老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
1 / 21 ページ 前へ→

【13159】ネットで見つけた面白い記...[20]  /  【13350】安全保障を語るスレッド・...[9]  /  【12977】金融・経済ウォッチスレ《...[42]  /  【13320】お笑いニッポン! 緑のタ...[4]  /  【13358】セールスマン、トランプ一...[0]  /  【13051】安全保障を語るスレッド・...[50]  /  【13343】米国による北朝鮮攻撃はあ...[2]  /  【13322】安倍政権が今やろうとして...[6]  /  【13323】安倍政権、狂気の移民政策[0]  /  【13311】安倍政権が次にやることは...[5]  /  

【13159】ネットで見つけた面白い記事18
 tomyk  - 17/7/2(日) 16:48 -

引用なし
パスワード
   ttp://roujintou.com/c-board33/c-board.cgi?cmd=one;no=12304;id=
前スレはこちら↑

スレッドが一杯になったので新規に立て直しさせていただきます。

【13378】番外編〜東宝の株価とGodzilla怪獣惑星の...
 かっくるなかしま  - 17/11/20(月) 10:54 -

引用なし
パスワード
   番外編として記しておきましょう、

東宝の株価とGodzilla怪獣惑星のユーザーレビュー。

・・・

経緯を振り返ると、まず東宝の株価(↓)。

ttps://m.finance.yahoo.co.jp/stock/chart?code=9602.T&candle_period=d&span=1
(Yahoo!株価、日足、過去1ヶ月)

月初の試写会以降、その評判をほとんど聞き及びませんが、株価がじり安となっていた。(評判は断片的に出ていても、標本集団とするには不十分だった)

ちょうど1年前に東宝は、「君の名は。」と「シン・ゴジラ」で興行的に大きく成功したので、株価は大きく水準訂正したが(↓)、
 
ttps://m.finance.yahoo.co.jp/stock/chart?code=9602.T&candle_period=w&span=2
(Yahoo!株価、週足、過去1ヶ年)

前年対比(YOY)で業績は、常識的には減益の基調に向かうと見られるが、

【問】逆に、その株価の支持要因となり得るのが、今回の「Gozilla怪獣惑星」であるが、果たしてどれだけ効くのか?

ブロックバスターは滅多にないが、昨年はそれが続いたので、今回も可能性は排除できない。

・・・

ということで、実際に視聴・観賞して試(み)る、となり、

その結果の自分の感想としては、「予想外に面白かった」、ということだったのだが、(既報)

投資判断上は、自分がどう思うかだけでなく、他の多くの人達がどう思うかでもあるので、← J.M.ケインズの「美人投票」

Yahoo!でのユーザーレビューを確認すると、評価はこうした分布にある(↓)。

(個々の意見ではなく、意見の集まりの様子に意味がある。)

ttps://movies.yahoo.co.jp/movie/GODZILLA+怪獣惑星/357979/review/
(Yahoo!映画ユーザーレビュー)

一瞥して、評価が割れていることが分かり、

しかも真っ二つなところが面白い(*^^*)

その理由を考える前に、

東宝株の評価という結論から申し述べると、

【答】 今回の「Gozilla怪獣惑星」は、同社株の支持要因とはなり得えない、

となります。

それは、評価の割れる「Gozilla怪獣惑星」が失敗作であったからではなく、ユーザーレビューで容易に確認できる通り、昨年の二つの作品の評価が極めて高いことによる相対的な落差となります。

ttps://movies.yahoo.co.jp/movie/シン・ゴジラ/354182/review/

ttps://movies.yahoo.co.jp/movie/君の名は。/355058/review/

蛇足ながら、

上記の二つの作品のレビューの分布を見ると、あれだけ評判が高くても、最低評価をつける人達が世の中には10%〜15%いて、

100%満足させられるものなどあり得ない、ということを確信します(笑

・・・

一区切りつけて、Godzilla怪獣惑星のレビューに戻って、評価が真っ二つに割れるのは何故か? と考えてみると、

単純にそれが駄作だからとはならない。所謂、駄作の場合、レビューの分布形状は「ピラミッド型」になるため。例えば、最近のアニメSF映画ではこういう型に見られるように(↓)。

ttps://movies.yahoo.co.jp/movie/交響詩篇エウレカセブン+ハイエボリューション1/360093/review/

推測するに、

事前の期待値が高くなってしまう、というのがあるでしょう。

昨年の「シン・ゴジラ」との比較がどうしても働いてしまうし、

作品にGodzillaを冠していて東宝からのオーソライズを得ている以上、「シン・ゴジラ」以降の最初に作品として、相応しいか? という視点が加わってくるから。

そしてそれだけではなく、

ゴジラ単独ではなく、複数のUMA(怪獣)が登場するという設定が不利な要因に働いてくる。

平たく言えば、昭和ゴジラも平成ゴジラも辿ってしまったゴジラシリーズとしての「子供向け」路線への傾斜への危惧。

典型的に、モスラが出てくると、収拾がつかなくなり、ファンタジー化してしまう(>_<)

逆に言えば、今回のGodzilla怪獣惑星は、ゴジラシリーズの「鬼門」にいきなり挑戦してきているので、

来年5月の次回作で作品の評価が決まる、と観ています。

個人的には、ゴジラシリーズの多くの他の作品群をリセットしてリブートする役割を本作品に位置付けとして期待しています。

平成ゴジラにせよシン・ゴジラにせよ、「子供向け」でぐだぐだになったものを、初代への回帰でリセットしてきたけれど、

初代への回帰だけを毎回続けられるはずもなく、(四半世紀に一回のペースで回帰してきたが)

むしろ、その途中でぐだぐだになっているもの全体をなんとかする「サルベージ」が今回のトライアルになると観ています。

忌憚なく言ってしまうと、

(社会的・文化的に) 平和憲法下でのゴジラシリーズで繰り返されてきた似非平和主義によるぐだぐだの破壊です(笑

ーーーーーーーーーーーー

【13383】GODZIRA 怪獣惑星 観てきました
[NEW]  tomyk  - 17/11/23(木) 6:20 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん
▼退役軍人さん

おはようございます。
昨日レイトショーで観てきました。

去年の東宝作品と比較されてますが、今回のGODZIRA怪獣惑星が全三部作であるということと、脚本が魔法少女マギカまどかの虚淵玄であると言う点で予想すれば、王道の怪獣SFであるということ。
宇宙人、ゴジラ以外の怪獣(キングギドラも出るそうです)自作に出ると予想されるメカゴジラ。
王道です。

逆に昨年の大ヒット作シンゴジラは?
怪獣映画としてはかなりの異端であると。
監督、庵野氏のゴジラと特撮の愛とオマージュ、そして徹底的な実際にあるもののリアリティと一切の無駄を省いた編集。
異端です(列車がゴジラに一矢報いる時点で異端)。

やはり去年が凄すぎた。
君の名はもDVDで視聴しましたが、凄すぎてもう。
新海監督の囲い込みに失敗した日テレはダメージが大きいでしょうね。

昨年との比較は質の面ではねぇ。

GODZIRA三部作でどこまでやれるか?
一応追いかけますが、つくづく去年が凄すぎたの一言です。

ガールズ&パンツァーも劇場7部作で完結編をやります。
いわゆるヤマト2199と同じですね。
こちらは一昨年の劇場版で既に固定客としてのガルパンおじさんが確保されてます。
株価としては、公開日の前後で仕手を仕掛けるのもいいかもしれません。
失敗したと思われたテレビアニメが再放送・再編集で息を吹き返した稀有な例です(初代ガンダムに近い)。

バンダイビジュアルがバックについたので、資金もクリアしています。

今後のアニメは流れが今までと変わるか?
作画スタッフの賃金も問題になっており、クオリティ確保に資金を出す側がそれを改善できるのかも焦点です。

あと今年ナンバー1アニメ、けものフレンズの続編も気になるところです。

【13384】Re:GODZIRA 怪獣惑星 観てきました
[NEW]  かっくるなかしま  - 17/11/23(木) 11:21 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
cc▼退役軍人さん

おはようございます。

>おはようございます。
>昨日レイトショーで観てきました。

(*^^*)

>去年の東宝作品と比較されてますが、今回のGODZIRA怪獣惑星が全三部作であるということと、脚本が魔法少女マギカまどかの虚淵玄であると言う点で予想すれば、王道の怪獣SFであるということ。

自分も最初は比較してしまって、さすがにハードルが高いと思っていましたが、見終わって、比較の対象は、初代やシン・ではなくて、その他のゴジラシリーズというところに落着しました。

>宇宙人、ゴジラ以外の怪獣(キングギドラも出るそうです)自作に出ると予想されるメカゴジラ。
>王道です。

キングギドラですか(*_*)

ラストのあのデカイのを見てしまうと、次回作では2万年前に出てこなかったものの出番ですよね。キングギドラは相応しい。モスラも(*^^*)

>逆に昨年の大ヒット作シンゴジラは?
>怪獣映画としてはかなりの異端であると。
>監督、庵野氏のゴジラと特撮の愛とオマージュ、そして徹底的な実際にあるもののリアリティと一切の無駄を省いた編集。
>異端です(列車がゴジラに一矢報いる時点で異端)。

全くです。女子供が出ないし、出てきた女はみんなどこか変だし(笑

>やはり去年が凄すぎた。
>君の名はもDVDで視聴しましたが、凄すぎてもう。
>新海監督の囲い込みに失敗した日テレはダメージが大きいでしょうね。
>昨年との比較は質の面ではねぇ。

そこは仕方ないっす。

>GODZIRA三部作でどこまでやれるか?
>一応追いかけますが、つくづく去年が凄すぎたの一言です。

今回の新作への期待値としては、複数のUMA(怪獣)が出てくるその他の数多のゴジラシリーズの中での「新機軸」にあります(^-^ゞ

・・・

>ガールズ&パンツァーも劇場7部作で完結編をやります。

地元の大洗港が聖地のようっす(*^^*)

ttp://w
ww.ibarakiguide.jp/seasons/girls_und_panzer.html
(観光いばらき、人気アニメ「ガールズ&パンツァー」の街・大洗をたのしもう♪)

>いわゆるヤマト2199と同じですね。
>こちらは一昨年の劇場版で既に固定客としてのガルパンおじさんが確保されてます。

ガルパンおじさん(≧∇≦)b

>株価としては、公開日の前後で仕手を仕掛けるのもいいかもしれません。
>失敗したと思われたテレビアニメが再放送・再編集で息を吹き返した稀有な例です(初代ガンダムに近い)。

ヤマトもガンダムもエヴァも最初の放送ではパッとしていませんでしたよね。

>バンダイビジュアルがバックについたので、資金もクリアしています。
>今後のアニメは流れが今までと変わるか?
>作画スタッフの賃金も問題になっており、クオリティ確保に資金を出す側がそれを改善できるのかも焦点です。

制作の水平分業の体制作りがとても重要そう。

>あと今年ナンバー1アニメ、けものフレンズの続編も気になるところです。

今年の一番は「けものフレンズ」でしたか、気がつかなかった(>_<)

NHKの「ねこねこ日本史」とか好きなんですが、ねこねこ日本史は世の中的に評価が今一つなんでしょうか(^^;;

ではまた(^-^ゞ

ーーーーーーーーーーーー

【13385】社会の本質
[NEW]  退役軍人  - 17/11/23(木) 19:36 -

引用なし
パスワード
   米空軍第十基地航空団司令官の訓話

我々の社会の基本に通底すると思うのでご紹介します。

h
ttps://w
ww.youtube.com/watch?v=XtyCvA8eN18

本気でかつ怒りを隠さない訓示。

まぁ、見て頂ければお解りになると思います。

軍服を着ている人の発言との色をつけて否定する人がいるのだろうか。

・ツリー全体表示

【13350】安全保障を語るスレッド・その20
 かっくるなかしま  - 17/11/4(土) 12:20 -

引用なし
パスワード
   ▼皆様:

前スレッドが満杯になりましたので、

後続スレッドを立てます。

宜しくお願いします。

・・・

前スレッドはこちら(↓)。

ttp://roujintou.com/c-board33/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=13051;id=
(【13051】安全保障を語るスレッド・その19)

