老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
88 / 214 ツリー ←次へ | 前へ→

【9975】安全保障を語るスレッド11 佳之輔 13/4/16(火) 9:44
【9981】中国尖閣問題強行姿勢堅持 tomyk 13/4/17(水) 23:48
【9982】Re:中国尖閣問題強行姿勢堅持 退役軍人 13/4/20(土) 10:01
【9983】Re:中国尖閣問題強行姿勢堅持 tomyk 13/4/21(日) 9:11
【9984】Re:中国尖閣問題強行姿勢堅持 退役軍人 13/4/21(日) 9:42
【9985】報道されない沖縄のテロ tomyk 13/4/21(日) 19:25
【10008】沖縄の政治運動屋に聞きたい tomyk 13/5/9(木) 22:17
【10087】防衛装備に関して tomyk 13/6/17(月) 23:05
【10142】自衛隊に海兵隊機能付与 tomyk 13/7/14(日) 19:01
【10147】一体何と戦ってるのか? tomyk 13/7/15(月) 21:37
【10206】絶対対日戦用 tomyk 13/8/7(水) 23:30
【10208】Re:絶対対日戦用 あぶさん 13/8/8(木) 10:18
【10209】Re:絶対対日戦用 tomyk 13/8/8(木) 10:44
【10248】おおすみ級改修 退役軍人 13/8/24(土) 12:13
【10249】Re:おおすみ級改修 tomyk 13/8/24(土) 21:11
【10283】シリア化学兵器問題 tomyk 13/9/11(水) 8:01
【10285】Re:シリア化学兵器問題 退役軍人 13/9/11(水) 10:11
【10287】Re:シリア化学兵器問題 かっくるなかしま 13/9/11(水) 11:20
【10288】Re:シリア化学兵器問題 退役軍人 13/9/11(水) 22:46
【10289】Re:シリア化学兵器問題 tomyk 13/9/11(水) 23:02
【10290】戦火の拡大 退役軍人 13/9/14(土) 0:01
【10291】Re:戦火の拡大 tomyk 13/9/14(土) 0:52
【10292】Re:戦火の拡大 かっくるなかしま 13/9/14(土) 1:46
【10293】Re:戦火の拡大 退役軍人 13/9/14(土) 12:44
【10296】Re:戦火の拡大 退役軍人 13/9/15(日) 23:53
【10286】Re:シリア化学兵器問題 かっくるなかしま 13/9/11(水) 10:39
【10294】イプシロンロケット tomyk 13/9/15(日) 9:03
【10355】機動戦闘車公開 tomyk 13/10/12(土) 22:45
【10358】Re:機動戦闘車公開 かっくるなかしま 13/10/13(日) 19:13
【10360】Re:機動戦闘車公開 退役軍人 13/10/13(日) 22:53
【10362】Re:機動戦闘車公開 tomyk 13/10/14(月) 0:59
【10365】Re:機動戦闘車公開 かっくるなかしま 13/10/15(火) 10:48
【10359】Re:機動戦闘車公開 退役軍人 13/10/13(日) 20:40
【10484】国防を再考する tomyk 13/11/16(土) 18:18
【10485】国防を再考する 仮想敵国 tomyk 13/11/16(土) 18:51
【10488】国防を再考する 仮想敵国 2 tomyk 13/11/17(日) 21:34
【10493】Re:国防を再考する 仮想敵国 3 tomyk 13/11/19(火) 1:32
【10501】:国防を再考する 仮想敵国 4 tomyk 13/11/21(木) 10:40
【10487】国防を再考する 閑話休題 tomyk 13/11/17(日) 11:26
【10489】Re:国防を再考する 閑話休題 かっくるなかしま 13/11/17(日) 22:41
【10490】Re:国防を再考する 閑話休題 退役軍人 13/11/17(日) 23:13
【10518】国防を再考する 閑話休題 2 tomyk 13/11/26(火) 10:34
【10519】Re:国防を再考する 閑話休題 2〜新防空... かっくるなかしま 13/11/26(火) 11:20
【10524】Re:国防を再考する 閑話休題 2〜新防空... tomyk 13/11/27(水) 8:09
【10526】政治的防空識別圏 退役軍人 13/11/27(水) 14:23
【10527】Re:政治的防空識別圏 tomyk 13/11/27(水) 22:39
【10529】Re:政治的防空識別圏 退役軍人 13/11/28(木) 2:33
【10531】Re:政治的防空識別圏 tomyk 13/11/30(土) 0:22
【10534】Re:政治的防空識別圏〜中国の外交上の大失敗 かっくるなかしま 13/11/30(土) 10:58
【10613】名護市長選 tomyk 13/12/17(火) 0:44
【10614】Re:名護市長選 退役軍人 13/12/17(火) 8:16

【9975】安全保障を語るスレッド11
 佳之輔  - 13/4/16(火) 9:44 -

引用なし
パスワード
   前スレッド(その10)が50レスに達しましたので,更新します.
(URLは省略しますので,ご了承願います)

宜しくお願いします.

【9981】中国尖閣問題強行姿勢堅持
 tomyk  - 13/4/17(水) 23:48 -

引用なし
パスワード
   http://sankei.jp.msn.com/world/news/130417/chn13041720330006-n1.htm
>中国国営新華社通信などは17日、人民解放軍海軍の南海艦隊に所属するミサイル駆逐艦などが同日午前、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域を航行したと報じた。この日は、118年前の1895年に日清戦争の下関条約が締結された日。同諸島の「主権」を主張するため意図的に航行し、中国メディアを使い宣伝した可能性が高い。

強行な姿勢ながらマスコミを使う辺り無理やりというか。
ただし、軍艦が領海侵犯した場合、一気に自体は危険な状況になってしまう。
それだけ中国国内が不安定ということか。

GDPの成長の伸びが減退したことも材料なんでしょうね。
国内問題を国外にマスコミを使って積極的に向け始めた状況は、かなり中国国内が爆発寸前なんでしょうね。

こっちもヤバイなぁ。

【9982】Re:中国尖閣問題強行姿勢堅持
 退役軍人 E-MAIL  - 13/4/20(土) 10:01 -

引用なし
パスワード
   tomykさん

おはようございます。
東北/盛岡で久々の休みです。

▼tomykさん:
>ttp://sankei.jp.msn.com/world/news/130417/chn13041720330006-n1.htm
>>中国国営新華社通信などは17日、人民解放軍海軍の南海艦隊に所属するミサイル駆逐艦などが同日午前、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域を航行したと報じた。この日は、118年前の1895年に日清戦争の下関条約が締結された日。同諸島の「主権」を主張するため意図的に航行し、中国メディアを使い宣伝した可能性が高い。
>
>強行な姿勢ながらマスコミを使う辺り無理やりというか。
>ただし、軍艦が領海侵犯した場合、一気に自体は危険な状況になってしまう。
>それだけ中国国内が不安定ということか。
>
>GDPの成長の伸びが減退したことも材料なんでしょうね。
>国内問題を国外にマスコミを使って積極的に向け始めた状況は、かなり中国国内が爆発寸前なんでしょうね。
>
>こっちもヤバイなぁ。

まず第一に、中国の人は「面子」をとても大事にします。

尖閣問題については、棚上げ。

つまり、はっきりさせないでおくという約束めいたもの。

中国側にしてみれば、この約束を一方的に破られた。

つまり、「面子をつぶされた。」という怒りがあると思いますよ。

面子をつぶしたのが、組し易しと観ていた「民主党政権」だったから、なおさらのことだと思います。

で、総選挙が終わってみると自公連立政権に戻ってしまい。
しかも、その目は無いとみていたけれど最も警戒していた政治家、つまり「自民党総裁 安倍晋三氏」が総理大臣に就任してしまった。

一度は体調不良でみずから辞任し「地獄を見た」政治家だから、いわば「怖い物が無い」政治家でもあるのです。

しかも、政権は圧倒的多数で衆院を支配し、かつ高い支持率を維持しているというか、支持率が高まる傾向にある。

そういう強い政治的基盤を持つ政権であるということと、外交では「中国包囲網」形成を意図した動きが初動であったということ。

そして、安倍首相は「妥協する物などなにもない。」と公言している。

フイリピンやベトナムを相手に恫喝外交で実効支配領域を広げてきた南沙領域と、尖閣諸島領域では相手にする国の実力に歴然たる差があるということは意識していると思いますよ。

しかも、日米安保条約である種の集団的自衛権を行使できる環境にあり、かつ世界第一位の米海軍と世界第二の実力を持つ海上自衛隊の連合艦隊と戦って、勝てる訳がないという現実もきちんと認識していると思います。

海戦となれば、中国海軍はほぼ一週間で壊滅的打撃を被ることになります。

東シナ海に投入した艦艇のほぼ80%を失うことになります。
再建するのに、ほぼ二十年必要になるでしょうね。

結果として、海洋覇権なんて「夢のまた夢」ということになります。

経済的側面から見てみると。

これ以上、日中関係が悪化してしまうと「中国からの逃避(生産現場の移転)」を始めている日本企業の中国離れを加速させてしまうだろうし。

それでなくとも、賃金コストの上昇で中国に生産現場を置くメリットは無くなってきている。

しかも積極的に進出しようとしているのは、中国の国内市場を睨んだ業種に限られている現状もある。

呼び込んだ外資と技術、それと安い賃金コスト、さらには意図的な人民元安誘導で、中国で生産したものを輸出して外貨を得る、それをてこにして経済成長を続けていく、という基本的な戦略にも影響が出始めていますから。

例え、小規模な地域限定的紛争であったとしても、相手が日本となるとその影響はとても大きなものになりますしね。

日本政府の対応がとても冷静で、相手の対応に応じた程度と限定しているために、これ以上の対応、たとえば中国海軍艦艇による領海侵犯などとエスカレートすると、「挑発しているのは中国」であると世界中に認知されてしまうし。

いまのところ、手詰まりとなっていることも理解していると思います。

何度も言うようですが。

「中国指導部」が正気を保っていられればこれ以上の事にはならないと思います。

【9983】Re:中国尖閣問題強行姿勢堅持
 tomyk  - 13/4/21(日) 9:11 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
おはようございます。

>まず第一に、中国の人は「面子」をとても大事にします。
>
>尖閣問題については、棚上げ。
>
>つまり、はっきりさせないでおくという約束めいたもの。
>
>中国側にしてみれば、この約束を一方的に破られた。
>
>つまり、「面子をつぶされた。」という怒りがあると思いますよ。
>
>面子をつぶしたのが、組し易しと観ていた「民主党政権」だったから、なおさらのことだと思います。

中国との「裏取引」を台無しにした当時の石原都知事の尖閣購入は、なあなあで済んでいた状況をひっくり返したんですね。
「事なかれ」を第一にしていたと考えれば、尖閣諸島沖漁船衝突映像の隠蔽も意味はあったのでしょう。
個人的見解で言えば、はっきりさせておくべきだったと思いますので、尖閣問題が周知されたのは大きい。

産経ソースなので、割り引いてみますが。
ttp://sankei.jp.msn.com/life/news/130328/trd13032821450024-n1.htm

憲法改正論が多くなっている。

また、日教組の「教育」も最早効力がないようです。
ttp://blog.livedoor.jp/muchio68/archives/26947898.html
>自衛隊、違憲ではない」高校生倍増 日高教調査

>「自衛隊は憲法違反ではない」と考える高校生が急増――。日本高等学校教職員組合(日高教)が19日に発表した高校生意識調査で、そんな結果が出た。

>調査は、日高教の組合員がいる高校を中心に数年おきに実施。今回は、全国の高校生1万2480人が昨年11月に回答した。

>自衛隊は「憲法に違反していない」と答えた生徒は45・1%で、前回調査(2008年)の24・8%を大きく上回った。初回調査(1977年)から毎回10〜20%台で推移してきた。

目に見える脅威に対抗する環境を整える下地ができつつあります。

>で、総選挙が終わってみると自公連立政権に戻ってしまい。
>しかも、その目は無いとみていたけれど最も警戒していた政治家、つまり「自民党総裁 安倍晋三氏」が総理大臣に就任してしまった。
>
>一度は体調不良でみずから辞任し「地獄を見た」政治家だから、いわば「怖い物が無い」政治家でもあるのです。
>
>しかも、政権は圧倒的多数で衆院を支配し、かつ高い支持率を維持しているというか、支持率が高まる傾向にある。
>
>そういう強い政治的基盤を持つ政権であるということと、外交では「中国包囲網」形成を意図した動きが初動であったということ。
>
>そして、安倍首相は「妥協する物などなにもない。」と公言している。
>
>フイリピンやベトナムを相手に恫喝外交で実効支配領域を広げてきた南沙領域と、尖閣諸島領域では相手にする国の実力に歴然たる差があるということは意識していると思いますよ。

今度の参院選の争点が改憲になりそうな勢いですからね。
96条改正を足がかりにして、自衛隊の保持を違憲にならないようにしてほしいところです。
後は集団的自衛権ですね。

>しかも、日米安保条約である種の集団的自衛権を行使できる環境にあり、かつ世界第一位の米海軍と世界第二の実力を持つ海上自衛隊の連合艦隊と戦って、勝てる訳がないという現実もきちんと認識していると思います。
>
>海戦となれば、中国海軍はほぼ一週間で壊滅的打撃を被ることになります。
>
>東シナ海に投入した艦艇のほぼ80%を失うことになります。
>再建するのに、ほぼ二十年必要になるでしょうね。
>
>結果として、海洋覇権なんて「夢のまた夢」ということになります。

中国の対日米安保対策は、沖縄を中心に展開しているようで、それにマスコミに鼻薬嗅がせて沖縄問題の一部分を大きく取り上げているのでしょうね。
しかし、これだけ周囲がきな臭いと押さえ込みも難しいようで、中国が奔走しているようですが。

ttp://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000003985.html

>北朝鮮を巡る中国の外交が活発化しています。中国政府は、6カ国協議の武大偉首席代表が来週から訪米すると発表しました。

>中国外務省は武代表が来週、アメリカを訪問して、デービース北朝鮮担当特別代表らと会談すると発表しました。来週にはアメリカのバーンズ国務副長官が北京を訪問するほか、月末には韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相も訪中を予定しています。北朝鮮問題を巡り、中国は話し合いによる解決を主張していて、外交を活発化させています。
>程永華駐日中国大使:「中国は北朝鮮側に対して、中国側の立場をはっきり伝えて問題解決のために役立つように努力しているところである」
>一方、都内で会見した程大使は、「朝鮮半島情勢は憂慮すべき事態」だとして重ねて懸念を示しました。

かねてから「お仲間」と見られてますからね。
北朝鮮が暴走すれば、中国も割りを食うといったところでしょうか。

>経済的側面から見てみると。
>
>これ以上、日中関係が悪化してしまうと「中国からの逃避(生産現場の移転)」を始めている日本企業の中国離れを加速させてしまうだろうし。
>
>それでなくとも、賃金コストの上昇で中国に生産現場を置くメリットは無くなってきている。
>
>しかも積極的に進出しようとしているのは、中国の国内市場を睨んだ業種に限られている現状もある。
>
>呼び込んだ外資と技術、それと安い賃金コスト、さらには意図的な人民元安誘導で、中国で生産したものを輸出して外貨を得る、それをてこにして経済成長を続けていく、という基本的な戦略にも影響が出始めていますから。
>
>例え、小規模な地域限定的紛争であったとしても、相手が日本となるとその影響はとても大きなものになりますしね。

「経済発展」を見せ札にして力をつけてきましたが、その効力も消え始めてるというところでしょうか。
世界市場のキャパシティは中国の受け入れの枠が減ってるのは間違い無いようですしね。
生産拠点もミャンマーやベトナムなどのシフトが加速してるようです。
アパレル関係が顕著ですね。

>日本政府の対応がとても冷静で、相手の対応に応じた程度と限定しているために、これ以上の対応、たとえば中国海軍艦艇による領海侵犯などとエスカレートすると、「挑発しているのは中国」であると世界中に認知されてしまうし。
>
>いまのところ、手詰まりとなっていることも理解していると思います。
>
>何度も言うようですが。
>
>「中国指導部」が正気を保っていられればこれ以上の事にはならないと思います。

中国国内の暴動も報道されていないだけでかなり酷い状況のようですからね。
天安門事件の例があるから情報統制は徹底してるでしょう。
しかし、いつまで抑え込めるか。

そして、国内の不満が限界にきた国は、外へ力を向ける歴史を忘れてはいけないですね。

【9984】Re:中国尖閣問題強行姿勢堅持
 退役軍人 E-MAIL  - 13/4/21(日) 9:42 -

引用なし
パスワード
   tomykさん

おはようございます。

もうすぐ春のはずなんですが。
盛岡はまだ肌寒い状況です。

桜前線も岩手と宮城の間で停滞しているみたいです。

今日は、岩手から福島まで移動します。

追い越した桜前線を迎え撃つ感じかな。
どこらあたりで遭遇するか、とても楽しみです。

▼tomykさん:
>▼退役軍人さん:
>おはようございます。
>
>>まず第一に、中国の人は「面子」をとても大事にします。
>>尖閣問題については、棚上げ。
>>つまり、はっきりさせないでおくという約束めいたもの。
>>中国側にしてみれば、この約束を一方的に破られた。

