老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
9 / 212 ツリー ←次へ | 前へ→

【13051】安全保障を語るスレッド・その19 退役軍人 17/2/11(土) 21:30

【13170】二者択一 退役軍人 17/8/15(火) 13:10
【13171】Re:二者択一 tomyk 17/8/17(木) 20:52
【13172】Re:二者択一 かっくるなかしま 17/8/22(火) 17:36
【13173】Re:二者択一 退役軍人 17/8/25(金) 11:10
【13174】Re:二者択一 かっくるなかしま 17/8/26(土) 1:36

【13170】二者択一
 退役軍人  - 17/8/15(火) 13:10 -

引用なし
パスワード
   皆様

米本土で訓練演習を続けていた某部隊は本拠地に戻って休養に入ったようです。

以前にも申し上げましたが、最高の状態を維持できるのは三週間が限度なのです。

ただ、どちらのシナリオとなるかは「二者択一」なんですね。

選択肢 1
このまま、通常のルーティンに戻る。

選択肢 2
ほぼ三週間のクールダウン後、三週間程度のスープアップ過程を経て作戦行動。

したがって、どちらを選択したかは五〜六週間後に判ります。しかしながら、オサマ・ビン・ラディン排除作戦の時と状況が酷似しているとだけ。

これらはいわば戦術的な選択ですが。

戦略的にどちらが良いかという点で最近の空軍の動きが気になります。戦略爆撃機を前線展開したように見える。

これを、対地攻撃可能なトマホークを撃てる海軍艦艇との動きと合わせてみると実に興味深い。

頭を潰すか、手足をもぐか、「二者択一」。

頭を潰す。
少数の地上部隊を潜入させて頭を潰す。

手足をもぐ。
核施設やミサイル関連施設に対して徹底的な爆撃で数年では元に戻せないようにする。

第三の選択肢として両方やる。頭を潰し手足をもぐという選択肢もありますが。かなり大きな作戦規模となるので現時点での米軍にはその兆候は見えない。つまり、第三の選択肢はなさそう。

それに、現在の韓国軍の能力では第三の選択肢で予想される混乱に対処できそうにない。

また、北部戦区(旧瀋陽軍区)の精鋭かつ精強の第三十九軍に属する複数の戦車師団と機械化歩兵師団が本来の駐屯地に戻っていない。

緊張するたびに中朝国境への展開を繰り返しているようですが、おそらく命令から数時間程度で中朝国境へ展開できる位置に野営しているようです。しかしながらこの状態を維持できるのはあと数か月なんですね。中国東北部の冬はとても厳しくて今の状態を維持なんて許してくれない現実があります。

もう一つは旧瀋陽軍区指導部は北朝鮮指導部ととても緊密で厳しい対北朝鮮経済制裁にも関わらず「密輸という抜け穴」を維持していて、巨額の利益を得ている。

逆説的に申し上げると北部戦区は北朝鮮の生命線と言っても良いかも。

元々瀋陽軍区の指導者層には「朝鮮族」が多く伝統的な軍閥の色をかなり濃く残している。

かてて加えて、戦区への再編成のさい習近平氏が支配する北京軍区への併合を意図したが、失敗に終わり逆に内モンゴル軍区を併合されてしまいさらに強大となった。

習近平体制は北部戦区を掌握しきれていないという現実。

あまりに混沌としていて読めないというか、方向性すら見いだせない。

軍事情報コミュニティでも見解が割れていて混乱している。

これって、大きな紛争の前触れと観るべきなのか。
よーわからん。(苦笑......

という、現状報告でした。

【13171】Re:二者択一
 tomyk  - 17/8/17(木) 20:52 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん
こんばんわです。

PCが不調になってるので最近投稿できませんでしたが、退役軍人さんの書き込みを見てiPadから書き込んでます。
一部からは、米中露で北の「後」の取り決めが決まってるとの観測もあります。
そこに韓国の事情は考慮されてないようですが。
実際問題、金正恩は自分を父・祖父と同じ地位につけることに必死に思えます。
そうなれば何処かで止める必要もあるとは思いますが、どうなりますか。

【13172】Re:二者択一
 かっくるなかしま  - 17/8/22(火) 17:36 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼退役軍人さん

こんにちは。


▼tomykさん:

>PCが不調になってるので最近投稿できませんでしたが、退役軍人さんの書き込みを見てiPadから書き込んでます。

そうでしたか、ご不在のようだったので、お〜いtomykさ〜ん( ̄O ̄) と声掛けしようかと思っていました、

ひょっとして膝の具合かなとか気になって、

先ずはホッと(*´∇`*)

▼退役軍人さん:

中段の箇所ですが、

> もう一つは旧瀋陽軍区指導部は北朝鮮指導部ととても緊密で厳しい対北朝鮮経済制裁にも関わらず「密輸という抜け穴」を維持していて、巨額の利益を得ている。

> 逆説的に申し上げると北部戦区は北朝鮮の生命線と言っても良いかも。

なるほど。

今回の国連による制裁や日米欧の独自の二次制裁が効かないところがそこか。

単に抜け穴というより、抜け穴がビルトインされていて塞ぎようがないか。

> 元々瀋陽軍区の指導者層には「朝鮮族」が多く伝統的な軍閥の色をかなり濃く残している。

> かてて加えて、戦区への再編成のさい習近平氏が支配する北京軍区への併合を意図したが、失敗に終わり逆に内モンゴル軍区を併合されてしまいさらに強大となった。

> 習近平体制は北部戦区を掌握しきれていないという現実。

なるほど。

これは厄介ですよね。

米国トランプ政権が中国習近平政権に何かを要請しても、

あるところから先は指令/命令/指示が行き届かず、サンクチャリ状態となると。

5年前の北戴河会議の時に比べて、習近平氏は相当に権力を掌握してきているとの報道もありますが、

まだまだとなると、

中国が対外・対内的に動きが取れるようになるのは、

今回の北戴河会議と秋の共産党大会を経て、党主席職の復活を含めて更に権力の掌握が進んだ後、となるのでしょうか。(10月頃?)

