老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
1 / 235 ツリー 前へ→

【13609】まだ、日本だけは大丈夫?? サムジー 20/4/2(木) 12:55
【13610】コロナ以後の世界情勢は? サムジー 20/4/2(木) 18:08
【13611】ところで日本のリーダーは? サムジー 20/4/3(金) 5:59
【13612】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/5(日) 0:26
【13613】Re:ところで日本のリーダーは? サムジー 20/4/5(日) 19:57
【13614】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/5(日) 22:14
【13619】Re:ところで日本のリーダーは? サムジー 20/4/9(木) 15:49
【13620】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/9(木) 22:29
【13621】Re:ところで日本のリーダーは? サムジー 20/4/9(木) 22:47
【13622】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/9(木) 23:07
【13623】Re:ところで日本のリーダーは? サムジー 20/4/10(金) 6:53
【13624】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/11(土) 22:04
【13625】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/13(月) 12:52
【13628】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/13(月) 19:21
【13637】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/17(金) 21:16
【13639】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/19(日) 17:50
【13640】Re:ところで日本のリーダーは? 退役軍人 20/4/19(日) 18:09
【13641】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/19(日) 18:54
【13643】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/19(日) 19:26
【13642】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/19(日) 18:57
【13649】腹が立ってきました 風鈴カザン 20/4/23(木) 21:13
【13650】Re:腹が立ってきました 風鈴カザン 20/4/24(金) 20:20
【13651】Re:腹が立ってきました 風鈴カザン 20/4/25(土) 21:48
【13654】Re:腹が立ってきました 退役軍人 20/4/26(日) 21:58
【13655】Re:腹が立ってきました 風鈴カザン 20/4/26(日) 23:46
【13659】Re:腹が立ってきました 風鈴カザン 20/5/2(土) 23:22
【13667】新型コロナ感染者、韓国で再び増加傾向 ク... 風鈴カザン 20/5/9(土) 17:53
【13668】Re:新型コロナ感染者、韓国で再び増加傾向... かっくるなかしま2 20/5/11(月) 9:58
【13669】Re:新型コロナ感染者、韓国で再び増加傾向... 風鈴カザン 20/5/11(月) 17:56
【13672】Re:新型コロナ感染者、韓国で再び増加傾向... 風鈴カザン 20/5/14(木) 21:58
【13674】Re:新型コロナ感染者、韓国で再び増加傾向... 風鈴カザン 20/5/18(月) 23:41
【13675】WHOをめぐる米中対立 風鈴カザン 20/5/22(金) 19:31
【13677】横田滋さん死去、首相「申し訳ない思い」 風鈴カザン 20/6/6(土) 21:00
【13646】Re:ところで日本のリーダーは? 風鈴カザン 20/4/20(月) 23:21
【13616】Re: お久しぶりです かっくるなかしま2 20/4/8(水) 19:09
【13617】Re: お久しぶりです 風鈴カザン 20/4/8(水) 21:12
【13618】Re: お久しぶりです かっくるなかしま2 20/4/9(木) 1:01
【13633】Re: お久しぶりです 風鈴カザン 20/4/16(木) 22:30
【13634】Re: お久しぶりです 退役軍人 20/4/17(金) 1:25
【13636】Re: お久しぶりです 風鈴カザン 20/4/17(金) 15:13
【13635】Re: お久しぶりです かっくるなかしま2 20/4/17(金) 12:36
【13615】やっと出た "緊急事態宣言" サムジー 20/4/7(火) 7:05
【13626】政府は なぜ検査を嫌うのか? サムジー 20/4/13(月) 13:24
【13627】安倍さんの打つ手にワンテンポの遅れとズレ... サムジー 20/4/13(月) 17:34
【13638】まだまだ、安倍さんの打つ手にワンテンポの... サムジー 20/4/19(日) 10:00
【13644】ジャニーズが出来て・・・ サムジー 20/4/20(月) 13:06
【13647】やっぱり、この政府はオカシイ! サムジー 20/4/21(火) 13:02
【13629】Re:まだ、日本だけは大丈夫?? 退役軍人 20/4/14(火) 13:09

【13609】まだ、日本だけは大丈夫??
 サムジー E-MAIL  - 20/4/2(木) 12:55 -

引用なし
パスワード
   米政府は 新型コロナ感染による米国の死者が10万〜24万人になるとの予測を発表した。

また、米国に最も近い状況にある国はイタリアであり、それ以上の状況になるかもしれない、とも。

現在、世界の感染者が100万人、死亡者数は5万人(致死率5%)で、
当初見込みの致死率を大幅に上回ってしまった。(日本でも3.1%)


こういった情報を目の当たりにして、
日本の為政者達は何を感じているのだろうか?

日本だけは「何とかギリギリ堪えるだろう」と、
まだ思っているのだろうか?

感染者報告数の棒グラフを頼りにしているのでしょうか。
「まだまだ頑張っている」と?

そのグラフが実態を示してるものではないことに まだ気が付かないのだろうか?

みんな気がついているのに、口に出さないようにしていれば、と「言霊」に頼っているみたいです。

日本には政治家はいないのか?
腹を切る「覚悟」で緊急避難的な超法規措置をとろうとする政治家はいないだろうか?


私の悪口が 馬鹿話となることを・・・
やっぱり、祈るばかりです。

【13610】コロナ以後の世界情勢は?
 サムジー E-MAIL  - 20/4/2(木) 18:08 -

引用なし
パスワード
   たぶん、新型コロナが終息した後の世界は、大きく変化していそうに思いませんか?

まず、各国リーダーの勢力がどう変化するでしょうか。

米国トランプ大統領については、これからのコロナ対策の成否にかかるでしょうが、
初期対策のルーズさや判断ミスから、どう見ても良い評価を獲得できるとは思えません。
ひょっとすると大統領選にまでも影響するかも ・・・ しないですね。

中国の習近平主席は、上手く立ち回っていますね、
いま "コロナ先進国"の立場を利用して、中国は言いたい放題で "ある(無い)こと"ないこと中国を褒め称える嘘八百を並べています。
したたかな習氏は、コロナで躓いたついでに国内の邪魔者たちを蹴飛ばして優位につきます。

それよりも、この機会を上手く利用したのはプーチンでした。
どさくさ紛れに議会を転がして、憲法改訂してしまい、それに対する反対運動をコロナ対策を名目に封殺してしまいました。
結果、何事もなく終身大統領の地位を確立してしまいました。
見事なもんです。

隣の文大統領も上手くいったんじゃないですか。
コロナ対策が彼の能力によって上手く処理した訳ではなくても、
結果的に韓国は見事に対処できました。
この勢いで国会議員選挙を突破できれば万々歳です。

【13611】ところで日本のリーダーは?
 サムジー E-MAIL  - 20/4/3(金) 5:59 -

引用なし
パスワード
   安倍首相を強く支持してきた私ですが、
今回は安部氏の決断・指導力に疑いを持ちました。
具体的政策はなにも出てこないし、
国民へのメッセージも陳腐な役人原稿ばかりで、
まったく失望しています。

世界のリーダー達は、優れたものであるかどうかは別にして、
力強いメッセージで国民に訴えています。

挙げ句のはて出てきたものが "布マスクの配布" とは、
日本国首相としてのリーダーシップの発露だとは・・・ 恥ずかしくなります。

こんなことでは「ポスト安部」に関心が集まることになるでしょう。
ここまでミソをつけては、安部氏が指名する後継者にも優位性はありません。

それで浮上するのが・・・ダークホースの石破氏かも。
乱世の後には意外な駒が転がりでるかもしれません。

【13612】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/5(日) 0:26 -

引用なし
パスワード
   ▼サムジーさん:

こんばんは。

>安倍首相を強く支持してきた私ですが、
>今回は安部氏の決断・指導力に疑いを持ちました。
>具体的政策はなにも出てこないし、
>国民へのメッセージも陳腐な役人原稿ばかりで、
>まったく失望しています。

そんなに酷い対応なんでしょうか。
結果論と言えばそれまでですけど、感染者数も死者や重篤患者もいまのところ
少なめに抑えられていて、それほど悪い対応をしているとは思えないです。
(私は安倍さんの支持者ということではありません。)
法治国家なのに超法規措置を取ってしまうなら、それは法治国家ではありませんね。
その措置というのが必要ならばそのための法律を作ることこそ政治家の仕事と考えます。
恐らくそれを必要とする非常事態というのは、すぐに思いつきませんがあるのでしょう。
でも、とりあえず議会制民主主義の国なのでその時の空気で安易に手順を飛ばしてしまうことが許されていいかというと、良くないと思います。
法が現実に追い付いていないなら改正すればいいではありませんか。


舐めている積りはありませんが、コロナについては世界的にリスクに見合わない
過剰な対応をしていると思っています。
安倍さんといいますか政府がこの問題に対して際立ってまずい対応をしているというなら、少なくともその時点で何千何万人かの死者がでていないと理屈に合わなくないですか?
(特にいい対応をしているとも思っていませんが)

この問題が終息するまでには残念ながらより多くの人が亡くなるでしょう。
かくいう私が死ぬかもしれません。
でも、コロナに対して過剰な人的、物的、経済的対策をしてしまったがために
それを大きく上回る命や生きていくうえで必要な長年培ってきたインフラなどが犠牲になってしまう、そんな絵面が透けて見えてならないんです。

日本では政府の対応に関係なく、花粉症対策などのため元々マスクをすることに抵抗のない習慣もあり、かつ比較的潔癖症な国民性なども相まって他の諸国より感染拡大を防いでいる側面はあると存じます。
でも、政治というのはやはり結果責任がまずあってしかるべきでしょうし、
一億以上の人口を抱える経済大国でこの現状は客観的に健闘していると言われるレベルではないですか。
メディアや現地でニューヨークの知事が持ち上げられていますけど私には理解できません。とてもお気の毒ですが当地の惨状と日本の現状では日本の方がはるかにましです。

致死率が数パーセント、これは分母の現実にははるかに多いであろう捕捉されていない実際の罹患者を考慮に入れられたものではありませんので意味がある数字とは思えません。
死者も捕捉されていない方が多数いるでしょうが、それにしても、です。
若者や健常者は過度に恐れることはないという人もいますが、私は賛成です。

決して甘く見ていいようなウィルスと思ってはいないです。

ただよく言われていることですが、インフルエンザでも毎年流行して多数の死者を出していますけど、都市封鎖せよとかコロナレベルで外出を禁止したり色々やらないですよね。
「未知の病気だから」厳しくやれってよく聞きますけど、ざっくりした致死率とか感染率とかそういうのは既に判明しているのではありませんか。
薬や治療法にしても、対応するものが確立していないから等と聞きますが、他の既存の感染症ではあまねく世界中に必要な分量が行き届いているでしょうか?そうではありませんよね。インフルエンザに限らず毎日多くの人が様々なウィルス由来で亡くなっています。

常識的にマスクをしたり、なるべく人込みを避けたり、手洗いをまめにしたり、そういうのをやって、それでも感染したら仕方ないと思いますよ、私は。

どうしてコロナウィルス「のみ」にここまで過剰対応するのか。

未知のウィルスの流行なんてものは、今後今より頻繁に起こりうるでしょう。
否、起こるでしょう。
グローバル化の副産物と言ってもいい。
人口密度が増して物流と人の往来がなければ成り立たない仕組みの世の中で、
一体どうしたら、第二第三のコロナを防ぐことができるというのでしょうか。

正面から戦って勝ち目のない相手にはのらりくらりやり過ごすのが生きていく知恵ではないですかね。
それでも死ぬときは死ぬ、それだけのことじゃないでしょうか。
西欧人は自然を支配しようという意識を持っているみたいですね。
それは彼らが歴史の中で育んできたものでしょうから、否定しようとは思いません。
しかし、良くも悪くも何とか自然と共存していこうという風土を培ってきた日本人がこんなことまで真似しなくてもと思えてなりません。
単純に寿命の長いことから見ても日本人の健康にないする観念はおおむね間違っていないと思います。

客船の対応に対する世論一つとっても、わずか数日でころっと変わってしまいました。
C調の極みですが、自分も含めて視野が狭い範囲で固定されると人間なんてそんなものです。
このウィルスの問題は少し俯瞰して考えるよう心掛けるべきじゃないかと思います。
一つ一つの事象に一喜一憂していると全体を見誤る、普段耳タコで聞くことなのに。

ウィルスの流行のたびにこの程度の致死率と感染力のものに対して、今回と同じような対応をしていたら、それこそ終わりの始まりと思えてなりません。
今流行しているのは狂犬病ではなくコロナウィルスなんです。

所詮人間は動物の一種です。
病気に対するリスクを限りなくゼロに近づけていこうという一見まともそうな考え方には私は首肯できません。
水清ければ魚棲まず、なんて言いますしね。
潔癖にこだわりすぎるあまり、掃除に没頭して頭ぶつけて怪我してしまう、みたいな。
シャレになりませんが過剰な反応ってこれとどこが違うのか私には分からないのです。

冷静にみればコロナ由来よりはるかに多い人が別の要因で毎日死んでいます。
コロナが最悪の広がり方をしたとしても、それと比較にならない多くの人々は死に続けていくことでしょう。

なぜか。

人は動物の一種であって、例外なく死に向かっているからです。

こんなものに予算の何割も投入しろ、そうしないとリーダーとしておかしいみたいな風潮は居もしない宇宙人を恐れて皆でシェルターに閉じこもっている姿と何も変わりなく見えてしまうのは、私の目がおかしいんでしょうかね?