ーーーーーーーーーーーー

【13363】防衛産業各社衝撃? 米兵器購入発言、波...
 かっくるなかしま  - 17/11/8(水) 17:52 -

引用なし
パスワード
   粛々と参りましょう、

表題は朝日から(↓)。
ttp://w
ww.asahi.com/sp/articles/ASKC75GY0KC7UTIL04G.html
(朝日、「防衛産業各社衝撃、米兵器購入発言、波紋広がる」、2017/11/07/21:19)
>> 「日本が膨大な兵器を買うことが重要」「米国からさらに購入していく」。日米首脳共同会見から一夜明けた7日、兵器売買に前のめりなトランプ米大統領と安倍晋三首相の発言に波紋が広がった。「既定路線」との受け止めがある一方、米国追従とも言える首相の姿勢への批判も出ている。

ほぼ同様に毎日(↓)。
ttps://mainichi.jp/articles/20171108/ddm/002/010/057000c
(毎日、「トランプ米大統領、防衛装備購入要求に波紋 政府、増加見込めず」、2017/11/08)

《コメント》
・ まず、おカネで解決できることとできないことがあるが、おカネで解決できることはおカネで解決すればいい。

・ 装備について言えば、自前で賄えるものと賄えないものがあって、必要なのに自前で賄えなくて、しかも入手できないという事態が最悪であって、つまり、トランプ大統領が売らないというのが最悪であって、買え(つまり売る)という分にはなんら問題はない( ̄▽ ̄)b (必要かどうか)

・ 本邦の防衛産業に衝撃@朝日というのは、予算が一定だと一方の増額が他方の減額になるからであって、であるなら、予算を「増額」すればいい。

・ 防衛予算を増額すれば済むことであれば、増額すればいいだけ( ̄▽ ̄)b だいたいからして、GDP比1%で固定されているのが単純に変なだけ。

>> 菅義偉官房長官は7日の記者会見で「自衛隊の装備品は防衛計画の大綱や(5年ごとに大枠の予算と購入品を定める)中期防衛力整備計画(中期防)に基づき、米国製を含めて計画的に取得している」と述べ、現行計画にない装備品の追加購入に慎重な姿勢を示した。

・ 北朝鮮の核開発と弾道ミサイル開発が、中期防での想定通りなら、特に予算の変更を要しないが、想定通りなのだろうか? (若干、想定を超えてきているはず)

・ 攻守の能力を自前で賄おうとすれば、不可能でなくともおカネと時間がかかる。防衛予算を3倍にして25年かけると累計で+250兆円の支出増?

・極端な話として、年間で+8兆円の対米黒字を兵器購入で帳消しにするのは現実的か? いくら調達するにせよ、比較において微々たるものであるし、必要なものが入手できることになんら問題はないでしょう。中国と北朝鮮と韓国が反対するにせよ。

ーーーーーーーーーーーー

【13365】トランプ氏、強硬姿勢崩さず、対北朝鮮、...
 かっくるなかしま  - 17/11/9(木) 1:24 -

引用なし
パスワード
   歴史的に画期となる米中首脳会談であるから、

気合いが入ってしまう(*´∀`)

トランプ大統領の韓国国会演説の、

日経によるまとめ(↓)。

ttps://r.nikkei.com/article/DGXMZO23254870Y7A101C1FF2000
(日経、「トランプ氏、強硬姿勢崩さず、対北朝鮮、中国を意識、韓国演説」、2017/11/08/19:09)
>> トランプ米大統領は8日の韓国国会での演説で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への圧力を最大限に高めるよう国際社会の結束を訴えた。軍事行動に結びつく直接的な表現は避けながらも、金正恩政権を刺激する言葉をちりばめたトランプ氏。

北朝鮮に対するメッセージは表現が苛烈。

韓国の高官はいったいどう受け止めたことだろう。

>> その強硬姿勢には9日の米中首脳会談を控え、中国に行動を迫る狙いもある。

それは明白でしょう。

空母3隻と海自による合同訓練の開始も、北朝鮮への牽制だけが狙いとは全く思えません。

・・・

ttps://w
ww.zakzak.co.jp/soc/amp/171108/soc1711080015-a.html
(Zakzak、「トランプ氏、韓国にブチ切れ、「文大統領に現実を教えることになる」、北支援、中国すり寄り…訪韓は通告だけ」、2017/11/08)

実際に、韓国国会で苛烈な北朝鮮批判をやってのけたし、米韓首脳会談の高々10分間が示す通りでしょう。

>> 「日本訪問は朝鮮半島有事を踏まえた『友好・同盟の確認』、中国訪問は『交渉』だが、韓国訪問は『教育・啓蒙』だ。自国の置かれた立場を全く理解していない文大統領や政権幹部に現実を教えることになる」

全く。

中国訪問は歴史的に画期な交渉のスタート。

日米首脳会談は、同盟の確認のメッセージ、

韓国国会演説は、米国の意志表明であるが、苛烈な北朝鮮批判は、北朝鮮を擁護する韓国の高官に対しては、有無を言わせずの教育的指導となるのかもしれない。

・・・

ttps://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20171108-00077896/
(Yahoo!、遠藤誉、「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?」、2017/11/08/10:44)

まあ、中国もしくは北朝鮮の意向に沿っての分断工作の線でしょう。

米国が仲介して2015年に終息させているのだから米国が蒸し返す必然性がない。日韓関係が悪化すると、後方支援を在日米軍に依存する在韓米軍にとって潜在的な不利益となるのだから、今、このタイミングで蒸し返す合理性も全くない。

韓国国会演説でトランプ大統領が完全スルーして終わり。

・・・

ttp://w
ww.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/11/post-8866_1.php
(Newsweek、「日本はトランプをよく手なずけた、中国に勝算はあるのか?」、2017/11/08/19:30)

手なずけたというより、安倍政権がやるべきことをやってきたのと、オバマ政権下での外交的な空白を結果的に埋めてきたので、実績による信頼を得ているということでしょう。

やるべきことというのは、特定秘密保護法であり安全保障法制であり改正組織犯罪処罰法等の立法措置。

オバマ政権下での外交的な空白の穴埋めとは、対インド、対豪州、対ベトナム、対フィリピンとの緊密な関係構築。域外では対トルコ、対ロシアも同様。

もしこれらが全てなかったとしたら、米国はゼロから対中交渉の準備をしなければならなかったところ。

米国からすれば、対中交渉の重要な切り札が日本といったところでしょう。(かつてない。こういうことは。)

ーーーーーーーーーーーー

【13380】トランプ政権、北朝鮮をテロ支援国家に再...
 かっくるなかしま  - 17/11/21(火) 7:37 -

引用なし
パスワード
   表題副題はNHKのヘッドラインから(↓)。
ttp://w
ww3.nhk.or.jp/news/html/20171121/k10011230341000.html
(NHK、「トランプ政権、北朝鮮をテロ支援国家に再指定へ」、2017/11/21/01:56)

詳報は外電によるこれら(↓)。

ttps://w
ww.bloomberg.com/news/articles/2017-11-20/trump-says-u-s-to-label-north-korea-a-state-sponsor-of-terror
(Bloomberg、label a state sponser、 2017/11/2/3:49JST)

ttps://amp.cnn.com/cnn/2017/11/20/politics/president-donald-trump-north-korea-terrorism/index.html
(CNN、names a state sponser、2017/11/21/02:45PMEST)

・・・

このタイミングでの再指定は、トランプ大統領のアジア歴訪後の直近の中国による北朝鮮への勅使派遣(↓)と無関係ではあり得ないでしょう。

ttps://w
ww.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-15/OZG0C16K50XU01
(Bloomberg、「中国、北朝鮮に特使派遣へ、トランプ大統領が先週訪中したばかり」、2017/11/15)

ttps://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20171120-00078362/
(Yahoo!、遠藤誉、「北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか〜特使派遣の裏側」、2017/11/20)

上記の再指定の報道では、本日以降、来週にかけて逐次、追加的な制裁が課せられる見通しであるが、我が国との関連で言えば、6月に可決・成立、7月に施行された「改正組織犯罪処罰法」(↓)が相応に意味を持ってくるでしょう。

ttps://r.nikkei.com/article/DGXLASFS14H4D_U7A610C1M11000
(日経、「共謀罪を規定する条文全文」、2017/06/15/18:56)

ttps://w
ww.zakzak.co.jp/soc/amp/170728/soc1707280020-a.html
(Zakzak、「北メディア、共謀罪法施行を非難」、2017/07/28)

改正組織犯罪処罰法ーテロ準備罪、テロ支援国家再指定ー北朝鮮というそれぞれの関係が接続して、改めて、改正組織犯罪処罰法ーテロー北朝鮮という構図に。

高々数ヶ月前の出来事であるが、当時のメディアの報道では、改正組織犯罪処罰法の呼称を巡り、共謀罪かテロ準備罪かで二分されていたが、起きている事実(テロ支援国家再指定)を鑑みれば、テロ準備罪と呼称するのは故なきことではなかったと言えるし、私見では当初より安倍政権は、米国との意思疎通のもとで予見的(プロアクティブ)に行動していたと観ます

平たく言えば、北朝鮮関連の組織・団体は、改正組織犯罪処罰法のもとで、事前監視がより強化されるだろうし、高々10余年前まで、北朝鮮と親密な友好関係にあった一部の政党・政治団体も該当し得る。

また、改正組織犯罪処罰法の制定を目指した年央の「通常国会」を振り返れば、受託収賄での立件が全く視野に入らないにも関わらず、森友・加計騒動で国会が空転し、一部の野党と一部のメディアが倒閣運動に傾斜した動機も、強く推し量れるところとなるでしょう。

ーーーーーーーーーーーー

【13382】米国、対北朝鮮で追加制裁14団体・個人な...
 かっくるなかしま  - 17/11/22(水) 13:24 -

引用なし
パスワード
   表題は日経のこちらから(↓)であるが、

外電(FT、CNN、Foxなど)で確認すると、テロ支援国家再指定後の米国財務省による追加制裁の第一段は、実質的には中国に対する追加措置となっている。

ttps://r.nikkei.com/article/DGXMZO23783270S7A121C1000000
(日経、「米、対北朝鮮で追加制裁14団体・個人など対象に」、2017/11/22/04:47)

>> 米財務省は21日、北朝鮮への追加制裁として1個人と13団体、20の北朝鮮の船舶を新たに対象に加えたと発表した。中国の貿易会社などが含まれる。米国内の資産が凍結されるほか、米国人との取引ができなくなる。

外電では例えばFTによるこちら(↓)。
ttps://w
ww.google.co.jp/amp/s/amp.ft.com/content/1008ec2a-cee6-11e7-9dbb-291a884dd8c6
(FT、US hits Chinese firms as it boosts North Korea sanctions)

>> The Treasury on Tuesday unveiled sanctions on one Chinese individual, 13 entities that included four Chinese trading companies, and 20 shipping vessels that it says are helping North Korea evade UN sanctions.