ただね、日中国交回復の時代は共産主義による統治、共産主義による経済運営が行き詰まっていた時期でもあるのです。

本来、国交回復をするのであれば国境線の画定や領域の支配についての覚書を締結して、善隣友好条約などの交換公文に付帯文書として添付して、後日の紛争を防ぐというのが本来のやり方なんです。

日中国交回復を政治的な業績としたかった「田中元首相」と、一刻も早く事実上の戦後賠償であるODA等をを得て、経済を活性化しなければならなかった中国側との妥協の産物なんですね。

まぁ、お互い様ということなんでしょうが。

田中外交の負の遺産でもあるのです。

>>つまり、「面子をつぶされた。」という怒りがあると思いますよ。
>>面子をつぶしたのが、組し易しと観ていた「民主党政権」だったから、なおさらのことだと思います。
>
>中国との「裏取引」を台無しにした当時の石原都知事の尖閣購入は、なあなあで済んでいた状況をひっくり返したんですね。
>「事なかれ」を第一にしていたと考えれば、尖閣諸島沖漁船衝突映像の隠蔽も意味はあったのでしょう。
>個人的見解で言えば、はっきりさせておくべきだったと思いますので、尖閣問題が周知されたのは大きい。

中国側にしてみれば、軽く見ていた民主党政権だったから何とかなりそうという予測はあったのでしょうが。

首相が自民党の右派より右寄りの野田さんでしたからね。

しかも、映像が流失してしまい国民が知ることになってしまった。

そのタイミングで石原都知事の「買い取り宣言」であったし、多額の寄付が集まってしまった。

民主党政権にほかの選択肢はなかったと思います。

外堀だけどころか、内堀も埋められてしまっていたし。

>産経ソースなので、割り引いてみますが。
>ttp://sankei.jp.msn.com/life/news/130328/trd13032821450024-n1.htm
>
>憲法改正論が多くなっている。
>
>また、日教組の「教育」も最早効力がないようです。
>ttp://blog.livedoor.jp/muchio68/archives/26947898.html
>>自衛隊、違憲ではない」高校生倍増 日高教調査
>
>>「自衛隊は憲法違反ではない」と考える高校生が急増――。日本高等学校教職員組合(日高教)が19日に発表した高校生意識調査で、そんな結果が出た。
>
>>調査は、日高教の組合員がいる高校を中心に数年おきに実施。今回は、全国の高校生1万2480人が昨年11月に回答した。
>
>>自衛隊は「憲法に違反していない」と答えた生徒は45・1%で、前回調査(2008年)の24・8%を大きく上回った。初回調査(1977年)から毎回10〜20%台で推移してきた。
>
>目に見える脅威に対抗する環境を整える下地ができつつあります。
>
>>で、総選挙が終わってみると自公連立政権に戻ってしまい。
>>しかも、その目は無いとみていたけれど最も警戒していた政治家、つまり「自民党総裁 安倍晋三氏」が総理大臣に就任してしまった。
>>
>>一度は体調不良でみずから辞任し「地獄を見た」政治家だから、いわば「怖い物が無い」政治家でもあるのです。
>>
>>しかも、政権は圧倒的多数で衆院を支配し、かつ高い支持率を維持しているというか、支持率が高まる傾向にある。
>>
>>そういう強い政治的基盤を持つ政権であるということと、外交では「中国包囲網」形成を意図した動きが初動であったということ。
>>
>>そして、安倍首相は「妥協する物などなにもない。」と公言している。
>>
>>フイリピンやベトナムを相手に恫喝外交で実効支配領域を広げてきた南沙領域と、尖閣諸島領域では相手にする国の実力に歴然たる差があるということは意識していると思いますよ。
>
>今度の参院選の争点が改憲になりそうな勢いですからね。
>96条改正を足がかりにして、自衛隊の保持を違憲にならないようにしてほしいところです。
>後は集団的自衛権ですね。

集団的自衛権の発動は憲法九条の規定と矛盾していますから。
まぁ、自衛隊の存在そのものが違憲であることには議論の余地が無い。

ケースバスケースで「解釈改憲」を続けてきたら、憲法を改正しないといけなくなっただけのこと。

>>しかも、日米安保条約である種の集団的自衛権を行使できる環境にあり、かつ世界第一位の米海軍と世界第二の実力を持つ海上自衛隊の連合艦隊と戦って、勝てる訳がないという現実もきちんと認識していると思います。
>>
>>海戦となれば、中国海軍はほぼ一週間で壊滅的打撃を被ることになります。
>>
>>東シナ海に投入した艦艇のほぼ80%を失うことになります。
>>再建するのに、ほぼ二十年必要になるでしょうね。
>>
>>結果として、海洋覇権なんて「夢のまた夢」ということになります。
>
>中国の対日米安保対策は、沖縄を中心に展開しているようで、それにマスコミに鼻薬嗅がせて沖縄問題の一部分を大きく取り上げているのでしょうね。
>しかし、これだけ周囲がきな臭いと押さえ込みも難しいようで、中国が奔走しているようですが。
>
>ttp://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000003985.html
>
>>北朝鮮を巡る中国の外交が活発化しています。中国政府は、6カ国協議の武大偉首席代表が来週から訪米すると発表しました。
>
>>中国外務省は武代表が来週、アメリカを訪問して、デービース北朝鮮担当特別代表らと会談すると発表しました。来週にはアメリカのバーンズ国務副長官が北京を訪問するほか、月末には韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相も訪中を予定しています。北朝鮮問題を巡り、中国は話し合いによる解決を主張していて、外交を活発化させています。
>>程永華駐日中国大使:「中国は北朝鮮側に対して、中国側の立場をはっきり伝えて問題解決のために役立つように努力しているところである」
>>一方、都内で会見した程大使は、「朝鮮半島情勢は憂慮すべき事態」だとして重ねて懸念を示しました。
>
>かねてから「お仲間」と見られてますからね。
>北朝鮮が暴走すれば、中国も割りを食うといったところでしょうか。
>
>>経済的側面から見てみると。
>>
>>これ以上、日中関係が悪化してしまうと「中国からの逃避(生産現場の移転)」を始めている日本企業の中国離れを加速させてしまうだろうし。
>>
>>それでなくとも、賃金コストの上昇で中国に生産現場を置くメリットは無くなってきている。
>>
>>しかも積極的に進出しようとしているのは、中国の国内市場を睨んだ業種に限られている現状もある。
>>
>>呼び込んだ外資と技術、それと安い賃金コスト、さらには意図的な人民元安誘導で、中国で生産したものを輸出して外貨を得る、それをてこにして経済成長を続けていく、という基本的な戦略にも影響が出始めていますから。
>>
>>例え、小規模な地域限定的紛争であったとしても、相手が日本となるとその影響はとても大きなものになりますしね。
>
>「経済発展」を見せ札にして力をつけてきましたが、その効力も消え始めてるというところでしょうか。
>世界市場のキャパシティは中国の受け入れの枠が減ってるのは間違い無いようですしね。
>生産拠点もミャンマーやベトナムなどのシフトが加速してるようです。
>アパレル関係が顕著ですね。
>
>>日本政府の対応がとても冷静で、相手の対応に応じた程度と限定しているために、これ以上の対応、たとえば中国海軍艦艇による領海侵犯などとエスカレートすると、「挑発しているのは中国」であると世界中に認知されてしまうし。
>>
>>いまのところ、手詰まりとなっていることも理解していると思います。
>>
>>何度も言うようですが。
>>
>>「中国指導部」が正気を保っていられればこれ以上の事にはならないと思います。
>
>中国国内の暴動も報道されていないだけでかなり酷い状況のようですからね。
>天安門事件の例があるから情報統制は徹底してるでしょう。
>しかし、いつまで抑え込めるか。
>
>そして、国内の不満が限界にきた国は、外へ力を向ける歴史を忘れてはいけないですね。

冷静に考えればそれは自殺行為であると思いますよ。

中国外交部は強気の「発言機関銃」を連射してますけれど。

弾丸は東シナ海に落っこちるだけで、日本まで届いていませんよ。(笑......

【9985】報道されない沖縄のテロ
 tomyk  - 13/4/21(日) 19:25 -

引用なし
パスワード
   ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/130418/plc13041812400013-n1.htm
>普天間飛行場ゲート前 伝えられぬ「クリーン活動」

反対派の行動が報道されない。

実態は安保運動の暴力並みになりつつある。
米兵の犯罪は報道されるが、運動屋の暴力は報道されない。
警察も動かないのは非常に危険な状況だ。

反対派の行動が聖域化した場合、更なるテロ行動も予想できる。
これはバックにどこかの国があると見ても仕方が無いのではないか。

【10008】沖縄の政治運動屋に聞きたい
 tomyk  - 13/5/9(木) 22:17 -

引用なし
パスワード
   http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013050900733
時事通信より

>【北京時事】中国外務省の華春瑩副報道局長は9日の定例記者会見で、沖縄に対する中国の領有権を示唆した共産党機関紙・人民日報(8日付)論文に対する日本政府の抗議を「受け入れられない」と言明した。華副局長は沖縄の主権をめぐる政府の立場を明らかにしなかったが、抗議を拒否したことで事実上、日本の主権を否定したとも受け止められ、日本側が反発を強めることは必至だ。 
>華副局長は人民日報論文に関してまず「沖縄と琉球の歴史は学術界が長く関心を持ってきた問題だ」と述べ、8日の定例会見での発言を繰り返した。この後、「この問題が比較的際立っている背景」として沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題を挙げ、「日本側が絶えず挑発行動を取り、中国の領土主権を侵犯した」と強調。さらに「学者の署名文章は、中国の民衆・学界の釣魚島や、それに関係する歴史問題に対する関心と研究が反映されている」と述べた。
>尖閣問題と沖縄の主権を絡めた華副局長の発言は、中国政府が尖閣諸島に対する安倍晋三政権の対応に不満を強めたため、沖縄の主権を取り上げ、日本側をけん制していることを示唆したものだ。日本政府の抗議を受け、さらに態度を硬化させた可能性が高い。
>菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で「記事(の内容)が中国政府の立場であるならば、断固として受け入れられない」と、外交ルートを通じて厳重に抗議したと明らかにした。

琉球独立論もちらほら見かける状況で、中国のマスコミが沖縄の主権を主張する論文を出し、日本政府が抗議して中国政府が突っぱねる状況。

日本国民でいますか?アメリカ国民に戻りますか?中国琉球自治省に加わりますか?

ドンドン奇形カタカナサヨクが追い詰められてくるなぁ。

【10087】防衛装備に関して
 tomyk  - 13/6/17(月) 23:05 -

引用なし
パスワード
   .47news.jp/CN/201306/CN2013061701002275.html
47ニュースより

>【ベルファスト共同】安倍晋三首相は17日昼(日本時間17日夜)、英国のキャメロン首相と北アイルランドのエニスキレンで会談した。防衛装備品の共同開発を加速させるため、相互に技術の流出防止を図る協定を締結することで一致。軍事面を含む機密情報の交換を可能にする両国間の「情報保護協定」締結でも正式合意した。

>双方はそれぞれ米国と同盟関係にあり、安全保障面での連携を強める狙いがある。

>防衛装備品の共同開発に関する協定により、日英間で既に具体化している化学防護服の共同開発が本格化する。

自民党政権になってから防衛装備に関して非常に積極的になっている。
インドへの大型飛行艇U−2改の販売交渉も行っている。
近年兵器の高性能化による高価格化が防衛装備調達の足かせになっている。
艦船などは関わっているところが多いので順調だが、それ以外の装備品、特に航空機の装備更新が遅れ気味になっている。
共同開発を積極的に推進して、装備品の低コスト化を模索すべきでしょう。

【10142】自衛隊に海兵隊機能付与
 tomyk  - 13/7/14(日) 19:01 -

引用なし
パスワード
   .47news.jp/CN/201307/CN2013071401001544.html
47ニュースより


>離島防衛で自衛隊に海兵隊機能 新大綱中間報告に明記へ

>防衛省は、年内に策定する長期的な防衛力整備の指針「新防衛大綱」の中間報告に「海兵隊的機能の充実」を図ると明記する方針を固めた。同省関係者が14日明らかにした。沖縄県・尖閣諸島周辺での中国との緊張関係を反映し、離島防衛重視の方策を打ち出す必要があると判断した。中間報告は参院選後の7月中に公表し、安倍晋三首相に提出される見通しだ。

>海兵隊は米軍では陸海空軍と並ぶ4軍の一つで、主として敵の支配する地域に空海路で乗り込む先遣隊の役割を担う。韓国軍にも置かれているが、自衛隊にはない。

>同じ関係者は海兵隊的機能を充実させても「専守防衛を逸脱することはない」と強調。

日米同盟の関係があっても、最初の初撃は日本が行うor被るのが前提。
また、日本が自国の防衛を行う意思と能力を持つのは大前提であって、島嶼支配を目論んでいる対中国には一定の抑止力になる。

また、「おおすみ」級LCAC搭載輸送艦や「ひゅうが」級DDH、22DDHなど艦船に問題は無く、後は10式戦車を初めとする戦闘車輌や航空支援体制を組織すれば余りコストをかけずに編成に入ることお可能と見ます。

現状、北東アジアで不穏な空気が漂う状況では当然のテーマでしょう。

【10147】一体何と戦ってるのか?
 tomyk  - 13/7/15(月) 21:37 -

引用なし
パスワード
   ttp://master-asia.livedoor.biz/archives/7964835.html

韓国海軍元司令官発言

>日本の私達の独島に対する侵奪野慾が執拗である。
>日本政府は、2013年7月9日の閣議で、'2013年防衛白書 "を確定発表して独島が日本領土という主張を繰り返した。
>白書に "我が国固有の領土である北方領土(ロシア千島列島4島)と竹島(竹?・独島の日本式名称)の領土問題が依然として未解決の状態で存在している" と明記し、日本の領土を表示する地図にも独島を '竹島'と表記した。

>2005年から9年目繰り返されている無理な主張である。 防衛白書を7月末?9月初めに発行してきた。
>今回早くしたのは7月21日、日本の参議院選挙と無関係ではない。 安倍首相(自民党)は右傾化、領有権の主張、円政策などで昨年末に首相に就任した。
>今回の選挙で日本国民を刺激し票を得ようとする解釈が可能である。

>安倍首相は、選挙の勝利に基づいて憲法改正(交戦権を確保し、正規軍の保持)まで推進する計画だ。
>しかし私たちの関心は、日本がいつ、どのような形で武力挑発を開始するかにある。 詳しく見てみよう。

以下転載先を見てください。

.konas.net/article/article.asp?idx=31547
元ソースは韓国語。

日本が韓国に侵略してくるから、海軍力増強と原子力空母と原子力潜水艦を建造しようということですが、一体彼は何と戦うつもりなのでしょうか?
まあ、韓国軍の主敵は北朝鮮で、海軍は本来出番が余り無い立場だろうけどこれは余りにも酷い。
大体、日本海しか海に面してない韓国でイージス艦の保有もオーバースペックなんだし以前から海軍は日本を主敵としてるんですよね。
最近までは空軍も日本を主敵としてる傾向がありましたが。

経済がかなり危険な状況で、破綻すれば目も当てられない。
次期主力戦車であるK−2も、エンジンとトランスミッションを合わせたパワーパックの生産に失敗して未だ試作段階だというのに。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/K2_(%E6%88%A6%E8%BB%8A)
>>当初は2011年に配備する予定であったが、国産開発するエンジンに欠陥が発覚したため、戦力化が遅延している。2012年12月17日に、2014年3月に最初に戦力化する100両には、ドイツMTU社製のエンジンとドイツRenk社製のトランスミッションを組み合わせたユーロパワーパックを採用する事と、引き続き国産エンジンの開発完了を目指す事を決定した。

一応潜在的同盟国なんだけどなぁ。

【10206】絶対対日戦用
 tomyk  - 13/8/7(水) 23:30 -

引用なし
パスワード
   ttp://japanese.joins.com/article/690/174690.html?servcode=400&sectcode=400
中央日報より

>韓国海軍が1800トン規模の214級潜水艦「安重根(アン・ジュングン)」の航海写真を4日に公開した。長さ65.3メートル、幅6.3メートル、最高速度20ノットの安重根艦はハワイまで燃料補給せず往復航海が可能で、水中で2週間にわたり作戦を遂行できる。乗組員は40人余りだ。