仮に今から一年間酒の販売と摂取を世界中で禁止にしたらたぶん、飲酒を続けていたら死んだであろう多くの人命が救えるんじゃないかと(根拠はありませんが)想像します。
そういうもの、いっぱいありますけど、死ぬ可能性があるとわかっていてやっているものはそこら中に満ち溢れています。
ジャンクフードや自動車、化学工業。。。
タバコなんてCMを制限したり健康被害を喧伝するくらいなら、いっそのこと販売禁止にすればいいんですよ。
しませんよね?
私はそんな世の中は嫌ですし、それこそストレスで死んでしまいそうです。

繰り返しますが決してコロナを舐めてはいませんが、ここまで恐れおののく風潮というのは理解できません。

刻々と伝えられるどこで何人罹患、死亡したという情報の放出が積もりゆく雪のように大局を隠していくのではないかな。

でも、騒ぎが収まって振り返った時人々は何を思うのかちょっと興味はあります。

【13613】Re:ところで日本のリーダーは?
 サムジー E-MAIL  - 20/4/5(日) 19:57 -

引用なし
パスワード
   ▼風鈴カザンさん:

レスありがとうございます。

まず、現状認識に差があるということですね。
私の新型コロナについての認識は、
「とんでもない事になりそうだ」であります。

>法治国家なのに超法規措置を取ってしまうなら、それは法治国家ではありませんね。

この点も政治(家)に対する認識の差でしょうね。
政治家が法に従わなければならないのは当然です。
しかし、法の範囲内で統治の全てをこなすのなら 政治家は不要で、役人に委せれば良いことになります。

>安倍さんといいますか政府がこの問題に対して際立ってまずい対応をしているというなら、少なくともその時点で何千何万人かの死者がでていないと理屈に合わなくないですか?

この点が最も風鈴カザンさんとの差があります。
コロナが「大した事態ではない」というのなら、
国民に向かって「安心ですよ」と言うのが政治でしょうし、
何千何万もの犠牲者が「出てからでは遅い」と私は恐れるのです。

何も打つ手が無いというのなら、騒ぐこともありませんが、
政治の力で犠牲者を減らせるのなら、努力するのが政治だと思うのです。

>でも、コロナに対して過剰な人的、物的、経済的対策をしてしまったがために
>それを大きく上回る命や生きていくうえで必要な長年培ってきたインフラなどが犠牲になってしまう、そんな絵面が透けて見えてならないんです。

こういったことに対するバランス感覚が、政治家の最重要資質であり、
それによって国民の生死を左右するのであれば、注目せざるを得ません。

>でも、政治というのはやはり結果責任がまずあってしかるべきでしょうし、

結果責任で済む問題か否かです。
次の選挙で評価すればよい、で済むのかという問題です。

>どうしてコロナウィルス「のみ」にここまで過剰対応するのか。

>それでも死ぬときは死ぬ、それだけのことじゃないでしょうか。

そもそも風鈴カザンさんのご見識に、異論を挟もうという気はないのです。

問題は「国民の納得」だと考えるのです。

季節性インフルエンザ、交通事故でも毎年多数の死者が出ます。
細菌性の肺炎なら何万人も死にます。
コロナの肺炎で一万人死んだとしても、数字だけ見れば大したことではないでしょう。

「何故騒ぐのか?」
それは「国民が納得」できるか否かの一点です。

「政府が何とかしてくれたら、父ちゃんは死なないで済んだのでは?」という様に思う国民がいるかどうかで、
政治的な問題となるか否かの差があると思うのです。

「父ちゃんが死んだのは、酒の飲み過ぎだったな」というのであれば政治的な問題にはなりにくいです。

>でも、騒ぎが収まって振り返った時人々は何を思うのかちょっと興味はあります。

「あれは騒ぎ過ぎだったな」であれば結構なことなのでは?

【13614】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/5(日) 22:14 -

引用なし
パスワード
   ▼サムジーさん:

こんばんは。

>>法治国家なのに超法規措置を取ってしまうなら、それは法治国家ではありませんね。
>
>この点も政治(家)に対する認識の差でしょうね。
>政治家が法に従わなければならないのは当然です。
>しかし、法の範囲内で統治の全てをこなすのなら 政治家は不要で、役人に委せれば良いことになります。

私は手続きに縛られることが嫌いです。

でもだからこそ法による支配は社会にとって不可欠と思います。

めいめいが好き勝手に行動をしだしたらとても秩序は保てません。
コロナ騒ぎに限りませんけど日本ではなぜ災害時などもそこそこ秩序が保てているのでしょうか。
例外はいっぱいあるものの、手続きや規則、順番などを多くの人たちが守るからではないですか。
万能な法は存在しません。
現実と間尺に合わなくなったら変えればいいでしょう。

それが間に合わない、おっしゃるところの「超法規的」措置が必要であれば
そうすべき時もあるのでしょうが、北朝鮮が首都圏に原爆の弾道ミサイルを落とすとかエイリアンが攻めてくるくらいのインパクトがないと私は反対の立場です。


>>安倍さんといいますか政府がこの問題に対して際立ってまずい対応をしているというなら、少なくともその時点で何千何万人かの死者がでていないと理屈に合わなくないですか?
>
>この点が最も風鈴カザンさんとの差があります。
>コロナが「大した事態ではない」というのなら、
>国民に向かって「安心ですよ」と言うのが政治でしょうし、
>何千何万もの犠牲者が「出てからでは遅い」と私は恐れるのです。

怖くない人なんていないと思いますよ。
私が指摘しているのは、それは適切な怖がり方なんだろうかということです。
何千何万くらいの死亡因子なんていくらでも他に存在するのにどうして殊更コロナだけを危険視するのか、それは冷静さに欠けた所見ではなかろうかということを申しております。

>何も打つ手が無いというのなら、騒ぐこともありませんが、
>政治の力で犠牲者を減らせるのなら、努力するのが政治だと思うのです。

今更無理かと存じます。
既にメディアやSNS等を通じて世界的な世論が「コロナ恐ろしや」に十分傾きました。


>「何故騒ぐのか?」
>それは「国民が納得」できるか否かの一点です。

もう無理でしょうね。
仮にインフルエンザでもいいですけど連日コロナの報道と同じボリュームで
東京で何人、北海道の病院で院内感染発生等とニュースが流れるとしましょう。
やはりパニックになると思いますよ。
「マスコミがあんなに騒いでいる」「有名人の誰それが亡くなってしまった!」
あけても暮れてもそんなことを聞かされたら不安になる方が普通でしょうね。
勿論インフルエンザだって怖いウィルスでしょうが、普通の報道状況であれば普通に警戒しますよ、大多数の人は。

この空気を一政治家に変えろと言っても、そんなこと無理なんじゃありませんか?
仮にそんなカリスマ性を持った人が指導者なら別の意味で怖いですけどね。
指導者にリーダーシップは不可欠と思いますが今の空気はそういうものを超越した空の彼方に飛んで行ってしまっているようです。
ちなみに、私は安倍さんを弁護しようと言っているつもりは全くないです。
純粋に思ったことを書いております。

>「あれは騒ぎ過ぎだったな」であれば結構なことなのでは?

私にはそうは思えないです。
よく聞く話ですけれどね。
なぜかと言うと、高い確率でこの過激なコロナシフトによって目も当てられない恐慌がまもなくやってくるでしょう。
まず不可避でしょう。

既に農業国が主要作物の輸出に制限をかけ始めましたし、食料の価格高騰や品不足は避けられないでしょう。
主要品目も減産に注ぐ減産、もしくは生産・供給ストップ。
杞憂に終わってほしいですが、そういったことが紛争を招くことは十分あり得るでしょうし、
コロナウィルスそのものよりも、過剰な対策による二次、三次災害が比較にならない規模でやってくると思います。
こんなしょうもない予想は外れてほしいです。
でも私の馬鹿な脳みそではそうならない近未来の方が想像が難しいですね。
実際人々の抱える恐怖の所在は現時点でも、ウィルス感染や死の恐怖に負け劣らず主に経済の破綻による生活の不安が占めているのではありませんか。
遠からず報道の重点や人々の興味もそちらへ移行していくことでしょう。

既に中国で別のウィルスが発生して死者も出たそうです。
とてもお気の毒ですし大変なことですけど、現状に輪をかけた対策を始めるのでしょうか?
きりがありませんし、私には二次災害の方がよほど恐ろしい。
島国で資源もない、食料もない、そんな国に訪れる惨状はいかに?
コロナ騒ぎの本当に恐ろしいところは第一波ではない。
その次以降こそが本当の恐怖の始まりではないか、そうみています。

現実的に、食料の不足は最も死に直結するのですぐにでも農業に予算を投入して今年度の自給率を上げていくことを私は最も期待します。
マスクの輸出を停めたようにアメリカ等の農業大国が穀物の出荷制限や停止に踏み切ったとしても何ら不思議はありません。
売るにしても値段が跳ねあがるでしょう。

残念ながらメタンハイドレードなどのエネルギー関連はすぐに実用化はできませんが、食糧の増産は金さえかければある程度はすぐになんとかなるはずです。
災い転じてって感じにしていければと思いますが、まずそうはならないでしょうね。

【13615】やっと出た "緊急事態宣言"
 サムジー E-MAIL  - 20/4/7(火) 7:05 -

引用なし
パスワード
   本当に「やっと」であります。

JNNの調査(4月4、5日)によれば、
宣言を早く「出すべき」だと答えた国民は80%であったということであります。

そもそも政府のコロナ感染防止対応については、
「評価する」が31%(←先月37%)
「評価しない」が55%(←先月50%)
であることからも、国民の意思は宣言を「早く出せ!」であったと思われます。

内閣支持率も前回調査から 5.7pダウンの43.2%と、ここ3年間の最低となりました。

政党支持率においても、自民、立民が大きく下げたにも拘らず、
大阪府知事などが、早くから宣言発出を求めていた維新が大きく支持率を上げました。

素晴らしいですねぇ、日本国民はチャンと理解しているのですね。

遅きに失したとはいえ、
今後は日本人の見識の高さ、生活習慣の慎ましさ、
罰則がなくても政府要請に協力する、といったガバナビリティの高さを発揮するときであります。

ここで日本国民が"ワン チーム"となり活動すれば、
日本のコロナ対策を批判(バカに)した海外メディアや政府を見返すことができましょう。

そして「一目置かれる国民( ≠ 政府)」になりましょう。
そう確信しております。

【13616】Re: お久しぶりです
 かっくるなかしま2  - 20/4/8(水) 19:09 -

引用なし
パスワード
   ▼風鈴カザンさん:

こんばんは。

大変ご無沙汰しておりました。

お名前を拝見して懐かしく、まずはご挨拶をと思い、横から失礼いたします。

引き続き、よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーー

【13617】Re: お久しぶりです
 風鈴カザン  - 20/4/8(水) 21:12 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしま2さん:

こんばんは。

お元気でしたら何よりです。

私はこの度の騒ぎはあまりにも度が過ぎていると思っています。

一握りの投資家がこれに乗じてうまく勝ち逃げるくらいで、圧倒的大多数の人々は必要以上の不利益を被ってしまうでしょうね。

ちょっとしたきっかけで、あいつは悪い奴だとうわさが広まると、知りもしないで多くの人々が便乗するようなことはよくあります。
「初回に限りお一人三個まで半額です!」と宣伝されるとつい電話をしてしまう。
人間なんてそんなものです。
かく言う自分も知らず知らずつい乗っかってしまうことはあります。

集団心理の弱点をつけば最も費用対効果がよく大きな結果が得られるということを良からぬ人たちは今大いに学んでいるのではないですか。

諸々の負の副産物によって、近い将来長きにわたり人類は苦しめられる気がしてなりません。

【13618】Re: お久しぶりです
 かっくるなかしま2  - 20/4/9(木) 1:01 -

引用なし
パスワード
   ▼風鈴カザンさん:

こんばんは。

カザンさんの【13612】を拝見していて、かなりのところ同意いたしております。

未知のものへの恐怖心を触媒とした集団的なパニック状態であり、

ご指摘のように、リスクに見合わない過剰な反応が生じているのではなかろうかと。

(実際に罹患されたり命を落とされた方々はとてもお気の毒であることは言うまでもないことですが)

事態がいずれ収束をみた後の評価はいったいどうなるのか、

カザンさんと同様、そこにも大きな関心を持っています。

(人類の愚行史の一つとして記される可能性がなきにしもあらず。)

起きている現象は、自然の摂理である、と言ってもよいと思っています。

ワクチンの投与も含めて感染することで免疫力を獲得する、本質的には受け容れるしかない性質のものだと思っています。

カザンさん、サムジーさんのご意見に今一度よく目を通した上で、追ってまた返信させて頂きます。

ではまた。

ーーーーーーーーーーーーーーー

【13619】Re:ところで日本のリーダーは?
 サムジー E-MAIL  - 20/4/9(木) 15:49 -

引用なし
パスワード
   風鈴カザンさんは、
今の新型コロナ対策については、騒ぎ過ぎだとおっしゃいます。

>「超法規的」措置が必要であれば
>北朝鮮が首都圏に原爆の弾道ミサイルを落とすとかエイリアンが攻めてくるくらいのインパクトがないと私は反対の立場です。

このような「極端な事象」であれば、誰もが「超法規的」措置に異論の余地はありません。
ですから、こういった極端な事例を持ち出しての議論からは、私は退避させていただきます、悪しからず。


>私が指摘しているのは、それは適切な怖がり方なんだろうかということです。
>何千何万くらいの死亡因子なんていくらでも他に存在するのにどうして殊更コロナだけを危険視するのか、それは冷静さに欠けた所見ではなかろうかということを申しております。

