老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
43 / 220 ツリー ←次へ | 前へ→

【12529】金融・経済ウォッチスレ・その7 かっくるなかしま 16/3/25(金) 16:24

【12961】Re:米国、中国の「市場経済国」認定見送り... 退役軍人 16/11/25(金) 19:26

【12961】Re:米国、中国の「市場経済国」認定見送...
 退役軍人  - 16/11/25(金) 19:26 -

引用なし
パスワード
   さて、情報その一です。

常々、米海兵隊は。

「世界中どこへでも六時間で行く。」

と、豪語し標榜していました。
現実に非対称戦闘が主流となる時代まではその通りでした

ところが現在は、およそ二時間遅い。
つまり八時間程度を必要とする状況が続いてました。

これは、イラクやアフガンで高能力歩兵の人数が陸軍だけではカバーできなかったのを理由とします。本来なら、高地山岳戦を専門とする第十山岳師団や第七十五レンジャー連隊などの戦線なのですが。如何せん戦線長すぎで山は多すぎ。

これを、本来内陸の陸戦を専門としない海兵隊やグリーンサイドネイビー(海軍歩兵)に頼っていたわけで。

世界中どこでも「18時間以内に投入可能なレンジャー大隊」を持つ第七十五レンジャー連隊ですら、深刻な人員不足に陥っていると観ています。

編成の柔軟さという、緊急展開部隊に最も必要とされる特性すら維持できなくなっているようです。

つまり、槍の柄が細くなりすぎて槍の穂先が支えられなくなっているようですね。

これらは、軍事を軽視したオバマ政権の軍事政策を原因とします。

ちょっとした削減で「金額的に大きな数字が見込める。」、つまり補給支援部門や備蓄と整備部門の予算を減らしてたということかと。

軍部のオバマ政権に対する不信と不満はかなりのレベルまで行っているようです。

クーデター寸前は言い過ぎでしょうが。かなり深刻なところまで行ってます。

で、これらを再建するためのプログラムの策定準備が始まっているそうです。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
43 / 220 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free