>海軍はこの日、2020年から2030年まで順次1カ月近くの水中作戦が可能な3000トン級規模のディーゼルエンジン潜水艦9隻を確保する計画が国防部を通過したと明らかにした

韓国の防衛を見た場合、3000トンクラスで1ヶ月の作戦可能な潜水艦って完全にオーバースペックですよね。
「安重根」のネームシップである「孫元一」級でも高性能すぎる。

ちなみに韓国の計画潜水艦は、「そうりゅう」級潜水艦より若干排水量が少ないだけ。
そして、3000トン級の通常動力潜水艦は、それこそ日本の「そうりゅう」級かロシアの「ラーダ」級しかありません。
ttp://rybachii.blog84.fc2.com/blog-entry-723.html

韓国の海上軍備は一体何処へ向かっていくのでしょうか。

【10208】Re:絶対対日戦用
 あぶさん  - 13/8/8(木) 10:18 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

おはようございます。

>>韓国海軍が1800トン規模の214級潜水艦「安重根(アン・ジュングン)」の航海写真を4日に公開した。長さ65.3メートル、幅6.3メートル、最高速度20ノットの安重根艦はハワイまで燃料補給せず往復航海が可能で、水中で2週間にわたり作戦を遂行できる。乗組員は40人余りだ。
>
>>海軍はこの日、2020年から2030年まで順次1カ月近くの水中作戦が可能な3000トン級規模のディーゼルエンジン潜水艦9隻を確保する計画が国防部を通過したと明らかにした
>
>韓国の防衛を見た場合、3000トンクラスで1ヶ月の作戦可能な潜水艦って完全にオーバースペックですよね。
>「安重根」のネームシップである「孫元一」級でも高性能すぎる。
>
>ちなみに韓国の計画潜水艦は、「そうりゅう」級潜水艦より若干排水量が少ないだけ。
>そして、3000トン級の通常動力潜水艦は、それこそ日本の「そうりゅう」級かロシアの「ラーダ」級しかありません。
>ttp://rybachii.blog84.fc2.com/blog-entry-723.html
>
>韓国の海上軍備は一体何処へ向かっていくのでしょうか。

名前からして日本を意識した潜水艦ですよねぇ。「沈没の艦隊」いや「沈黙の艦隊」では日本も原子力潜水艦をもったのですが(^^

ウォールストリートジャーナル日本版の記事です。
>日本は、東シナ海の諸島の領有権をめぐり中国との緊張が続き、その軍事戦略を強化しようとする中>で、戦後最大規模の軍艦が完成した。

>海上自衛隊は6日、横浜で、全長248メートル、基準排水量1万9500トンのヘリコプター搭載護衛艦>「いずも」の命名、進水式を行った。ジャパンマリンユナイテッドが約1200億円で建造した「いずも」は、平和維持活動、災害救援のほか対潜水艦作戦も行う。

やっぱり外国では「軍艦」なんですね(^^; 日本では「護衛艦」などとごまかしているけど,どんなタイプの船でも「護衛艦」だから,結局主力艦を護るための船みたいに思われるけど,主力艦ってないし,きっと米空母のことかなと思ってしまいます(^^;

こちらも「いずも」という命名は少々気になるところでしょう。いっそ「竹島」ってやっちゃえばよかったのでは?(^^; いや怖い,怖い。

【10209】Re:絶対対日戦用
 tomyk  - 13/8/8(木) 10:44 -

引用なし
パスワード
   ▼あぶさんさん:
おはようございます。

>やっぱり外国では「軍艦」なんですね(^^; 日本では「護衛艦」などとごまかしているけど,どんなタイプの船でも「護衛艦」だから,結局主力艦を護るための船みたいに思われるけど,主力艦ってないし,きっと米空母のことかなと思ってしまいます(^^;

日本の艦隊整備計画は防衛目的に沿って整備しています。
韓国海軍のように行き当たりばったりではないですからね。
それと、日本が「護衛艦」と言えば「護衛艦」です(笑)
「たかなみ」級や「むらさめ」級などに搭載される対潜ヘリの整備、補給基地の役割を「いずも」や「ひゅうが」級はもっていますからね。
当然、緊急展開させる島嶼防衛の陸上自衛隊員の輸送も…

>こちらも「いずも」という命名は少々気になるところでしょう。いっそ「竹島」ってやっちゃえばよかったのでは?(^^; いや怖い,怖い。

「竹島」は品が無いですよ(笑)
アメリカや韓国の真似をする必要はありません(アメリカもミッドウェーやイオージマなどある)
「いずも」も先代「出雲」が日露戦争時の聨合艦隊第二艦隊の装甲巡洋艦です。
歴史も意義もあるネーミングですよ。
それに、伊勢神宮の式年遷宮に合わせて「いせ」「いずも」と来ています。
自分は納得の名前ですが予想では22DDHが「かが」で次の24DDHが「とさ」と思ってましたが(詳しくはwikiで調べて見てください)

【10248】おおすみ級改修
 退役軍人 E-MAIL  - 13/8/24(土) 12:13 -

引用なし
パスワード
   こちらから引用

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130824/plc13082408140005-n1.htm

>海自輸送艦を大幅改修 4億円要求 離島防衛に本腰



>水陸両用車やオスプレイ搭載可能に


> 防衛省は23日、離島防衛・奪還作戦のための「海兵隊的機能」として、海上自衛隊の「おおすみ」型輸送艦(基準排水量8900トン)を大規模改修する方針を固めた。隊員を乗せて前線に進出する水陸両用車や垂直離着陸輸送機オスプレイを搭載可能にする。平成27年3月に就役予定の新型ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(同1万9500トン)に水陸両用戦の「司令塔」機能も持たせる。

> これらの改修は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で挑発を繰り返す中国を念頭に、離島防衛と占領時の奪還作戦の実効性を担保する措置で、海兵隊的機能の整備が「実戦モード」に移行したことを意味する。今月末に締め切られる26年度予算案概算要求に設計費など4億円を盛り込む。

> 防衛省は27年度にもオスプレイを導入。水陸両用車「AAV7」も今年度予算で取得する4両に続き、26年度概算要求では新たに派生型の2両の取得も盛り込む。派生型は指揮通信型と回収型の2種類で、この導入も実戦を見据えたもの。

> オスプレイとAAV7の「母艦」となるのが、計3隻ある「おおすみ」型輸送艦。艦内でオスプレイを移動させられるよう格納庫と甲板をつなぐエレベーターを改修、甲板に耐熱用の塗装も施す。AAV7については発進用に船尾のハッチを改修し滑り止めの塗装を行うことも想定している。

> 26年度は主に設計を行い、27年度以降に順次、改修を進める考え。

> 一方、就役すれば海自最大の護衛艦となる「いずも」には電子会議装置などを整備し、水陸両用戦の司令部に位置づける。

> 防衛省は陸自に「水陸両用準備隊(仮称)」も創設する方針。AAV7の運用研究などを通じ、離島奪還作戦のノウハウを習得し戦闘能力を向上させる。

新しく総合的な戦闘能力を取得するには十年程度かかります。

島嶼地域防衛を目的としたWAiR(西部方面普通科連隊)が創設されたのが2002年でした。

その後、2005年から米海兵隊と合同演習をしているのと、隊員の70%以上がレンジャー資格を有することから「特殊部隊」ではないかと言われていますが。

実質的には、「海兵連隊」でしょうね。

予算の制約と民主党の軍事オンチ政策から関連装備の調達が遅れていました。

盤石の備えとするには、これらの関連装備獲得にあと五年ほど必要でしょうから。民主党政権下での三年の遅れはかなり厳しいと思います。

しかしながら、現有の能力でもそれなりの抑止力を持っています。

対中国、つまり尖閣列島の防衛を考えると十分ではないにしろ、「実力で奪取」という選択肢は中国にはありません。まぁ、指導部が正気を保っていられればですけれど。

中国はそれを認識出来ているから、日本を「交渉の場」に引きずり出したい。

あと五年ほど、つまり関連装備の調達が終わるまで現状を維持できれば「中国による侵攻」は不可能になります。

私の情報筋(笑)によれば、むしろ警戒しているのは韓国のほうです。

韓国軍の現状の実力では「竹島」防衛は難しい。
これらの装備が整えば実力では阻止できないという「無言の圧力」がかかります。

現状でも、日本が竹島奪取作戦にでれば阻止するのはとても難しい。
なぜなら、正規軍の大規模戦闘を想定した軍種編成になっていますから、海上戦力から考えて島嶼防衛の能力はほぼ無いに等しいから。

しかも、大きな犠牲を払った上にこの期に乗じて北朝鮮軍の南進が始まるのはほぼ確実でしょうからね。

デッドロックで選択肢が極めて限られるのは中韓両国ですよ。

資金的裏付けを通じて、この軍事的優位を維持しておけばそれでよいと思います。

備えに資金は必要ですが、実際の紛争による損失を考えればたいしたことはありませんからね。

【10249】Re:おおすみ級改修
 tomyk  - 13/8/24(土) 21:11 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
こんばんわです。

>新しく総合的な戦闘能力を取得するには十年程度かかります。
>
>島嶼地域防衛を目的としたWAiR(西部方面普通科連隊)が創設されたのが2002年でした。
>
>その後、2005年から米海兵隊と合同演習をしているのと、隊員の70%以上がレンジャー資格を有することから「特殊部隊」ではないかと言われていますが。
>
>実質的には、「海兵連隊」でしょうね。
>
>予算の制約と民主党の軍事オンチ政策から関連装備の調達が遅れていました。
>
>盤石の備えとするには、これらの関連装備獲得にあと五年ほど必要でしょうから。民主党政権下での三年の遅れはかなり厳しいと思います。
>
>しかしながら、現有の能力でもそれなりの抑止力を持っています。
>
>対中国、つまり尖閣列島の防衛を考えると十分ではないにしろ、「実力で奪取」という選択肢は中国にはありません。まぁ、指導部が正気を保っていられればですけれど。
>
>中国はそれを認識出来ているから、日本を「交渉の場」に引きずり出したい。
>
>あと五年ほど、つまり関連装備の調達が終わるまで現状を維持できれば「中国による侵攻」は不可能になります。

おおすみ級三隻を改装するんですね。
そうなれば、水陸両用戦の母船におおすみ級三杯といずも級二杯になりますから、単純な搭載戦力で言えば一個戦車中隊と強襲揚陸普通科一個〜二個大隊規模の早期展開能力が確保できますね。
いずも級はRO−RO運用ができますから、おおすみ級で橋頭堡確保後にいずも級を基幹戦力にしての運用も考えられます。
オスプレイの取得も目指していますから、中国が目くじら立てるのは容易に想像できます。
中国の現有海軍能力で機動部隊編成をする場合、ピケットとして原子力潜水艦の展開と駆逐艦群の整備の開きがありますし、ワリヤーグもやはり実験艦の域を出ないようですから次に出る空母がどうなるか。
一部ではフランス海軍のフォッシュを取得したブラジルから技術売買があったとの話も側聞しますから装備面で整いつつありますが、やはり艦載機と経験がネックでしょうね。

>私の情報筋(笑)によれば、むしろ警戒しているのは韓国のほうです。
>
>韓国軍の現状の実力では「竹島」防衛は難しい。
>これらの装備が整えば実力では阻止できないという「無言の圧力」がかかります。
>
>現状でも、日本が竹島奪取作戦にでれば阻止するのはとても難しい。
>なぜなら、正規軍の大規模戦闘を想定した軍種編成になっていますから、海上戦力から考えて島嶼防衛の能力はほぼ無いに等しいから。
>
>しかも、大きな犠牲を払った上にこの期に乗じて北朝鮮軍の南進が始まるのはほぼ確実でしょうからね。
>
>デッドロックで選択肢が極めて限られるのは中韓両国ですよ。
>
>資金的裏付けを通じて、この軍事的優位を維持しておけばそれでよいと思います。
>
>備えに資金は必要ですが、実際の紛争による損失を考えればたいしたことはありませんからね。

韓国の動向が一番理解できません。
先日KFX(次期韓国空軍戦闘機)にF−15SEが選定されたようですが、韓国マスコミは大騒ぎしています。

http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50408504.html
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=437&aid=0000004137

>>次世代戦闘機事業の単一候補であるF-15 サイレントイーグルがステルス機能を備えた場合、独島(トクド)までの飛行能力もないことが明らかになりました。製作会社のボーイング側も作戦距離が短くなる場合がある点を認めました。

対北朝鮮では十分以上の戦闘機であるし、F−15Kを運用している状況なら最良ではなくても最善の機種選定なんですけどね。
主敵は日本ということらしいです。
これに政府も乗り始めているそうなのが頭痛を引き起こします。
イージス艦はまだ北朝鮮の弾道弾迎撃に使えますが、過剰装備だとは思いますし、対中SLOCなら対潜装備満載の駆逐艦を建造したほうがいいはずです。
Mig−29で停まってる北朝鮮の航空戦力なら不必要のはず。
揚陸艦「独島」はまだ後方奇襲揚陸に使えるから納得できるんですけどね。
経済状況と安全保障からかけ離れてる行動をとる韓国は何処へ行くんでしょか。

【10283】シリア化学兵器問題
 tomyk  - 13/9/11(水) 8:01 -

引用なし
パスワード
   ttp://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE98908720130910
ロイターより

>シリアに化学兵器放棄求める決議案を安保理に提出へ=仏外相


>フランスのファビウス外相は10日、シリアに対し化学兵器を国際管理下に置いたうえで廃棄することを受け入れるよう求める決議案を国連安保理に提出すると述べた。決議案はまた、シリアが抵抗した場合に「深刻な結果」をもたらすことを警告する。
 
>同相は会見で、平和の回復のための軍事的措置の可能性を定めている国連憲章第7章下のこの決議は、シリア政府に対し「即刻」保有する化学兵器の規模を公表し、廃棄に向けて国際管理下に置くことを要求する、と述べた。
 
>ロシアのラブロフ外相によるシリアの化学兵器を国際管理下に置くという提案についてファビウス外相は、「この提案がわれわれの注意をそらすために利用されることを避けなくてはいけない」と述べた。
 
>「それゆえ、われわれはイニシアチブを取ることにした。フランスは国連安保理に決議案を提出する。今日から手続きが始まる」と表明した。
 
>決議案はこの日のうちに安保理に提出される見通し。決議案は8月21日のシリアの首都ダマスカス郊外での化学兵器攻撃を非難し、攻撃の首謀者が国際刑事裁判所での裁きを受けるように求める。
 
>シリアへの軍事攻撃の可能性について聞かれると、ファビウス外相は「全ての選択肢は引き続き検討されている」とした。
 
>ロシアの提案について西側諸国の政府関係者は、軍事攻撃を避けるための単なる時間稼ぎになる可能性があることを懸念し、懐疑的な見方を示している。
 
>フランスのオランド大統領はシリアへの武力介入に協力する用意があることを示してきたが、自国の行動を決める前に国連で行動するように、国内からも欧州諸国からも圧力がかかっていた。
 
>フランスの外交筋は、「ロシアは非常にうまく立ち回ったが、われわれは他の国が国連に迫力不足の決議案を提出することを避けたかった。これでわれわれは納得し、原則原理が整う。ロシアは一歩前進したが、これで後退はできなくなる」と述べた。

ロシア側の科学兵器をシリア政府から国際管理下に置くという提案は、最初に聞いたときは「流石プーチン」と感心しましたね。
安保理で武力攻撃は反対したが、この提案が出れば反対するところは無いでしょうね。
ソ連時代とこうも違うとは。