今回の新型コロナに 多くの人が恐怖心を持つのは、医療面で「有効な対処法が無い」といわれることです。

確かに、従来のインフルエンザ等と新型コロナの害毒性に大差は無いとしても、
それぞれへの対処法が「アリ・ナシ」では 格段の差があります。

対処法の無い新型コロナの場合、何も手を打たなければどこまで拡大してしまうのか?
かつてのスペイン風邪のように、何百万人も犠牲が出るかもしれない・・・

この「見極めのつかない」ところが、危険視・恐怖心の元でしょう。
こういったことに対して、国民に冷静さを求めるのは無理だと思います。


>高い確率でこの過激なコロナシフトによって目も当てられない恐慌がまもなくやってくるでしょう。
>まず不可避でしょう。

緊急事態宣言により、国民の活動を制限すれば経済的に大きなダメージが当然発生します。
それが「目も当てられない恐慌」となるのか、
「仕方がなかったね」と国民が納得するレベルでおさまるのか。
それは、各国リーダーの力量と国民の信頼感によるのでしょう。

ドイツでは、死亡者数・死亡者率はイタリア、スペインに比べて大差がありますし、
加えて、ドイツ政府の国民生活支援に対する措置が素晴らしい。
ドイツで働く日本人が驚いていました。
ネットで仕事内容と税金番号を入力して申請すれば、日本人であっても二日後に何十万円かが口座に振込されたそうです。
こうあれば、国民に恐慌心を起こさせることは無いでしょう。

こういったことで、日本が「比較的上手くやった」と国民から評価されることを望みますが、
今の安倍政権の対処法を見ると、私は疑問を持たざるを得ません。

マイナンバーと銀行口座で申請すれば2、30万円が振り込まれる、といった方式がなぜ採用できないのでしょうか?
ちなみに、この案を官邸に3月の中旬に提案してみましたが・・・ できないのかなぁ。

【13620】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/9(木) 22:29 -

引用なし
パスワード
   ▼サムジーさん:

こんばんは。

>>「超法規的」措置が必要であれば
>>北朝鮮が首都圏に原爆の弾道ミサイルを落とすとかエイリアンが攻めてくるくらいのインパクトがないと私は反対の立場です。
>
>このような「極端な事象」であれば、誰もが「超法規的」措置に異論の余地はありません。
>ですから、こういった極端な事例を持ち出しての議論からは、私は退避させていただきます、悪しからず。

それは構いませんが、私はたとえ悪法であろうと法は順守すべきであるという考えですので、例示したほどの「極端な」事例を除き為政者がこれを捻じ曲げることに対してはあくまで反対の立場です。
極論を提示したのは、法を順守することはそれほど尊いことではないかということを表現したつもりです。

また、超法規的措置なんて無用だろうという理由の一つは、ここは日本だからです。

中国とかロシアなどでは大国には違いありませんけど指導者が、おれが法なんだと言わんばかりのことがよくあります。
たとえば体制に覚えの悪い影響力のある人たちが信じがたい罪状でよく捕まりますし、ウイグルとかチベットなどは地域丸ごと弾圧され続けていますが法の解釈・執行を盾にして戦う術を実質彼らは持ちません。
これは現代社会で、事実上戦う前に負けを宣告されたに等しい。
それどころか超法規的に蜂起しようものなら格好の口実にされて弾圧が更に酷くなるだけです。

こんな社会を望みますか?

法を曲げて運用することを受容するということは、言い換えれば為政者に悪夢を生みかねないフリーハンドを与えてしまうということですし、多くの国民が「超法規でやってくだせえ」とお願いするなんて正気の沙汰とは思えません。
あえて名前は書きませんけど日本でももしあの人が首相の時に「超法規的」に暴れられたらと、想像するのも恐ろしい方の顔は浮かびませんか?


今は一種の超法規ブームですけど、社会が一体になりそれを受け入れることはないでしょう。

何故ならここは日本だからです。

ただ、まったく擁護するわけではありませんが中国とかロシアの指導者の立場に立って考えると、統治していくのに強権を発動していかないと事実上まとめきれない現実というのもやっぱりあるとは思います。
多民族国家の哀しき宿命という側面は正直、ある。
歴史的に根差す風土というのも一朝一夕には変えようがない。
(強調したいのですが、まったく肯定して言っているのではなく現実に、そういう背景もあるでしょうという指摘です。そして同時に彼らがなぜ人治主義的な統治を続けるのかを理解するうえでこの点を無視したり突き放し過ぎてもお互い歩み寄りはできないと思います。)

ところが、日本というのは幸運にもそういった悩みが他の大国と比べて著しく軽く済んでいるという大きな利点があります。
赤信号は自動車が見当たらなくても渡らないでくださいという規則に、多くの人々が文句も言わず従う国民性があります。
強力なリーダーが出現しないのは、逆説的ですがそんなものいなくても大過なくやっていけてしまうという下地があるからこそでしょうね。

また、そもそも超法規で何をやるのでしょう。

私には言葉が独り歩きをして、あたかも魔法の杖のような誤ったイメージが先行しているとしか思えません。
超法規ということばが期せずして目的化している。
超法規的なことをしたら、全てがうまくいくといったような。

「超法規措置としてしかじかの策を講じる。結果こうなる。めでたしめでたし。」

納得のいくこう言った説明を私は見たこと聞いたことがありません。

余談ですが憲法改正に私は賛成します。
でも、超法規的に?改正することには反対です。
ま、そんなことできるわけないんですが。


>今回の新型コロナに 多くの人が恐怖心を持つのは、医療面で「有効な対処法が無い」といわれることです。

それはそうかもしれませんが、不治の病、致死率の高い治療の難しい病気なんていくらでもあるんですけどね。
厳密にいえば「必ず治る病気」なんてものはほとんど存在しませんし。
コロナが消えても罹患す可能性のある数えきれない治療法の確立していない病への恐怖に死ぬまで怯え続けるのはとても辛そうです。
少なくとも私には耐えられそうもない。

今朝の段階で世界でコロナの感染者約135万人、死亡者約8万人。

また、世界の人口は76億くらいで、年間6000万人が亡くなり1億3000万人が生まれているそうです。

亡くなった方お一人お一人は病気であれ、事故であれどんな理由でもとてもお気の毒です。それぞれにもっとこうしたかった、夢半ばだったとか、中には悔いは全くないとか、色々でしょう。
8万という数字が最終的に100万になるのか1000万になるのか分かりませんが、6000万人の命とコロナの死は基本的には等価です。
コロナの感染症を蔑ろにしてはいけませんが過剰な対策のしわ寄せで助かるはずの命をなるべく少なくしていこうという試みや動きが足りていないという印象が私には感じられます。(現実は確認の仕様もないのであくまでも、独り言です)

もっと言うなら、もしこの統計が正しいなら年に7000万人人口が増えているということで、本質的にはこのことの方がはるかに注目に値することと思います。


パニックはその原因そのものよりも、それこそ感染率の高いウィルスのように人から人へパニックの感情や不安が伝播し収拾がつかなくなるこそが最も恐ろしいはずです。

この度のパンデミックと呼ばれる現象は私は実質的には不安のパンデミックであると認識しておりますし、最早独裁者であろうとカリスマであろうと抑え込む手段はないと思っています。

とても残念ですが。

あとは日にち薬頼みですね、たぶん。

【13621】Re:ところで日本のリーダーは?
 サムジー E-MAIL  - 20/4/9(木) 22:47 -

引用なし
パスワード
   とりあえずの確認をさせていただきます。

「超法規」を持ち出されたのは風鈴カザンさんです。

私の主旨は、法が規定・表現できないところや 法の想定していなかったところについては政治家の分野だ、ということです。
法をねじ曲げたり悪用することを 是認する主張を展開したことはございません。

表現が稚拙でご理解いただけなかったことを お詫びいたします。

【13622】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/9(木) 23:07 -

引用なし
パスワード
   ▼サムジーさん:

こんばんは。

>とりあえずの確認をさせていただきます。
>
>「超法規」を持ち出されたのは風鈴カザンさんです。
>
>私の主旨は、法が規定・表現できないところや 法の想定していなかったところについては政治家の分野だ、ということです。
>法をねじ曲げたり悪用することを 是認する主張を展開したことはございません。

とのことですが、

【13609】まだ、日本だけは大丈夫??

上記にて

>日本には政治家はいないのか?
>腹を切る「覚悟」で緊急避難的な超法規措置をとろうとする政治家はいないだろうか?    

とおっしゃっていたので、それに基づいて思うところを述べました。
ただ、私はいわゆる勝った負けたということを目的にして思いを書いているのではないので、気にしないでいただければ幸いです。

繰り返しになりますが法で想定していないことは法を改正乃至は立法することにより対応することがなされるべき法の運用と考えております。
それ以上は既に述べた通りです。


>表現が稚拙でご理解いただけなかったことを お詫びいたします。

私は稚拙な表現ということでは大抵の人には負けない自信がありますので、どうかご放念ください。

【13623】Re:ところで日本のリーダーは?
 サムジー E-MAIL  - 20/4/10(金) 6:53 -

引用なし
パスワード
   アハッ!
すんません、何せ もうすぐ後期高齢者のボケじじーです。
自分の言ったことをすぐ忘れてしまいます。
勘弁してください。 m(_ _)m

私の気持ちは、現行法が想定を超えた事象に対して「法が、法が」と法文を盾にとり、
今回のコロナのような人命に関わり、国民にとっての最も優先すべきことへの一歩を踏み出さない政治家が目につくからです。

小池都知事などが典型で、
何を聞かれても「十分に精査して」とか「よく調整し 早急に」とかの台詞ばかりで、明解な結論や決断を口にしたことがありません。

愛知県知事も同様です。
北海道の若武者知事と較べると情けなくなります。

といっても、毎度「人権」を持ち出し批判するマスコミにもうんざりです。
最も重要な人権は「命」なのにです。

バランス感覚が肝要です。
人の命、人権・自由や経済の優先度を間違えないでほしいのです、
「極論や 錦のみはた」を持ち出しての議論には うんざりです。

【13624】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/11(土) 22:04 -

引用なし
パスワード
   以下備忘録としてコロナ雑感。
酔いが回っているので推敲はしませんし、書きなぐりなので悪しからず。

1)日本では恐らく欧米ほどはコロナによる死者は今後も出てこないと思われる。

理由は分からないがおしなべて日本のみならず東アジア全体にわたり比較的死者の割合が少ないことから類推して、特にモンゴロイド系の黄色人種がこのウィルスに対して比較的耐性を持っている可能性がある。
この視点を聞いたことはないけど、自分はそんなに荒唐無稽でもないという気がしています。

BCG摂取などが因果関係は分からなくとも結果的に感染もしくは症状悪化などに肯定的作用をもたらしている可能性がある。

日本人の生活習慣が感染リスクの低減に寄与している可能性がある。

こういったことが単独もしくは複合的に貢献して事態を停滞もしくは沈静化する方向に作用している可能性がある。
もうしそうでないなら、とっくに死者が続出していないとおかしいし、何日前から「二週間後のニューヨーク」と聞いているか分からないけどいまだに実情は「二週間前のニューヨーク」であり比較的落ち着いた状態は保たれている。
今後感染者、犠牲者は残念ながら増加傾向になっていくと思われるが、破滅的状況は回避されるかと思われる。


2)従来の検査数を抑え気味にする対策は恐らく今後も継続していくべきと思う。

・周知のこととして医療機関やそれに準ずる施設は感染のリスクが最も高い場所であり、ここに訪れる人の数を少なめに抑えることには合理性があると思われる。病院に病人が集まるのは当たり前であり、どんなに消毒をしようとも院内感染のリスクは他のほとんどの施設やイベントなどよりも高いと推測される。顕著な例ではイタリアでは医者をはじめ医療従事者がすでに相当数犠牲になってしまったけれども、医療従事者に高いリスクと分かりきったうえで職務に応じさせる尤もらしい理由は何も認められない。彼らが多く犠牲になれば、質量ともに確実に低下するであろう医療を受けざるを得ない国民一人一人にしわ寄せが行くのは考えるまでもない。
崩壊した医療インフラを再構築するのにかかる時間、費用、その間の派生的リスク、そういったものを重点的に意識することは当然と思う。

そもそも検査は治療ではない。
検査数を絞ることによって残念ながら中には感染者が病状を悪化させる例は出てくる。
しかし、元々感染者、犠牲者をゼロにできないことを前提にいかに総合的に最終的な死者を少なくしていくかを考える時に、現実にこれまで際立って死者数が少ないことを踏まえ、ベストではないと思うが出来うる中でベターなやり方と思うが、おかしいのだろうか?

・まもなく気温が大幅に上がってくるまで医療体制を崩壊させない一見遅々とした施策は印象として頼りなく映ろうと多くの感染症が外気の上昇に従って勢いを減速させていることから鑑みても、むしろ方法論としてオーソドックスな手法であるとみる。
初めてのことで有効な対策が中々確定しにくい中、ウルトラC級の一手を過剰に求める意味不明な論調に迎合せず、石橋を渡るがごときやり方は無理な冒険をするよりもよほど安心していられる。ウルトラCを要求するバカ騒ぎにおもねる必要は全くない。騒ぐならウルトラCを提示できなければならないが、誰がそんなことをできるというのか?

