老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
39 / 210 ツリー ←次へ | 前へ→

【12099】かっくるの千夜30冊スレ・その4 かっくるなかしま 15/6/30(火) 11:50
【12102】第72回・なだいなだ「民族という名の宗教」... かっくるなかしま 15/7/1(水) 18:20
【12652】第73回・吉野裕子「隠された神々〜古代信仰... かっくるなかしま 16/5/27(金) 11:00

【12099】かっくるの千夜30冊スレ・その4
 かっくるなかしま  - 15/6/30(火) 11:50 -

引用なし
パスワード
   前スレが埋まったので後続スレを立てます。

前スレはこちら(↓)。
ttp://roujintou.com/c-board33/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=10382;id=#10557
(かっくるの千夜30冊スレ・その3)

----------------

【12102】第72回・なだいなだ「民族という名の宗教...
 かっくるなかしま  - 15/7/1(水) 18:20 -

引用なし
パスワード
   後続スレッドの出だしということで、作法として今回は、

なだいなだ「民族という名の宗教」(↓)。
ttp://w
ww.iwanami.co.jp/.BOOKS/43/8/4302040.html
(なだいなだ、「民族という名の宗教〜人をまとめる原理・排除する原理」、岩波新書、1992/01)

本を読む時、伝える技術、構成、内容の3つに注目しながら読むようにしていますが、

同書は、「権威と権力」(1974)、「神、この人間的なもの」(2002)の三部作の真ん中に位置し、そのスタイル(伝える技術と構成)は前作「権威と権力」を踏襲しているから、端折って内容について言及することにしましょう。

その前に、著者のように無神論を公言する立場からすると、宗教なり神なりを、よく言えば歯切れよく、こうだ、と言えるのかもしれませんが、

結構、微妙ですね。

余談ですが自分の場合、観察すればするほどに、この世界は不思議に満ちていると思えてきているので、自然の造形の精妙さからは、むしろ、一から多・多から一的な《汎神論》に近づいて行っているし、精妙さの一端に秩序(調和、均整)を観る時、ピタゴラス教団っぽい原始宗教観的な感覚を覚える。
ー     ぶっちゃけ、不思議に満ちていると思っているので、《分かった》と言うには程遠い。

それと、同書の主題に関連するけれど、著者の指摘のように、確かに宗教には《人をまとめる原理》としての側面を持つけれど、

別種の側面が根源的にあって、それは必ずしも人(ヒト)に限らないだろうとも観ていて、

こうした《象》の振る舞い(↓)を観ると、原始的で根源的なものを垣間見るという感覚を強く覚えます。

ttp://w
ww.yukawanet.com/archives/4503651.html
(秒刊サンデー、象が死んだ仲間を弔いお葬式をしていると話題に、2013/07/24)

・・・

さて内容ですが、

ほとんど自分と同じ感想があるのを既に発見しているのでそれを示すと(↓)、

ttp://d.hatena.ne.jp/sunchan2004/touch/20050418
(徒然なる備忘録、同上、2005/04)

>> 以上の箇所から評者の疑問は明らかであろう。「人をまとめる原理」としての世界宗教と民族がフィクションであったとするならば、どうして「労働者」とか「部族を越えた人民」というものも同様にフィクションではないと言い切れるのか。

>> 著者は、それまで長い間争い合って来た集団を強引にまとめたのが民族という枠組みだと言った。しかし、評者には、この集団間の反目・相違点を強調しておきながら、国や部族という枠組みを越えた労働者なり人民なりが、どうして反目し合わないと言えるのか全く理解できない。

>> 一つの民族としてまとめられたエスニック・グループ間以上に、そこには反目・相違が存在しているのではなかったのか。社会主義が多くの植民地国を独立させてきたと言うが、それは著者の定義での民族が持った国民意識(ナショナリズム)とて同じ作用を及ぼしたのではなかったのか。

