老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
12 / 220 ツリー ←次へ | 前へ→

【12977】金融・経済ウォッチスレ《その8》 かっくるなかしま 16/12/7(水) 8:58

【13416】Re:平昌五輪開会式、Intelのドローンが夜空... かっくるなかしま 18/2/11(日) 19:38

【13416】Re:平昌五輪開会式、Intelのドローンが夜...
 かっくるなかしま  - 18/2/11(日) 19:38 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:

こんばんは。

返信を頂きありがとうございます。

評価や判断の材料となっているURLを添付すると長くなり論旨が見えにくくなるため、別途添付として、お題に即してシンプルに参ります。

1) 5Gの技術的ハードルの件

・ まず、結論として、ご指摘のようにその技術的ハードルは高いので、今回の平昌五輪で目覚ましい成果をいIntelがデモンストレーションで示すことはないであろうと。

・ 言い換えれば、むしろ、東京五輪での見所になるであろうと。

・ 一方、技術的ハードルが高いから、できない、できるということでは、できる(だろう)という方向で観ています。時間の問題。すぐにはでNO、いずれはでYes。

・ 主義主張とは異なり、その点は、早晩、時間が答えを出すことでしょう。その時間も、10年や1四半世紀というスパンではなく、数年という短いタームで。

2) Intelの件

・ 2016年に事実上、現行世代のチップセットから撤収しているので、商業的にIntelのプレゼンスが低い(ない)ことは周知の通りかと。

・ 一方で、現行の構図(クァルコムの寡占)に変化をもたらそうとするなら、二つの条件が必要で、一つには相応の経営資源の投入、もう一つには技術的なハードル。

・ 逆説的ですが、技術的ハードルの高さが新規参入機会を促していると観ています。

・ 経営資源の投入について言えば、1)最高位スポンサーというポジションの確保は、2024年まで続く韓国→日本→中国→フランスの地域のテレコムキャリアとの協業をギャランティしているとなるし、2)技術的ハードルの克服ということでは、2015年にFPGAのアルテラを1兆6000億円で買収しているといったことが、伏線になっている、と観ています。

・ もちろん、経営資源投入は、成功のための必要条件であって、十分条件ではありません。しかし、本気でやっているのだから、相応のものが観られておかしくないという期待に繋がるとなります。

3) 開会式のドローンのデモンストレーションの件

・ 入場行進はかなり中弛んでいましたが、(トンガが凄い(笑 ) 聖火点灯前のドローンのデモンストレーションは、凄い、という印象です。

・ 凄いと感じるかどうかは個々人の感覚に依りますが、BBCやWiredはかなり好意的に伝えており、視聴時点で凄いと感じた自分の感覚は、そうそう大きく外れてはいないんじゃないかと(^^; 一瞬、これはCGか、と思ったくらいだったので。

4) 株価暴落の件

・ マーケットでは当初、株式と債券の裁定関係から、国債利回りの上昇で、資金の流れが、株式から債券へ、という考え方(解説)が主でした。

・ 自分はそれでは納得できないので(笑、並行して話題に昇ってきた「インバースVIX指数ショック説」を主因と見なしています。

・ 理由は、VIX指数(危険指数)が、リーマンショックやグローバルソブリンショック、つまり、深刻な金融危機の時点でのそれを上回るほどの金融危機に、今、直面しているとは、考えにくいから。

・ VIX指数自体に問題があると考えるのが自然である、となります。

・ もちろん、ご指摘のように、朝鮮半島での開戦を織り込みにきたという可能性もあり得ると観ます。インバースVIXの問題がなければそうだろうと思いますし、一瞬、それか?とも考えましたが、VIX指数の動きが異常なことと、有事想定であればドル高なのにそうなっていないばかりか韓国ウォンが買われている、防衛関連や資源関連の株式が選好されていない、等の理由から、主因(メインシナリオ)として「インバースVIXショック」を採用しています。

・ 大きく仮説として、1) 株式・債券の裁定、2) インバースVIX、3) 朝鮮半島有事、を念頭に置いた時、そうすればよいか? と考えると、(狭く投資において考えると) 処方箋は、よく分からなければ何もしない、を基本に、どちらに転んでも利得を得られるようにするにがどうするか? となってきます。

・ 具体的には、市場指数(日経平均、等)を売りに、他方で、グロース系の個別企業を買いにして、両建てで中立のポジションを作る、となります。(何かをしながらの何もしない状況を作る)

・ 債券利回りは、経済成長率(r)に収斂するので、それが上昇すると、債券が買われて株式が売られるという関係の中で、株式で買われるのは、相対的に成長率(g)の高い企業群となり、インバースVIXショックが沈静化する、戦争が起こらないとすれば、自ずとそうなってきます。

ではまた。

ーーーーーーーーーーーー

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
12 / 220 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free