3)過剰な外出自粛に意味があるとは思えない。

発生源と思われる中国から発生後しばらく多くの観光客を受け入れ、その後もイベントや無用な外出の自粛を呼びかける動きなどはあったが、例えば世界有数の過密公共交通機関の利用制限が長きにわたり放置されてきて今があるということにもっと留意すべきであると思われる。

つまり、いまさら言うまでもなく巷間発表されている「感染者数」なる数字にはほとんど何の意味もなく、実数は100倍1000倍単位の感染者がいると推測する方がごく自然ではないだろうか。
そして、それなりの感染者が既にいるにもかかわらず、理由が分かろうと分からまいと現実に日本では犠牲者数は割合的には他の感染症と比較して際立った対策を施すべき水準に達しているとはいいがたい。
慎重に接触を避けながら社会生活を継続していこうという散発的に聞かれる意見が国賊のように糾弾されるを目にする機会があったけど私には理解できない。

4)権威に依存することに大きな意味はない。

感染症の流行に対して本来最も率先して適切な分析を行い世界を啓蒙すべき機関はWHOと思われる。
しかし、組織のトップをはじめ世界中から予算とエキスパートを集めた成れの果てを既に我々は十分すぎるほど目撃してきた。ノーベル賞受賞者とか目立つ肩書があるからと言ってそういった人々の提言を無視する必要は全くないものの鵜呑みにする必要は全くない。

それは政治家に対しても同様と思われる。
ほとんどの政治家の感染症に対する理解は恐らく我々一般人と大差はないと思われる。ましてや、専門家とされる人々も連日それぞれ真逆の意見を各メディアで表明している。
これは感染症に限った話ではない。
地震や火事や猛暑、あらゆる場面で専門家の方たちは、まったく統一性のないことを発信してきた。

アカデミックな方々を批判する気は毛頭ない。
しかし、科学なんて分野を問わずそういったもので、なんでも無条件にありがたく承ることはないのである。ましてや政治家をや。


日本で行われている感染症対策について、とりとめがないメモ書きのような書き方なのは申し訳ないが、ざっとこんなようなことを自分は感じております。

尚、経済対策については論点が拡散してしまうので、とりあえずこの病気の襲来、対策について書きました。

【13625】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/13(月) 12:52 -

引用なし
パスワード
   報道に目を通したりしても、考えは変わらないですね。

外出の自粛を呼び掛けても出かける人が後を絶たず、批判の対象となっています。
不要不急の外出はなるべく控えた方がいいとは思われますが。

諸外国からも日本人はこんな時にクレージーだ、もっと大人しく屋内にとどまるべきだ、危機感がないといった声があるという報道を度々聞く。元々の国民性からすると行動様式において日本と世界で一種の逆転現象が起きているとも言え自分はこれを興味深く観察している。

何故この週末も人々は完全に自宅待機することなく出かける人々が少なからずいるのか。それは危機感がないという言い方もできるが、危機自体が過剰に恐れるほどのものでもないということをある人は理屈で、ある人は肌感覚で感じ取っている結果の現象とも思う。
私は日本人は特別優秀とは思わないけれど決して愚かな国民とは思っていないのでこの点は大いに気になっている。

今朝の時点で厚労省発表によれば感染者6748人、死者98人だそうだ。単純計算で致死率約1.45%。想定される感染者の実数を踏まえると桁の変わる可能性が高い。さらに言うと一億二千万のなかで約100人である。お亡くなりになられた方がお気の毒であることは言うまでもない。
しかし、コロナウィルスは本当に日本において万難を排してもあたるべき脅威なのだろうか。
外国はどうであるかとかはとりあえず二の次であって、足元の日本の状況分析を重点的に対策を講じるのは当たり前と思う。何故かは分からないが今のところ日本人には比較的この感染症に対して耐性があるのは統計が示している。この数か月という期間のサンプルは十分ではないかもしれない。でも、まったく当てにならないほどの短い期間であるともサンプル数であるとも思えない。もしこれが考慮するに値しない経過観察としたら、何年待てば十分と言えるのだろうか。
解を導く公式はないと思われる。

感染源の中国と世界有数に密接なかかわりを持ち、中国に限らず外国との人の往来がウィルス出現後もしばらく相当な規模で続いた超過密国家日本で、人同士の接触が厳密に遮断されていたとは全くいいがたい状況が続いての結果がこれである。
仮に「8割の人同士の接触をなくす」ということが一か月徹底されたとしても、それによって国内からウィルスを根絶できるかと言えば無理だろう。どんなに接触を減らしても、いかに気を付けていようと新たな感染が一定数生じることは自明だからだ。たとえ外出を完全にゼロにするとして、親族間や施設に暮らす人々の間の感染リスクをゼロにすることは不可能だ。たとえば店の営業時間を短縮するということは、違う言い方をすれば短い時間は営業するということなのだ。感染が広がる過程では鼠算式に増えていくことが分かっていて、なぜここまで潔癖な対策にこだわるのだろう。今の散歩ですら小言が聞こえそうな風潮では、相対的に体力、免疫力が落ちてしまい精神衛生上も含めて少なからぬ健康被害が発生しないだろうか。

一か月この措置を続けてそれを解除してから感染が再び拡大しない保証などどこにもない。現状の感染力や致死率、重篤化率を踏まえれば、慎重に行動しつつ、検査や治療を重症患者にある程度絞り緩やかに沈静化を待つのは社会の全体的な被害を小さめに抑えるのに有効と考える。

このパニックの状況で無制限に検査や治療を始め人々が殺到したら医療の現場がどうなるかなど考えるまでもないだろう。咳や熱が出る、怪しいなという人はまずは自宅で待機していればいいではないか。こんなこと、通常の風邪にもあてはまることで、大した症状でもないのに安易に医者通いする人のお陰でどれだけ医療費が無駄に膨張しているのか散々言われてきたことではないか。とてもではないが、今の致死率で「ごほんっ」即検査というのはあるべき姿には思えない。それこそ都市封鎖のような対策を必要とする状況はウィルスが変異して大幅に感染力、致死率を上昇させた場合などに限るべきと考える。可能性としてそういう事態がないとは言えないが、そもそも多くのウィルスは変異しながら増殖し終息していくことは珍しくもなんともない。「なってからでは遅い」論に従えばこれからは毎年インフルエンザが流行するたびに同様の対策を施さなくてはならない。いつ何時変異して致死率を高めないとも限らないからだ。「なってからでは遅い」論は尤もらしい印象よりはあるけれど一理はあるとは思うけれど決して不動の真理ではない。

今回のコロナ対策がいわゆるデフォルトのようになってしまったとき、今後似たような新種のウィルスの感染拡大が続くと残念ながら大規模な紛争の発生は避けられないと思う。きれいごとでは済まない資源や食料などの奪い合いが起こるだろう。私はこれを人為的に仕掛ける勢力の出現を何より懸念する。
狂った妄想だろうか?

【13626】政府は なぜ検査を嫌うのか?
 サムジー E-MAIL  - 20/4/13(月) 13:24 -

引用なし
パスワード
   拙稿 2月26日付【13594】で

>私の疑問は一点「なぜ政府は検査に消極的なのか?」であります。

>2月14日中国大使館から検査キット1万が寄付のお申し入れがあった。

しかし、この申し入れに対して

>24日に厚労大臣は断った
との内容を、記しました。

なぜ検査キットを断ったのか?
日本に十分検査資源があるというのなら、
それ以降、検査体制を充実させようとしないのか?

いまだに自由に検査をすると、医療崩壊の引き金になってしまう、という理屈をいう人がいます。

これは、トリアージと症状別隔離体制の問題であることで、屁理屈は否定されています。

また、医療機関の関係者を丁寧に検査すれば、院内感染を防ぎ医療崩壊の軽減に繋がります。

これをもっても、私は政府がなぜ検査に注力しないのか疑問でなりません。

中国から提供された検査キットが厚労省の認可を受けていないから使えない、という理屈をいう人がいます。

であるなら、厚労省が自分で認可して 厚労省自身で医療行為を行うなら 何も問題はないでしょう。
提供されるキットはスイス製で、海外では既に一般に使用されているものです。

これで「行政検査」として、一万の検査キットを利用して全国的にサンプリング検査を実施し、感染率と分布の調査を行っていればどうだったでしょう?

コロナ対策の戦略立案と意思決定に大きな貢献をもたらしたのではないですか。?

これでも検査を嫌がるのは、なにか裏があるのではと疑いたくなります。

【13627】安倍さんの打つ手にワンテンポの遅れとズ...
 サムジー E-MAIL  - 20/4/13(月) 17:34 -

引用なし
パスワード
   現行のPCR検査にしても、安倍さんが検査の充実を口にしてから2ヶ月になります。
今だに、検査を受けられずに放置された感染者の話を聞きます。

そこで業を煮やした東京の医師会側から「PCR検査体制と組織」の提案を受けるというみっともないことになりました。

日本のPCR検査の体制が、もともと貧弱であったことを批評するのは後にしましょう。

しかし、世界で行われている検査に目を向けないのは頑迷としか思えません。

今からでも遅くありません、簡易検査方式を早急に導入して、
医療関係者、警察、救急、役所の窓口、各交通機関、学校・幼稚園関係者など、
感染の危険を犯して公務に携わる人を優先し、
感染の疑いのある人にはドンドン現場から外れてもらうべきでしょう。

こういった検査はとても重要で防疫に大きな効果を発揮すると思うのです。

安倍さんはPCR検査能力を20,000件にアップすると力んでも、今日現在の検査件数は やっと7,000程度であり、
それでも検査技師達は疲弊しています。

やはり、今後は簡易検査キットの導入の方が優先となるでしょう。
マスクの配給などは末節のことです。

ことほど左様に、安倍さんの打つ手はワンテンポ(以上)の遅れとズレを感ずるのです。

【13628】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/13(月) 19:21 -

引用なし
パスワード
   感染者数の多い主な国(4月12日正午時点厚労省とりまとめ)というのを基に
エクセルで致死率を出してみました。


        感染者数死亡者数    致死率
米国        527111    20506        3.89%
ニューヨーク州 180458    8627        4.78%
スペイン    161852    16353        10.10%
イタリア    152271    19468        12.79%
ドイツ        125452    2736        2.18%
フランス    93790    13832        14.75%
中国        82052    3339        4.07%
英国        78991    9875        12.50%
イラン        70029    4357        6.22%
トルコ        52167    1101        2.11%
韓国        10512    214        2.04%
日本        6748    98        1.45%

勿論検査数の違い、信ぴょう性、そういうものはあると思います。

欧米とアジア、ことに東アジアを比較するとどうしても致死率の違いに目が行ってしまいます。

面白いのは取り組みが対照的な日韓が揃って健闘していること。

欧州でもドイツが他の欧州諸国よりある程度良い結果を出しているのは何故なのかとか。

また、致死率というのは本来はより対人口比で算出すべきものでしょう。

個人的にはこれから夏を迎えるにあたり気温上昇が感染抑止につながっていくことを期待します。

昨今自信のなさの裏返しか、無暗に日本礼賛の風潮がむしろ居心地悪く「おもてなし」「おもてなし」の連呼にげんなりしてしまうこともありますが、
とりあえずここまで対ウィルス戦で健闘していることを、もう少し明るめに報道されてもいいのにと残念に思います。

何人死んだ、何人感染した、まもなく感染は爆発すると連日その「まもなく」を先延ばしに聞かされ続けさすがに気が滅入ります。
ゴールポストを動かすのはどこかの専売特許ではなかったのだろうか。

爆発はとうの昔にして今はその渦中にいるのだろうに。

一億二千万分の100、大健闘と言って差し支えないだろうに。
医療現場の皆さん、ありがとう!という一時間番組を特集してもいいくらいだ。

言うまでもなく、だから油断しようというのではなくて、とめどなく鬱鬱とさせられてしまうこの空気を少しは窓を開けて入れ替えてみたい。

プロスポーツは軒並み延期か中止、音楽も芸事もどんどん身近な場所から遠ざかっていきパンと見世物の見世物にこれほど勢いが無くなると食欲も失せます。

どうせニュースや情報番組では同じような面子が同じようなことを繰り返すばかりなので、半分くらいドリフでも落語でも漫才でもやってくれた方が、余程よどんだ空気を浄化するのに寄与するのではと半ば以上本気に思ったりしております今日この頃。

【13629】Re:まだ、日本だけは大丈夫??
 退役軍人  - 20/4/14(火) 13:09 -

引用なし
パスワード
   皆様

管理人でございます。
放置しているわけではないのですが、ほったらかしみたいで申し訳ありません。

きちんと目を通していますのでお許しのほどを。

さて、このトピックでの議論は興味深く拝見していました。

対処に対する政治的な判断については、その速度が重要なのは論を待ちませんが。

完ぺきとは言わないまでも法治国家である我が国の法制的な限界が垣間見えると考えています。

強制力を持ち、罰則まであるシャットダウンを実施した国々には、憲法にその規定がありますよね。

ぶっちゃけ、これらの国々は戒厳令を敷くことすら可能な訳で。

残念ながら、我が国の憲法にはこれらの規定が存在しません。

私権の制限を伴う規制は出来ないのが現実ですよね。

そういう状況の中で安倍首相は頑張っていると思いますよ。超リアリストであるが故に優柔不断のように見えてしまいますが。

閑話休題

友人の検査技師の言葉を借りれば「PCR検査は検体採取と検査実務に「相当の熟練」が必要不可欠」とのこと。

熟練者でも判定の精度は80%以下であろうとのこと。

じゃあ、誤陽性とか誤陰性の場合の影響はと問うと「誰にも想像できない。」とのことでした。

要するに「肺炎」であるとの確定診断(CTなどによる)の原因がチャイナウイルスによるものかどうかの判定にしか使えない現実があるとのことでした。

ここらを踏まえて考えるべきかなと思います。

【13633】Re: お久しぶりです
 風鈴カザン  - 20/4/16(木) 22:30 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしま2さん:

こんばんは。

>(人類の愚行史の一つとして記される可能性がなきにしもあらず。)


わたしは、日本においてそうなる可能性はかなり高くなりつつあるとみています。

これまでの経過を追って、コロナウィルスが破滅的な広がり方を日本でするとは思えません。
今朝の時点で死者136人という事実を私は私なりに重く受け止めます。
変異して強毒化する等の可能性はあると思います。
しかし、それは毎年はやる流感でも同じことです。