・・・

今回のテロ支援国家への再指定の「効果」という点では、これまでに独自の経済制裁を重ねてきているため経済的なものよりむしろ、第一にシンボリックな政治的メッセージとして、第二に第三国へのプレッシャーにあると言えるでしょう。

追加制裁の「余地」という点では、これまでに主要国および国連での追加制裁を重ねてきているため、その余地は小さい。 しかし同時に、米国にせよ中国にせよ、決定的に北朝鮮を追い込むことを避けてきた。つまり、余地に乏しいが、残されている措置は北朝鮮にとって痛打となるものと言えるでしょう。

退路を完全に断ってしまうという意味での最終的なそれは、1) 米国による金融制裁での金氏一族の「資産凍結」、2)中国による経済制裁での石油・原燃料の「全面禁輸」、の二つ。

米国による制裁措置は、来週にかけて逐次、追加されてゆく予定にあるが、時間をかけて小出しにしているのは、北朝鮮及び、中国・ロシアなど第三国の反応を見ながらということであり、(外交交渉期間) それでも北朝鮮からの交渉再開/妥協のレスポンスに乏しい、或いは逆に弾道ミサイルの試射(ICBMまたはSLBM)の形で対決の様相を強める場合、制裁は最終的なものへと収斂してゆくのでしょう。

テロ支援国家の再指定以降の制裁措置は、これまで温存してきた切り札を切ってくるということなので、相対的に交渉のテーブルに残ってくるのは軍事オプションとなり、いよいよの警戒水域に入ってきたと思われる。言い換えれば、向こう1〜2週間が交渉による非軍事的な問題解決の最大の機会/最後の機会(?)となるでしょう。

ーーーーーーーーーーー

・ツリー全体表示

【12977】金融・経済ウォッチスレ《その8》
 かっくるなかしま  - 16/12/7(水) 8:58 -

引用なし
パスワード
   前スレッドが一杯になりましたので、後継スレッドを立てます。

前スレッドはこちら(↓)。
ttp://roujintou.com/c-board33/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=12529;id=
(【12529】金融・経済ウォッチスレ・その7)

宜しくお願いします。

--------

【13366】トランプ氏、対北朝鮮で中国に圧力強化要...
 かっくるなかしま  - 17/11/9(木) 12:19 -

引用なし
パスワード
   表題は日経から。

どういう声明が出てくるにせよ、

歴史的に画期となると観ているので楽しみ(*´∀`)

ttps://r.nikkei.com/article/DGXMZO2328005009112017MM0000
(日経、「トランプ氏、対北朝鮮で中国に圧力強化要求へ首脳会談」、2017/11/09/10:37)

・・・

主要メディアが挙げている焦点について、どのような解答が出てくるのか? また、予想外の展開になってくるのか? 事後の比較・検証のため、事前の主要なニュースフローを並べておくことにしましょう。

ttp://w
ww3.nhk.or.jp/news/html/20171109/k10011216681000.html
(NHK、「きょう米中首脳会談、北朝鮮対応を議論」、2017/11/09/04:40)

ttps://w
ww.jiji.com/sp/article?k=2017110900155&g=use
(時事通信、「米中首脳、北朝鮮対応など協議へ、経済「均衡回復」も議題に」、2017/11/09/05:10)

ttp://w
ww.sankei.com/smp/world/news/171109/wor1711090005-s1.html
(産経、「米中首脳会談の主要テーマになる4つの対立点〜トランプ氏訪中」、2017/11/09/00:15)

ttps://r.nikkei.com/article/DGKKZO2324099008112017FF1000
(日経、「米中、会談控えけん制、貿易不均衡是正などで」、2017/11/09/02:30)

続報を待つとしましょう。

ーーーーーーーーーーーー

【13367】北朝鮮包囲網、残る濃淡、中国対話を堅持...
 かっくるなかしま  - 17/11/10(金) 12:26 -

引用なし
パスワード
   とても楽しみにしていたのだけれど、> 米中首脳会談

共同会見は、全体として玉虫色で、(場所柄、仕方ないか) 米中首脳のそれぞれの言い分の併記に近く、

北朝鮮への処遇は、足並みを揃えつつも温度差が見られ、

印象としては、当面、経済制裁の効果を測るという展開と観ておきましょう。(干魃の影響と制裁の効果が現れる時間帯に入っているし。)

両国の一致点と差異について、よく纏まっているのが表題でのこちら(↓)。

ttps://r.nikkei.com/article/DGXMZO2333088010112017EA2000
(日経、「北朝鮮包囲網、残る濃淡中国「対話」を堅持」、2017/11/10/0:30)

・・・

次の訪問先のベトナムでは、

「米露首脳会談」が予定されており、

米国の内政事情によりそれが凍結されてきただけに注目されるところであるし、

同時に、米中関係は中露関係に反映されるので、

(例えば、米中が接近すると緊密だった中露関係に隙間が生じる)

水面下ではともかく公式的には玉虫色だった米中首脳会談の実態を、

米露首脳会談を通じて推し量れるとなる。

(例えば、仮に水面下で米中が握ったとロシアが判断すれば、北朝鮮で無駄に抵抗せずに、シリアで米国の譲歩を引き出すという取引に)

ベトナムでは米露首脳会談とともに、「日露首脳会談」も予定されており、そちらにもおおいに注目、としておきましょう。

なぜならば、安倍首相とプーチン大統領は、9月初旬にウラジオストクで首脳会談を行っているが、

その時点で安倍首相は政治的にレームダック化の危機に曝されていて、

重要なことが決められない状況(≒ロシア側が真剣に我が国を相手にしない状況)にあったから。

先の総選挙圧勝と日米同盟再確認で足場を固めた上での仕切り直しの日露首脳会談となるので、昨年12月以降、3度目ながら、おおいに注目の両首脳会談と観ておきましょう。

ーーーーーーーーーーーー

以下は、米中首脳会談に関しての記録。

◆ 米中首脳共同会見のサマリー(↓)。

ttps://mainichi.jp/articles/20171110/k00/00m/030/155000c.amp
(毎日、「米中首脳の発言(要旨)」、2017/11/09/23:50)

ttps://w
ww.jiji.com/sp/article?k=2017110900989&g=use
(時事通信、「米中首脳の記者会見要旨」、2017/11/09/19:23)

・・・

◆ 欧米メディアの反応(↓)。概ね、トランプ大統領に対して辛口(^^;

ニュヨークタイムズ(↓)。
ttps://mobile.nytimes.com/2017/11/08/opinion/trump-china-xi-jinping.html
(New York Times、Trump Is Ceding Global Leadership to China)

ワシントンポスト(↓)。
ttps://w
ww.washingtonpost.com/amphtml/news/post-politics/wp/2017/11/08/in-beijing-trump-lavishes-praise-on-chinese-leader-touts-great-chemistry-between-them/
(Washington Post,、In Beijing, Trump declines to hit President Xi

CNN(↓)。
ttps://amp.cnn.com/cnn/2017/11/08/politics/donald-trump-xi-jinping-statement/index.html
(CNN、Trump blames US for trade gap with China)

BBC(↓)。
ttps://w
ww.bbc.co.uk/news/amp/world-asia-china-41924228
(BBC、Trump China visit: US leader strikes warmer tone with Xi Jinping)

Bloomberg(↓)。
ttps://w
ww.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-09/OZ4ZRT6JTSEB01
(Bloomberg、「トランプ大統領の訪中で見込まれる28兆円の商談、巨額だが中身伴わず」、2017/11/09/15:46JST)

ーーーーーーーーーーーー

【13369】トランプ米大統領、ベトナムに到着、APE...
 かっくるなかしま  - 17/11/10(金) 17:06 -

引用なし
パスワード
   表題副題は以下のロイターから(↓)。

ttps://jp.reuters.com/article/trump-asia-vietnam-arrival-idJPL3N1NG2QX?il=0
(ロイター、「トランプ米大統領、ベトナムに到着 APEC首脳会議出席へ」、2017/11/10 /15:34)

明日に予定されている米越首脳会談では、

ベトナムは、南シナ海を俯瞰する地政学的に極めて重要な位置取りにあり、消費経済が離陸する直前のフェーズにもあるため、

米越両国は名実ともに極めて良好な関係を相互に確認することが確実と見られるが、

同時に、

本日のAPEC首脳会議では、トランプ大統領がその《新アジア政策》を提示する予定にあるため、

併せて注目に値すると言えるでしょう。

ttp://w
ww3.nhk.or.jp/news/html/20171110/k10011218491000.html
(NHK、「トランプ大統領、ベトナムへ、アジア政策の演説も」、2017/11/10/10:35)
>> 演説についてホワイトハウスは「自由で開かれたインド・太平洋地域の構想と、アメリカの繁栄と安全のためこの地域が果たす重要な役割について強調する内容となる」と説明しています。

狭く我が国の外交という範疇で見た場合、

「自由で開かれたインド・太平洋地域」という構想は、トランプ政権の発足以前から進めてきた基本政策であり、周辺/関係諸国と緊密な関係を独自に築いてきたこともあり(インド、ベトナム、フィリピン、豪州等)、

「対中国」での動的均衡を図る上で、米国による新アジア政策の提示は、とても重要な指針となるでしょう。

(力の均衡による対立の緩和、冒険的機会主義の排除)

米中共同会見は玉虫色で、画竜点睛を欠くの感があったが、(私見)

トランプ大統領の歴訪の入り口(日米)と出口(米越)では、発せられるメッセージがよりクリアとなり、

トータルとして歴訪の意味が確定するとなるでしょう。

・・・

ttp://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51575?page=5
(JBpress、「ついにベトナム戦争を“追体験”できるトランプ〜米国のTPP離脱も意に介さず着実な成長を続けるベトナムの強か外交」、2017/11/10)

《コメント》
・ ベトナムは、おそらくは1960年代〜70年代にかけての我が国と同様の、地理的・社会的に均整の取れた高度経済成長を辿るでしょう。(人的リソースの資質の高さと前述の地政学的優位性によって。)

・ 米国がマクロ経済的に国家として金融業を営む構造にある以上、資本収支を稼ぎ出す成長セクターが必要であり、適合するのはASEANを中心とする東西の回廊となる。(人口動態と治安要因により、中東・アフリカ・中南米の投資リスクが上昇)

・ 東京で五輪を開催するには相応の理由があると観てよいでしょう。時差の少ないそれら途上国群での消費経済への離陸/移行期という観点で。

ーーーーーーーーーーーー

【13379】どうなるBitcoin〜金融当局の認識は、Fi...
 かっくるなかしま  - 17/11/20(月) 16:40 -

引用なし
パスワード
   都内某所にて、ブロック・チェーンの共同研究シンポジウムに参加する機会を得たので、

また、内容的にも、金融当局の参加を交えつつ、包括的・体系的で興味深いものがあったので、その概況をお伝えしておきましょう。

結論は表題、

どうなるBitcoin、

金融当局の認識は、Fintech≒ブロック・チエーンの様相。

そのココロは、

投機ブームに沸いている仮想通貨(Bitcoinなど)ですが、

あまり眼中にないようです(*´∀`)

(中央銀行の通貨に取って替わるとは見られていない)

(ということは、仮想通貨ブームがそうした期待に支えられている、或いはそうした期待に煽られているとすれば、剥落するということです。)

・・・

共同研究シンポジウムの趣旨は、基盤技術(インフラ)としての「ブロック・チェーン」に専らフォーカスして、その「制度的課題」を検討する/展望する、というもの。

法学・商学・経済学・工学が交錯しつつも、制度設計になるので、金融当局による「政策立案」の《前提》を知る、

従って、IMFやBISがどう考えているのか? (彼らは報告書で何を言っているのか?) ということが起点となっている。

・・・

【問】 IMFやBISは、どう考えているのか?

