは防衛大綱で決定していることが多いので、問題は無いとみます。
あとは「同盟国」への戦力底上げも必要になります。

4のソフトウェアで他に重要と思われるのはやはり外交力。
正面からの交渉と裏面での活動。
日露戦役の際、明石大佐がロシアで活動していたことを忘れることはなりません。
アメリカへのロビー活動と中国への裏面工作、情報収集も必ず忘れてはなりません。

【11400】新国家樹立?
 tomyk  - 14/7/1(火) 0:10 -

引用なし
パスワード
   中東のバランスが今後どうなるか?

ttp://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303844704580000151170593066
wsjより

>【バグダッド】イラク北部を制圧するイスラム教スンニ派武装組織「イラク・シリアのイスラム国(ISIS)」は29日、「カリフ(予言者ムハンマドの後継者)」を最高指導者とするイスラム国家の樹立を宣言し、アルカイダなど他のイスラム組織に従属を求めた。


>ISISはイスラム教で聖なる月とされるラマダン(断食月)の初日に音声ファイルをソーシャルメディアで流し、一連の宣言を行った。ISISの名称は「イスラム国」に改められ、イスラム国家のカリフはISISの指導者アブバクル・バグダディ容疑者であるとされた。


>カリフを最高指導者とするイスラム国家は、90年前にトルコのアタチュルク初代大統領によって廃止されて以来、広く認められた政治組織としては存在してこなかった。今回の宣言は、こうした政教一致国家の復活を目指したものだ。


>ただ、この宣言がどこまで大きな意味を持つのかはまだ不透明。この宣言の重要性は、国際テロ組織アルカイダの指導者アイマン・ザワヒリ容疑者の反応に大きく左右される。かつては大きな勢力を持っていたアルカイダだが、この1年の間にISISがシリアの武装勢力として台頭するのに伴い影響力が薄れている。


>アルカイダとは異なり、ISISは統一されたイスラム国家を実現する首長になることを目指すという点において、他の武装勢力とは一線を画している。ザワヒリ容疑者はこれまで、ISISが制圧する地元住民に凶悪な攻撃を加えていることを理由にバグダディ容疑者を批判してきた。ザワヒリ容疑者は今年、バグダディ容疑者のISISをアルカイダ系組織から追放した。


>今回の宣言は、アルカイダと他の敵対勢力に対する警告の意味合いが強い。これがイラク政府やそれを支援するイランや西側に対するISISの早々の勝利宣言だからだ。


>米ワシントン近東政策研究所のイスラム集団専門家アーロン・ゼリン氏は「これはイスラム内部の問題だ。西側には影響がない」とし、「これまで以上に内紛が起こる可能性がある。またそれはシリアに限られたことではない」と述べた。

ISISの支援関係を見たら頭が痛くなりました。
完全に大国が中東を混乱状態で維持することを目的とした組織じゃん。
これ、どうするんですかねぇ…

イラクの現政権に大きなダメージがあれば、アメリカの中東撤退が間違っていたということになる。
ISISにロシアも噛んでる、ちなみにISISにはアメリカも噛んでる。

ロシアは現イラク政権にSuー25を売却。
アメリカが売却を約束していたF−16がイラクに無いから仕方ないにしても。

Su-25はロシアが開発した戦術攻撃機としては、搭載弾薬量が抜群に多い。
アメリカの空を飛ぶ戦車、A−10に対抗した攻撃機だから、能力としても十分。
対地上戦では陸上戦力との共同戦闘を前提とした航空機としてはまずまず。

状況としては中東の火が思ったより火勢が強く、イランやサウジとのいざこざも無視できない。

これはアメリカのヨーロッパとアジアへのプレゼンス低下に繋がるか?

アジアに関しては、アメリカが日本へどれだけの権限を容認するか興味あり。
韓国が中国への庇護下へ走ることを止められるかどうかも微妙だし。
現に中国が大きく動いている理由にもなる。

オバマ政権の対外政策の失態がかなりのウェートを占めてますね。
マジで世界の国家関係の変更が大きく動くのではないか?