今までの致死率、死者数、重篤患者等を踏まえ、恐怖の本質がパニック自体と思っています。コロナはきっかけにすぎません。

地震や津波、猛暑等、みな恐ろしいですが物理的な事象には物理的な対処が相当程度可能です。

しかし、何かをきっかけに起こる歯止めの利かないパニックは世の中の空気という制御不能なものに支配されてしまい、これにたいする処方箋は知る限り今のところどの政治家も或いは宗教家などの影響力のある人々も提示できていないと思っています。

【13634】Re: お久しぶりです
 退役軍人  - 20/4/17(金) 1:25 -

引用なし
パスワード
   風鈴カザンさん
かっくるなかしま2さん

こんばんは。お久しぶりです。

>>(人類の愚行史の一つとして記される可能性がなきにしもあらず。)
>
>
>わたしは、日本においてそうなる可能性はかなり高くなりつつあるとみています。

うーん、どうでしょうか。
政府が極めて大きな規模の景気対策を打ち出した点で、後述する臨界点を数値的にも時間的にも遠ざけることが出来るでしょうし、この点ではそれなりの評価をするべきだと考えています。

まぁ、日本国民はそれほど愚かではないという「盲目的信頼」があるからなのですが。

>これまでの経過を追って、コロナウィルスが破滅的な広がり方を日本でするとは思えません。
>今朝の時点で死者136人という事実を私は私なりに重く受け止めます。
>変異して強毒化する等の可能性はあると思います。
>しかし、それは毎年はやる流感でも同じことです。
>
>今までの致死率、死者数、重篤患者等を踏まえ、恐怖の本質がパニック自体と思っています。コロナはきっかけにすぎません。

その通りであると考えます。

脅威と捉えるなら、軽視しても破滅的な損害となるだろうし、重視し過ぎても社会的なリソースを食いつぶしてしまい同じ結果となる。

適切な脅威の評価と戦略的な対処指針が必要不可欠でしょうね。

>地震や津波、猛暑等、みな恐ろしいですが物理的な事象には物理的な対処が相当程度可能です。
>
>しかし、何かをきっかけに起こる歯止めの利かないパニックは世の中の空気という制御不能なものに支配されてしまい、これにたいする処方箋は知る限り今のところどの政治家も或いは宗教家などの影響力のある人々も提示できていないと思っています。

驚異の評価を考えるということは、言葉を変えると「どの程度の損害なら容認し吸収出来るか。」ということになろうかと。

誤解を恐れずに申し上げると「死者何人程度まで容認できるか。」
あるいは、「経済的損失はどの程度までなら回復可能か。」

政治家であるのなら口が裂けても言えない事だろうとは思いますが。

ここらあたりの脅威の正しい評価が出来ていなければ、戦略的な対処指針なんて得られる訳が無い。

マスメディア(TV 新聞など)での議論を観ていると戦略的観点が存在しない戦術論ばかりで、彼らが主張する対処のどれ一つをとっても「決定的な有効打」にはなりそうにない。残念ながら、我が国の政府も戦略的観点による戦術論を考えられていないと思います。

ただ、現在の政府指針は「時間を稼ぐ」という意味で有効でしょうし、間違ってはいないと思います。

さて、米国の対処を見ていると「経済活動の再開」に主眼が移っていますよね。

つまり、15年間〜20年間となるであろう長期経済的退行期となる臨界点が近づいているとの認識があると観ています。

また、有効なワクチンや治療薬の開発と展開を時間軸で捉えることが可能になりつつあるのでしょう。

中国が早々と勝利宣言を出したのは、「これ以上の経済的損失には耐えられない。(中国共産党がの意)」との判断があると観ています。

前述した「決定的な対処法を見出す時間軸」を見いだせていないと観ています。

まぁ、自ら開発する力を持たないのだから無理もないですが。国民の命の値段もとても安いですしね。

閑話休題。

軍人、しかも士官であるのならこの冷徹な「驚異の評価」を初級士官教育から、上級士官となる過程で徹底して叩き込まれます。

つまり、指揮する部隊の何割程度の人的損失を容認しても最終的な勝利に至れるかという観点です。

米国連邦政府の要人に軍人出身者が多いのと無縁ではありません。

取りとめもない記述で失礼いたしました。

【13635】Re: お久しぶりです
 かっくるなかしま2  - 20/4/17(金) 12:36 -

引用なし
パスワード
   ▼風鈴カザンさん、退役軍人さん:

こんにちは。まとめレスにて失礼します。

人命が失われることを極力回避する、ということに全く異論はないのですが、

昨今の状況を見ていて想起するのは、

原発の再稼働を巡る論議での「ゼロリスク思想」です。

対比されるのが「多重防護思想」でしたが、

今回のコロナ災禍についても、(似て非なる部分はありますが) 相互依存で経済活動・社会生活が成り立っているので、

過剰な政策がそれらのオーバーキルをもたらすことを若干懸念しています。

小池東京都知事は、相対的に潤沢な都財政という裏付けがあるため手厚い休業補償を提示しながら、経済・社会活動のブレーキをきつく踏んでいますが、いささか懐疑的に観ています(私見)。

・・・

退役軍人さんがご指摘の通り、ある種の「限界線」(許容線)の設定や見極めが肝要だと思っています。

他のお題のツリーで取り上げようと思っていましたが

東京都の関連で言えば、こちら(↓)が前シーズン(2019年冬)の「インフルエンザ」発生状況です。

ttp://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/flu/flu/
(出所:東京都感染症情報センター、インフルエンザの発生状況)

都内では、インフルエンザの感染が激減していたというのが一つの事実です。(暖冬と降雨の影響か?)

おそらくはこれは全国についても言えて、国内のインフルエンザの感染者数は、通常であれば年間1000万人、死亡者は2500人ですが、今回はそれが1/4に激減しているであろうことが強く推測できます。全く報道されませんが、死者は▲1500人程度は純減しているはず。

だから、コロナによる死者数はたいしたことはない、と主張するつもりはありませんが、

言えることは、いいか悪いかは別に、インフルエンザによる死者は、ある意味で社会的に所与の如く取り扱われているということです。

因みに、これもほとんど報道されていませんが、(ソースはフォルダーのどこかで、別途示しますが)、

インフルエンザによる経済活動への影響というものが今回のコロナ災禍より前に試算されていて、

それがいったいどれくらいか? と言えば、年間で7000億円弱、ということでした。

(もしも、メディアがインフルエンザによる感染・死亡を連日報じたら、どのようなことになるのだろう? )

類比の上でまとめると、

インフルエンザや原発への行政の政策対応と国民感情は、あたかも多重防護思想に準拠しているかのようであり、コロナ災禍へのそれは、逆にあたかもゼロリスク思想に準拠しているかのよう。

・・・

新型コロナのリスクを評価する上で、欧米(イタリアとニューヨーク)での死亡率の高さが気になるところですが、これについては、別スレでの関連ツリーに記しておこうと思います。


ーーーーーーーーーーーーー

【13636】Re: お久しぶりです
 風鈴カザン  - 20/4/17(金) 15:13 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん かっくるなかしま2さん:

こんにちは。
お久しぶりです。

>>わたしは、日本においてそうなる可能性はかなり高くなりつつあるとみています。
>
>うーん、どうでしょうか。
>政府が極めて大きな規模の景気対策を打ち出した点で、後述する臨界点を数値的にも時間的にも遠ざけることが出来るでしょうし、この点ではそれなりの評価をするべきだと考えています。

身も蓋もないのですが、国内政策がある程度うまくいっても返り血を浴びずにいられるような国は皆無と思いましたのであのように書きました。
日本というより世界は、という方が適切なのかもしれませんが。

ただ適正な金額は知る由もありませんけど給付はスピード重視で制限を設けずもっと速やかに行うべきだったと個人的には思っています。
歳費削減も同様でどうせ避けようがないのでしたら第一手は早ければ早い方がよいと思いましたが、私にはスピード感があるとは思えませんでした。

感染症に対する対策とここはちょっと違う気がしています。


>驚異の評価を考えるということは、言葉を変えると「どの程度の損害なら容認し吸収出来るか。」ということになろうかと。
>
>誤解を恐れずに申し上げると「死者何人程度まで容認できるか。」
>あるいは、「経済的損失はどの程度までなら回復可能か。」
>
>政治家であるのなら口が裂けても言えない事だろうとは思いますが。

全くその通りかと思います。
今の騒ぎのかなりの部分がここに凝縮していると言っても過言ではないと思います。

「死者何人程度まで容認できるか。」
これを混乱させないで大衆に訴える能力というのは政治力でもあるけれど、人間力みたいな資質かなと感じます。

かっくるさんおっしゃるところの「ゼロリスク思想」にも繋がると思いました。
「死者は出しません」「経済損失はゼロです」というのは耳障りがいいだけで、却って現実をみない無責任な主張かなと言う気がします。


▼かっくるなかしま2さん:

ご指摘に、ほとんど異存はありません。

「ゼロリスク思想」はキーワードに思えます。

ゼロリスク思想は的を随分小さく絞らないと成立しない気がします。
成り立ったとしても往々にして別のドミノを倒してしまう。

例えば個人の健康についても腎臓と肝臓はほぼ完ぺきな状態に保たれているけれど心臓に爆弾を抱えるといった状態より、あそことここがちょっと悪いけど、まあまあ元気でいられる、現実的にその辺を狙った方が健全なのかなと思います。

ゼロにこだわり過ぎるとちょっとした綻びに対してむしろ弱くなるような、漠然とした感覚ですがそんなふうに思いました。

サナダムシを体内に飼って「私は至って健康になりましたよ」とうそぶいたお医者さんの言葉が妙に頭にちらつきます。

【13637】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/17(金) 21:16 -

引用なし
パスワード
   イオンモール全国142カ所を休業 併設の総合スーパーは営業

ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00324208-kyt-l26

自分が認知しているだけでもイオンが休業することで広範に住民が買い物難民化する地方をいくつか知っているけれど、本当にこれが正しい世の中の流れなのだろうか。

長い年月をかけてシャッター通りが更に閑散としてしまった挙句のこの措置は本当にあるべき姿なのだろうか?

大店法の過度な緩和は、母体の破綻を含めてきっかけがあれば必ずこの手の問題を引き起こすので、起こるべくして起こったとしか言えない。

真面目な話安定した食料調達の道を絶たれた移動手段を持たない世帯に犠牲者が出ても不思議はないと思う。
勿論経営基盤の弱い零細店の出店者にも死活問題だろう。

都会に暮らす身には意識しづらいこの出来事は、現地の人々には相当なバッドニュースと思う。

これが過剰な自粛の副産物であるなら、一種の人災と言えるのではないか。
気付かないだけで今至る所で類似のことが進行しているのだろう。

天災は仕方ないが、人災ならば出来ることなら少しでも事前に防ぎたいものだが。

もどかしい。

【13638】まだまだ、安倍さんの打つ手にワンテンポ...
 サムジー E-MAIL  - 20/4/19(日) 10:00 -

引用なし
パスワード
   >安倍さんの打つ手はワンテンポ(以上)の遅れとズレを感ずるのです。

と申しましたが、
何においても、未だに何事も遅くて 歯がゆさを感じます。
30万円給付を10万円方式への変更にもたつき、みっともない所をさらしましたが、
PCR検査の拡大の遅さには何ともイラつきます。
拡大が「出来ない」のではなく「努力してない」としか見えないのです。

国が手を打たないので地方自治体や医師会が、
簡易検査やドライブイン検査などの体制・組織と共に、選別診断所の設置の提案実施を進めています。
韓国は感染が始まって1ヶ月で設置したそうです。
なぜ日本で出来ないのでしょう?

コロナの治療薬(症状軽減薬)についてもイラつきます。
日本が開発し大量に在庫しているアビガン等は
世界50ヵ国から供給要請があるというのに、
承認が未だだということでストップしています。
インフルエンザ用には承認している薬をコロナ適用として承認するのに、なぜ1ヶ月もかかるのでしょう?

私は喘息持ちですので治療薬のオルベスコを使用していますが、
先日、薬局で品不足で手に入らないと言われ 慌てました。
何とか手に入ることになりましたが、買い占めがあるそうです。

緊急事態宣言で医薬品を公的な管理下におく事ができるのに、
国は手を打っていないようです。

全てに、国の動きが全く感じられないのは、何故でしょう?
イラつく以上に、腹がたってきました。

【13639】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/19(日) 17:50 -

引用なし
パスワード
   ERROR:本文に禁止語句が含まれています。


お尋ねします。

上記のような警告が出て送信できません。

該当しそうな言葉があるとも思えませんでしたが。

これも送信できるか分かりませんが、アクセス禁止でしょうか?

【13640】Re:ところで日本のリーダーは?
 退役軍人  - 20/4/19(日) 18:09 -

引用なし
パスワード
   風鈴カザンさん

▼風鈴カザンさん:
>ERROR:本文に禁止語句が含まれています。
>
>
>お尋ねします。
>
>上記のような警告が出て送信できません。
>
>該当しそうな言葉があるとも思えませんでしたが。
>
>これも送信できるか分かりませんが、アクセス禁止でしょうか?

