老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
42 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→

【12529】金融・経済ウォッチスレ・その7 かっくるなかしま 16/3/25(金) 16:24

【12958】米国、中国の「市場経済国」認定見送り、鉄... かっくるなかしま 16/11/24(木) 15:27
【12960】Re:米国、中国の「市場経済国」認定見送り... 退役軍人 16/11/25(金) 9:52
【12961】Re:米国、中国の「市場経済国」認定見送り... 退役軍人 16/11/25(金) 19:26
【12962】Re:米国、中国の「市場経済国」認定見送り... かっくるなかしま 16/11/25(金) 21:48
【12963】国防総省人事に注目 退役軍人 16/11/29(火) 12:41
【12964】運輸長官にイレーン・チャオ氏の方針 tomyk 16/11/30(水) 22:16
【12965】Re:運輸長官にイレーン・チャオ氏の方針 退役軍人 16/12/1(木) 0:07
【12966】Re:運輸長官にイレーン・チャオ氏の方針 tomyk 16/12/1(木) 23:41
【12967】Re:運輸長官にイレーン・チャオ氏の方針 かっくるなかしま 16/12/2(金) 12:30
【12976】トランプ氏顧問、米台関係に言及、中国の反... かっくるなかしま 16/12/7(水) 8:52

【12958】米国、中国の「市場経済国」認定見送り、...
 かっくるなかしま  - 16/11/24(木) 15:27 -

引用なし
パスワード
   日経からです。

h
ttp://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGM24H0T_U6A121C1MM0000/
(日経、「米、中国の「市場経済国」認定見送り、鉄鋼問題などで」、2016/11/24/11:01)

>> 米政府は23日、中国を世界貿易機関(WTO)協定上の「市場経済国」と認定しない方針を明らかにした。同協定では中国を「非市場経済国」と位置づけ、反ダンピング(不当廉売)などで厳しい条件を課している。

《コメント》
・ 米国(トランプ新政権)が、自国への製造業の回帰→雇用創出→中産階級の底上げを、実施するつもりがあるなら、財の取引を通じての雇用デフレの震源である中国との通商関係の見直しは、避けて通れないでしょう。

・ アンチダンピング課税という切り札を温存してきており、中国に対しては厳しい牽制をかけてきていると観ます。

・ オバマ政権は、貿易というツールを用いず、人権という価値で交渉しましたが、貿易交渉のほうが効果的/根本的です。

・ 1980年代の日米貿易摩擦を想起します。当時を振り返ると米国の要求は、横暴そのもの(笑 歴史は姿を変えて、類似のパターンを繰り返すのでしょう。

>> 条件は加盟15年の12月に見直すことになっているが、米国は中国の鉄鋼などのダンピングを厳しく批判しており、要件緩和を見送ることにした。市場経済国と認定すれば、反ダンピング関税などの措置がとりにくくなる。米国はトランプ次期政権でも中国に対抗措置を打ち出す可能性があり、米中の貿易摩擦がじわりと強まりそうだ。

《コメント》
・ 南シナ海の海上覇権を巡っては、現象として軍事的軋轢が見かけ後退し、貿易による圧力により、中国の野心を挫くという方向に向かうものと予想します。内需拡大要請により、貿易収支改善を求めると、中国の軍事支出は間接的に制約されます。(なぜ、そうした手段をこれまでとらなかったのか、ということにつき、米国民主党政権の怪しさを感じるところでもありました。)

・ 日米関係は、あまり変化なし、と観ています。米国新政権の優先順位付けとしては、地中海方面(イスラエル/パレスチナとシリア)と対テロ、そして、貿易の再交渉にあると思われるので。

・ アメリカファーストであるなら、矢面に立つのは、今回、汗をかくのは、地域大国から準超大国に半歩踏み出した中国とドイツ、準じて復活を企図したロシアではなかろうかと。

・ TPPやTTIPのような多国間貿易協定は、直接的な威嚇が通用せず、域内迂回も可能なので、早々と蹴飛ばしておいて、二国間協議に持ち込むということでしょう。先ずは来春のNAFTAの修正がどうなるか。

------------


------------

【12960】Re:米国、中国の「市場経済国」認定見送...
 退役軍人  - 16/11/25(金) 9:52 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん

トランプ氏関連で軍事筋に面白い動きがあるので情報収集中です。

精査して書ける情報だけにはなりますが。

ちと、お待ちください。

【12961】Re:米国、中国の「市場経済国」認定見送...
 退役軍人  - 16/11/25(金) 19:26 -

引用なし
パスワード
   さて、情報その一です。

常々、米海兵隊は。

「世界中どこへでも六時間で行く。」

と、豪語し標榜していました。
現実に非対称戦闘が主流となる時代まではその通りでした

ところが現在は、およそ二時間遅い。
つまり八時間程度を必要とする状況が続いてました。

これは、イラクやアフガンで高能力歩兵の人数が陸軍だけではカバーできなかったのを理由とします。本来なら、高地山岳戦を専門とする第十山岳師団や第七十五レンジャー連隊などの戦線なのですが。如何せん戦線長すぎで山は多すぎ。

これを、本来内陸の陸戦を専門としない海兵隊やグリーンサイドネイビー(海軍歩兵)に頼っていたわけで。

世界中どこでも「18時間以内に投入可能なレンジャー大隊」を持つ第七十五レンジャー連隊ですら、深刻な人員不足に陥っていると観ています。

編成の柔軟さという、緊急展開部隊に最も必要とされる特性すら維持できなくなっているようです。

つまり、槍の柄が細くなりすぎて槍の穂先が支えられなくなっているようですね。

これらは、軍事を軽視したオバマ政権の軍事政策を原因とします。

ちょっとした削減で「金額的に大きな数字が見込める。」、つまり補給支援部門や備蓄と整備部門の予算を減らしてたということかと。

軍部のオバマ政権に対する不信と不満はかなりのレベルまで行っているようです。

クーデター寸前は言い過ぎでしょうが。かなり深刻なところまで行ってます。

で、これらを再建するためのプログラムの策定準備が始まっているそうです。

【12962】Re:米国、中国の「市場経済国」認定見送...
 かっくるなかしま  - 16/11/25(金) 21:48 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:

こんばんは。

>トランプ氏関連で軍事筋に面白い動きがあるので情報収集中です。

>精査して書ける情報だけにはなりますが。

>ちと、お待ちください。

お差し支えなき範囲にて宜しくお願いしますm(__)m

よく分からなくなっているので(笑

公開情報から、トランプ政権の方向性を追っていて、

人脈や人事方面からネタを拾っています。

h
ttp://w
ww.newsweekjapan.jp/kawakami/2016/11/post-24_1.php
(ニューズウィーク、川上、「米国がイスラエルの右翼と一体化する日」、2016/11/19)
ー  トランプ家の人々。
ー  キーパーソンとの面識を得た安倍首相の訪米は成功なのであろうと。

h
ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/50247
(現代IS、「レーガン大統領元側近が断言、トランプでも日米同盟に変化なし 米国の最も重要な同盟国は日本です」、
ー  かつてのジャパンバッシャーのプレストウィッツ。
ー  憲法改正シナリオに向かいそうな気が。

・・・

ps
貿易での追加ですが、

軍事大国の途上国扱いというダブルスタンダードがシンクロして曲がり角を迎えているようです。
h
ttp://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFS24H43_U6A121C1PP8000/
(日経、「中国・メキシコなど「特恵関税」除外、財務省が発表」、2016/11/24)

>> 財務省は24日に開いた関税・外国為替等審議会(財務相の諮問機関)の分科会で、発展途上国からの輸入品の関税を優遇する「特恵関税」の対象国を見直すと発表した。新たな基準で、中国やメキシコなど5カ国が関税の減免対象から外れる。

>> 新たに「高中所得国に分類され、かつ輸出の世界シェアが1%以上」との基準を設けて19年度から適用する。新基準では中国やメキシコのほか、ブラジル、タイ、マレーシアが特恵関税の対象から外れる見通し。

------------

【12963】国防総省人事に注目
 退役軍人  - 16/11/29(火) 12:41 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん

おはようございます。

<失礼一部割愛>
>>トランプ氏関連で軍事筋に面白い動きがあるので情報収集中です。
>公開情報から、トランプ政権の方向性を追っていて、
>
>人脈や人事方面からネタを拾っています。