プーチンがツァーリと言われても違和感無いです。

【10285】Re:シリア化学兵器問題
 退役軍人 E-MAIL  - 13/9/11(水) 10:11 -

引用なし
パスワード
   tomykさん

おはようございます。

▼tomykさん:
>ttp://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE98908720130910
>ロイターより
>
>>シリアに化学兵器放棄求める決議案を安保理に提出へ=仏外相
>
>
>>フランスのファビウス外相は10日、シリアに対し化学兵器を国際管理下に置いたうえで廃棄することを受け入れるよう求める決議案を国連安保理に提出すると述べた。決議案はまた、シリアが抵抗した場合に「深刻な結果」をもたらすことを警告する。
> 
>>同相は会見で、平和の回復のための軍事的措置の可能性を定めている国連憲章第7章下のこの決議は、シリア政府に対し「即刻」保有する化学兵器の規模を公表し、廃棄に向けて国際管理下に置くことを要求する、と述べた。
> 
>>ロシアのラブロフ外相によるシリアの化学兵器を国際管理下に置くという提案についてファビウス外相は、「この提案がわれわれの注意をそらすために利用されることを避けなくてはいけない」と述べた。
> 
>>「それゆえ、われわれはイニシアチブを取ることにした。フランスは国連安保理に決議案を提出する。今日から手続きが始まる」と表明した。
> 
>>決議案はこの日のうちに安保理に提出される見通し。決議案は8月21日のシリアの首都ダマスカス郊外での化学兵器攻撃を非難し、攻撃の首謀者が国際刑事裁判所での裁きを受けるように求める。
> 
>>シリアへの軍事攻撃の可能性について聞かれると、ファビウス外相は「全ての選択肢は引き続き検討されている」とした。
> 
>>ロシアの提案について西側諸国の政府関係者は、軍事攻撃を避けるための単なる時間稼ぎになる可能性があることを懸念し、懐疑的な見方を示している。
> 
>>フランスのオランド大統領はシリアへの武力介入に協力する用意があることを示してきたが、自国の行動を決める前に国連で行動するように、国内からも欧州諸国からも圧力がかかっていた。
> 
>>フランスの外交筋は、「ロシアは非常にうまく立ち回ったが、われわれは他の国が国連に迫力不足の決議案を提出することを避けたかった。これでわれわれは納得し、原則原理が整う。ロシアは一歩前進したが、これで後退はできなくなる」と述べた。
>
>ロシア側の科学兵器をシリア政府から国際管理下に置くという提案は、最初に聞いたときは「流石プーチン」と感心しましたね。
>安保理で武力攻撃は反対したが、この提案が出れば反対するところは無いでしょうね。
>ソ連時代とこうも違うとは。
>
>プーチンがツァーリと言われても違和感無いです。

私は逆に「プーチンさんも老いたな。」って思いました。
以前のプーチン氏なら、化学兵器を国際管理に置き廃絶させるというような提案はしないと思います。

サリンやマスタードガスなんて、気の利いた高等学校の化学室で作れる程度の物なんです。

これを軍用として使うには大きな壁がありましてね。
問題は投射手段なんです。

オーム真理教が地下鉄で行ったような、自爆攻撃ならいざ知らず。

映像を詳しく分析した「某軍事筋」(笑)によれば榴弾砲が使われているそうな。

詳しくは書けないのですが、砲弾が着弾して爆発してからでは効果が限定的なのです。

電子回路による対地近接信管あるいは時限信管により「空中爆発」させて、液体の形で高圧封入されているサリンを広い範囲に蒸散させなければなりません。

しかも高圧封入容器の内面には特殊な表面処理がされていなければならない。

こんな兵器の保有と使用なんて反体制派には無理な相談なのです。

兵器の破片などから製造元を特定されることを嫌って、国連調査団が入る前に三日続けて大規模な空爆と砲撃で「証拠隠滅」を図っているし。

ロシア製の化学砲弾か、航空機による化学爆弾の投射でしょう。

断言できますが、化学兵器を使用したのはアサド政権です。

以前のプーチン氏なら、その影響力を行使して化学兵器なんて使わせなかったと思いますよ。


アサド政権が崩壊するとロシアがソ連時代から保有する「武器の有償供与にともなう債権」が回収出来なくなります。

出所(情報源)は明らかにできないのですが、その債権額はシリアの年間国家予算とほぼ同額とみられています。

中国もこれは同じです。
ソ連崩壊の混乱に乗じて、地中海への影響力構築を狙い、ソ連製兵器のコピーである歩兵装備やソ連製の歩兵装備でも使用できる銃弾などを大量に売却しています。

その債権額はかなりの額になるとみられています。

それと、旧CIS諸国以外では唯一ロシアの軍事施設がある国でもありますし、地中海に直接出られる拠点でもあります。

もともと、共産主義とイスラムは決定的な対立関係にありますし。

内戦の背景には深刻なイスラムの宗派対立がありますしね。

ロシアの本音としては、「時間を稼いでやるからなんとかしろ。」というところでしょう。

【10286】Re:シリア化学兵器問題
 かっくるなかしま  - 13/9/11(水) 10:39 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

おはようございます。

同意です。全く意表をつかれましたよ、あの提案。

あそこまで踏み込むかという提案で、

ー 駆け引きだけなら、国際管理で寸止めしておいてもいいくらいですが、破棄と禁止条約への加盟まで、持ち出してくるとは。

逆に、これまでの行動から考えにくいから、

絶対になんか裏があるんじゃないかという疑念を引き起こす、それくらいの踏み込みっぷり。

これ、国際管理の決議が通ったら、凄いと思います。ロシアがシリアを説得できるかにかかりますが。
ー お前、丸裸になれ、と説得する訳ですから、(宗教的にも人口的にも絶対少数の)シリア政権側からすれば、よほどの保障がないと受け容れ難いわけで、そこにロシアはコミットしようというわけだから、難題を引き受けたことになりまう。

米国だって、政治的・軍事的・経済的に重心をアジアにシフトさせていたし、(第一期オバマ政権の基本方針)
ー 典型的には、TPPでしょう。

軍事介入してシリアに意図せぬ形で嵌まることは、回避したいはず。それをシリアで行えば、優先度が更に上で、かつ穏健派が政権を担うことになったイランとの交渉が頓挫しかねませんから。

逆に意図せぬ形で米国がシリアに嵌まると、軍事的にはアジアが相対的に弱まりますから、

地勢学的に利をどこが得るか、といえば、それは中国であり北朝鮮でしょう。
ー 米国の威厳が損なわれ、国連が無力をさらけ出し、アジアの軍事的均衡が相対的に崩れ、シリアも言うことを聞かなければ、イランも聞かないという状況が出現するわけですから、中国や北朝鮮が強気にならないわけがない。自分はそう観ています。

退役軍人さんのご意見を是非とも頂戴したいところっす。

ではまた。

【10287】Re:シリア化学兵器問題
 かっくるなかしま  - 13/9/11(水) 11:20 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:

おはようございます。

ご見解、ありがとうございます。行き違いになり失礼ました。

シリア政権側が化学兵器を使用した極めて高い蓋然性もしくは物的証拠が伴う以上、

ロシア側としても、政治的に致命的なダメージを被らないよう、予め出口を確保しておく必要がある、

そうした動機が働いている、と観てよいのでしょうか。
ー あるいは、提案での踏み込みは、出口を確保するには、大胆な譲歩(を示すこと)が必要であるし、同時に、破棄以前に国際管理をするにせよ、国際管理そのもののハードルが高く、それ以上先に進むのは困難だという現実的な先読みを行っている、ということにでもなるのでしょうか。

私自身としては、

限定的軍事介入にせよ、化学兵器放棄にせよ、

いずれをもってして問題の解決には至らず、

化学兵器使用への懲罰という国際社会(西側連合国)の(最低限の)政治的目標を達するには、

後者(化学兵器放棄の国連決議)が前者に優ると観るのですが。

ではまた。

【10288】Re:シリア化学兵器問題
 退役軍人 E-MAIL  - 13/9/11(水) 22:46 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん
tomykさん

こんばんは。
今日は、終日外出しておりました。

亀レス失礼。

▼かっくるなかしまさん:
>▼退役軍人さん:
>
>おはようございます。
>
>ご見解、ありがとうございます。行き違いになり失礼ました。
>
>シリア政権側が化学兵器を使用した極めて高い蓋然性もしくは物的証拠が伴う以上、
>
>ロシア側としても、政治的に致命的なダメージを被らないよう、予め出口を確保しておく必要がある、

というか、大統領会談と同時進行で米国によるロシアへの証拠開示が行われていたとみています。

つまり、ロシア製の化学砲弾(140mmロケット弾)だったという証拠が突きつけられていたとみるべきでしょう。

シリア政府は公式見解として「化学兵器は保有しない。」としてきたはずです。

持っていないはずの化学兵器なのに、この国際管理を受け入れる方向で検討するとシリア外相が述べていますが。

これらの動きというか、急展開の局面に至るということは、米国がロシアに開示したであろう「証拠」は、ロシア政府もシリア政府も否定することができない「確証」であったということかと。

つまり、毒ガス搭載の140mmロケット弾と発射機材はシリア軍しか持っていなかった。さらにはそれが旧ソ連製であったということ。

どういうことかというと、「化学砲弾(140mmロケット弾)」には大きな爆発力を持つ炸薬は不要です。

高圧容器に充填されている毒ガスを蒸散させ拡散できるだけの炸薬があれば十分なのです。したがってロケットモーターの燃焼による高熱と高圧に耐えるように作られている砲弾の底部はそのまま落下して残ってしまう。そこには、だれが製造したかを示す「証拠」が残るということです。

>そうした動機が働いている、と観てよいのでしょうか。
>ー あるいは、提案での踏み込みは、出口を確保するには、大胆な譲歩(を示すこと)が必要であるし、同時に、破棄以前に国際管理をするにせよ、国際管理そのもののハードルが高く、それ以上先に進むのは困難だという現実的な先読みを行っている、ということにでもなるのでしょうか。

ロシアは外交戦での敗北を意識したと思いますよ。

>私自身としては、
>
>限定的軍事介入にせよ、化学兵器放棄にせよ、
>
>いずれをもってして問題の解決には至らず、

おっしゃる通りです。
根底に虐げられてきた多数派であるスンニ派ムスリムと、少数派であるシーア派に近いアラウィ派のアサド政権の対立の構図には、宗派対立による相互不信と憎悪が根底にありますから。

>化学兵器使用への懲罰という国際社会(西側連合国)の(最低限の)政治的目標を達するには、
>
>後者(化学兵器放棄の国連決議)が前者に優ると観るのですが。

その国際管理は誰がどうするのかという実務的な部分で、かなりの無理があります。

結局のところ、武装か非武装かは別の問題としても、この実務に国連の外交官や民間人専門家には無理でしょう。つまり、現役の化学戦専門部隊の投入が必要不可欠になりますよね。

それを内戦中の双方に認めさせて安全を確保することはとても難しいと思います。

個人的には、数少ない化学戦の専門家である佐藤退役大佐(佐藤参議院議員)を民間人責任者として、陸上自衛隊の化学防護隊を派遣すればよいと思います。

国連PKOで現地の経験もあるし、豊富な海外経験を持つ人ですし、アラブ世界では「髭の佐藤大佐」として知名度もありますからね。

また、中東において日本人が持つ「特別のステータス」を考えれば、「中立」という立場を維持できる稀有の存在でもありますから。しかも、日本国の国会議員であるという地位もあります。

米軍やロシア軍はもとより、NATO諸国軍によるより、はるかに容易で安全だと考えます。

最終的には、交渉によるか軍事的解決によるかは別の問題として、シリア国民自身が自ら決着をつけるべき問題でしょう。

政治的影響力はもちろんのこと、他国の軍隊による軍事的手段での結果への影響力の行使も避けるべきでしょうね。

イラクやアフガンの現状を見ればよい。

国家としての苦境に陥ろうが、血の川が流れようが、どのような対価を支払うことになろうが、シリアの未来はシリア人により定められるべき。

中東への影響力維持に腐心する米ロ双方の政治的影響力や、軍事力の行使なんてするべきではない。

【10289】Re:シリア化学兵器問題
 tomyk  - 13/9/11(水) 23:02 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼かっくるなかしまさん:
こんばんわです。

証拠の確定があったのは間違い無いということが、ロシア側の「国際管理」という提案を引き出したというところでしょうか。

最近忙しくて情報収集が日本放送協会のラジオニュースばかりでして(笑)
自他共に認める反日国営放送ですから、アメリカが渡りに船という報道ばかりでした。

アメリカ国内でのシリアへの軍事行使に反対意見が多い状況で、軍事介入がもたらす影響がオバマ政権に悪影響を与えかね無い状況で、ロシア側が「貸し」を作ったと視てましたが。

ロシアの極東での影響力増大も視野に入ってるのなら中国側の牽制にもなるのかと。

中国は今回の問題で安保理での反対票だけしか動いていないのでしょうか。
この辺の情報が不足してるのがニントモカントモ。
いずれにせよ大局的に見れば銭儲けが基本なわけですから、この辺がどうなのか。

あ、当然闇の秘密組織とか軍産複合体は無しで。

      ___
      /::::::::::::::\.
    /::::::_:::::__::|
   `ーヽ:::ヽ_|:::|_/:|
      〉::::::::::::::::::|   はいはい、わしのせいわしのせい。
     /:::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  |::::::::::::::闇の組織::::〉
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

【10290】戦火の拡大
 退役軍人 E-MAIL  - 13/9/14(土) 0:01 -

引用なし
パスワード
   tomykさん
かっくるなかしまさん

こんばんは。

ちょっと、嫌な感じの情報を入手しました。

米国が反政府側に武器の供給を開始したと報道されましたが。

その中身については公開されていませんよね。

おそらく、歩兵携行の対空兵器が供給されるようです。

古いタイプのようですが、赤外線シーカー用の冷却ガスと一回で使い切る短時間高出力バッテリーにかかわる素材が市場で品薄というか、ひっ迫しているようです。

これがなにを意味するか。
大量の古いタイプの歩兵携行対空兵器を供給するための準備と考えれば辻褄が合ってしまうのです。

航空優勢がよりどころの政権側にしてみれば、大量の歩兵携行対空兵器が反政府側にわたるのは厳しい状況になりますよね。

政権側の航空優勢が揺らいできたたのが、毒ガス兵器使用の理由であるとみていますので。

結論として、歩兵同士の接近戦で決着をつけることになります。

これはね、大量の戦死者と民間人の被害者が出てしまうことを意味します。

地中海やアラビア海、さらには紅海北部にまで空母打撃群を展開させているのは、もちろん巡航ミサイルによる攻撃の準備でもありますが、ロシアや中国からの兵器補給を遮断する意味もあります。

これは、長期戦になればなるほど政権側が不利になることをも意味します。

外交とか、話し合いではどうにもならないでしょうね。

奇形片仮名サヨクの諸兄には何万人、いや何十万人の血が流される現実を注視してほしい。

これが外交やら、話し合いがいかに無力であるかの証拠だよ。

憲法九条なんざ、一発のミサイルで打ち砕かれる現実を。

【10291】Re:戦火の拡大
 tomyk  - 13/9/14(土) 0:52 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼かっくるなかしまさん
こんばんわです。

>ちょっと、嫌な感じの情報を入手しました。
>
>米国が反政府側に武器の供給を開始したと報道されましたが。
>
>その中身については公開されていませんよね。
>
>おそらく、歩兵携行の対空兵器が供給されるようです。
>
>古いタイプのようですが、赤外線シーカー用の冷却ガスと一回で使い切る短時間高出力バッテリーにかかわる素材が市場で品薄というか、ひっ迫しているようです。
>
>これがなにを意味するか。
>大量の古いタイプの歩兵携行対空兵器を供給するための準備と考えれば辻褄が合ってしまうのです。

スティンガーに代表される対空ミサイルですか。
しかし、スティンガーでは射程4000メートルですが届くんかいな。
と思ったら、対地攻撃時の低空飛行してるとき狙えばいいか。
精度的には数撃ちゃ当たる兵器ですが、シリア空軍側にしれみればたまったものじゃないのも当然でしょうが。
シリア空軍の装備機はかなり古いタイプのロシア製(旧ソ連製)戦闘機が大勢を占めてますね。

>航空優勢がよりどころの政権側にしてみれば、大量の歩兵携行対空兵器が反政府側にわたるのは厳しい状況になりますよね。
>
>政権側の航空優勢が揺らいできたたのが、毒ガス兵器使用の理由であるとみていますので。
>
>結論として、歩兵同士の接近戦で決着をつけることになります。
>
>これはね、大量の戦死者と民間人の被害者が出てしまうことを意味します。
>
>地中海やアラビア海、さらには紅海北部にまで空母打撃群を展開させているのは、もちろん巡航ミサイルによる攻撃の準備でもありますが、ロシアや中国からの兵器補給を遮断する意味もあります。
>
>これは、長期戦になればなるほど政権側が不利になることをも意味します。
>
>外交とか、話し合いではどうにもならないでしょうね。

ロシア側のシリアアサド政権の延命が戦略でしょうか。
シリアの不安定さは周辺国にも波及するでしょうし。

>奇形片仮名サヨクの諸兄には何万人、いや何十万人の血が流される現実を注視してほしい。
>
>これが外交やら、話し合いがいかに無力であるかの証拠だよ。
>
>憲法九条なんざ、一発のミサイルで打ち砕かれる現実を。

戦争はブルジョワの金儲けの手段と勘違いしてますから。
集団的自衛権が行使される状況は、日本周辺が有事になった状況という現実を理解できていないですし。
日本が戦争に参加さえしなければ平和と思い込んでる連中が現実を見れるとは思えませんしね。

【10292】Re:戦火の拡大
 かっくるなかしま  - 13/9/14(土) 1:46 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:

こんばんは。

なるほど、サプライチェーンから導かれる帰結なわけですね。
ー というか、冷却ガスとか高出力電池とか、ニッチ過ぎて普通気がつきませんぜ(^^;

化学兵器使用に関する米英の調査結果(シリア政権側による使用)を、ほぼ追認する内容での国連調査報告が近々に出ると報じられていましたが、

相当にシリア政権側は追い込まれてきているように見えます。

昨日のシリアによる化学兵器禁止条約の加盟申請は意外でしたが、
ー 禁止条約に加盟ても、猶予期間が10年あるようなので、即時破棄が担保されないと、実態として意味がないようですが。査察団自体が人質の盾となりうるし。

虐殺と使用の報告が国連で出揃い外濠が埋まることを見越しての、追い込まれての窮余の策か。

国連で拘束力のある決議を出しておいて、化学兵器を使用しにくい環境を作ったうえで、反政府軍が攻勢をかけるのか。
ー ただし、武力行使なしを前提にした決議は、英米仏が認めないでしょうから、ロシアからすると決議のハードルはかなり高い。

前提条件がどうなるかに注目してますが、

結局、決議は纏まらない(纏まりようがない)、ということか。

現実的にありえないにせよ、これだったら英米仏が飲む、という譲歩のラインって、どういうイメージになりますか。逆に言えば、ロシアが飲める限界線。

武力行使となると、その諸兄は高揚しそう(^^;
ー  フラストレーションが溜まっているようで、吊し上げの矛先が管理人に向かってしまっている。疑心暗鬼を生ず状態。テンション上がりますよ、武力行使だと。
ー  そろそろ、温存しているネタを出すタイミングかな。

【10293】Re:戦火の拡大
 退役軍人 E-MAIL  - 13/9/14(土) 12:44 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん
tomykさん

おはようございます。

▼かっくるなかしまさん:
>▼退役軍人さん:
>
>こんばんは。
>
>なるほど、サプライチェーンから導かれる帰結なわけですね。
>ー というか、冷却ガスとか高出力電池とか、ニッチ過ぎて普通気がつきませんぜ(^^;

現役時代に同じ経験がありまして。

歩兵携行の対空ミサイルは一回で使いきってしまうBCUという部分に、赤外線シーカーの起動時に不可欠な冷却ガスとおおよそ50秒間だけ発射シーケンスを稼働させる電源を供給する特殊な電池が入っています。

冷却ガスは小さな分子量のガスを使用しているため、極めて少量ずつ漏れてしまいます。

また、発射シーケンスを起動し射出のための炸薬に点火するために比較的高い電圧で瞬時に大電流が流せる電源が不可欠なのです。これは、複数の化学薬品を瞬時に反応させて得ています。

これも、時間が経つと化学薬品に含まれる不純物の影響による経年劣化で、システムが要求する電力が得られなくなります。

つまり、定期的な冷却ガスの交換と再充填、それと電池の交換が必要であるということなんですね。

現役時代に小隊標準装備の物を定期整備に出したら、なかなか返ってこなかっんです。

補給部門に問い合わせたら、ソ連軍が侵攻していたアフガニスタンのムジャヒディーンに「大量供給」するため、定期整備が後回しにされているとのことでした。

この経験があったため、同じ素材を製造に必要不可欠な素材とする民生品の需給状態を二か月ほど前から注視していました。

ビンゴ!!

>化学兵器使用に関する米英の調査結果(シリア政権側による使用)を、ほぼ追認する内容での国連調査報告が近々に出ると報じられていましたが、
>
>相当にシリア政権側は追い込まれてきているように見えます。
>
>昨日のシリアによる化学兵器禁止条約の加盟申請は意外でしたが、
>ー 禁止条約に加盟ても、猶予期間が10年あるようなので、即時破棄が担保されないと、実態として意味がないようですが。査察団自体が人質の盾となりうるし。
>
>虐殺と使用の報告が国連で出揃い外濠が埋まることを見越しての、追い込まれての窮余の策か。
>
>国連で拘束力のある決議を出しておいて、化学兵器を使用しにくい環境を作ったうえで、反政府軍が攻勢をかけるのか。
>ー ただし、武力行使なしを前提にした決議は、英米仏が認めないでしょうから、ロシアからすると決議のハードルはかなり高い。
>
>前提条件がどうなるかに注目してますが、
>
>結局、決議は纏まらない(纏まりようがない)、ということか。
>
>現実的にありえないにせよ、これだったら英米仏が飲む、という譲歩のラインって、どういうイメージになりますか。逆に言えば、ロシアが飲める限界線。

御意

纏まらないとみています。

双方の限界線の隔たりは大きすぎです。

中国流にいうと「シリアのロシア軍拠点の維持」は、ロシアの死活的権益ですから。

政権側の敗北はこの拠点を失うことを意味しますよね。
つまり、ロシアの地中海沿岸地域への影響力を失うということになります。

トルコは反体制側支持でしょ。
ウクライナのセヴアストポリにある黒海艦隊の基地であろうが、建設中のノヴォロシースク基地だろうが、黒海艦隊が地中海へ出るためには、ボスポラス海峡を通らなければならない。

ここを実力で突破するために旧ソ連海軍は規模の大きな海軍陸戦隊を黒海艦隊の隷下においていましたが。

これが、弱体化していましてね。

実力でこの海峡を通過して地中海へ出ることは不可能なのです。

黒海艦隊が出られなければ、最強の北洋艦隊を回航するにしても、ジブラルタル海峡に代表される海の関所(陸地から艦艇を直接攻撃が可能な狭い海峡)がいくつもありますし、太平洋艦隊を回航しようとしても、スエズ運河は入口を米海軍の空母打撃群に抑えられているし、ケープタウンを回ったとしてもジブラルタル海峡の通過は必須となります。

出てこれない艦隊なんて「張子の虎」でしかない。

>武力行使となると、その諸兄は高揚しそう(^^;

現実を言えば、一万人の戦死者が百万人の民間人というか、国民の代わりに命を落とすのです。

避ける努力はしなければなりませんが、不可避な場合もあるという現実。

>ー  フラストレーションが溜まっているようで、吊し上げの矛先が管理人に向かってしまっている。疑心暗鬼を生ず状態。テンション上がりますよ、武力行使だと。

それと、掲示板の空気というか雰囲気というか、これらは管理人が作れるものではないのです。

投稿者や閲覧者の皆さんが作り出すということ。

ここらを意識できていないから、自ら運営スタッフなんて名乗っているのが何よりの証拠です。

自らが見ているよりも、多くの投稿者や閲覧者に自身の立ち居振舞いを見られているということなのです。

>ー  そろそろ、温存しているネタを出すタイミングかな。

期待しています。

【10294】イプシロンロケット
 tomyk  - 13/9/15(日) 9:03 -

引用なし
パスワード
   ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88
ttp://sankei.jp.msn.com/science/news/130914/scn13091422040008-n1.htm

国産の新型固体燃料ロケットイプシロンの試験機が無事に発射、成功を収めました。
中継の動画がJAXAのホームページに上がってますが、機体の動向がグーグルアースで表示されて笑いました。
打ち上げの管制が最低でもパソコン二台と数名の要員で発射できることを目指して作ったロケットですが、こりゃとんでもないものですよね。
実質、イプシロンの自己診断機能が優れてるという証拠でしょう。
前回の打ち上げ延期も、発射19秒前に機体異常を自己診断プログラムが感知して中止したわけですから、ある意味世界最先端のロケットといえるかもしれません。
それでいてロケットの基礎部分は殆ど既存の技術の転用ばかり。

で、やはりというか、某国マスコミが「懸念」を表明してきています。

ttp://imnews.imbc.com/replay/nwdesk/article/3340415_5780.html
ttp://master-asia.livedoor.biz/archives/8057790.html
以下転載

■日本、自主開発ロケット「イプシロン」打ち上げに成功 … 軍事力強化用?

日本が新開発のロケットの打ち上げに成功しました。先月一度失敗して今日成功したものです
が、日本は平和目的だと主張するものの軍事力強化用だという疑いが大きくなっています。
東京から林ヨンソ特派員がレポートします。

[レポーター]
日本が12年ぶりに自主開発した新しいロケット「イプシロン」。打ち上げに成功して人工衛星を
軌道に乗せました。以前に比べて重さは3分の2、発射費用は半分。人工衛星発射代行市場を
先行獲得すると期待しています。しかし、軍事的利用の可能性も画期的に高めました。

[電話インタビュー: 前田氏(日本の軍事評論家)]
「(今回のロケット開発で)日本の言葉と行動が矛盾するという主張が出てくる可能性があります。」

■新型ロケット打ち上げ … 軍事用ミサイル開発が目的?

日本が固体燃料を使う新型ロケットの打ち上げに成功しました。いつでも大陸間弾道ミサイルに
変えて使えるという点で論議がおきています。鄭ユンシク記者がレポートします。

[レポーター]
<中略>今回の発射には宇宙研究目的だけでなく軍事用ミサイル開発目的もあるのではとの
指摘も出ています。イプシロンロケットの最も大きな特徴は固体燃料使用にあります。固体燃料
は液体燃料に比べて発射準備時間が短く費用も安いのです。

[電話インタビュー: 金慶敏(キム・ギョンミン)漢陽大学政治外交学科教授]
「固体燃料ロケットなので(液体燃料ロケットより)燃料注入に時間がかからないため、ボタンさえ
押せば飛んで行きます。」

[レポーター]
最小で2人の管制人材だけで打ち上げ可能です。最近、航空母艦の役割をできるヘリコプター
護衛艦の進水に続き、大陸間弾道ミサイルに転用可能なロケットの打ち上げ成功で、日本の
再武装への憂慮が一層大きくなっています。


[レポーター]
固体燃料を使うため液体燃料とは違い燃料注入時間が必要なく、特に発射準備に以前は42日
かかったのに対して1週間あれば充分です。どこでもコンピュータで発射を統制できるモバイル
管制技術も導入しました。人工衛星の代わりに弾頭さえ搭載すれば大陸間弾道ミサイルに変身
させていつでも非常に速かに発射できるわけです。軍事力強化の歩みが、平和目的を強調して
きたロケット開発にまで及んでいるという分析です。
以上転載終了

弾道弾迎撃ミサイルSM−3のノーズコーンは日本が作ってるというのは一部では有名ですが、大気圏再突入させるノーズコーンの製作はできてましたっけ。
まあ、やろうと思えば短期間で作れるでしょうが。
実際、イプシロンは低軌道投入ならペイロード1.2トンまでいけるそうですし。
CEP(必中半径)も衛星の投入精度と「こうのとり」などの大気圏突入管制から見ても500メートル以下は固いでしょうし。
IAEAに加盟してる状況で核反応弾頭の製造は(特定アジア以外の)国際社会からも非難されるでしょう。
作れる技術はあっても、あえて作らない。
しかし、本気を出せばどうなるかを知らしめるだけで十分ですよね。

しかし、韓国はどれだけ日本に恐怖を持ってるんだろう。
反日ブーストが余りにも酷い状況ですよね。

【10296】Re:戦火の拡大
 退役軍人 E-MAIL  - 13/9/15(日) 23:53 -

引用なし
パスワード
   自己レスです。

状況を注視していますが、どうもおかしい。

ロシアと米国の合意事項を見ると。

化学兵器について、政権側を化学兵器禁止条約への加盟をさせる。
かてて加えて、一週間以内に申告もさせると。

さらには、来年前半までに廃棄させるそうな。

実効性が伴うかどうかの問題残りますが。

これで、シリアへの武力行使がされないのであれば。

米軍とフランス軍は臨戦態勢を通常の待機状態に戻してもよさそうなんだけれど。

米中央軍のデフコン体制は引き上げられたままのようです。

しかも、フランスのアフリカ対応を任務とする第五海兵団と第十三準旅団の主力がどこにいるのか分からなくなっているようです。

どちらの部隊も精鋭中の精鋭と呼べる、「強襲」「揚陸」「歩兵戦」を専門とする部隊です。

通常の待機状態に居るべき駐屯地はもぬけの殻。

フランスの海外分屯地がある湾岸諸国の国に移動したところまでは判っているようですが、その後の足取りが途絶えている。

空爆限定と言ってはいたけれど、任務部隊の特性を考えると「地上戦」が作戦計画に含まれていると観てよい。

ロシアも当然こういった情報は得ているはずなので、米国とフランスの本気度が大きな譲歩を強いられる理由であったのかも。

NATOの本部にある参謀部は昼夜を徹した活動状況にあるようです。
なぜわかるかは、ここに書けないのでお会いした時にでも説明いたします。

おかしい、きなくさい............

【10355】機動戦闘車公開
 tomyk  - 13/10/12(土) 22:45 -

引用なし
パスワード
   遅ればせながら、陸上自衛隊の新型装甲車両の情報が出ました。

ttp://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/10/09/17sdf/

.youtube.com/watch?v=2XSELk_p2g0

youtubeの動画を視ると、10式戦車の技術がかなりフィードバックされているようです。
スラロームで走行射撃をやってます。

>防衛省は9日、離島防衛で使用できる新装備品「機動戦闘車」の試作車を相模原市の同省施設で報道公開した。平成28年度に陸上自衛隊に配備する予定。機動戦闘車の開発は、緊張が続く中国との関係もにらんだ離島防衛強化策の一環。 防衛省によると、機動戦闘車は砲塔を備え、外観は戦車や装甲車に似ているが、車輪は戦車のような無限軌道ではなく、一般車両と同様にタイヤを装着している。 陸自の最新式戦車「10式戦車」の重量が約44トンなのに対し、機動戦闘車は約26トンと軽量で、戦車では不可能だった空輸が可能。最高速度も時速100キロで、市街地でも自在に移動可能とされる。

主砲は105ミリで、74式戦車の砲弾を流用してるそうです。
26トンの重量から緊急展開能力も大きいですが、自分は偵察部隊で活用するのではないかと視ます。
この手の車両はストライカー戦闘車やAMX-10を想起させますが、この手の車両としては最新鋭に属します。

しかし、勘違いされやすいですがこの手の車両は、「戦車」が一定数揃った状況で活用して初めて威力が発揮されます。
間違っても「戦車」の代わりにはなりません。
装甲など無きに等しく、本格的な戦車との戦闘では被害が大きくなるだけです。

機動装甲車は、文字通りその機動性を活用するものです。

【10358】Re:機動戦闘車公開
 かっくるなかしま  - 13/10/13(日) 19:13 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

こんばんは。

アップされている動画をいろいろ眺めています。

10式戦車のスラロームでの走行射撃は、

変態とも形容されているようでしたが、

様々な動き(体位)でも精度高くスポットをピンポイントで捉える能力を備えているということで宜しいでしょうか(^_^;)

10式戦車のそうした能力は、高度な制御機能、情報処理機能〜コンピュータの塊〜に支えられているものと推測しますが、

他方で、容量的にかなりコンパクトに見える機動戦闘車に、そうした機能をトランスファー/実装する場合、搭載容量(収容される人員や装備される火器類など)に生じると思われるトレードオフを、どのようにして克服する工夫がなされるのでしょうか。

ー また、時速100kmの高速移動性を確保するには、装甲その他のボディの軽量化が必須と思われますが、軽量化は脆弱性(強度)と表裏の関係にあるように思われ、その場合、強度の確保にはどのような工夫がなされるのでしょうか。

質問君になってしまって、また疎いため的外れでしたら、ご容赦を(^^)

それから、運用面では、機動戦闘車両は、島しょ防衛強化策の一環という側面が発表や報道では強調される傾向がありますが、

配備中のXC-2輸送機による積載・輸送の容易性や、上記の電子要塞的な機能向上(指揮指令系を含む)、陸海空自の相互運用性の向上(C41化と言ってよいのか)、更には、米軍が機動性を重視した装備と配備の見直しを進めてきている、等々の要素を勘案すると、

島しょ防衛は、将来的な運用の一典型例であって、より広範な運用(例えば、PKOやPKF)をも視野に入れた装備の質的な一新のように見えるのですが、いかがでしょうか。用途や使用法の幅の広さについて、ご意見、ご教示頂けるとありがたいです。

ps

結構、自衛隊の相互運用性と広域展開能力に関心を持っています。

ー 蛇足ながら、昨今の原発ゼロ論争(by小泉元首相)は、我が国の国家安全保障政策の今後の在り方と不可分に結び付いている、と想像/推測していることもあり。

ではまた。

【10359】Re:機動戦闘車公開
 退役軍人 E-MAIL  - 13/10/13(日) 20:40 -

引用なし
パスワード
   tomykさん

こんばんは。

▼tomykさん:
>遅ればせながら、陸上自衛隊の新型装甲車両の情報が出ました。
>
>ttp://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/10/09/17sdf/
>
>.youtube.com/watch?v=2XSELk_p2g0
>
>youtubeの動画を視ると、10式戦車の技術がかなりフィードバックされているようです。
>スラロームで走行射撃をやってます。