【11403】Re:新国家樹立?
 かっくるなかしま  - 14/7/1(火) 21:55 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

こんばんは。

>中東のバランスが今後どうなるか?
>ttp://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303844704580000151170593066
>wsjより
>>【バグダッド】イラク北部を制圧するイスラム教スンニ派武装組織「イラク・シリアのイスラム国(ISIS)」は29日、「カリフ(予言者ムハンマドの後継者)」を最高指導者とするイスラム国家の樹立を宣言し、アルカイダなど他のイスラム組織に従属を求めた。
>>ISISはイスラム教で聖なる月とされるラマダン(断食月)の初日に音声ファイルをソーシャルメディアで流し、一連の宣言を行った。ISISの名称は「イスラム国」に改められ、イスラム国家のカリフはISISの指導者アブバクル・バグダディ容疑者であるとされた。
>>カリフを最高指導者とするイスラム国家は、90年前にトルコのアタチュルク初代大統領によって廃止されて以来、広く認められた政治組織としては存在してこなかった。今回の宣言は、こうした政教一致国家の復活を目指したものだ。
>>ただ、この宣言がどこまで大きな意味を持つのかはまだ不透明。この宣言の重要性は、国際テロ組織アルカイダの指導者アイマン・ザワヒリ容疑者の反応に大きく左右される。かつては大きな勢力を持っていたアルカイダだが、この1年の間にISISがシリアの武装勢力として台頭するのに伴い影響力が薄れている。
>>アルカイダとは異なり、ISISは統一されたイスラム国家を実現する首長になることを目指すという点において、他の武装勢力とは一線を画している。ザワヒリ容疑者はこれまで、ISISが制圧する地元住民に凶悪な攻撃を加えていることを理由にバグダディ容疑者を批判してきた。ザワヒリ容疑者は今年、バグダディ容疑者のISISをアルカイダ系組織から追放した。
>>今回の宣言は、アルカイダと他の敵対勢力に対する警告の意味合いが強い。これがイラク政府やそれを支援するイランや西側に対するISISの早々の勝利宣言だからだ。
>>米ワシントン近東政策研究所のイスラム集団専門家アーロン・ゼリン氏は「これはイスラム内部の問題だ。西側には影響がない」とし、「これまで以上に内紛が起こる可能性がある。またそれはシリアに限られたことではない」と述べた。


>ISISの支援関係を見たら頭が痛くなりました。
>完全に大国が中東を混乱状態で維持することを目的とした組織じゃん。
>これ、どうするんですかねぇ…

支援関係、興味ありのところなので、できればソース、お願いしますm(__)m

ttp://newclassic.jp/16311
(ニュークラシック、「ISISはアメリカの同盟国に住む富裕層から資金提供を受けている」、2014/07/01)

米国の同盟国(の一部)がテロ組織を後援しているという構図は、9.11テロ、第二次イラク戦の初期から変わっていないと観ています。
ー  そうした構図が、米国の第二次イラク戦の主要な動機であったと見ていたので、状況/構図が変わらないということは、米国の新中東戦略の政治的挫折であろう、となります。

>イラクの現政権に大きなダメージがあれば、アメリカの中東撤退が間違っていたということになる。
>ISISにロシアも噛んでる、ちなみにISISにはアメリカも噛んでる。

ロシアも絡んでいるんですか(@_@) 米国も(@_@)

ぐちゃぐちゃですな。

>ロシアは現イラク政権にSuー25を売却。
>アメリカが売却を約束していたF−16がイラクに無いから仕方ないにしても。
>Su-25はロシアが開発した戦術攻撃機としては、搭載弾薬量が抜群に多い。
>アメリカの空を飛ぶ戦車、A−10に対抗した攻撃機だから、能力としても十分。
>対地上戦では陸上戦力との共同戦闘を前提とした航空機としてはまずまず。

なるほど。イラクの装備はロシアの体系でしたか。
ー   よくわからないのは、米国がイラクから撤収するに際して、装備や運用をなぜ米軍仕様に改めなかったのかというところです。さもなくば、有事に支援ができませんよね(@_@)

>状況としては中東の火が思ったより火勢が強く、イランやサウジとのいざこざも無視できない。
>これはアメリカのヨーロッパとアジアへのプレゼンス低下に繋がるか?

シリアに次いでウクライナで駄目出しが出ていて、そこにイラクとなっては、威信は地に墜ちたに等しいでしょう。
ー   米国の実力の過小評価が進むのが危険であり、南支那海での中国の行動など、米国を試しているように思える。

>アジアに関しては、アメリカが日本へどれだけの権限を容認するか興味あり。
>韓国が中国への庇護下へ走ることを止められるかどうかも微妙だし。
>現に中国が大きく動いている理由にもなる。

ですよね。中曽根-レーガンくらいのノリでないと危うい。しかし、オバマ政権はあまりにも淡白。

>オバマ政権の対外政策の失態がかなりのウェートを占めてますね。
>マジで世界の国家関係の変更が大きく動くのではないか?

