老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
3 / 220 ツリー ←次へ | 前へ→

【13472】「写憲」の勧め サムジー 18/9/29(土) 16:18

【13473】「押しつけ憲法」というより「お仕置き憲法... サムジー 18/9/29(土) 16:21
【13477】「9条」は「お仕置き憲法」 サムジー 18/10/3(水) 12:09
【13478】妄想 「交戦権」解釈 サムジー 18/10/3(水) 13:42

【13473】「押しつけ憲法」というより「お仕置き憲...
 サムジー  - 18/9/29(土) 16:21 -

引用なし
パスワード
   現憲法はGHQからの「押しつけ」であることには誰しもが理解することだと思います。
(いろいろ理屈を捏ねこれを認めないようにする人もいますが、こういう素直でない人との議論は不毛でしょうから無視します)

私は「押しつけ憲法」であっても別によいと思っています。
確かに現憲法には優れた考えを基にした良い条文が多くみられます。

問題なのは、押し付けた連中に「JAPが二度とアメリカに歯向かえないように」という意志が強く感じられることです。
この「二度と歯向かえなくしてやろう」と「お仕置き」を念頭に作成されたGHQ原案の条文が、現在問題となっている条文だと思っています。

【13477】「9条」は「お仕置き憲法」
 サムジー  - 18/10/3(水) 12:09 -

引用なし
パスワード
   私は9条の第1項について不満はありますが、内容自体は許容の範囲です。

不満要素は、戦争放棄について、日本国民がそう「覚悟」したという「正式な確認」が共有されていないことであります。

本当に気持ちが悪いのは第2項です。

まず「前項の目的を達するため…」とありますが、
「前項の目的」以外の場合について不明解です。
明らかに「法文」としては欠陥で、自衛隊保持の言い訳に使われます。

最大の問題は「国の交戦権」であります。

一般的に「交戦権」とは、宣戦する権利、宣戦を受けて立つ権利、ということだと思われますが、
第1項で戦争を放棄しておきながら、なぜ第2項で重ねて「交戦権は認めない」などとダブらせるのか?

自民党の石破議員の主張やネットで多くの意見を見聞きすると、
交戦する権利だけでなく「交戦上の手続きや制限」などの義務を含むのだ、とか、単にGHQ案の誤解釈・誤訳であるのだ、というのがあります。

実は、写憲の最中に、私なりの解釈(妄想?)が浮かびました。

【13478】妄想 「交戦権」解釈
 サムジー  - 18/10/3(水) 13:42 -

引用なし
パスワード
   「交戦権」は the rights of belligerency の訳語であります、
これはマッカーサーが書いたメモのフレーズだそうです。

マッカーサーは博識であり「belligerency」の意味を熟知していたでしょう。

≪ここから写憲しながら妄想が始まりました≫

「belligerency」の語源は中世ヨーロッパにおける裁判用語なのではないか?

中世騎士の訴訟を解決する方法に、「決闘」裁判があります。
決闘で勝利した方を正当であると 王様が判決を下すというものです。
この決闘において 当事者本人の直接対決では不公平な場合(体力差など)が生じるので、
代理(助太刀)を立てることが権利として認められます。

この代理(依頼)権が「belligerency」の語源ではないか、というのが私の妄想です。

だから第2項の「交戦権」は、自国が戦わなくても代理の第三国に戦闘を依頼することを指しているのではないか、ということです。

戦力を保持しなくても 代理(助っ人)に戦いを依頼する、
これでは第1項の戦争放棄の抜け道となってしまいます。

だから「交戦(代理依頼)権」を認めなければ、
第1項の戦争放棄と第2項の交戦権に法文としての重複はありません。

しかし、9条2項は日本語ですから素直に読めば重複の違和感は拭えません。

この妄想解釈がマッカーサーの意図であるならば、
日米安保・集団自衛権行使は明らかに憲法違反となります。

≪だから日米両政府は私の妄想解釈は絶対認めないでしょうね (笑)≫

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
3 / 220 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free