老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
33 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→

【13060】政権交代ヲチスレ その 9 退役軍人 17/3/3(金) 16:00

【13194】民進・山尾氏と密会弁護士は憲法や安保法制... かっくるなかしま 17/9/11(月) 11:02

【13194】民進・山尾氏と密会弁護士は憲法や安保法...
 かっくるなかしま  - 17/9/11(月) 11:02 -

引用なし
パスワード
   こんにちは。

表題は産経のこちら(↓)からですが、

ttp://w
ww.sankei.com/politics/news/170911/plt1709110003-n2.html
(産経、「民進・山尾氏と密会弁護士は憲法や安保法制のやり手論客、慶大非常勤講師、テレビコメンテーターも」、2017/09/11/06:45)

山尾氏の民進党内でのプレゼンスがホープというよりエースであったから、

相対的に倉持氏は当事者であっても注目されにくく、

初期の報道では一般人扱いも見られましたが、

キーパソン中のキーパソンで、

産経がヘッドラインに上げてきていますが、

マスメディアの報道全体としては、まだまだ過小評価か、

印象的には敢えて避けている、と観ています。


・・・


倉持氏については、

民進党の、特に政策面では「平和安全法制」、「憲法」でブレーンとして、

政党中枢に結びつきながら、影響力を行使するポジショニングにありましたが、

(そしてそれらは、野党共闘の接着剤として、民進党の選挙戦術をも規定するものでしたが)

単にそれだけではなく、

天皇陛下の退位の周辺にあった「女系天皇」においても、

倉持氏は、強く影響力を行使し得るポジショニングにあった(↓)。

ttps://w
ww.gosen-dojo.com/index.php?page_id=1503
(ゴー宣道場、倉持麟太郎の“Rin”sanity)

枝野ー倉持ー小林ー山尾の女系天皇ライン。

(倉持氏にせよ、小林氏にせよ、別件で国会に参考人として民進党の推薦で招致されている。倉持氏は所謂戦争法で、小林氏は所謂共謀罪で)


・・・


そしてそれら政策/国会対策の方面だけでなく、

倉持氏は、蓮舫前代表の「二重国籍問題」では、

担当弁護士のポジショニングにあり、機微な/タッチーな情報を全て知りうる立場にあったとなるし、

それは、握っている情報に重大性がある場合、

一党の代表の、従って一党の、《生殺与奪》の権を握っていたも同然だ、と言えるでしょう。


(倉持氏が、機微な情報を、蓮舫氏のライバルであり倉持氏と親密でもある山尾氏に、提供していたかどうかはさておき)

・・・

そしてそれだけではなくて、

もしも、文春砲が炸裂することなく他誌も追随することなく、

山尾幹事長が誕生し、イキとなっていた場合、

どうなっていたか?と考えると、

「平和安全法制」、「憲法」、「女系天皇」は全てイキ、(野党共闘もおそらくかなりイキ)

そして、

山尾氏にとっては最も秘匿を要する類いの情報を、

最もよく知り得るポジショニングにある、というのが、

倉持氏なのであって、

一党の幹事長、従って一党の《生殺与奪》の権は、握られたままとなっていたのでしょう。

・・・

結構、凄い構図になっていたと観るので、

マスメディアがその報道を抑えるのは、

例により、「報道しない自由」の権利行使なのでしょう。

ps

2015年の安保法制国会の途中から、

民進党の政策と国会戦術が逸れていったことに違和感を持っていましたが、

(維新と民進による修正案の共同提出が参院審議に入ってから突然の見送りになった)

今回の文春砲で、やっと何が起きていたのかが、わかったような気がします。

------------

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
33 / 219 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free