老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
47 / 226 ツリー ←次へ | 前へ→

【12403】安全保障を語るスレッド・その 18 退役軍人 16/1/8(金) 11:59

【12990】Re:反基地派の攻勢? 退役軍人 16/12/17(土) 18:09
【12991】Re:反基地派の攻勢? かっくるなかしま 16/12/17(土) 22:25
【12992】米側の誠意と反対派の悪意 tomyk 16/12/18(日) 17:18
【12993】Re:米側の誠意と反対派の悪意 かっくるなかしま 16/12/19(月) 14:11

【12990】Re:反基地派の攻勢?
 退役軍人  - 16/12/17(土) 18:09 -

引用なし
パスワード
   tomykさん
かっくるなかしまさん

こんにちは。

<失礼一部割愛>
>>私は不時着大破で書き込みました(笑
>不時着ですよねぇ(笑)

接触事故で飛行能力と制御の一部を失ってから約30Km飛んでます。

危険を伴う市街地上空を超えて普天間へ向かう選択肢を捨てて、衝撃が少ない海上への不時着を選択し、しかも救助がしやすい沿岸部へ「不時着」したのです。

凄い判断だと思いますよ。
しかも乗員二名の軽傷で済んでいる。

大したもんだ。

>>a)居住地への墜落を免れる、b)搭乗隊員の重大な死傷を免れる、という点において、トラブル発生後の後処理はたいしたものだと思いましたが、

御意

>>技能・精神の両面において、さすが海兵隊だと思ってしまいましたが、
>>まずいっすか(^^;

海兵隊ですからね。

>沖縄駐留の米軍人へ色々徹底されていると思います。
>しかし、正直今の沖縄はさながら軍人にとっての敵地のようです。
>有事ミッションのための訓練で命をかけ、事故が起こればバシバシ叩かれる。
>
>海兵隊トップと会った沖縄県副知事の態度は喧嘩越し…というか、虚勢を張って非難してた雰囲気でした。
>その後の米軍側の将軍の会見で、将軍の怒りのテンションがマックスでしたから。
>相当副知事の物言いに腹立てたんでしょうね。
>
>逆にああいった親分なら、海兵隊員も頑張れるかもしれません。

あれは怒って当然の発言でした。

海兵隊の指揮官はみんなライフルマン(歩兵)ですからね。
頑張ると思いますよ。

>>トラブル発生は沖合い30km地点ですよね。コントロール仕切っていますよね。むしろ狙い通りにそこ(海岸からやや沖合い)に墜落させた、のでは(笑
>
>と、思います。
>早い段階で普天間への帰還を捨て、キャンプシュワブの方向に向かいいよいよと言うところでようやく乗員の無事を確保するようにしたとみます。

御意。
色々と情報を収集していますが。

そういう良い判断を裏付ける情報しか入ってこない。

>>巡航モードですよね、空中給油なのだから(笑
>>ヘリモード→巡航モードでの失速→墜落とは全く関係ない。
>欠陥ではありませんね。

>ちなみに空中給油は軍事飛行でもトップクラスの難事です。

特にMV-22の場合、プローブアンドドローグ方式ですからね。被給油機のパイロットに高い技量を要求します。

>>同時に、難易度の高い訓練での失敗はつきものだという事実の周知も必要でしょう、
>>
>>しょうがないでしょう、というものへの共通理解。
>>飛行機は理屈の上では墜落し得るものだ、とかも(笑
>
>そうなんですよね。
>あんな大きな鉄の塊が高い空を高速で飛び、遥か遠くまで飛んでいく。
>それを当たり前と思ってはだめではないでしょうか。

問題が生じるのは当たり前というか、所与のものですから。

問題が生じたときにどうすれば最善の対応ができるかが議論の主眼であるはず。

そういう意味からも、今回のパイロットの対応は賞賛されこそすれ非難の対象ではありえない。

>県知事が同盟国の軍事にも口を出しています。
>>>沖縄知事、オスプレイ全機撤去要請 防衛相と会談
>
>まあ、長い間平和が安い時代を生きていた人の反応でしょうが、常識がありませんや。