【答】 (それについては日経等、報道ではいろいろ伝えられているが、シンポジウム及び当局の見解として) 1) そもそも国際報告(IMFやBISによる)の動機は、マネー・ロンダリングや経済制裁にある、2) 今のところ仮想通貨のブームについてはその影響は軽微と観ていて、むしろ、「ブロック・チェーン」が広範に使用される場合の影響に主たる関心を持っている、3) 巷でのFintechについては、(ニアリイ)イコールブロック・チェーン(分散型基本台帳)であると(金融当局は)認識しつつ、その「適用領域」は、大口の金融決済手段(大口CBCC)と限定し、小口CBCCは実現困難、としている。(注記:CBCC=中央銀行仮想通貨)

《補足》
・ 法学の観点では、「公法」(規制)の将来像となる。興味深いのは、法学の領域で関心事となっているのは、「執行管轄権の域外適用」にあるというところ。(国家主権は仮想空間にどこまで及ぶか?である) IMF/BISの調査の初期の動機が、マネー・ロンダリングや経済制裁にあったことと重なり合う。

・ 中央銀行は小口CBCCに懐疑的であるが、より広く経済学的観点では、仮想通貨は決済手段の一部を代替し得ても、与信(信用創造)はそれ自体では担えない、となる。(信用とは情報であるから、当たり前と言えば当たり前である)

・ 但し、同じく経済学的観点では、通貨に付随する情報が、必ずしも銀行の独占とはならなくなる。ビッグデータで購買行動を熟知する大手流通業者のポテンシャルがそれ。従って、IMF/BISは、金融業は不滅であっても、今の金融業の事業モデル(高コストの決済に収益を依存)をコーシャス/懐疑的に観ている。

ーーーーーーーーーーーー

《補足の補足》
・ 参加しているのは、金融当局を含む産学官。

・ ゲート式量子コンピュータによる暗号解読というセキュリティの要素も関連するので、産業技術総合研究所の技術者も参加していたが、結論はしばらく破れない。ぶっちゃけ、もし破られていても知る由がない、と。

・ ゲーム理論の経済学者が面白い指摘をしていて、Bitcoinの供給のモチベーションは採掘(マイニング)による利得あるが、採掘が装置産業化していて、寡占化による市場機能の阻害にぶつかりつつあるが、(阻害=多数の事後の相互承認という機能が低下すること)、寡占化を修正しようとすると、モチベーションが損なわれるというジレンマに陥るというところ。

ーーーーーーーーーーーー

・ツリー全体表示

【13320】お笑いニッポン! 緑のタヌキ騒動
 阿怪  - 17/10/25(水) 9:34 -

引用なし
パスワード
   週刊新潮が報じる希望の党新人候補たちの選挙活動中のバカぶり、お粗末ぶり、
イカレぶり、異常さが話題である。

お一人頭、ないやかやでトータル一千万ちかい出費を強要され、党首との写真撮影まで3万をぶん取られた泡沫候補たちは選挙でどう戦ったかというと、「死者累々」と新潮は表現しているが、それも爆笑なしには済まされない死者たちなのだ。

ある候補者は仕事の代役が来てくれなかったので選挙期間中ずっと本業の仕事をしていたとか、
ある候補はじぶんの選挙区を知らず他人の選挙区に事務所を開いたり、ある候補はビジネスホテルを選挙事務所にしたが、
ポスターが山のようにうまって居場所がなくなり、地元の対立候補に預かってくれるよう頼みに行ったとか
もう、むちゃくちゃで、それというのも、どの候補もあれだけ金をふんだくっておきながら希望の党からはいっさい支援も相談する部署もなく、
本部と連絡すらとれず! 来たのはたった一通のメールだけだっとか。

落ちた150名ほどの新人たちはちょっと信じられない選挙戦を強いられたわけで、かれらからは、
「おれおれ詐欺に遭った」「豊田商事だ!」という非難が発せられているらしいが、非難される相手もひどいが、するほうもひどい。笑
どっちもクソだとおもう。

しかし、これがいまの日本の姿なのだから呆れてものもいえない。
これじゃ中韓両国から舐められて当然だろう。

【13321】Re:お笑いニッポン! 緑のタヌキ騒動
 かっくるなかしま  - 17/10/25(水) 12:51 -

引用なし
パスワード
   ▼阿怪さん:

こんにちは。

笑える(≧∇≦)b

・・・

>週刊新潮が報じる希望の党新人候補たちの選挙活動中のバカぶり、お粗末ぶり、
>イカレぶり、異常さが話題である。
>お一人頭、ないやかやでトータル一千万ちかい出費を強要され、党首との写真撮影まで3万をぶん取られた泡沫候補たちは選挙でどう戦ったかというと、「死者累々」と新潮は表現しているが、それも爆笑なしには済まされない死者たちなのだ。

>ある候補者は仕事の代役が来てくれなかったので選挙期間中ずっと本業の仕事をしていたとか、

どひゃ〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ

>ある候補はじぶんの選挙区を知らず他人の選挙区に事務所を開いたり、

どひゃ〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ

>ある候補はビジネスホテルを選挙事務所にしたが、
>ポスターが山のようにうまって居場所がなくなり、地元の対立候補に預かってくれるよう頼みに行ったとか

どひゃ〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ

>もう、むちゃくちゃで、それというのも、どの候補もあれだけ金をふんだくっておきながら希望の党からはいっさい支援も相談する部署もなく、
>本部と連絡すらとれず! 来たのはたった一通のメールだけだっとか。

(ノ゚ο゚)ノうわっ

235人立候補して185人落選したので、

一人当たりの選挙費用は約▲2000万円なので、

185人x▲0.2億円/人=▲37億円。

民進党からの移籍組に対して一人当たり約+1000万円の支度金が出ているとして、約100人で+10億円。

希望の党の落選者トータルで▲20億円くらいの借金を背負う感じです。

記憶では旧みんなの党▲10億円未満(8億円くらい)のおカネの工面がつかず解党していました。

235人の擁立は、民進党の正式な分党を経て政党助成金の分与なくしてあり得ず、

一人当たり分与額は約1億円なので、(概算140億円/衆参140人、公示前)

約50億円の分与の見合いで擁立(支出▲37億円)していたものと推測されます。

ところが、民進党が参院+無所属ベテランで存続すると、

そして、希望の党への合流構想がリセットされると、

分与の話は帳消し(チャラ)になるので、

希望の党は、財政的/金銭的に回らなくなるかも。

民進党は今回の選挙で候補者を立てていないので、

競合しなかったという理由で、民進党への復帰は可能です。

政党助成金の受給は年内に資格確定なので、

民進党の再結成は先の話としても、

旧民進勢力の政党別勢力図は年内に決まり、

希望の党がどうなるか?も高々2カ月で見えてくるとなります。

金欠で組織を欠いている希望の党は、アウトじゃないでしょうか(*_*)

>落ちた150名ほどの新人たちはちょっと信じられない選挙戦を強いられたわけで、かれらからは、
>「おれおれ詐欺に遭った」「豊田商事だ!」という非難が発せられているらしいが、非難される相手もひどいが、するほうもひどい。笑

(ノ゚ο゚)ノうわっ

>どっちもクソだとおもう。

(≧∇≦)b

>しかし、これがいまの日本の姿なのだから呆れてものもいえない。
>これじゃ中韓両国から舐められて当然だろう。

ではまた(^-^ゞ

ーーーーーーーーーーーー

【13326】その後の希望の党〜安保法の考え、民進と...
 かっくるなかしま  - 17/10/26(木) 16:33 -

引用なし
パスワード
   安保法の考え、

民進と変わらずと希望の党( ̄O ̄)

ttp://w
ww.fnn-news.com/sp/news/headlines/articles/CONN00374544.html
(FNN、「希望、安保法の考え、民進と変わらず」、2017/10/26/05:31)

>> 希望の党は、25日に開いた両院議員懇談会で、安全保障関連法について、「民進党の考え方と変わりはない」という認識を確認した。

選挙戦の中盤で、若狭氏や小池氏らが「モリカケガー」とやり始めて、彼らを改憲勢力と見なすことをやめて、

深夜の開票では、与党が議席総数の2/3に到達したことを確認して寝たが(笑、

案の定、

お粗末(≧∇≦)b

政党ロンダリングで旧民進党は焼け太ったな(-_-)

ーーーーーーーーーーーー

【13335】その後の希望の党(その2)〜帰結が「大民進...
 かっくるなかしま  - 17/10/28(土) 20:05 -

引用なし
パスワード
   表題副題は東洋経済のこちら(↓)から。

ttp://toyokeizai.net/articles/amp/195149?display=b
(東洋経済、泉宏、「希望の党、帰結が「大民進復活」では酷すぎる〜2人の「敗軍の将」の進退に際立つ後味の悪さ」、2017/10/28)

希望の党が、というより、伝える側の東洋経済の取り上げ方に合点がいかない(´・ω・`)

イントロの箇所(↓)。

>> 多くの国民が「結局、何も変わらなかった」と嘆息した衆院選の自民圧勝から5日たった27日、選挙の喧騒に代わって、敗北した野党陣営の"戦後処理"ともみえる離合集散騒ぎに永田町の耳目が集中した。

多くの国民は、何も変わらなかったことに、落胆したのだろうか? (´・ω・`)

変わることがいいことで、変わらないことがよくないことであるかのような捉え方は、

報道の入り口からして「バイアス」(予断、偏見)がかかっている。

控え目に観て、多くの国民が変わらないことを選択したということが、厳然たる事実であるはずだ。

・・・

次に、記事の最後の箇所(↓)。

>> 首相が国政選挙5連勝で自民党総裁3選を果たした場合、「最大の貢献者は小池、前原両氏」(首相経験者)というブラックユーモアとなるのでは、小選挙区や比例選で希望に投票した有権者はまったく浮かばれないことになる。

最大の貢献者は小池、前原両氏というのは、単なる事実。

首相が総裁3選を果たすかどうかは、自民党内で決まることであって、希望の党への投票者とは、全くの無関係(-_-)

記事のヘッドラインにあるように、

希望の党、帰結が「大民進復活」では酷すぎるか? と言えば、

大民進復活で落胆するとすればそれは、

希望の党への投票者ではなくて、立憲民主党への投票者でしょう、

何故なら、希望の党に投票したのと同じことになるのだから(-_-)

ーーーーーーーーーーーー

【13373】その後の希望の党(その3)〜小池百合子知...
 かっくるなかしま  - 17/11/14(火) 20:04 -

引用なし
パスワード
   世論同様、

都政に専念すべきであるとは思うが、

小池氏の場合、汚れ仕事ができない/しない、と観てしまっているから、

都政に時間的に専念しつつ、共同代表は継続で、

立ち上げてしまった希望の党にも、最後まで責任を負うかどうかが、

評価上のポイントであったかに思う。

ttp://w
ww.huffingtonpost.jp/2017/11/14/koike-kibou_a_23276364/
(ハフィントン、「小池百合子知事、希望の党代表の辞任を表明、何を語った?(発言詳報)」、2017/11/14/17:27)

小池氏が何を言っているかに興味が湧かない。

たやすく投げてしまえば、

都政に専念しようとも上手くいかなければ、

たやすく投げ出すのだろうと思う(´・ω・`)

ーーーーーーーーーーー

・ツリー全体表示

【13358】セールスマン、トランプ一家と日本人の醜...
 阿怪  - 17/11/8(水) 5:25 -

引用なし
パスワード
   まずは今朝の報道記事から。

【韓国政府が、7日夜の晩さん会に、いわゆる元従軍慰安婦を招待したことなどについて、政府は、外交ルートを通じて、抗議したことを明らかにした。菅官房長官は、日韓両政府が国際社会の場で、慰安婦問題をめぐり、非難し合うのを控えることを申し合わせた、2015年の日韓合意に反するとの立場を示した。】(yahooニュース)

ところが!トランプは韓国の公式晩餐会で文とともに元「慰安婦」を出迎え、抱きしめたのだ。笑

いやはや、欧米各国では日本の「慰安婦」問題についての立場にやっと一定の理解を得てきたというのに、トランプによって日本の慰安婦に対する立場は一顧だにせず踏みにじられてしまった。とうぜんこのことは最初からわかっていなければならない。
公式晩餐会に元慰安婦を招待することはじつは米国務省の戦略なのだ。招待客は米韓両国の事前の承認が必要な事項なのだから。そこでトランプが元慰安婦を抱きしめることも韓国民の歓心を得るために決まっていた演出とかんがえられる。もちろん日本のような属国の立場などトランプ政権は屁ともおもっていない。すべては武器を売るためのセールステクニックなのだ。以下のニュースがそれを如実に示している。

韓国、「数十億ドル」規模の米国製兵器を購入へ 米大統領が明かす。(yahooニュース)

さらにはこの公式晩餐会でわざわざ不法占拠している竹島でとれたエビを大統領に出したという。笑
もはや北朝鮮どころではない。韓国は、あきらかに北朝鮮以上に敵対的であり、侮辱的であるといえる。もっとも韓国や北朝鮮のような小国を相手に大国日本がいちいちめくじらを立てることもないのだが、米国が日本をじつは屁とも思っていないし、日本の立場などいつでも踏みにじる国であることはよく覚えておいたほうがいい。イヴァンカだのメラニアなどと浮かれている国民はそのうち痛い目にあうだろう。

・ツリー全体表示

【13051】安全保障を語るスレッド・その19
 退役軍人  - 17/2/11(土) 21:30 -

引用なし
パスワード
   皆様

前スレッドが一杯になりましたので後継スレッドを立てます。


ひとつよしなに。

【13344】Re:米軍第7艦隊管轄海域、空母3隻態勢に...
 tomyk  - 17/11/3(金) 0:10 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん
▼かっくるなかしまさん

斬首作戦をせずにインフラの徹底破壊・・・
えっげつなぁ・・・
自分の想像をはるかに超えてました。

文大統領が一番嫌がるやつじゃないですかあ、やだー。

これって確実にアメリカ側の「敵」が大損害受ける作戦概要ですよねぇ。

北朝鮮が弾道弾発射準備を進めてる報道がありますが、「花火」なら無視して「こいつらはやはり危険だ!」とするだけ。
「ミサイル」ならトリガーを偉大なる若き指導者が引いてしまったことになり、中国もロシアもアメリカの提案で「分割統治」ですか。
韓国は金を毟られるだけ。
中露も重荷となるっと。

北朝鮮、積んでませんか?

