老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
55 / 220 ツリー ←次へ | 前へ→

【12176】老人党からその76 かっくるなかしま 15/8/10(月) 20:46

【12186】Re:戦場の現実 tomyk 15/8/14(金) 16:11
【12189】Re:安保法制と戦時体験 かっくるなかしま 15/8/15(土) 22:14
【12190】Re:安保法制と戦時体験 退役軍人 15/8/15(土) 23:41

【12186】Re:戦場の現実
 tomyk  - 15/8/14(金) 16:11 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼かっくるなかしまさん
▼風の旅人さん
こんにちはです。

確かに思い出したくないものもあるでしょう。
語ってることが全てでは無いでしょうし。

だが柳沢のたんたん氏のように戦争体験を特権のように振りかざすのは筋違いです。

サヨクはその辺を勘違いしてる。

そう言えばサバゲーやったのはずいぶんと前です。
雑木林の中を走る体力はあの頃はあったなぁ。
今は多分駄目です(笑)

退役軍人さんのご紹介の漫画、一気に読んでしまいました。
amazonで全巻ポチリました。
しかし、まさか最初はアホ毛の天然JKだったゆみちゃんがあんなことに…

【12189】Re:安保法制と戦時体験
 かっくるなかしま  - 15/8/15(土) 22:14 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼退役軍人さん:
▼風の旅人さん:

こんにちは。

▼風の旅人さん:

お久しぶりです(^-^)/

>> 「戦争体験者」の方々はだいぶお年なので、話を聞いてくれる相手がほしいのです。何でもですが、経験していない人がさも知っているように話そうとすると「盛る」しかない。話が冗長になる。要点がわからなくなる。それなのかなと思いました。

ご指摘の通りであろうかと。

お年寄りを相手に頷いて聞く、といういことで済ませられますし、普段はそうしていますが、また、女性が相手の場合、大概は意見ではなく同意を求めているのだと理解して対処しますが(笑

一方、政治系の議論掲示板となると、見解の相違や反論がつきものなので、戦争体験に限らず、相手に話を聞いてもらう、というシチュエーションとしては、老人や女性には不向きなのだろうと思っています。

▼退役軍人さん:

私の拙文でのリアリティについてのくだりが、越え難い断崖を容易に越えられるかのような印象を喚起したとすると、(経験者にしか分からない領域への越境) それは本意ではありませんので、発言の背景・文脈についての論及の不足につき、お詫び申し上げますm(__)m

・・・

>確かに思い出したくないものもあるでしょう。
>語ってることが全てでは無いでしょうし。
>だが柳沢のたんたん氏のように戦争体験を特権のように振りかざすのは筋違いです。
>サヨクはその辺を勘違いしてる。

戦争経験、戦場経験といった表現を採ると論旨が見えにくくなると思うので、《戦時体験》と言い換えておいた上で、

ある種の社会的な同調現象(空気)として、何が問題視されるかというと、これら(↓)でしょう。

ttp://w
ww.asahi.com/sp/articles/ASH7S6G3KH7SPTFC01L.html
(朝日、安保法制「絶対に廃案にして」 瀬戸内寂聴さん訴え、2015/07/25)
>>> 「最近の国の状態を見ていると再び戦争が起こりそうな不安がある。死ぬまで、戦争をしてはいけないと叫び続けていきたい。どの小説、随筆にも戦争反対の思いがあり、それを書くために生きてきたと思います」とあいさつ。その後、報道陣から法案について問われ、「若い人たちは戦争の恐ろしさを知らない。戦争で生き残った人たちが教えるべきだと思う。広島、長崎は世界で二つだけ原爆の被害を受けている。特に若い人たちは、被爆者の方々に被爆者の方々のお話をもっともっと聞いてほしい」と語った。

ttp://sp.mainichi.jp/auth/check_cookie_set.php?url=%2Farea%2Fsaitama%2Fnews%2F20150813ddlk11040128000c.html
(戦争体験談:熊谷の俳人・金子さん、安保法案阻止も訴え/埼玉、2015/08/13)
>>> 「憲法9条にとって今は危機的状況。自分のような経験者の話を聴き、役に立ててもらって戦争をぜひ阻止してほしい」と発言した。その上で「戦時中の女性は受け身で穏やかだったが、今の女性は非常にハッキリと発言している」と印象を語り、戦時中に活躍した女性俳人・藤木清子氏に言及。藤木氏が、すべての歯をそろえて健康だった青年の戦死を詠んだ句「戦死せり 32枚の 歯をそろへ」を紹介し、「戦争の残酷さを表した作品」と解説した。

彼ら彼女らの体験は、否定しませんが、(否定しがたいものであるけれど)

彼ら彼女らの《判断》は、私は否定します。

戦時体験者の話を聞けば、党派性のしがらみはなくとも、戦争についてはおしなべて否定的であるはずだ、とみて間違いないでしょう。
ー   戦時体験者に限らずとも。戦争に反対だというのは常識的意見。

ただし、一部の戦時体験者が、

戦争に反対である、だから、安保法制に反対であると飛躍させるのは、

詐術的なレトリックであると観ています。

  【意見】(仮説) = 【事実】 x 【推論】    ← 帰納的推論
               ↓      ↑
             戦時体験   欠落   
               ↓
    安保法制反対 = 戦争反対  
         ???
 