もう後がないから、そういう対応しかないのでしょうねぇ。

最高裁でも負けたし。

色々と姑息な手段で妨害に出るみたいですけど、粛々と司法判断でつぶせばよい。

だいたいが、一地方首長に国防につての権限なんて無いもの。

【12991】Re:反基地派の攻勢?
 かっくるなかしま  - 16/12/17(土) 22:25 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼tomykさん:

こんばんは。

><失礼一部割愛>
>>>私は不時着大破で書き込みました(笑
>>不時着ですよねぇ(笑)

>接触事故で飛行能力と制御の一部を失ってから約30Km飛んでます。
>危険を伴う市街地上空を超えて普天間へ向かう選択肢を捨てて、衝撃が少ない海上への不時着を選択し、しかも救助がしやすい沿岸部へ「不時着」したのです。

速やかにトリアージを判断できています。

決断力と意志でしょう、リスクを自ら請け負っている。

>凄い判断だと思いますよ。
>しかも乗員二名の軽傷で済んでいる。
>大したもんだ。

御意。

>>>a)居住地への墜落を免れる、b)搭乗隊員の重大な死傷を免れる、という点において、トラブル発生後の後処理はたいしたものだと思いましたが、

>御意

>>>技能・精神の両面において、さすが海兵隊だと思ってしまいましたが、
>>>まずいっすか(^^;

>海兵隊ですからね。

最悪とも言える状況が発生したらどうするか、

ゼロリスクでない以上、

リカバリーで評価されるべきものだと思っています。

>>沖縄駐留の米軍人へ色々徹底されていると思います。
>>しかし、正直今の沖縄はさながら軍人にとっての敵地のようです。
>>有事ミッションのための訓練で命をかけ、事故が起こればバシバシ叩かれる。
>>海兵隊トップと会った沖縄県副知事の態度は喧嘩越し…というか、虚勢を張って非難してた雰囲気でした。
>>その後の米軍側の将軍の会見で、将軍の怒りのテンションがマックスでしたから。
>>相当副知事の物言いに腹立てたんでしょうね。
>>逆にああいった親分なら、海兵隊員も頑張れるかもしれません。

>あれは怒って当然の発言でした。
>海兵隊の指揮官はみんなライフルマン(歩兵)ですからね。
>頑張ると思いますよ。

負傷者が出ていれば、その安否を気遣う、

住民の安否を気遣うのと同等の想像力であろうと思います。

ある種の常識が欠如しているのだろうと観ています。

>>>トラブル発生は沖合い30km地点ですよね。コントロール仕切っていますよね。むしろ狙い通りにそこ(海岸からやや沖合い)に墜落させた、のでは(笑
>>と、思います。
>>早い段階で普天間への帰還を捨て、キャンプシュワブの方向に向かいいよいよと言うところでようやく乗員の無事を確保するようにしたとみます。

>御意。
>色々と情報を収集していますが。
>そういう良い判断を裏付ける情報しか入ってこない。

安全性を論議するにせよ、

そもそも何が問われていたのか、それすら忘れている、

オルテガ・イ・ガゼットの文明の野蛮人という言葉を想起します。

>>>巡航モードですよね、空中給油なのだから(笑
>>>ヘリモード→巡航モードでの失速→墜落とは全く関係ない。
>>欠陥ではありませんね。
>>ちなみに空中給油は軍事飛行でもトップクラスの難事です。

>特にMV-22の場合、プローブアンドドローグ方式ですからね。被給油機のパイロットに高い技量を要求します。

なるほど。

>>>同時に、難易度の高い訓練での失敗はつきものだという事実の周知も必要でしょう、
>>>しょうがないでしょう、というものへの共通理解。
>>>飛行機は理屈の上では墜落し得るものだ、とかも(笑
>>そうなんですよね。
>>あんな大きな鉄の塊が高い空を高速で飛び、遥か遠くまで飛んでいく。
>>それを当たり前と思ってはだめではないでしょうか。