自分は既にそう思っています。

対中抑止均衡では、集団的自衛権の限定的行使容認に大賛成ですが、

韓国を守るためだの、混乱の坩堝の中近東/アフリカだのへのPKO派遣には大反対です。

残念ながら、米国は、

自身の戦略的誤りを棚にあげ、戦後秩序が人口動態の挑戦を受けているという現実から逃避し、戦後秩序から我が国が離脱するかの如き懸念を抱き〜中近東で同盟国の離反を招いているからでしょう〜その猜疑心から、中国や韓国の対日警戒論に与している、

そう観ています。

第一列島線の防御には、そこにリソースを集中させる必要があり、かつ中露接近を分断するには、ロシアを陣営に引き付けなければならない(はずな)のに、

米国は、ウクライナでバカなことを企てて、無駄に戦線を拡げています。

これだけ無能な米国を見るのは、カーター政権以来ヽ( ̄▽ ̄)ノ

【11404】Re:新国家樹立?
 tomyk  - 14/7/2(水) 1:08 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
こんばんわです。

>>ISISの支援関係を見たら頭が痛くなりました。
>>完全に大国が中東を混乱状態で維持することを目的とした組織じゃん。
>>これ、どうするんですかねぇ…
>
>支援関係、興味ありのところなので、できればソース、お願いしますm(__)m

とりあえず一次ソースは見つかりませんでしたが、取り急ぎ記事のURLを。

ttp://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-0fb3.html

現在のイラク治安部隊は、航空機戦力は限定的なものしかありませんが、主力戦車に関してはイラクの機甲部隊を壊滅させたM1エイブラムス戦車を中心にアメリカの信頼性のある車両を装備しています。
問題は兵站関係と見ていますが、ここまでISISに良い様にやられるのはISISが高度な軍事装備と錬度があるのでは無いかとみています。
欧米からの支援を受けてたという記事を見て呆れましたが。

【11405】Re:新国家樹立?
 かっくるなかしま  - 14/7/2(水) 19:50 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

こんにちは。

>>>ISISの支援関係を見たら頭が痛くなりました。
>>>完全に大国が中東を混乱状態で維持することを目的とした組織じゃん。
>>>これ、どうするんですかねぇ…
>>支援関係、興味ありのところなので、できればソース、お願いしますm(__)m

早速、ありがとうございました。

拝見しました。

>とりあえず一次ソースは見つかりませんでしたが、取り急ぎ記事のURLを。
>ttp://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-0fb3.html

一次ソース、こちらでした(↓)。
ttp://ww
.globalresearch.ca/iran-and-america-joins-hands-in-waging-the-global-war-on-terrorism/5387998
ー   カナダのケベック拠点のリサーチ誌でした。

結果的に分裂してしまって、計画的にじゃあないというか、

計画的なら100兆円をかけるのはあまりに無駄すぎると思いました。

でも、部族単位に細かくなるか、宗派単位で大きくなるかのどちらかだと思っています。

第二次大戦後の日本と、冷戦終了時の中東欧の民主化があまりに上手くいきすぎて、

成功体験が米国をしくじらせていると思います。

戦後/冷戦後に確定した国境線/勢力圏を維持し拡げるというのが、米国の基本戦略ではないでしょうか。

エスニック(民族、部族、宗教、文化)単位だと、ウクライナでのロシアへの態度が説明できなくなるというか、破綻しますし、

憲法でできた人工国家である米国は、価値観的にエスニックの対極にあると観ていますので。

カナダのケベックはエスニックな土地柄なので、そのカナダから見た米国という解釈にはバイアスがかかるのではなかろうかと。

西欧的な論考と拝見しました。

もしそれが事実なら、米国諜報機関はさしずめ関東軍ですよ(>_<)

>現在のイラク治安部隊は、航空機戦力は限定的なものしかありませんが、主力戦車に関してはイラクの機甲部隊を壊滅させたM1エイブラムス戦車を中心にアメリカの信頼性のある車両を装備しています。

そうなんですね、ありがとうございます。

>問題は兵站関係と見ていますが、ここまでISISに良い様にやられるのはISISが高度な軍事装備と錬度があるのでは無いかとみています。

シリアでの実戦経験がもろにという感じですよね。兵站はシリア東部と繋がるので地の利もありますよね。カリフ、という発想も意外で驚き。ハードパワーとソフトパワー。
ー  今の米国は、ソフトパワーが今一つなので、発想的に米国黒幕説がしっくりと来ない(笑