いゃあ、まさに変態ですぜ。

>>防衛省は9日、離島防衛で使用できる新装備品「機動戦闘車」の試作車を相模原市の同省施設で報道公開した。平成28年度に陸上自衛隊に配備する予定。機動戦闘車の開発は、緊張が続く中国との関係もにらんだ離島防衛強化策の一環。 防衛省によると、機動戦闘車は砲塔を備え、外観は戦車や装甲車に似ているが、車輪は戦車のような無限軌道ではなく、一般車両と同様にタイヤを装着している。 陸自の最新式戦車「10式戦車」の重量が約44トンなのに対し、機動戦闘車は約26トンと軽量で、戦車では不可能だった空輸が可能。最高速度も時速100キロで、市街地でも自在に移動可能とされる。
>
>主砲は105ミリで、74式戦車の砲弾を流用してるそうです。
>26トンの重量から緊急展開能力も大きいですが、自分は偵察部隊で活用するのではないかと視ます。

これはね、日本の国土でしか有用性を持たない「特殊な兵器」です。

詳しくは、お会いした時にでもお話しますが「侵攻戦」を考えるなら、30mm程度の二連装機関砲を装備してもう少し小型化しないと使い物になりません。

威力偵察用の車両としても「大きすぎ」です。

で、これがなにかというと。

機械化歩兵戦闘団に随行する重迫撃砲中隊の装備では曲射しかできませんよね。

水平直射ができない機械化歩兵戦闘団に、105mm砲による水平直射能力を与えるということですね。

海岸に接近しようとする上陸用舟艇を直接照準で射撃できるということ。

揚陸部隊に対する水際阻止戦にこれほど有効な兵器はありません。

74式戦車砲弾を使うということは、対戦車徹甲弾(APPS)も榴弾(HE)も使えるということですよね。

つまり、装甲を持つ水陸両用戦車も撃てるし、榴弾を使えばホバークラフトやLSTなどにも致命的な損害を与えられるということ。

まさに、島嶼防衛戦のための兵器です。

>この手の車両はストライカー戦闘車やAMX-10を想起させますが、この手の車両としては最新鋭に属します。
>
>しかし、勘違いされやすいですがこの手の車両は、「戦車」が一定数揃った状況で活用して初めて威力が発揮されます。
>間違っても「戦車」の代わりにはなりません。
>装甲など無きに等しく、本格的な戦車との戦闘では被害が大きくなるだけです。
>
>機動装甲車は、文字通りその機動性を活用するものです。

装甲車であるのなら、自身の兵装で撃たれても大丈夫という定義があります。

装甲は、その車体重量を考えビデオを見る限り50口径(12.7mm)の重機関銃の直射に耐えられるかどうか。

でもね、ほぼ40Kmごとにある河川や峠の隘路などでは、その機動性からとても有効だと思います。ヒット アンド アウェイでの後退しながら「待ち伏せ」や、「送り狼」にもとても有効です。

戦車砲の威力を持ついわば直射(直接照準)自走砲なのに、装甲機動車や指揮通信車なみの機動性。

まさに、変態です。(笑.......

【10360】Re:機動戦闘車公開
 退役軍人 E-MAIL  - 13/10/13(日) 22:53 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん
tomykさん

こんばんは。

変態が何者なのか。(笑う.....

これにつきましては、tomykさんへのレスを参照ください。

で、そのほかの点について。

>様々な動き(体位)でも精度高くスポットをピンポイントで捉える能力を備えているということで宜しいでしょうか(^_^;)

そう考えてよいと思います。

>10式戦車のそうした能力は、高度な制御機能、情報処理機能〜コンピュータの塊〜に支えられているものと推測しますが、

実は、特殊な恰好をしているが「動く家電製品」かも。

以前は、趣味でアマチュア無線をやっていました。

で、アマチュア用通信衛星を自動でトラッキングする仕組みを自作して使っていました。オービット情報と正確な時計から、軌道を計算して水平線に上ってくる時刻と方位、あとは軌道傾斜角と軌跡を予測計算して、アンテナをその方向に向けて、あとは自動追尾。

それも二十年以上前の話。

最近の家庭用ビデオカメラには「手ぶれ補正機能」がもれなくついています。

ピッチ・ロ−ル・ヨーの三次元の動きを検出してレンズ自体を動かして手ぶれを防ぐ機能なんて、当たり前についていますよね。

これらの機能は一つのLSIで制御されています。

精度の確保に不可欠なのが「三軸赤外線リングレーザーシャイロ」と、あとはレンズを動かす高速応答のサーボモーターがあれば良い。

照準評定完了、つまりロックオンした後でもその時の標的データに基づいて砲塔を動かせばよいだけ。

ただし、水平方向に高速で正確に砲塔を回したり止めたりするには、砲塔が何トンもありますから「それなりのパワー」と「それなりのブレーキ」が必要となります。

また、射角を変化させる砲身の仰俯角制御も同じです。

数十グラムであろうレンズCCDイメージセンサアッセンブリーとはわけが違うということかな。

10式戦車の砲塔と砲身の動きを見ていると、とても滑らかに動きますよね。
同じシステムを装備した他国の戦車みたいな固くぎこちない動きではありません。

なにが言いたいかというと「基本的な感知系と制御信号の処理技術」は出来上がっているし、日本では同じ仕組みの制御系が家庭ビデオカメラに搭載されて売られているということから。

手足を動かす部分に、開発された新しい技術が使われているということです。

公開されていませんが、おそらく油圧モーターと電気モーターによるハイブリッド駆動じゃないかと睨んでいます。

初動時に必要な「大トルク」は電気モーターで、あとは油圧モーターという風にしてあると思います。

こういうハイブリッド駆動は片方が壊れても動くということを意味しますので、駆動系は冗長化してあるとみてよい。

民生用土木重機を作っている会社が戦車を作っているということがみそです。

>他方で、容量的にかなりコンパクトに見える機動戦闘車に、そうした機能をトランスファー/実装する場合、搭載容量(収容される人員や装備される火器類など)に生じると思われるトレードオフを、どのようにして克服する工夫がなされるのでしょうか。

同じような能力を要求しているのではなく、特化された能力を持たせていますから、トレードオフということにはならないと思います。

開発や配備までの時間が短いことにご注目ください。

>ー また、時速100kmの高速移動性を確保するには、装甲その他のボディの軽量化が必須と思われますが、軽量化は脆弱性(強度)と表裏の関係にあるように思われ、その場合、強度の確保にはどのような工夫がなされるのでしょうか。

tomykさんへのレスを参照ください。

>質問君になってしまって、また疎いため的外れでしたら、ご容赦を(^^)
>
>それから、運用面では、機動戦闘車両は、島しょ防衛強化策の一環という側面が発表や報道では強調される傾向がありますが、
>
>配備中のXC-2輸送機による積載・輸送の容易性や、上記の電子要塞的な機能向上(指揮指令系を含む)、陸海空自の相互運用性の向上(C41化と言ってよいのか)、更には、米軍が機動性を重視した装備と配備の見直しを進めてきている、等々の要素を勘案すると、
>
>島しょ防衛は、将来的な運用の一典型例であって、より広範な運用(例えば、PKOやPKF)をも視野に入れた装備の質的な一新のように見えるのですが、いかがでしょうか。用途や使用法の幅の広さについて、ご意見、ご教示頂けるとありがたいです。

この点についても、私なりの見方を書いておりますので、ご参照ください。

>ps
>
>結構、自衛隊の相互運用性と広域展開能力に関心を持っています。

ちと、書きづらいなぁ。
お会いした時にでもお話します。

>ー 蛇足ながら、昨今の原発ゼロ論争(by小泉元首相)は、我が国の国家安全保障政策の今後の在り方と不可分に結び付いている、と想像/推測していることもあり。

うーん、私はそうは見ていません。
守るべきものの優先順位に「原発」というものが与えている影響は否めないと思いますが。

【10362】Re:機動戦闘車公開
 tomyk  - 13/10/14(月) 0:59 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼かっくるなかしまさん
こんばんわです。

明日仕事なのに、今帰宅しました。
友人&嫁さんと酒盛り&カラオケで大須で遊んでました(笑)
友人が進撃の巨人が好きで、あの中二病全開の「紅蓮の弓矢」と「自由の翼」を熱唱してました。

.youtube.com/watch?v=KRRgHHSUucs
.youtube.com/watch?v=owa1_f4sX-I

ちなみに自分の一曲目は通称「合唱・宇宙戦艦ヤマト2199」を熱唱です。

.youtube.com/watch?v=iglWBlYEViQ

殆ど退役軍人さんが指摘していただけました(笑)
考えて見れば中国人民解放軍には装甲水陸両用車が装備されており、水際での阻止砲撃にはかなり有効ですよね。

榴弾は自分が漏らしていました。
上陸軍の後方兵站を叩くのにもかなり有効です。

機動装甲車には機銃弾を防ぐ程度の装甲しかありませんので、その防御力の大半はその機動性になります。
まあ、いざとなれば追加装甲も装備されると思いますが、主にリアクティブアーマー(もしくはその発展系)かスペースドアーマーと推測します。

XC−2(C−2)の最大ペイロードは30トンですので、搭載は一両のみとなりますので一個小隊を空輸する場合4機必要となり、また航空機で運搬する場合装甲車の空挺能力を保持していない現状では日本の地理的関係から海上輸送が最も現実的と見ます。
20トン級の装甲車ですし。

日本の機動装甲車の変態機動&砲撃能力を見るにやはり機動戦によるヒットアンドウェイこそがその最大の活用法になるのは間違いありません。

というか、10式戦車にしてもこの機動装甲車にしても対抗戦闘車が撃破するのは非常に困難です。

ちなみに、退役軍人さんも評価していますが、以前書いたかも知れないので繰り返しになるかもしれませんが、10式戦車の重量で120ミリ砲はかなり衝撃が強く、本来でひっくり返るそうです。
しかし、日本の変態戦車技術は「そういう方法があると知ってたがまさか本当にやるとは思わなかった」というレベルだそうで、砲の発射時にアクティブサスペンションで制御してるとか。
当然、10式の技術をスピンオフしてる機動装甲車も同様でしょうからこれ考えた人は本当に頭がおかしい(褒め言葉)

スラローム・ドリフトで回避機動する装甲戦闘車輌を撃破するには有線ミサイルか大型榴弾の釣瓶打ちでも厳しいかも。

しかし、最大の問題は日本の政治・官僚の中で機動装甲車を「戦車」と見る向きもあるということでしょうか。
自称専門家でも戦車不要論が出る状況ですので、大概にしてほしいなと。

【10365】Re:機動戦闘車公開
 かっくるなかしま  - 13/10/15(火) 10:48 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼退役軍人さん:

おはようございます。

機動性と破壊力の両立ということで、武田の騎馬隊を想像しました。

105ミリ砲の水平射撃での反動に耐えうる高度な姿勢制御の技術が、常識を超えた製品の実現化の背景にあると捉えました。
ー 確かに三菱重工の建設機械は、原動機やエンジニアリングとともの事業の中核をなしていて、またコマツや日立建機に比べるとマニアック(ニッチな領域をバー)です。
ー 水平方向に強烈に発生する反動(マイナスの運動量)はアクティブ制御(逆方向の運動量の発生)で相殺・吸収するわけですか。車両に加わる負荷は相当なものと想像されるので、三菱重工で言えば造船、日本製鋼で言えば格納圧力容器で培った冶金・鋼板の技術がフルに併用されているものとみました。

開発・試作・量産・配備の期間が総計で8か年ということは、

単に既存技術を横展開しているだけではなく、使用用途を特化してのシンプルな設計にあるということですか。ご指摘のように島しょ防衛の強化(および抑止効果)にある、ということなのですね。

機動戦闘車単体の強度の問題は、その走行性能と作戦の総合的な戦術により、カバーされ、むしろその変態的な性能が総合的な作戦の能力を向上させるという理解で宜しいわけですね。

また、機動戦闘車の重量20t強は、XC-2による輸送は可能であるが、高速性能を追求した結果であって、運用上の部隊編成を考えれば、XC-2の輸送能力を前提にしたものではない、という理解で宜しいわけですね。

どうもありがとうございました。

【10484】国防を再考する
 tomyk  - 13/11/16(土) 18:18 -

引用なし
パスワード
   老人党でこんな書き込みがあった。

ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1666&sty=2&num=t94
>こんなことを言っている連中は、概ね兵役に従事した経験の無い人達であろうと思います。(柳沢のたんたん氏)

兵役に従事すれば何でも言いたい放題なのか?

どうにもこんな短絡的な老害が蔓延るから日本国民の国防意識がようやく回り始めてきたのだろうと思うが、遅かったのでは無いかと思います。

まあ、動くことは動かないよりははるかにマシなわけで。

憲法改正は時間がかかるため、早急に集団的自衛権に手をつけたのは正解だったと思います。
しかし、未だに問題視する「識者」の多いこと多いこと。

現状、国民と所謂「反戦識者」とは、かなり離れてるのが現状なのが好ましいですが。

しかし、いずれは憲法9条も手をつける必要があるのは当然でしょう。

現在の世界は理想的な平和な世界では無く、日本は周辺国に軍拡を続ける国に囲まれてる状況では、いずれ「防衛出動」という事態が起こることも考慮すべきです。

平和なのがいいのは決まってますが、相手に攻め込ませない、日本を維持するという視点から国防を考慮すべきでしょう。

【10485】国防を再考する 仮想敵国
 tomyk  - 13/11/16(土) 18:51 -

引用なし
パスワード
   国防を再考するために、現在の日本の仮想敵国は何処か?

国際社会的に表明している筆頭は朝鮮民主主義人民共和国、所謂北朝鮮である。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD

核開発と弾道弾を持ち、日本を飛び越え太平洋まで届く弾道弾を持っていることで日本はミサイル防衛を主眼に置いた防衛体制の構築を整えている。
これはソ連崩壊以前の防衛体制を引き続き採っていることで割と早い段階で行えている点は評価したい。

また、拉致問題が浮上し、拉致の実行を北朝鮮が認めていることで人道的にも重要視される仮想敵国であることは疑いが無い。

北朝鮮への国防体制として最重要なのはノドンなどの弾道弾である。
そしてもう一つは潜入工作員などにも警戒が必要である。

北朝鮮は金体制を維持しており、現在は三代目となっている。
韓国とも休戦状態であり、朝鮮戦争が終結していない点も日本の国防としては看過できない部分である。

【10487】国防を再考する 閑話休題
 tomyk  - 13/11/17(日) 11:26 -

引用なし
パスワード
   ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1666&sty=2&num=99
やまちゃん氏

>日本政界の与野党支持者に、愚民的無知無能な国民体質

まあ、タイトルで大体どんな内容か分かりますね。

これが「革新勢力(笑)」の意見ということでしょう。
上から目線というか自分の望む政治にならないのは国民の責任に転換するとか。
よくもまあここまで世の中を舐めて暮らせるんだなぁと。

では2007〜2009年の民主党フィーバーも愚民的無知無能な国民体質ということでしょうかね。
単純に「自分たちの生活が良くなれば」という国民の意思でできた政権でしょうが。

しかし、

>自民党(勝者を擁護する論理)と公明の二股論理(勝者と弱者の擁護論理が混合した公明は有権支持者に対し、飴と鞭で使分けした似非宗教団体の政治集団)連立による大勝をさせた反省が野党支持の有権者に有るや否やを、歴史は繰り返す反動の行為が、何時の日か次期総選挙で明治維新の如き若き智慧有る政治家たちが立候補して、再び政権交代が来るもの期待したいです。

どうしてこうも他人任せなんだよ。

はっきり言えば急速な革新に期待すると言ってる時点でやまちゃん氏が「愚民的無知無能な国民体質」の持ち主ってことに気づかないか?