>> 「チトーは社会主義のというよりも、ナショナリズムのシンボルだったのか」「チトーのカリスマ性が、ユーゴスラビアというフィクションを信じさせていたのだね」(118頁)と言っている箇所からして、著者も同じ考えを持っていることは明らかだ。にもかかわらず、すぐその直後で「もし社会主義体制があと二〇年続いていたら、ユーゴは一つの国になっていたかもしれないね」(同上)と言う理由が自分には全く理解できない。

>> 国民国家について、そしてナショナリズムについてもっと勉強したいという思いを強く刺激された書ではあったが、この程度の社会主義擁護では、「批判的精神としての社会主義の復権」(カバー解説)に賛同する者などほとんどいないであろうし、社会主義者の自慰的な論理としかみなされないだろう。

かっくる   「ま〜、そんなところでしょうね。以上」

さくら    「以上? おしまい?」

焼き鳥    「丸投げの手抜きだ、アホー♪」

かっくる   「う〜ん、民族自立のところで、松岡正剛氏が千夜1000冊で取り上げたいとしていた《ケストナー》の児童文学の話が5行出てくるよ」

さくら    「枝葉末節?」

かっくる   「う〜ん、血の信仰のところでコンラート・ローレンツの《攻撃》の話が3行あるね( ̄▽ ̄)b」

焼き鳥    「マニア談義か、アホー♪」

かっくる   「著者は宗教的ナショナリズムを嫌っているから、「民族という名の宗教」なんだろうけど、より適切には、「国民国家という名の近代のフィクション」、でしょう。国民国家の形成では、社会主義もその役割を担ったし、民族を宗教と呼ぶなら社会主義も宗教だよ。社会主義を擁護しようとするから、話が錯綜してしまう。それを上記の評者さんは指摘しているから、言うことがなくなるんだよ( ̄▽ ̄)b」

さくら    「じゃあ、取り上げる意味は? 取り敢えずの作法?」

焼き鳥    「取り敢えず第100回の区切りを目指している、と観ます」

かっくる   「(ぎく) ま〜、それもあるけれど(汗、 今、現在進行形で目撃しているのはまさに、土壇場のEUでしょ。言うなれば、「欧州共同体という名の現代のフィクション」が試されている」

さくら    「時事との関連では、集団と集団をまとめる原理との関係を再考する意義はあるだろうと? 捨てるに惜しいという社会主義の価値は?」

かっくる   「最初は欧州の国内の労働問題が始まりだから、社会主義も現実の政策論としての意義を備えていたが、その後の社会主義は、国際共産主義運動としての国家間イデオロギー闘争であったから、それは捨てられて当然のことでしょう。マクロ経済政策の労働再分配の狭いカテでイキ、政治運動としては過去の遺物」

さくら    「戦争を抑止する平和運動としての社会主義の意義はどうでしょう?」

かっくる   「はっきり指摘しておきましょう。戦争の素地は、対立する陣営の国民の心理に文化的距離、倫理的距離、社会的距離が造り出されることで助長されるとすると」

焼き鳥    「平たく言えば、それぞれの距離に端的にどこに現れ易いかと言えば、文化であれば民族、倫理であれば宗教ですね」

さくら    「焼き鳥に聞いてないよ」

焼き鳥    「アホー♪」

かっくる   「そして、社会的距離は、典型的には《階級闘争》だよ。だから、戦争を助長する社会主義の負の側面を軽く観るのは誤りであって、民族と宗教に言及し、その危うさを説くと言うことであれば、(社会主義に観られた)思想の危うさも並行して説くのが、《バランス感覚》であるはず。」

さくら    「焼き鳥の串だけ見て、美味そうって想像してちゃ駄目なんだってことだよ、分かった? 焼き鳥」

焼き鳥    「焼き鳥に串は欠かせませんけどね」

さくら    「現在進行形で意味があること以外に、よい点は?」

かっくる   「よい点は、1992年という国際共産主義運動が破綻した時点で、その現実から多くの論者が逃避したのに対して、著者は逃げなかったこと。それから、言いっ放しで逃げるか、論者によっては転向して右派の論客を偽装したりしているが、著者は、そのあとがきにあるように、自身を含めて彼らが推奨した社会主義にシンパシーを抱いた読者や聴衆を《ケア》していること。ここは臨床医の経験ならではかな。この二つ。それと最もよい点があるとすると・・」

