老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
4 / 213 ツリー ←次へ | 前へ→

【13159】ネットで見つけた面白い記事18 tomyk 17/7/2(日) 16:48

【13385】社会の本質 退役軍人 17/11/23(木) 19:36
【13386】Re:社会の本質 阿怪 17/11/24(金) 15:20
【13387】Re:社会の本質 かっくるなかしま 17/11/25(土) 11:51

【13385】社会の本質
 退役軍人  - 17/11/23(木) 19:36 -

引用なし
パスワード
   米空軍第十基地航空団司令官の訓話

我々の社会の基本に通底すると思うのでご紹介します。

h
ttps://w
ww.youtube.com/watch?v=XtyCvA8eN18

本気でかつ怒りを隠さない訓示。

まぁ、見て頂ければお解りになると思います。

軍服を着ている人の発言との色をつけて否定する人がいるのだろうか。

【13386】Re:社会の本質
 阿怪  - 17/11/24(金) 15:20 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん
こんにちわ。

>米空軍第十基地航空団司令官の訓話

youtubeにて拝見しました。
若い頃ならともかく、さまざまな出来事やいろいろな人を見てくると、
どうもこういう動画をみても、鼻白んでしまう厄介な年齢になったものだと
感慨無量です。

まことに申し訳ないですがわたしはこういう言説や説教、訓話などに
感動もしないし、この発言が倫理的であるとも思えません。

「阿修羅」などのような、キ●ガイのような連中が集まる板がありあます。
ああいうところを眺めているからというわけではないですが、
「100%正しいことを言いちらしている人間は100%信用するな」という
教訓を歳をくうと得てしまったようなのです。

いわずもがな差別の問題は頭の問題ではなく(頭でどうにかなる問題じゃなく)
生まれつきの環境(慣習、風習)や経験の違いから生理的な拒否反応が身体の
奥深くに根ざしているものです。
つまり、わたしの考えでは差別意識のない人間はいないということです。

だったらば、わたしが普通の学校の教師として差別を諌めるとすれば、
生徒にどのような話し方をするかというと、まずはわたし自身がどれほど
差別屋であるかというところから話し始めます。

そして自ら差別意識がどうしても離れずに、その意識とどうやって
戦ったかということ、それがとても難しいことだというところから生徒と
話し合いをもつでしょう。
それ以外の話し方、まるで、じぶんが差別と無縁のような話し方はしないし、
しても、そういう一方的な話し方は一時的なものにしかならないとおもいます。

しかし、仮にもしわたしが陸軍なら陸軍の教官だったら、そのときは逆です。
わたしはこの動画のような話し方するでしょう。
なぜなら、人種の坩堝といわれている米国の軍隊内で差別がまかり通れば
集団的行動に乱れや齟齬が生じ、軍としての「生産性」が落ちるからです。
だから厳しく、必死になって差別がどれほど間違ったものであるかを力説する
でしょう。
しかしそれはわたしが差別に反対するからでも差別屋でもないからではなく、
たんに軍隊の生産性をあげるためです。さまざまな人種で構成される
ひとつの組織の一人一人が色も匂いもない単一な歯車のように動いてもらい
たいからです。

従ってわたしはこの動画をみても軍隊の教官として当然のことをいっただけで、
そこには倫理も見いだせないし、感動も見いだせないということです。
この訓示をした人物が実際には物凄い偏見をもった差別屋であることは
十分に考えられるからです。あるいはほんとうに差別意識のない御仁かもしれ
ませんが、この訓話からはそういうことは感じ取れない。

かれはただ怒り、恐怖しているのです。人種的偏見が軍隊の調和をどれほど
乱し、どれほそ齟齬や間違いを生じさせるか。
それだけのことだとおもいます。
米国という国や国民のダメなところはこの手のものをまるでなにか倫理のように
錯誤してしまう単純さにあるのだと思います。

語りたいことは山ほどありますが、とりあえず感想まで。
でも、
こういう動画は「阿修羅」のキチガイのような住人たちならよろこぶかもしれませんね。
わたしのような年輪を重ねたひねくれ親父にはどうも......まったく通用しないです。笑


>
>我々の社会の基本に通底すると思うのでご紹介します。
>
>h
>ttps://w
>ww.youtube.com/watch?v=XtyCvA8eN18
>
>本気でかつ怒りを隠さない訓示。
>
>まぁ、見て頂ければお解りになると思います。
>
>軍服を着ている人の発言との色をつけて否定する人がいるのだろうか。

