老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
64 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→

【11839】安全保障を語るスレッドその15 tomyk 15/3/4(水) 22:45

【11911】Re:こりゃあ危ない。 退役軍人 15/4/17(金) 0:07
【11914】小康状態 退役軍人 15/4/24(金) 12:18

【11911】Re:こりゃあ危ない。
 退役軍人  - 15/4/17(金) 0:07 -

引用なし
パスワード
   自己レスです。

朝日新聞DIGITALから引用

ttp://ww.asahi.com/articles/ASH4J23X6H4JUHBI005.html?iref=comtop_list_int_n01

>「ウクライナにロシア軍いない」 プーチン氏、生放送で


>ロシアのプーチン大統領は16日、視聴者らからの質問に直接答える生放送のテレビ番組に出演。ウクライナ問題で、「ウクライナ領内にはロシア軍部隊はいない」と明言した。欧米諸国は、ウクライナ東部の親ロ派武装勢力にロシア軍が加わっていると批判しているが、これを否定した。

嘘つけ(笑.......

んじゃ、xxxxx駐屯地の狙撃師団はどこへ行ったんだよ。
yyyyy駐屯地の戦車師団はどこへ。?
ZZZZZ軍港の水陸両用戦旅団は。

欧米諸国の非難は政治的なブラフなどではありません。

現地のリソースなどによる確認により事実として非難している。

少なくとも一個軍団規模(八個師団)が国境沿いのロシア領内に展開しているようですが。

シギント情報の分析により、少なくとも二か所の師団指揮所が武装勢力の支配地域(ウクライナ領)に設営されて運用されているようです。

> プーチン氏は、ロシアとウクライナが戦争する可能性については「不可能だと考えている」と答えた。

今のところでしょ。
準備が整い、ウクライナ軍が挑発にのれば開戦のシナリオでしょうが。

> 一方で、「ウクライナの現政権は自らの手でドンバス(ウクライナ東部)を切り離している」と指摘。ウクライナが東部を見捨てて、復興に取り組まないことが問題の根幹だという見方を示した。さらに、東部に自治権を与えるための憲法改革などに直ちに取り組む必要があるという考えを強調した。

それこそ「内政干渉」だろうに。

プーチンさんは本気みたいですねぇ。
ロシア系住民の「保護」とかを大義名分にしそう。
ウクライナ軍による虐殺からからロシア系住民を保護するとか。

いまのところ、ウクライナ軍というか、現ウクライナ政権は自重しているように見えます。

危ないなぁ。

【11914】小康状態
 退役軍人  - 15/4/24(金) 12:18 -

引用なし
パスワード
   CNN.COMから一部引用

ttp://ww.cnn.co.jp/business/35063657.html?tag=top;topStories

>欧米の経済制裁でロシアの損失額は約13兆円、首相明かす


>ロンドン(CNNMoney) ロシアのメドベージェフ首相は23日までに、ウクライナ危機に伴い欧米諸国などが発動した経済制裁でロシアが被る損失額は推定約1067億米ドルに相当することを明らかにした。

経済制裁がかなり効いてますねぇ。

2014年の名目GDP(IMF推計値) 1,857,460億ドル
2015年の名目GDP(IMF推測値) 1,176,000億ドル

今年のインフレ率は10%以上になると予測されています。

これを実質GDPに換算したらどうなるのかなぁ。

EUに対するエネルギー輸出は30%も落ち込んだそうだし、さらに原油価格の低迷で厳しそうです。

そういう状況を反映して税収が減り政府支出の削減を余儀なくされているそうな。

こういう状況とリンクしていると観ていますが。

ウクライナ国境沿いへの展開兵力をほぼ半分にしているという情報を得ています。真偽のほどは、別の情報源経由で確認中ですが間違いないようですね。

一個軍団の展開というのはロシア陸軍の伝統的梯団編成なのですが、国境を梯団編成で突破したら、いわゆる「電撃戦」で目的地域に到達するスピードが作戦の成否を分けます。軍団構成のなかで、この「電撃戦」の先鋒を担うのが四個A師団(戦車師団X2、機械化歩兵師団X2)となります。

脚注 A師団 最新の装備をもった最も戦闘能力の高い師団 ロシア陸軍はほかにB師団とC師団の三つにカテゴライズされています。

逆説的にいうとA師団は「最もカネがかかる師団」ということになりましょうか。

占領地域の掃討と予備兵力として二個B師団、その後の地域管理は二個C師団の役割です。

この編成がどう変わったかで「ロシアの意図」が読めるのですが。

もともと、一個軍団でも勝敗の帰趨はわからないだろうと観ていました。侵攻側の兵力が守備側の兵力を大きく上回らないと結果の予測は難しいのです。かてて、加えてウクライナ側は兵力のほぼすべてを守備戦に回せますので。

ロシアは侵攻戦に使える資金が枯渇していると観るべきなのかな。

戦線は小康状態というか、膠着状態と観て良いかと。

展開している四個師団のカテゴライズが判れば侵攻の意図があるのか、それとも放棄したのか判ります。

偵察衛星情報でほぼ特定できますが、そこまではなかなか情報が漏れてきませんねぇ。

引き続き情報収集に努めます。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
64 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free