老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
11 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→

【12977】金融・経済ウォッチスレ《その8》 かっくるなかしま 16/12/7(水) 8:58

【13045】ドイツがユーロの「甚だしい過小評価」を悪... かっくるなかしま 17/2/1(水) 9:15

【13045】ドイツがユーロの「甚だしい過小評価」を...
 かっくるなかしま  - 17/2/1(水) 9:15 -

引用なし
パスワード
   中国に対し厳しい姿勢を示しているナバロ米NTC/国家通商会議委員長による、

ドイツ経済についての見方です(↓)。

ttps://w
ww.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-01-31/OKNBTK6JIJUR01
(ブルームバーグ、「ドイツ、ユーロの「甚だしい過小評価」を悪用とトランプ氏側近〜英国FT」、2017/01/31)
ー  フィナンシャルタイムズ紙記事をブルームバーグが転載。

記事の要約の箇所(↓)。

◆ ナバロ米NTC委員長:ユーロはドイツの貿易黒字を拡大させている

◆「暗黙のドイツ・マルク」で他加盟国や米国を搾取−ナバロ氏

・・・

全く正鵠を射た指摘内容であると観ています。

毀誉褒貶の激しいトランプ政権ですが、

外交における経済問題の取り扱いにおいて、

中国にせよドイツにせよ、

競争相手の分析は核心を突いていると観ています。

ドイツの場合は、

EU域内にファンダメンタルズの弱い国々(南欧・中欧)を抱えることにより、トータルでユーロが弱く評価されることを通じて、EU域外との貿易(輸出)における恩恵を一身に享受してきたと言えるでしょう。
ー  東西統合を着地成功させる上でのマジックの種。

中国にせよドイツにせよ、トランプ政権は、貿易交渉の相手を正しく分析できていると観るので、

この政権は交渉相手としては手強いでしょうし、

相変わらずメディアから叩かれていますが(笑、

凄い政権であるとの見方を自分は強めています。

--------

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
11 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free