政権が交代するとワシントンの引っ越し屋さんは、超多忙になります。

今回のように民主党から共和党へ交代するとなおさらです。

おおよそ三千人の官僚が仕事を失います。
まぁ、大学教授として満を持していた「共和党支持のテクノクラート」が連邦政府の高官として職を得る。で、「民主党支持のテクノクラート」は大学などの教育機関とか、研究所など、あるいは実業界へ転身するのです。

こういう背景を理解していただいて、注目しているのは国防総省人事なんです。

まぁ、閣僚である国防長官は別として、実務畑の各軍の長官補がどうなるかで今後の方向性が見えると思います。

現在は。

海軍長官 レイ・ムイビス氏
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Ray_Mabus
ミシシッピ州知事・サウジアラビア大使を歴任した人ですね。
政治家⇒連邦政府公職という道を歩んできた人。もちろん民主党です。

陸軍長官 エリック・ファニング氏
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Eric_Fanning
この人、ゲイを公言している人なんですが。
実務派官僚とみなされていたけれど、オバマ大統領の時代に急速に頭角を現した人なんですよね。この人も民主党。

2013/4〜現在、つまり約三年という短い間に。
空軍長官補佐官⇒空軍長官補⇒国防長官首席補佐官⇒陸軍長官補⇒陸軍長官

おぉ、鯉の滝登りみたいな昇進ですよね。

空軍長官 デボラ・リー・ジェイムス女史
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Deborah_Lee_James
もともと、退役軍人局とか補給関連の公職についていたけれど、政権交代に伴って国防関連の民間企業と連邦公職を行ったり来たりした人。もちろん民主党です。

ここらの人事がどうなるかと。

新しく任命された各長官が長官補とか首席補佐官に誰を任命するか。

ここらを注目してます。

もともと、制服組の高官からは軍歴の無い国防省官僚を「フェザー・マーチャント」(羽毛商人)と陰口を叩くほどですからね。まぁ、退役後五年経過しないと国防省官僚にはなれませんが。

これらの制服組高官と信頼関係を築ける人材かどうか。

新たに任命されるであろう人の経歴に注目です。

【12964】運輸長官にイレーン・チャオ氏の方針
 tomyk  - 16/11/30(水) 22:16 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん
▼かっくるなかしまさん

こんばんわです。

オバマ政権下で米軍の兵站能力を落としていたとは。
だからIS相手に大規模作戦に踏み切れないでいたのかと思いましたが。

トランプ政権で面白い人事がありました。

ttp://jp.wsj.com/articles/SB10604864507425704319504582467021839196532
WSJより

>トランプ氏、運輸長官に元労働長官のチャオ氏起用

パパブッシュ、ブッシュ政権でどういう活躍をした人物かは存じませんが、略歴が面白い。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AA
ウィィペディア、イレーン・チャオ

>>1953年、台湾省の台北市で生まれた。父親の趙錫成は江蘇省嘉定(現在の上海市嘉定区)を祖籍とする外省人で、商船船長。若い頃は上海交通大学に学び、江沢民と同級生だった。母親は歴史学者の朱木蘭。台北の静心小学に入学したが、8歳の時に一家でアメリカ合衆国に移住、ニューヨークのロングアイランドに住んだ。

(中略)

>>1993年にはケンタッキー州選出共和党上院議員ミッチ・マコーネルと結婚、父と江沢民が同級生であるため結婚式には台湾だけでなく中華人民共和国の駐米代表多数が詰め掛けたという。

台湾出身ながら大陸とも接点があり、父君が江元主席と同級生とのこと。
習主席と江元主席には政治的に対立しているという話がよく聞かれます。

この辺りも含んだ人事なのか?

【12965】Re:運輸長官にイレーン・チャオ氏の方針
 退役軍人  - 16/12/1(木) 0:07 -

引用なし
パスワード
   tomykさん
かっくるなかしまさん

こんばんは。

▼tomykさん:
>▼退役軍人さん
>▼かっくるなかしまさん
>
>こんばんわです。
>
>オバマ政権下で米軍の兵站能力を落としていたとは。
>だからIS相手に大規模作戦に踏み切れないでいたのかと思いましたが。

