老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
62 / 210 ツリー ←次へ | 前へ→

【11453】老人党からその73 tomyk 14/7/17(木) 23:18
【11454】中国脅威論を考えるのなら tomyk 14/7/17(木) 23:32
【11455】Re:中国脅威論を考えるのなら かっくるなかしま 14/7/18(金) 14:35
【11457】Re:中国脅威論を考えるのなら こっかん 14/7/19(土) 2:33
【11458】Re:中国脅威論を考えるのなら tomyk 14/7/19(土) 10:19
【11460】Re:中国脅威論を考えるのなら かっくるなかしま 14/7/19(土) 14:39
【11477】Re:中国脅威論を考えるのなら こっかん 14/8/2(土) 9:49
【11478】Re:中国脅威論を考えるのなら tomyk 14/8/3(日) 18:11
【11481】Re:中国脅威論を考えるのなら かっくるなかしま 14/8/5(火) 9:17
【11482】コミュ不足 tomyk 14/8/6(水) 0:11
【11484】Re:コミュ不足 かっくるなかしま 14/8/7(木) 10:17
【11471】国連軍事参謀委員会と在韓米軍 退役軍人 14/7/28(月) 12:36
【11472】Re:国連軍事参謀委員会と在韓米軍 かっくるなかしま 14/7/28(月) 18:44
【11474】Re:国連軍事参謀委員会と在韓米軍 退役軍人 14/7/28(月) 21:37
【11495】イワオ氏の書き込み あぶさん 14/8/11(月) 17:32
【11496】否定オンリー tomyk 14/8/12(火) 0:31
【11497】判断は閲覧者 tomyk 14/8/12(火) 7:55
【11498】Re:否定オンリー あぶさん 14/8/12(火) 10:22
【11499】Re:否定オンリー かっくるなかしま 14/8/12(火) 11:31
【11500】天野さん、色々あるんだよ、色々とね tomyk 14/8/15(金) 0:20
【11501】Re:天野さん、色々あるんだよ、色々とね 退役軍人 14/8/15(金) 1:00
【11502】Re:天野さん、色々あるんだよ、色々とね かっくるなかしま 14/8/15(金) 10:18
【11503】Re:天野さん、色々あるんだよ、色々とね あぶさん 14/8/15(金) 10:51
【11518】老人党から〜快刀乱麻を断つ かっくるなかしま 14/8/21(木) 12:33
【11519】Re:老人党から〜快刀乱麻を断つ あぶさん 14/8/21(木) 13:07
【11530】Re:老人党から〜快刀乱麻を断つ かっくるなかしま 14/8/23(土) 11:13
【11537】Re:老人党から〜快刀乱麻を断つ あぶさん 14/8/23(土) 21:42
【11539】Re:老人党から〜快刀乱麻を断つ かっくるなかしま 14/8/25(月) 0:56
【11541】Re:老人党から〜続・快刀乱麻を断つ かっくるなかしま 14/8/27(水) 11:58
【11560】それはあり得ないだろうに あぶさん 14/9/9(火) 13:24
【11562】Re:それはあり得ないだろうに かっくるなかしま 14/9/9(火) 17:09
【11564】Re:それはあり得ないだろうに あぶさん 14/9/10(水) 0:10
【11565】戦車配備増に関して tomyk 14/9/10(水) 21:48
【11582】平和の求め方 tomyk 14/9/22(月) 19:03
【11583】Re:平和の求め方 退役軍人 14/9/28(日) 12:00
【11584】Re:平和の求め方 tomyk 14/9/29(月) 14:15
【11639】閲覧者氏の書き込み あぶさん 14/11/17(月) 17:16
【11641】活気ナッシング tomyk 14/11/18(火) 17:33
【11644】Re:活気ナッシング かっくるなかしま 14/11/19(水) 10:27
【11646】Re:活気ナッシング あぶさん 14/11/19(水) 18:38
【11640】卑怯者 あぶさん 14/11/18(火) 10:03
【11684】選挙の結果に不満があるなら tomyk 14/12/20(土) 9:04
【11685】Re:選挙の結果に不満があるなら かっくるなかしま 14/12/20(土) 13:54
【11686】Re:選挙の結果に不満があるなら tomyk 14/12/20(土) 16:23
【11690】Re:選挙の結果に不満があるなら こっかん 14/12/21(日) 20:42
【11696】批判のロジックが、大正時代から変わってい... こっかん 14/12/24(水) 22:04
【11692】鹿島史観現る… こっかん 14/12/23(火) 9:01
【11693】Re:鹿島史観現る… tomyk 14/12/24(水) 17:05
【11694】Re:鹿島史観現る… 退役軍人 14/12/24(水) 18:14
【11695】Re:鹿島史観現る… こっかん 14/12/24(水) 20:32
【11698】Re:鹿島史観現る… かっくるなかしま 14/12/24(水) 22:16

【11453】老人党からその73
 tomyk  - 14/7/17(木) 23:18 -

引用なし
パスワード
   前スレが一杯になったので新規に建てさせていただきます。

前スレ↓
ttp://roujintou.com/c-board33/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=11310;id=

【11454】中国脅威論を考えるのなら
 tomyk  - 14/7/17(木) 23:32 -

引用なし
パスワード
   ttp://roujintou.com/c-board33/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=11310;no=11444;id=
↑の続きです。

Gokai氏の中国脅威論が、案の定というか老人党では腫れ物扱いになっています。
集団的自衛権容認では無い立場での中国脅威論は興味があるのでGokai氏には頑張って欲しいところ。
しかし他の投稿者の反応がテンプレ過ぎるのはお約束か。

中国脅威論を考えるのなら、やはり避けては通れないのが第一列島線、第二列島線でしょうか。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%88%97%E5%B3%B6%E7%B7%9A

大本は対米海上防衛ラインですが、この方針が中国の安全保障の指針になっていることに注視していただきたい。
最近の中国の海洋進出は1990年代からの経済発展から一気に加速し始めたという点も注意。
元々大陸国である国が大海軍を建設するのはその性質上大きな負担になるということ。
外交戦略では、1960年代〜70年代のアメリカに近い、「資源友好国」の囲い込みをすることによって、海上交通路を守るという大義をとっているが、大陸軍を維持することも考えればかなり無理をしていると見る。

この構想を実現するに当たり、海洋権益が重なる国が多く、特にアメリカとの権益がぶつかるのは避けられない。
そのため、かなり搦め手で火事場泥棒的な「侵略」をしていることも注意。

最近の動向は韓国の取り込みだが、これは北朝鮮の代わりと見れるし、アメリカのアジア戦略に楔を打ち込むことになっているが、肝心の韓国側の動機が反日感情という非常に不純なものであることが問題。

【11455】Re:中国脅威論を考えるのなら
 かっくるなかしま  - 14/7/18(金) 14:35 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

こんにちは。

>ttp://roujintou.com/c-board33/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=11310;no=11444;id=
>↑の続きです。
>Gokai氏の中国脅威論が、案の定というか老人党では腫れ物扱いになっています。

御意。

しかも、例により個人中傷に及ぶ、徒党を組んで。

>集団的自衛権容認では無い立場での中国脅威論は興味があるのでGokai氏には頑張って欲しいところ。

御意。

中国政府を人類の敵とまで言い切っていて小気味良い。

掲示板の状況的には、自衛隊や日米安保、個別自衛権の行使等について、肯定的な発言や意見はオーソライズされたに等しい。

>しかし他の投稿者の反応がテンプレ過ぎるのはお約束か。

現行憲法の基本理念は、大きく国民主権、基本的人権、平和主義の3つですが、

平和主義の亜流に偏向しているから、

つけている返信がことごとくズレていて、

《中国の人権問題》に論が及ぶと立往生せざるを得ない。

H.KAWAI氏だけが反論を試みているが、

部分でGokai氏に反論し得ても(虐殺の人数等)、中国の人権問題を肯定することはできないから、

相手側の言い分を覆す有効打にはならないし、

反論を何らかの結論に導けていないから、結局、何が言いたいのかよく分からない。

>中国脅威論を考えるのなら、やはり避けては通れないのが第一列島線、第二列島線でしょうか。
>ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%88%97%E5%B3%B6%E7%B7%9A
>大本は対米海上防衛ラインですが、この方針が中国の安全保障の指針になっていることに注視していただきたい。

接近阻止・領域拒否(^-^)/

>最近の中国の海洋進出は1990年代からの経済発展から一気に加速し始めたという点も注意。
>元々大陸国である国が大海軍を建設するのはその性質上大きな負担になるということ。
>外交戦略では、1960年代〜70年代のアメリカに近い、「資源友好国」の囲い込みをすることによって、海上交通路を守るという大義をとっているが、大陸軍を維持することも考えればかなり無理をしていると見る。

単独でシーレーン防衛をできると考えているんでしょうかね。

無謀だと思う。

海軍が予算を確保するために、あちこちで紛争を起こすにせよ、それで周辺が敵国ばかりになって包囲されるに至っている(@_@)

>この構想を実現するに当たり、海洋権益が重なる国が多く、特にアメリカとの権益がぶつかるのは避けられない。
>そのため、かなり搦め手で火事場泥棒的な「侵略」をしていることも注意。

御意。

>最近の動向は韓国の取り込みだが、これは北朝鮮の代わりと見れるし、アメリカのアジア戦略に楔を打ち込むことになっているが、肝心の韓国側の動機が反日感情という非常に不純なものであることが問題。

今回の安倍首相の発言は、韓国軍にとっては衝撃でしょう。

戦争が継続中であるという自覚が政府にも国民にもないに等しいという(@_@)
ー    だから、仮想敵が我が国であるというあり得ない勘違いが横行している。完全に現実逃避の状態。


では。

【11457】Re:中国脅威論を考えるのなら
 こっかん  - 14/7/19(土) 2:33 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
▼tomykさん:
こんばんはです。

>>ttp://roujintou.com/c-board33/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=11310;no=11444;id=
>>↑の続きです。
>>Gokai氏の中国脅威論が、案の定というか老人党では腫れ物扱いになっています。
>
>御意。
>
>しかも、例により個人中傷に及ぶ、徒党を組んで。
>
>>集団的自衛権容認では無い立場での中国脅威論は興味があるのでGokai氏には頑張って欲しいところ。
>
>御意。
>
>中国政府を人類の敵とまで言い切っていて小気味良い。
>
>掲示板の状況的には、自衛隊や日米安保、個別自衛権の行使等について、肯定的な発言や意見はオーソライズされたに等しい。
>
>>しかし他の投稿者の反応がテンプレ過ぎるのはお約束か。
>
>現行憲法の基本理念は、大きく国民主権、基本的人権、平和主義の3つですが、
>
>平和主義の亜流に偏向しているから、
>
>つけている返信がことごとくズレていて、
>
>《中国の人権問題》に論が及ぶと立往生せざるを得ない。
>
>H.KAWAI氏だけが反論を試みているが、
>
>部分でGokai氏に反論し得ても(虐殺の人数等)、中国の人権問題を肯定することはできないから、
>
>相手側の言い分を覆す有効打にはならないし、
>
>反論を何らかの結論に導けていないから、結局、何が言いたいのかよく分からない。

沈黙の朱夏氏との遣り取りは、興味深いです…

>>中国脅威論を考えるのなら、やはり避けては通れないのが第一列島線、第二列島線でしょうか。
>>ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%88%97%E5%B3%B6%E7%B7%9A
>>大本は対米海上防衛ラインですが、この方針が中国の安全保障の指針になっていることに注視していただきたい。

>接近阻止・領域拒否(^-^)/

[太平洋二分論]
中国側がしつこく米国側に容認を迫っていますが、ただ具体性には欠けます。
しかし、太平洋の公海上(南鳥島近海)での日・中・露・韓の海底資源獲得競争は現在進行形なので、これら海域を含めたシーレーンと対米戦略というところから「第一列島線・第二列島線」という戦略と繋がる。或いは並行するのかと…
山縣有朋が、第一回帝国議会で演説した「主権線(利益線)・防衛線」理論を想起させます…
(これもコピー??)

>>最近の中国の海洋進出は1990年代からの経済発展から一気に加速し始めたという点も注意。
>>元々大陸国である国が大海軍を建設するのはその性質上大きな負担になるということ。
>>外交戦略では、1960年代〜70年代のアメリカに近い、「資源友好国」の囲い込みをすることによって、海上交通路を守るという大義をとっているが、大陸軍を維持することも考えればかなり無理をしていると見る。
>
>単独でシーレーン防衛をできると考えているんでしょうかね。
>
>無謀だと思う。
>
>海軍が予算を確保するために、あちこちで紛争を起こすにせよ、それで周辺が敵国ばかりになって包囲されるに至っている(@_@)

しかも、中国の安定的経済成長が担保されなければ、財政逼迫して自爆の危険性も…
と言うか、深刻な物的インフレーションを抱えている内情で金融引き締めではどうにも成らず、供給を増やさざるを得ないため、鶏が先か?卵が先か?の循環に入り込んで周りが迷惑するのは勘弁していただきたいものですヽ(´o`;

>>この構想を実現するに当たり、海洋権益が重なる国が多く、特にアメリカとの権益がぶつかるのは避けられない。
>>そのため、かなり搦め手で火事場泥棒的な「侵略」をしていることも注意。

>御意。

>>最近の動向は韓国の取り込みだが、これは北朝鮮の代わりと見れるし、アメリカのアジア戦略に楔を打ち込むことになっているが、肝心の韓国側の動機が反日感情という非常に不純なものであることが問題。

>今回の安倍首相の発言は、韓国軍にとっては衝撃でしょう。

いっそのこと毛利元就方式で情報を発信錯綜させ、韓国を篩にかけるのもありと考えます。

>戦争が継続中であるという自覚が政府にも国民にもないに等しいという(@_@)
>ー    だから、仮想敵が我が国であるというあり得ない勘違いが横行している。完全に現実逃避の状態。

日本の国民感情を、どこまでスルーパスし続けられるか?
果たして、その体力がどこまであるのか?
見ものです。

【11458】Re:中国脅威論を考えるのなら
 tomyk  - 14/7/19(土) 10:19 -

引用なし
パスワード
   ▼こっかんさん:
▼かっくるなかしまさん:
おはようございます。

>>>Gokai氏の中国脅威論が、案の定というか老人党では腫れ物扱いになっています。
>>
>>御意。
>>
>>しかも、例により個人中傷に及ぶ、徒党を組んで。

それでもGokai氏は不買運動などの緩やかな抗議方法などを提言している。
まあ中国製品の危険性は毒入り餃子の一件以来日本国内で避ける風潮が出ています。
実際に中国製品不買運動をしなくても、その製品の危険性を認識させるのも一つの手段です。
あと、マスコミが報道しない中国製ペットフードの危険性も拡散してもらいたいです。

ttp://newsphere.jp/world-report/20131025-1/

>>中国政府を人類の敵とまで言い切っていて小気味良い。
>>
>>掲示板の状況的には、自衛隊や日米安保、個別自衛権の行使等について、肯定的な発言や意見はオーソライズされたに等しい。
>>
>>>しかし他の投稿者の反応がテンプレ過ぎるのはお約束か。
>>
>>現行憲法の基本理念は、大きく国民主権、基本的人権、平和主義の3つですが、
>>
>>平和主義の亜流に偏向しているから、
>>
>>つけている返信がことごとくズレていて、
>>
>>《中国の人権問題》に論が及ぶと立往生せざるを得ない。
>>
>>H.KAWAI氏だけが反論を試みているが、
>>
>>部分でGokai氏に反論し得ても(虐殺の人数等)、中国の人権問題を肯定することはできないから、
>>
>>相手側の言い分を覆す有効打にはならないし、
>>
>>反論を何らかの結論に導けていないから、結局、何が言いたいのかよく分からない。
>
>沈黙の朱夏氏との遣り取りは、興味深いです…

柳沢のたんたん氏のような物言いも、Gokai氏には相容れないでしょうね。

ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1914&sty=2&num=28
>>>中国に対しても同じ事が言えるであろう。特に民族としても同一

>>>な血筋で言語学的でも親戚である事は皆さん良くご存知の事でも

>>>ある。安部の頭はどうかしていると言うのが真相である。

民族として同一と言い切るのなら、東トルキスタンやチベットで現在進行形で行われている民族浄化に対して言及するのが先でしょうに。
中韓での外交に対しては、完全に感情の問題が向こうにあるわけで、中国にしても韓国にしても現状譲歩して「友好関係の再構築」を急ぐメリットが無い。

>>接近阻止・領域拒否(^-^)/
>
>[太平洋二分論]
>中国側がしつこく米国側に容認を迫っていますが、ただ具体性には欠けます。
>しかし、太平洋の公海上(南鳥島近海)での日・中・露・韓の海底資源獲得競争は現在進行形なので、これら海域を含めたシーレーンと対米戦略というところから「第一列島線・第二列島線」という戦略と繋がる。或いは並行するのかと…
>山縣有朋が、第一回帝国議会で演説した「主権線(利益線)・防衛線」理論を想起させます…
>(これもコピー??)

中国の海洋戦略としては間違っていないのですが、やり方が侵略が前提という中華帝国そのものなのが問題なんですよね。
軋轢しか生まない。

>>単独でシーレーン防衛をできると考えているんでしょうかね。
>>
>>無謀だと思う。

無謀です。
技術、外交、内政、経済全てに問題がある。
大規模紛争の火種は間違いありません。

>>海軍が予算を確保するために、あちこちで紛争を起こすにせよ、それで周辺が敵国ばかりになって包囲されるに至っている(@_@)
>
>しかも、中国の安定的経済成長が担保されなければ、財政逼迫して自爆の危険性も…
>と言うか、深刻な物的インフレーションを抱えている内情で金融引き締めではどうにも成らず、供給を増やさざるを得ないため、鶏が先か?卵が先か?の循環に入り込んで周りが迷惑するのは勘弁していただきたいものですヽ(´o`;

被害を最小限にすることを考えるべきでしょう。
そのための集団的自衛権だし、TPPによるブロック経済圏の確立。

>>>この構想を実現するに当たり、海洋権益が重なる国が多く、特にアメリカとの権益がぶつかるのは避けられない。
>>>そのため、かなり搦め手で火事場泥棒的な「侵略」をしていることも注意。
>
>>御意。
>
>>>最近の動向は韓国の取り込みだが、これは北朝鮮の代わりと見れるし、アメリカのアジア戦略に楔を打ち込むことになっているが、肝心の韓国側の動機が反日感情という非常に不純なものであることが問題。
>
>>今回の安倍首相の発言は、韓国軍にとっては衝撃でしょう。
>
>いっそのこと毛利元就方式で情報を発信錯綜させ、韓国を篩にかけるのもありと考えます。

実際そんな状況ではないでしょうか?
中国もアメリカも韓国も飛び越えて、北朝鮮と拉致問題という「人権問題」を盾にして交渉することはどの国も唖然としてるんじゃないでしょうか。

>>戦争が継続中であるという自覚が政府にも国民にもないに等しいという(@_@)
>>ー    だから、仮想敵が我が国であるというあり得ない勘違いが横行している。完全に現実逃避の状態。
>
>日本の国民感情を、どこまでスルーパスし続けられるか?
>果たして、その体力がどこまであるのか?
>見ものです。

実際問題、懸念があるなら向こうから話を持ち出すべきなんですが、感情が優先している点で駄目です。

【11460】Re:中国脅威論を考えるのなら
 かっくるなかしま  - 14/7/19(土) 14:39 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼こっかんさん:

こんにちは。

>>>>Gokai氏の中国脅威論が、案の定というか老人党では腫れ物扱いになっています。
>>>しかも、例により個人中傷に及ぶ、徒党を組んで。

>それでもGokai氏は不買運動などの緩やかな抗議方法などを提言している。
>まあ中国製品の危険性は毒入り餃子の一件以来日本国内で避ける風潮が出ています。
>実際に中国製品不買運動をしなくても、その製品の危険性を認識させるのも一つの手段です。
>あと、マスコミが報道しない中国製ペットフードの危険性も拡散してもらいたいです。
>ttp://newsphere.jp/world-report/20131025-1/

ドッグフードの話は知りませんでした(笑

中国自身の無謀な行動によるところが大きいですが、

安倍首相による外交が、国際世論を味方につける形でワークしていて、

それが中国に対する牽制に最もなり得ているという状況でしょう。

不買となると、中国製品が身の回りに溢れかえっていて買えるものがなくなるというか、(笑

ご指摘のように、《安全性》の観点で選ぶということになるのでしょう。

>>>>しかし他の投稿者の反応がテンプレ過ぎるのはお約束か。
>>>・・・
>>>反論を何らかの結論に導けていないから、結局、何が言いたいのかよく分からない。

>>沈黙の朱夏氏との遣り取りは、興味深いです…
>柳沢のたんたん氏のような物言いも、Gokai氏には相容れないでしょうね。
>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1914&sty=2&num=28
>>>>>(中国に対しても同じ事が言えるであろう。特に民族としても同一な血筋で言語学的でも親戚である事は皆さん良くご存知の事でもある。安部の頭はどうかしていると言うのが真相である。)

>民族として同一と言い切るのなら、東トルキスタンやチベットで現在進行形で行われている民族浄化に対して言及するのが先でしょうに。

なんというか・・話の流れを無視しているから(笑

赤坂見附の昔のホテルニュージャパンの近くに大きな中華料理屋があって、円卓の個室になっていて、漢や唐、宋、明といった王朝名がついているんだが、元や清がない。異民族の王朝という理解を中国人の店主がしているためです。

遺伝子の類型だけでなく、東洋史の岡田英弘氏の著作でも確認できますが、

大陸では異民族が往来していたから、(島国で孤立していた我が国との相違)

昔の漢民族の上に北方異民族が重なって、更に北方異民族が重なって、

昔の漢民族は華南〜インドシナ方面に押し出されて、後から入って長らく定住した北方異民族の末裔が漢民族を自称している、というイメージに近く、

わけがわからなくなっているようです。

>中韓での外交に対しては、完全に感情の問題が向こうにあるわけで、中国にしても韓国にしても現状譲歩して「友好関係の再構築」を急ぐメリットが無い。

中国や韓国が好きでも嫌いでもいいんだが、

相手側にも事情があって反日をやっているわけだから、

仲良くしようとしたら困るのは向こうでしょう。

無条件に仲良くしよう等というには、

親中でも親韓でもなくて、相手に《無関心》であり、《反日》で一致しているだけでしょう。

>>>接近阻止・領域拒否(^-^)/
>>[太平洋二分論]
>>中国側がしつこく米国側に容認を迫っていますが、ただ具体性には欠けます。
>>しかし、太平洋の公海上(南鳥島近海)での日・中・露・韓の海底資源獲得競争は現在進行形なので、これら海域を含めたシーレーンと対米戦略というところから「第一列島線・第二列島線」という戦略と繋がる。或いは並行するのかと…
>>山縣有朋が、第一回帝国議会で演説した「主権線(利益線)・防衛線」理論を想起させます…
>>(これもコピー??)

