老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
3 / 220 ツリー ←次へ | 前へ→

【13472】「写憲」の勧め サムジー 18/9/29(土) 16:18

【13474】まずは「前文」−1 サムジー 18/9/29(土) 17:37

【13474】まずは「前文」−1
 サムジー  - 18/9/29(土) 17:37 -

引用なし
パスワード
   憲法前文は、643文字からなり 基本原則や理想を宣言しています。
そして「日本国民は」を書き出しとしてこれを主語とした15語の動詞から構成されています。

これら15の動詞は、
「行動し、確保し、決意し、宣言し、確定し、排除し、念願し、自覚し、
 信頼し、決意し、維持し、思い、確認し、信じ、誓う」で、
日本国民の意思と覚悟を示し、
平和と国際協調を重んじ 国民主権を宣言・宣誓しています。


私が気持ち悪く感じるのは、
日本国民がこれら15動詞の行動を本当に意識し、認めているのかどうですし、
これらを国民が政治手続きとして認識、承認する機会が与えられていなかったという実態です。

民主的決定プロセスに関与していないにも拘らず「日本国民は、信じて・決意して・誓って」いることになっていることです。
≪爺さん、婆さん、親父、お袋たちは、何を、いつ、信じて決意して誓ったのだろうか?≫ の疑問です。


この憲法は、部分改正であっても厳正な手続き(国民投票)が決められています。
にもかかわらず、憲法全部の新規制定時には国民の承認投票はなされていません、これおかしくないですか?

新憲法の制定は、旧憲法下の枢密院で審議され、貴族院で審議・承認されました。
この前文は旧憲法体制をけなし否定しており、そして我々は反省し、これからは国民主権だと高らかに宣言しています。

それなのに、国民には意思を示す機会がなかったとは・・・
これ、自己撞着っていうのじゃないですか?
とても気持ちが悪いし不快です。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
3 / 220 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free