【13387】Re:社会の本質
 かっくるなかしま  - 17/11/25(土) 11:51 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:

おはようございます。

>米空軍第十基地航空団司令官の訓話
>我々の社会の基本に通底すると思うのでご紹介します。
>h
>ttps://w
>ww.youtube.com/watch?v=XtyCvA8eN18
>本気でかつ怒りを隠さない訓示。
>まぁ、見て頂ければお解りになると思います。
>軍服を着ている人の発言との色をつけて否定する人がいるのだろうか。

拝見いたしました。

ご指摘の社会の本質から、訓話の背景、米国で起きていること、或いは近年の米国の社会的傾向、等、

いろいろと考えさせられるところ、あり、でした。

・・・

まず、拝見した訓話ですが、引き込まれて最後の締めくくりに至った時、校長、或いは中将としてのその凄さというか重み、或いはご指摘の社会の本質に通底するであろうものを感じました。AFPの報道から引用するとこちら(↓)の箇所でした。

h
ttp://w
ww.afpbb.com/articles/-/3145025
(AFP、「米空軍士官学校の校長、差別落書きで偏見持つ者は出て行け」、2017/09/30/17:59) 
>> 「私の言葉を覚えておく必要がある者は、この言葉を記録し、覚え、周りと共有し、話し合え。『尊厳と敬意をもって他者と接することができない者は、出て行け』」

あくまで私見ですがインプレッシブなのは、自分の言葉を自分に重ね合わせることにいささかのためらいもない強い確信が伝わるってくること、

同様にあくまで私見ですが、尊厳と敬意をもって相手に接するということは「単方向」ではなくて、尊厳と敬意をもって接せられるヒトであれ、という言外の「双方向」が感じられたことです。

うまく言えませんが、単にそこに権利があるのではなく、(社会的な)役割があり、そこに社会構成員が全うすべき義務や責任があり、総じて社会が発生・成立する原点がある、という捉え方に。

・・・

翻って、発言/訓話の背景に目を転じると、近年(特にこの半世紀)の米国社会の変容や、最近の米国の世情というものを重ね合わせることになりそうです。

直接的に関連する最近の事象ではこちら(↓)だったのでしょう。

ttp://w
ww.bbc.com/japanese/40914856
(BBC、「米南部の極右集会に抗議、1人死亡、州知事は白人至上主義者に帰れ」、2017/08/13)

いろいろ考えさせられるところですが、(そもそもリー将軍って人種差別主義者だったのか? 違うのでは?等)

単純に差異(文化的・社会的・倫理的)を強調し敵愾心を煽れば、集団は暴力的に衝突するが、

そうしたやり方であれば、規律はいらない。(想像するに軍にあっては、戦う前から負けの状態でしょう。指揮・命令系統が機能しない戦闘ということで。)

あくまで私見ですが(経験でなく知識のレベル)、

ヒト本性には、攻撃と攻撃抑止の二つが予め備わっていているが、戦闘では、「本能が攻撃抑止を命じても攻撃する、逆に本能が攻撃を命じても攻撃抑止する」という特殊な状況に置かれる・・そこでは本能を「制御」しているとなっていて、私情にまかせて暴力を振るうのとは異質であると観ます。(相当な訓練なしではできないはず)

となれば、街頭デモという事象に感化され、その次元での敵愾心や暴力(性)を組織としての軍に持ち込み、またそれに無自覚であることは、「論外」となるのではないでしょうか? > 冒頭の校長の訓話

・・・

更に、近年の米国社会の変容(共同体の内部軋轢と傾向)というものに目を向けた時、人口動態要因、市場・経済要因が大きく効いていると観ますが、

同時に、唯一、ヒトだけが、パブロフの条件付けでもなく、オペランド条件付けでもなく、第三の条件付けである「社会的学習」により自己を確立させてゆく生物だ、と考えた時、

その社会的要因としての「教育」が、どうなって(しまって)いるのだろう? と考えさせられてしまう。

平たく言えば、(米国に限らず)当該社会は、社会的な「規範」を何に見出だし、それをどのように伝え、定着(共有)させようとしているのか?

そして、私見では、社会的学習に果たすメディアの役割は大きいと観ますし、ネット媒体を合わせればなおさらと観ますが、同時に残念ながらそれは・・等とも考えてしまいます。

とりとめなく失礼しましたm(__)m

改めていろいろ考えさせられる校長/中将の訓話でした。

ーーーーーーーーーーーー

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
4 / 213 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free