老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
9 / 218 ツリー ←次へ | 前へ→

【12977】金融・経済ウォッチスレ《その8》 かっくるなかしま 16/12/7(水) 8:58

【13245】衆院選後を憂う@大機小機、希望125議席超過... かっくるなかしま 17/10/5(木) 7:05
【13252】安倍首相退陣リスク、債券市場に警戒の声 ... かっくるなかしま 17/10/6(金) 0:41

【13245】衆院選後を憂う@大機小機、希望125議席超...
 かっくるなかしま  - 17/10/5(木) 7:05 -

引用なし
パスワード
   表題は日経の大機小機(↓)から。

ttp://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGD02H2B_S7A001C1920M00/
(日経、「衆院選後を憂う(大機小機)」、2017/10/02/17:06)

論者が何を憂いているか? はこの箇所(↓)。

>> 衆院選は日本の権力構造をリセットする究極の手段だ。なのに、勝敗がどうなっても明るい展望が見えてきそうにない。なぜか。自民、公明による与党の獲得議席を場合分けして、選挙後を予測してみる。


予想獲得議席の三つのケースのそれぞれにつき、見通しとして「冴えない」としている。(個々人の関心に応じて本文の参照を願いたい)

評価の理由は論者と異なるが、総じて「冴えない」という見方に同意する。

冴えないと観るのは、株式市場にとって、アップサイドのポテンシャルに乏しく、逆に、ダウンサイドのリスクは、それが起きた場合、途方もなく大きいからである。

・・・

私見では、政権や政策を今、変える必要はない。

政権を変えるとは、端的には経済政策と安全保障政策を転換するということになるが、その必要は全くない。

今回の選挙で問われているのは、現状を維持するかどうか? なのであり、

野党は、与党を代替する政策も能力も全く持ち合わせてない。

市場は? と言えば、現状維持を前提にしている。

三つのケースのうち、

ケース1) 与党で2/3、ケース2)与党で過半数、を織り込んでいる。

ケース2)も、ケース1)寄りの2)である。

>>▼ケース(1)…3分の2以上を維持する

>>▼ケース(2)…3分の2は失うが過半数は守る

>>▼ケース(3)…過半数割れに陥る

言い換えると、

希望の党の獲得議席が、75-100である場合、ケース1)及び1)寄りのケース2)である。

同じく希望の党のそれが125議席であればケース3)寄りの2)、150議席であればケース3)となる。

今後、各メディア/調査機関から、予測が提示されてくるが、

与党vs希望の構図のもとで、与党は議席を減らしつつも、ケース2)のどの辺りに着地するか? が注目点である。

希望の党の予想獲得議席を代理指標に、それが125に近づくようであれば、

株式市場はクラッシュすると予想しておきましょう。

政権の現状維持で、株価の現状維持。

政権交代の観測が浮上するような場合、日経平均は、まずは16000円、最悪6000円と観ておきます。

最悪は、地政学的リスクと財政問題が顕(あらわ)になるというパターン。

株安・債券安・円安のトリプル安。

安倍政権の経済政策と安全保障政策がリセットされるとなれば、そうなるでしょう。

------------

【13252】安倍首相退陣リスク、債券市場に警戒の声...
 かっくるなかしま  - 17/10/6(金) 0:41 -

引用なし
パスワード
   表題は日経から(↓)。

ttp://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGF05H01_V01C17A0000000/
(日経、「安倍首相退陣リスク、債券市場に警戒の声」、2017/10/05/12:06)

>> 10日公示―22日投開票の衆院選に向けた各党の動きが慌ただしくなる中、債券市場では与党が大敗し、安倍晋三首相が退陣するリスクを警戒する声が出始めた。
>> 与党が過半数を獲得するとの見方がまだ大勢を占めるとはいえ、選挙情勢は刻一刻と変化しており、市場関係者は警戒を怠らない。
>> 大規模な金融緩和を進めてきた安倍首相の退陣となれば国債が売られる可能性がある。

過去の約7年間の経緯というものを顧みれば、

激変緩和措置としての金融量的緩和は、その出口(exit)において、注意深く繊細な舵取りを要するのであるが、

そこに、政策なし・実績なし・能力なしの三拍子揃った第二民進党(=希望の党)が繰り出そうとしてくれば、

既に記しているよう展開によっては、

市場でパニックが発生する。

株式市場に限らない。

最悪シナリオとしての、株式・債券・通貨のトリプル安である。

今回の政局を仕組んでいるのは、いったい誰なのだろう?

与党ではない。護憲派でもない。

いかにも日本売りのポジションを取りたくなる仕掛けである。

今回の政局を仕組んでいるのは、いったい誰なのだろう?

物騒だな(´・ω・`)

------------




  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
9 / 218 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free