>中国の海洋戦略としては間違っていないのですが、やり方が侵略が前提という中華帝国そのものなのが問題なんですよね。
>軋轢しか生まない。

地政学的に軍事的に意味がある、あるいは要衝としての価値がある、ということでは、

日米中で、客観的に一致を見ているのでしょう。

>>>単独でシーレーン防衛をできると考えているんでしょうかね。
>>>無謀だと思う。
>無謀です。
>技術、外交、内政、経済全てに問題がある。
>大規模紛争の火種は間違いありません。

米国の場合は、大陸として海中に孤立しまた地続きで敵国に接していないから、海洋軍事国家に専念できていると観ますが、

中国は全くそうではないし、

海上覇権行動に出ても同盟できるところがなく、

単独でシーレーンを抑えるのは無理でしょう、米国にもそれはできないのに。

そちら(海)が押さえられた状態で、資源エネルギーを確保しようとすると、

向かう先は中央アジア(イスラム圏)か極東ロシアしかない。

地政学的には、昔のドイツに近い。我が国のそれは英国ですが。韓国のそれはポーランド。

>>>海軍が予算を確保するために、あちこちで紛争を起こすにせよ、それで周辺が敵国ばかりになって包囲されるに至っている(@_@)

>>しかも、中国の安定的経済成長が担保されなければ、財政逼迫して自爆の危険性も…
>>と言うか、深刻な物的インフレーションを抱えている内情で金融引き締めではどうにも成らず、供給を増やさざるを得ないため、鶏が先か?卵が先か?の循環に入り込んで周りが迷惑するのは勘弁していただきたいものですヽ(´o`;

水脈、水資源の枯渇にも直面しています。
ー   それらが潤沢でないと、開発も工業化も更には進みません。資源エネルギー制約、環境制約を仮にクリアできたとしても(できないと思いますが)、《人口動態》が歪んでいて、10年後には少子高齢化に一挙に見舞われます。既に、合計特殊出生率は、我が国や韓国を下回っている(@_@) 予見できる確定的な未来です。

>被害を最小限にすることを考えるべきでしょう。
>そのための集団的自衛権だし、TPPによるブロック経済圏の確立。

そうなんでしょう。

内部から構造的に自壊しつつあるものはどうしようもない。

被害を最小限に、となるのでしょう。

>>>>この構想を実現するに当たり、海洋権益が重なる国が多く、特にアメリカとの権益がぶつかるのは避けられない。
>>>>そのため、かなり搦め手で火事場泥棒的な「侵略」をしていることも注意。
>>>御意。

>>>>最近の動向は韓国の取り込みだが、これは北朝鮮の代わりと見れるし、アメリカのアジア戦略に楔を打ち込むことになっているが、肝心の韓国側の動機が反日感情という非常に不純なものであることが問題。
>>>今回の安倍首相の発言は、韓国軍にとっては衝撃でしょう。

>>いっそのこと毛利元就方式で情報を発信錯綜させ、韓国を篩にかけるのもありと考えます。
>実際そんな状況ではないでしょうか?
>中国もアメリカも韓国も飛び越えて、北朝鮮と拉致問題という「人権問題」を盾にして交渉することはどの国も唖然としてるんじゃないでしょうか。

米国の重心がグアム以南に移動するのであれば、

第一列島線の防衛に専念する上でも、

極東の安全保障には独自性が求められ、

ロシアと北朝鮮との関係は鍵になると観ます。

>>>戦争が継続中であるという自覚が政府にも国民にもないに等しいという(@_@)
>>>ー    だから、仮想敵が我が国であるというあり得ない勘違いが横行している。完全に現実逃避の状態。

>>日本の国民感情を、どこまでスルーパスし続けられるか?
>>果たして、その体力がどこまであるのか?
>>見ものです。
>実際問題、懸念があるなら向こうから話を持ち出すべきなんですが、感情が優先している点で駄目です。

韓国の不可解な精神構造は、国家(ステート)と民族(ネーション)の分離にあると観ています。
ー   分断状況によって、国家と民族とを重ね合わせられない。
ー   民族分断の原因は、朝鮮戦争での中国の参戦によるものであるのに、そうした事実を直視せず、離米や反日を志向してしまう。日米が民族分断の原因であるかのようにすり替えられている。

ではまた。

【11471】国連軍事参謀委員会と在韓米軍
 退役軍人  - 14/7/28(月) 12:36 -

引用なし
パスワード
   本家でのかっくるなかしまさんの投稿についての私見です。

引用元
ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1914&sty=2&num=35

一部引用

>ウクライナ情勢発で、米露対峙の新冷戦構造が定着していくと、
>同じくかつての冷戦構造の置き土産とも言える《国連軍地位協定》が再び実体を担い(↓)、
>ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/39695
>(現代ビジネス、長谷川、「日本が朝鮮半島有事で引き受けなければならない役割について」、2014/06/27)

>国連軍でもある在日米軍が《国連軍》として活動し、その場合、我が国は国連軍地位協定によりそれを拒絶できないであろうこと、韓国軍当局が根拠としているのがそれ(国連地位協定)であろうこと、

>という新たな波及ルート(表題副題)を懸念しています。

軍事参謀委員会は国連安保理の隷下にありますが。

米軍当局が国連軍であるとのステータスを捨てる方向性なのです。

在韓米軍司令部が韓国軍の指揮統制権を持っていますが、これを韓国軍に返還する方向で合意が出来ています。後は何時返還するかというだけの問題。韓国側の事情で延期されてはいますが、返還はもはや確定なのです。

つまり事実上在韓米軍はもはや国連軍ではなくなっているということ。

指揮統制権を韓国軍に返還すれば米韓安全保障条約という二国間協定を根拠とする駐留となります。

国連地位協定により、有事に国連加盟国として日本が果たさなければならない軍事行動をともなう義務はもうありません。

韓国側もここが理解できているから指揮統制権の返還について、なんだかんだと理由をこじつけて引き延ばしているだけ。

戦術的機動が可能な領域を確保しつつ米軍主力が38度線から引いているのと無縁ではありません。

これは、米国市民の保護をしつつ、いかに損害を少なくして南下し撤退するか。

あらたな駐屯場所の地理的要素とか、防御上の要衝となりうる河川や山越えのルートについての考察と撤退戦の作戦が確立していることを意味します。

そうでなければ、主力を後退させることは不可能だからです。

集団的自衛権の行使について、朝鮮半島有事では行使されないと韓国軍当局が見ている証拠でもある。政治では、朝鮮半島有事では日本の集団的自衛権行使は出来ないとしていますが、二国間安保協定も無い我が国が発動する意味も無ければ価値もない。だが、現実論者が多い軍当局者の抱く危機感はかなりのものだそうで。

「見捨てられる。」という恐怖が軍当局者の間では共有されているとのこと。

しかしながら、国民も政治も戦時であるという認識が薄れてしまっていますからね。

韓国が変わらない限り、日本は韓国防衛について積極的な関与はしないと観ています。

指揮統制権の返還が行われなくとも、朝鮮半島有事に地位協定に基づく義務の履行を求められることはありません。国連安保理の議決があれば別ですが。

現在の常任理事国の朝鮮半島における利害の矛盾を考えれば、日本に軍事的責務を求めるような議決は出来ないでしょう。

【11472】Re:国連軍事参謀委員会と在韓米軍
 かっくるなかしま  - 14/7/28(月) 18:44 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:

こんにちは。

お久しぶりです。

ご帰国のメドがたたれたようでなによりです。土産話を楽しみにしております。

>本家でのかっくるなかしまさんの投稿についての私見です。
>引用元
>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1914&sty=2&num=35
>一部引用

>>ウクライナ情勢発で、米露対峙の新冷戦構造が定着していくと、
>>同じくかつての冷戦構造の置き土産とも言える《国連軍地位協定》が再び実体を担い(↓)、
>>ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/39695
>>(現代ビジネス、長谷川、「日本が朝鮮半島有事で引き受けなければならない役割について」、2014/06/27)
>>国連軍でもある在日米軍が《国連軍》として活動し、その場合、我が国は国連軍地位協定によりそれを拒絶できないであろうこと、韓国軍当局が根拠としているのがそれ(国連地位協定)であろうこと、
>>という新たな波及ルート(表題副題)を懸念しています。

>軍事参謀委員会は国連安保理の隷下にありますが。
>米軍当局が国連軍であるとのステータスを捨てる方向性なのです。
>在韓米軍司令部が韓国軍の指揮統制権を持っていますが、これを韓国軍に返還する方向で合意が出来ています。後は何時返還するかというだけの問題。韓国側の事情で延期されてはいますが、返還はもはや確定なのです。
>つまり事実上在韓米軍はもはや国連軍ではなくなっているということ。

>指揮統制権を韓国軍に返還すれば米韓安全保障条約という二国間協定を根拠とする駐留となります。
>国連地位協定により、有事に国連加盟国として日本が果たさなければならない軍事行動をともなう義務はもうありません。

なるほど。

1978年に韓米連合司令部が創設された時点で、国連軍/国連軍司令官は形式化し、

更には、韓米連合司令部の戦時作戦指揮権が韓国に移管されれば、

国連軍地位協定による制約は決定的に免れる、そうした方向は不可逆的であるという理解でよろしいのですか。

私が懸念していたのは、

上記引用の現代ビジネス(長谷川氏)の論考で、

我が国の外務省/旧条約局が集団的自衛権の行使容認を主導していた動機として、

半島有事での個別自衛権行使を、集団安全保障の枠組みで整合させるためだ、という指摘がなされていて、それを外務官僚が肯定していたからでした。
ー    遡ると、主導していたのが防衛省や官邸でもなく、外務省であるという状況証拠を伴っていたこともあってです。

そうした経緯と、最近の米露関係の悪化です。

それと、北朝鮮の政権の不安定さと、戦時作戦指揮権の移管までのあと1.5年という期間の長いようで短くもある時間軸との兼ね合い。

これらにより新冷戦構造が復活すると、国連軍地位協定の形式/形骸化されたものが、証文として再びイキになるかもしれない、という懸念でした。

今の韓国は、救援しても救援しなくても後から文句を必ず言いますから。

>韓国側もここが理解できているから指揮統制権の返還について、なんだかんだと理由をこじつけて引き延ばしているだけ。
>戦術的機動が可能な領域を確保しつつ米軍主力が38度線から引いているのと無縁ではありません。
>これは、米国市民の保護をしつつ、いかに損害を少なくして南下し撤退するか。
>あらたな駐屯場所の地理的要素とか、防御上の要衝となりうる河川や山越えのルートについての考察と撤退戦の作戦が確立していることを意味します。
>そうでなければ、主力を後退させることは不可能だからです。

なるほど。

上記のトップダウンの動き(戦時作戦指揮権移管)は、こうしたボトムアップの動きときちんと整合していて、方向性として不可逆的であるということになりますか。

>集団的自衛権の行使について、朝鮮半島有事では行使されないと韓国軍当局が見ている証拠でもある。政治では、朝鮮半島有事では日本の集団的自衛権行使は出来ないとしていますが、二国間安保協定も無い我が国が発動する意味も無ければ価値もない。だが、現実論者が多い軍当局者の抱く危機感はかなりのものだそうで。

なるほど、そうなんですか。

集団的自衛権の行使はされない、と予想しているんですか(@_@)

今回の韓国軍当局の発言とは裏腹に、分析としては現実は厳しいと彼らは認識しているわけか。

ということは、韓国軍当局の発言は、国連軍地位協定を根拠とはせず、

在日米軍に支援して欲しいという願望、あるいは、安倍首相の発言が北朝鮮に誤解されることを怖れての相殺メッセージか。

>「見捨てられる。」という恐怖が軍当局者の間では共有されているとのこと。

なるほど。

戦時作戦指揮権の移管を先送りしてきたのは、韓国軍の不安の現れであると観ますし、

であるなら、外交的には、我が国との関係を良好に保つことに努め、

むしろ、在日米軍が我が国に極力とどまることが彼らの利益/保険である以上、

今現在〜近未来に専念すべきであって、戦前の話を蒸し返している場合じゃないでしょうに。
ー   蒸し返すなら後から。後先の優先順位付けが全くできていない(@_@)

今の韓国のやり方は、国防に絶対的な自信があってのやり方にしか見えない(@_@)

>しかしながら、国民も政治も戦時であるという認識が薄れてしまっていますからね。

我が国や米国を仮想敵視できてしまう感覚が理解不能(@_@)

別に敵視するのはいいけれど、あからさまにやると損なタイミングというものがあるはずであって。

彼らが親中国でも別にいいんですが、よくよく考えてみれば(考えずとも) その中国が朝鮮戦争に介入してこなければ、あの時既に、韓国が半島統一を終えていたし、今だって、中国と北朝鮮は、形骸化してきているとはいえ相互防衛協定を結んだままでいる。

感覚が理解不能(@_@)、

>韓国が変わらない限り、日本は韓国防衛について積極的な関与はしないと観ています。
>指揮統制権の返還が行われなくとも、朝鮮半島有事に地位協定に基づく義務の履行を求められることはありません。国連安保理の議決があれば別ですが。
>現在の常任理事国の朝鮮半島における利害の矛盾を考えれば、日本に軍事的責務を求めるような議決は出来ないでしょう。

中国が拒否権を発動するのでしょう。

全会一致は、唯一、北朝鮮が核を使用した場合か。

自動的、受動的な集団的自衛権の行使にはならない、ということで、納得いたしました。

どうもありがとうございました。

ではまた。

【11474】Re:国連軍事参謀委員会と在韓米軍
 退役軍人  - 14/7/28(月) 21:37 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん

申し訳ない、一部に事実誤認がありましたので、その点だけ訂正します。

元々、朝鮮戦争において「国連軍」は組織されていない。

事実上、「有志国連合軍」でしたが国連旗の使用などを国連が黙認していた。

国連史上、国連軍は一度も組織されたことが無い。

PKOやPKFで組織されてきた地上軍は「国連軍事参謀委員会」の隷下にあったことは一度もない。

その都度組織された国連による文民委員会の隷下にあった。

従って、現在の在韓米軍駐留の根拠は二国間協定である相互安保条約にある。

朝鮮半島有事には米陸上軍69万人を投入するとされてきたが。

米国の内政理由によりもう無理。

また、新たな国連安保理決議がなされない限り、我が国に国連加盟国としての義務を強いられることは無い。過去に一度もできなかった国連軍創設の安保理決議が出来るはずがない。中国が拒否権を発動しておしまい。

以上です。

誤解を与えかねない記述でした。

お詫びして訂正させていただきます。

【11477】Re:中国脅威論を考えるのなら
 こっかん  - 14/8/2(土) 9:49 -

引用なし
パスワード
   皆様
おはようございます。

超亀レスですみません…
大幅に割愛させていただきます。

>柳沢のたんたん氏のような物言いも、Gokai氏には相容れないでしょうね。

>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1914&sty=2&num=28

柳沢のたんたん氏の言うことはよくわからないことが多いので、このことを個人的に咀嚼してみたのですが…

>>>>中国に対しても同じ事が言えるであろう。特に民族としても同一

おそらく、中国人も韓国人も日本人を同一民族とは考えていないでしょう。

まさか、黄色人種という単純な括りでしょうか?!

>>>>な血筋で言語学的でも親戚である事は皆さん良くご存知の事でも

>>>>ある。安部の頭はどうかしていると言うのが真相である。

おそらくは、小沢一郎が韓国でぶち撒けた「ウラル・アルタイ語族」という前近代的な説によるところか?と

しかし、その「ウラル・アルタイ語族」という見方からしても
中国は説明がつかない…

現在は、「ウラル語」と「アルタイ語」とは別で、韓国語(朝鮮語)と日本語はアルタイ語に属するかな?というところでしょう。

ttp://ja.m.wikipedia.org/wiki/アルタイ諸語

【11478】Re:中国脅威論を考えるのなら
 tomyk  - 14/8/3(日) 18:11 -

引用なし
パスワード
   ▼こっかんさん:
こんばんわです。

本家の方は最近Gokai氏の書き込みが無いので殆ど読んでません。
まあ何というか完全な「僕の砂場」状態です。

ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1922&sty=2&num=1
一閲覧者氏の書き込みで民間船舶の「徴用」とありますが、海軍国では普通に扱われることが多い案件であり、実際商船学校での「オフィサー」のクラスがそのまま士官階級になることが多いですね。
「過去の出来事」から批判していますが、実際に最も危ない強襲揚陸に駆り出されることは無いでしょうし、離島防衛時に海域の掌握後の戦力の運搬にRoRo船が使われるのは確定でしょう。
フォークランド紛争でのイギリスの失態は戦訓として残さなくてはいけないでしょうが。

【11481】Re:中国脅威論を考えるのなら
 かっくるなかしま  - 14/8/5(火) 9:17 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん :
▼こっかんさん :

こんにちは。

▼tomykさん :

>本家の方は最近Gokai氏の書き込みが無いので殆ど読んでません。

同じく(^-^)/ 自分も書く気が失せぎみヽ( ̄▽ ̄)ノ

Gokai氏はご自身のツイッター(ななみのゆう)で、二人を相手に財政の討論中ですな。

老人党だと、彼があれだけ書いても反応に乏しいどころか、

借金を《踏み倒せ》とか、やっていますからヽ( ̄▽ ̄)ノ
ー  国債は国の借金だけれど、国民の資産でもあるんだが。郵貯に預金して国債に投資しているのに、預金が戻らなかったら取り付け騒ぎになってまずいんだが(笑 年金の60%が国債で運用されているのに、その国債が価値を失ったらまずいんだが(笑

常識がまるで働いていない(>_<)

>まあ何というか完全な「僕の砂場」状態です。

観察していて興味深いのは、ほとんど対話(コミュニケーション)が成り立っていないところ。
ー  それぞれの独り砂場遊び、とでもいうか。
ー  意見の違う相手が出てきて喧嘩という対話が成り立つ(爆

>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1922&sty=2&num=1
>一閲覧者氏の書き込みで民間船舶の「徴用」とありますが、海軍国では普通に扱われることが多い案件であり、実際商船学校での「オフィサー」のクラスがそのまま士官階級になることが多いですね。
>「過去の出来事」から批判していますが、実際に最も危ない強襲揚陸に駆り出されることは無いでしょうし、離島防衛時に海域の掌握後の戦力の運搬にRoRo船が使われるのは確定でしょう。
>フォークランド紛争でのイギリスの失態は戦訓として残さなくてはいけないでしょうが。

このネタも去年の12月、今年の3月、5月に出ていた話です。例えば、

URL省略。
(日経、2014/03/23、「自衛隊輸送に民間船活用、防衛省方針」)

毎日の記事は・・おそらくは、記者がお盆休み/夏休みに入ってきていて、過去記事を焼き直しているんでしょう。

特に新しいイベントが発生していないのに。過去記事に今更ながらの過剰反応。(丿 ̄ο ̄)丿

▼こっかんさん:

>超亀レスですみません…
>大幅に割愛させていただきます。

>>柳沢のたんたん氏のような物言いも、Gokai氏には相容れないでしょうね。
>>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1914&sty=2&num=28

>柳沢のたんたん氏の言うことはよくわからないことが多いので、このことを個人的に咀嚼してみたのですが…

>>>中国に対しても同じ事が言えるであろう。特に民族としても同一

>おそらく、中国人も韓国人も日本人を同一民族とは考えていないでしょう。
>まさか、黄色人種という単純な括りでしょうか?!