> あまりに混沌としていて読めないというか、方向性すら見いだせない。

なるほど。

とても興味深いご意見と情報、ありがとうございましたm(__)m

------------

【13173】Re:二者択一
 退役軍人  - 17/8/25(金) 11:10 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん
tomykさん


こんにちは。

えーっと、前提として。
米国連邦政府の会計年度は九月末までで、十月から新たな会計年度が始まるのですが。

例年この時期に年度末に向けて賞味期限切れが近づいたMREなどを入札公募して民間業者へ払い下げるのですが。

入札情報を調べてみても定常備蓄品払い下げの公告が一つもない。

詳しい内容はちと微妙なので割愛しますが。

つまり、補給品備蓄を増やしていると見るべきなんでしょう。これが何を意味するか、湾岸戦争直前と似た状況とだけ。

それと、基地や駐屯地の警備体制が高いレベルを保ったままなんですよね。

状況を端的に申し上げると。

警備要員の数が多いままとか。

民間人警備要員との割合が変わっている。つまり警備チームに占める軍人の割合を増やして警備強化していると観てよいかな。

交代頻度が増えたままとか。

通常なら車両で巡回警備するフェンス沿いを二人一組で徒歩警備しているとか。(警備要員が増えている理由。)

警備に携行している武器にマガジンが装填されたままとか。

通常なら持ち歩かないはずの予備マガジンをいれたパウチを携行しているとか。

通常ならカデットキャップのはずなのに、ヘルメットをかぶっているとか。

どこのエリアまでそうなのか。
全球規模でやるならものすごくお金がかかるので、アラートを挙げる地域を限定しているはず。

東アジアとグアム・ハワイあたりまでなら、なんらかの戦略的意図に基づいていると見るのが至当なので。

現在、鋭意調査中です。

【13174】Re:二者択一
 かっくるなかしま  - 17/8/26(土) 1:36 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼tomykさん:

こんばんは。

>えーっと、前提として。
>米国連邦政府の会計年度は九月末までで、十月から新たな会計年度が始まるのですが。
>例年この時期に年度末に向けて賞味期限切れが近づいたMREなどを入札公募して民間業者へ払い下げるのですが。
>入札情報を調べてみても定常備蓄品払い下げの公告が一つもない。

>詳しい内容はちと微妙なので割愛しますが。
>つまり、補給品備蓄を増やしていると見るべきなんでしょう。これが何を意味するか、湾岸戦争直前と似た状況とだけ。

なるほど。兆しに相当しますよね。

>それと、基地や駐屯地の警備体制が高いレベルを保ったままなんですよね。

なるほど。同じく兆しに相当しますよね。

>状況を端的に申し上げると。
>警備要員の数が多いままとか。
>民間人警備要員との割合が変わっている。つまり警備チームに占める軍人の割合を増やして警備強化していると観てよいかな。
>交代頻度が増えたままとか。
>通常なら車両で巡回警備するフェンス沿いを二人一組で徒歩警備しているとか。(警備要員が増えている理由。)
>警備に携行している武器にマガジンが装填されたままとか。
>通常なら持ち歩かないはずの予備マガジンをいれたパウチを携行しているとか。
>通常ならカデットキャップのはずなのに、ヘルメットをかぶっているとか。

貴重な観察の情報、ありがとうございますm(__)m

なるほど。様々にベクトルの方向が揃っていてトータルで兆し。

>どこのエリアまでそうなのか。
>全球規模でやるならものすごくお金がかかるので、アラートを挙げる地域を限定しているはず。
>東アジアとグアム・ハワイあたりまでなら、なんらかの戦略的意図に基づいていると見るのが至当なので。
>現在、鋭意調査中です。

お差し支えなき範囲にて宜しくお願いいたしますm(__)m

・・・

2日前におやっ?と思ったニュースフローがこちら(↓)でした。

ttps://w
ww.jiji.com/jc/article?k=2017082301178&g=prk
(時事通信、「対北朝鮮ガソリン、7月は97%減、代金未払い懸念、中国」、2017/08/23/21:41)

国連の経済制裁で石炭・鉄鋼等の輸入(北朝鮮への外貨提供)に制限をかけたものの、中国の北朝鮮への石油の輸出は、一つの抜け穴(最後の手段)として温存しているものと思っていたからです。

米国の中国への金融制裁をかわすためのダミー情報(制裁をしているフリ)なのか、或いは中国の意志を他国(北朝鮮やロシア)に示すメッセージなのか、測りかねていました。

或いは、
ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/52683?page=2
(現代is、長谷川幸洋、「アメリカは、北朝鮮に「大きな罠」を仕掛けたのかもしれない」、2017/08/25)
>> 中国共産党機関紙の姉妹紙である環球時報が社説で「中国は北朝鮮に対する米国の報復攻撃には中立を保つ。だが、米国が朝鮮半島の政治的版図を変えようとするなら断固、阻止すべきだ」と書いた4日後に、ティラーソン国務長官とマティス国防長官が連名でウォール・ストリート・ジャーナルに「米国は非武装地帯の北側に駐屯する意図はない」と寄稿したとき、すべての関係国は米中の意図をしっかりと了解した。
−  米中の落とし所を新聞外交で国際社会に発信している説。

いろいろ気になっているところです。

ではまた。

------------

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
9 / 212 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free