IS相手の地上戦に踏み切らなかったのは正解だと思いますよ。

その能力も厳しいし。

兵站能力というよりも、アウトサイドステージングエリアと呼ばれる戦域事前集積所での備蓄量を減らしたのです。

これねぇ、かなりの費用削減になるんですよ。

クリントン氏が大統領だった時期に一度やって味を占めたと思います。

マシナリー・レジメント(整備連隊)所属だった友人が、上級曹長に昇進する寸前でこれをやられましてね。リストラ対象になっちまった。本人曰く「恨み骨髄」だそうな。

単純に解りやすく説明すると。
備蓄機材が半分になると管理要員は三分の一程度で間に合うようになります。

1). 備蓄品の調達を適正?備蓄となるまでしなくて済む。予算が浮く。
備蓄年限に達した物から順次廃棄されていきますから、適正備蓄となったら調達を再開すればよい。
2). 備蓄品の保管場所にかかる費用が少なくなる。
3). 管理要員や整備専門要員を減らせる。

一粒で三度美味しいというか、一石三鳥ぐらいの予算削減効果があるのです。

>トランプ政権で面白い人事がありました。
>
>ttp://jp.wsj.com/articles/SB10604864507425704319504582467021839196532
>WSJより
>
>>トランプ氏、運輸長官に元労働長官のチャオ氏起用
>
>パパブッシュ、ブッシュ政権でどういう活躍をした人物かは存じませんが、略歴が面白い。
>
>ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AA
>ウィィペディア、イレーン・チャオ
>
>>>1953年、台湾省の台北市で生まれた。父親の趙錫成は江蘇省嘉定(現在の上海市嘉定区)を祖籍とする外省人で、商船船長。若い頃は上海交通大学に学び、江沢民と同級生だった。母親は歴史学者の朱木蘭。台北の静心小学に入学したが、8歳の時に一家でアメリカ合衆国に移住、ニューヨークのロングアイランドに住んだ。
>
>(中略)
>
>>>1993年にはケンタッキー州選出共和党上院議員ミッチ・マコーネルと結婚、父と江沢民が同級生であるため結婚式には台湾だけでなく中華人民共和国の駐米代表多数が詰め掛けたという。
>
>台湾出身ながら大陸とも接点があり、父君が江元主席と同級生とのこと。
>習主席と江元主席には政治的に対立しているという話がよく聞かれます。
>
>この辺りも含んだ人事なのか?

関係ないと思いますよ。

八歳からアメリカに住んでいるのなら、見かけは中国人でも「中身は完全なヤンキーガール」だったと思います。成人してから移民した中国人とは異なると観ておくべきかと。

習近平主席率いる「太子党」による「上海閥排除で江沢民氏の裸の王様化」は終わっているようですしね。もはや、影響力は限定的というかほぼ無いと観ています。

【12966】Re:運輸長官にイレーン・チャオ氏の方針
 tomyk  - 16/12/1(木) 23:41 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼かっくるなかしまさん
こんばんわです。

>IS相手の地上戦に踏み切らなかったのは正解だと思いますよ。
>
>その能力も厳しいし。
>
>兵站能力というよりも、アウトサイドステージングエリアと呼ばれる戦域事前集積所での備蓄量を減らしたのです。
>
>これねぇ、かなりの費用削減になるんですよ。
>
>クリントン氏が大統領だった時期に一度やって味を占めたと思います。
>
>マシナリー・レジメント(整備連隊)所属だった友人が、上級曹長に昇進する寸前でこれをやられましてね。リストラ対象になっちまった。本人曰く「恨み骨髄」だそうな。
>
>単純に解りやすく説明すると。
>備蓄機材が半分になると管理要員は三分の一程度で間に合うようになります。
>
>1). 備蓄品の調達を適正?備蓄となるまでしなくて済む。予算が浮く。
>備蓄年限に達した物から順次廃棄されていきますから、適正備蓄となったら調達を再開すればよい。
>2). 備蓄品の保管場所にかかる費用が少なくなる。
>3). 管理要員や整備専門要員を減らせる。
>
>一粒で三度美味しいというか、一石三鳥ぐらいの予算削減効果があるのです。

この削減方法って、突発的な中〜大規模作戦に支障出ますよね?
想定外の事態には対応できないという。
そりゃ地上戦なんて無理です。

>関係ないと思いますよ。
>
>八歳からアメリカに住んでいるのなら、見かけは中国人でも「中身は完全なヤンキーガール」だったと思います。成人してから移民した中国人とは異なると観ておくべきかと。
>
>習近平主席率いる「太子党」による「上海閥排除で江沢民氏の裸の王様化」は終わっているようですしね。もはや、影響力は限定的というかほぼ無いと観ています。