おそらくその括りではないでしょうか(>_<)

>>>な血筋で言語学的でも親戚である事は皆さん良くご存知の事でも
>>>ある。安部の頭はどうかしていると言うのが真相である。

>おそらくは、小沢一郎が韓国でぶち撒けた「ウラル・アルタイ語族」という前近代的な説によるところか?と

江上氏の騎馬民族征服説ですね。

私は、江上説を否定している岡田英弘氏の《古代海洋商圏説》を採っているので、

小沢氏の講演は、なんだかなー、と。

>しかし、その「ウラル・アルタイ語族」という見方からしても
>中国は説明がつかない…

御意。

その上、言葉が近いということだけなら、韓国と北朝鮮も、中国と台湾もとっくにうまくやっているでしょう(>_<)

>現在は、「ウラル語」と「アルタイ語」とは別で、韓国語(朝鮮語)と日本語はアルタイ語に属するかな?というところでしょう。

>ttp://ja.m.wikipedia.org/wiki/アルタイ諸語

シルクロード言語、というイメージになりますね。

昔、トルコ語を調べたとき、"古代の日本語だと思ってみてください"、と教本のイントロにあって、目が点になりました。

では。

【11482】コミュ不足
 tomyk  - 14/8/6(水) 0:11 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
こんばんわです。

>>本家の方は最近Gokai氏の書き込みが無いので殆ど読んでません。
>
>同じく(^-^)/ 自分も書く気が失せぎみヽ( ̄▽ ̄)ノ

いろんな意味で過疎化してますw

>Gokai氏はご自身のツイッター(ななみのゆう)で、二人を相手に財政の討論中ですな。
>
>老人党だと、彼があれだけ書いても反応に乏しいどころか、
>
>借金を《踏み倒せ》とか、やっていますからヽ( ̄▽ ̄)ノ
>ー  国債は国の借金だけれど、国民の資産でもあるんだが。郵貯に預金して国債に投資しているのに、預金が戻らなかったら取り付け騒ぎになってまずいんだが(笑 年金の60%が国債で運用されているのに、その国債が価値を失ったらまずいんだが(笑
>
>常識がまるで働いていない(>_<)

以前にGokai氏が国債の返済に対して紙幣の増刷で対応すると読んだことがありますが、その場合はどうなんでしょうか?
経済は門外漢なので、どう影響するか分からないので判断できませんが。

>>まあ何というか完全な「僕の砂場」状態です。
>
>観察していて興味深いのは、ほとんど対話(コミュニケーション)が成り立っていないところ。
>ー  それぞれの独り砂場遊び、とでもいうか。
>ー  意見の違う相手が出てきて喧嘩という対話が成り立つ(爆

限定的な投稿者による書き込みだけの状況ですよね。
おまけに「老人党に相応しくない投稿者は排除せよ」とやってた、はr(以下略)=中井豪=へたれ小僧氏も書きこみません。
彼の望んだような状況なんですがね(笑)
書き込みを頻繁に開く意義が無いので余り読んでませんが、レスポンスの悪さはひしひしと伝わってきます。
メルマガが担当者の体調不良による休止だそうですが、いい機会じゃ無いかと思うくらい読む気力が湧かない状況です。


>>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1922&sty=2&num=1
>>一閲覧者氏の書き込みで民間船舶の「徴用」とありますが、海軍国では普通に扱われることが多い案件であり、実際商船学校での「オフィサー」のクラスがそのまま士官階級になることが多いですね。
>>「過去の出来事」から批判していますが、実際に最も危ない強襲揚陸に駆り出されることは無いでしょうし、離島防衛時に海域の掌握後の戦力の運搬にRoRo船が使われるのは確定でしょう。
>>フォークランド紛争でのイギリスの失態は戦訓として残さなくてはいけないでしょうが。
>
>このネタも去年の12月、今年の3月、5月に出ていた話です。例えば、
>
>URL省略。
>(日経、2014/03/23、「自衛隊輸送に民間船活用、防衛省方針」)
>
>毎日の記事は・・おそらくは、記者がお盆休み/夏休みに入ってきていて、過去記事を焼き直しているんでしょう。
>
>特に新しいイベントが発生していないのに。過去記事に今更ながらの過剰反応。(丿 ̄ο ̄)丿

何とまあ、そんなことが。
であるなら、この当該記事は集団的自衛権に対するネガティブキャンペーンで掘り起こしたということでしょうね。
政府も下手なことを言うとネガキャンをやられるので余り発信しないという状況ですし。
それでも説明はきっちりとやったほうがいいんですけどね。

【11484】Re:コミュ不足
 かっくるなかしま  - 14/8/7(木) 10:17 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

こんにちは。

>>>本家の方は最近Gokai氏の書き込みが無いので殆ど読んでません。
>>同じく(^-^)/ 自分も書く気が失せぎみヽ( ̄▽ ̄)ノ

>いろんな意味で過疎化してますw

海のYeahさんの登場で、俄に活気が出てきましたが(笑

>>Gokai氏はご自身のツイッター(ななみのゆう)で、二人を相手に財政の討論中ですな。
>>老人党だと、彼があれだけ書いても反応に乏しいどころか、
>>借金を《踏み倒せ》とか、やっていますからヽ( ̄▽ ̄)ノ
>>ー  国債は国の借金だけれど、国民の資産でもあるんだが。郵貯に預金して国債に投資しているのに、預金が戻らなかったら取り付け騒ぎになってまずいんだが(笑 年金の60%が国債で運用されているのに、その国債が価値を失ったらまずいんだが(笑
>>常識がまるで働いていない(>_<)

>以前にGokai氏が国債の返済に対して紙幣の増刷で対応すると読んだことがありますが、その場合はどうなんでしょうか?
>経済は門外漢なので、どう影響するか分からないので判断できませんが。

論点は、お金や国債の《信用》となります。

つまり、それらが価値を保てると多くの人達が信じられるかどうか。

お金の供給の仕方が安易だと市場(多くの人達)が感じると、信用が損なわれます。
ー   この場合に重要なのは、自分がどう感じるかではなく、他の多くの人達がどう感じるかです。流行と同じです(笑 

なのでお金を増やすという場合、

1) 日銀が当座預金を積み増す。
ー   金融機関がそれを日銀から借りることで、市中にお金が増える。日銀当座預金残高の調節。

2) 日銀が金融機関の保有する債券(国債を含む)を購入して、金融機関にお金を出す。
ー   公開市場操作。

1)と2)を大規模に行っているのが、今回のアベノミクスでの金融量的緩和第三弾です。

信用の拠り所は、《日銀》であり、最終的には日本国です。信用が損なわれないように既にやっている、となります。
ー   蛇足ながら、金融機関がまだ日銀から積極的にお金を借りるに至っていないので、アベノミクスは道半ばです。1)が十分にワークしていない。

>>>まあ何というか完全な「僕の砂場」状態です。
>>観察していて興味深いのは、ほとんど対話(コミュニケーション)が成り立っていないところ。
>>ー  それぞれの独り砂場遊び、とでもいうか。
>>ー  意見の違う相手が出てきて喧嘩という対話が成り立つ(爆

>限定的な投稿者による書き込みだけの状況ですよね。
>おまけに「老人党に相応しくない投稿者は排除せよ」とやってた、はr(以下略)=中井豪=へたれ小僧氏も書きこみません。
>彼の望んだような状況なんですがね(笑)

海のYeahさんが出てきて、喧嘩という対話がようやく成り立つという(笑

吊し上げとなるとやたら元気な掲示板という体質(爆

法に強制執行能力が伴わないと法として機能しないことなんて自明なんだが ┐(´д`)┌

>書き込みを頻繁に開く意義が無いので余り読んでませんが、レスポンスの悪さはひしひしと伝わってきます。
>メルマガが担当者の体調不良による休止だそうですが、いい機会じゃ無いかと思うくらい読む気力が湧かない状況です。

気力が湧かないヽ( ̄▽ ̄)ノ

>>>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1922&sty=2&num=1
>>>一閲覧者氏の書き込みで民間船舶の「徴用」とありますが、海軍国では普通に扱われることが多い案件であり、実際商船学校での「オフィサー」のクラスがそのまま士官階級になることが多いですね。
>>>「過去の出来事」から批判していますが、実際に最も危ない強襲揚陸に駆り出されることは無いでしょうし、離島防衛時に海域の掌握後の戦力の運搬にRoRo船が使われるのは確定でしょう。
>>>フォークランド紛争でのイギリスの失態は戦訓として残さなくてはいけないでしょうが。

>>このネタも去年の12月、今年の3月、5月に出ていた話です。例えば、
>>URL省略。
>>(日経、2014/03/23、「自衛隊輸送に民間船活用、防衛省方針」)
>>毎日の記事は・・おそらくは、記者がお盆休み/夏休みに入ってきていて、過去記事を焼き直しているんでしょう。
>>特に新しいイベントが発生していないのに。過去記事に今更ながらの過剰反応。(丿 ̄ο ̄)丿

>何とまあ、そんなことが。
>であるなら、この当該記事は集団的自衛権に対するネガティブキャンペーンで掘り起こしたということでしょうね。
>政府も下手なことを言うとネガキャンをやられるので余り発信しないという状況ですし。
>それでも説明はきっちりとやったほうがいいんですけどね。

ネガキャンでしょうね。
ー    民間船を活用といっても対象が限られていて、高速の大型フェリー二隻じゃなかったでしたっけ。

では。

【11495】イワオ氏の書き込み
 あぶさん  - 14/8/11(月) 17:32 -

引用なし
パスワード
   イワオ氏が海のYeah氏へ反論しているが,

ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1907&sty=2&num=59

>>拳銃を持ったお巡りさんが町を巡回して犯罪者に「静かにしろ!」と睨みを利かせ、場
>>合によっては逮捕する・または射殺するという行為を現実の法が肯定しているからこそ、
>>貴方の住んでいる周辺は「平和」なんですよ。

>経済が安定していて皆がそこそこ食えて、国民間の所得格差が少なく、富の再分配が上手くいっている国が平和なのです。

そういう国が平和の状態になりやすい,と言えるだけで上記の説明の反論になっていないなぁ。犯罪は経済的な理由ばかりではなく怨恨,嫉妬,勘違いなどでも起こりうる。松本清張のような主張だなぁ。犯罪者は世の中が平等じゃないからわき出るかのような。

>犯罪者に武器でにらみをきかせている地域は通常スラム街と言って米国でもブラジルでも
南アでも「平和」ではないところです。
>日本でも米国でも通常の生活していたらお巡りさんに接点はあまりないと思いますが。

言っていることが逆じゃない?
警察官がいるから,まだその治安レベルに止まっていると考えるべき。治安の悪い所は警察官などの支配権が弱っている地域と言える。警察官の弱い所は平和ではなくなる,ということでしょ。

>警官が犯罪者に静かにしろとにらみをきかせているから平和なのではなく、犯罪者が元々
少ないからその地域は安全で平和なのです。
>対症療法を、根治療法と逆転して理解してはいけません。

またまた逆だ。犯罪者が少ない状態をどうやって作るのか。確かに,比較的犯罪の少ない地域はあるけど,そういう状態の達成はセキュリティの充実なしには考えられない。

>>例えば貴方の実家がコンビニを営んでいたとして、強盗が御家族を人質にとって立てこ
>>もったら、貴方はどうするのですか。
>>そんで、呼んできた警官が銃を携帯しておらず、「俺は丸腰だ!」と言ったらどうする
>>のですか(笑)。

>こんどは犯罪が起きたらどうするかという問題ですね。税金で運営されている政府の機関
の一つ警察が対応するのが当然でしょう。まあ通常は銃くらいはケイタイしているでしょ
う。

そうやって対応する武装顕官がいるということがわかっているから,犯罪を犯そうとする人間が実行を躊躇し,犯罪が抑止されるということなんだが。

>ただ場合によっては交渉専門の警官がいますから彼は「俺は丸腰だ」から話が始まる
こともあるでしょうね。

それはバックに武装警官が控えているからでしょ。全員丸腰だったら話を聞くわけないじゃん。その丸腰で交渉する人をどうにかしたらどうなるのか,想像ができるから交渉できるんであって。
そうやって丸腰になった人が平和裏に話をつけているからって,盲目的に「丸腰」を評価しているけど,その背景を見逃しているよ。

>>国内外に関わりなく、秩序を守るためには武力と言う「強制力」が必要なのが世の常で
>>あり、国民の命や財産を守る権力が「弱くある」ことは、あってはならないのです。

>内乱・戦争が起こったら武力が必要でしょうね。
>ただ「秩序を守るためには武力と言う「強制力」が必要なのが世の常」ではないですよ。

では,武力という強制力がなくて秩序が守られている場合って,どんな場合か具体的に書いてほしいが?
できるだけ内乱・戦争を起こさないために武装が必要なのであって,戦わずして戦争のない状態にするのが目的。武力のバランスをとって,つけ込まれることのないようにするため。だから警察官もできるだけ武器を使用することに抑制的なんじゃないの?

>あなたは、国家が国民を統治するためには武力という強制力が必要だと思っていません
か?国家と国民は対峙するものなのかな。

国民を統治するためじゃないでしょ。何も統治機構のことを言っているんじゃないんだが。
警察機構は,一応公安委員会という国民の代表が参加してそれを運用しているのであって,だから国民の活動の一環であって狭い意味で統治するためではないことはわかりきっている。
その目的は国民全員ではなく,犯罪者を捕縛できるようにするためでしょ。犯罪者が包丁や拳銃を持っているのに,丸腰では警察官に死ねと言っているようなもんだ。
また,警察組織というものがあるから,切羽詰まった状態でも犯罪に手を染めない人間も多くいる(もちろん日本人は概してモラルが高いので自らを律している部分も大きい)。

>貴方も相変わらずですね。
>あまり良くない意味で。

海のYeah氏が適切な反論を書くと思いますが,
イワオ氏の書き込みは反論になっていない。

【11496】否定オンリー
 tomyk  - 14/8/12(火) 0:31 -

引用なし
パスワード
   ▼あぶさんさん:
こんばんわです。

大幅に割愛失礼します。

>海のYeah氏が適切な反論を書くと思いますが,
>イワオ氏の書き込みは反論になっていない。

議論でも何でも無く、ただただ否定するだけですから。
反論にならないのも当然ですよ。

はっきり言えば議論系政治掲示板には全く向いていません。
これははr(以下略)氏やボケ老人氏も同様です。

ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1924&sty=2&num=16
>>自信満々の貴君に問いたい。
>>以下に登場する平和の誓いを語る被爆者代表の女性に持論を語ってみてください。
>>私は貴君の見解が到底理解不能ですから

>>私と同様に貴君とは相容れない見解の投稿者も興味津々だと思います。
>>優秀な貴君のことだから大いに期待しています。宜しくお願いします。

こんなもの最初からどんな書き込みであろうと否定して、人格攻撃の口実を与えるだけですから。
確実に「お答えする義務はありません」系のレスでも「そら見ろ!」と言った具合でしょうね。
否定的な書き込みをして、「老人党に相応しくない」とするってところです。

スルーが一番で、その後も「答えろ!」としつこく書き込むでしょうが、それもスルーして人格批判したらそれを管理スタッフに指摘すればいいでしょう。

海のyeahさんには踏ん張ってもらいたいところです。

いずれにせよ、否定オンリーしかないわけですから本当にスルーが吉です。

ちなみに昔神童今人道氏も同様の手口を使ってましたね。

【11497】判断は閲覧者
 tomyk  - 14/8/12(火) 7:55 -

引用なし
パスワード
   自己レスです。

何度も何度も書いてますが、判断は第三者がやればいい。
論や筋が立てれるなら人格批判などしない。
投稿者排除を念頭においている連中はそれが出来ない。

論がなってないから。

大体URLだけ貼り付けて「どう思うか述べよ、それで判断する」なぞ何様よ。
まず自分がその記事を引用なりして掲示し、自分がその記事を検証して感想を述べるのが筋だろうが。

常識が欠けてるのは本当にこういう連中なんだわ。

ヘイトスピーチをがなりたてる騒音発生器や、人様に迷惑しかかけないデモマニアやら。
実態を晒せば一般の人はみんな引くわ。

こういう俺様ルールで支配者になりたい欲求を出してるんだろうな。

【11498】Re:否定オンリー
 あぶさん  - 14/8/12(火) 10:22 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

おはようございます。


>大幅に割愛失礼します。
>
>>海のYeah氏が適切な反論を書くと思いますが,
>>イワオ氏の書き込みは反論になっていない。
>
>議論でも何でも無く、ただただ否定するだけですから。
>反論にならないのも当然ですよ。
>
>はっきり言えば議論系政治掲示板には全く向いていません。
>これははr(以下略)氏やボケ老人氏も同様です。
>
>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1924&sty=2&num=16
>>>自信満々の貴君に問いたい。
>>>以下に登場する平和の誓いを語る被爆者代表の女性に持論を語ってみてください。
>>>私は貴君の見解が到底理解不能ですから
>
>>>私と同様に貴君とは相容れない見解の投稿者も興味津々だと思います。
>>>優秀な貴君のことだから大いに期待しています。宜しくお願いします。
>
>こんなもの最初からどんな書き込みであろうと否定して、人格攻撃の口実を与えるだけですから。
>確実に「お答えする義務はありません」系のレスでも「そら見ろ!」と言った具合でしょうね。
>否定的な書き込みをして、「老人党に相応しくない」とするってところです。
>
>スルーが一番で、その後も「答えろ!」としつこく書き込むでしょうが、それもスルーして人格批判したらそれを管理スタッフに指摘すればいいでしょう。

おっしゃるとおり,はら氏のくだらない挑発は無視するのが一番ですね。
はら氏の挑発の仕方が扇情的でいやらしい。
海のyeah氏へ書いたことへの反論ができないもんだから「自信満々の貴君に問いたい。」などと書いているが,はら氏の罵倒発言に対して少し謝罪したらどうかと思うがそういうのも期待できない。

彼は珠さんにも白々しいウソというかごまかしを言っている。珠さんは投稿者への罵倒を禁じる意味で書いているのにわざととぼけて安倍総理への批判をしてはいけないのか,とすりかえて言い訳をしている。卑怯なヤツだ。
そういうのには深く関わる必要はないですからね。

>ちなみに昔神童今人道氏も同様の手口を使ってましたね。

やることがさすがによく似ているんですね。
世直しのほうはいつも同じ罵倒の繰り返しで,壁の落書きレベルのしゃればかりが目立ち,何の進歩的な発言はないので,誰も来なくなっちゃいました。
こうなったら,あの改革委員会の騒ぎは何だったのということになって,もし改革委員会が乗っ取っていたら,老人党本家もいまより閑古鳥が鳴いていたんでしょうね。
まぁ本家でもかなりの閑古鳥ですけどね。反対意見がなければ,なんてむなしいんだろうと思いますね。

【11499】Re:否定オンリー
 かっくるなかしま  - 14/8/12(火) 11:31 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼あぶさんさん:

こんにちは。

>>海のYeah氏が適切な反論を書くと思いますが,
>>イワオ氏の書き込みは反論になっていない。

>議論でも何でも無く、ただただ否定するだけですから。
>反論にならないのも当然ですよ。

イワオ氏のは、論旨から外れてしまっていて反論になっていないっす。

自衛隊が丸腰だとうまくいかない、その喩えとしての警察が丸腰だったら、という流れなわけです。

警察が実力行使する必要がない場合もあるという指摘はそりゃそうなんだが、

それだと単に戦争が起きていない地域があるってのと言ってることが同じで、

反論になっていない。

紛争地域でも丸腰でうまくいく、ということを示すのが反論。

論旨の見えない人(たぶん頭が悪い)を相手にすることはないです。> 海のYeahさん

>はっきり言えば議論系政治掲示板には全く向いていません。
>これははr(以下略)氏やボケ老人氏も同様です。
>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1924&sty=2&num=16
>>>自信満々の貴君に問いたい。
>>>以下に登場する平和の誓いを語る被爆者代表の女性に持論を語ってみてください。
>>>私は貴君の見解が到底理解不能ですから
>>>私と同様に貴君とは相容れない見解の投稿者も興味津々だと思います。
>>>優秀な貴君のことだから大いに期待しています。宜しくお願いします。

>こんなもの最初からどんな書き込みであろうと否定して、人格攻撃の口実を与えるだけですから。
>確実に「お答えする義務はありません」系のレスでも「そら見ろ!」と言った具合でしょうね。
>否定的な書き込みをして、「老人党に相応しくない」とするってところです。
>スルーが一番で、その後も「答えろ!」としつこく書き込むでしょうが、それもスルーして人格批判したらそれを管理スタッフに指摘すればいいでしょう。

ノイズだらけの壊れた蓄音機・中井豪氏は、もはや喧嘩だけが取り柄(笑

>海のyeahさんには踏ん張ってもらいたいところです。

既に誰の目にも海のYeahさんの完全な《勝ち》であるから、>海のYeahさん

負け犬・中井豪氏は適当にあしらっておけばいいんです。

>いずれにせよ、否定オンリーしかないわけですから本当にスルーが吉です。

否定オンリーと《誰も聞いていない自慢話》ですな。

管理人に注意されて、《私は本当は好い人なんです》って返すか普通(爆

>ちなみに昔神童今人道氏も同様の手口を使ってましたね。

今時、そのハンドルネームだと、まるで《昔晋三今晋三》で洒落になりませんが、自分で自分に突っ込みを入れているんでしょうかね。

ではまた。

【11500】天野さん、色々あるんだよ、色々とね
 tomyk  - 14/8/15(金) 0:20 -

引用なし
パスワード
   ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1877&sty=2&num=20
天野氏の書き込み

>私はこの掲示板では、あまり書き込みはしないのですが、、ただただ不可解な事を感じました。
>過去に溯るといろいろと有ったみたいですね。

>護憲派と改憲派色々と有ったみたいです、遠目で客観的に見ますとこの掲示板は護憲を旗印に挙げてる掲示板ですよね?、

>ネット検索してみると、老人党と名の付く掲示板は他にもあります、ある掲示板は先鋭的な改憲派の掲示板が目に入りました、またそこに出入りしてる人がここにも投稿してる、何か不自然を感じます、するとここの掲示板の内容をそこで題材を肴にして論じてるみたいで不可思議な事があるもんだと思いました、それで過去を溯ってみましたところ、沈黙の初夏さんと似たようなハンドルが有ってまた驚きました。

>一連のこうした事を管理人スタッフさんはどの様なスタンスで運営なされてるのでしょう、なださんも本意ではないと思ってるのではないでしょうか? 退いてみていてもすごく違和感を感じます。

まあ過去ログをしっかりと読めとしか言いようが無いなぁ。
護憲派vs改憲派的な物言いだが、実質護憲派で論理的に議論をしてた人物は極々少数だった。
先にキレて罵倒に走って火を付けて騒ぎまくったのは現在「世直し老人党」に出入りしてる人物。
一部「護憲+」にいる厚顔氏(元・厚顔の美少年氏)も同様。
どうも「世直し老人党」の面子と合わなくって「護憲+」に流れたようだ。
ちなみに天野氏に追随して人格批判してるはr(以下略)氏は中井豪と名乗って老人党に松明を掲げて火をつけて走り回ってた一人である(笑)

これは過去ログの「老人党の松明を掲げて進もう」スレッドを参照されたい。
議論で勝てないから老人党の乗っ取りを企てた所謂クーデター計画。
結局首謀者である首魁のウミサチヒコ氏が出入り禁止になったというオチが付いている。
これで老人党過激派が「世直し老人党」に流れた。
ちなみに「老人党どっと混む」は改憲派で老人党で話し合いをしていた投稿者が多いが、現在も老人党の動向に目を向けつつ意見交換をしているというところかな。
まあウォッチャーっていうところ。
議論としての叩き台としては、老人党の書き込みは色々参考になるんですよ。

