老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
56 / 211 ツリー ←次へ | 前へ→

【11839】安全保障を語るスレッドその15 tomyk 15/3/4(水) 22:45

【11854】Re:どういうことだ? tomyk 15/3/8(日) 18:07

【11854】Re:どういうことだ?
 tomyk  - 15/3/8(日) 18:07 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
こんばんわです。

>さすがSEALs出身ですね。
>
>傷が体の正面にしかない。
>襲撃された時に暴漢に背中を向けていないということ。
>
>徒手格闘(マーシャルアーツ)の訓練では、相手に背を向けないよう叩き込まれます。訓練で叩き込まれたようにしか動けないというか、反射的にそうしか動けない。
>
>これが致命傷にならなかった理由だと思います。

襲撃に咄嗟に反応したということですね。
でなければ…

>SEALsに情報将校はいません。
>作戦立案の幕僚士官はいますがそれもSEALs士官出身の現役経験者だけです。

教えていただいてありがとうございます。

>SEALsに情報収集や脅威評価、あるいは情報確認や精査などの「頭と目、それに耳」は存在しません。鉄槌を下すための「手と足」だけです。

なるほど。

>それにSEALsでどのような任務に就いていたか。あるいはどのような作戦に参加していたかは、「棺桶まで持っていく」守秘義務があります。大使の公開されている経歴でも、SEALs隊員であった。イラク戦争従軍した。この二点だけしか公開されていません。

秘匿性の高い任務が多いわけですね。
ウェット・ワークも…げふんげふん。

>両刃にとぎだした果物ナイフとのこと。
>それと、カッターナイフ。

何か用意周到なのか、中途半端なのか判断に迷いますね。
凶器から見れば発作的な破壊衝動だったということですかね。

>>とっさに庇った左腕を貫通したということはかなりやばかったということでしょうか。
>>顔の傷も相当深いですから危険だったのは間違いありません。
>
>大使が元SEALs隊員でなかったら死亡していたと思います。
>
>>映像では大使は足早に歩いて車に退避してる映像も見られました。
>
>とても冷静で落ち着いた行動でした。
>普通の人なら、出血や痛みによるショックで歩ける状態ではなかったと思います。
>
>>それをカメラが追う状況なのは護衛は何をしていたのか。
>>普通の次の襲撃を予想しませんか?
>>
>>何とも杜撰な面が強調されます。
>
>少なくとも、VIP警護を専門とする護衛は周囲にいなかったようです。
>
>映像を何度も見ましたが
>周囲にそれらしい人物は確認できませんでした。

大使の周辺に「盾」たる護衛がいなかった理由はなんでしょうか。
完全に油断していたとしかいえませんね。
友好国のレセプションなら安心だというのか。
逆に護衛は韓国側が準備していたというのでしょうか。

>今後は、変わるでしょうが。

変わらないと問題ですよね。
アメリカ側の護衛がいなかった、もしくはいたというのなら犯行を許してしまった理由。
韓国側の護衛がいなかった、もしくはいたのなら犯行を許してしまった理由。

車に退避する大使をカメラが密接に追いかけていたことも、要人護衛としては大きな失点です。
カメラマンに扮した襲撃者だったらリッパード大使はまた襲われていたわけですし。

要人護衛の悪いケースとして記録されますね。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
56 / 211 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free