多分、URLを貼られたのではないでしょうか。

詐欺サイトなどに誘導する目的で、詐欺サイトのURLを貼る輩がたまにいますのでURLの全オペランドは晴れないように設定してあります。

頭の"h"を省略して"ttp"にしていただくか。
あるいは
hの後を直ぐ改行しいていただき、

h
ttp

のように入力して頂ければ入ると思います。

ちなみに当サイトでは一度もアクセス禁止にしたことはありません。

以上

【13641】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/19(日) 18:54 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:

早速ありがとうございます。

>多分、URLを貼られたのではないでしょうか。
>
>詐欺サイトなどに誘導する目的で、詐欺サイトのURLを貼る輩がたまにいますのでURLの全オペランドは晴れないように設定してあります。
>
>頭の"h"を省略して"ttp"にしていただくか。
>あるいは
>hの後を直ぐ改行しいていただき、
>
>h
>ttp
>
>のように入力して頂ければ入ると思います。

確かにURLを張ったので、そのせいかと思いご指摘のようにttpにしたり hを含め ttpまるごと削っても同じでした。

もう少し削ったりして試してみます。

すみません。

【13642】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/19(日) 18:57 -

引用なし
パスワード
   文明開化という屈辱的(と自分は思う)な言葉が広まって以来、欧米人をありがたる性は哀しいかな日本人には未だ相当浸透したままのようですね。


「日本はニューヨークの教訓を生かせるか 感染爆発のNYから伝えられた声」 
headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200419-00033789-forbes-n_ame

一体いつから日本はニューヨークになると聞かされているのか思い出せないくらい遠い昔から言われ続けているような気さえする。

当地では、知事が18日の記者会見で17日にピークを越えたかもと表明したその日一日に、540人の方が亡くなっている。

「NY州、感染ピーク越えか」
.nishinippon.co.jp/item/o/601771/


日本では今朝までの累計で亡くなった方は161人だ。

ニューヨークの人たちが日本に倣うべきか、日本がニューヨークに倣うべきか。


考える必要すらあるのだろうか?

しかし驚くべきことにアメリカでも最も被害を拡大してしまった知事を持ち上げる人が未だに多くいる。

ワケガワカラン


とても残念ながら日本でも既に161人の方が亡くなってしまった。

この事実はとても重い。そんなことは子供でも知っている。

ただ、一都市で既に13000人以上亡くなった国の一体何を見習ってどうしようというのだろうか?

日本は犠牲者が少ないことを外に向かってどこかの国みたいに誇ったり宣伝しなくともよい。

そんな下品なことは慎むべきだ。

しかしこれまでのところ、実質的感染者を多数出しながら犠牲者を最小限に留めている理想に近い結果を出しているのは大国では日本のみである。

韓国も健闘していてそれはそれで結構だけれども、恐らく集団免疫という観点からは長期的にみて日本では将来的なリスクもより小さく済む可能性が高い。


最新の知見に基づいて苦戦している欧米諸国を見ていると、古くても長年培ってきた常識を盾に対処するのが利口だと私は考えます。

【13643】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/19(日) 19:26 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:

すみません。
投稿できました。

取りようによっては、

アクセス禁止でしょうか?

は失礼でしたね。

深く考えずそう書きましたが、不用意であったと思います。

申し訳ございませんでした。

【13644】ジャニーズが出来て・・・
 サムジー E-MAIL  - 20/4/20(月) 13:06 -

引用なし
パスワード
   ジャニーズ事務所がマスクを50万枚、ガウン3万3千枚を コロナの医療現場に届けるという報道を聞きました。

また福井県が県民全員にマスクの購入券を配布するという話を聞きました。

政府が福井県と同じことを国民全員にするのは大変かもしれないけれど、
マスクやガウンに困っている 医療の現場に政府が調達して配布することは可能であるし、
こういうことは政府の責任のはずです。

ジャニーズが出来てなぜ政府が出来ない(やらない)のは何故なのか?

怠慢でなければよいけれど、
言い訳があるなら聞いてみたいと思います。

政府がもっと凄いことを準備していると信じたいけれど、
どう思われます、みなさん?

【13646】Re:ところで日本のリーダーは?
 風鈴カザン  - 20/4/20(月) 23:21 -

引用なし
パスワード
   すみませんが、下記訂正します。


>コロナの感染症を蔑ろにしてはいけませんが過剰な対策のしわ寄せで助かるはずの命をなるべく少なくしていこうという試みや動きが足りていないという印象が私には感じられます。(現実は確認の仕様もないのであくまでも、独り言です)

過剰な対策のしわ寄せで助かるはずの命をなるべく少なくしていこうという試みや動きが足りていないという印象が私には感じられます

      ↓

過剰な対策のしわ寄せで助かるはずの命「が脅かされるような事態」をなるべく少なくしていこうという試みや動きが足りていないという印象が私には感じられます

【13647】やっぱり、この政府はオカシイ!
 サムジー E-MAIL  - 20/4/21(火) 13:02 -

引用なし
パスワード
   コロナ対策として、国民の命を救う為
・事業者に休業を要請する。
・休業すれば事業が成り立たなくなる。
・その為、休業補償が必要となる。
至極当然の話ではないですか。

政府は財政が苦しくなるから金を出せないという。

しかし「国の金」とは政府に「国民が預けた金」のはず、
国民が預けた金を国民の命の為に使うことをケチるとは、

絶対これは間違っている!

これは「休業する人に犠牲となれ」と言っている訳で、
犠牲は「国民全体が共同で負う」べきもののはず。

国民のために、国民の金を使う、それを政府がイヤがるとは、

やっぱり、この政府のコロナ対策はオカシイ!

【13649】腹が立ってきました
 風鈴カザン  - 20/4/23(木) 21:13 -

引用なし
パスワード
   すみません、なんだか腹が立ってきました。

世にはびこる超過剰な自粛圧力に対して。

この圧力構造はいじめの同調圧力と酷似していると自分は分析しています。
うっかり反論がしづらい空気感はいじめのそれととても似ていませんか。

・堀江貴文氏、登山自粛要請に「頭悪すぎて笑う」

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-24230110-nksports-ent

私は生理的に氏のことがどうも苦手であるけれど、この意見には賛成する。
(言葉遣いはこの際問題にしない)

登山やサーフィンにまでけちをつけだしたら人はあらゆる活動を完全に停止せざるを得なくなる。

それは、死ねということだ。

家族と同居何ぞとんでもない暴挙ということだ。

なのに登山やジョギングにも難癖をつける連中はそんなこと絶対に言わない。

せめて一人一人個別に部屋を借りて住まなきゃ、どうやってゼロリスク中毒を安心させられるというのだ?

今に至るまで主要都市の電車やバスは多くの人々を運んでくださっているが、なんでこっちはよくてあっちは仕方ないという仕分けをする際に最もリスクの高い場所を見過ごすのだ?


さらに追及すれば一人一部屋にしてもリスクをゼロにすることなど絶対に不可能であろう。

アホか?

コロナを完全制圧するためにみんなで仲良く死にましょうと言っているのだ。

馬鹿としか思えない。
私は頭が悪いので安易に馬鹿だのあほだの言う方ではないが、心底そう思う。

馬鹿は構わないが、赤の他人が場合によっては本人や会社が死んじゃうのですよ。


・村西とおる監督が自粛呼びかける著名人を批判「自分は安全地帯で高みの見物」

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200420-00000023-tospoweb-ent

「テレビで自粛を呼びかける著名人たちのどちら様も、自分は安全地帯で高みの見物。もっともらしいことを口にしているが、首にロープがかかっている人間の哀しみが金輪際お前さんなんぞにわかるもんか」と強い口調で批判。

一字一句そう思う。

NHKで大々的に紹介してほしいくらいです。

自粛しろ圧力をかけている著名人は自粛何ぞ屁でもない金持ちがほとんどでしょ?

零細企業のぎりぎりにいる人たちは自粛圧力で簡単に殺せますよ。


病院だって、町医者なんてコロナ圧力で少なからず閑古鳥が鳴いていると聞きますが。こっちから末端の医療崩壊を促している側面はありませんか?小規模医院の経営が厳しいのは前からよく聞きますけども。

世の中はコロナウィルス中心で回っているのではない。コロナはあくまで数多ある要素のうちの一つに過ぎない。

厚労省が今日の12時発表時点で亡くなった方が287人。

この感染症の自粛圧力のために一万人が首を吊ったら一体だれが責任を取れるというのだ?????

取れるわけないだろ。


体調の悪い人が宅配でピザを頼むこともゼロリスク理論に従えば絶対にやっちゃいけない。山や海ですれ違うくらいの接触に目くじらを立てられるのだから。

餓死しますよ、そんなことしてると。

可能性を限りなく追及しだしたら感染しない唯一の方法は死ぬしかありません。

今後の世論がどうなろうと私の知ったことではないが、この風潮は異常であり異様であり気色悪い。


私は「適切に恐れましょう」というスタンスを変える気には全くなれません。

【13650】Re:腹が立ってきました
 風鈴カザン  - 20/4/24(金) 20:20 -

引用なし
パスワード
   ・NY州の14%に抗体確認、新型コロナで3000人検査
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00000018-reut-n_ame

>米ニューヨーク州のクオモ知事は23日の会見で、州内で無作為に選んだ3000人に新型コロナウイルスの抗体検査を行った結果、14%近くの人が抗体を持っていることがわかったと発表した。

抗体確認検査は一つの指標になるので日本でもさっさとやればいいと思っております。

目安がないので仮説を立てにくいのですけど人口の近い東京を例にしてみます。

仮にニューヨークの1/10、1.4%の都民が抗体を持っているとします(もっと多いと思いますが)

人口が約1400万×1.4%=196000人が仮定上の実際の感染者数。(あくまで発表では感染者3733人)

東京で亡くなった方は87人なので、0.044%の致死率。

控えめに予測計算してもこの数値。

諸説あるとは思いますが、日本では年間約1000万人感染し1万人亡くなる(厚労省HP参)というインフルエンザは、単純計算で0.1%の致死率。

もしニューヨークと比べて30/1の人しか東京の人が抗体を持っていないと仮定して、やっとインフルエンザと同等の致死率。

頭悪いからどこかで計算違いをしたのだろうか?


先ほどNHKは日本は「イギリスの1か月前」かもと伝えていました。
1か月前のイギリスのコロナ犠牲者が300人余りだったから、1か月後の日本は嗚呼。。。ですと。

「〇〇前の」は、ちと食傷気味です。武漢が成り立たないとイタリア、スペイン、フランス、ニューヨークなどを持ち出してそれでも追いつかないとイギリスですか。

マスコミは本音では日本が欧米並みに感染者が広がるのを望んで報道しているのではないか?
意地でもそこら中で人がばたばた倒れるのを期待しているとしか思えなくなってきている。

無駄な楽観論は論外だけど、なんで日本で起こって来た事態をありのまま冷静に伝えないのか。

私には下衆極まりないマッチポンプの銭儲けにしか見えません。

「晴れのち曇り所によってにわか雨。雪の降る地域もあるでしょう。雷やひょう、地震、火事、おやじにもお気をつけください」

どれかは当たる天気予報みたいなものです。

放送局にとっては、最も金のかからない視聴率の稼げるコンテンツがコロナ騒ぎかもしれないが、それは違うというなら両論併記で「煽らない人」も出演させなきゃバランスが悪すぎるだろう。

次のイギリスと言ってはいけないなんて思いません。でも、日本の犠牲者が低く抑えられている要因を掘り下げて伝えていこうという姿勢があまりに欠けています。

感染初期ならばそれもアリだろうが、まもなく半年を迎える。


私は「適切に恐れましょう」というスタンスを変える気には全くなれません。

【13651】Re:腹が立ってきました
 風鈴カザン  - 20/4/25(土) 21:48 -

引用なし
パスワード
   前にも少し書きましたが。

日本、日本人、ブラボー!すごい!素晴らしい!最高です!

の類はあまり好きでありません。

そういう評価は外からするもので、自分で触れ回るのはそれこそあまり日本的ではないと思っています。世界標準なんてどうでもいいです、自分は。

ただ、内心では日本人の国民性は侮れないと思っております、かなり。

今、自粛の同調圧力の中、海に行ったり山に行ったり一定の業者が店を開いたり、
緊急事態宣言とやらのお触れが廻っても、お上に従わないと言われる多くの事例をご丁寧にマスコミの皆さんがトレースしていらっしゃいますよね。

みなさーん、何とか海岸は人でいっぱいですよー、この居酒屋ではなんと飲み会をしています、(マイクを向けて)「今のご時世でどうして飲みに歩いているんですか?」

まるで、禁を破った奴らは非国民だとでも言わんばかりに。

自分が居酒屋のおやじなら躊躇わずマイクを持ったレポーターをつまみ出して小便でもひっかけてやりますね。


私はこの現実をひじょーーーーーに重視しています。

少なからぬ「非国民」の存在に。

「百年に一度?の感染症」だというのに。

多くの苦難に対し世界が瞠目した秩序正しい日本人が、なぜ今このような行動をとることが全国通津浦浦常態化しているのでしょうか。

単純な理由だと思いますよ。

各々の適切なリスク評価の結果なんじゃないですか。

コンマゼロがいくつ並ぶか分からないリスクより、営業を止めなかったりジョギングしたり登山したりサーフィンすることによるベネフィットを選択しただけじゃありませんか。

それ以上でも未満でもないでしょう。

こんな取捨選択は誰でも日々刻々程度の差こそあれやっているくせに、この舐めてはいけないけど際立った脅威の認められない感染症に関してはあらゆる重箱の隅をつつくような可能性にまで血眼になって危険性や悪い事例を探し出し、危険性を認めると「やはり、こんない危ないのだ」とそこに意味不明な安心を求めている。

全く意味不明です。

どうしてこの意味不明な安心感を希求する人は普段空飛ぶ鉄の塊に悠然と乗って旅行何ぞできるのでしょう。
可能性を追求しだしたらあらゆる乗り物は怖くてとても利用できるものではありません。

これは、質の悪い洗脳ではないですか?