この国は立憲君主制を敷いた民主主義国家なんだよOK?
実質的君主であり、国家から自由の権利を行使されない皇族の方々以外、日本国民は誰でも平等に国政に参加できるんだよ。

これは権利であり、義務であり、責任だということを自覚しろって。

少なくとも自分は「英雄」なんて得体の知れない人物に期待する気は一切無い。
集団で知恵を出し合って「ベスト」より「モア・ベター」を探るほうが良いに決まっている。

まあ、彼らは今の安部政権に不信感を持っていることは知っているが、安部政権の成立の原因は2009年の政権交代が大失敗した結果だろうが。

2009年の政権交代を為してしまった責任は日本国民全員にあり、安部政権を成立させたのも我々国民だということなんだよ。

こんな単純なことも理解できない輩が愚民愚民と喚くのはみっともないとしか言いようが無い。

情けない。

【10488】国防を再考する 仮想敵国 2
 tomyk  - 13/11/17(日) 21:34 -

引用なし
パスワード
   お次の仮想敵国は、やはり冷戦時代の筆頭仮想敵国、ロシア連邦。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2

冷戦時代ではアメリカとタイマンを張ったソビエト連邦でしたが、経済的に行き詰まり連邦は崩壊。
構成国家の大半は独立し、経済的にかなりやばいところまで陥ってしまいました。
    ツァーリ
現在は「皇帝」ウラジミール・プーチン大統領の統治により、かなり持ち直してきています。
日本に対しても北方領土問題の解決を進めるなど冷戦時代では考えられない外交政策を採っていたりもします。

外交的にはかなり全方位外交を行っている節もあり、敵になるか味方になるかはロシアに対して益になるか否か。
しかし、世界のバランサーともいえる政策は注意も必要でしょう。

問題は「皇帝」プーチン後がどうなるか。

プーチン大統領の資質で維持してる節もあるため、今後に注意が必要でしょう。

【10489】Re:国防を再考する 閑話休題
 かっくるなかしま  - 13/11/17(日) 22:41 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

どうもです。

今日は日和がよくて暖かくて、浅草、散策してて、今、晩飯っす。

中国の経済、後から返信します。
ー   目先小康状態、潜在的な危うさ変わらず。← 結論っす

>ttp://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1666&sty=2&num=99
>やまちゃん氏
>>日本政界の与野党支持者に、愚民的無知無能な国民体質

>まあ、タイトルで大体どんな内容か分かりますね。

やまちゃん氏は、あちらでは、いいほうですよ(笑 

>これが「革新勢力(笑)」の意見ということでしょう。
>上から目線というか自分の望む政治にならないのは国民の責任に転換するとか。
>よくもまあここまで世の中を舐めて暮らせるんだなぁと。
>では2007〜2009年の民主党フィーバーも愚民的無知無能な国民体質ということでしょうかね。
>単純に「自分たちの生活が良くなれば」という国民の意思でできた政権でしょうが。

そうそう、

右傾化、とか、やまちゃん氏に限らず言ってはいますが、

ついこの間が民主党政権なわけで、

忘れてしまっては困る、ついこの間なわけで(>_<)

>しかし、

>>自民党(勝者を擁護する論理)と公明の二股論理(勝者と弱者の擁護論理が混合した公明は有権支持者に対し、飴と鞭で使分けした似非宗教団体の政治集団)連立による大勝をさせた反省が野党支持の有権者に有るや否やを、歴史は繰り返す反動の行為が、何時の日か次期総選挙で明治維新の如き若き智慧有る政治家たちが立候補して、再び政権交代が来るもの期待したいです。

>どうしてこうも他人任せなんだよ。
>はっきり言えば急速な革新に期待すると言ってる時点でやまちゃん氏が「愚民的無知無能な国民体質」の持ち主ってことに気づかないか?

うーん、はっきり言うと、すげぇ読みにくくて(>_<)

文章が頭に入らない(>_<)

>この国は立憲君主制を敷いた民主主義国家なんだよOK?
>実質的君主であり、国家から自由の権利を行使されない皇族の方々以外、日本国民は誰でも平等に国政に参加できるんだよ。
>これは権利であり、義務であり、責任だということを自覚しろって。

ぶっちゃけ、この5年、自民党と民主党が駄目さ加減を競って、

民主党に政権を取らせたら、駄目さ加減が半端じゃなくて、

自民党ってまともだったんじゃん、

ってのが結論なわけでしょう、国民的に。

>少なくとも自分は「英雄」なんて得体の知れない人物に期待する気は一切無い。
>集団で知恵を出し合って「ベスト」より「モア・ベター」を探るほうが良いに決まっている。

そうそう、英雄要らない。

で、新左翼って、英雄願望でしょ、吉川英治の宮本武蔵の影響じゃ、ね、と観てしまう。

>まあ、彼らは今の安部政権に不信感を持っていることは知っているが、安部政権の成立の原因は2009年の政権交代が大失敗した結果だろうが。
>2009年の政権交代を為してしまった責任は日本国民全員にあり、安部政権を成立させたのも我々国民だということなんだよ。

そうそう、保守反動じゃなく、民主党反動、

単に、現象としての民主党の揺り戻しでしょう。

まー、誰とは言わないが、

結局、新左翼と共産党って、水と油でしょ、

彼らにとっては主導権争いが何より勝るってことであって、

言ってることが似通ってて、自民党が政権に返り咲くことが、

誰の目にも明らかであってもまとまりようがない、

無様な醜態さらしておきながら、

有権者が阿呆ってこたあなくて、

よほど阿呆なのは、誰とは言わないが、だとすりゃおまいらだろってことでしょ。

>こんな単純なことも理解できない輩が愚民愚民と喚くのはみっともないとしか言いようが無い。
>情けない。

愚民愚民愚民と喚くなら、ちっとは、賢いってことを示してみろってんだよ、

ってな感じ。

民主党に政権を委ねた国民が賢かったなら、

自民党に委ね直した国民は、賢いってこってす。

で、民主党に政権を委ねた国民が愚かだったなら、

自民党に政権を委ね直した国民は愚かなままなんだから、

その愚かさを今更、愚民愚民愚民と喚いても、無意味ってもん。

ってか、国民が愚かと賢いを、大きくぶれるわけはないんであって、

結果が大きく分かれるのは、選挙制度の仕組みによるところが大きいわけなんだから、

結論の良し悪しを、結果が気に入らないからって、

国民の愚昧さに帰するのは、それこそ愚かな見方でしょう。

安倍政権って、中道、な政権なんだけどな。

ではでは。

【10490】Re:国防を再考する 閑話休題
 退役軍人 E-MAIL  - 13/11/17(日) 23:13 -

引用なし
パスワード
   かっくるなかしまさん
tomykさん

こんばんは。

仕事もあと2〜3日で片付きそうでして。
土日は休みにしました。

古い友達と会って楽しんできましたよ。

<失礼大幅割愛>

>安倍政権って、中道、な政権なんだけどな。

そうですよねぇ。

中道右派で「真ん中のちょい右寄り」ぐらいですよねぇ。

韓国の首相が式典のスピーチで「日本は軍国主義へ戻りつつある。」だの、事実を直視して反省し謝罪しろだの。

言いたい放題なんだけどなぁ。

少なくとも我々の国では、「歴代大統領」が不正行為で訴追されたり、自殺と言われているが「退任した大統領が訳の分からん死に方」をしたり、民選大統領と言いながら「実質軍政」の大統領が退任後に訴追されて刑務所に入ったりとか。

恩赦で自由の身にはなったものの、まだ罰金を支払い終えていないとか。

大統領の親族による不正な行為や、権力をバックにした不正蓄財なんて........

そんなものがあったっけ。

こんなの、二昔ほど前まで東南アジアでよく見られた開発独裁そのものなんだよなぁ。

インドネシアのスハルト政権とか、フィリピンのマルコス政権とか。

まぁ、開発による発展と国民の生活向上を目指す過程では、ある意味で「必要悪」でもあったのだけれど。

要するに、韓国の民主主義は未成熟ってことなんじゃあないの。

我々の国の民主主義も成熟し完全とは言えないまでも、少なくとも韓国よりはましだと思う。

それに、何万人もの韓国人女性が売春婦として海外出稼ぎをしている現状も見てみなさいよ。

恥ずかしいと思わなきゃならないと思うが。

その程度の国に色々と言われるほど我が国は未成熟ではない。(断言

軍国主義への回帰などあり得ない。(断言.......

それを許すほど日本国民は愚かではない。

民主党政権になって色々と問題があったが、自公政権に戻ることでその過ちを取り返そうとするだけの賢さがあるさ。

民主主義が未成熟な韓国から、色々と言われたくないなぁ。

自分の国がどんなざまか、足元を良く見たほうが良いと思うが。

【10493】Re:国防を再考する 仮想敵国 3
 tomyk  - 13/11/19(火) 1:32 -

引用なし
パスワード
   順番で行けば本来は中国でありますが、退役軍人さんが韓国の件で呆れておいでのようですので、大韓民国を仮想敵国3として考察。

本来は仮想敵国ではなく、米軍を間に挟んだ同盟関係の国なのですが、所謂「歴史認識」や異常に日本に敵愾心を持っているせいか最近では仮想敵国の仲間入りを果たしています。

まあ、竹島問題という領土問題もあるわけで仮想敵国としての条件は実はあります。
また、李承晩大統領の極度の反日姿勢から来る伝統なのか金大中大統領から極度の反日に以降していきます。
経緯はご存知のかたが多いので割愛。

韓国が日本の仮想敵国という最大の理由としては対中装備と思われる海軍艦船に「安重根」と言う伊藤博文元総理を暗殺したテロリストの名前をつけたり、強襲揚陸艦に竹島の韓国名「独島」と名づけたりと外交的配慮に非常に欠けている。

また、日本の軍事力を最近では非常に警戒しており、集団的自衛権に口を出す始末。
3.nhk.or.jp/news/html/20131113/k10013010611000.html

>日本の集団的自衛権の行使容認に向けた動きを巡り、韓国ではアメリカが日本政府を支持する姿勢を示したことに衝撃が広がり、このところ続いた日本への強硬姿勢の転換を求める声も上がるなど議論が高まっています。

盧武鉉政権から支持率を維持するために反日政策をとり続けた結果、現在の有様となっております。

KFX(次期韓国空軍戦闘機)でも、最初はF−15SEに決まったところ、日本がF−35の導入の決定後にF−15の改造型では無くF−35を導入と言い出して白紙になってたりしますし、韓国海軍の高官が日本のDDH、「いずも」に触発されて韓国も空母を2隻導入とか言い出していたり。

東京都と同等の予算規模でよくもまぁ、と思う。

高価な箱物を作ったり導入してはいるが、維持管理に問題もあるようで非常にバランスに欠けているのも事実ですが。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%AC%E5%B3%B6%E7%B4%9A%E6%8F%9A%E9%99%B8%E8%89%A6

>>2013年9月10日、発電機室で発生した火災により主発電機1基が故障、その消火用水をかぶったために残る1基も故障し、航行不能になるという事故が発生した。また後の調査で、本来4基あった主発電機のうち2基が4月の浸水事故で故障して陸揚げされており、残った2基のみで運用が継続されてきたことが判明した

自慢の韓国海軍最大の軍艦がこんな状況になっていたり、

ttp://military38.com/archives/26980130.html

>>南北間の軍事的緊張が高まる最近、 「神楯」と呼ばれる我が海軍のイージス艦3隻のうち2隻が故障し、 修理のために行動不能であることを15日、YTNが報道した。

自慢のイージス艦もこんな状況とか。

どうにもバランスを欠いている韓国の軍事力。
日本を仮想敵国にしているが果たして…?!

【10501】:国防を再考する 仮想敵国 4
 tomyk  - 13/11/21(木) 10:40 -

引用なし
パスワード
   次の仮想敵国は中華人民共和国でしょう。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD

この国は80年代から続いた経済発展により、資源獲得のために海洋進出を志向することになります。
このため、中国の防衛権構想「第一列島線」「第二列島線」を中国が支配するという国家戦略とすることになります。
これは主にアメリカの対中戦争戦略への対抗という形ですが、この線に日本の諸島、領土が入っていることが問題になります。
2000年代からの中国軍の近代化を推し進め、海上戦力の拡大に尽力します。

日本とは尖閣諸島問題や、周辺国でも諸島の領有権を巡って外交的摩擦を引き起こしています。
しかし、それ以外にも対ロシア、対インドなど北方に陸上戦力も貼り付けているため常に緊張感がある国でもあります。

経済的にも最近斜陽気味な観測もあり、また人民の格差がいつ大規模に爆発するか、また「侵略した」地域の民族問題もあり内憂を外患で対処する傾向があるので注意が必要です。

【10518】国防を再考する 閑話休題 2
 tomyk  - 13/11/26(火) 10:34 -

引用なし
パスワード
   中国側の新防空識別圏が波紋を呼んでいます。

尖閣上空に設定することで「偶発的な事故」を引き起こそうと目論んでいるような感じです。

.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00258511.html
FNNニュースで軍事評論家の岡部いさく氏の指摘が的確かもしれません。
検索などで読んでいただいたほうがいいかも。

【10519】Re:国防を再考する 閑話休題 2〜新防...
 かっくるなかしま  - 13/11/26(火) 11:20 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:

おはようございます。

>中国側の新防空識別圏が波紋を呼んでいます。

>尖閣上空に設定することで「偶発的な事故」を引き起こそうと目論んでいるような感じです。

>.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00258511.html
>FNNニュースで軍事評論家の岡部いさく氏の指摘が的確かもしれません。
>検索などで読んでいただいたほうがいいかも。

拝見しました、ありがとうございます。

たまたま、昨日乗ったタクシーの運転手さんが空自にいた方で、

この防空識別圏のことを、同じく偶発要素を孕んでいて危ないことだ、と言ってました。

まず政府からでなく軍から一方的に設定の声明が出てくるのはおかしい、とも。

中国国内の統率、意思統一が十分ではなく、

習近平氏が軍に対する指導力を発揮できていないのではないか、とも。
ー 先の人民大会で、英米に融和的な経済政策を提示して間もない時間帯での強行策ですから、内政的に鬱積したものが相当にありそうです。

一方、外的状況がこうである以上、

NSCの設立や特定秘密保護法の制定は、まさに時宜を得ている政策措置であると言え、

国内の反日勢力が動員によって特定秘密保護法案の反対デモをかけようとも、

いわゆるインサイダー取引(違法)に相当する姑息な取材ができなくなるメディアが騒ぎ立てようとも、

既にそこにある現実を目の前にすれば、

理があるのは、明らかに安倍内閣(+まともな一部野党)なのであり、

月内、会期内での法案の早期成立におおいに期待したい。

ではまた。

【10524】Re:国防を再考する 閑話休題 2〜新防...
 tomyk  - 13/11/27(水) 8:09 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん:
おはようございます。

米軍側が一手打ってきました。

3.nhk.or.jp/news/html/20131127/k10013364761000.html

>アメリカ国防総省は、中国が東シナ海の広い範囲に防空識別圏を設定して以降初めて、アメリカ軍の爆撃機がこの空域を飛行したことを明らかにし、事前通告は行わなかったものの、中国側からは特段の反応はなかったと説明しました。

反応しなかったのか、反応できなかったのか。
B-52クラスでも、ECM(電子戦)機材は搭載されていますからね。
中国側の防空レーダーに気づかせずに飛行した可能性も捨て切れません。

【10526】政治的防空識別圏
 退役軍人  - 13/11/27(水) 14:23 -

引用なし
パスワード
   tomykさん
かっくるなかしまさん

こんにちは。

▼tomykさん:
>▼かっくるなかしまさん:
>おはようございます。
>
>米軍側が一手打ってきました。
>
>3.nhk.or.jp/news/html/20131127/k10013364761000.html
>
>>アメリカ国防総省は、中国が東シナ海の広い範囲に防空識別圏を設定して以降初めて、アメリカ軍の爆撃機がこの空域を飛行したことを明らかにし、事前通告は行わなかったものの、中国側からは特段の反応はなかったと説明しました。
>
>反応しなかったのか、反応できなかったのか。
>B-52クラスでも、ECM(電子戦)機材は搭載されていますからね。
>中国側の防空レーダーに気づかせずに飛行した可能性も捨て切れません。

実効性がある防空識別圏の構築はできていないと思いますよ。

以下に理由を述べます。

1). 敵味方識別装置(Identification Friend or Foe 通称IFF)

飛行している航空機が軍用機なのか、それとも民間航空機なのか。
軍用機の場合、敵性航空機なのか、それとも友軍機なのか。

航空機が防空識別圏に入る前に識別できていなければなりませんよね。

民間機の場合は高い高度を飛ぶことができない小さな軽飛行機などを除いて、航空管制用のトランスポンダーという「身分証明用無線装置」が搭載されていて、飛行計画の承認時に航空管制当局から指定される「四桁のコード」を質問波を受信すると自動的に返信する仕組みになっています。

WTCに突っ込んだ二機目のUA175便のコードが操縦していたテロリストにより変更されたという事実もあります。

軍用機の場合、IIFと呼ばれる「軍用トランスポンダー」が搭載されています。

パイロットの意志にかかわらず質問波を受信すると自動的に返信します。

まぁ、これは目視できていないが、レーダーでは捕捉していて「実質的に見えている飛行物体」を識別して、航空機同士の同士討ちや対空ミサイルなどによる攻撃などを防いでいます。もちろん、応答がなかったりコードが友軍機として登録されていなければ攻撃の対象となります。