>問題が生じるのは当たり前というか、所与のものですから。
>問題が生じたときにどうすれば最善の対応ができるかが議論の主眼であるはず。

>そういう意味からも、今回のパイロットの対応は賞賛されこそすれ非難の対象ではありえない。

全くです。

福島フィフティに通底するものがあると観ています。

>>県知事が同盟国の軍事にも口を出しています。
>>>>沖縄知事、オスプレイ全機撤去要請 防衛相と会談
>>まあ、長い間平和が安い時代を生きていた人の反応でしょうが、常識がありませんや。

>もう後がないから、そういう対応しかないのでしょうねぇ。
>最高裁でも負けたし。

悪しき事態を歓迎するかの如き反応は、品性の下劣の露出に他ならないでしょう。観ていて恥ずかしい。

>色々と姑息な手段で妨害に出るみたいですけど、粛々と司法判断でつぶせばよい。

立憲主義とか笑わせる。

ゼロリスク思想であるなら、国内旅客数6位の那覇空港はどうするのだろう(´・ω・`)?

>だいたいが、一地方首長に国防につての権限なんて無いもの。

御意。

自治体の意見がストレートに通るなら、国内原発は続々と再稼働でしょう、ご都合主義、極まりない。

自治体と国の交渉力に差が大きいことは事実であるにせよ、真面目に是正しようとするつもりがあるなら、憲法の自治体条項は、改憲の対象です。

トランプ次期政権が中国に対して厳しく臨むなら、潜在的な台湾有事シナリオは、可能性が低くとも、従来よりは想定に収めておく必要があるとなるでしょう。

オスプレイは韓国におけるTHAADのようなものであり、

沖縄の県政の状況は、我が国においては例外的に不安定であり、喩えるなら韓国の国政のようなもの。

(中国の海洋進出と同期/並行している。)

トランプ新政権の逆ニクソン戦略に期待しますが、

同時に、緊急事態法制、共謀罪等の自助的な内部努力/法整備に期待します。

では。

--------

【12992】米側の誠意と反対派の悪意
 tomyk  - 16/12/18(日) 17:18 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
▼退役軍人さん:
こんばんわです。

オスプレイの事故から数日経ちました。

基地反対派は来週にも大規模抗議集会を計画しているようで、辺野古基地反対の勢いを付けたいようです。

ttp://ww
3.nhk.or.jp/news/html/20161217/k10010810781000.html
>オスプレイ事故受け22日に大規模抗議集会 沖縄

記事によれば団体は翁長知事へ参加を求めてるとか。
ちなみに同日には北部訓練所返還の記念式典がありますが、翁長知事はこちらには参加しないと表明しているとか。

興味深い。

事故を起こしたオスプレイの撤去作業も始まってます。

ttp://ww
.asahi.com/articles/ASJDJ4WQ7JDJTPOB003.html
>大破のオスプレイ、解体始まる 米軍が作業

報道陣、カメラはかなり近いところまで近づけているということから、米軍側がかなりの配慮を見せていることをうかがわせます。
何せ最新鋭、かつ今まで無い軍用機の装備であり、機密の塊であるだろう同機の解体作業。
それを隠さないという時点で米政府、米軍の誠意が伝わります。

しかし、逆に悪意でデマを流す人物が基地反対派にいます。

ttp://blog.esuteru.com/archives/20006746.html
はちま起稿

>放射脳「オスプレイにも放射性物資が積まれていた!!危険だ!!」→ 放射能マークを間違えていただけだった

こちらから見れば水中写真が撮影できる段階で米側が包み隠さない証拠と見ますが、何かの投下物に付いているバランスマーク(?)を核物質マークと勘違いし、訂正していない。
エンジンカッターで作業してる人たちが「白い防護服を着てるから放射能が!」言ってますが粉塵防護の作業着という理解をしていない。