厚労省発表 18時 コロナ死者 334人


私は「適切に恐れましょう」というスタンスを変える気には全くなれません。

【13654】Re:腹が立ってきました
 退役軍人  - 20/4/26(日) 21:58 -

引用なし
パスワード
   風鈴カザンさん

こんばんは。

<<失礼、大幅割愛>>

>そういう評価は外からするもので、自分で触れ回るのはそれこそあまり日本的ではないと思っています。世界標準なんてどうでもいいです、自分は。
>
>ただ、内心では日本人の国民性は侮れないと思っております、かなり。

御意

小生は仕事での渡航歴が80ヶ国ほどありますが。
日本人は侮れません。
そう感じたエピソードを語ればスレッド一つは丸々必要なぐらいです。

まぁ、素直に誇ってよいのは、民度の高さだと思います。

お天道様が見ていなさるよ。と教え導く民俗が生きていますから。
それと同時に我々の社会に発生する「同調圧力」の民度への貢献もあると思います。

>少なからぬ「非国民」の存在に。
>
>「百年に一度?の感染症」だというのに。
>
>多くの苦難に対し世界が瞠目した秩序正しい日本人が、なぜ今このような行動をとることが全国通津浦浦常態化しているのでしょうか。
>
>単純な理由だと思いますよ。
>
>各々の適切なリスク評価の結果なんじゃないですか。
>
>コンマゼロがいくつ並ぶか分からないリスクより、営業を止めなかったりジョギングしたり登山したりサーフィンすることによるベネフィットを選択しただけじゃありませんか。
>
>それ以上でも未満でもないでしょう。
>
>こんな取捨選択は誰でも日々刻々程度の差こそあれやっているくせに、この舐めてはいけないけど際立った脅威の認められない感染症に関してはあらゆる重箱の隅をつつくような可能性にまで血眼になって危険性や悪い事例を探し出し、危険性を認めると「やはり、こんない危ないのだ」とそこに意味不明な安心を求めている。
>
>全く意味不明です。
>
>どうしてこの意味不明な安心感を希求する人は普段空飛ぶ鉄の塊に悠然と乗って旅行何ぞできるのでしょう。
>可能性を追求しだしたらあらゆる乗り物は怖くてとても利用できるものではありません。
>
>これは、質の悪い洗脳ではないですか?

そうでしょうか。

別の観点で見ると、自らがチャイナウイルスの感染者であり他者へ感染させてしまうリスクも否定できませんよね。もはや、感染ルートを特定できない状態ですしね。

現実に、マスクによる感染防御の効果はほとんどないとのこと。
ただ、感染者の場合かなりの割合で咳による飛沫などは抑えられるそうですが。

つまり、マスクをすることや三密を避けるのは基本的に自らを護るのではなく、他者を護るというのが第一義で、そういう行動がまわりまわって自らを護る行動となるのではないでしょうか。

これこそ、「日本人侮れない。」という評価を呼ぶ日本人民度の原点ではないかと愚考します。

>厚労省発表 18時 コロナ死者 334人

2019年の厚生労働省のデータによればインフルエンザの感染発病者は約1,000万人、死者は約3,000人だそうです。

まぁ、有効なワクチンや特効薬が使える状況でもあるので、「所与のリスク」として社会的に認知されてますよね。

色々な状況を勘案すると、チャイナウイルスの根絶はほぼ不可能であろうと観ています。時間は必要でしょうがワクチンや特効薬の開発が進みチャイナウイルスも「所与のリスク」として社会的に認知されると思います。

恐怖の根源はチャイナウイルス自体の振る舞いとか特性がよく解っていないことと、現時点では決定的な効果を持つワクチンや特効薬が無い事によるのだと観ています。

>私は「適切に恐れましょう」というスタンスを変える気には全くなれません。

御意

「所与のリスク」言い換えれば「今そこにある危険」ではあるが対処可能となります。どのぐらいの時間が必要なのか不透明ではありますが。

【13655】Re:腹が立ってきました
 風鈴カザン  - 20/4/26(日) 23:46 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
こんばんは。

>そうでしょうか。
>
>別の観点で見ると、自らがチャイナウイルスの感染者であり他者へ感染させてしまうリスクも否定できませんよね。もはや、感染ルートを特定できない状態ですしね。
>
>現実に、マスクによる感染防御の効果はほとんどないとのこと。
>ただ、感染者の場合かなりの割合で咳による飛沫などは抑えられるそうですが。
>
>つまり、マスクをすることや三密を避けるのは基本的に自らを護るのではなく、他者を護るというのが第一義で、そういう行動がまわりまわって自らを護る行動となるのではないでしょうか。
>
>これこそ、「日本人侮れない。」という評価を呼ぶ日本人民度の原点ではないかと愚考します。


私は致死率の高いウィルスであればそれこそ都市封鎖を含めた強い対応をすべきと思っています。

21日時点の分しか探せませんでしたが死者の内訳が

30代 2人
40代 2人
50代 7人
60代 21人
70代 50人
80代 87人

だそうです。

私は現時点で高齢者や病気持ちでない層の方たちが一定の社会活動を行うことは長期的にみて相対的リスクをむしろ減らすのではないかとみています。

秋以降再拡大の可能性を踏まえると気温の上昇にあわせてリスクの低い層が集団免疫を獲得していく流れは、全体のリスク(端的に犠牲者数)を低減するであろう合理性があると私は考えます。
呼吸器系の疾患と外気温に一定の関連性があることは具体的な数値よりも経験的にそうだろうと思っています。

他者へ感染させる、つまり迷惑をかけてはいけない。

基本的には私もそう考えております。

ただ、結局のところBCG接種なのか人種的なものなのか生活習慣なのか、恐らく専門家の間でも明確には答えは出ていないでしょうけれど感染拡大から4,5か月経ちとりあえず日本で際立った致死率を導く動向は見られずワクチンの開発時期が明確でない中、リスクの低い層があまりに人との接触を避けて抗体を持つ人口が増えないと、秋以降同じ感染するにしてもより重症化したり死に至るケースが増えるものと私は推測します。
今までの国内の特に若年層の重症化率や致死率から彼らが一定の配慮の元自粛を緩和することが高いリスク(致死率or死者数)に繋がる可能性は低いと見積もっています。私は梅雨前の今はチャンスじゃないかとにらんでいます。


恐らくほとんどの人に受け入れられる考え方と思えませんが、私が過剰な対策(自粛)を懸念する理由のひとつは、今後高い確率で今回同様かそれ以上の強毒の新型感染症が流行する頻度は従来より格段に上がると思っています。学者のようなエビデンスは出せませんが人口動向や人々のライフスタイルから導かれる必然と考えます。
コロナよりもっと感染力も致死率も高いウィルスが流行したときに今を基準にしてしまうと文字通り共倒れだと思うのですね。

言葉は悪いですが、ある程度なあなあでやらないと、人の行動を長期にわたり束縛するのは容易ではありません。(口で言うのは容易いですが)

それもあって今厳しすぎる制限を当たり前にしてしまうと今後とても持たないのではないですか、という懸念です。
私は日本人の国民性をもってしてもこの点は重視します。

来月、再来月、半年後亡くなる人の数がものすごい勢いで上昇していくなら考えを改めるかもしれません。
ただ、今日18時発表で死者348人という数字からは何度も酔っぱらいのように同じことを書きましたが、うーん、やはり考え方は今のところ変わらないなあというのが本音です。


>色々な状況を勘案すると、チャイナウイルスの根絶はほぼ不可能であろうと観ています。時間は必要でしょうがワクチンや特効薬の開発が進みチャイナウイルスも「所与のリスク」として社会的に認知されると思います。
>
>恐怖の根源はチャイナウイルス自体の振る舞いとか特性がよく解っていないことと、現時点では決定的な効果を持つワクチンや特効薬が無い事によるのだと観ています。

「チャイナウイルス自体の振る舞いとか特性がよく解っていないこと」と、「現時点では決定的な効果を持つワクチンや特効薬が無い事」によって社会が慎重に動いているのだろうと私も思っています。

私は頭がおかしいのかもしれませんが、ある程度解らないことがあっても仕方ないと思っていて、申し訳ないのですがこの場を借りてくだを巻いていたようなところがあります。

話しはそれますが、昔プラトンの「ソクラテスの弁明」を読んだ時細部は覚えていませんが、要は端から終わりまで表現を変えていわゆる無知の知っていうのをひたすら言ってるんだと自分はそう解釈しました。裁判における弁明の要素は自分には二の次でした。そこから発展して恥ずかしながらろくに頭を使った経験がないくせに思ったのは、勉強とか研究というものは何かを知るとか解明するものじゃなくて、いかに何も知らないのかを理解したりこんなに頑張っても所詮たどり着けるのはこの程度なんだっていうことを体感することが本質なんじゃないかって思ったわけです。

何かにつけ私には結構強烈なそういう思いを通して物事を見る癖がって、コロナについて解明しきらなくてもそれはそれで仕方ないじゃないかというのがあります。
「人類の叡智」といってもそれ以上の届かない領域のあるのは当たり前だろうなと言う気がしています。

いい喩えが思い浮かびませんが、柴犬くらいの見たことのない犬がきゃんきゃん吠えてきたとします。自分はその犬を知らない、つまり解明できていない部分はあります。でも、ひょっとしたら病気を持っていたり物凄くかむ力が強いかもしれませんけど、適当にやり過ごしましょうと。コロナの犬に見立てたサイズがどんなものかというと、少なくとも土佐犬のような強い奴には今のところ自分には見えていないのです。

【13659】Re:腹が立ってきました
 風鈴カザン  - 20/5/2(土) 23:22 -

引用なし
パスワード
   緊急事態宣言の延長をするみたいですね。

ウィルス由来よりも自粛圧力などによる関連倒産、関連失業、関連死が大幅に上回ることが確定的になったと思います。


残念です。

【13667】新型コロナ感染者、韓国で再び増加傾向 ...
 風鈴カザン  - 20/5/9(土) 17:53 -

引用なし
パスワード
   //headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-00000031-jij-kr

>【ソウル時事】韓国政府は9日、新型コロナウイルスの新規感染者が新たに18人確認されたと発表した。

>当局が追跡調査したところ、これまでにクラブを訪れた15人を含む計20人の感染が判明。クラブには少なくとも1500人が出入りしており、政府当局者は8日の記者会見で「追加で感染者が出る可能性が非常に高い」と警告。クラブなどの運営を1カ月間自粛するよう勧告した。 

韓国にはお気の毒ですが、これは必然としか言いようのない現象と思います。
国民をモルモットか鶏舎のニワトリみたいに管理しても手品のようにウィルスを消すことはできないので結局はどこかで再拡大はするようです。

韓国式に検査をしまくって厳しい行動制限を設ければ一時的に感染の増加を抑え込むことは可能であろうけれども、継続可能な措置でない以上長期的には大して意味のある措置とは思えません。

いくら情報を統制しても、中国からも遠からず同様な傾向はもっと漏れ伝わってくることでしょう。

私はすぐにでも日本の自粛は大幅に緩和すべきと考えます。
持病のある人と年齢制限を設けて行動制限を要請する以外は、ほぼ解除して差し支えないと思っております。

仮に特定地域で感染が爆発して医療が追い付かない等の事態が生じた場合には事後的な対処で応じればよいと私は考えます。(その可能性も高くはないと踏んでいますが)事前の過剰な対策のもたらすデメリットがあまりにも大きすぎるからです。

また、

・新型コロナウイルス感染の現状
graphics.reuters.com/CHINA-HEALTH-MAP-LJA/0100B5FZ3S1/index.html

こちらを見ると中東より東の地域が欧州やアメリカなどに比べるとコロナウィルスに対するリスクが格段に低いことが明白です。

医療インフラや福祉が相対的に充実している欧米と比べて医療、経済に少なからずムラがあり対策も全く一様でないアジア地域で発祥の中国から近いにもかかわらずこのように被害が低く抑えられているのは、どういうわけか黄色人種に人種的なこの感染症に対しての耐性があることが要因のひとつであると、そろそろ認めてもいい気がするのですが、科学的エビデンスなるものが明示されないと中々そう言うわけにもいかないのでしょう。

もう少し学問的な見地と、現実を切り離して対策を講じてもいいのではとも思っております。殴られそうなら考える前によけなければいけないし、パンチが飛んでこないならとりあえずよける必要はありません。

一億を超える人口を抱えるこの国で、ようやく亡くなった方が600人に達したこの感染症に対して、果たして適切に恐れた結果今があると言えるのでしょうか?