>欧米からの支援を受けてたという記事を見て呆れましたが。

戦略ミスにせよ、自作自演にせよ、集団的自衛権の行使で、中近東/アフリカ方面へのコミットは避けるが上策ではないでしょうか。
ー  彼(か)の地域は、人口動態的には、100年前の今の先進国と同じく、ホット過ぎるので、迂闊に入るとヤバい。宗教はASEANに直結するし。
  
本家に書き込みましたが、朝鮮半島が今回の集団的自衛権論議の焦点ではないかと観ています。

構図的には、米国の立ち位置が、とても中途半端で、

a) 中韓が、中韓同盟のもとで半島統一を志向、

b) 米国は、中国主導の半島統一に今更ながらの警戒感を抱き、(あまりに韓国が中国寄り)

c) ロシアは半島に影響力を行使せんと北朝鮮への距離を縮め、

d) 我が国は北朝鮮崩壊でやけっぱちの弾道核ミサイルは御免であるからやむなく北朝鮮を支え、(支えきれるか保証の限りではないから集団的自衛権を保険として早めにオーソライズし)

そんな構図にあると観ていて、

超大国(米国)がその持てる力をもて余して、軍事的空白をもたらして危機を招いている有り様に、

半ば愕然としています。

1932年に英国が、内向きに転じて自由貿易体制を反古にしていった、

それと類似の、超大国の使命放棄という過去の歴史がふと頭を過(よぎ)ります。

安倍首相はよくやっていると思う。

【11406】Re:集団的自衛権、必要なものは?
 こっかん  - 14/7/2(水) 23:55 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん
こんばんは
>与党間の閣議決定が決まる状況で集団的自衛権という言葉を、一部の勢力が恐怖の言葉として独り歩きさせようとしています。
>
>しかし、状況によっては泥沼の地上戦に引きずり込まれる可能性も全く無いわけで、これは阻止する必要があります。
>
>1。
>何故集団的自衛権を日本は憲法解釈変更によって必要なのか?
>
>2。
>集団的自衛権において日本が果たすべき役割は?
>
>3。
>集団的自衛権を行使することによる日本のメリット、デメリットは?
>
>4。
>今後日本が安全保障を確立するために必要なものは?ハードウェア、ソフトウェアの面で。
>
>今思いつくのはざっとこれだけです。
>1に関しては、地政学的戦略環境の変化が目まぐるしいというのが自分の理由です。
>中国の台頭、ロシア、北朝鮮との関係の変化、同様に韓国の変化。
>アメリカの国力低下。
>シーレーンに面するASEAN諸国との安全保障分野での協力の不可避。
>原発事故による国家エネルギー戦略の見直し。
>全て兆候としては、十数年前から表れていたのもありますが、大半はここ数年の問題噴出です。
>実際は改憲することが筋なのですが、悠長に構える時間が惜しい状況にもなっています。
>対処療法感が大きいですが、政治判断によるという小回りも利く。
>しかし、安倍政権という安定的な政権で無ければ改憲を行うのと同じくらい時間がかかったかもしれません。
>

同感です。

対ナチス中華第十帝国の膨張抑止策だと考えます。

米・日・台・比・越、各々海軍の連携に関わってくることでしょう。(韓も連携に加わるべきですが、現政権の状況から残念ながら個人的に外します)

>2では、日本が持つ最も有効な安全保障分野では、間接的には経済・物資支援と直接的には海上自衛隊による迅速なシーレーン防衛が重要になります。
>どちらも経済に直接関係することであり、日本が行う集団安全保障としては十分では無いでしょうか。
>陸上戦力の供出は、補給と実際の能力故に大規模なものは不可能で、限定的なことしか出来ない。
>個人的にはこの辺りはスパッと諦めたほうがいいと見ています。
>

財政支援・情報共有・技術提供etc。

特に「越」は「露」との軍事協力関係もあることから、「日」が「越」への財政支援で間接的に「露」からキロ級潜水艦の増備購入を斡旋するようなことも可能かと。
「露」は軍事的に「中」とは協力関係にあるものの信頼関係はなく、特に青島に本拠地を移したワリヤーグの艦載機Su-33のコピーの知的財産権問題で一線を画している関係でもあり、そもそも「中」の空母保有でアドミラル・グズネツォフの退役と空母の新造を考えなければならなく成ってしまったかと思われます…