防空識別圏の広さというのは、どのタイミングで捕捉すればスクランブルで離陸した迎撃機(インターラプター)による攻撃が可能かという点が最も重要なのです。

それにより、迎撃機の待機場所とか。
迎撃機に必要とされる性能とか、武装とか。

あるいは、迎撃機で撃ち漏らした場合を想定して、防空ミサイルの設置場所とかミサイルへの要求性能が決まるわけで。

当然ことですが、無人島を守っても実質的な意味はないわけでしてね。
大都市とか、重要な産業施設が集中している場所とか、重要な軍事施設を其点にして考えられています。

これをどう考えどう構築したかは「機密中の機密」なのです。

2). レーダー管制

航空機は自由に飛んでいるようで実はそうではない。

民間機の場合、空の道を飛ばなければならないのです。
この航空路は一桁のアルファベットコードと一桁から三桁の数字で表示される航空路を計器飛行(Instrument Flight Rules略称IFR)と目視見張り義務、および航空管制当局の指示にしたがって飛行しなければなりません。

また、この情報は飛行計画を含めて防空管制を行っている関係国の軍当局とも共有されています。

3). 防空レーダー

防空識別圏を飛行物体の大きさや速度、進路、飛行高度まで正確に捕捉可能な、高性能・高精度の「三次元レーダー」で覆い尽くさなければなりません。

ところが、国境が隣接している空域ではその監視範囲が他国の主権が及ぶ空域をも防空管制してしまうことになります。

で、それが可能な軍事的リソースの整備ができているかどうかということになります。

さて、三つの理由を述べましたけれど。

防空識別圏設定に伴う防空システムというのは、迎撃機の性能やミサイルの設置場所と運用体制にまで及ぶ、とても大きなシステムなのです。

だから、地上にあるにも関わらず防空ミサイルの設置と運用を航空自衛隊が行っている理由でもあります。

さて、私の見方なんですが。

中国防空管制当局による物理的なレーダー監視が可能な施設が整備できているかという点では、とても懐疑的な見方をしています。

というか、できているわけがない。

したがって、今回の米軍爆撃機飛行が捕捉できていたかというと、捕捉できていなかったと観るのが妥当かと。

爆撃機と言っているが、一機は「レーダー情報収集機」だと思いますよ。

走査に使われているレーダー電波の周波数とか、パルス幅とか、走査間隔とか。

実際に飛んでみて以前に収集していた、中国防空管制の覆域に変化がないかどうか。この確認飛行であったと観ます。

また、民間航空機に対して飛行経路や高度などの飛行計画の提出を求めていますが。こんなの無意味というかナンセンスですよ。

というか、その計画を事前提出させないと設定した新しい防空識別圏において民間機か軍用機かの識別ができないと自ら言っているようなものでしょ。

また、新たな防空識別圏を物理的に監視可能な足場というか、レーダーサイトを建設し運用する場所が地上に必要ですよね。

地図を何度眺めても、中国が支配する地域にそんな場所はありません。

台湾なら可能ですが。(笑

日本政府が国際法違反であると指摘していますが、まさにその通りでしてね。
前述したように隣接する国の主権が及ぶ空域を監視するわけですから、事前の協議と合意の形成が不可欠なのです。

中国政府は、今年の二月ぐらいから検討していたと言ってますが。

こんなの、後付の屁理屈に過ぎない。
自らの正当性を主張したいだけのことでしょ。

一年やそこらで防空識別圏拡充に必要不可欠な軍事的リソースというか、施設を建設して運用に入れることが可能な国は世界中を探してもどこにもない。

結論として。

政治的防空識別圏に過ぎないと観ています。

愛国教育の行き過ぎで、極めて保守的かつ攻撃的な意思決定をする軍部を指導部が抑えきれていないという側面も見えましたよね。

発表のタイミングや順序を見ていると。

なんだかなぁ。

【10527】Re:政治的防空識別圏
 tomyk  - 13/11/27(水) 22:39 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼かっくるなかしまさん:
こんばんわです。

物理的に出来ていないということですね。
そうなると、この記事は負け惜しみということでしょうか。

ttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2064202.html
TBSニュース

>中国政府が設定した防空識別圏内に、アメリカがB−52戦略爆撃機2機を飛行させたことを受け、中国国防省は「全過程を監視しており、中国は関係空域をコントロールする能力がある」などとするコメントを発表しました。

>この問題は、グアムのアンダーセン基地を発進したB−52戦略爆撃機2機が26日、事前通告なしに中国が防空識別圏に組み込んだ尖閣諸島の上空を飛行したものです。

>これを受けて、中国国防省は27日、「中国軍は全過程を監視し、アメリカ側の航空機の種類を即時に識別した」とするコメントを発表。また、「中国は、今後も防空識別圏内の全ての航空機の活動を識別していくほか、中国は関係空域を有効に管理し、コントロールしていく能力がある」などとして、アメリカや日本を牽制しました。

吉本新喜劇のようなコメントです。

本当に探知していたのならスクランブルをかけるでしょうが、探知能力の秘匿により事後コメントで濁す線で貫くのでしょうかね。

【10529】Re:政治的防空識別圏
 退役軍人  - 13/11/28(木) 2:33 -

引用なし
パスワード
   tomykさん
かっくるなかしまさん

▼tomykさん:
>▼退役軍人さん:
>▼かっくるなかしまさん:
>こんばんわです。
>
>物理的に出来ていないということですね。
>そうなると、この記事は負け惜しみということでしょうか。
>
>ttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2064202.html
>TBSニュース
>
>>中国政府が設定した防空識別圏内に、アメリカがB−52戦略爆撃機2機を飛行させたことを受け、中国国防省は「全過程を監視しており、中国は関係空域をコントロールする能力がある」などとするコメントを発表しました。
>
>>この問題は、グアムのアンダーセン基地を発進したB−52戦略爆撃機2機が26日、事前通告なしに中国が防空識別圏に組み込んだ尖閣諸島の上空を飛行したものです。
>
>>これを受けて、中国国防省は27日、「中国軍は全過程を監視し、アメリカ側の航空機の種類を即時に識別した」とするコメントを発表。また、「中国は、今後も防空識別圏内の全ての航空機の活動を識別していくほか、中国は関係空域を有効に管理し、コントロールしていく能力がある」などとして、アメリカや日本を牽制しました。
>
>吉本新喜劇のようなコメントです。
>
>本当に探知していたのならスクランブルをかけるでしょうが、探知能力の秘匿により事後コメントで濁す線で貫くのでしょうかね。

そりゃあ航空路管制用の長距離レーダーはあるでしょうよ。

そこに「何かが飛んでいた。」というのは探知していたと思いますよ。

航空機の種別を瞬時に識別したというのなら、スクランブルをかけないと。(笑

ALCM搭載のB-52だったとしたら。
2,000Km(短射程型でも1,000Km以上)も離れた場所で発射され、防空レーダーの監視高度以下を飛んでくる。

防空識別圏内であるというのなら、すぐに迎撃しないと。

北京に核弾頭を撃ち込まれたらどうすんの。

気が付いたときには、北京は火の海にされていたということもあるよ。

観測機を飛ばしたようですけれど。

まぁ、迎撃戦闘機を飛ばすのは無理でしょうね。

そこまで行けても帰れるだけの燃料がないだろうし。
空中給油機を常時遊弋させるだけのリソースはないし。

まぁ、迎撃用の制空戦闘機は武装が軽い(空対空ミサイルと搭載機関砲弾だけ)から、燃料満タンでも離陸できるだろうけれど。

一番近い基地から離陸してフルスピードで追っかけても、空域に到着した時には迎撃対象機は防空識別圏の外で何もできない。という極めて間抜けな話になります。

レーストラックと呼ばれる楕円形のコースを巡航速度で飛行し上空待機している場合。

離陸後に空中給油機から補給を受けていたとしても、燃料は四時間持つかどうか。

コンバットマニューバ入ると、この四時間分の燃料の半分以上を20分で飲みつくしてしまう。

だから、台湾に協力を求めるなんて発言も出てきているのです。

ブラフですよ、ブラフ。

低いナンバーのツーペアで、エースのフルハウスに挑んでいるようなもんだ。

【10531】Re:政治的防空識別圏
 tomyk  - 13/11/30(土) 0:22 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん:
▼かっくるなかしまさん:
こんばんわです。

中国側が防空識別圏を設定した11月23日に、自衛隊が日本側と中国側の共通した防空識別圏でスクランブルを行ったそうです。

ttp://melma.com/backnumber_190875_5936744/
軍事ジャーナル

.mod.go.jp/js/Press/press2013/press_pdf/p20131123_02.pdf
統合幕僚監部報道発表

1 期日
平成25年11月23日(土)
2 国籍等
中国TU−154型1機
中国Y−8(情報収集機型) 1機
3 行動概要
別紙のとおり。
4 自衛隊の対応
戦闘機等を緊急発進させ対応した。

中国側は日米の航空機にスクランブルをかけたと発表していますが、

w3.nhk.or.jp/news/html/20131129/k10013461351000.html
>>中国は、みずからが設定した防空識別圏に日本の自衛隊機やアメリカ軍の偵察機が事前の通告なしに入ったとして、軍の戦闘機が29日、スクランブル=緊急発進をしたと発表しました。


日本の政府関係者から「インチキだ」との間接的報道も発表されています。
.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013112901014
>>政府関係者は29日夜、中国の通信社が伝えた中国軍機による自衛隊機と米軍機に対する緊急発進(スクランブル)について「全くのいんちきだ」と述べ、事実関係を否定した。 (2013/11/29-22:53)

いずれにせよ、中国側がスクランブルに対応しようとすれば、退役軍人さんの説明からすれば近在空域に戦闘機を定期的に上げておくしか無いでしょう。

そうなれば中国側の稼働率から見れば不経済極まりない状況になります。

【10534】Re:政治的防空識別圏〜中国の外交上の大...
 かっくるなかしま  - 13/11/30(土) 10:58 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼退役軍人さん:

おはようございます。

こちら(↓)など、新防空識別圏設定以後の事態の推移を拝見していると、

退役軍人さんのご指摘通り、十分な実体を伴わない政治的防空識別圏に過ぎないということが、露(あらわ)になってきてしまっているようですね。

>中国側が防空識別圏を設定した11月23日に、自衛隊が日本側と中国側の共通した防空識別圏でスクランブルを行ったそうです。
>ttp://melma.com/backnumber_190875_5936744/
>軍事ジャーナル
>.mod.go.jp/js/Press/press2013/press_pdf/p20131123_02.pdf
>統合幕僚監部報道発表
>1 期日
>平成25年11月23日(土)
>2 国籍等
>中国TU−154型1機
>中国Y−8(情報収集機型) 1機
>3 行動概要
>別紙のとおり。
>4 自衛隊の対応
>戦闘機等を緊急発進させ対応した。

>中国側は日米の航空機にスクランブルをかけたと発表していますが、
>w3.nhk.or.jp/news/html/20131129/k10013461351000.html
>>>中国は、みずからが設定した防空識別圏に日本の自衛隊機やアメリカ軍の偵察機が事前の通告なしに入ったとして、軍の戦闘機が29日、スクランブル=緊急発進をしたと発表しました。

>日本の政府関係者から「インチキだ」との間接的報道も発表されています。
>.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013112901014
>>>政府関係者は29日夜、中国の通信社が伝えた中国軍機による自衛隊機と米軍機に対する緊急発進(スクランブル)について「全くのいんちきだ」と述べ、事実関係を否定した。 (2013/11/29-22:53)

>いずれにせよ、中国側がスクランブルに対応しようとすれば、退役軍人さんの説明からすれば近在空域に戦闘機を定期的に上げておくしか無いでしょう。
>そうなれば中国側の稼働率から見れば不経済極まりない状況になります。

逆に言えば、いずれすぐに実体が伴わないということが判明してしまうようなことを、

なぜ、このタイミングで中国軍が試しにきているのか、

とても不可解に思われます。
ー   習近平氏の指導力が低下しているのか、派閥抗争の表面化なのか、政府(党)と軍の対立なのか、外部環境を大きく見損ねる抜き差しならない内部事情があるのか、軍事的対立を演出しなければならないほど国民の不満が沸点に達しつつあるのか、等。

中国軍にどういう思惑と計算があっての防空識別圏の設定なのか計りかねますが、

こうした結果(↓)や、

ttp://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39319
(JBプレス、「米国の虎の尾を踏んだ中国は面目丸つぶれ」、2013/11/29)

こうした結果(↓)を見ると、

URL省略。
(日経、FT=フィナンシャルタイムズ、「中国の防空識別圏、日本を後押しする東南アジア」、2013/11/29)

日本と米国、日本と東南アジア、東南アジアと米国とのそれぞれの結束を強める結果になり、

中国にとっては、まるで誤算の外交的大失敗に終わっている。
ー   強行策を推した軍責任者や軍を統率できなかった習近平氏への責任論や出てきておかしくない。

かくなる状況が生じ、中国への批判的な国際世論が高まり、域内での対中包囲網的な結束が強まったことで、

我が国の内政上、ついこの間までの、特定秘密保護法案という政権批判材料(byマスコミ、左翼)は消し飛び、

そればかりか、懸案の沖縄米軍基地移転問題の進展や集団的自衛権の行使容認、TPPへの加盟交渉進捗、更には、改憲、等の動きが後押しされることになるでしょう。

今回の中国の愚行は、直接、間接に安倍政権を応援しているように思えてなりません(笑
ー   北朝鮮や中国や韓国が、こうだからああだから、安倍政権は適切に対処しているに過ぎず、反原発や反特定秘密保護法のデモで空騒ぎしている連中が言うように我が国が右傾化しているのでも軍国主義化しているのでも戦前回帰しているのでもなんでもない。おかしな国々に対して、普通の国として、変化する環境に適応しているだけ。

ではまた。

【10613】名護市長選
 tomyk  - 13/12/17(火) 0:44 -

引用なし
パスワード
   最近余り話題に登って無かったので。

.asahi.com/articles/SEB201312150043.html

>名護市長選、辺野古容認派で保守系一本化も

ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/131215/plc13121523330016-n1.htm

>>迫る知事判断 承認に期待高まる 辺野古埋め立て可否

ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/131216/plc13121610010004-n1.htm

>>>辺野古か県外か、公明党の推薦が焦点 名護市長選、来年1月19日投開票

普天間基地の代替地がここまでこじれるとは。
民主党政権の責任がデカイ。

【10614】Re:名護市長選
 退役軍人 E-MAIL  - 13/12/17(火) 8:16 -

引用なし
パスワード
   tomykさん

おはようございます。

なんだか、木曜日には帰れそうで一安心。

▼tomykさん:
>最近余り話題に登って無かったので。
>
>.asahi.com/articles/SEB201312150043.html
>
>>名護市長選、辺野古容認派で保守系一本化も

元市長が条件付きで撤退し一本化されるようですね。
そうなると、公明党の支持が得られると考えた場合。

容認派の保守系候補が勝利する確率がとても高くなります。

>ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/131215/plc13121523330016-n1.htm
>
>>>迫る知事判断 承認に期待高まる 辺野古埋め立て可否

政府は沖縄振興費について、県の要求に満額回答を出したそうですね。
外堀からじわじわ埋めていっているように見えます。

仲井真弘多県知事が来年の県知事選挙に出馬するかどうか。

ここがキーポイントなのかな。

御年73歳で全国最高齢の知事じゃあなかったっけ。

>ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/131216/plc13121610010004-n1.htm
>
>>>>辺野古か県外か、公明党の推薦が焦点 名護市長選、来年1月19日投開票

県外に移転すると重要な戦略的軍事拠点を失うことになりますから。

辺野古へ移転できなくなった場合を考えると。
中国に対する実力(軍事力)による対応を考えた場合、我が国一国の問題ではなくなります。

結果として、普天間基地が固定化されることになるでしょうね。

ほかの軍事的選択肢は無いに等しい。というか存在しない。

話し合いで、なんてナイーブかつ脳内お花畑的対応で対処出来る訳がない。(断言

なんたって、公称十三億人(実質十五億人)の国民を食わせて、中国共産党の一党独裁体制を維持しなけりゃあならんのだから。

南西島嶼領域での即応態勢による軍事力の展開が可能という現実、つまり軍事力による抑止力を維持するしか、中国との紛争を回避する手立てはない。(断言

中国指導部と軍部による機会主義的、いや博打とも呼べる選択肢の敷居を可能な限り高くしておくことが我が国の平和と安定に寄与する。

>普天間基地の代替地がここまでこじれるとは。
>民主党政権の責任がデカイ。

ルーピー鳩山氏と第四列の男であった菅氏、この二人の責任でしょう。

本来なら、国家反逆罪で裁かれるべき反国家行為ですよ。

この二人と民主党政権が我が国にもたらしたものは、安全保障の問題といい原発事故での不手際といい、大災厄でしかありません。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
88 / 214 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free