気になったらここに書きこんで欲しいですがね。

【11501】Re:天野さん、色々あるんだよ、色々とね
 退役軍人  - 14/8/15(金) 1:00 -

引用なし
パスワード
   tomykさん

こんばんは。

▼tomykさん:
>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1877&sty=2&num=20
>天野氏の書き込み
>
>>私はこの掲示板では、あまり書き込みはしないのですが、、ただただ不可解な事を感じました。
>>過去に溯るといろいろと有ったみたいですね。
>
>>護憲派と改憲派色々と有ったみたいです、遠目で客観的に見ますとこの掲示板は護憲を旗印に挙げてる掲示板ですよね?、
>
>>ネット検索してみると、老人党と名の付く掲示板は他にもあります、ある掲示板は先鋭的な改憲派の掲示板が目に入りました、またそこに出入りしてる人がここにも投稿してる、何か不自然を感じます、するとここの掲示板の内容をそこで題材を肴にして論じてるみたいで不可思議な事があるもんだと思いました、それで過去を溯ってみましたところ、沈黙の初夏さんと似たようなハンドルが有ってまた驚きました。
>
>>一連のこうした事を管理人スタッフさんはどの様なスタンスで運営なされてるのでしょう、なださんも本意ではないと思ってるのではないでしょうか? 退いてみていてもすごく違和感を感じます。

一言で言うと。

余計なお世話。(笑

ヲチサイトを立ち上げられてしまう理由を作ったのは。

改憲派というか、保守系投稿者を締め出したご本家の管理者というか、
運営スタッフというか、なだいなだ氏ご自身なんだから。

物理的な排除をすれば保守系投稿者は散り散りになってしまい、掲示板の平和が戻ってくると考えたのだろうが。

どの程度の意志の強さがあるのかとか、私の粘着度の程度とか。(笑

ここらあたりを見誤ったからね。

こうなりゃあ、私にも意地があるからね。
役目が終わったと思えるまで、つまり本家の掲示板が閉鎖されるまでは続けるさ。

>まあ過去ログをしっかりと読めとしか言いようが無いなぁ。
>護憲派vs改憲派的な物言いだが、実質護憲派で論理的に議論をしてた人物は極々少数だった。
>先にキレて罵倒に走って火を付けて騒ぎまくったのは現在「世直し老人党」に出入りしてる人物。
>一部「護憲+」にいる厚顔氏(元・厚顔の美少年氏)も同様。
>どうも「世直し老人党」の面子と合わなくって「護憲+」に流れたようだ。
>ちなみに天野氏に追随して人格批判してるはr(以下略)氏は中井豪と名乗って老人党に松明を掲げて火をつけて走り回ってた一人である(笑)
>
>これは過去ログの「老人党の松明を掲げて進もう」スレッドを参照されたい。
>議論で勝てないから老人党の乗っ取りを企てた所謂クーデター計画。
>結局首謀者である首魁のウミサチヒコ氏が出入り禁止になったというオチが付いている。
>これで老人党過激派が「世直し老人党」に流れた。
>ちなみに「老人党どっと混む」は改憲派で老人党で話し合いをしていた投稿者が多いが、現在も老人党の動向に目を向けつつ意見交換をしているというところかな。
>まあウォッチャーっていうところ。
>議論としての叩き台としては、老人党の書き込みは色々参考になるんですよ。
>
>気になったらここに書きこんで欲しいですがね。

まぁ、ここにかけるだけの意地と度胸があるのなら、大歓迎ですけどね。

まぁ、無理だろうなぁ。

【11502】Re:天野さん、色々あるんだよ、色々とね
 かっくるなかしま  - 14/8/15(金) 10:18 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼退役軍人さん :

おはようございます。

>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1877&sty=2&num=20
>天野氏の書き込み

>>私はこの掲示板では、あまり書き込みはしないのですが、、ただただ不可解な事を感じました。
>>過去に溯るといろいろと有ったみたいですね。
>>護憲派と改憲派色々と有ったみたいです、遠目で客観的に見ますとこの掲示板は護憲を旗印に挙げてる掲示板ですよね?
>>ネット検索してみると、老人党と名の付く掲示板は他にもあります、ある掲示板は先鋭的な改憲派の掲示板が目に入りました、またそこに出入りしてる人がここにも投稿してる、何か不自然を感じます、するとここの掲示板の内容をそこで題材を肴にして論じてるみたいで不可思議な事があるもんだと思いました、それで過去を溯ってみましたところ、沈黙の初夏さんと似たようなハンドルが有ってまた驚きました。

>>一連のこうした事を管理人スタッフさんはどの様なスタンスで運営なされてるのでしょう、なださんも本意ではないと思ってるのではないでしょうか? 退いてみていてもすごく違和感を感じます。

>まあ過去ログをしっかりと読めとしか言いようが無いなぁ。

御意。

批判や批評はそりゃ自由だろうけど、

肝心の事実関係の確認を疎かにして、事実誤認をしたまま、

人物批判を行えば、単なる《誹謗中傷》なわけです。> 天野さん

まあ、例により吊し上げ(笑 を受けている私(=かっくる=朱夏)からすれば、

a) 言いたいことがあるのであれば、まず、本人=私に言えばいい、

b) 人物批判に精を出す暇があるなら、掲示板の趣旨にかなった意見投稿の一つでもすればよい、 

c)  よその話をそこでしても、それはそこには無関係。用があるなら、こちらにくればよい、

単純な話ですよ。
 
>護憲派vs改憲派的な物言いだが、実質護憲派で論理的に議論をしてた人物は極々少数だった。
>先にキレて罵倒に走って火を付けて騒ぎまくったのは現在「世直し老人党」に出入りしてる人物。
>一部「護憲+」にいる厚顔氏(元・厚顔の美少年氏)も同様。
>どうも「世直し老人党」の面子と合わなくって「護憲+」に流れたようだ。
>ちなみに天野氏に追随して人格批判してるはr(以下略)氏は中井豪と名乗って老人党に松明を掲げて火をつけて走り回ってた一人である(笑)

>これは過去ログの「老人党の松明を掲げて進もう」スレッドを参照されたい。
>議論で勝てないから老人党の乗っ取りを企てた所謂クーデター計画。
>結局首謀者である首魁のウミサチヒコ氏が出入り禁止になったというオチが付いている。
>これで老人党過激派が「世直し老人党」に流れた。

老人党の管理スタッフと老人党の一部過激派が主導権争いをして、

はらはら氏=中井豪氏というのは、もろに利害関係者だったのだから、

管理人批判になると同調してくるのは当たり前のことですよ。> 天野さん

>ちなみに「老人党どっと混む」は改憲派で老人党で話し合いをしていた投稿者が多いが、現在も老人党の動向に目を向けつつ意見交換をしているというところかな。

老人党側の事情で、アクセス禁止措置が取られているわけだから、

こちらの住人は、あちらでの論評を行えないのですよ。> 天野さん

正確にはできるけどしていない。

自分(=かっくる=朱夏)に関して言えば、

アクセス禁止にならなかったのだから、書き込めるというだけ。

アクセス禁止でないものに書くなと言えますか。

老人党史の汚点とも言える過去と同じ誤りを繰り返すことをお勧めなのでしょうか。>天野さん

>まあウォッチャーっていうところ。
>議論としての叩き台としては、老人党の書き込みは色々参考になるんですよ。

それと逆指標(リバースインディケーター)。主たる論調と逆のことが世の中でよく起こるので。

>気になったらここに書きこんで欲しいですがね。

一般社会でのマナーや常識が備わっていれば、怖いことは起きませんよ(笑

【11503】Re:天野さん、色々あるんだよ、色々とね
 あぶさん  - 14/8/15(金) 10:51 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん
▼退役軍人さん
▼かっくるなかしまさん

おはようございます^^

>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1877&sty=2&num=20
>天野氏の書き込み
>
>>私はこの掲示板では、あまり書き込みはしないのですが、、ただただ不可解な事を感じました。
>>過去に溯るといろいろと有ったみたいですね。
>
>>護憲派と改憲派色々と有ったみたいです、遠目で客観的に見ますとこの掲示板は護憲を旗印に挙げてる掲示板ですよね?、
>
>>ネット検索してみると、老人党と名の付く掲示板は他にもあります、ある掲示板は先鋭的な改憲派の掲示板が目に入りました、またそこに出入りしてる人がここにも投稿してる、何か不自然を感じます、するとここの掲示板の内容をそこで題材を肴にして論じてるみたいで不可思議な事があるもんだと思いました、それで過去を溯ってみましたところ、沈黙の初夏さんと似たようなハンドルが有ってまた驚きました。
>
>>一連のこうした事を管理人スタッフさんはどの様なスタンスで運営なされてるのでしょう、なださんも本意ではないと思ってるのではないでしょうか? 退いてみていてもすごく違和感を感じます。
>
>まあ過去ログをしっかりと読めとしか言いようが無いなぁ。
>護憲派vs改憲派的な物言いだが、実質護憲派で論理的に議論をしてた人物は極々少数だった。
>先にキレて罵倒に走って火を付けて騒ぎまくったのは現在「世直し老人党」に出入りしてる人物。
>一部「護憲+」にいる厚顔氏(元・厚顔の美少年氏)も同様。

論理的支柱は流水氏で,「寺内町」理論を前面に出して,民主主義といえでも平和を守るためには,その原則を崩さないといけないときもある,ということで,反対意見を発言するものを閉め出す権限を行使するために,自分たちを管理委員会に参加させろ,というものでしたね。

それに対してもっと論理的に反対意見を書いていたのが,きんくりさんという名前だった思いますが,流水氏はそれに論理的に返せずに,「粘着している」と批判していました。

ただし,「民主主義といえでも平和を守るためには,その原則を崩さないといけないときもある」というのは事実でしょう。実際,状況によっては防衛上人々の権利が制限されることもあるでしょうね。しかし,それがあのときの老人党の状況にはまったく合わないんですがね。

>どうも「世直し老人党」の面子と合わなくって「護憲+」に流れたようだ。

つまらない落書きばかりですからね。流水氏もまったく顔を見せなくなった。
結局反対派がこないから盛り上がらないんでしょう。

>ちなみに天野氏に追随して人格批判してるはr(以下略)氏は中井豪と名乗って老人党に松明を掲げて火をつけて走り回ってた一人である(笑)

そういえば彼も来なくなりました。彼はきっと反対派とやり合いたいんでしょうかね。しかし,いつも議論の途中で論点外しをしたりして逃亡しますが(^^;;

>これは過去ログの「老人党の松明を掲げて進もう」スレッドを参照されたい。
>議論で勝てないから老人党の乗っ取りを企てた所謂クーデター計画。
>結局首謀者である首魁のウミサチヒコ氏が出入り禁止になったというオチが付いている。

反対意見排除論を聴いていると,どうしても連合赤軍の「山岳ベース事件」を思い出します。逃亡者が出るたびに拠点を移らざるをえなくなり,どれだけ個人個人に「共産的精神」が入っているのか,森と永田のヒロイズムとも重なって,総括という名の下でちょっとでも気に入らないところが見られた仲間を惨殺していった事件ですが。

そもそも「意見が違う」というのをどこまでの範囲に限るか,なんてできない話ですからね。
どこで仲間とそうでないものを区切るのか,護憲派であっても全く同じ意見の人間なんているわけがないので,あるテーマでは相反することも必ず起きてくる。ある曲面でそのときの反対派を排除しても,また起きることなんですよね。そのときにどう折り合いをつけるか,というのは,別に護憲派の中だけでなく人間生活全体で起きることなんだから,そのときに反対派がいたっていなくたって同じなんですがね。

あれは単に,自分の意見が否定されたり,論理的に反論できなくなったときに,罵詈雑言やデマに走った護憲派の行儀の悪さに起因するだけのことだったような気がしますね。

>これで老人党過激派が「世直し老人党」に流れた。

世直しは続いていますが(投稿者はほぼ古今人道氏ですが),最近「護憲+」サイトは放置状態になっていますね。

>ちなみに「老人党どっと混む」は改憲派で老人党で話し合いをしていた投稿者が多いが、現在も老人党の動向に目を向けつつ意見交換をしているというところかな。
>まあウォッチャーっていうところ。

珠さんの「
22    【25355】掲示板の運営について 珠  運営スタッフ 2014-8-14 23:07:49 」という投稿の内容は納得できますがね。
でもあの事件のときの裁定は,他の管理人の意見もあったでしょうが,あまり納得はできませんでした。

>気になったらここに書きこんで欲しいですがね。

是非そうしてほしいですね。はr氏もまた来たらどうですかね。
やはり様々な意見のぶつけ合い(罵倒などでなく)が,よりよい方向を示していくと思うので。
では,では。

【11518】老人党から〜快刀乱麻を断つ
 かっくるなかしま  - 14/8/21(木) 12:33 -

引用なし
パスワード
   老人党より海のYeahさんのこちらの切り返し(↓)。
ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1907&sty=2&num=68
(【25380】Re:全然違う。は全ぜんぜん違う)

快刀乱麻を断つ。お見事。>海のYeahさん

反論の内容にはもちろん同意なのだが、

この際、肝心なその内容を抜きにしても、

論旨が明瞭、論点が明確、構成が論理的、文章に無駄がない、

という外形的な長所がおおいに認められ、相手方話手との《スキル》の差は歴然としている。

内容を抜きにして言えることは、

スキルは、《中立的》であり、それは《伝える力》であるから、重要であることに間違いはない。

例えば、《本田勝一》氏の「日本語の作文技術」は《名著》なのであるが(↓)、
ttp://ww
.geocities.co.jp/NeverLand/9797/sakubunngizyutu1.html

その場合の評価は、《スキル》、あるいは《スキルについてのスキル》にあるのであって、

氏の思想や思想的論説という《内容》の評価はまた別物となるわけである。

言い換えれば、論の内容に執着すると、優れた論の外形的要素は見えにくくなる。

掲示版で意見が正反対であっても、優れた論(論述や論証)からは、なにがしかの得るところは必ずあるのであって、《スキル》はその典型である。

最悪なのは、内容もスキルも伴っていない論。

何を主張したいのかがなければ、論旨は不明瞭に。

何が話題になっているのか理解できていなければ、論点は不明確に。

何をどう伝えるかの意識が乏しければ、論の構成は非論理的に。

主張も理解も意識も伴っていなければ、文章は無駄ばかりに。

外形的要素は、直接的には内容を意味しないが、論の内容とは間接的に繋がっている。

論の外形的要素が貧弱であっても場数や経験、訓練で《スキル》は次第に見につくが、

いつまでもそれ(表現)が貧弱であり《続ける》ということは、

肝心の《内容》が実のところ貧弱であるということを示唆するのである。

さて、《全然ないは全然ない》についてであるが、

《絶対ないは絶対ない》と言ったのが《織田信長》です(笑

また、絶対ないは絶対ない、と言う場合、

絶対あるのか、絶対ないのか、それとも絶対ないは絶対ないは絶対ないのか、

それとも延々と、絶対ないは絶対ないは絶対ないは絶対ないのか(笑

その答えはないようであって実のところあって、

答えは《絶対ない》です。←マジっす

不毛そうな話にもなにがしかの面白さや意外さはあるもんです。

千夜30冊の第54回に繋げます。無理矢理?(^^;

【11519】Re:老人党から〜快刀乱麻を断つ
 あぶさん  - 14/8/21(木) 13:07 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:

こんにちは。

>内容を抜きにして言えることは、
>
>スキルは、《中立的》であり、それは《伝える力》であるから、重要であることに間違いはない。
>
>例えば、《本田勝一》氏の「日本語の作文技術」は《名著》なのであるが(↓)、

この著書で感心したのは,
長い形容句は先に,短い形容詞は後に名詞につける,ということ。
(例)
赤い本を拾ったとする。
1「赤い,あなたが拾った本」
2「あなたが拾った赤い本」

わかりやすいのは2である。
「赤い」も「あなたが拾った」も「本」にかかる形容句(詞)なので,
1も2もOKなのですがね。
国語ではこういう教育をしないといけないのではないかなぁ?

あと,数字のカンマ。
日本語は4桁ずつ,万,億,兆,・・となるので,
4桁にカンマをつけたらわかりやすいという。

3桁ずつだと英語ならわかりやすい。
200,000
カンマの上が200だから,two hundred ...
カンマが1つだからthousandで,two hundred thousand

3,000,000,000
この数字を4桁ずつにカンマを打つと
30,0000,0000

カンマの上が二桁だからとりあえず30とわかる。
2つめのカンマだから億。だから30億。

まぁでも国際規範に従うと3桁ずつだから,しかたないんだけど。

>その場合の評価は、《スキル》、あるいは《スキルについてのスキル》にあるのであって、
>
>氏の思想や思想的論説という《内容》の評価はまた別物となるわけである。
>
>言い換えれば、論の内容に執着すると、優れた論の外形的要素は見えにくくなる。
>
>掲示版で意見が正反対であっても、優れた論(論述や論証)からは、なにがしかの得るところは必ずあるのであって、《スキル》はその典型である。
>
>最悪なのは、内容もスキルも伴っていない論。
>
>何を主張したいのかがなければ、論旨は不明瞭に。
>
>何が話題になっているのか理解できていなければ、論点は不明確に。
>
>何をどう伝えるかの意識が乏しければ、論の構成は非論理的に。
>
>主張も理解も意識も伴っていなければ、文章は無駄ばかりに。

正に,タミゾール氏の文章ですね(^^
彼の文章は何となくわかるが,ハッキリ何が言いたいのかわからない。
雰囲気の中に埋没しているというか,何というか。.

>外形的要素は、直接的には内容を意味しないが、論の内容とは間接的に繋がっている。
>
>論の外形的要素が貧弱であっても場数や経験、訓練で《スキル》は次第に見につくが、
>
>いつまでもそれ(表現)が貧弱であり《続ける》ということは、
>
>肝心の《内容》が実のところ貧弱であるということを示唆するのである。
>
>さて、《全然ないは全然ない》についてであるが、
>
>《絶対ないは絶対ない》と言ったのが《織田信長》です(笑
>
>また、絶対ないは絶対ない、と言う場合、
>
>絶対あるのか、絶対ないのか、それとも絶対ないは絶対ないは絶対ないのか、
>
>それとも延々と、絶対ないは絶対ないは絶対ないは絶対ないのか(笑
>
>その答えはないようであって実のところあって、
>
>答えは《絶対ない》です。←マジっす

頭が痛くなってきました(^^;;

【11530】Re:老人党から〜快刀乱麻を断つ
 かっくるなかしま  - 14/8/23(土) 11:13 -

引用なし
パスワード
   ▼あぶさんさん:

こんにちは。

返信ありがとうございます。

>>内容を抜きにして言えることは、
>>スキルは、《中立的》であり、それは《伝える力》であるから、重要であることに間違いはない。
>>例えば、《本多勝一》氏の「日本語の作文技術」は《名著》なのであるが(↓)、

本田を本多に訂正(^^ゞ

>この著書で感心したのは,

お〜、あぶさんさん、読まれていたんですね(^o^)/\(^o^)

>長い形容句は先に,短い形容詞は後に名詞につける,ということ。
>(例)
>赤い本を拾ったとする。
>1「赤い,あなたが拾った本」
>2「あなたが拾った赤い本」
>わかりやすいのは2である。
>「赤い」も「あなたが拾った」も「本」にかかる形容句(詞)なので,
>1も2もOKなのですがね。

ですよね。

当たり前そうでも普段あまり意識はしていなくて、言われてみるとなるほどと腑に落ちて印象的な箇所。

>国語ではこういう教育をしないといけないのではないかなぁ?

そう思います。

英語だと、読む外国語から話す外国語へと、つまり《伝える》ための手段へと教育内容が変わっていますが、

国語は、伝えるための表現力のブラッシュアップにあまり力点が置かれていなくて、

文法、漢字、慣用句の習熟の後、読解力に向かって、その読解する文章も、対象が評論、小説、詩歌等と幅が広いです。

伝達手段としての《日本語》と、自国文化を理解する目的の《教養国語》とに分けて、それらを併せて国語教育とするほうが、効果的ではないかと思います。

最近だと、池上彰さんの「伝える力」シリーズがなかなかよいです。

>あと,数字のカンマ。
>日本語は4桁ずつ,万,億,兆,・・となるので,
>4桁にカンマをつけたらわかりやすいという。
>3桁ずつだと英語ならわかりやすい。
>200,000
>カンマの上が200だから,two hundred ...
>カンマが1つだからthousandで,two hundred thousand
>3,000,000,000
>この数字を4桁ずつにカンマを打つと
>30,0000,0000
>カンマの上が二桁だからとりあえず30とわかる。
>2つめのカンマだから億。だから30億。
>まぁでも国際規範に従うと3桁ずつだから,しかたないんだけど。

日本語としての数字表記の合理性ですよね。

塾で珠算を習った世代として、ネタをひとつ(^^ゞ

《算盤》は面白い仕組みになっていて、点を数字の上に打っているから、

4桁で区切っていながら3桁読みも効くんです(↓)。
ttp://ww
.unshudo.co.jp/navi/school/
(そろばんナビ)

>>その場合の評価は、《スキル》、あるいは《スキルについてのスキル》にあるのであって、
>>氏の思想や思想的論説という《内容》の評価はまた別物となるわけである。
>>……
>>最悪なのは、内容もスキルも伴っていない論。
>>何を主張したいのかがなければ、論旨は不明瞭に。
>>何が話題になっているのか理解できていなければ、論点は不明確に。
>>何をどう伝えるかの意識が乏しければ、論の構成は非論理的に。
>>主張も理解も意識も伴っていなければ、文章は無駄ばかりに。

>正に,タミゾール氏の文章ですね(^^

行間読まれました(^^ゞ

>彼の文章は何となくわかるが,ハッキリ何が言いたいのかわからない。
>雰囲気の中に埋没しているというか,何というか。.