>3のメリットはずばり経済活動の安定。
>ASEAN諸国周辺で有事になった場合、シーレーン防衛が重要になります。
>また、海上自衛隊の戦力が「来るかもしれない」という抑止力も無視できない。
>デメリットとしては、相応の発言権と交渉力が無いと地上戦に引きずり込まれかねないのは当方としても懸念するところです。
>また、短中期的には中国との関係悪化による経済活動の損失も考慮する必要があります。
>海上活動に極力限定することが重要か?
>
【メリット】
安全保障上の日本の信頼性の向上に伴う情報共有と軍事保全の深化と活性化にあると観ます。

【デメリット】
政権によって協力関係や連携が解釈の変更とともに大きくブレる信頼性の乱高下が伴うこと。

一部保守が懸念する対米追従に伴う「アメリカの戦争」に巻き込まれる懸念は、アメリカのパワーバランスの低下によって、近未来的に大掛かりな戦争・紛争には成り難いことから、やや外れるかなと考えます。

>4のソフトウェアは、将来的には憲法改正と同盟国の拡充、特にASEAN方面でのそれは必要になってきます(自分が以前から言っていたアジアアライアンス)。
>ハードウェアとしては潜水艦戦力の拡充、対潜哨戒機の更新と「同盟国の前線基地」、護衛艦の整備と人員の育成。
>あとは島嶼防衛・奪還を目的とした戦闘団の整備。
>これらは防衛大綱で決定していることが多いので、問題は無いとみます。
>あとは「同盟国」への戦力底上げも必要になります。
>
>4のソフトウェアで他に重要と思われるのはやはり外交力。
>正面からの交渉と裏面での活動。
>日露戦役の際、明石大佐がロシアで活動していたことを忘れることはなりません。
>アメリカへのロビー活動と中国への裏面工作、情報収集も必ず忘れてはなりません。

これも同感ですね。

ベトナム海軍の中国海軍に対する戦術は、潜水艦の隠密性による海上ゲリラを本分としているので、この戦術がフィリピンや台湾にも波及するのは間違いないでしょう。

【11407】Re:新国家樹立?
 tomyk  - 14/7/3(木) 10:35 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
おはようございます。

一次資料の発掘ありがとうございます。

仕込から考えれば、数年前から今のような状況になる下地は出来上がりつつあったわけですが、傍から見れば急転直下のような出来事の連続ですね。

やはりアメリカの軍事プレゼンスの低下が最大の要因であるわけですが、国防予算の縮小は以前から言われてたことであり、そのための補完抑止力を期待していたはずです。
アジアでは日本と韓国だったと思いますが、3年前までは日本が民主党政権で大失態を繰り返してアメリカは失望し、韓国のほうに重きを置いていた。
日本の再政権交代からは立場が全く反転し、安倍政権の外向きのプレゼンスが積極的で、逆に韓国が内政の失態を繰り返して(積もりに積もって)中国に尻尾を振りはじめているありさま。

その中国が強気に出ているのも、アメリカの軍事プレゼンスの低下を見越してただとは思います。
中韓vs北朝鮮ですが、韓国からの先制攻撃は政治上考えられないので、北朝鮮からの奇襲というのも、北朝鮮の祖国解放戦争計画でも前提になっていたはず。
しかし、中国の後ろ盾が無くなった北朝鮮が先制奇襲をするのは考えにくく、中韓サイドからの「工作」が懸念されます。
親中の北朝鮮軍人・政治委員もまだいると思いますし。

では。

【11410】Re:集団的自衛権、必要なものは?
 tomyk  - 14/7/3(木) 21:38 -

引用なし
パスワード
   ▼こっかんさん:
こんばんわです。

>同感です。
>
>対ナチス中華第十帝国の膨張抑止策だと考えます。
>
>米・日・台・比・越、各々海軍の連携に関わってくることでしょう。(韓も連携に加わるべきですが、現政権の状況から残念ながら個人的に外します)

その国が何を求めているか、国家戦略は一体何なのかを考えれば自ずと対応策も出てきます。

中華人民共和国こと中国の場合、自国の防衛ラインとしての第一列島線、第二列島線構想があります。

>財政支援・情報共有・技術提供etc。
>
>特に「越」は「露」との軍事協力関係もあることから、「日」が「越」への財政支援で間接的に「露」からキロ級潜水艦の増備購入を斡旋するようなことも可能かと。
>「露」は軍事的に「中」とは協力関係にあるものの信頼関係はなく、特に青島に本拠地を移したワリヤーグの艦載機Su-33のコピーの知的財産権問題で一線を画している関係でもあり、そもそも「中」の空母保有でアドミラル・グズネツォフの退役と空母の新造を考えなければならなく成ってしまったかと思われます…