【13346】Re:米軍第7艦隊管轄海域、空母3隻態勢に...
 かっくるなかしま  - 17/11/3(金) 1:00 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼退役軍人さん:

こんばんは。

>斬首作戦をせずにインフラの徹底破壊・・・
>えっげつなぁ・・・
>自分の想像をはるかに超えてました。

ヒット&アウェイ(;´∀`)

城攻めで言えば備中高松城の戦いか・・

国連決議の包囲網で兵糧(食料と資源エネルギー)を断っているから、復興できません(;´∀`)

>文大統領が一番嫌がるやつじゃないですかあ、やだー。
>これって確実にアメリカ側の「敵」が大損害受ける作戦概要ですよねぇ。

ロシアのGDPは高々イタリア程度だから、ちょっかいは出せても支えられない。韓国はグダグダやるとFTAでアウト。中国は協力しないと構造調整(貿易問題と民間非金融部門の債務問題)で手が回らなくなる。

アメリカ側の「敵」にとっては厳しい状況。実弾と、仮想実弾(貿易と通貨)の三段構え。痺れる(;´∀`)

>北朝鮮が弾道弾発射準備を進めてる報道がありますが、「花火」なら無視して「こいつらはやはり危険だ!」とするだけ。

迎撃するでしょうか(;´∀`)

>「ミサイル」ならトリガーを偉大なる若き指導者が引いてしまったことになり、中国もロシアもアメリカの提案で「分割統治」ですか。

全く。撃ったらアウト。新たに平壌ラインを引いて南側が米韓、北側が東西で中露、平壌は3分割でしょうか。

>韓国は金を毟られるだけ。

全く。

>中露も重荷となるっと。

全くっす。

>北朝鮮、詰んでませんか?

雪隠詰めでしょう。

我が国など眠れるなんとかもいいところで、普通にGDP比で防衛費を2〜3%にして、敵地攻撃能力を保有して、軽空母艦隊を編成して、内閣直下に情報機関を設置して、憲法を改正して・・普通に恫喝してみて欲しい(笑

では(^-^ゞ

ーーーーーーーーーーーー

【13348】Re:米軍第7艦隊管轄海域、空母3隻態勢に...
 tomyk  - 17/11/4(土) 7:53 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん
▼退役軍人さん
おはようございます。

今朝思い出しました。
経済封鎖後、社会インフラの徹底破壊。
これ、オレンジプランの最終段階じゃないですか。
制海権はアメリカの手中にありますし。
既に存在した戦略プラン。
なるほどなー。

【13349】トランプ大統領、「武士の国」日本が動く...
 かっくるなかしま  - 17/11/4(土) 12:05 -

引用なし
パスワード
   トランプ大統領、

「武士の国」日本が動く可能性を中国に警告ヽ( ̄▽ ̄)ノ

ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000034-jij_afp-int
(Yahoo!/時事通信/AFP、「トランプ氏、対北で「武士の国」、日本が動く可能性を中国に警告」、2017/11/03/21:34)

どういうことなのかよく分からないが(笑、

1) 米国が我が国を(政治的・軍事的・経済的に)押さえつけても優先順位付けとして意義に乏しい、

2) 米国が単独でヘゲモニー(ドル基軸)やプレゼンスを維持するには経済的リソースが足りない、

3) 戦後の日米関係は、封じ込め→協力→封じ込め→と変遷してきた、

4) 2016年は日米にとっての戦後史の節目となる年であった、

帰結として、

眠れる虎を野に解き放つ、

それでもいいのか? ということでしょう。

やっと普通の国からのスタートか(*´∀`)

ーーーーーーーーーーーー

・ツリー全体表示

【13343】米国による北朝鮮攻撃はあり得ない
 阿怪  - 17/11/2(木) 20:43 -

引用なし
パスワード
   たしか今年の4月ごろから、ネット上ではいま準強姦罪で騒がれている
山口敬之氏や元外務省主任分析官の何某らが、すぐにでも米朝戦争がはじまる
ようなことを書いていた。いや、かれら二人だけではないが。

しかし、今もって、まったく音沙汰なしである。緊張は高まるものの戦争の兆候は
皆無である。あたりまえだ。笑
常識で考えても米朝激突、まして米国による一方的なミサイル攻撃もしくは爆撃などありえない。

おそらくこの人たちの脳裏には2017年4月7日に米軍がシリアをミサイル攻撃したことが念頭にあるのだろう。
その伝で、北朝鮮もシリアのように圧倒的な量のミサイル攻撃をして破壊してしまえばいい。「戦争は一瞬で終わる」。とかいう人もいる。
バカいえといいたい。
わたしは軍事のシロウトだが、こんなたわけたことをぬかしている輩は、わたしより愚かな連中である。

北朝鮮はシリアとは国家の構造がまるで違う。
自国で自前の自動車(ピョンファ自動車)を生産できるだけの経済構造や国力を持つた国だ。
砂漠のど真ん中にテントを張っているような程度の国ならミサイルを撃ち込んでも反撃はないが、
北朝鮮にあんな真似をすれば、一瞬にして韓国は火の海になる。つまり休戦中の朝鮮戦争の再開だ。

わたしは若い頃といっても二十代のころ、朝鮮戦争に興味を持って、それを題材に小説を書いた。
膨大な資料を読み込み、さまざまな伝記やルポなどを読み漁った。なかでも毎日新聞記者だった大森実の戦後秘史が傑作で、朝鮮戦争に参戦に踏み切った中国の裏舞台が目に見えるように描かれていた。

背筋が寒くなるような圧倒的な、断固たる軍事力だった。
(といっても火気はなく、何十万という兵士が素手で国境を警備している米軍兵士にお襲い掛かったのだ。バズーカを打ち込もうが機関銃を撃とうがそんなものは海に小石を放り投げるようなもので、またたくまに国境を警備していた米軍は壊滅した)
この戦術をもって「人海戦術」という言葉が一時、日本では流行ったと聞いている。

周恩来は最初から参戦するつもりで北朝鮮軍が圧倒的優位に立っていた開戦初戦から、中国軍の精鋭部隊を中朝国境に密かに列車で輸送していた。その数は数百万といわれている。いつか出番が来ると周恩来は読んでいたのだ。

仮に、マンガじゃないが、イラクと同じように米軍がポンポンとミサイルを撃ち込んで北朝鮮ミサイル施設を壊滅したとしても、陸のほうでは非常に悲惨なことが生じることになる。
おそらく北の精鋭陸軍が韓国陸軍と「人海戦術」で圧倒的な陸戦や市街戦を繰り広げるだろうし、
仮に北が不利になれば中国は中朝、国境線に迫ってきた韓国軍を撃破するだろう。
さあ、そうなればロシアも黙ってはいない。
米国は世界大戦をするか、引っ込むかの瀬戸際に立たされる。

.......そんなことを、政権の安定もしていないトランプに出来るかどうか常識で考えてみればいい。
この勝負は北の勝ち。圧倒的な勝ちだ。核搭載ミサイルまでいくかはともかく、一定のものは認めるしかない。
トランプは無策な言い合いを続けるのなら、いつまでも、引退するまでこの膠着を維持して終わりだとおもう。
ちなみに金生恩は欧州で学び、政治哲学もなにもかも欧州の実利哲学を見につけている。甘くみてはいけない。

【13345】Re:米国による北朝鮮攻撃はあり得ない
 tomyk  - 17/11/3(金) 0:20 -

引用なし
パスワード
   ▼阿径さん

こんばんはです。

現状、どの国も大規模な正面からの大攻勢を行う国力はありません。
金がかかり過ぎます。
大国間では収奪目的とした侵攻作戦をするメリットが無いのです。

現状の状況から大きく逸脱する事態となれば、限定的な相手の「嫌がるところを」突く「外交戦」が主です。
砂漠の国家間での陣取りゲームくらいじゃないですかね。
中国も田舎芝居じみた成金のような札束をチラつかせて相手に浸透していく方法で「侵略」していますしね。

北朝鮮への強行策でも、今日の退役軍人さんの書き込みで改めました。
自分にはまだまだ想像力が足りないようです。

【13347】Re:米国による北朝鮮攻撃はあり得ない
 阿怪  - 17/11/3(金) 5:23 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん

おはようございます。

>現状、どの国も大規模な正面からの大攻勢を行う国力はありません。
>金がかかり過ぎます。
>大国間では収奪目的とした侵攻作戦をするメリットが無いのです。

テレビやネット(youtube)で自称軍事評論家や批評家がさまざまな絵空事を
空想で語っていますが、まったく呆れてものもいえません。
たとえば「斬首作戦」笑 斬首作戦って中東のような部族国家相手にするのならともかく北朝鮮のような国を相手に斬首作戦って、マンガの読みすぎじゃないのとしかいいようがないのですが、さて、

仰るように大国間で「収奪目的の」「侵攻作戦」なんかありえないでしょう。
しかし自国の安全が直接驚かされるような事態が生じれば各大国は毅然として立つことは間違いない。
ロシアだって米国だって立つでしょう。

しかし米国の安全保障が北朝鮮に脅かされているのか?といえばそんなことはない。
“影の大統領”バノン上級顧問が解任される寸前にすっぱ抜きましたが、「北朝鮮と遊んでいるときじゃない」ぞと。北なんか米国にとって何の脅威でもありえない。
ばかばかしい茶番、妄想ですよ。トランプがひとりで煽っているだけで、それに
のっかった金生恩と漫才を繰り広げているだけです。

こういう「世界危機」の製造は米国、中国、ロシアといった大国にとっては必要不可欠なものでデメリットもあるけどメリットもある。
それは金さんも同じ。金さんにとっては国民の敬意と支持を得るだけが大切なので米国と毅然と対峙する姿は権力維持と安定に絶大な効果がある。

問題は我が国に北朝鮮の核開発がどれほどの脅威になっているかですが、韓国が核開発を進めればこれはよほどの脅威ですが(日本は韓国に竹島を不法に占拠され、世界中に慰安婦像をばらまいて国体を辱められているので、韓国が核を持つようなことだけは死を賭してでも防がねばならない。北なんかより何千倍も危険な国は韓国です)。しかし北が核をもってもわたしはそれほど脅威とはおもえない。その気になればいくらでも話し合いの余地はあるとおもう。ただし、安倍にそんなことができるとはおもえませんが。

・ツリー全体表示

【13322】安倍政権が今やろうとしていること その...
 阿怪  - 17/10/25(水) 19:45 -

引用なし
パスワード
   みなさま今晩は。
じつはわたし詩ばかり書いていて政治経済は中学生以下の知識しかありません。
ただ、安全保障については実感として危機感を覚え、安倍氏の政策に共感しておりました。
この度、やっと安倍政権の経済政策についてほんのすこし齧ってみましたが、これが超弩級のとんでもないカルト政策だということが判明しましたので、すこし投稿させていただきたいとおもいます。


安倍首相は昨年、米国の証券取引所で講演し「日本は世界最速で永住権を与える移民国家をめざします」と宣言した。
今年からもうそれが実行されているようだ。現場では、わずか一年で永住権を中国人移民に与えている。
youtube.com/watch?v=B1MJIRjOgas&t=107s
(エラーが出ますので冒頭に例の笑いマーク3つとTPPをつけてください。)

日本には毎年20万人の外国人を受け入れるそうだ。それによって二十年後も一億二千万の人口が維持できるという。
youtube.com/watch?v=oKxoANbzCWQ&t=148s
(エラーが出ますので冒頭にお決まりのをつけてください。)

要するに国民のためというより大企業の生産性を維持するために国の歴史も風土もぶっこわしてもかまわないという政策である。
二十年後は八千万に減少するという厚生省の予測が、これによって一億二千万を維持するのなら、ご十年後は半分は中国人になってしまう。笑
それでも大企業がこの国で稼働できれば問題ないという考えだ。

若者たちはこんな亡国政策を容認するのだろうか???仕事を奪われて賃金も下がりっぱなしで結婚できず少子化が進んだ。それをまかなうために移民を受け入れるわけだが。若者はその存在を移民の労働者以下の扱いを受けている。&#65279;

いま世界の先進国は移民受け入れ反対、反グローバリズムの嵐が吹いている。
これに逆行する安倍氏の共産党の計画経済のような移民政策は、日本という国体の歴史や風土を根底から覆して無化する。

こんなことを平気で考える安倍は果たして何者なのか???