なるほど。
単純に人物評価から出した人事ですね。
ありがとうございました。

【12967】Re:運輸長官にイレーン・チャオ氏の方針
 かっくるなかしま  - 16/12/2(金) 12:30 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼tomykさん:

トランプ政権の人事の見どころと情報、ありがとうございます。

引き続き注目しております。

金融・経済の方面では、

安全保障での人事(フリン氏、マティス氏)とともにエネルギー長官人事が中東にインパクトを与えている模様(↓)。

ttp://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGN01H0Q_R01C16A2000000/
(日経、OPECも揺さぶるトランプ人事の衝撃、2016/12/01) 
>> 米エネルギー長官には米シェール革命の立役者、コンチネンタル・リソーシズを率いるハロルド・ハム氏の名前が浮上する。原油生産量で世界一となった米国の中東依存度は低下している。
>> トランプ政権の人事ににじむ中東への強硬姿勢が「中東勢は減産をまとめ結束を固めたいところだろう」との見立てを生んだ。減産合意を受けて原油先物相場は急反発。WTIは前日終値比9%を超えて上昇した。

中東でのタカ派政策を織り込みに行っているようです。

・・・

> オバマ政権下で米軍の兵站能力を落としていたとは。だからIS相手に大規模作戦に踏み切れないでいたのかと思いましたが。

対ISの大規模作戦に入っているモスル市街戦ですが、イラク軍での戦死者数が2000人、(民間死亡者が900人)と報じられてきていて、結構な驚きです。

ttp://w
ww3.nhk.or.jp/news/html/20161202/k10010792281000.html
(NHK、「モスル奪還作戦、イラク軍兵士の死者約2000人に」、2016/12/02/08:42)
>> 国連イラク支援ミッションは1日、ISとの戦闘や襲撃などで先月、国内で死亡したイラク軍やクルド人部隊などの兵士の数は、前の月の3倍近くに増え、1959人に達したと発表しました。
>> また、先月、戦闘やテロに巻き込まれて犠牲になった住民は、確認ができただけで900人余りに上るとしています。

数字からはISの抵抗の凄まじさが窺えます。

市街戦の状況について報道が少なく、先週まで比較的容易に包囲を完了したかのような伝え方にあったので驚きです。民間人死亡者にせよ、シリア・アレッポでそれの2倍弱。

------------

【12976】トランプ氏顧問、米台関係に言及、中国の...
 かっくるなかしま  - 16/12/7(水) 8:52 -

引用なし
パスワード
   おはようございます。

表題はCNNのヘッドラインからです。

ttp://w
ww.cnn.co.jp/usa/35093246.html
(CNN、「トランプ氏顧問、米台関係に言及、中国の反発、知ったことか」、2016/12

発言はトランプ氏の経済顧問。発言の文脈は、下記の通り(↓)。
>> 米国のトランプ次期大統領が台湾の蔡英文総統と電話で会談し、中国からの反発を招いていることについて、トランプ氏の経済顧問、スティーブン・ムーア氏は5日、中国の感情を害しても「知ったことではない」と言い放った。
>> ムーア氏は地方ラジオ局とのインタビューで、「台湾は我々の同盟国だ。自由を信奉する人々だからこれまでも支援してきた。我々は同盟国を支援しなければならない。中国がいやがっても無視すればいい」と述べた。

嫌がっても無視する(^^;

>> トランプ氏と蔡氏の電話会談に対しては中国が米国務省に抗議し、米国の外交専門家らも強い懸念を示している。
しかしムーア氏は、中国がアジアで威嚇的な行動に出ていることを批判し、対中強硬路線で知られたレーガン元大統領と同じように中国に立ち向かうべきだと強調した。

レーガン元大統領のように立ち向かうと(^^;

>> 同氏はまた、トランプ氏が蔡氏と電話会談したことは大歓迎だと表明。米外交当局ではこれまで「こんなことはとてもできない、中国に対して失礼じゃないか、とみんなびくびくしてきた」と主張し、「中国に失礼でも私の知ったことではない」と切り捨てた。

展開が見ものです。

--------

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
42 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free