まあ、露骨な「放射脳」のデマ拡散ですね。

ここまで来るといっそ清清しい…とは思え無いなぁ、やはり醜悪です。



【12993】Re:米側の誠意と反対派の悪意
 かっくるなかしま  - 16/12/19(月) 14:11 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼退役軍人さん:

こんにちは。

>オスプレイの事故から数日経ちました。

>基地反対派は来週にも大規模抗議集会を計画しているようで、辺野古基地反対の勢いを付けたいようです。
>ttp://ww
>3.nhk.or.jp/news/html/20161217/k10010810781000.html
>>オスプレイ事故受け22日に大規模抗議集会 沖縄
>記事によれば団体は翁長知事へ参加を求めてるとか。
>ちなみに同日には北部訓練所返還の記念式典がありますが、翁長知事はこちらには参加しないと表明しているとか。
>興味深い。

本日午後にオスプレイの飛行再開ですが(↓)、

ttp://w
ww3.nhk.or.jp/news/html/20161219/k10010811741000.html
(NHK、「オスプレイ、午後2時以降全面的に飛行再開へ」、2016/12/19/10:35)

事故原因が機体本体の異常ではなく(↓)、
>> これについて、アメリカ軍側は事故は機械的な問題ではないとして飛行再開を打診し、日本側と調整した結果、19日午後2時以降、全面的に飛行を再開させることを沖縄防衛局を通じて沖縄県に伝えました。

オペレーション上の問題であり(↓)、訓練上の問題の検討/対策は原因の究明によるので、
>> アメリカ軍は今回の事故について、空中給油機から給油を受ける訓練中、燃料を送るホースがプロペラの羽根に接触して羽根が損傷し、飛行が不安定になったとしていて、当面、空中給油は見合わせるとしています。

飛行再開/空中給油見送りという判断は、合理的でしょう。

・・・

>事故を起こしたオスプレイの撤去作業も始まってます。
>ttp://ww
>.asahi.com/articles/ASJDJ4WQ7JDJTPOB003.html
>>大破のオスプレイ、解体始まる 米軍が作業

>報道陣、カメラはかなり近いところまで近づけているということから、米軍側がかなりの配慮を見せていることをうかがわせます。
>何せ最新鋭、かつ今まで無い軍用機の装備であり、機密の塊であるだろう同機の解体作業。
>それを隠さないという時点で米政府、米軍の誠意が伝わります。

>しかし、逆に悪意でデマを流す人物が基地反対派にいます。

>ttp://blog.esuteru.com/archives/20006746.html
>はちま起稿
>>放射脳「オスプレイにも放射性物資が積まれていた!!危険だ!!」→ 放射能マークを間違えていただけだった

>こちらから見れば水中写真が撮影できる段階で米側が包み隠さない証拠と見ますが、何かの投下物に付いているバランスマーク(?)を核物質マークと勘違いし、訂正していない。
>エンジンカッターで作業してる人たちが「白い防護服を着てるから放射能が!」言ってますが粉塵防護の作業着という理解をしていない。
>まあ、露骨な「放射脳」のデマ拡散ですね。

阪神タイガース、吹いた(≧∇≦)b

>ここまで来るといっそ清清しい…とは思え無いなぁ、やはり醜悪です。

ある種の集団パニックでしょう、

ハロウィン前のこうした現象に似ています(↓)。

ttp://w
ww.afpbb.com/articles/-/3104044
(AFP、「全米に広がるピエロ騒動に政府も介入、ピエロ恐怖症との指摘も」、2016/10/12)

合理的に考えてのことであれば、民間旅客機にも規制が入るところでしょうが、

ttp://w
ww.naha-airport.co.jp/flight/area_info.html?period=6&area=40&mode=dep
(那覇空港国内旅客ターミナル、フライト情報)

特に運休はありません。(棒読み

リスクの特性がまるで違いますが、(にも拘らず)

オスプレイ=原発のような取り扱いなのであろうと。

携わっている人達の内面が外部に投影/露出されて、行動/言動が著しく非合理的。

--------

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
47 / 226 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free