さくら    「最もよい点?(@_@)」

かっくる   「対話方式だよ。こういうやり方がこうして成り立っていられるのも、なださんのおかげだよ」

さくら    「とても不思議な因果ですね。それと焼き鳥がいなかったかもしれないと思うと・・」

焼き鳥    「全員一緒だ、アホー♪」

----------------

【12652】第73回・吉野裕子「隠された神々〜古代信...
 かっくるなかしま  - 16/5/27(金) 11:00 -

引用なし
パスワード
   第73回は、吉野裕子「隠された神々〜古代信仰と陰陽五行」です(↓)。

ttp://w
ww.kawade.co.jp/np/isbn/9784309413303/
(「隠された神々〜古代信仰と陰陽五行」、吉野裕子、河出文庫、2014/11)

時事である伊勢志摩サミットとオバマ大統領の広島訪問と関連してきます。

伊勢と広島?

牽強付会っぽくて(笑、おそらくはそうではないと思っています。

・・・

超かっ飛ばすと、

まずは上記の「隠された神々」での、古代信仰というのは、日輪信仰/自然暦での《東西》の信仰のラインです。そして、陰陽五行は、二元論/天地人の縦軸ですが、そのz軸が水平のy軸に変換されて、《南北》の信仰のラインが形成されている。そしてその二つの信仰のラインが、重なっていることもあって見えにくいので、それを隠された神々と著者が形容している。

そういう話です。

第一章の日本古代の神々が東西の信仰、第二章の大君は神にしませばが南北の信仰の説明に相当し、第三章の伊勢に隠された神々、第四章の大嘗祭でまつられる神が、それぞれ著者の仮説に基づく民俗学的考証に相当しています。

・・・

著者が伊勢を考証に充てていたことは記憶の底にありましたが、

広島から著作、従って伊勢を想起したのは、こちらの記事に依ります(↓)。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00010003-bfj-soci
(Yahoo!/バズフィード、「なぜ慰霊碑の向こうに原爆ドームが見えるのか? 世界的巨匠が託した思い」、2016/05/26)

巨匠とは建築家の故・丹下健三氏、その丹下氏がどのように広島記念公園を構想し設計したのかが、そこに記されていますが、

そもそもなぜだろう?という論者の疑問があり、
>> なぜ、慰霊碑の先に原爆ドームが見えるのか。

広島記念公園の造形がどのようなものかという実態があります(↓)。
>> すべては設計に込められた、丹下の思想だ。川を挟んで北限に原爆ドームがある。丹下案は、北の点に原爆ドームをとり、南に向かって一本の線を引く。その線を軸として、慰霊碑や広場を配置し、東西に平和記念資料館など一群の建築物を配置するというものだ。

奇しくも南北ラインと東西ラインによってそれは造形されている。

陰陽五行での南北ラインは、囲碁に見られるように世界の《生成》であり、日輪信仰/自然暦にに見られるように東西ラインは《再生》を意味しています。

丹下氏の発想のもとがどうなっているかは分かりませんが、

偶然的でありながら必然的でもある、そのように観ています。(私見)

そして、

原爆ドームは世界文化遺産登録されていますが、その基準はこちら(↓)に拠り、

URL省略。
(Wiki、原爆ドーム、世界文化遺産登録基準)
>> (6)顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。
>> 基準(6)のみの適用で登録されているのは例外的なケースだが、比較的歴史の浅い負の世界遺産にはしばしば見られる傾向である。

歴史が浅い故に、負の遺産とも形容されていますが、基準(6)での現存する伝統・思想・信仰との関わりにおいて、遡れば〜3世紀(日輪/自然暦)、〜6世紀(陰陽五行)のそれらが反映されていると見做すのであれば、

歴史が浅い故の負の遺産、とはならないのであろうと観ています。
ー    生死と祈念とが交錯する場であるが故に、潜在意識下の民族の記憶が示現したのかもしれない、という捉え方もできるのではなかろうかと想像。

----------------

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
39 / 210 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free