中国の第一、第二列島線戦略に照らし合わせれば、尖閣諸島の領有権主張や、フィリピン・ベトナムマレーシアなどへの海洋ライン侵害は中国としては譲れないものであります。
そうなれば対中防衛線は海上ラインということになります。

ベトナムのキロ級導入などですが、ベトナムの潜水艦戦力は北朝鮮製の排水量100トンに満たない沿岸潜水艦しかありません。
いきなり20倍規模の潜水艦の導入は難しいと思われます。
整備するドックや運用など枚挙に暇がありません。

逆に空軍はロシア製戦闘機としては最良の部類であるSuー27シリーズなどを装備しています。
対艦ミサイルも搭載できるので、当面の攻撃力は確保できますがフリゲートクラスの艦艇を刷新する必要があるかと。

中国の最近の兵器購入先は欧州などです。
ロシアともある程度の購入も進めていますが、ウクライナが混乱にあることでこの先は中国が国産(?)にひた走ると見ています。
ちなみに、ウクライナは旧ソビエトの武器工廠国家だったこともあり、ロシア製兵器の改造型の販売が顕著でした。

>【メリット】
>安全保障上の日本の信頼性の向上に伴う情報共有と軍事保全の深化と活性化にあると観ます。
>
>【デメリット】
>政権によって協力関係や連携が解釈の変更とともに大きくブレる信頼性の乱高下が伴うこと。
>
>一部保守が懸念する対米追従に伴う「アメリカの戦争」に巻き込まれる懸念は、アメリカのパワーバランスの低下によって、近未来的に大掛かりな戦争・紛争には成り難いことから、やや外れるかなと考えます。

近々予想されるところでは、朝鮮半島有事です。
かっくるなかしまさんが指摘されていますが、否定できません。
日本の取り得る戦略としては、北朝鮮の延命が必要かと。
全く皮肉なことなのですけどね(笑)
現状の中韓政府の姿勢は特に韓国政府が異常であり、中韓主導の朝鮮半島有事は極東地域に大きな混乱を招き、わが国への影響力も計り知れません。

いや、本当に凄い皮肉です。

>これも同感ですね。
>
>ベトナム海軍の中国海軍に対する戦術は、潜水艦の隠密性による海上ゲリラを本分としているので、この戦術がフィリピンや台湾にも波及するのは間違いないでしょう。

wikiでベトナム海軍を検索していただくと分かりますが、潜水艦戦力が二隻だけなんですよね。
海上ゲリラ作戦は難しいと思います。
甲標的でアメリカ艦隊に奇襲しようとした帝国海軍より分が悪いと思います。
現代戦では安定した装備の数を一定数揃えることが肝要ですので。

【11411】Re:集団的自衛権、必要なものは?
 こっかん  - 14/7/4(金) 20:12 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
こんばんわ

>中国の第一、第二列島線戦略に照らし合わせれば、尖閣諸島の領有権主張や、フィリピン・ベトナムマレーシアなどへの海洋ライン侵害は中国としては譲れないものであります。
>そうなれば対中防衛線は海上ラインということになります。
>
>ベトナムのキロ級導入などですが、ベトナムの潜水艦戦力は北朝鮮製の排水量100トンに満たない沿岸潜水艦しかありません。
>いきなり20倍規模の潜水艦の導入は難しいと思われます。
>整備するドックや運用など枚挙に暇がありません。

すみません、中々ソースが示せなくて
Wikipediaのキロ型潜水艦に配備予定が記載されています。
ベトナム海軍では、昨年から順次キロ級潜水艦を配備し、2016年までに6隻配備する予定です。
>逆に空軍はロシア製戦闘機としては最良の部類であるSuー27シリーズなどを装備しています。

「Su-30」12機がSu-27シリーズの最新鋭で中国にとって厄介だと思います。

>対艦ミサイルも搭載できるので、当面の攻撃力は確保できますがフリゲートクラスの艦艇を刷新する必要があるかと。
>
>中国の最近の兵器購入先は欧州などです。
>ロシアともある程度の購入も進めていますが、ウクライナが混乱にあることでこの先は中国が国産(?)にひた走ると見ています。
>ちなみに、ウクライナは旧ソビエトの武器工廠国家だったこともあり、ロシア製兵器の改造型の販売が顕著でした。