文章が結局、何を言いたいのかよくわからん。

大学で教鞭を取る知識人としての自負が透けてしまっているのと、

討論で完敗しても相手が引き下がるまで止めようとしない《負けず嫌い》な性格はしっかり伝わっていますが。

今回も結局、掲示版の目的を振りかざして、海のYeahさんの資質を問題にするという人身攻撃に及んでいるわけです。

プライドや面子、大義や信条、欲求や欲求不満、そうしたものに排除の論理、攻撃性、猜疑心、集団心理が重なることで、

世の中の諍いや争い、戦争という現象が生じるわけですが、

たかだか掲示版での論争くらいで、

絶対平和や非武装、非暴力を説いているつもりの側が、いとも容易く排除の論理や攻撃性を曝け出してしまっているようでは、

争いはなくなるわけがないということを自ら《体現》してしまっているわけです。

滑稽であるとしか言いようがなく、議論で叩かれる以前/未満の話として、《当然の突っ込み》を入れられるわけです。

>>答えは《絶対ない》です。←マジっす
>頭が痛くなってきました(^^;;

千夜30冊のほうに記しておきました。
ー   意見が合わないと排除の論理に出る人達もいますが、意見が合おうが合うまいが、対話の話手の片方が頓珍漢で対話が不毛であろうが、全くの無意味というものはない、ということをついつい示したくなります、不毛過ぎて(^^;

千夜30冊での小野田さんのパズル本は、第41回で取り上げた野崎さんの「詭弁論理学」の後半箇所でのパズルを発展させたものとして、繋がっています。

あちらでは書き漏らしましたが、

その内容ではなく、論理的に形式的に常に真である命題を《恒真式》(またはトートロジー)と言いますが(↓)、

ttp://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC
(ニコニコ大百科、「トートロジー」)

ご覧頂けるように論理パズルを作るときの常套手段の一つです。

であるとともに、

最強のトートロジーに該当するものが、凝り固まった信条表明であって、例えば、


《絶対平和は正しいから、絶対平和は正しい》

という形式のものです。
ー  pならばpであると言っているだけです。

トートロジーなので、(形式論理的には正しいので)

これに論理的には反論はできません。

ー   前提が誤りだから何とでも言える、と反論できますが、誤りではない。

しかし、トートロジーからパズルを組み立てると面白いですが、

トートロジーは、《白は白だ》と言っているだけでもあるので、例えば、

《安倍は悪いから安倍は悪い》

のように単調な繰り返しで中身に乏しい。

つまりは《連呼》です(笑

連呼について、本多勝一氏が「日本語作文技術」で何と言っているかといえば、

《無神経な文章》です。← オチをつけたつもり(^^ゞ

では。

【11537】Re:老人党から〜快刀乱麻を断つ
 あぶさん  - 14/8/23(土) 21:42 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:

こんばんは。

>返信ありがとうございます。
>
>>>内容を抜きにして言えることは、
>>>スキルは、《中立的》であり、それは《伝える力》であるから、重要であることに間違いはない。
>>>例えば、《本多勝一》氏の「日本語の作文技術」は《名著》なのであるが(↓)、
>
>本田を本多に訂正(^^ゞ
>
>>この著書で感心したのは,
>
>お〜、あぶさんさん、読まれていたんですね(^o^)/\(^o^)
>
>>長い形容句は先に,短い形容詞は後に名詞につける,ということ。
>>(例)
>>赤い本を拾ったとする。
>>1「赤い,あなたが拾った本」
>>2「あなたが拾った赤い本」
>>わかりやすいのは2である。
>>「赤い」も「あなたが拾った」も「本」にかかる形容句(詞)なので,
>>1も2もOKなのですがね。
>
>ですよね。
>
>当たり前そうでも普段あまり意識はしていなくて、言われてみるとなるほどと腑に落ちて印象的な箇所。
>
>>国語ではこういう教育をしないといけないのではないかなぁ?
>
>そう思います。

これには,高校の時の数学の先生のエピソードが関係していまして,彼が言うことには,日本語は曖昧だということだったんです。
「わたしは血だらけになって逃げる泥棒を追いかけた」という文を出して,わたしが血だらけなのか,泥棒が血だらけなのかわからない,だから日本語は曖昧なのだということだったのです。

しかし,件の本を読んだときに修飾の仕方が悪いことに気づきました,
つまり「わたし」が血だらけなのだったら,
「血だらけになってわたしは逃げる泥棒を追いかけた。」(口で言う場合)
「わたしは血だらけになって,逃げる泥棒を追いかけた。」(文章の場合はこれでもOK)
とすればいいのだし,泥棒が血だらけの場合は,
「血だらけになって逃げる泥棒をわたしは追いかけた。」(口)
「わたしは,血だらけになって逃げる泥棒を追いかけた。」(文章)
とすればいいのでした。

つまり,誤解をなくすように表現する技術がなかっただけで,日本語が論理的な表現ができないということではないのだと結論しました。日本語のせいにするなよ! と思いました(^^


>英語だと、読む外国語から話す外国語へと、つまり《伝える》ための手段へと教育内容が変わっていますが、
>
>国語は、伝えるための表現力のブラッシュアップにあまり力点が置かれていなくて、
>
>文法、漢字、慣用句の習熟の後、読解力に向かって、その読解する文章も、対象が評論、小説、詩歌等と幅が広いです。
>
>伝達手段としての《日本語》と、自国文化を理解する目的の《教養国語》とに分けて、それらを併せて国語教育とするほうが、効果的ではないかと思います。

それが必要だと感じます。

>最近だと、池上彰さんの「伝える力」シリーズがなかなかよいです。
>
>>あと,数字のカンマ。
>>日本語は4桁ずつ,万,億,兆,・・となるので,
>>4桁にカンマをつけたらわかりやすいという。
>>3桁ずつだと英語ならわかりやすい。
>>200,000
>>カンマの上が200だから,two hundred ...
>>カンマが1つだからthousandで,two hundred thousand
>>3,000,000,000
>>この数字を4桁ずつにカンマを打つと
>>30,0000,0000
>>カンマの上が二桁だからとりあえず30とわかる。
>>2つめのカンマだから億。だから30億。
>>まぁでも国際規範に従うと3桁ずつだから,しかたないんだけど。
>
>日本語としての数字表記の合理性ですよね。
>
>塾で珠算を習った世代として、ネタをひとつ(^^ゞ
>
>《算盤》は面白い仕組みになっていて、点を数字の上に打っているから、
>
>4桁で区切っていながら3桁読みも効くんです(↓)。

あら,わたしも珠算2級まで行ったけど,気づかなかったです(^^;


>>正に,タミゾール氏の文章ですね(^^
>
>行間読まれました(^^ゞ
>
>>彼の文章は何となくわかるが,ハッキリ何が言いたいのかわからない。
>>雰囲気の中に埋没しているというか,何というか。.
>
>文章が結局、何を言いたいのかよくわからん。
>
>大学で教鞭を取る知識人としての自負が透けてしまっているのと、
>
>討論で完敗しても相手が引き下がるまで止めようとしない《負けず嫌い》な性格はしっかり伝わっていますが。

ほんとに。もう最後はただの難癖になっているんですけどねぇ。

>今回も結局、掲示版の目的を振りかざして、海のYeahさんの資質を問題にするという人身攻撃に及んでいるわけです。

論旨がどっかへ飛んじゃったから,そっちへいきましたねぇ。しかし,彼がなぜ一投稿者に対してそこまで言えるのか,別に老人党の番人でもないのに失礼な態度だと思わないのかなぁ。

>プライドや面子、大義や信条、欲求や欲求不満、そうしたものに排除の論理、攻撃性、猜疑心、集団心理が重なることで、
>
>世の中の諍いや争い、戦争という現象が生じるわけですが、
>
>たかだか掲示版での論争くらいで、
>
>絶対平和や非武装、非暴力を説いているつもりの側が、いとも容易く排除の論理や攻撃性を曝け出してしまっているようでは、
>
>争いはなくなるわけがないということを自ら《体現》してしまっているわけです。

結局は排除の論理になるんですよね。それが極端化すると例の山岳ベース事件に重なります。

>滑稽であるとしか言いようがなく、議論で叩かれる以前/未満の話として、《当然の突っ込み》を入れられるわけです。
>
>>>答えは《絶対ない》です。←マジっす
>>頭が痛くなってきました(^^;;
>
>千夜30冊のほうに記しておきました。

拝読させて頂きました。
「絶対」という言葉に含まれる自己矛盾。

>ー   意見が合わないと排除の論理に出る人達もいますが、意見が合おうが合うまいが、対話の話手の片方が頓珍漢で対話が不毛であろうが、全くの無意味というものはない、ということをついつい示したくなります、不毛過ぎて(^^;

大局から見ると無駄な物はないという(^^;

>
>千夜30冊での小野田さんのパズル本は、第41回で取り上げた野崎さんの「詭弁論理学」の後半箇所でのパズルを発展させたものとして、繋がっています。
>
>あちらでは書き漏らしましたが、
>
>その内容ではなく、論理的に形式的に常に真である命題を《恒真式》(またはトートロジー)と言いますが(↓)、
>
>ttp://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC
>(ニコニコ大百科、「トートロジー」)
>
>ご覧頂けるように論理パズルを作るときの常套手段の一つです。
>
>であるとともに、
>
>最強のトートロジーに該当するものが、凝り固まった信条表明であって、例えば、
>
>
>《絶対平和は正しいから、絶対平和は正しい》
>
>という形式のものです。
>ー  pならばpであると言っているだけです。

前提と同じことをいうわけですね。そこには類推がないんですね。つまり論理的に前には進んでいない。

>トートロジーなので、(形式論理的には正しいので)
>
>これに論理的には反論はできません。
>
>ー   前提が誤りだから何とでも言える、と反論できますが、誤りではない。
>
>しかし、トートロジーからパズルを組み立てると面白いですが、
>
>トートロジーは、《白は白だ》と言っているだけでもあるので、例えば、
>
>《安倍は悪いから安倍は悪い》
>
>のように単調な繰り返しで中身に乏しい。
>
>つまりは《連呼》です(笑
>
>連呼について、本多勝一氏が「日本語作文技術」で何と言っているかといえば、
>
>《無神経な文章》です。← オチをつけたつもり(^^ゞ

あはは^^ (人道やたんたんという言葉を思い出します(^^; )

>では。

論理学に興味をもったときもあって,面白いと思います。
記号で表したらよりよく理解できたりしますしね。
ありがとうございます(^^

【11539】Re:老人党から〜快刀乱麻を断つ
 かっくるなかしま  - 14/8/25(月) 0:56 -

引用なし
パスワード
   ▼あぶさんさん:

こんばんは。

>>お〜、あぶさんさん、読まれていたんですね(^o^)/\(^o^)

>これには,高校の時の数学の先生のエピソードが関係していまして,彼が言うことには,日本語は曖昧だということだったんです。
>「わたしは血だらけになって逃げる泥棒を追いかけた」という文を出して,わたしが血だらけなのか,泥棒が血だらけなのかわからない,だから日本語は曖昧なのだということだったのです。
>しかし,件の本を読んだときに修飾の仕方が悪いことに気づきました,
>つまり「わたし」が血だらけなのだったら,
>「血だらけになってわたしは逃げる泥棒を追いかけた。」(口で言う場合)
>「わたしは血だらけになって,逃げる泥棒を追いかけた。」(文章の場合はこれでもOK)
>とすればいいのだし,泥棒が血だらけの場合は,
>「血だらけになって逃げる泥棒をわたしは追いかけた。」(口)
>「わたしは,血だらけになって逃げる泥棒を追いかけた。」(文章)
>とすればいいのでした。
>つまり,誤解をなくすように表現する技術がなかっただけで,日本語が論理的な表現ができないということではないのだと結論しました。日本語のせいにするなよ! と思いました(^^

なるほど。

いい先生ですよね。

私が高3の時の日本史なんですが、初老の先生が授業で、

《娘十七、番茶も出鼻》、

よく覚えておくように、と言われて、

その言葉の重みを、結局、理解できたのは、先生の年頃になってからでした(^^ゞ

>>伝達手段としての《日本語》と、自国文化を理解する目的の《教養国語》とに分けて、それらを併せて国語教育とするほうが、効果的ではないかと思います。

>それが必要だと感じます。

例えば、小学生に俳句や短歌は、無理っす。

コンセンサスを前提にしますから。

であるなら、先に身につけるべきは、と思っています。

>あら,わたしも珠算2級まで行ったけど,気づかなかったです(^^;

あぶさんさん、凄い(^^)/

おいらは準二級まで。その辺りから急に暗算のハードルが上がりますよね。

>>>正に,タミゾール氏の文章ですね(^^
>>行間読まれました(^^
>ほんとに。もう最後はただの難癖になっているんですけどねぇ。

最新のレスを見たらさらに酷いっすよ。
ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1907&sty=2&num=73

見るも無残。《逆ギレ》の第二弾。

>>今回も結局、掲示版の目的を振りかざして、海のYeahさんの資質を問題にするという人身攻撃に及んでいるわけです。
>論旨がどっかへ飛んじゃったから,そっちへいきましたねぇ。しかし,彼がなぜ一投稿者に対してそこまで言えるのか,別に老人党の番人でもないのに失礼な態度だと思わないのかなぁ。

そうそう。

でもって、今度は老人党員であることを振りかざしているけれど、

それって資格でもなんでもないし、気が向けば誰でもなれるし、

はっきり言って、世の中の《ほとんど全て》の人は党員じゃない。

だから何? へ? な話ですよ、世間一般的には。

>結局は排除の論理になるんですよね。それが極端化すると例の山岳ベース事件に重なります。

思想信条に違いがある者を排除するというのは、

連中が嫌っている戦時中の統制そのものだろうに(-_-)

>>千夜30冊のほうに記しておきました。
>拝読させて頂きました。
>「絶対」という言葉に含まれる自己矛盾。

《全然》の使用法はこちらですが、

昔は全然あるもありで、所謂文豪はそう使っていたようです。
ttp://cjjc.weblio.jp/content/%E5%85%A8%E7%84%B6
(Weblio、全然の意味、中国語辞典)
ー   タミ氏ってとことん、浅い(-_-)

>大局から見ると無駄な物はないという(^^;

変でおかしなものは、変でおかしいでお終いですが、

それらが集まれば、《うる星やつら》的な意味が生じるだろうということで(^^ゞ
ttp://m.youtube.com/watch?v=Rkg6GEdm09Q
(ED、宇宙はタイヘンだ)

>前提と同じことをいうわけですね。そこには類推がないんですね。つまり論理的に前には進んでいない。

その通り(^^)/

論理は繋ぎであり、内容は《よき類推》です。

付け焼刃で論理を持ち出して、絶対は絶対ないとかやっていますが、

ありゃ《思考停止》というやつです。

帰納は事実からの規則性の発見であるし、類推はそれらの比較ですから、(比較の比較)

事実を見なけりゃ何も始まらない。

>>《無神経な文章》です。← オチをつけたつもり(^^ゞ
>あはは^^ (人道やたんたんという言葉を思い出します(^^; )

連呼が多過ぎる。

中身がないことを積極的に宣伝することの意味が分からない(^^ゞ

>>では。
>論理学に興味をもったときもあって,面白いと思います。
>記号で表したらよりよく理解できたりしますしね。
>ありがとうございます(^^

論理も中身もないものは、《わたしを見て》というシグナルであり、

幼児が親(母親)に発するものです。

自己本位にまさに該当します。

彼らは海のYeahさんを批判しているつもりなのでしょうが、

自己本位、つまりは自分のためという《感情》を曝け出しているのは、まさに彼ら自身ですよ。

千夜30冊で夢野久作の「ドグラ・マグラ」を取り上げましたが、

その下巻で解説を担当したなだいなだ氏が何と言っているかと言えば、

こうなんです(↓)、

《よくわからないことを語ろうとする時、それについて語っているのではなく、自分について語っている》

と。

自分について語っていれば、根拠や理由は示せないし、

反論されれば、それは論ではなく自分に対してのものとなるから、だから、

再反論できず、《憤慨》し、《排除》したくなるのです。

【11541】Re:老人党から〜続・快刀乱麻を断つ
 かっくるなかしま  - 14/8/27(水) 11:58 -

引用なし
パスワード
   海のYeahさんによる続・快刀乱麻を断つ。
ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/reply.php?pos=25412&sty=2
(【25412】Re:全然違うは全然違う?)
ー   >>箇所がタミゾール氏およびH.KAWAI氏、>箇所が海のYeahさん。

>>なら、勝手に文句いってられるわけね。
>>ようするに、「エゴ」ですよね。他者のことなど知ったこっちゃあないっていうこと?むなしくないですか?
>>外野!!から無責任な茶々入れてるだけにしか見えませんですよ。
>>そうひとの戯言として、無視するしかないのか。

>人に散々切り捨てるな・否定するな・そういう表現は良くない、と口出ししておいて、私が党員を称していないと知ったら、いきなりこういう言動を取れるというのは、ある意味凄いと思う。

全く同感。

タミゾール氏の言というのは、常日頃から、道徳律的にはカントが批判的に指摘した《仮言命法》。

つまり、原則やルールが無条件に適用されるのではなくて、条件付きで適用されるというやつ。
ー   暴言をルールで禁じていても、平和論者であれば暴言は許される、そうした類いの発想。だから、切り捨てるなと言っておいて切り捨てる。切り捨てるなという原則があっても自分(達)は《適用除外》なわけ。

エゴにしてもそう。エゴを否定しながら、代ゼミの閉校をざまあみろと平気で言えてしまう。他人のことを知ったこっちゃないというエゴ丸出しに加え、関係のない他人の不幸を喜んでしまってすらいる。完全にエゴ丸出しなんだよ。

>世間一般に公開しているBBSなんだから、ここを閲覧している人やその向こうにある世間の人達は大部分「党員」ではないと思うのだが、彼らに対して今「こういう口を利いている」のだという自覚は、この人にあるんだろうか。

全く同意。その通り。

入党する意思表明の自由を保留している人達を貶しているわけだから。

個人で馬鹿なことを言うのは勝手だ。《愚行権》はあるよ。だがしかし、党是をかさにきて振る舞えば、愚行権の行使は自由だとは言えなくなる。個人の恥が掲示版の恥になるんだよ。掲示版の思想審問官を騙る一方でそうした配慮に及べないのであれば、それをエゴと言う。

>まさにエゴを体現した振舞いだと思うのだが。

その通り。

>>これも見解の分かれることでしょうから「全否定」できませんよねえ。単なる個人的見解。

>いや、どういう根拠で「見解が分かれる」のか示してからそういう事を言って欲しいんだけど。
>何でもかんでも「それは貴方の個人的見解」で済ませられたら苦労しないんだよ。

その通り。

言論は《機会平等》であるが、良い意見・悪い意見、妥当な意見・不適切な意見があって当たり前であり、どの言論も《結果平等》では取り扱われない。言い換えれば、恣意的にこの言論が正しいとはならないように、《自由言論》が保障されていて、討論や議論を尽くそうとするわけ。

入り口の機会平等のところで思想審問官のように振る舞って排除の論理を働かせておきながら、個人的見解の《等価性》もヘチマもない。

-----------------

>>○で、その「非武装で平和が守れるか」なんて低レベルの論議からはもういい加減で卒業しなくちゃいけないんじゃないでしょうかね。
>>○「非武装で平和が守れるか」との問いに対しては、「守れる。ただし、そのためには全ての国が非武装になる必要がある」と答える事ができるでしょう。

>まあつまり、不可能だと言うことです。

御意。条件のハードルが高いわけだから。

いくらでも別解はある。世界人口が10万人なら、社会集団が接触する機会が殆どないから非武装で済む、とか。

>エゴがどうとかでなく、もっとシンプルに『我と彼とは違う存在である』という認識を持たねば。

全く同感。

相手と自分は違う、という認識が大前提。

>「平和は尊い」とか「人が殺し合うのは良くない」とか「非武装は善である」とかいうテーゼも【絶対的な真理】という訳ではなく、一つのイデオロギーに過ぎないという事実に、我々は耐えないといけないと思うのですよね。
>自分の為なら民族の為なら自国の為なら神の為なら【敵】は幾らでも殺したり犠牲にしていいし、自らの存続の為に他者を滅ぼすのは正当な行為である、と言う考えの方がむしろ世界で一般的なのであり、そういう考えがあって初めて「どんな立場のどんな人間の命にも価値があるし、平和は尊い」という考えも存在できるのだ、ということに。
>で、それからどうするのか?という話ですよ。
>「政治」というのは。政治論の出番は。

その通り。

例えば、《政教分離》できている社会であれば、思想信条の自由は絶対のようなものだろうけど、世界的に見れば《政教一致》が主流のようなもので、接触した時点で真理と真理が衝突する。

で、政治的に目指すことになるのは、真理の追求ではなくて、《妥協》でしょう。

>愚民だとか白痴だとかエゴだとか言って罵ってれば、自分達が無欲な聖人になったみたいな気がして、そりゃ溜飲は下がるでしょうさ。けど所詮「彼」からすれば、「我」の方こそが愚民で白痴でエゴイストに見えるのだということは、自覚してなきゃならない。

溜飲を下げるのはいいけれど、であるなら公開の掲示版で溜飲を下げようとすることに無理がある。媒体の選択が不適切。
ー    多数派ならいざ知らず、少数派で溜飲を下げても、それが多数派形成に繋がらない代物であれば、行為として無意味。 

公開することの価値や意義は、賛同者を広く募れることにあるのであって、多くの賛同を得ようとするつもりがあるなら、意見の相違する人達を説得することが必要になる。
ー    反論に対しては、説明を尽くした反論で応じ、納得を得るよう努めるというのが当然でしょうな。

>「倫理や道徳や人間愛の論理」だけでなく、それが機能出来るだけの秩序を維持する「責任の論理」を両立させて共同体を営むことが「政マツリゴト」であると、私は思います。
>前者だけにしか価値を認めない、認められないと言うなら、それは宗教です。政治ではない。大多数の為のものでは有り得ないから。

我が国の憲法は、多様であろう価値の共存/政教分離を規定し国家にそれを命じているわけであるから、

国家がそれを逸脱すれば、批判の対象となりうるが、

批判する側が擬似的に政教一致志向しているようであるとお話にならない。ただの権力闘争です。

非武装中立にせよそれはそれでいいのだが、過去の運動の経緯により、つまり、特定のイデオロギーに利用されてきたという経緯により、信用を失っているわけであるから、信用の回復に努めるほうが先。それは所謂《護憲》についても言えることです。