【13328】安倍政権が今やろうとしていること その2
 阿怪  - 17/10/27(金) 18:09 -

引用なし
パスワード
   安倍政権の経済政策を思想的というか哲学的な面から眺めてみると、
この国では(というか世界の主要先進国すべてにあてはまるのだが)、
「グローバル資本主義」と「国民国家」の利益相反という事態が生じている。

国民国家に対する帰属意識が少ない企業ほど国民国家から多くのサービスを期待できる
という倒錯した法則が成立する社会になっている。
ここで両者の定義が必要だろう。

1.国民国家というのは、国境があり、官僚制度があり、常備軍があり、国籍と帰属意識を持つ「国民」を成員とする共同体のことです。
と、内田樹という自称思想家は説明するが、こんな定義は必要もないだろう。あたりまえのことだ。犬畜生だって一種の〈国民国家〉意識を本能的に形成している。たとえばオオカミの群れのリーダーは成員のために敵と戦い、縄張りを守り、餌をとり、それらを成員と分け合う。成員はリーダーを崇め、その統率のもとに動く。

もしオオカミの各グループのリーダーたちが、成員を無視して、互いの他のグループのリーダーたちだけで獲物のおいしいところを分け合い、成員にはわずかしか獲物を与えないどころか、餓死しても平気でいるようなら、もはやグループなどというものは成立しない。各グループは各リーダーたちの道具でしかなく、自然の営みは根本から覆され、あらゆる関係がずたずたになってしまう。これがいわゆる現在世界に現象しているグローバリズムであるといえる。

2.グローバル企業はもはや特定の国民国家には帰属していない。経営者も株主ももう同じ国の国民ではない。言語も宗教も生活習慣も異にしている。
と内田樹は定義する。
彼らに共通するのは、企業の収益を増やし、株価を上げ、適切なタイミングで売り抜けて自己利益を確保すること、それだけである。
日本の大企業はすでにほとんどがグローバル化したか、しつつある。そういう企業は同胞の雇用にも、企業城下町の支援にも、祖国の国益の増大にも、もう関心がない。仮に関心があっても、外国人株主からは「そんな余分な金があるなら株主に配当しろ」というクレームがつくだろう。

つまりこういうことだ。国民国家の長(日本なら安倍首相)は、本来なら日本国という法制下に居住し、税を収めている国民たちの利益のために政治をしなければならないのに、本能の壊れたオオカミの群れのリーダーたちのように、私利私益の充足のために政(まつりごと)を行っている。

国富を私財に移し替えることに熱心な人間、公共の福利よりも私利私欲を優先する人間を当の国家が全力で支援する。それが今、アメリカでも中国でも日本でも、そしておそらく韓国で起きていることの実相だと、自称思想家の内田樹はいう。

面白いのは以下の指摘だ。これはさすがに思想家でなければなかなか見抜けない卓見だとおもう。

●グローバル資本主義は「寿命が5年の生物」を基準にしてものごとの正否を判定しているのに対し、国民国家はとりあえず「寿命100年以上の生物」を基準にしてものごとの正否を判定しているということです。ある意味では「それだけの違い」です。

日本の「会社」組織の平均寿命は5〜7年である。
つまり日本の平均的な企業はその寿命の期間のことしか考えないで活動している。
たとえばある企業が公害を垂れ流したり、北朝鮮に輸出が禁止されている機器をひそかに売ったりするのは、それが発覚して問題化するまえに会社が潰れているから、気にする必要などないからです。
これは日本の政党にもいえることです。笑 政権にもいえるでしょう。笑
大臣がコロコロ変わり、野党がコロコロと名前を変える。だれも数年先の結果責任を負わない。
とめどなくあらゆるものごとの「寿命」が短くなっている。

そういう社会ではたして国家百年の計など成り立つわけがない。だから教育も医療も、数年で利益を出すことに奔走して、患者の命など二の次になる。笑
日本の経済を「寿命」という面から見ると、いろいろなものが見えてくる。

いまテレビドラマで「嵐」の櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」というのを見ているですが、まさしくこの問題を扱っていて、ニヤッとした次第です。

続く

【13330】安倍政権がやろうとしていること〜財政出...
 かっくるなかしま  - 17/10/28(土) 13:33 -

引用なし
パスワード
   消費増税の使途の見直しは、

先般の衆院解散の主たる要件ではないけれど、

経済政策の持続性と政策目標の達成をサポートするという点では、

十分な意義を備えていると言えるでしょう。

平たく言えば、解散の理由にはならないが、政策として理にかなっている。

・・・

選挙を終えて安倍政権が何をやろうとしているか? と言えば、一には緊喫の外交・安全保障であるが、

内政においては、

「デフレ・ギャップ」の解消、そのための有効需要の追加的な創出にあることは、既定路線と言えるでしょう。

来年の年初、通常国会での(大型)補正予算。

将来の消費増税の使途である「教育投資」(所謂人作り)の先行前倒し実施、その他。

補正予算は必至であるにせよ、将来の増税予想(市場期待)に繋がりデフレ期待をもたらすから、予め公約で使途を示すことで、

将来の増税→景気の腰折れ予想→今現在の投資・消費マインドの萎縮という悪循環を阻む、

そうした点で、

選挙の争点消費増税は、解散の理由にはならないが、

政策として理にかなっている、となるでしょう。

ーーーーーーーーーーーー

以下、関連情報を追記、としておきましょう。

ttps://w
ww.google.co.jp/amp/jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKBN1CV1Q3
(ロイター、「安倍首相、来月1日に補正予算編成を指示、政府筋」、2017/10/26/08:49PMJST)

ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/53286?page=4
(現代is、高橋洋一、「大勝をおさめた安倍政権がまずやるべき経済政策はコレだ」、2017/10/23)

ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/53312?page=2
(現代is、安達誠司、「ポスト安倍政権、目指す野党が掲げるべき経済政策とは?」、2017/10/26)

ーーーーーーーーーーーー

【13333】Re:安倍政権が今やろうとしていること ...
 かっくるなかしま  - 17/10/28(土) 19:05 -

引用なし
パスワード
   ▼阿怪さん:

こんばんは。

ご意見、拝見しております。

こちら(↓)の「利益相反」という現状とその重要性については、阿怪さんと認識と同意を共有しつつも、

同時に安倍政権の取り組みという点では、意見を異にするところがあり、

私見を申し述べさせて頂きますm(__)m

>安倍政権の経済政策を思想的というか哲学的な面から眺めてみると、
>この国では(というか世界の主要先進国すべてにあてはまるのだが)、
>「グローバル資本主義」と「国民国家」の利益相反という事態が生じている。

同意するところなのですが、

他方で、私の歴史理解では、戦後(1945)〜冷戦終結(1991、ソ連崩壊)までの期間がやや特殊で、冷戦終結以降、戦前(おおよそ1935以前)のバリバリの資本主義の時代に欧米が「先祖返り」して、我が国の場合は、憲法の制約と平成バブル崩壊の後遺症で、大きな流れに乗り損なったと観ています。

「禍福は糾える縄の如し」で、その流れに乗り損なったが故に、経済的にパッとしないが、今の欧米のようには社会的分断を免れた、といったところではないでしょうか。

まずはデータで。

ttp://w
ww2.ttcn.ne.jp/honkawa/4660.html
(社会実情データ図録、所得格差の推移)

以前は、戦前の欧米のデータも収録されていましたが、なくて残念。

我が国について言えば、ご覧の通り、国民意識は今より高かったにせよ、格差社会でした。

また、当時はグローバル資本主義とは言わず、帝国主義でしたが、

戦前の大日本帝国が国民国家ではなく、むしろ今のEUに類似の「汎国家」であったこともまた、事実でしょう。典型的には満州国の「五族協和」に見られる通り(↓)。

ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/五族協和_(満州国)

また、仕事での必要上、本邦金融史を一四半世紀フォローしてきましたが、

日米開戦前の数年間、我が国は事実上、英米とは中国で通貨戦争を行っていて、典型的には、当時銀本位制に中華民国があったことから、日中戦争での中国の継戦能力を削ぐため、銀の国際商品市場に介入し、銀相場を暴落させることまでやってのけ、土壇場で英米が中国に信用供与して、当時の中華民国を救済するという経緯が史実であり、後の英米との開戦の伏線でもあります。

今でこそグローバル資本主義で欧米の後塵を拝しているが、戦前の大日本帝国は、所謂、帝国主義(今のグローバル資本主義)の「模範生」であったが故に、戦後、欧米戦勝国から警戒され、憲法による制約を受けている、というのが、ざっくりとしたマイ日本史です。

・・・

安倍政権はどういうものなのか? という私見はありますが、

阿怪さんのご意見には続きがあるということなので、改めて申し添えたく存じますが、

以下に含まれる内田樹氏の見解につき、二点、データを添えながら申し上げると、

まず、会社の寿命5年、7年というのは、内田氏のオリジナルではなく、もともとは日経ビジネスによるこちら(↓)の調査なのです。

ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090212/185916/?ST=smart
(日経ビジネス、【会社の寿命】今や"寿命"はわずか5年、2009/02/18)

今から12年前の記事であるということと、そこで定義されている「寿命」というのは、普通の意味での寿命ではなく、上場企業の「時価総額」のランキングが、大きく入れ替わった、という話なのです。

時価総額のランキングがなぜ、大きく入れ替わったのか?

大きく一つには金融要因ですが、もう一つには、技術革新要因であり典型的に「インターネット」の勃興で、二つの要因がいずれも1995年前後に大きく変化したため、10年後の上場企業の時価総額が大きく変わったのです。

会社の寿命5年、7年というのは、結果であって原因ではないのです。

もう一つ、出典となっている内田氏によるこちら(↓)ですが、

ttp://blog.tatsuru.com/2013/03/11_1658.php
(内田樹、「下流志向、韓国語版序文」、2013/03/11)

内田氏の「下流志向」(2007)は、当時、格差論が広く語られる中で、格差論に対し批判的であるという点で異彩を放っていましたが、韓国版に序文を寄せている2013年当時は、リーマンショック(2008)、欧州グローバルソブリンショック(2010)を既に経ていて、誰の目にも所謂グローバル資本主義が壁にぶち当たったことは明らかなので、論としての切り込みのエッジは、「下流志向」に比べて鈍くなっていると思われます。

また、私見では、内田氏は神戸女学院大学の退官を前後に、大阪での市長選へのコミットもあったのでしょうが、内田氏の論が所謂、革新陣営へと鞘寄せして、左派系文化人の様相に転じてしまったことを残念に思っています。

長々と失礼しました。

ではまた(^-^ゞ

ーーーーーーーーーーーー

>国民国家に対する帰属意識が少ない企業ほど国民国家から多くのサービスを期待できるという倒錯した法則が成立する社会になっている。


>ここで両者の定義が必要だろう。

>1.国民国家というのは、国境があり、官僚制度があり、常備軍があり、国籍と帰属意識を持つ「国民」を成員とする共同体のことです。
>と、内田樹という自称思想家は説明するが、こんな定義は必要もないだろう。あたりまえのことだ。犬畜生だって一種の〈国民国家〉意識を本能的に形成している。たとえばオオカミの群れのリーダーは成員のために敵と戦い、縄張りを守り、餌をとり、それらを成員と分け合う。成員はリーダーを崇め、その統率のもとに動く。

>もしオオカミの各グループのリーダーたちが、成員を無視して、互いの他のグループのリーダーたちだけで獲物のおいしいところを分け合い、成員にはわずかしか獲物を与えないどころか、餓死しても平気でいるようなら、もはやグループなどというものは成立しない。各グループは各リーダーたちの道具でしかなく、自然の営みは根本から覆され、あらゆる関係がずたずたになってしまう。これがいわゆる現在世界に現象しているグローバリズムであるといえる。

