老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
42 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→

【12529】金融・経済ウォッチスレ・その7 かっくるなかしま 16/3/25(金) 16:24

【12713】Re:ブレグジット(英国EU離脱)ショック( ... かっくるなかしま 16/6/24(金) 16:48
【12714】Re:ブレグジット(英国EU離脱)ショック( ... こっかん 16/6/25(土) 10:05
【12715】Re:ブレグジット(英国EU離脱)ショック( ... 退役軍人 16/6/25(土) 12:20
【12716】週明けからどうなるか tomyk 16/6/25(土) 21:50

【12713】Re:ブレグジット(英国EU離脱)ショック...
 かっくるなかしま  - 16/6/24(金) 16:48 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:

こんにちは。

>こんにちは、帰国準備で荷造り中です。
>今晩の夜行便でバンコックまで、明日の深夜便で日本までの予定で帰国します。
>なんとかなったかぁ、といつもの結果ですが。
>この結果を約束するからプロなんだし、仕事をくれる会社の期待でもあるから。
>自他ともに認めるプロであり続けるのは厳しいし難しい。

どうもお疲れ様でした。ご無事の帰国帰途、何よりです。

落ち着かれましたら、現地土産話を宜しくお願いします。

・・・

>>英国のEU離脱が確定( ゚д゚ )

>私の情報源の一つに、保険シンジケートと民間軍事会社が主な顧客の「リスク分析会社」があるのですが。
>かなり早い時点(二週間以上前)で「離脱決定不可避」と結論を出してました。

なんと( ゚д゚ )

自分はすっかりどんでん返しを喰らいました(^^ゞ

>英国EU離脱というシナリオでリスクの再分析を始めたと言ってましたから。
>半信半疑というか離脱は無いだろうと観ていましたけれど、「生命の危険」というリスク分析専門の会社は違うなと驚きとともに再評価しました。

保険と軍事という組み合わせだと、治安情勢に関係してくる分析ということになりますか。

>IRAの政治部門であるシン・フェン党に対する情報収集を強化したと言ってました。
>United Ireland構想(アイルランド共和国+北アイルランド)が力を持つだろうし、一旦は活動を鎮静化させることに成功したIRA暫定派の動向が読めないそうでして。

( ゚д゚ )

ご指摘を受けてみると仰る通りなのかと。

英国で北アイルランドは、EU加盟の恩恵が大きく、同じくEU加盟国であるアイルランドとは、往来自由で、経済的には事実上の一体化が進んでいましたから。

今後、EUと英国の交渉が進み、離脱とは言っても相互に実益を取りにゆくでしょう。

経済的関係が切れるわけではなく、ノルウェー型、スイス型、カナダ型等いずれかの自由貿易協定に着地させるでしょうが、

政治的には、スコットランドと北アイルランドは、より短い時間軸で独立を志向しておかしくないでしょう。
ー    欧州大陸では、EU懐疑派≒右派が勢いづくことも免れないないでしょう。

英国離脱の影響は、3) 実体経済より先に、1) 金融(特に為替)、2) 域内政局、に波及することでしょう。

>これで、英国が支払っていた負担金がEU歳入からなくなるのと、緩衝剤として機能していた英国へのEU農業補助金支出が無くなりますから。

仰る通り。出入りの差額で▲120億ポンドの英国拠出をEUは失います。

>経済の分野でフランスとドイツの対立が先鋭化すると観ています。

仰る通り。調整役としての英国を失うし、今後の英国の処遇でも。金融でもロンドンの替わりにパリかフランクフルトかでも。

>あとは、EU弱体化≒NATO弱体化につながると観ているのでロシアと中国の動向が注目です。

ロシアにとっては、EUの弱体化は付け入る機会になり得るでしょう。緩衝地域を囲い込み直すと発想してくる誘因になるでしょう。

ではまた。

ご無事のご帰国をお待ちしております。

----------------

【12714】Re:ブレグジット(英国EU離脱)ショック...
 こっかん  - 16/6/25(土) 10:05 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
▼退役軍人さん:

おはようございます。

>>こんにちは、帰国準備で荷造り中です。
>>今晩の夜行便でバンコックまで、明日の深夜便で日本までの予定で帰国します。
>>なんとかなったかぁ、といつもの結果ですが。
>>この結果を約束するからプロなんだし、仕事をくれる会社の期待でもあるから。
>>自他ともに認めるプロであり続けるのは厳しいし難しい。
>
>どうもお疲れ様でした。ご無事の帰国帰途、何よりです。
>
>落ち着かれましたら、現地土産話を宜しくお願いします。
>
>・・・
>
>>>英国のEU離脱が確定( ゚д゚ )
>
>>私の情報源の一つに、保険シンジケートと民間軍事会社が主な顧客の「リスク分析会社」があるのですが。
>>かなり早い時点(二週間以上前)で「離脱決定不可避」と結論を出してました。
>
>なんと( ゚д゚ )
>
>自分はすっかりどんでん返しを喰らいました(^^ゞ
>
>>英国EU離脱というシナリオでリスクの再分析を始めたと言ってましたから。
>>半信半疑というか離脱は無いだろうと観ていましたけれど、「生命の危険」というリスク分析専門の会社は違うなと驚きとともに再評価しました。
>
>保険と軍事という組み合わせだと、治安情勢に関係してくる分析ということになりますか。
>
>>IRAの政治部門であるシン・フェン党に対する情報収集を強化したと言ってました。
>>United Ireland構想(アイルランド共和国+北アイルランド)が力を持つだろうし、一旦は活動を鎮静化させることに成功したIRA暫定派の動向が読めないそうでして。
>
>( ゚д゚ )
>
>ご指摘を受けてみると仰る通りなのかと。
>
>英国で北アイルランドは、EU加盟の恩恵が大きく、同じくEU加盟国であるアイルランドとは、往来自由で、経済的には事実上の一体化が進んでいましたから。
>
>今後、EUと英国の交渉が進み、離脱とは言っても相互に実益を取りにゆくでしょう。
>
>経済的関係が切れるわけではなく、ノルウェー型、スイス型、カナダ型等いずれかの自由貿易協定に着地させるでしょうが、
>
>政治的には、スコットランドと北アイルランドは、より短い時間軸で独立を志向しておかしくないでしょう。
>ー    欧州大陸では、EU懐疑派≒右派が勢いづくことも免れないないでしょう。
>
>英国離脱の影響は、3) 実体経済より先に、1) 金融(特に為替)、2) 域内政局、に波及することでしょう。
>
>>これで、英国が支払っていた負担金がEU歳入からなくなるのと、緩衝剤として機能していた英国へのEU農業補助金支出が無くなりますから。
>
>仰る通り。出入りの差額で▲120億ポンドの英国拠出をEUは失います。

御意
御意です。
他の加盟国が分担して負担出来るのか?が疑問です。

>>経済の分野でフランスとドイツの対立が先鋭化すると観ています。
>
>仰る通り。調整役としての英国を失うし、今後の英国の処遇でも。金融でもロンドンの替わりにパリかフランクフルトかでも。
>
>>あとは、EU弱体化≒NATO弱体化につながると観ているのでロシアと中国の動向が注目です。

先のサミットでは、ユンケル首相もカメロン前首相も言われたくないことを日本政府に言われたのかなと…

EU離脱の次は、その負担金最多のドイツ経済の懸念です。
先のドイツ銀行のCOCO債(偶発転換社債)にドイツ銀行の対中国融資額約5兆円の内、約1兆円が焦げ付いているという話も懸念材料。
「ドイツ銀行 対中投資の不良債権化で1兆円超の純損失か」↓
ttp://ww.moneypost.jp/62120

>ロシアにとっては、EUの弱体化は付け入る機会になり得るでしょう。緩衝地域を囲い込み直すと発想してくる誘因になるでしょう。

ダーウィッシュは、ロシアに任せましたヽ(´o`;

【12715】Re:ブレグジット(英国EU離脱)ショック...
 退役軍人  - 16/6/25(土) 12:20 -

引用なし
パスワード
   こっかんさん
かっくるなかしまさん

おはようございます。
中継地のバンコックに到着いたしました。

今夜の深夜便なので、待ち時間が約19時間(涙.......
勝手知ったるタイなので、入国してタクシー飛ばしてダウンタウンのホテルに入りました。

朝飯に鶏出汁のタイ風おかゆを頂きました。
久々だったからかもしれませんが、超〜♪♪美味しかった。

これから、タイ古式マッサージに行ってから昼飯はなににするかなぁなんて考えています。

<失礼大幅割愛>
>>落ち着かれましたら、現地土産話を宜しくお願いします。

南北問題と東西問題の原点を見せつけられたような気がします。

>>保険と軍事という組み合わせだと、治安情勢に関係してくる分析ということになりますか。

民間軍事会社は危険度に応じた報酬を支払わないと人が集まりません。

リスクに見合った正当な対価を支払い人を集めるには、それなりの客観的なリスク分析と評価が必要不可欠なんですね。

それと、雇用者としての責任を訴訟により追求されることを回避する目的で「専門の保険シンジケート」と契約して「多額のプレミアム」を支払います。

これも、リスクに応じて算出されるので客観的な分析結果が必要不可欠となります。

最も高額だった時は地域にもよりますが、日額報酬3,000US$(邦貨約三十万円)とほぼ同額の保険プレミアムを支払っていました。

特殊部隊指揮官経験者などの最高ランクの場合ですが。

まぁ、並みの兵役経験者が入れる世界ではありませんが。
最低でも「レンジャー資格保有経験者」となります。

米軍出身者ならシールズかブラックベレー、または空軍特殊部隊、英軍出身者であればSASあるいはSBS、独軍ならGSG9、仏軍なら第十三準旅団(いわゆる外人部隊)か第五海兵団の斥候大隊などのそうそうたる部隊の出身者となります。

