老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
10 / 213 ツリー ←次へ | 前へ→

【13051】安全保障を語るスレッド・その19 退役軍人 17/2/11(土) 21:30

【13173】Re:二者択一 退役軍人 17/8/25(金) 11:10
【13174】Re:二者択一 かっくるなかしま 17/8/26(土) 1:36

【13173】Re:二者択一
 退役軍人  - 17/8/25(金) 11:10 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん
tomykさん


こんにちは。

えーっと、前提として。
米国連邦政府の会計年度は九月末までで、十月から新たな会計年度が始まるのですが。

例年この時期に年度末に向けて賞味期限切れが近づいたMREなどを入札公募して民間業者へ払い下げるのですが。

入札情報を調べてみても定常備蓄品払い下げの公告が一つもない。

詳しい内容はちと微妙なので割愛しますが。

つまり、補給品備蓄を増やしていると見るべきなんでしょう。これが何を意味するか、湾岸戦争直前と似た状況とだけ。

それと、基地や駐屯地の警備体制が高いレベルを保ったままなんですよね。

状況を端的に申し上げると。

警備要員の数が多いままとか。

民間人警備要員との割合が変わっている。つまり警備チームに占める軍人の割合を増やして警備強化していると観てよいかな。

交代頻度が増えたままとか。

通常なら車両で巡回警備するフェンス沿いを二人一組で徒歩警備しているとか。(警備要員が増えている理由。)

警備に携行している武器にマガジンが装填されたままとか。

通常なら持ち歩かないはずの予備マガジンをいれたパウチを携行しているとか。

通常ならカデットキャップのはずなのに、ヘルメットをかぶっているとか。

どこのエリアまでそうなのか。
全球規模でやるならものすごくお金がかかるので、アラートを挙げる地域を限定しているはず。

東アジアとグアム・ハワイあたりまでなら、なんらかの戦略的意図に基づいていると見るのが至当なので。

現在、鋭意調査中です。

【13174】Re:二者択一
 かっくるなかしま  - 17/8/26(土) 1:36 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼tomykさん:

こんばんは。

>えーっと、前提として。
>米国連邦政府の会計年度は九月末までで、十月から新たな会計年度が始まるのですが。
>例年この時期に年度末に向けて賞味期限切れが近づいたMREなどを入札公募して民間業者へ払い下げるのですが。
>入札情報を調べてみても定常備蓄品払い下げの公告が一つもない。

>詳しい内容はちと微妙なので割愛しますが。
>つまり、補給品備蓄を増やしていると見るべきなんでしょう。これが何を意味するか、湾岸戦争直前と似た状況とだけ。

なるほど。兆しに相当しますよね。

>それと、基地や駐屯地の警備体制が高いレベルを保ったままなんですよね。

なるほど。同じく兆しに相当しますよね。

>状況を端的に申し上げると。
>警備要員の数が多いままとか。
>民間人警備要員との割合が変わっている。つまり警備チームに占める軍人の割合を増やして警備強化していると観てよいかな。
>交代頻度が増えたままとか。
>通常なら車両で巡回警備するフェンス沿いを二人一組で徒歩警備しているとか。(警備要員が増えている理由。)
>警備に携行している武器にマガジンが装填されたままとか。
>通常なら持ち歩かないはずの予備マガジンをいれたパウチを携行しているとか。
>通常ならカデットキャップのはずなのに、ヘルメットをかぶっているとか。

貴重な観察の情報、ありがとうございますm(__)m

なるほど。様々にベクトルの方向が揃っていてトータルで兆し。

>どこのエリアまでそうなのか。
>全球規模でやるならものすごくお金がかかるので、アラートを挙げる地域を限定しているはず。
>東アジアとグアム・ハワイあたりまでなら、なんらかの戦略的意図に基づいていると見るのが至当なので。
>現在、鋭意調査中です。

お差し支えなき範囲にて宜しくお願いいたしますm(__)m

・・・

2日前におやっ?と思ったニュースフローがこちら(↓)でした。

ttps://w
ww.jiji.com/jc/article?k=2017082301178&g=prk
(時事通信、「対北朝鮮ガソリン、7月は97%減、代金未払い懸念、中国」、2017/08/23/21:41)

国連の経済制裁で石炭・鉄鋼等の輸入(北朝鮮への外貨提供)に制限をかけたものの、中国の北朝鮮への石油の輸出は、一つの抜け穴(最後の手段)として温存しているものと思っていたからです。

米国の中国への金融制裁をかわすためのダミー情報(制裁をしているフリ)なのか、或いは中国の意志を他国(北朝鮮やロシア)に示すメッセージなのか、測りかねていました。

或いは、
ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/52683?page=2
(現代is、長谷川幸洋、「アメリカは、北朝鮮に「大きな罠」を仕掛けたのかもしれない」、2017/08/25)
>> 中国共産党機関紙の姉妹紙である環球時報が社説で「中国は北朝鮮に対する米国の報復攻撃には中立を保つ。だが、米国が朝鮮半島の政治的版図を変えようとするなら断固、阻止すべきだ」と書いた4日後に、ティラーソン国務長官とマティス国防長官が連名でウォール・ストリート・ジャーナルに「米国は非武装地帯の北側に駐屯する意図はない」と寄稿したとき、すべての関係国は米中の意図をしっかりと了解した。
−  米中の落とし所を新聞外交で国際社会に発信している説。

いろいろ気になっているところです。

ではまた。

------------

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
10 / 213 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free