科学を信奉しすぎていわゆる机上論によりかかり過ぎた結果でもあると思います。目覚ましい技術の進歩がある一方で、いかに人間社会が脆弱なものかという一面性をこんな形で目にしようとは思いませんでした。

【13668】Re:新型コロナ感染者、韓国で再び増加傾...
 かっくるなかしま2  - 20/5/11(月) 9:58 -

引用なし
パスワード
   ▼風鈴カザンさん:

おはようございます。

ざっくりと言えることは二つあると思っていて、

一つは、結局のところ、感染して免疫を獲得するしかないです。

かからないようにする政策は誤りで、適度にかかるというのが落としどころだと思います。(適度というのは爆発的な流行を避けるとか、医療の現場のパンクを避けて重篤者を普通に治療できるとか)

もう一つは、経済的リスクと人命リスクのバランスなのだろうと。

ようやくこの10日くらいでテレビなどでも言えるようになってきていますが、経済的リスクを取り過ぎると、ウイルス感染症とは全く別な形での人命リスクが生じるので。

・・・

報道でも流行しているウイルス感染症のウイルスの《型》にもう少し注目すべきであるとかねがね思っていました。

ウイルスの型とそれを受容するヒトの側の遺伝子型との間に、なんらかの親和性があるだろうとも思って観ています。(例えば、新型コロナのC型はモンゴロイドをあまり好まないようだ、など)

ウイルスの正体や遺伝子型、感染経路に関する過去2カ月間の記事が列挙されていて便利なのでご紹介しておきます(↓)。遺伝子解析の流れについての記事についての記事。メタ情報。

h
ttps://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200506-00177298/

(「新型コロナ欧州株の感染力、武漢株より強い」、木村、2020/05/06)

武漢発の第1波と欧米発の第2波がまるで違うこと、我が国では、第1波はクルーズ船を含めて制圧/抑制できていたこと、また危険性が大きい欧州株を抑制しつつあることなど、遺伝子視点で流れが掴めます。

これに関連して今後、ということであれば、

ウイルスの変異に引き続き注視となります。

理由はまず、有効なワクチンの開発に決定的に重要なので。インフルエンザと同じです。

それと変異の方向性。

一般的には変異は、趨勢として「弱毒化」していきます。 ウイルスとヒトとの共存状態。SF小説の「アンドロメダ病原体」(マイケル・クライトン、1969)のオチがそれであっけなく脅威が去るパターン。

新型コロナ「欧州株」の感染力「武漢株」より強い ただし、強毒化するという場合、第3波はやっかいに。繰り返しの波には時間経過とともに対応/順応/適応できますが、強毒性のMERS/SARSにさや寄せするように変異すると新型の新型に等しくなり厄介。

ーーーーーーーーーーーーーーー

【13669】Re:新型コロナ感染者、韓国で再び増加傾...
 風鈴カザン  - 20/5/11(月) 17:56 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしま2さん:

こんばんは。

>一つは、結局のところ、感染して免疫を獲得するしかないです。

>かからないようにする政策は誤りで、適度にかかるというのが落としどころだと思います。(適度というのは爆発的な流行を避けるとか、医療の現場のパンクを避けて重篤者を普通に治療できるとか)

そうですね。私は対感染症ということですと、ほぼこのご指摘の点に集約されてそれ以外ははこれを実現するための枝葉と考えています。将来ワクチンが出来て広く接種するのも意味合いは同じで注射針に任すのか、自然任せと人為施策のミックスかの違いと思います。

>もう一つは、経済的リスクと人命リスクのバランスなのだろうと。
>ようやくこの10日くらいでテレビなどでも言えるようになってきていますが、経済的リスクを取り過ぎると、ウイルス感染症とは全く別な形での人命リスクが生じるので。

そうですね。とても自然な流れだと思います。

>報道でも流行しているウイルス感染症のウイルスの《型》にもう少し注目すべきであるとかねがね思っていました。

これは何故もっと前から報道でも強調されないのかと私も不思議(というより不満)に思っていました。ご紹介の記事の前半ほど細分化した情報が出る前に後半に記述されているL型とS型がアジアと欧州で別々に流行しているという情報は随分初期から出ていたはずなのに、報道の量の割に偏りがあるなあとは感じていました(私が見ていなかっただけかもしれないですが)

>(「新型コロナ欧州株の感染力、武漢株より強い」、木村、2020/05/06)

こちらは興味深く拝見しました。「ロスアラモス国立研究所の査読前論文より」のグラフを見ると日本や台湾でも欧州株が既に広がっていることが分かりその結果が現状の被害ということでその点は好材料だと思います。

>ウイルスが増殖する時、遺伝情報をコピーしますが、この時、文字(塩基)を写し間違えてしまうことがあります。これが変異です。新型コロナウイルスには、こうしたミスプリを見つけて文字を切り取って正しい文字に置き換える校正機能(Viral Proofreader・NSP14)が備わっています。
>しかしミスプリは完全には防げないようです。文字(塩基)が1つだけ入れ替わっても作られる単語(アミノ酸)が同じ場合、構成されるタンパク質は変わらず、短編小説のストーリーは全く変わりません。自動車のボディーがいくら傷ついても、そのモデル自体、エンジンやハンドルの機能が変わらないのと同じです。
>ウイルスにとってミスプリはサバイバルのために欠かせない現象です。生存していくためには環境に適応できるようアミノ酸の配列を変える必要があるからです。たとえば58のハプロタイプや5つのグループがあったとしても宿主の免疫力や環境によって淘汰され、消滅を免れるのはその一部です。


記事中のこういう部分がウィルスの恐ろしさだなと思いました。「サバイバルのため」、「生存していくため」に環境に適応していく様子を想像します。私がこの感染症をある意味適当に受け流すしかないと言っていたのは、こういった性質に対しても含めて即応には自ずと限界があり研究が後手に回るのは避けようがない気がしたというのもあります。

>これに関連して今後、ということであれば、
>ウイルスの変異に引き続き注視となります。

「ウイルスの変異」がキモでしょうね。

>新型コロナ「欧州株」の感染力「武漢株」より強い ただし、強毒化するという場合、第3波はやっかいに。繰り返しの波には時間経過とともに対応/順応/適応できますが、強毒性のMERS/SARSにさや寄せするように変異すると新型の新型に等しくなり厄介。

私にはとりあえず厄介な変異が起こらないように祈るくらいしか思いつきません。ただ、「厄介な第三波」を前提と考えてもそれほど凶暴でない今のうちに徐々に恐る恐る感染者を増やしていくことは悪手ではない気がしております。
可能性として懸念するのは変異前に得た免疫が変異後の厄介モードに突入した型に対応しない場合ですね。もしそうなるとすると、対策のギアを上げる必要はあると思います。

(未読ですが)『「アンドロメダ病原体」のオチ』希望です。

【13672】Re:新型コロナ感染者、韓国で再び増加傾...
 風鈴カザン  - 20/5/14(木) 21:58 -

引用なし
パスワード
   ・クラブ関連で3万5千人が検査受ける 陽性は131人=韓国
//headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-00258666-yonh-int

>韓国・ソウル市内の繁華街、梨泰院のクラブを中心に新型コロナウイルスの集団感染が起きたことに関連し、これまでに検査を受けた人は全国合計で3万5000人に上っている

こういうやり方でも結局感染の再拡大になったのに、何度繰り返すのでしょうかねえ。一時の自己満足などコロナ対策には意味がないと身をもって学習したのではなかったのかな。

今後起こるであろう展開は意地になって検査につぐ検査、隔離につぐ隔離などが奏功して一旦また終息に向かい自画自賛、しかし再び再拡大のパターン、これの無限ループ。

かなりの金満国家とか我慢強い国民に支えられたとしても、必ずどこかで破綻するでしょう。
残念ですが韓国は金満でもなければ民衆が我慢強いとも思えません。

もっと適当にやらないと(私は持続可能な手段として、また当該地域におけるリスクの大きさを鑑みて「適当」であるということは重要と考えます)、いずれ韓国民は手のひらを返して文政権に牙をむくでしょう。

【13674】Re:新型コロナ感染者、韓国で再び増加傾...
 風鈴カザン  - 20/5/18(月) 23:41 -

引用なし
パスワード
   マスクのコロナ感染抑制効果、ハムスター実験で明らかに 香港大
://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00000008-jij_afp-int

>【AFP=時事】香港大学(Hong Kong University)の研究チームは17日、ハムスターを使った実験で、多くの人がマスクを着用すれば新型コロナウイルス感染拡大抑制につながることが示されたと発表した。

当初からWHOや専門家がマスクはコロナに対して防御効果はないと盛んに言っていたけれど私は全く疑っていました。

専門家はマスクの網目よりウィルスの方がずっと小さいから防御には意味がないと言っていたと思います。

私はボールよりも大きな枠が面状に連なっているところへボールを投げるところをイメージしていました。すり抜けるボールもあれば枠に当たって跳ね返るボールもあります。
しかもマスクとウィルスの関係では通常息やくしゃみなどを通じて口から出るウィルスは、唾液などと一緒に飛沫となり宙を舞うものも多く、飛沫であればマスクの網の目でも相当程度キャッチするのではないかと思っていました。普通に考えてウィルスのみ唾液などから分離して微小な状態にわざわざ切り離されて空中を浮遊するものが大半であると考えるのは無理があると思っていました。

恐らくマスクの形状、外気の風速、ウィルス発散者の息やくしゃみの風圧等要素によってかなりばらつきはあると思われますが、「全く効果がない」はありえないと考えるのが普通ではないでしょうか?

少なくとも投げたボールが悉く枠をすり抜けるような仮定は考慮するに値しないと思います。

横殴りの雨に対して網戸一枚でもあるのとないのでは濡れ方が違うのは考えるまでないと思うのですが。

科学とか実験と言われれば、普通の人は自分で証明したり試すわけにもいかず「こうなんです」という結果を否応なく押し付けられがちですが、どうもこのコロナ騒ぎに限ってみても首をかしげたくなることが少なくありません。

本日発表で累計の死者749人。

この感染症に対して適切に恐れようという考えを改める要素は未だ見つかりません。

【13675】WHOをめぐる米中対立
 風鈴カザン  - 20/5/22(金) 19:31 -

引用なし
パスワード
   米中どちらに軍配?WHO総会で習近平スピーチ、トランプ警告書簡
//news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20200522-00179716/

筆者遠藤誉氏の憶測に頼る部分も少なくないですが概ね内容に賛同します。

>WHO参加国の多くを占める発展途上国は、「発展途上国を支援してくれる国」を応援するだろう。残念ながら、それは「人類運命共同体」を主張し、発展途上国を支援するために20億ドルを支出すると宣言した「中国」だということになる。

> その意味で、トランプのこの「金による脅し作戦」は今後の世界覇権という意味で、賢明ではない。もっと戦略的でなければアメリカが損をする。

この読みは遠藤氏が正しいと思います。
世界中にウィルスが広がり特に西側の世論が中国憎しに大きく傾いている今、トランプ氏がWHOに強気に出れば少なからず留飲を下げる人はいます。

しかし皮肉にも民主主義の最も根幹にある多数決の原理に従えば、長年の独裁国家中国の途上国に対する投資がこの局面で生きてくるのは間違いありません。
『WHO参加国の多くを占める発展途上国は、「発展途上国を支援してくれる国」を応援するだろう』というくだりは予想というより確定的ですらあります。

そしてこの流れがきな臭いのは、単にWHOをめぐる問題に終わるものではなく、あらゆる場面で類似の構造を持つ対立をこれから見せつけられるだろうからです。

>いま全人類は習近平とWHOが防ぎきれなかったコロナの災禍で苦しんでいる。
> どれだけ罪深いことをしていることか。
> 死を以て償っても償いきれない重罪を二人は犯したのである。
> トランプはここにだけに主張の焦点を当てれば、全人類はトランプに賛同し、トランプに拍手喝采を送るだろう。
> しかし彼はそうしなかった。
> WHOを習近平が掌握できる方向に動いてしまったのである。そのことが残念でならない。

この対立はアメリカには分が悪いと思います。
ちらほらコロナをきっかけに各国が一丸となって中国を追い落としていくだろうというような話を聞きますが、私はむしろ逆にアメリカの相対的な没落と中国の興隆のが際立つ分岐点になると観ます。勿論中国が無傷で切り抜けることもないでしょうが。


良いか悪いかということでなく、中国の独裁成功モデル(卑近な例では一時的にせよ強権的に感染拡大を封じ込めたかに見せたような、まさにああいったやり口も含む)に倣う伸びしろのある途上国はこれからまだ増えるでしょうし、関係性はより緊密になっていくでしょう。そして例えば華為に対する締め付けなども大局的にはむしろアメリカに大きく跳ね返って大いに苦戦するのではないだろうかと予想します。将来ほぼ間違いなく同じことを中国がアメリカに仕掛けるのではないでしょうか?
果たして立場が同等かそれに近づいてそれをされた場合アメリカに打つ手はあるのか。市場の大きさや供給力という点で潜在的にアメリカに勝てる見込みが薄い以上、今後非常に難しいかじ取りが求められると思います。

私にはアメリカの強気が焦りの裏返しのように見えます。

【13677】横田滋さん死去、首相「申し訳ない思い」
 風鈴カザン  - 20/6/6(土) 21:00 -

引用なし
パスワード
   ://news.yahoo.co.jp/articles/a5a1d3a2c218d1a7b0d36a6ed4bde39a1d9e2e80

>安倍首相は5日夜、東京都渋谷区の私邸前で記者団に「断腸の思いで、本当に申し訳ない思いでいっぱいだ」と述べ、滋さんの存命中にめぐみさんの帰国を実現できなかったことを悔やんだ。

当初この内閣はあらゆる手段を講じて拉致問題を前進させてくれないかと期待していました。
米国を通した軍事オプションが現実的でないならば金で解決も仕方ない、どんな非難にも耐えて被害者を取り戻してくれないかと思っていました。はっきり言って手段はどうでもいいから被害者を取り戻して、虎視眈々と反撃の機会を窺えばいいじゃないかと思っておりました。

安倍さんになってから拉致問題は少しも前進していません。
本人も再三言及していたし、勝手に期待をさせられた。
期待した方も愚かなら、やるやる詐欺のようなことばかり言っていた安倍さんの責任も物凄く重い。
でも正恩氏と会うこともないし北朝鮮に行くこともない。一人も帰ってこない、誰かの消息について明らかになったこともない。せいぜい「トランプさん、思いを伝えてください」ちゃんと伝言しましたとアピールする程度。これが実質を伴えばまだしも結果的に何も齎すことはなかった。

コロナのように小犬に核武装で対抗みたいな意味不明事案よりこちらの方がはるかに深刻に無能と無気力を露呈していると思わざるを得ない。

個人的にこの内閣はもうどうでもいいです。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
1 / 235 ツリー 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free