>そんな所ですかね、言いたいことは。

頃合いを見て、あちらに書きます。> 海のYeahさん

-----------------

【11560】それはあり得ないだろうに
 あぶさん  - 14/9/9(火) 13:24 -

引用なし
パスワード
   流水氏の投稿。

ttp://yufuu.com/kpdoc/BBSFrame.htm

(抜粋)
「日本に引き付けて言えば、憲法解釈変更で集団的自衛権を容認するという事は、米国戦略(特にNATOの安全保障戦略の見直し=新冷戦を起こし、米国の覇権戦略に西欧各国を従属させ、米国覇権の永続化を図ろうと戦略)に従属するという事を意味している。つまり、米国覇権存続のための戦争に加担するという事。同時に、ブレジンスキーも書いているが、巨大にふくれあがった米国債務、巨額な貿易赤字などを過去と同じような軍事力を背景にした覇権力で解決しようという狙いがある。集団的自衛権容認とTPP交渉が同時期に行われているのは、きわめて米国戦略に即している。

簡単にいえば、曽根崎心中ではないが、米国と日本の【無理心中】の長い旅がこれから始まろうとしている。」

論旨は,アメリカの経済破綻間近→米国の覇権を守るため欧州を取り込みたい→NATOを強化→日本が集団的自衛権容認に踏み出した→日本をNATOに組み入れる

陰謀論が好きな流水氏らしいとは思うけど,あまりにも無理筋ではないだろうか。

日本の集団的自衛権の発動要件は,そらで書いているので正確性を欠くけれども,

1 同盟国が攻撃される事態を放置すれば,日本国および日本国民に明白な危険が及ぶ。
2 他にそれを防ぐ適当な手段がない。
3 必要な最低限の武力しか使用しない。

ということだったと思う。
要するに,無制限に同盟国を守る,といったものではない。

まして,発動の前後には国会承認が必要なのだから,政権だけが好きなことができる,というものでもない。まして世論にもさらされる。政権の命を賭さないではできないことだ。
それを,急迫の事態などとは縁が薄い欧州の防備に,どんな立場であれ,自衛隊が入るなんて事はどう考えても無理だろう。

そういう現実をスルーして,自分の考えの中に無理くり入れ込めようとする,いつもの我田引水風は,いい加減もうやめたらどうでしょうねぇ。

【11562】Re:それはあり得ないだろうに
 かっくるなかしま  - 14/9/9(火) 17:09 -

引用なし
パスワード
   ▼あぶさんさん:

こんにちは。

錦織が惜しくも敗れてちとテンションが下がっています(>_<)

今宵は、煌々たる満月とお酒で癒やします(^^ゞ

>流水氏の投稿。
>ttp://yufuu.com/kpdoc/BBSFrame.htm
>(抜粋)
>「日本に引き付けて言えば、憲法解釈変更で集団的自衛権を容認するという事は、米国戦略(特にNATOの安全保障戦略の見直し=新冷戦を起こし、米国の覇権戦略に西欧各国を従属させ、米国覇権の永続化を図ろうと戦略)に従属するという事を意味している。つまり、米国覇権存続のための戦争に加担するという事。同時に、ブレジンスキーも書いているが、巨大にふくれあがった米国債務、巨額な貿易赤字などを過去と同じような軍事力を背景にした覇権力で解決しようという狙いがある。集団的自衛権容認とTPP交渉が同時期に行われているのは、きわめて米国戦略に即している。
>簡単にいえば、曽根崎心中ではないが、米国と日本の【無理心中】の長い旅がこれから始まろうとしている。」

これは護憲+からでしょうか。ありがとうございます。

《曽根崎心中》って、それ全然、ストーリー的に関係してこない。せいぜい心中の二文字しか共通しないんだけど。

>論旨は,アメリカの経済破綻間近→米国の覇権を守るため欧州を取り込みたい→NATOを強化→日本が集団的自衛権容認に踏み出した→日本をNATOに組み入れる

結局、そうなったらお祭り騒ぎを続けられるので、お祭り騒ぎを続けるためにはそうなって《欲しい》ということなんでしょうね(-_-)

>陰謀論が好きな流水氏らしいとは思うけど,あまりにも無理筋ではないだろうか。

無理筋。単なる想像ですが、想像は心地よさを脳が命じることなので、個人的な願望でしょうね。はからずも願望を開陳していることになります。

流れ的には、ユーロの通貨統合で防衛予算を後回しにして、米国側からはかねてより、《EU安保タダ乗り論》が出ていて、その米国も財政の崖問題を抱えているので、

ロシアと揉めたこの際、EU加盟国は当初の協定通りに軍事支出をきちんとやれば? ということです。

>日本の集団的自衛権の発動要件は,そらで書いているので正確性を欠くけれども,
>1 同盟国が攻撃される事態を放置すれば,日本国および日本国民に明白な危険が及ぶ。
>2 他にそれを防ぐ適当な手段がない。
>3 必要な最低限の武力しか使用しない。
>ということだったと思う。

今後の行政法の策定の中身によりますが、閣議決定では公明党の踏ん張りで、

《個別自衛権の拡大適用》という実質に着地したと観ています。

>要するに,無制限に同盟国を守る,といったものではない。
>まして,発動の前後には国会承認が必要なのだから,政権だけが好きなことができる,というものでもない。まして世論にもさらされる。政権の命を賭さないではできないことだ。

我が国が、立憲主義、議会制民主主義、法治主義の国家であることを失念している。

どれも革命勢力にとっては都合の悪いものですけど( ̄▽ ̄)b

>それを,急迫の事態などとは縁が薄い欧州の防備に,どんな立場であれ,自衛隊が入るなんて事はどう考えても無理だろう。

御意。

拡大EUの中東欧諸国にNATO地上軍をどこまで配備するかという話と、我が国とは関係ないです。

象徴的に言えば、ドイツが削減した戦車をまた増やすということでしょう。
ー   退役軍人さんやtomykさんのご意見、所望(^^ゞ

>そういう現実をスルーして,自分の考えの中に無理くり入れ込めようとする,いつもの我田引水風は,いい加減もうやめたらどうでしょうねぇ。

御意。

広域展開するには《予算》が必要ですから、

頭の中でいくら行動範囲が《無制限》だと想像しても、予算がつかなければ、

仮に広域展開をしたくとも、絵に描いた餅ですよ。

軍事に歯止めにせよ軍備を拡大にせよ、そういうのは、予算に集約されるんだから、

いったい何を騒いでいるんだか。

簡単に言えば、世間胸算用(by井原西鶴)でいうところの、

《ない袖は振れない》ですけどねヽ( ̄▽ ̄)ノ

ではまた。

【11564】Re:それはあり得ないだろうに
 あぶさん  - 14/9/10(水) 0:10 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:

こんばんは(^^
>
>こんにちは。
>
>錦織が惜しくも敗れてちとテンションが下がっています(>_<)

確かに。サッカーもベネズエラの勝てそうで勝てなかったし(><)

>今宵は、煌々たる満月とお酒で癒やします(^^ゞ

いいですね。故あってしばらくノンアルコールで(^^;;

>>流水氏の投稿。
>>ttp://yufuu.com/kpdoc/BBSFrame.htm
>>(抜粋)
>>「日本に引き付けて言えば、憲法解釈変更で集団的自衛権を容認するという事は、米国戦略(特にNATOの安全保障戦略の見直し=新冷戦を起こし、米国の覇権戦略に西欧各国を従属させ、米国覇権の永続化を図ろうと戦略)に従属するという事を意味している。つまり、米国覇権存続のための戦争に加担するという事。同時に、ブレジンスキーも書いているが、巨大にふくれあがった米国債務、巨額な貿易赤字などを過去と同じような軍事力を背景にした覇権力で解決しようという狙いがある。集団的自衛権容認とTPP交渉が同時期に行われているのは、きわめて米国戦略に即している。
>>簡単にいえば、曽根崎心中ではないが、米国と日本の【無理心中】の長い旅がこれから始まろうとしている。」
>
>これは護憲+からでしょうか。ありがとうございます。

そうなんです。彼はとっくに「世直し老人党」を見限っていますから(^^;;

>《曽根崎心中》って、それ全然、ストーリー的に関係してこない。せいぜい心中の二文字しか共通しないんだけど。

また無理矢理文学話に持っていこうとしたんでしょうかねぇ。なんか深い意味がないでしょ?

>
>>論旨は,アメリカの経済破綻間近→米国の覇権を守るため欧州を取り込みたい→NATOを強化→日本が集団的自衛権容認に踏み出した→日本をNATOに組み入れる
>
>結局、そうなったらお祭り騒ぎを続けられるので、お祭り騒ぎを続けるためにはそうなって《欲しい》ということなんでしょうね(-_-)
>
>>陰謀論が好きな流水氏らしいとは思うけど,あまりにも無理筋ではないだろうか。
>
>無理筋。単なる想像ですが、想像は心地よさを脳が命じることなので、個人的な願望でしょうね。はからずも願望を開陳していることになります。
>
>流れ的には、ユーロの通貨統合で防衛予算を後回しにして、米国側からはかねてより、《EU安保タダ乗り論》が出ていて、その米国も財政の崖問題を抱えているので、
>
>ロシアと揉めたこの際、EU加盟国は当初の協定通りに軍事支出をきちんとやれば? ということです。
>
>>日本の集団的自衛権の発動要件は,そらで書いているので正確性を欠くけれども,
>>1 同盟国が攻撃される事態を放置すれば,日本国および日本国民に明白な危険が及ぶ。
>>2 他にそれを防ぐ適当な手段がない。
>>3 必要な最低限の武力しか使用しない。
>>ということだったと思う。
>
>今後の行政法の策定の中身によりますが、閣議決定では公明党の踏ん張りで、
>
>《個別自衛権の拡大適用》という実質に着地したと観ています。

そうですね。昭和47年だかに出た,個別的自衛権発動の要件に,同盟国の危機が日本の安全保障に関わる事態というふうに置き換えたものだと思います。

>
>>要するに,無制限に同盟国を守る,といったものではない。
>>まして,発動の前後には国会承認が必要なのだから,政権だけが好きなことができる,というものでもない。まして世論にもさらされる。政権の命を賭さないではできないことだ。
>
>我が国が、立憲主義、議会制民主主義、法治主義の国家であることを失念している。
>
>どれも革命勢力にとっては都合の悪いものですけど( ̄▽ ̄)b

願望ですねぇ。そして,あらぬ危機を訴えているのは,米国ではなく流水氏だということになってしまって,やはりブーメランですかねぇ\(^o^)/

>
>>それを,急迫の事態などとは縁が薄い欧州の防備に,どんな立場であれ,自衛隊が入るなんて事はどう考えても無理だろう。
>
>御意。
>
>拡大EUの中東欧諸国にNATO地上軍をどこまで配備するかという話と、我が国とは関係ないです。
>
>象徴的に言えば、ドイツが削減した戦車をまた増やすということでしょう。
>ー   退役軍人さんやtomykさんのご意見、所望(^^ゞ

所望に同意(^^

>>そういう現実をスルーして,自分の考えの中に無理くり入れ込めようとする,いつもの我田引水風は,いい加減もうやめたらどうでしょうねぇ。
>
>御意。
>
>広域展開するには《予算》が必要ですから、
>
>頭の中でいくら行動範囲が《無制限》だと想像しても、予算がつかなければ、
>
>仮に広域展開をしたくとも、絵に描いた餅ですよ。
>
>軍事に歯止めにせよ軍備を拡大にせよ、そういうのは、予算に集約されるんだから、
>
>いったい何を騒いでいるんだか。
>
>簡単に言えば、世間胸算用(by井原西鶴)でいうところの、
>
>《ない袖は振れない》ですけどねヽ( ̄▽ ̄)ノ
>
>ではまた。

まぁ,アメリカが悪であって,それに引きずられる日本でないと気が済まないでしょうねぇ。そういう結論を持っているから,起こった事象をそれに当てはめて考えるという,例のパターンですね。
流水氏の天敵,きんくりさんが出てこないかなぁ(^^

【11565】戦車配備増に関して
 tomyk  - 14/9/10(水) 21:48 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
▼あぶさんさん:
こんばんわです。

明日は完全に休み、13日の0時に出勤ですので頑張って起きています。
ヒャッハー状態なのはご勘弁を。

>錦織が惜しくも敗れてちとテンションが下がっています(>_<)
>
>今宵は、煌々たる満月とお酒で癒やします(^^ゞ

ようやく夜に酒が呑めます。
錦織は惜しかったです。
決勝が決まったのはびっくりしましたが、相変わらずマスコミの煽りが…

>>流水氏の投稿。
>>ttp://yufuu.com/kpdoc/BBSFrame.htm
>>(抜粋)
>>「日本に引き付けて言えば、憲法解釈変更で集団的自衛権を容認するという事は、米国戦略(特にNATOの安全保障戦略の見直し=新冷戦を起こし、米国の覇権戦略に西欧各国を従属させ、米国覇権の永続化を図ろうと戦略)に従属するという事を意味している。つまり、米国覇権存続のための戦争に加担するという事。同時に、ブレジンスキーも書いているが、巨大にふくれあがった米国債務、巨額な貿易赤字などを過去と同じような軍事力を背景にした覇権力で解決しようという狙いがある。集団的自衛権容認とTPP交渉が同時期に行われているのは、きわめて米国戦略に即している。
>>簡単にいえば、曽根崎心中ではないが、米国と日本の【無理心中】の長い旅がこれから始まろうとしている。」
>
>これは護憲+からでしょうか。ありがとうございます。
>
>《曽根崎心中》って、それ全然、ストーリー的に関係してこない。せいぜい心中の二文字しか共通しないんだけど。

ボキャブラリーの使いどころに問題があるかもしれません。

>>論旨は,アメリカの経済破綻間近→米国の覇権を守るため欧州を取り込みたい→NATOを強化→日本が集団的自衛権容認に踏み出した→日本をNATOに組み入れる
>
>結局、そうなったらお祭り騒ぎを続けられるので、お祭り騒ぎを続けるためにはそうなって《欲しい》ということなんでしょうね(-_-)

一体日本の戦力をNATOの勢力圏でどう使うつもりなんでしょうかね。
単純に考えてみれば、自衛隊の装備と能力のリソースが何処に割り振られているか。
そんなもの防衛白書を読めば一目瞭然なんですが、どうにも自家横着の気があるんでしょうね。
そう考えれば「そうなって欲しい」は言いえて妙です。

>>陰謀論が好きな流水氏らしいとは思うけど,あまりにも無理筋ではないだろうか。

現状、自衛隊のリソースは中国、北朝鮮と大規模災害に振り向けられています。

ttp://ww
.mod.go.jp/j/yosan/2015/gaisan.pdf
平成27年度概算要求の概要(PDF注意)

流水氏の言うような海外派遣に関しては、大規模地上戦力の派遣を可能とするような項目はありません。
海上自衛隊の規模の純増と航空優勢の取得にリソースが大きく振られています。

想像で批判してはいけないですよね。

>無理筋。単なる想像ですが、想像は心地よさを脳が命じることなので、個人的な願望でしょうね。はからずも願望を開陳していることになります。
>
>流れ的には、ユーロの通貨統合で防衛予算を後回しにして、米国側からはかねてより、《EU安保タダ乗り論》が出ていて、その米国も財政の崖問題を抱えているので、
>
>ロシアと揉めたこの際、EU加盟国は当初の協定通りに軍事支出をきちんとやれば? ということです。

ちょいと調べたら欧州の戦力はかなり寒い状況ですよね。
よく考えて見れば、大英帝国海軍(ロイヤルネイビー)も相当無理をしてクイーンエリザベス級空母を建造したようですが、二番艦の目処は付いてるのか疑問です。
フランスも新型空母から降りたようですし、ドイツ連邦軍も1000両以上の大戦車部隊が300両に大きく縮小されてる。
冷戦の終結と経済力低下がかなり響いているんですね。

>>日本の集団的自衛権の発動要件は,そらで書いているので正確性を欠くけれども,
>>1 同盟国が攻撃される事態を放置すれば,日本国および日本国民に明白な危険が及ぶ。
>>2 他にそれを防ぐ適当な手段がない。
>>3 必要な最低限の武力しか使用しない。
>>ということだったと思う。
>
>今後の行政法の策定の中身によりますが、閣議決定では公明党の踏ん張りで、
>
>《個別自衛権の拡大適用》という実質に着地したと観ています。
>
>>要するに,無制限に同盟国を守る,といったものではない。
>>まして,発動の前後には国会承認が必要なのだから,政権だけが好きなことができる,というものでもない。まして世論にもさらされる。政権の命を賭さないではできないことだ。
>
>我が国が、立憲主義、議会制民主主義、法治主義の国家であることを失念している。
>
>どれも革命勢力にとっては都合の悪いものですけど( ̄▽ ̄)b

同感です。
国民のコンセンサスを得られない集団的自衛権の発動は起こらないようになっています。
やはり抑止力の面が強い。

現状では朝鮮半島への集団的自衛権発動もあり得ないんじゃないですか(笑)
韓国の安全保障への取り組みが日本国民に理解されないんじゃないかと(笑)

>>それを,急迫の事態などとは縁が薄い欧州の防備に,どんな立場であれ,自衛隊が入るなんて事はどう考えても無理だろう。
>
>御意。

同意です。

>拡大EUの中東欧諸国にNATO地上軍をどこまで配備するかという話と、我が国とは関係ないです。
>
>象徴的に言えば、ドイツが削減した戦車をまた増やすということでしょう。
>ー   退役軍人さんやtomykさんのご意見、所望(^^ゞ

ちょっとサイトを調べましたが、ドイツ陸軍が保管している余剰のレオパルド2A5をポーランドに売却というニュースを見ました。
レオパルド2は現状第三世代戦車としては最強クラスの主力戦車ですがポーランドのように余剰分を結構各国に売却しています。

で、未だ協議段階ですが、日独で戦車開発を検討しているという情報も。
ttp://stumbleon.blog.fc2.com/blog-entry-339.html

第二次大戦の独ソ戦のように、広大な平地を持つ欧州のロシア国境線での戦訓から機甲部隊が主力となっています。
当初は攻撃ヘリで補完する計画だったようですが、面で押し上げるにはやはり地上戦力は必須なので慌てて戦車の配備を増やすというところでしょうか。

>>そういう現実をスルーして,自分の考えの中に無理くり入れ込めようとする,いつもの我田引水風は,いい加減もうやめたらどうでしょうねぇ。
>
>御意。
>
>広域展開するには《予算》が必要ですから、
>
>頭の中でいくら行動範囲が《無制限》だと想像しても、予算がつかなければ、
>
>仮に広域展開をしたくとも、絵に描いた餅ですよ。
>
>軍事に歯止めにせよ軍備を拡大にせよ、そういうのは、予算に集約されるんだから、
>
>いったい何を騒いでいるんだか。
>
>簡単に言えば、世間胸算用(by井原西鶴)でいうところの、
>
>《ない袖は振れない》ですけどねヽ( ̄▽ ̄)ノ

いや、本当に振れません。
日本としては周辺事態に対処するのも苦しい。
そのための安倍総理の積極的平和主義に基づく外交攻勢であり、集団的自衛権による抑止力というところでしょう。

いい加減想像だけで政治批判はやめてもらいたいものです。

【11582】平和の求め方
 tomyk  - 14/9/22(月) 19:03 -

引用なし
パスワード
   明日休みなので24時間近く寝てませんが、頑張って起きてます。
この後嫁さんと飯を食って久しぶりに本屋に行きます。

で、かっくるさんの「一般とは?」スレから派生したのをを拝見させていただいてます。
ちょっと前までは9条絶対主義、非武装反戦中立論がまかり通っていた老人党ですが、安全保障の面で無視できない昨今では色々と「反論」も出ています。

それらを読んでて思い出しましたが、日本が世界平和に積極的に貢献する方法として、「日本の経済力を使って為す」論があったのを思い出しました。
今回でもどうにか彼らの「理想」に近い方法を考えている様子は表層しか見てないんだなぁというのが感想。

経済力云々論で決定的に抜けているのは、その経済力は何が担保として成り立っているかという根本が抜けている。

現状の世界経済の担保はずばり「軍事力」。
日本の場合、戦後の高度経済成長期は日米安保によるアメリカ軍事力の「傘」に入ることによる防衛力整備を限定しての経済活動。
現在はその海上護衛能力の極端化によるSLOC防衛能力の保持による担保。

こういった視点が抜けているんですよね。

何ですか、経済を舐めてるんじゃ無いかと思いますね。

これで平和平和と言ってるようでは…

【11583】Re:平和の求め方
 退役軍人  - 14/9/28(日) 12:00 -

引用なし
パスワード
   tomykさん

こんにちは、現地ハワイに入って最初の休日なんですが。
かなりの疲労で寝てばかりいます。

マルセイユから帰国して、時差ボケが治らないまま東へ移動したので。

西へ行くより、東へ行くほうがきつい。

<一部割愛失礼>
>経済力云々論で決定的に抜けているのは、その経済力は何が担保として成り立っているかという根本が抜けている。

御意。

>現状の世界経済の担保はずばり「軍事力」。
>日本の場合、戦後の高度経済成長期は日米安保によるアメリカ軍事力の「傘」に入ることによる防衛力整備を限定しての経済活動。
>現在はその海上護衛能力の極端化によるSLOC防衛能力の保持による担保。
>
>こういった視点が抜けているんですよね。
>
>何ですか、経済を舐めてるんじゃ無いかと思いますね。
>
>これで平和平和と言ってるようでは…

昔、朝鮮半島と大陸を行き来していた「商団」に武装した護衛が警乗していたのはなぜか。

砂漠を行き来していた「塩の隊商」が武装していたのはなぜか。

商いというのは、「空き無い」なんですよ。

余っているところから、足りないところへ、人と物が移動する。
つまり、空きを無くすということ。

空きがあるところでは、足りない物の価値が変わるから。
襲撃して略奪する危険を冒す「行為の価値」が生じる。

これらの意志を決めさせないために敷居を高くしておく必要があります。

それこそが、海上通商路を守るための「軍事力」なんです。
「海上警察力」では無理があります。

【11584】Re:平和の求め方
 tomyk  - 14/9/29(月) 14:15 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
こんにちはです。
そろそろ就寝の時間です。
まだこのシフトには慣れません(笑)