どこの誰も、「安保法制はよい、従って戦争はよい」という主張をしていないが、

彼女ら彼らは、「戦争はよくない、従って、安保法制はよくない」という主張(対偶命題)をでっち上げているわけです。

その上で、更に、今や戦時体験の《ない側》に属する主要メディアが、戦時体験とリンクさせたプロパガンダを流布する、

そうした言論(世論)の二重構造にあると観ています。

彼女ら彼らのような一部の戦時体験者の意見(判断)を、戦時体験者であるからという理由で看過してはならないと観ますし、人(体験)と意見(判断)を切り分けた上で、戦時体験者であろうがなかろうが、誤った意見(判断)については、むしろ遠慮なく批判すべき時節/時間帯にあると思っています。

・・・

>そう言えばサバゲーやったのはずいぶんと前です。
>雑木林の中を走る体力はあの頃はあったなぁ。
>今は多分駄目です(笑)

風の旅人さん、若い、羨ましい(≧∇≦)b

短距離走って無酸素運動から有酸素運動に切り替わる当たりで、同じ自分の体かって思うくらいガクってきますよ、自転車でギヤがいきなりをローに入る感じ(>_<) 

>退役軍人さんのご紹介の漫画、一気に読んでしまいました。
>amazonで全巻ポチリました。
>しかし、まさか最初はアホ毛の天然JKだったゆみちゃんがあんなことに…

同じく一気に読みました。連続4コマなんでサクッと。

マリンコープスだとまずかったのか(笑

アホ毛キャラは好みですね(^^ゞ 

----------------

【12190】Re:安保法制と戦時体験
 退役軍人 E-MAIL  - 15/8/15(土) 23:41 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん
tomykさん
風の旅人さん

こんばんは。

<失礼大幅割愛>
>▼退役軍人さん:
>
>私の拙文でのリアリティについてのくだりが、越え難い断崖を容易に越えられるかのような印象を喚起したとすると、(経験者にしか分からない領域への越境) それは本意ではありませんので、発言の背景・文脈についての論及の不足につき、お詫び申し上げますm(__)m

お詫びの必要はありません。ご放念ください。
むしろ、超えてはならない境界を意識されたことに敬意を抱きました。

実は、リアリティ 1〜10まで書いたのですが、あまりに胸糞なので一つだけ残してあとは書きませんでした。

こういうのは、実際に体験していなくとも想像力の範囲をどこまで広げられるか。

この点に尽きると思います。

一人の兵士が戦死したという事実。

一人の兵士は、誰かの息子や娘であり、誰かの孫でもある。また、誰かの父親か母親であるかもしれない。だれかの恋人であるかもしれないし、誰かの夫か妻であるのかもしれない。

「マリンコ・ユミ」で、海兵隊ブートキャンプの卒業式の式辞に「海兵隊員はみな家族」という下りがありますよね。

危険な任務が多く、損耗率が高い軍種であればあるほど、この傾向は強くなります。

なぜかということですよね。

膝に倒れこんできた戦友が、息子だったら。?
娘だったら。? 孫だったら。?

誰よりも戦場を恐れているのは誰かという視点が欠落すると似非シールズみたいな主張になると思いますよ。

想像力というか、こういう現実を人としての関係性と有機的に接続させて考えることができない人たちでしょ。

自己中、ってだけのこと。

>彼ら彼女らの体験は、否定しませんが、(否定しがたいものであるけれど)
>
>彼ら彼女らの《判断》は、私は否定します。

私は否定するというより、考える価値すらないと考えています。

>ただし、一部の戦時体験者が、
>戦争に反対である、だから、安保法制に反対であると飛躍させるのは、
>詐術的なレトリックであると観ています。

御意。

>彼女ら彼らのような一部の戦時体験者の意見(判断)を、戦時体験者であるからという理由で看過してはならないと観ますし、人(体験)と意見(判断)を切り分けた上で、戦時体験者であろうがなかろうが、誤った意見(判断)については、むしろ遠慮なく批判すべき時節/時間帯にあると思っています。

御意。

>短距離走って無酸素運動から有酸素運動に切り替わる当たりで、同じ自分の体かって思うくらいガクってきますよ、自転車でギヤがいきなりをローに入る感じ(>_<) 

膝が壊れているので、走ることは出来ないのですが。

よくわかります。(笑
体験的に。

>>退役軍人さんのご紹介の漫画、一気に読んでしまいました。
>>amazonで全巻ポチリました。
>>しかし、まさか最初はアホ毛の天然JKだったゆみちゃんがあんなことに…
>
>同じく一気に読みました。連続4コマなんでサクッと。
>
>マリンコープスだとまずかったのか(笑
>
>アホ毛キャラは好みですね(^^ゞ 

結論として、すべてに凡庸な人材がいかに化けるかということですよ。

経験的に、最初にすごく優秀だった人間は化けません。

優秀である部分がリミットを定めてしまうのです。

凡庸ではあるが、率直で素直かつ努力を惜しまない人しか大成しないと思います。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
55 / 220 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free