中国のその国産?が疑心暗鬼のキモの部分ですね。

【11412】Re:集団的自衛権、必要なものは?
 tomyk  - 14/7/4(金) 23:56 -

引用なし
パスワード
   ▼こっかんさん:
こんばんわです。

>すみません、中々ソースが示せなくて
>Wikipediaのキロ型潜水艦に配備予定が記載されています。
>ベトナム海軍では、昨年から順次キロ級潜水艦を配備し、2016年までに6隻配備する予定です。

申し訳ありません。
確認しました。
現在2隻活動中ですね。

しかし、キロ級潜水艦はかなり引っ張りダコですね。
通常動力潜水艦で、旧ソビエト製潜水艦を使用してた国のアップデート潜水艦の位置にいます。
ロシア製通常動力潜水艦の上位艦にラーダ級がありますが、実績のあるキロ級はまだまだ使われると思われます。

>>逆に空軍はロシア製戦闘機としては最良の部類であるSuー27シリーズなどを装備しています。
>
>「Su-30」12機がSu-27シリーズの最新鋭で中国にとって厄介だと思います。

ベトナムが対中有事に陥った場合、防衛に特化する分は待ち受けるほうが有利ですが、やはり錬度と支援体制が気になるところです。
特にAWACSに該当する電子戦航空機の有無が勝敗を分けますが。

>>対艦ミサイルも搭載できるので、当面の攻撃力は確保できますがフリゲートクラスの艦艇を刷新する必要があるかと。

ベトナムは海上戦力も手を抜いていないようです。
いや、古い資料で判断して申し訳ありません。
訂正させていただきます。

>>中国の最近の兵器購入先は欧州などです。
>>ロシアともある程度の購入も進めていますが、ウクライナが混乱にあることでこの先は中国が国産(?)にひた走ると見ています。
>>ちなみに、ウクライナは旧ソビエトの武器工廠国家だったこともあり、ロシア製兵器の改造型の販売が顕著でした。
>
>中国のその国産?が疑心暗鬼のキモの部分ですね。

エンジン部分の「コピー」は積極的のようですが、やはりオリジナルには及ばないというのが実情のようです。

まあ日本も余り他国のことは言えません。
やはり戦後の航空機開発停止の期間と、F−2戦闘機開発での楔が響いているようです。

【11585】御嶽山噴火に関して
 tomyk  - 14/9/29(月) 14:34 -

引用なし
パスワード
   ニュース報道では余り報じられてませんが、御嶽山の遭難者救助に自衛隊のAFVが投入されているようです。

ttp://crx7601.com/archives/41081222.html

89式装甲戦闘車が出されていますが、救助活動中の警察、消防、自衛隊の皆さんは無事に任務を果たされることを願います。

しかし、反自衛隊のジャーナリストは酷いもんです。

【11586】Re:御嶽山噴火に関して
 かっくるなかしま  - 14/9/29(月) 18:35 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

こんばんは。

>ニュース報道では余り報じられてませんが、御嶽山の遭難者救助に自衛隊のAFVが投入されているようです。
>ttp://crx7601.com/archives/41081222.html

>89式装甲戦闘車が出されていますが、救助活動中の警察、消防、自衛隊の皆さんは無事に任務を果たされることを願います。
>しかし、反自衛隊のジャーナリストは酷いもんです。

昨日、フォローしていた話題です。江川紹子(>_<)

ヘリによる救出も凄いと思いましたが、あれの難易度はどれくらいなんだろう。
ー     あれだけの遭難者が出た中で少なからず人命救助に成功したことは喜ばしいことです。

江川紹子(↓)。

>> 普通に装甲車が必要な理由教えて貰ったときに、素直に「教えてくれてありがとう」って言っとけば、妙な勘ぐりされないで済むんじゃないですかね QT @amneris84: 自衛隊にかかわると、「ほわい?」と問うただけで、勝手に深読みして「きーっ」となったリアクションがうようよ来るにゃ

どこかで観たようなデジャブな光景。(笑
ー   断定して、間違いを指摘されると、逆ギレして他人のせいにする。対案なしの批判のための批判。

なださんの「専門馬鹿と馬鹿専門」は、視野の狭い専門家に、普通人(馬鹿専門)が突っ込みを入れることのススメですが、

反自衛隊ジャーナリストは、聞く耳を持たない分、かえって《ど素人馬鹿》になっていて、

見識のある専門馬鹿と外野の馬鹿専門から総スカンをくらっている絵ですよね。
ー     偏向ジャーナリストが新橋界隈の居酒屋でそこらのおっさんから政治談議で軽々論破されているようなものっす。

一旦、では(^^ゞ

【11587】Re:御嶽山噴火に関して
 退役軍人  - 14/9/30(火) 0:27 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん
tomykさん

おはようございます。
というか、ハワイでは午前五時を回ったところですが。
昨日、寝すぎて眠れない。(苦笑.......