>こんにちは、現地ハワイに入って最初の休日なんですが。
>かなりの疲労で寝てばかりいます。
>
>マルセイユから帰国して、時差ボケが治らないまま東へ移動したので。
>
>西へ行くより、東へ行くほうがきつい。

世界中に足を伸ばす人も大変ですね。
年末年始は日本で過ごせることをお祈りします。

><一部割愛失礼>
>>経済力云々論で決定的に抜けているのは、その経済力は何が担保として成り立っているかという根本が抜けている。
>
>御意。
>
>>現状の世界経済の担保はずばり「軍事力」。
>>日本の場合、戦後の高度経済成長期は日米安保によるアメリカ軍事力の「傘」に入ることによる防衛力整備を限定しての経済活動。
>>現在はその海上護衛能力の極端化によるSLOC防衛能力の保持による担保。
>>
>>こういった視点が抜けているんですよね。
>>
>>何ですか、経済を舐めてるんじゃ無いかと思いますね。
>>
>>これで平和平和と言ってるようでは…
>
>昔、朝鮮半島と大陸を行き来していた「商団」に武装した護衛が警乗していたのはなぜか。
>
>砂漠を行き来していた「塩の隊商」が武装していたのはなぜか。
>
>商いというのは、「空き無い」なんですよ。
>
>余っているところから、足りないところへ、人と物が移動する。
>つまり、空きを無くすということ。
>
>空きがあるところでは、足りない物の価値が変わるから。
>襲撃して略奪する危険を冒す「行為の価値」が生じる。
>
>これらの意志を決めさせないために敷居を高くしておく必要があります。

同意します。
商売の基本ですよね。
余ってるものを買う人はいません。
価値のあるものを足らないところに移送するコスト、輸送費にも安全保障も含まれる。

>それこそが、海上通商路を守るための「軍事力」なんです。
>「海上警察力」では無理があります。

「戦争」行為が相手の国力を削ぐというのを考えれば、自ずと分かるものなんですけどね。
やたらと念仏と言い訳して老人党の目的やらを自嘲的に書きこんでいる人物もいますが、対案を出せない時点でねぇ。

第一次大戦からUボートが幅を利かせ始めてる時点で海洋警察は平時の警察力しか担保できなくなっています。
あらゆる手段からSLOCを守る手段を持っていない国は経済力の維持もできないです。

【11639】閲覧者氏の書き込み
 あぶさん  - 14/11/17(月) 17:16 -

引用なし
パスワード
   お久しぶりです。しばらく静観しておりました。

閲覧者氏によるこのような書き込みがありますが,

>兎も角、今日「民主主義」と言う物が変てこなモンスターに成ってしまった様に私は思います。尤も此れは世界共通の事象であると思いますがね。

モンスターって何を指して言っているのかなぁ。
安倍自民党がまた勝ちそうだということを指しているのなら,当然じゃないの,という感想しかないですね。他に政権を担える勢力があるっていうのかな?
民主党は数を減らして,政権を取れるだけの勢力にはなり得ないし,
かといって細かい政党を集めても,結局は意見の相違で分かれてしまうことが見えてしまう。
今の時期,安定したものがほしいと国民は思っている。
だから,民主主義が正常に機能していると思うのだが。

閲覧者氏やその同意者には気の毒だけど,あなた方の意見は残念ながら少数派だから。
いろいろな議題,主題をまぜこぜで選挙するので,
安倍自民党のここはいいけど,ここは他のところがいい,というのがあるだろうけど,結局はそれらを丸めて,四捨五入して選んでいるわけだから。

民主主義のルールに従って政権を選んだら自分たちの望む結果と違ってきたからって,それを民主主義のせいにしたらダメざんしょ。じゃ,共産党一党独裁にしたいっていうんでしょうかね?

【11640】卑怯者
 あぶさん  - 14/11/18(火) 10:03 -

引用なし
パスワード
   閲覧者氏の書き込みですが,
自分が応えられないからといって,
他人の姿勢のせいにする卑怯な言動に至りました。

「♯26228 のレスを見て良く解る事は、

海のYeah さんの論は、他人のレスに単なる“難癖と屁理屈”によって嫌がらせをしているに過ぎません。

他人のレスの一部を切り取って、その文意を時には矮小化し、時には曲解し、自分に都合の良いように持論を展開しているだけです。

「民主主義の旗手」を標榜しているアメリカが、その実態は決してバラ色の国では無かったことなど、貴方ほど博識で無い私でも知って居るつもりです。

其れは兎も角、海のYeah さんは、博識で、識見豊かで、森羅万象の事象に通じて、いらっしゃいますので、私如き下司下郎の無知を以ってしては、底意地の悪い嫌がらせに勝てる物では有りませんので、素直に兜を脱ぎます。

今後ともその嫌味な底意地の悪さを以って、他人の投稿に難癖、イエ間違いました「ご教導」を垂れ賜らむ事を、切望致します。」

海のYeah氏の指摘を「嫌がらせ」と規定し,揶揄さえ行っている。

海のYeah氏の次の言葉をじっくり吟味してほしいものだ。
「一番嫌うのは偏見や思い込みで適当なことを言って他を否定する行為です。」

【11641】活気ナッシング
 tomyk  - 14/11/18(火) 17:33 -

引用なし
パスワード
   ▼あぶさんさん:
こんばんわです。

仕事の忙しさもあって本家は最近は眺めてるだけです。
だって内容など見当たらないですから。

海のyeahさんや忍者悟さん、沈黙の朱夏さんが書きこんでるのを見るとどれどれとよく読むくらいですね。

政局が動いたことで俄かに騒がしくなりましたがなんだかなぁ。
団扇観劇SMバーで大騒ぎして国会を空転させてた野党が解散を批判するのはお門違いですよね。

それに乗っかってカビの生えた論や無知を曝け出してるのを見ると「駄目だこりゃ」感がヒシヒシと伝わってきますよ。

【11644】Re:活気ナッシング
 かっくるなかしま  - 14/11/19(水) 10:27 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼あぶさんさん:

こんにちは。

>仕事の忙しさもあって本家は最近は眺めてるだけです。
>だって内容など見当たらないですから。

腹ほど口某っていなくなりましたよね。

戦わずして勝つ( ̄▽ ̄)b

>海のyeahさんや忍者悟さん、沈黙の朱夏さんが書きこんでるのを見るとどれどれとよく読むくらいですね。

異質な論者が投稿しないと、盛り上がりません( ̄▽ ̄)b

>政局が動いたことで俄かに騒がしくなりましたがなんだかなぁ。
>団扇観劇SMバーで大騒ぎして国会を空転させてた野党が解散を批判するのはお門違いですよね。

政局が動いてきて、おいらはモチベーション回復っす。

野党の解散批判は、負け犬の遠吠えです。

政策論で自民党を押していたはずの維新・江田共同代表が、大義がないなんて言ってるのを聴くと、支持はしていてもかなり情けないトホホな話。

アベはよ辞めろを唱えるなら、解散なら喜ぶべきなのです( ̄ー ̄)b

臨戦態勢を取らず、温くやっているから、逆襲されて慌てふためく。

安倍首相の声明を受けての野党の反応を見ると、

腰が据わっているのは共産党だけです( ̄▽ ̄)b

>それに乗っかってカビの生えた論や無知を曝け出してるのを見ると「駄目だこりゃ」感がヒシヒシと伝わってきますよ。

消費税増税延期の解散なので、

再増税を延期したい安倍さんに、安倍さんに反対する人達がどう反対するのか見ものです。

私は、そもそもアベノミクスには大賛成なので、また、短期日での再増税には反対だったので、

今回の解散はウェルカムです( ̄▽ ̄)b

ではまた。

【11646】Re:活気ナッシング
 あぶさん  - 14/11/19(水) 18:38 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
▼tomykさん:


こんばんは。

>>仕事の忙しさもあって本家は最近は眺めてるだけです。
>>だって内容など見当たらないですから。

同じくです。
まったく魅力を感じてませんでした。

>腹ほど口某っていなくなりましたよね。
>
>戦わずして勝つ( ̄▽ ̄)b

選挙になったら「はらはら」氏が出てきましたね(^^;

>>海のyeahさんや忍者悟さん、沈黙の朱夏さんが書きこんでるのを見るとどれどれとよく読むくらいですね。
>
>異質な論者が投稿しないと、盛り上がりません( ̄▽ ̄)b

そうなんですよ。異論が出ないと全然面白くないです。

>>政局が動いたことで俄かに騒がしくなりましたがなんだかなぁ。
>>団扇観劇SMバーで大騒ぎして国会を空転させてた野党が解散を批判するのはお門違いですよね。
>
>政局が動いてきて、おいらはモチベーション回復っす。
>
>野党の解散批判は、負け犬の遠吠えです。
>
>政策論で自民党を押していたはずの維新・江田共同代表が、大義がないなんて言ってるのを聴くと、支持はしていてもかなり情けないトホホな話。

みんなの党,結いの党,維新の会,生活の党などの第3極勢力は,根っこの部分がしっかりしていないだけに続くかなっていう思いがありましたが,やはり「みんなの党」がなくなるようですね。
社民党も危ないけど,沖縄では議席を得るでしょうね。

>アベはよ辞めろを唱えるなら、解散なら喜ぶべきなのです( ̄ー ̄)b
>
>臨戦態勢を取らず、温くやっているから、逆襲されて慌てふためく。
>
>安倍首相の声明を受けての野党の反応を見ると、
>
>腰が据わっているのは共産党だけです( ̄▽ ̄)b
>
>>それに乗っかってカビの生えた論や無知を曝け出してるのを見ると「駄目だこりゃ」感がヒシヒシと伝わってきますよ。

世直しと大差なくなってきましたねぇ。
もうちょっと理論的に政権批判する論客がいないと堕ちていくばかりです。

>消費税増税延期の解散なので、
>
>再増税を延期したい安倍さんに、安倍さんに反対する人達がどう反対するのか見ものです。
>
>私は、そもそもアベノミクスには大賛成なので、また、短期日での再増税には反対だったので、
>
>今回の解散はウェルカムです( ̄▽ ̄)b
>
>ではまた。

今後も楽しみです。
それにしても,閲覧者氏の失礼な言動は何だろう(まだ言うか(^^;
失礼いたしました。

【11684】選挙の結果に不満があるなら
 tomyk  - 14/12/20(土) 9:04 -

引用なし
パスワード
   一昨日に降った雪で二日間エライ目にあいました。
二日で4時間も寝れませんでした。ヒャッハー。
今日は休みなのでぐっすりと7時間寝れました。
布団最高。

久しぶりに老人党というか、選挙の結果に不満がある人たちへの評論。

低投票率の批判に関しては、安倍政権に不満を持つ人たちが出す常套句ですが、批判を出す連中の自業自得でしょう。

久米宏が陰謀論を出したが、12月に行われた選挙は過去にもあるので問題外。

マスコミの報道と言えばうんざりするようなものばかり。
曰く、選挙資金に何百億円だの選挙の意義だの目くらましだの。
野党側、反安倍政権の知識人も同様。

こんなの一般の人からすれば「ええ加減にせいや」となる。

逆に言えば選挙に行って貰えるように出来なかったのだろうが。
彼らの言でいえば、投票率を上げれば安倍政権を転覆できたのだから。

政策で言えば老人党の主張に沿えば最も近親の政党は共産党だったのだが、どっちと付かずの腰が引けた状況ではそら不満もあるだろうが。

後、敗れた方もそうだが、建前は分かったから目的と手段を提示してなかった。

安倍首相は明確だった。

これも要因じゃないか。

2009年の民主党勝利のときのほうがまだ分かりやすかった。
大風呂敷で実効性に疑問があったから胡散臭いとは思ってましたが。

結局甘えが根底にあるんじゃないのか?
ギャンギャン吠えれば分かってくれると思い込んでるのならどうしようもないけど。

【11685】Re:選挙の結果に不満があるなら
 かっくるなかしま  - 14/12/20(土) 13:54 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

こんにちは。

>一昨日に降った雪で二日間エライ目にあいました。
>二日で4時間も寝れませんでした。ヒャッハー。
>今日は休みなのでぐっすりと7時間寝れました。
>布団最高。

それはどうもお疲れ様でしたm(__)m
名古屋城の雪厚化粧、あまり目にしたことがないっす。
ttp://ww
.chunichi.co.jp/s/article/2014121890081536.html

東京は冷え込みがきついですが雪降らず。
ー     雪が降っても江戸城の天守閣はないんで、雪化粧はないっす(>_<)
ー     普段の備えがないんで東京は積雪5cmで交通機関がマヒします(^^ゞ

>久しぶりに老人党というか、選挙の結果に不満がある人たちへの評論。

閑散としてますけどね(^^ゞ

民主党も共産党も議席を増やしているんだから喜べばいいのに(笑

>低投票率の批判に関しては、安倍政権に不満を持つ人たちが出す常套句ですが、批判を出す連中の自業自得でしょう。

で、選挙に行かなかった有権者は、例の如く《愚民》なんだそうです(笑

はっきり言って、冷戦終了(東側崩壊)で、社共を感覚的に支持していた中間層が騙されていたことに気づいて無党派化したのが、一つの大きな原因です。

自業自得でしょう( ̄▽ ̄)b

>久米宏が陰謀論を出したが、12月に行われた選挙は過去にもあるので問題外。

年末の忙しい時に、ですか。

前回の衆院選も今時でしたし、むしろそう思っているのは自民党支持層の商店街の人達ですよ(笑
ー   新橋駅前でサラリーマンのおっさん達に聞いたって意味がない。

>マスコミの報道と言えばうんざりするようなものばかり。
>曰く、選挙資金に何百億円だの選挙の意義だの目くらましだの。
>野党側、反安倍政権の知識人も同様。

どう見てもメディアの報道は、全体的に与党批判の傾向でしたから( ̄▽ ̄)b

公示前後の党首討論で、安倍さんが《党首力》の格の違いを見せつけて、勝負ありでしたが。

>こんなの一般の人からすれば「ええ加減にせいや」となる。

単純な話、メディアの逆が正しい( ̄▽ ̄)b

>逆に言えば選挙に行って貰えるように出来なかったのだろうが。
>彼らの言でいえば、投票率を上げれば安倍政権を転覆できたのだから。

自民党をボロクソに貶そうとも、その自民党より魅力がないというのが野党ですから( ̄▽ ̄)b

>政策で言えば老人党の主張に沿えば最も近親の政党は共産党だったのだが、どっちと付かずの腰が引けた状況ではそら不満もあるだろうが。

共産党支持の意見と不支持の意見が対立していて笑えました。

老人党は、投稿の傾向として共産党劣勢ですが、

最も伸びたのが共産党( ̄▽ ̄)b

>後、敗れた方もそうだが、建前は分かったから目的と手段を提示してなかった。

そうそう、例により非自民に投票を、みたいな感じ。

で、共産も維新も駄目だみたいになって、要は、民主、生活、社民に入れろってことなんでしょうが、

生活は土壇場で維新と民主に議員の移籍があったり、

そもそも生活も社民も遥かに共産党未満のプレゼンスに下がっているし、

じゃあ民主党は、と言えば、解散直前まで、

消費税増税賛成なわけです( ̄▽ ̄)b

今回、議席を回復した民主党の北海道にせよ東海にせよ、

北海道は公共投資、東海は円安で、もろにアベノミクスの恩恵を受けているところで笑えました。

>安倍首相は明確だった。
>これも要因じゃないか。

政策と勝負度胸、党首力の三拍子が揃っていた。

全てなかったのが民主党。

政策のアンチカラーを明確にできていたのが共産党。

地域限定ながら党首力で持ち堪えたのが維新。

そう観ています。

>2009年の民主党勝利のときのほうがまだ分かりやすかった。
>大風呂敷で実効性に疑問があったから胡散臭いとは思ってましたが。

沖縄でのルーピーの過剰なリップサービスが躓きのもとでした。
ー    過剰な期待が剥落して、沖縄は本土vs沖縄の感情的な対立の坩堝に。沖縄での保守分裂がそれを物語る。罪なことです。

>結局甘えが根底にあるんじゃないのか?
>ギャンギャン吠えれば分かってくれると思い込んでるのならどうしようもないけど。

民主党政権の失敗は、政治的中間層にとっての第二のトラウマでしょう。

容易に解消されるものではなく、それは安倍自民党の大勝の三連勝に現れています。
ー    大勝した次の選挙で与党が苦戦するという過去の経験則が通用しなくなった。

ギャンギャン吠えて、非自民や反自民を唱えればなんとかなる、という状況ではもはやない。

通用しないものに延々とすがり続けるのはまさに、甘えです。

では(^-^)/

-------------------

【11686】Re:選挙の結果に不満があるなら
 tomyk  - 14/12/20(土) 16:23 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
こんにちはです。

>それはどうもお疲れ様でしたm(__)m
>名古屋城の雪厚化粧、あまり目にしたことがないっす。
>ttp://ww
>.chunichi.co.jp/s/article/2014121890081536.html
>
>東京は冷え込みがきついですが雪降らず。
>ー     雪が降っても江戸城の天守閣はないんで、雪化粧はないっす(>_<)
>ー     普段の備えがないんで東京は積雪5cmで交通機関がマヒします(^^ゞ

名古屋も似たようなものですよ。
乗用車のスタッドレス装着率が、近在に岐阜県があるのに低いですからねぇ。
自分も履いてないですが(笑)
高速道路が麻痺したのが痛かったですねぇ。
中部国際空港のある常滑市から、舟木一夫の出身地である一宮市まで2時間以上かかりました。
それも混雑必至の名古屋市を大きく迂回してです。

>閑散としてますけどね(^^ゞ

してますねぇ(笑)
「20歳の若造だけど聞きたいことがある」スレッドで上から目線が一杯でしたねぇ。

>民主党も共産党も議席を増やしているんだから喜べばいいのに(笑

2009年よもう一度なんでしょう。
政権を盗る以外目的が無いのじゃないかと。
典型的な手段が目的となってる例。

>で、選挙に行かなかった有権者は、例の如く《愚民》なんだそうです(笑
>
>はっきり言って、冷戦終了(東側崩壊)で、社共を感覚的に支持していた中間層が騙されていたことに気づいて無党派化したのが、一つの大きな原因です。
>
>自業自得でしょう( ̄▽ ̄)b

また「俺が正しい」なんですよね。
彼らからしてみれば、みすみす安倍政権の継続に「手を貸してしまった」と見做してると思います。
だから共感が得られないんだけど。

>>久米宏が陰謀論を出したが、12月に行われた選挙は過去にもあるので問題外。
>
>年末の忙しい時に、ですか。
>
>前回の衆院選も今時でしたし、むしろそう思っているのは自民党支持層の商店街の人達ですよ(笑
>ー   新橋駅前でサラリーマンのおっさん達に聞いたって意味がない。

第三十二回、第三十三回、第四十六回衆議院選挙と今回が12月投票の選挙ですね。
選挙と投票、国政への意識を変えないと投票率は増えないんじゃないでしょうかね。

自分は参政権を得てから市議会選挙を一回忘れただけです。

>どう見てもメディアの報道は、全体的に与党批判の傾向でしたから( ̄▽ ̄)b

与党批判ばかりでした。
早朝の時間にNHKラジオを聴いてますが、ラジオに出た評論家で今回の解散を冷静に分析した人は自分が聞いた限りでは一人だけでした。

つボイノリオはリスナーからのお便りという手法で安倍政権批判をしてましたしね。

>公示前後の党首討論で、安倍さんが《党首力》の格の違いを見せつけて、勝負ありでしたが。

結果が物語ってますね。
海江田元代表がかわいそうになってきます。
国会中継での質問を知ってるから落選おめでとうございますと言いますがね(笑)

>>こんなの一般の人からすれば「ええ加減にせいや」となる。
>
>単純な話、メディアの逆が正しい( ̄▽ ̄)b

正しいですねぇ。
朝日新聞の捏造問題で何処も学んでないんでしょうかね?