>2.グローバル企業はもはや特定の国民国家には帰属していない。経営者も株主ももう同じ国の国民ではない。言語も宗教も生活習慣も異にしている。
>と内田樹は定義する。
>彼らに共通するのは、企業の収益を増やし、株価を上げ、適切なタイミングで売り抜けて自己利益を確保すること、それだけである。
>日本の大企業はすでにほとんどがグローバル化したか、しつつある。そういう企業は同胞の雇用にも、企業城下町の支援にも、祖国の国益の増大にも、もう関心がない。仮に関心があっても、外国人株主からは「そんな余分な金があるなら株主に配当しろ」というクレームがつくだろう。

>つまりこういうことだ。国民国家の長(日本なら安倍首相)は、本来なら日本国という法制下に居住し、税を収めている国民たちの利益のために政治をしなければならないのに、本能の壊れたオオカミの群れのリーダーたちのように、私利私益の充足のために政(まつりごと)を行っている。

>国富を私財に移し替えることに熱心な人間、公共の福利よりも私利私欲を優先する人間を当の国家が全力で支援する。それが今、アメリカでも中国でも日本でも、そしておそらく韓国で起きていることの実相だと、自称思想家の内田樹はいう。

>面白いのは以下の指摘だ。これはさすがに思想家でなければなかなか見抜けない卓見だとおもう。

>●グローバル資本主義は「寿命が5年の生物」を基準にしてものごとの正否を判定しているのに対し、国民国家はとりあえず「寿命100年以上の生物」を基準にしてものごとの正否を判定しているということです。ある意味では「それだけの違い」です。

>日本の「会社」組織の平均寿命は5〜7年である。
>つまり日本の平均的な企業はその寿命の期間のことしか考えないで活動している。
>たとえばある企業が公害を垂れ流したり、北朝鮮に輸出が禁止されている機器をひそかに売ったりするのは、それが発覚して問題化するまえに会社が潰れているから、気にする必要などないからです。
>これは日本の政党にもいえることです。笑 政権にもいえるでしょう。笑
>大臣がコロコロ変わり、野党がコロコロと名前を変える。だれも数年先の結果責任を負わない。
>とめどなくあらゆるものごとの「寿命」が短くなっている。

>そういう社会ではたして国家百年の計など成り立つわけがない。だから教育も医療も、数年で利益を出すことに奔走して、患者の命など二の次になる。笑
>日本の経済を「寿命」という面から見ると、いろいろなものが見えてくる。

>いまテレビドラマで「嵐」の櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」というのを見ているですが、まさしくこの問題を扱っていて、ニヤッとした次第です。

>続く

ーーーーーーーーーーーー

【13334】Re:安倍政権が今やろうとしていること (...
 かっくるなかしま  - 17/10/28(土) 19:35 -

引用なし
パスワード
   下記の箇所につき、訂正っす。

ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090212/185916/?ST=smart
(日経ビジネス、【会社の寿命】今や"寿命"はわずか5年、2009/02/18)

(誤) 今から12年前の記事であるということと、

(正)→ 今から8年前、

に訂正っす。

ーーーーーーーーーーーー

・ツリー全体表示

【13323】安倍政権、狂気の移民政策
 阿怪  - 17/10/26(木) 8:43 -

引用なし
パスワード
   日本は表向きは今でも単純労働者は受け入れていない。
しかし、この数年で外国人労働者の受け入れは100万を突破している。
調べてみると2012年に第二次安倍内閣が発足してからの増加は凄まじく、'13年から'16年までの4年間で60万人も増えた。

問題は安倍が世界の趨勢に逆らって移民を増やす理由がさっぱり不明なことだ。
かつて移民政策をとってきたカナダは'14年に移民政策を見直すと声明したのだが、逆に安倍は世界で唯一、大々的な移民政策をこっそりと行っている。

一説には少子化が進むと人手不足が深刻になるからだという。
結果、経済が停滞し、国民総生産がマイナスになるから、それを防ぐためには移民政策しか方法がないと。そういうもっともらしい説明をしている。

バカ抜かせ。笑

かつて少子化が進んだ国でGDPが減少した国は一国もない。
総人口や労働者人口(総人口に占める16歳〜64歳の人口。ちなみに日本の総人口は減っていない。減っているのは労働者人口。それもかなり少ない))が減少した国で、経済が停滞した国はない。

なぜなら人口が減れば一人あたりの生産性向上が当然にはかられ、結果、GDPは向上するからだ。
つまり人口なんて減れば減るほどGDPは上向きになるのが自然の道理のはず。それがそうならないのはなんらかの意図的な抑圧があるからだ。

2000年から2015年までのあいだに労働者人口が減った国は、ジョージア、ラトビア、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、ドイツ、日本など20ケ国ほどだが、このうちジョージアなどは毎年、日本の14倍の速さで人口が減っている。日本は一番少ない。ところが日本以外の全ての国は人口減少のお陰で生産性向上に励み、軒並み経済成長をなしとげている。

じゃ、どうして日本だけ人口減少で経済成長が鈍麻しているのか。そりゃ当然だ。政府が緊縮財政をして国内に投資しないのだから、一人一人の生産性向上などありえない。
しかも、労働力不足のために移民受け入れなどという愚かな政策のお陰でますます国内生産性が減衰する。
カナダが14年に移民政策を考え直したのは移民がひとつも国益に寄与しないことがあきらかになったからだ。

じゃ、安倍はそこまでしてなぜ移民政策など行うのか? これは単純な理由で、ただただ、廉価な労働力を大企業に供給したいからだ。
要するに、政治家でありながら日本国民大衆庶民のことなど一ミリも考えておらず、一労働力として外人と同じに国民の存在を考えている。
これはもはや政治とはいえない。

続く

・ツリー全体表示

【13311】安倍政権が次にやることは?
 阿怪  - 17/10/23(月) 8:12 -

引用なし
パスワード
   結論からいうとこのままでは日本は中国の属国になるしかない。
いま米中の日本潰しによって大企業が次々、潰されていって、いる。
人材も情報もどんどん米中企業に引き抜かれている。
テレビ局には米中の工作が深く浸透している。
あと10年もすればこの国はぼろぼろになるだろ。

頭がよくて先の見通せる人は、
この国を見捨ててどんどん中国に擦り寄るだろう。
わたしだって生き延びるためにはそうせざるをえない。
米国はトップがあんな田舎者の頭の緩んだ爺さんだ。
あんな爺さんがトップについただけで米国の軍事経済的な防衛力は
20%減衰した。
いまの若者が将来生き延びたいのなら中国語を覚えることだ。
このままでは必ず日本は中国に飲み込まれる。
あらゆる意味で。

さて、こんなおぞましい未来をなんとか避けたいのだが、
今回の選挙をみていると、結局、そうなるしかないのだなと
おもった。
安倍政権はグローバリストだからいくらアベノミクスで
財が増えてもすべて海外に投資されるだろう。
日本人はどんどん貧しくなる。
つまりどの政党もどの議員もどの国民も国益などひとつも
考えていないのだ。

こんなことなら頭がよくて未来を生き抜きたいなら
中国語を覚えて、中国の奴隷になることを覚えたほうがいい。
情けないはなしだが、これがいまのニッポンだ。

【13314】Re:安倍政権が次にやることは?
 阿怪  - 17/10/23(月) 18:13 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん
今晩わ。
まるで台風のような、大変な選挙でしたね。笑

>トータルで観ると与党というか自民党の圧勝ですが、
>
>東京ローカルで観ると、
>
>海江田氏や菅直人氏が小選挙区で勝つわ、最後の最後にその他の接戦区2つで与党が競り負けるわ、比例の獲得議席は野党に軍配が上がるわで、
>
>改めてマスメディアによる宣伝の効果を、(短期記憶への影響力の大きさを)
>
>痛感させられる次第(>_<)
>
>ポピュリズムっす、参った(≧∇≦)b

ポピュリズムってのは二種類あって、
1。直接民主主義的手法を用いた政治(反議会、親マスメディア)
例 小泉信一郎、橋下徹、小池百合子など。

2.エリート主義と対立する「民衆主義」(反エスタブリッシュメント=議会主義、反マスメディア)
これは欧米やニュージランドなどの世界の先進国はすべてこれです。
米国のトランプなどもそうです。ドイツのAfD党、チェコのバビシュ党など
枚挙にいとまがない。
youtube.com/watch?v=R19UxfDiKDI(33分あたり)

今回東京の人たちが洗脳されたポピュリズムは世界的な流れから見ると周回遅れのポピュリズムで、こんなことをやっているのは世界広しと言えど日本人だけだということを評論家の三橋とかいう人がネット座談会で語っていました。

欧米のポピュリズムは「右より反グローバリスト」です。一方日本のポピュリズムは世界の趨勢からとりのこされた1.のポピュリズムであると。
しかし、考えてみると、世界中で躍進しつつあるポピュリズム政党は民衆を味方につける代わりにマスコミと対立している。
それを考えると、じつは安倍政権はじつはもっとも先進性をもつポピュリズム政権の片鱗をそなえているのではないか。とも見えます。

トランプほどではないにしても安倍政権も今回、激しくマスメディアと対立しましたしね。そしてなぜか世界の趨勢からすると、
マスメディアと対立する反知性主義がいま民衆の圧倒的支持を得ている。

「反」知性主義といっても「非」知性主義じゃない。知性は否定しない。ただ、理念だけを掲げて、頭でっかちで、リアルな世界認識の出来ない、現存のインテリの政治姿勢に民衆がもううんざりしているということではないかとおもいます。

そういう意味ではじつは安倍政権はじつは欧米型のポピュリズムの片鱗をそなえていた。あとはこのポピュリズムを完成させるためにグローバリズムを見直さなければいけないと思いますね。

つまり今回は立憲という旧式のポピュリズムと安倍政権という新しいポピュリズムの戦いだった。
現に、投票分析をみると、立憲に投票したのは年代的には一位が60代、二位が50代、3位が40代! 見事に戦後の飽食平和の時代に抱いた頭でっかちな夢のような理念を大事にしている腐り爺いどもです。笑
他方、安倍政権に投票したのは一位が20代、30代の若者です。かれらのほうが将来の不安にさいなまれて周辺をよく見ている。
そんなことを感じました。

>
>・・・
>
>与党も、選挙というものを真面目に考えたほうがいいっす。
>
>衆院選の選挙期間が2週間足らずというのは短過ぎで、
>
>まともに実績の評価や政策の比較には至らず、
>
>勢いやムードで、集まって連呼してお仕舞いな選挙(>_<)
>
>ではまた(^-^ゞ
>
>ーーーーーーーーーーーー

まったくその通りですね。
しかし、短期決戦のお陰で小池新党はまとまった政策も語れず、また党本部も無い状態で、自ら崩壊した。
安倍政権の策略は成功だったとおもいます。

さて、これからがまた野党がドタバタを演じるでしょうが、困ったものです。笑

では、また。

【13316】Re:安倍政権が次にやることは?
 かっくるなかしま  - 17/10/24(火) 11:06 -

引用なし
パスワード
   ▼阿怪さん:

おはようございます。

>まるで台風のような、大変な選挙でしたね。笑

メディアが小池氏を持ち上げ、手のひらを返して枝野氏を持ち上げ、

結果は自民圧勝で、なぜか旧民進が焼け太って、

特に負ける大きな理由がないはずの公明・維新・共産が陥没するという、

摩可不思議な選挙っす(´・ω・`)

>>トータルで観ると与党というか自民党の圧勝ですが、
>>東京ローカルで観ると、
>>海江田氏や菅直人氏が小選挙区で勝つわ、最後の最後にその他の接戦区2つで与党が競り負けるわ、比例の獲得議席は野党に軍配が上がるわで、
>>改めてマスメディアによる宣伝の効果を、(短期記憶への影響力の大きさを)
>>痛感させられる次第(>_<)
>>ポピュリズムっす、参った(≧∇≦)b

