老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
3 / 220 ツリー ←次へ | 前へ→

【13472】「写憲」の勧め サムジー 18/9/29(土) 16:18

【13480】迂闊というか、杜撰というか−2 サムジー 18/10/15(月) 9:42

【13480】迂闊というか、杜撰というか−2
 サムジー  - 18/10/15(月) 9:42 -

引用なし
パスワード
   刑法、民法などの法律と比べて、憲法のくせに厳密さがありません。

第36条、「・・・残酷な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。」の「絶対に」という言葉はここだけで使用されています。
他条での禁止事項にはありません。

だったら、第9条も「戦争は絶対に放棄する」とか「交戦権は絶対に認めない」と言うべきなのでは?

≪36条以外は「少しなら、やってもいいよ」ということなのか?(笑)≫


このほか、写憲中に気になって仕方がなかったのは、
あちこちで使われている、「国民」と「何人(なんびと)も」の使い分けです。

国民=日本国籍の人、何人も=すべての人々(国籍は問わない)、
だろうと思います。

ところで、第30条に「国民は、・・・納税義務を負う」と言っている。
だとすれば、外国籍の人には納税義務はないみたいな感じがしてしまう。

ここは「何人も」でしょうが!

≪ことほど左様に、この憲法はウカツというか、ズサンというか・・・≫

こういったイイカゲンなところが多い憲法、さっさときれいに書き直した方がいいと思います。

皆さんも、いちど写憲をしてみたらいかがでしょうか。
いろいろ感じることがあると思いますよ。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
3 / 220 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free