世界最高レベルの歩兵です。

人が足りなくて米海兵隊の威力偵察経験者も選考対象になっていた時期もありますが、損失が大きすぎて取りやめたようです。

少数ですが、自衛隊出身者もいました。
部隊名は避けますが、なるほどと思える部隊の出身者です。

保険もリスクを算出するための集団母数が大きければ、確率論的に想定の範囲に入るのでビジネスですが、このような特殊な場合はほぼギャンブルです。

>>( ゚д゚ )
>>
>>ご指摘を受けてみると仰る通りなのかと。
>>
>>英国で北アイルランドは、EU加盟の恩恵が大きく、同じくEU加盟国であるアイルランドとは、往来自由で、経済的には事実上の一体化が進んでいましたから。
>>
>>今後、EUと英国の交渉が進み、離脱とは言っても相互に実益を取りにゆくでしょう。
>>
>>経済的関係が切れるわけではなく、ノルウェー型、スイス型、カナダ型等いずれかの自由貿易協定に着地させるでしょうが、
>>
>>政治的には、スコットランドと北アイルランドは、より短い時間軸で独立を志向しておかしくないでしょう。
>>ー    欧州大陸では、EU懐疑派≒右派が勢いづくことも免れないないでしょう。

元ロンドン市長とか。(笑........

今回の国民投票は元ロンドン市長と現首相の政治的争いの側面もあると思いますよ。

民進党の阿呆議員が風刺画を持ち出して安倍批判に使っていましたが。

ここらあたりをきちんと観察出来ていればああいう無様な真似はしなくて済んだと思います。

>>仰る通り。出入りの差額で▲120億ポンドの英国拠出をEUは失います。
>
>御意
>御意です。
>他の加盟国が分担して負担出来るのか?が疑問です。

不可能だと思います。
フランスが大きな農業国であり続けられたのも「EU農業補助金」の恩恵があったからです。

「仏vs独」の争いは「農業国vs工業国」の争いと言っても良いかと。
これに、南欧問題と東欧問題が絡みますので、おそらく交渉という手段では「最適解」は見いだせないと観ています。

これね、見方を変えれば「南北問題+東西問題=ハイパー国家間格差問題」であろうかと。

ここで、忘れてならないのはネットバブルで辛酸をなめたアイルランド共和国の立ち位置と動向です。

アイルランドは基本的に農業国であるという点にあると思います。

>>>経済の分野でフランスとドイツの対立が先鋭化すると観ています。

こういう見方となった理由でもあります。

>>>あとは、EU弱体化≒NATO弱体化につながると観ているのでロシアと中国の動向が注目です。
>
>先のサミットでは、ユンケル首相もカメロン前首相も言われたくないことを日本政府に言われたのかなと…

安倍首相の慧眼を評価すべきだと思いますよ。
消費税の見送りで「先に手当している。」という点がすごいと思います。

時代が呼んだ首相なんですね。

我々は運が良い。

>>ロシアにとっては、EUの弱体化は付け入る機会になり得るでしょう。緩衝地域を囲い込み直すと発想してくる誘因になるでしょう。
>
>ダーウィッシュは、ロシアに任せましたヽ(´o`;

ロシアの「不凍港」に対する欲求と執念は半端じゃあないと思いますよ。

シリアのアサド政権に対する支援は地中海に唯一あるロシア海軍施設を失う訳にはいかないからです。

クリミアの併呑も黒海での露海軍のプレゼンス維持という軍事的側面からなら用意に説明がつきます。

ただ、黒海から地中海へ出るボスポラス海峡を支配しているのはNATOの一員であるトルコですから。

シリアの海軍施設を失うと地中海全体のプレゼンスを失うことになります。

これは、容認できないと思いますよ。

【12716】週明けからどうなるか
 tomyk  - 16/6/25(土) 21:50 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼こっかんさん
▼かっくるなかしまさん
こんばんわです。

イギリスの国民投票の結果でもろに相場で映影響が出た日本市場ですが、週明けがどうなるか…

欧州相場は混乱してる状況で回復にどれだけかかるか。

今回の影響でやはりキーはロシアでしょうか。
欧州からクリミア問題で距離を置いてる状況ですから。

後は中国ですかね。
AIIBに参加してる欧州の国は多いですから。

イギリスが正式にEUから離脱するには時間がかかると側聞してますが、これはEU側の混乱を限定したいという考えでしょうし。

ttp://mainichi.jp/articles/20160626/k00/00m/030/046000c
毎日新聞

>英に早期離脱交渉要求 独仏など結束確認

しかし、世界情勢が目まぐるしく変わっていきます。
こんな状況で政権担当能力が最悪だった旧民主党が政権にいなくて良かったのが救いでしょうか。

選挙とはいえアベノミクス失敗!しか言わない野党ではねぇ。
マスコミ不信も経験してる大半の有権者は感情だけの政治には流れませんって。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
42 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free