老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
42 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→

【12529】金融・経済ウォッチスレ・その7 かっくるなかしま 16/3/25(金) 16:24

【12975】Re:国防長官に「マッド・ドッグ」 かっくるなかしま 16/12/3(土) 23:46

【12975】Re:国防長官に「マッド・ドッグ」
 かっくるなかしま  - 16/12/3(土) 23:46 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:

こんばんは。

>>>この人、海兵隊員になるために生まれてきたような人だから。
>>>過激な暴言はお約束みたいなもん。
>>>海兵隊の槍の穂先や特殊部隊では日常的に交わされる類の発言です。

>例えば、配属で離れていた仲間とまた同じ配属になったりすると。
>「なんだい、死んだと思っていたのに生きてたのかこの野郎。気分悪いぜ。」
>「うるせぇ糞野郎。おめえとまた一緒かよ。胸糞悪い。吐き気がすらぁ。」
>なんて、言いながらも握手しながらハグします。

(@_@)

帰属すること抜きに推し量ってはいけない世界(^^;;

>>BBCの報道にも語録がありますが、
>>ttp://w
>>ww.bbc.com/japanese/38178720
>>(BBC、【米政権交代】国防長官にマティス退役大将 「狂犬」のあだ名も、2016/12/02)
>>なんというか、戦歴を合わせてみると、
>>行間が奥深く、← 深淵っぽい(^^ゞ
>>過激なプーチン語録すら霞む感があります。

>いゃあ、KGBの要員だったプーチン氏とは根っこが違います。
>戦場の帰趨は最終的に「歩兵」が決すると申し上げてきましたが。
>この人「最高の歩兵」ですから。

なるほど。

写真の眼光から射抜くようなオーラを感じます(^^;;

・・・

>>この政権はバリバリのタカ派ですよね、
>>カーター政権後のレーガン政権を思い起こしています。

>超タカ派だと思いますよ。

>>>wikiの記述には書いてないけれど、この人二十一世紀存命の戦略家としては超一流というか、たぶん最高の戦略思想家の一人です。
>>そうなんですか。興味津々。

>著作は対反乱対策マニュアルの共著者となったぐらいかな。

COINSや防衛省の関係資料に目を通しているところです。

複合状態にせよシームレスにせよ、昨年の安保法制論議の時のさり気ない表現に、

改めて背景の奥行きを感じました。

>「戦う修道士」なんて呼ばれるぐらいで、結婚せずに独身を貫いた人ですが。
>性的マイノリティとかじゃあなくて、極めて普通の男です。
>独身を貫いた理由を聞くとなんてロマンチックなんだって思いますよ。
>極めて個人的なことなので書けないのが残念。

了解しました。

>Once a Marine, Always Marine.
>「一度、海兵隊員となった者は生涯海兵隊員」←私の意訳
>これを地で行く人です。

予備選の時、トランプ氏の言うことを軍は聞かないという話が出ていましたが、(元CIA長官だったか)

こうした人事となると俄然、様相が変わるでしょう。

オバマ政権に足りなかった/失われた要素を回復するという点で。

・・・

>>軍事力と金融力と経済力、米国の持てる力のベクトルが揃って行くようで、
>>ー   オバマ政権ではバラバラ。

>それをベクトルとしてそろえるのが政治家の仕事ですからね。

そのはずですが、オバマ政権がどうにも謎でした。

(ノーベル平和賞を貰ってしまって足枷になったのだろうか?)

>>中国とロシアは、過去12年のように好きなようにはいかないだろうと直感的に思っています。

>アメリカの本気(キューバ危機)に直面した苦い経験を持つロシア。
>朝鮮半島という対峙はありましたが、アメリカの本気と直面したことがない中国。

>そこを踏まえて、今後の対応を注目しています。
>より厳しいのは中国だと思いますよ。
>レーガン時代の逆風がそよ風と思えるぐらい。

なるほど。

話題のTPP離脱で次期商務長官が興味深い発言をしています(↓)。
ttp://w
ww.zakzak.co.jp/smp/society/foreign/news/20161201/frn1612011911013-s1.htm
(zakzak、次期米商務長官のロス氏、TPPはひどい契約、トランプ氏と歩調合わせる」、2016/12/01)

かいつまむと、原産地規制に抜け穴があって、ノックダウン生産で中国を利することになる、それを酷い、と指摘しています。

意外な理由であるとともに、であるなら理解が可能。

(中国への逆風という点で符合してくる。)

方向性が見えてきたように思われます。

・・・

>>台湾総統との、四半世紀ぶりの電話協議など、
>>目が点になりました。

>これねぇ、本音と建て前論なんですよ。
>「一つの中国」と建て前で言いながらも、「台湾関係法」で現状は変えさせないと本音対応を続けているわけですから。
>事実上、アメリカの対中政策はうんと前から「二つの中国容認」なんですよ。

一党独裁の中国か議会制民主主義の台湾か。

長期的に、台湾や香港の制度が中国を覆えば、それもまた一つの中国であり、

一党独裁の中国ではなくなる。

>中国外相の発言には笑いました。
>「米国の一つの中国政策は不変である。」なんて言ってました。
>トランプ次期大統領の出方が読めない不安丸出しで。

台湾のメディアは外交的勝利として喜んでいて、

トランプ氏が「台湾総統」というストレートな表現を使用したところにあるようです。

12月19日の選挙人の投票を以って大統領選が完了しますが、

選挙人が背信行為に及ぶかどうか、最後まで目を離せない気がしています。

想定外のことが起きているので(笑

それと接戦州での票の再集計。

今回の選挙で米国社会が疲れてしまっているように観えるので、

グダグダのハプニングが起こらないよう期待します。

ではまた。

------------

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
42 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free