▼かっくるなかしまさん:
>▼tomykさん:
>
>こんばんは。
>
>>ニュース報道では余り報じられてませんが、御嶽山の遭難者救助に自衛隊のAFVが投入されているようです。
>>ttp://crx7601.com/archives/41081222.html
>
>>89式装甲戦闘車が出されていますが、救助活動中の警察、消防、自衛隊の皆さんは無事に任務を果たされることを願います。
>>しかし、反自衛隊のジャーナリストは酷いもんです。
>
>昨日、フォローしていた話題です。江川紹子(>_<)
>
>ヘリによる救出も凄いと思いましたが、あれの難易度はどれくらいなんだろう。
>ー     あれだけの遭難者が出た中で少なからず人命救助に成功したことは喜ばしいことです。

難易度 ∞ 級です。

えーっと、山岳地帯にヘリを使って侵入する作戦計画を立案する場合に絶対に避ける地形です。

緩やかな傾斜と急な傾斜の境界あたり、稜線上とか、山頂付近ははなから除外。

どうしてもそこしか場所が無い場合は、気流の変化に比較的強いツインローターの大型ヘリを使います。

ディリーメールの写真を見ましたが、ヘリ誘導の訓練を受けた有資格者が地上から誘導していますよね。どうして判るかというと、ヘリと直接交信が可能な背嚢型無線機を背負っているから。あとは、機体と担架が回らないように地上から保持している支持索の角度を見てください。かなり機体が揺さぶられていることが伺えます。

こういう事態を想定して有資格者に無線機を持たせて現場まで登らせた指揮官の判断をほめるべきです。

また、もう一枚の写真ではホイストの巻き上げ完了を待たずに高度を上げて離脱しています。ヘリの安定を保てるぎりぎりのところで離脱の判断をしているということ。

そういう判断が出来るベテランパイロットだったのでしょう。ヘリのパイロットの技量もさることながら、地上からの支援要員であるとか救出作戦全体が緻密に構成されていると思います。断言できますが、日常からこういう訓練を繰り返しているからできたと思いますよ。

他の機関の救難ヘリが出来なかった理由の一つでもあるでしょう。

>江川紹子(↓)。
>
>>> 普通に装甲車が必要な理由教えて貰ったときに、素直に「教えてくれてありがとう」って言っとけば、妙な勘ぐりされないで済むんじゃないですかね QT @amneris84: 自衛隊にかかわると、「ほわい?」と問うただけで、勝手に深読みして「きーっ」となったリアクションがうようよ来るにゃ
>
>どこかで観たようなデジャブな光景。(笑
>ー   断定して、間違いを指摘されると、逆ギレして他人のせいにする。対案なしの批判のための批判。
>
>なださんの「専門馬鹿と馬鹿専門」は、視野の狭い専門家に、普通人(馬鹿専門)が突っ込みを入れることのススメですが、
>
>反自衛隊ジャーナリストは、聞く耳を持たない分、かえって《ど素人馬鹿》になっていて、
>
>見識のある専門馬鹿と外野の馬鹿専門から総スカンをくらっている絵ですよね。
>ー     偏向ジャーナリストが新橋界隈の居酒屋でそこらのおっさんから政治談議で軽々論破されているようなものっす。

読んでいて、思わず失笑してしまいました。

AFVやAPCはその構造上の問題で完全な気密構造にするのはとても難しいのです。一部の化学戦専門部隊の車両はほぼ気密構造だそうですが。とても、お金がかかるそうで。それに、車体が重たくなって機動性を損ねますしね。

で、フィルター(NBC濾過機能付き)を通した外気を車内にある程度の与圧がかかるよう供給して、漏れるところ、すなわち入ってくる可能性のある部分から意図的に車外へ漏らす仕組みになっています。外に向かって漏れていれば入ってこないから。

江川女史もそうですが、軍備に否定的なというか。
排除したいという考え方を持つのなら、排除すべき相手を知らずして排除できる訳がない。

ミリオタを舐めちゃあいけませんよ。

当事者だったのに知らないことをミリオタは知っているのだから。

ミリオタ恐るべし。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
49 / 193 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free