>自民党をボロクソに貶そうとも、その自民党より魅力がないというのが野党ですから( ̄▽ ̄)b

思えば団扇問題と観劇問題が出た頃が絶頂だったのかもしれません。

>共産党支持の意見と不支持の意見が対立していて笑えました。
>
>老人党は、投稿の傾向として共産党劣勢ですが、
>
>最も伸びたのが共産党( ̄▽ ̄)b

護憲が信条なのに共産党を排除するのは、やはり学生運動世代が蔓延ってるからでしょうかね。

>そうそう、例により非自民に投票を、みたいな感じ。
>
>で、共産も維新も駄目だみたいになって、要は、民主、生活、社民に入れろってことなんでしょうが、
>
>生活は土壇場で維新と民主に議員の移籍があったり、
>
>そもそも生活も社民も遥かに共産党未満のプレゼンスに下がっているし、
>
>じゃあ民主党は、と言えば、解散直前まで、
>
>消費税増税賛成なわけです( ̄▽ ̄)b
>
>今回、議席を回復した民主党の北海道にせよ東海にせよ、
>
>北海道は公共投資、東海は円安で、もろにアベノミクスの恩恵を受けているところで笑えました。

前回落選した赤松議員が小選挙区で当選しましたし。
なんだろう、この状況(笑)

>政策と勝負度胸、党首力の三拍子が揃っていた。
>
>全てなかったのが民主党。
>
>政策のアンチカラーを明確にできていたのが共産党。
>
>地域限定ながら党首力で持ち堪えたのが維新。
>
>そう観ています。

同感。

>沖縄でのルーピーの過剰なリップサービスが躓きのもとでした。
>ー    過剰な期待が剥落して、沖縄は本土vs沖縄の感情的な対立の坩堝に。沖縄での保守分裂がそれを物語る。罪なことです。

沖縄の混乱は大きな罪ですよね。
ルーピー政権の最も重い罪です。

>>結局甘えが根底にあるんじゃないのか?
>>ギャンギャン吠えれば分かってくれると思い込んでるのならどうしようもないけど。
>
>民主党政権の失敗は、政治的中間層にとっての第二のトラウマでしょう。
>
>容易に解消されるものではなく、それは安倍自民党の大勝の三連勝に現れています。
>ー    大勝した次の選挙で与党が苦戦するという過去の経験則が通用しなくなった。
>
>ギャンギャン吠えて、非自民や反自民を唱えればなんとかなる、という状況ではもはやない。
>
>通用しないものに延々とすがり続けるのはまさに、甘えです。
>
>では(^-^)/

民主党の失態が大きすぎたと国民は思っていますから。
熱心な支持層だけじゃないですかね。
無党派層でも民主党には入れないんじゃないかと。

では。

【11690】Re:選挙の結果に不満があるなら
 こっかん  - 14/12/21(日) 20:42 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼かっくるなかしまさん:
こんにちはです。

>>それはどうもお疲れ様でしたm(__)m
>>名古屋城の雪厚化粧、あまり目にしたことがないっす。
>>ttp://ww
>>.chunichi.co.jp/s/article/2014121890081536.html
>>
>>東京は冷え込みがきついですが雪降らず。
>>ー     雪が降っても江戸城の天守閣はないんで、雪化粧はないっす(>_<)

江戸城天守再建運動には、署名いたしましたd(^_^o)
しかし、無い袖は振れないので寄附はしてません。

>>ー     普段の備えがないんで東京は積雪5cmで交通機関がマヒします(^^ゞ
>
>名古屋も似たようなものですよ。
>乗用車のスタッドレス装着率が、近在に岐阜県があるのに低いですからねぇ。
>自分も履いてないですが(笑)

当方も履いてません~_~;

>高速道路が麻痺したのが痛かったですねぇ。

名古屋高速と東名阪が使えない…

>中部国際空港のある常滑市から、舟木一夫の出身地である一宮市まで2時間以上かかりました。
>それも混雑必至の名古屋市を大きく迂回してです。
>
>>閑散としてますけどね(^^ゞ
>
>してますねぇ(笑)
>「20歳の若造だけど聞きたいことがある」スレッドで上から目線が一杯でしたねぇ。
>
>>民主党も共産党も議席を増やしているんだから喜べばいいのに(笑
>
>2009年よもう一度なんでしょう。
>政権を盗る以外目的が無いのじゃないかと。
>典型的な手段が目的となってる例。
>
>>で、選挙に行かなかった有権者は、例の如く《愚民》なんだそうです(笑
>>
>>はっきり言って、冷戦終了(東側崩壊)で、社共を感覚的に支持していた中間層が騙されていたことに気づいて無党派化したのが、一つの大きな原因です。
>>
>>自業自得でしょう( ̄▽ ̄)b
>
>また「俺が正しい」なんですよね。
>彼らからしてみれば、みすみす安倍政権の継続に「手を貸してしまった」と見做してると思います。
>だから共感が得られないんだけど。
>
>>>久米宏が陰謀論を出したが、12月に行われた選挙は過去にもあるので問題外。
>>
>>年末の忙しい時に、ですか。
>>
>>前回の衆院選も今時でしたし、むしろそう思っているのは自民党支持層の商店街の人達ですよ(笑
>>ー   新橋駅前でサラリーマンのおっさん達に聞いたって意味がない。
>
>第三十二回、第三十三回、第四十六回衆議院選挙と今回が12月投票の選挙ですね。
>選挙と投票、国政への意識を変えないと投票率は増えないんじゃないでしょうかね。
>
>自分は参政権を得てから市議会選挙を一回忘れただけです。
>
>>どう見てもメディアの報道は、全体的に与党批判の傾向でしたから( ̄▽ ̄)b
>
>与党批判ばかりでした。
>早朝の時間にNHKラジオを聴いてますが、ラジオに出た評論家で今回の解散を冷静に分析した人は自分が聞いた限りでは一人だけでした。
>
>つボイノリオはリスナーからのお便りという手法で安倍政権批判をしてましたしね。
>
>>公示前後の党首討論で、安倍さんが《党首力》の格の違いを見せつけて、勝負ありでしたが。
>
>結果が物語ってますね。
>海江田元代表がかわいそうになってきます。
>国会中継での質問を知ってるから落選おめでとうございますと言いますがね(笑)
>
>>>こんなの一般の人からすれば「ええ加減にせいや」となる。
>>
>>単純な話、メディアの逆が正しい( ̄▽ ̄)b
>
>正しいですねぇ。
>朝日新聞の捏造問題で何処も学んでないんでしょうかね?
>
>>自民党をボロクソに貶そうとも、その自民党より魅力がないというのが野党ですから( ̄▽ ̄)b
>
>思えば団扇問題と観劇問題が出た頃が絶頂だったのかもしれません。
>
>>共産党支持の意見と不支持の意見が対立していて笑えました。
>>
>>老人党は、投稿の傾向として共産党劣勢ですが、
>>
>>最も伸びたのが共産党( ̄▽ ̄)b
>
>護憲が信条なのに共産党を排除するのは、やはり学生運動世代が蔓延ってるからでしょうかね。

民主党のマニフェストを読みますと
やや、無産主義・無政府主義(アナーキズム)に原点回帰した感覚を覚えました…
共産主義と無政府主義は、相容れない。

>>そうそう、例により非自民に投票を、みたいな感じ。
>>
>>で、共産も維新も駄目だみたいになって、要は、民主、生活、社民に入れろってことなんでしょうが、
>>
>>生活は土壇場で維新と民主に議員の移籍があったり、
>>
>>そもそも生活も社民も遥かに共産党未満のプレゼンスに下がっているし、
>>
>>じゃあ民主党は、と言えば、解散直前まで、
>>
>>消費税増税賛成なわけです( ̄▽ ̄)b
>>
>>今回、議席を回復した民主党の北海道にせよ東海にせよ、
>>
>>北海道は公共投資、東海は円安で、もろにアベノミクスの恩恵を受けているところで笑えました。
>
>前回落選した赤松議員が小選挙区で当選しましたし。
>なんだろう、この状況(笑)

大企業や一部を儲けさせるな!
格差拡大!と言う論調と労働組合(連合)との感覚が理解できないです。
非正規労働者の多くは、労働組合とは関係ないですからね…

>>政策と勝負度胸、党首力の三拍子が揃っていた。
>>
>>全てなかったのが民主党。
>>
>>政策のアンチカラーを明確にできていたのが共産党。
>>
>>地域限定ながら党首力で持ち堪えたのが維新。
>>
>>そう観ています。
>
>同感。

同感です。

>>沖縄でのルーピーの過剰なリップサービスが躓きのもとでした。
>>ー    過剰な期待が剥落して、沖縄は本土vs沖縄の感情的な対立の坩堝に。沖縄での保守分裂がそれを物語る。罪なことです。
>
>沖縄の混乱は大きな罪ですよね。
>ルーピー政権の最も重い罪です。
>
>>>結局甘えが根底にあるんじゃないのか?
>>>ギャンギャン吠えれば分かってくれると思い込んでるのならどうしようもないけど。
>>
>>民主党政権の失敗は、政治的中間層にとっての第二のトラウマでしょう。
>>
>>容易に解消されるものではなく、それは安倍自民党の大勝の三連勝に現れています。
>>ー    大勝した次の選挙で与党が苦戦するという過去の経験則が通用しなくなった。
>>
>>ギャンギャン吠えて、非自民や反自民を唱えればなんとかなる、という状況ではもはやない。
>>
>>通用しないものに延々とすがり続けるのはまさに、甘えです。
>>
>>では(^-^)/
>
>民主党の失態が大きすぎたと国民は思っていますから。
>熱心な支持層だけじゃないですかね。
>無党派層でも民主党には入れないんじゃないかと。
>
>では。

本家は、アナーキズムっぽい感じがします。

【11692】鹿島史観現る…
 こっかん  - 14/12/23(火) 9:01 -

引用なし
パスワード
   藤田アサコ氏の歴史認識に対する違和感

> 私はその後、鹿島昇先生(故人:弁護士)の著書「裏切られた三人の天皇」(公立図書館にあります)を読み、近代国家として始まった明治以降、注1【この150年の間の日本の歴史教育】が、誤ったまま引き継がれて、注2【海外との歴史認識のズレ】を放置している事実を、忸怩たる思いで過ごしております。

注1【この150年の間の日本の歴史教育】

どのような歴史教育を指しているのか?不明…

少なからず、戦後の歴史教育では、言わずもがな自虐史観が主流。
いわゆる「従軍慰安婦」の記載も普通にある。

注2【海外との歴史認識のズレ】

鹿島借地史観が、海外?では著名なのか?不思議だ。

> この誤った歴史認識に対する海外からの批判を、快く思わない安倍総理は、相手国に対して武力でも対応できる戦争体制を作るために、改憲しようと推し進めている訳ですね。

どういう解釈なんだろう…
海外?=中韓?
誤った歴史認識と改憲との論理の飛躍。

> 鹿島昇先生が命がけで調べになった歴史は、
> 孝明天皇を殺したのは、岩倉具視の腹違いの妹(側室)の邸宅の新築祝いに来た孝明天皇を、厠の床下に隠れていた伊藤博文が忍者刀で殺害し、その後、大逆罪を隠し通すために、この事実知っているものを次々と殺し、睦仁天皇にすげ替えた大室寅之助は、明治天皇に仕立て上げられたものの、奇兵隊で寅之助の兄貴分だった伊藤博文や山縣有朋らのロボットとして、晩年まで自由がなかったこと。そして、伊藤博文はその大逆罪の露見を恐れて、強盗団のような仕掛けで日清戦争に突き進み、韓国や中国に取り返しの付かない大罪を犯してしまったことが記されています。

孝明天皇暗殺説は、安重根が伊藤博文を暗殺した動機の一つに記載されている風説ですね。

日清・日露戦争に関しては、戦後歴史教育において、あまり深く触れられていないのが現実。

鹿島史観に対して司馬史観で見ると、日清戦争は陸奥宗光と川上操六が主導していた。伊藤博文は、後戻り出来ない状況にあった。

> この真実を知らない多くの日本人は、韓国や中国から歴史認識のズレを指摘されても、「いつまでも従軍慰安婦や南京事件のことを持ち出して、ウンザリ」 と言います。安倍総理もその一人でしょう。伊藤博文らが作った間違った歴史認識なのです。間違った教科書で私たちは教育されてきたのですから仕方ありません。

いわゆる従軍慰安婦や南京事件が何で伊藤博文らが作った間違った歴史認識なのか?
時代錯誤も甚だしい。(韓国人か?)

それこそ誰でも首を傾げる間違った歴史認識を持った人物が、その思い込みでよくぞ他者を批判出来たものだ。

> 150年前の大逆罪は古い、過去の終わった話ではないと思うのです。卑怯な手法で仕掛けた日清戦争を、相手国は忘れてはいないのです。日本国民が真実を知って、相手国に真摯に詫びれば、友好は確実になるんだと思います。自分たちのやってきたことを覆い隠し、臭い物ににフタをしても、真の友好は構築されないと思います。

このような第一次抗日戦争と第二次抗日戦争をごちゃごちゃにしていては中国側にも相手にされないヽ(´o`;

> 「明治維新」の出発点のこの真実を、真実として受け止めて、もう一度明治から太平洋戦争までの歴史を眺めると、不可解な謎が解けて、目から鱗が飛び出します。

一体、明治維新以降の近代史の何をもってこういう解釈となるのか?が第三者には到底伝わらない。

仮に、孝明天皇が伊藤博文によって暗殺されたと仮定する。
それが事実?だとしても、安重根までもが知るところであるから、いずれにせよ伊藤は暗殺されただろう。

【11693】Re:鹿島史観現る…
 tomyk  - 14/12/24(水) 17:05 -

引用なし
パスワード
   ▼こっかんさん:
こんばんわです。

鹿島史観…不勉強なのか知りません…(笑)

ただ、藤田アサコ氏の書き込みは何と言うかMMRのようなこじつけに見えます。
(MMR:マガジン・ミステリー・リポートの略。週間少年マガジンに連載されていたトンでも漫画。ノストラダムスの大予言や宇宙人などの題材を扱ってた凄い漫画。現在は絶版、プレミアが付いてるかも。「な、なんだってー?!」でおなじみか)

根本にあるのは性善説のようですが、単純に「これ知らないのは愚民」ってことですよね。
まあ、未だ従軍慰安婦や南京大虐殺を取り上げる時点でどっちらけですが。

wikiで眺めても評価に困りますね。
日本が辿った文化の流れは何らかの海外からの影響は絶対受けているだろうし、孝明天皇の暗殺云々も何らかの証明があるのかどうか…

【11694】Re:鹿島史観現る…
 退役軍人 E-MAIL  - 14/12/24(水) 18:14 -

引用なし
パスワード
   tomykさん
こっかんさん

こんばんは。

▼tomykさん:
>▼こっかんさん:
>こんばんわです。
>
>鹿島史観…不勉強なのか知りません…(笑)
>
>ただ、藤田アサコ氏の書き込みは何と言うかMMRのようなこじつけに見えます。
>(MMR:マガジン・ミステリー・リポートの略。週間少年マガジンに連載されていたトンでも漫画。ノストラダムスの大予言や宇宙人などの題材を扱ってた凄い漫画。現在は絶版、プレミアが付いてるかも。「な、なんだってー?!」でおなじみか)
>
>根本にあるのは性善説のようですが、単純に「これ知らないのは愚民」ってことですよね。
>まあ、未だ従軍慰安婦や南京大虐殺を取り上げる時点でどっちらけですが。
>
>wikiで眺めても評価に困りますね。
>日本が辿った文化の流れは何らかの海外からの影響は絶対受けているだろうし、孝明天皇の暗殺云々も何らかの証明があるのかどうか…

私は、藤田アサコ女史と面識があります。
話すとなかなか面白い人ですよ。私とかっくるなかしまさんがもう一度会ってみようと思ったぐらいですから。

それで、二度ほど東京Type2オフタイ飯屋Versionでお会いしてます。

彼女のブログも拝見していたのですが。

孝明天皇暗殺説を開陳され始めたころから、ついていけなくて。

時系列の飛躍に関連というか、因果関係のの記述が薄いもので。
史実との関連が追えなくて、私の思考能力では理解に及びません。

最近はたまに覗く程度です。

【11695】Re:鹿島史観現る…
 こっかん  - 14/12/24(水) 20:32 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼退役軍人さん:
こんばんわです。
>鹿島史観…不勉強なのか知りません…(笑)

>ただ、藤田アサコ氏の書き込みは何と言うかMMRのようなこじつけに見えます。
>(MMR:マガジン・ミステリー・リポートの略。週間少年マガジンに連載されていたトンでも漫画。ノストラダムスの大予言や宇宙人などの題材を扱ってた凄い漫画。現在は絶版、プレミアが付いてるかも。「な、なんだってー?!」でおなじみか)

鹿島史観で一番有名なのは、「源義経が大陸に渡ってチンギスハーンと成り、元を建国した」だったような…
聞いたことはあると思います。

>根本にあるのは性善説のようですが、単純に「これ知らないのは愚民」ってことですよね。
>まあ、未だ従軍慰安婦や南京大虐殺を取り上げる時点でどっちらけですが。

>wikiで眺めても評価に困りますね。
>日本が辿った文化の流れは何らかの海外からの影響は絶対受けているだろうし、孝明天皇の暗殺云々も何らかの証明があるのかどうか…

著書に参考文献としての史料が掲示されていれば良いのですが…
安重根も「思い込み」と思われます。
歴史ロマンとして眺めるのは面白いかもしれませんが、それを史実としてゴリ押しするのは無理があると思います…

>私は、藤田アサコ女史と面識があります。
>話すとなかなか面白い人ですよ。
>私とかっくるなかしまさんがもう一度会ってみようと思ったぐらいですから。

>それで、二度ほど東京Type2オフタイ飯屋Versionでお会いしてます。

>彼女のブログも拝見していたのですが。

そうなんですか?
それは、韓国人などと決めつけて失礼いたしました。
伊藤博文にあまりに拘るから在日の方か?と…

>孝明天皇暗殺説を開陳され始めたころから、ついていけなくて。

>時系列の飛躍に関連というか、因果関係のの記述が薄いもので。
>史実との関連が追えなくて、私の思考能力では理解に及びません。

一人の著者に感化されてしまう人の典型的なパターンに嵌ってしまった感じがしますね。
歴史を観る場合には、それぞれの史観を比較作業することが必要だと常々思うわけですけど、藤田氏の投稿を読むと、尚一層感じます。

【11696】批判のロジックが、大正時代から変わって...
 こっかん  - 14/12/24(水) 22:04 -

引用なし
パスワード
   皆様、こんばんはです。

本家掲示板を傍観していて、当方が抱く違和感を考えていたのですが、ようやく、その違和感が整理出来そうです…

まず、一部の投稿者の方が、自論の中で持ち出す【庶民】。

この【庶民】とは、どのような環境・処遇・生活空間にある人たちのことを指し示すのだろうか?

例えば、今問題と成っている非正規労働の問題。

非正規労働者の大部分は、大手企業に関わっているところで勤務している人が大多数。(業界・業種によって異なるかもしれませんが…)

それでは、労働組合。

労働組合も大方「大手企業」(一部上場以上を指す?)の労組と公務員の労組が大所帯…

また、大手企業に限らず株式会社であれば、株価によって利益が左右される。

勿論、リーマンショック直後のように製造業が大幅に減益すればリストラ等で失業者は増加する。

労組としても企業が増益しなければ、ベースアップは不可能。

余談ですが、当方としては今や労組は正規雇用を守る組織と化していると観ています。

では個人の場合、現状の給与や稼ぎだけでは心許ないので株式投資・FX(次期主力戦闘機のことではございません)・先物となりますが、年収によって制限があります。
これ【庶民】のボーダーライン??

本家掲示板や今回の衆院選で見られる一部野党のアベノミクス批判の顕著な例から、「アベノミクス」を「資本主義」あるいは「新自由主義」と置き換えてみると、以前から共産主義や無政府主義が批判するロジックと全く同じであることがわかります。
つまり、アベノミクスで無くとも資本主義的経済政策であれば、なんでも当てはまるだろうと…。

次に【決めつけ】と【思い込み】の横行

養老孟司氏が記した「バカの壁」や
フランシス・ベーコンの「イドラ論」に回帰するところが多い。
ttp://ja.m.wikipedia.org/wiki/イドラ

・護憲が正当と既定
・相手を知識人や金持ちと既定
・右翼を戦争是認者と既定

【11698】Re:鹿島史観現る…
 かっくるなかしま  - 14/12/24(水) 22:16 -

引用なし
パスワード
   ▼こっかんさん:
▼tomykさん:
▼退役軍人さん:

こんばんは。

>>鹿島史観…不勉強なのか知りません…(笑)
>>ただ、藤田アサコ氏の書き込みは何と言うかMMRのようなこじつけに見えます。
>>(MMR:マガジン・ミステリー・リポートの略。週間少年マガジンに連載されていたトンでも漫画。ノストラダムスの大予言や宇宙人などの題材を扱ってた凄い漫画。現在は絶版、プレミアが付いてるかも。「な、なんだってー?!」でおなじみか)

古い( ̄▽ ̄)b

私はもっと古くて、小学1年の頃、リアルタイムで明日のジョー/巨人の星で、

当時でも、我こそは南朝天皇、みたいな特集があったのを覚えています。

巻頭カラーで戦艦の図解とかも組まれてましたが(^^ゞ

>鹿島史観で一番有名なのは、「源義経が大陸に渡ってチンギスハーンと成り、元を建国した」だったような…
>聞いたことはあると思います。

そうですか。

私は中1の時に高木彬光の「ジンギスカンの秘密」で、それ知りました。
ー     神津恭介シリーズのベッドディテクティブ。

>>根本にあるのは性善説のようですが、単純に「これ知らないのは愚民」ってことですよね。
>>まあ、未だ従軍慰安婦や南京大虐殺を取り上げる時点でどっちらけですが。

その点だと、おいらは、愚民っす( ̄▽ ̄)b

>>wikiで眺めても評価に困りますね。

占領政策と敗戦トラウマと古代ロマンの交錯領域に、そういうのが、現れていると思います。
ー    騎馬民族征服説とか。

>>日本が辿った文化の流れは何らかの海外からの影響は絶対受けているだろうし、孝明天皇の暗殺云々も何らかの証明があるのかどうか…

>著書に参考文献としての史料が掲示されていれば良いのですが…
>安重根も「思い込み」と思われます。
>歴史ロマンとして眺めるのは面白いかもしれませんが、それを史実としてゴリ押しするのは無理があると思います…

歴史ロマン、それです( ̄▽ ̄)b

>>私は、藤田アサコ女史と面識があります。
>>話すとなかなか面白い人ですよ。
>>私とかっくるなかしまさんがもう一度会ってみようと思ったぐらいですから。
>>それで、二度ほど東京Type2オフタイ飯屋Versionでお会いしてます。
>>彼女のブログも拝見していたのですが。

>そうなんですか?
>それは、韓国人などと決めつけて失礼いたしました。
>伊藤博文にあまりに拘るから在日の方か?と…

藤田さんは郷土史家とも言える方でしたよ。薄っぺらくはなかったですよ。

>>孝明天皇暗殺説を開陳され始めたころから、ついていけなくて。
>>時系列の飛躍に関連というか、因果関係のの記述が薄いもので。
>>史実との関連が追えなくて、私の思考能力では理解に及びません。

う〜ん、郷土の水戸は、佐幕であり、尊王であり、

幕末〜維新については、私は未だ混乱していて、

大河ドラマも戦国時代でないとどうも落ち着きません(^^ゞ

>一人の著者に感化されてしまう人の典型的なパターンに嵌ってしまった感じがしますね。
>歴史を観る場合には、それぞれの史観を比較作業することが必要だと常々思うわけですけど、藤田氏の投稿を読むと、尚一層感じます。

西の天照に対する東の東照であり、西の平安(京)に対する東の穢土(江戸)ですから、

私見では東国で天皇が天皇となったのは、帝国が日清・日露で連勝し、その実力を知らしめたからです。
ー   長州でどうのこうのは、瑣末であると観ています。

終戦直後から戦後の逆コース(朝鮮戦争)に至る過程での、米国による情報戦略の一環と思いきや、

鹿島氏の著作ってほとんど1980年代?(@-@)

それだと戦後ネタの使い回しっぽい(^^ゞ
ー   平たく言えば、忘れた頃の二番煎じ(^^ゞ

では。

-------------------

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
62 / 210 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free