>ポピュリズムってのは二種類あって、
>1.直接民主主義的手法を用いた政治(反議会、親マスメディア)
>例 小泉純一郎、橋下徹、小池百合子など。

>2.エリート主義と対立する「民衆主義」(反エスタブリッシュメント=議会主義、反マスメディア)
>これは欧米やニュージランドなどの世界の先進国はすべてこれです。
>米国のトランプなどもそうです。ドイツのAfD党、チェコのバビシュ党など枚挙にいとまがない。
>youtube.com/watch?v=R19UxfDiKDI(33分あたり)

分かりやすい(*´∀`)

>今回東京の人たちが洗脳されたポピュリズムは世界的な流れから見ると周回遅れのポピュリズムで、こんなことをやっているのは世界広しと言えど日本人だけだということを評論家の三橋とかいう人がネット座談会で語っていました。

周回遅れのポピュリズムっす(>_<)

>欧米のポピュリズムは「右より反グローバリスト」です。一方日本のポピュリズムは世界の趨勢からとりのこされた1.のポピュリズムであると。

ですよね(*´・ω・`)b

所謂リベラル派(池上彰氏の悪魔辞典によると、左翼)は、時間が冷戦時代で止まった「化石」状態だし、小池氏や前原氏の言動は10数年前の小泉構造改革の辺りで止まっていて公共投資ガー、財政ガー、守旧派ガーのままだし。

>しかし、考えてみると、世界中で躍進しつつあるポピュリズム政党は民衆を味方につける代わりにマスコミと対立している。

マスメディアが「ポリコレ」で固まっていて、彼らの固定観念から外れたものは、民意であろうが民意として受け止めたくないという態度が露骨っす。> マスメディア

>それを考えると、じつは安倍政権はじつはもっとも先進性をもつポピュリズム政権の片鱗をそなえているのではないか。とも見えます。

欧米の場合は、移民/難民問題にテロという経済・社会問題が表面化して、政策の「修正」をもたらしていますが、安倍政権の場合は、欧米の状況を「他山の石」として、予防的に荒れないポピュリズムを実践できていると観ています。

デマやフェイクで人心不安を煽って旧式のポピュリズムを弄(もてあそ)んでいるのが、本邦の自称リベラルでありマスメディアっす(-_-)

>トランプほどではないにしても安倍政権も今回、激しくマスメディアと対立しましたしね。そしてなぜか世界の趨勢からすると、マスメディアと対立する反知性主義がいま民衆の圧倒的支持を得ている。

>「反」知性主義といっても「非」知性主義じゃない。知性は否定しない。ただ、理念だけを掲げて、頭でっかちで、リアルな世界認識の出来ない、現存のインテリの政治姿勢に民衆がもううんざりしているということではないかとおもいます。

御意。

マスメディアは右寄りのポピュリズムを「反知性」で括ろうとしますが、彼らの言動の方がよほど反知性的ですよですよ(-_-)

>そういう意味ではじつは安倍政権はじつは欧米型のポピュリズムの片鱗をそなえていた。あとはこのポピュリズムを完成させるためにグローバリズムを見直さなければいけないと思いますね。

冷戦末期からの過去30年に、開放経済の体制が、「インターナショナル」(国境あり)から「トランスナショナル」(国境なし)に移行して、

(何に対する国境か?と言えば、おカネと人の移動に対してですが)

それが、ローカルな共同体/社会構造に経済と文化の両面から軋轢をもたらして、

様々に揉めるという現状かと観ています。

グローバル化も、経済効率の単一的尺度ではよしとしきれなくなって、

過ぎ足るは及ばざるが如し、かと。

(インターナショナルとトランスナショナルの中間に、最適解があるのでしょう)

>つまり今回は立憲という旧式のポピュリズムと安倍政権という新しいポピュリズムの戦いだった。

その通りかと。

そして、旧式のポピュリズムは、現実の問題に対して、何ら処方箋を用意していない。社会的な欲求不満を煽るだけで、政策的な背景・文脈が全く欠落しています。

>現に、投票分析をみると、立憲に投票したのは年代的には一位が60代、二位が50代、3位が40代! 見事に戦後の飽食平和の時代に抱いた頭でっかちな夢のような理念を大事にしている腐り爺いどもです。笑

BBAも(笑

国会前や憲法記念日でのデモに参加したことがありますが、(私は大人なので、帰れとか邪魔をしませんが(笑 )

国会前だと公園のトイレに年寄りの長蛇の列ができているし、疲れて座り込んでいる人が少なからずいるし、シュプレヒコールも声が出ていません。

路上デモだと、注意力と聴力が減退しているためか、車道にどんどんはみ出して行ってトラックがかすめていって危なかしいので、交通整理しながら行進しましたよ、私は親切なので(笑

>他方、安倍政権に投票したのは一位が20代、30代の若者です。かれらのほうが将来の不安にさいなまれて周辺をよく見ている。
>そんなことを感じました。

学生の就活の状況は、様変わりですし。

不作為を含め経済的な失政を大きくしでかすと、> 旧民主党

個々人の意欲や努力とは無関係な不条理の壁にぶち当たりますから。今の20代、30代は身近にそれを経験、見聞してきているので、より現実的思考かと。

>>与党も、選挙というものを真面目に考えたほうがいいっす。
>>衆院選の選挙期間が2週間足らずというのは短過ぎで、
>>まともに実績の評価や政策の比較には至らず、
>>勢いやムードで、集まって連呼してお仕舞いな選挙(>_<)

>>ではまた(^-^ゞ

>まったくその通りですね。
>しかし、短期決戦のお陰で小池新党はまとまった政策も語れず、また党本部も無い状態で、自ら崩壊した。
>安倍政権の策略は成功だったとおもいます。

戦術的勝利。

与党で衆院総数2/3を擲(なげう)っての解散総選挙ですから、「大博打」でもありました。

モリ・カケで野党やメディアに呼応した自民党内の反主流派や霞ヶ関の役人は、戦々恐々か(笑

>さて、これからがまた野党がドタバタを演じるでしょうが、困ったものです。笑

ジャンヌダルクのはずだった小池都知事は、出張先のフランスの現地メディアから、亡命中の女王とディスられているようっす。

民進党議員は必ず裏切る@橋下氏 を鉄則とすると、先ずは小池氏周辺から、ドカーンといきそうっす。

>では、また。

では(^-^ゞ

ps

よその板の反応や荒れ方はどんな感じですか? (笑

立憲民主の躍進で、(とは言え、現行選挙制度下で最小の野党第一党)

勝利宣言に酔いしれている感じですか(笑

ーーーーーーーーーーーー

【13317】Re:安倍政権が次にやることは?
 阿怪  - 17/10/24(火) 16:39 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん
こんにちわ。
素人の直感でしかない愚鈍な投稿をいつも恥じておりますが、
ていねいなご返信ありがとうございます。

さて、

>ps
>
>よその板の反応や荒れ方はどんな感じですか? (笑
>
>立憲民主の躍進で、(とは言え、現行選挙制度下で最小の野党第一党)
>
>勝利宣言に酔いしれている感じですか(笑
>
>ーーーーーーーーーーーー

わたしはここ数年まったく政治関連の掲示板をみておりませんでした。
もっぱら現代詩関連の投稿板に投稿を続け、ぼちぼち月間優秀などを
とるようになったので、もういいかと思い、卒業をさせてもらいました。
しかし時間をもてあまし、ひまつぶしに政治関連の記事をみるように
なったのですが、投稿板では「老人党」が手始めの掲示板でした。

そこで意外に、と素人のわたしがいうのはたいへん失礼ですが、
本格的な投稿をされておられるかっくるなかしまさんや、
散文詩といっても遜色ないきゃいんさんの奥の深い日記投稿をみて
おおっ、これはなんだ!と 興味と感心を抱いた次第です。

例の、わけのわからない、なんとかの散る木の葉さんとか、その他の
方々がときおり阿修羅掲示板のことをいっておられたのを読み、
ではちょっと覗いてみるかということで、このところ、阿修羅に
コメントなどしております。正直、まともに連中のコメントを読むと
頭がおかしくなるので、ほとんど読んでおりませんが。笑

あの掲示板の人たちは、今回の自民党の勝利にはほとんど発狂しているというか、
おなじみの怨嗟と被害妄想と罵倒が充満しているだけというみっともない
有り様で、唯一、「真相の道」という右派の方の投稿やコメントだけが
冷静な判断力や認識にもとづく話ぶりで、孤立無援ながら周囲の
狂人たちをなだめているという有り様です。笑

しょせん、創価学会に潜り込んだクリスチャンが周囲を説得しても無題だし、
逆に幸福の科学に潜り込んだ学会員が周囲を説得してもだれも聞かないのと
同じで、あんなところで真面目に政治的な論議をしてもまったく意味がないの
ですが、「真相の道」氏はよくやっておられると思います。

吉本隆明というわたしが傾注している詩人がいみじくも喝破したように、
現代では「政治が宗教になり、宗教が政治に」なっている時代です。
もはや、政治が政治としてちゃんと存在せず、また宗教が宗教として
存在もしていないわけです。
阿修羅のような、いわば社会的に不満を抱いている落ちこぼれ層が、
宗教の代替物として政治を選んでそこに熱狂的な不満や怒りをぶつけている。

もはや、ただのキチガイのような投稿板ですが、
まあ、なんですかね、ときどき、こういうやつらの心理を根っこから
引きずり出して、面前でぶちかましてやりたくなりましてね。笑
ときどき罵倒してやりますが、よほど腹にそえかねてか、ものすごい
反発が返ってきます。笑
投稿が停止されているだけでなく、コメントすると必ず非表示に
されます。笑

仮に、かっくるなかしまさんがあんなところで冷静な論を展開しても、
ブタの群れに真珠を投げ込むようなものでしょう。笑
いずれにせよ、カルト宗教としてパヨク的な政治位置を選んだ、
異常な連中の巣窟である「阿修羅」板は、冷静な投稿など皆無で、
怨嗟と憎悪と怒りだけが横溢しているという塩梅です。笑

しかしながら立憲民主党の躍進には全面的賛成というわけでは
なさそうで、二、三割ほどの民主党トラウマ人間がおり、
疑心暗鬼という状態でしょうか。ほんとうは全面的に支持したいのでしょうが
立憲の顔ぶれがあれですから。笑

わたしの考えでは小池新党の潮がすっと引いたように、半年もしない内に
立憲民主党への追い風はなくなるとおもっています。
というのは昨夜でしたか、代表代行の長妻昭代がNHKの討論会で安倍政権に
どんな批判をするか見ておりましたら、びっくりするというか、
あきれたことにカケモリなんですね。笑

いまだ党利党略に結びつくような批判をしている。これはダメだと思いました。
支持した人たちはここで長妻が安倍政権の政策面での批判を展開するのを
待っていたのに、相も変わらずカケモリです。カケモリは庶民大衆を豊かに
しません。党利党略でしかない。それより実質賃金が安倍政権になってから
どんどん下がっている問題とか、アベノミクスというけれど国内に資本が
投資されていないとか、そういう実質的な政権批判をみなさん望んでおられ
るということが、ちっとも長妻らはわかっていない。

わたしはあれを聞いてすぐにテレビを消しました。こりゃだめだと。
立憲人気は半年もしない内に消滅しますよ。
そうするとやはり東京都知事の椅子を利用した小池のパフォーマンスがはじまり、
希望の党が徐々にまた息を吹き返すのではないかと思っています。

小池は改憲派だから自民党にとっては立憲がへこんで小池がすこし盛り返すほうが
うれしいでしょうけど、そうなるのじゃないかと思っています。

では。

【13319】Re:安倍政権が次にやることは?
 かっくるなかしま  - 17/10/24(火) 19:41 -

引用なし
パスワード
   ▼阿怪さん:

こんばんは。

>素人の直感でしかない愚鈍な投稿をいつも恥じておりますが、
>ていねいなご返信ありがとうございます。

こちらこそありがとうございますm(__)m

・・・

>さて、

>>ps
>>よその板の反応や荒れ方はどんな感じですか? (笑
>>立憲民主の躍進で、(とは言え、現行選挙制度下で最小の野党第一党)
>>勝利宣言に酔いしれている感じですか(笑

>わたしはここ数年まったく政治関連の掲示板をみておりませんでした。
>もっぱら現代詩関連の投稿板に投稿を続け、ぼちぼち月間優秀などをとるようになったので、もういいかと思い、卒業をさせてもらいました。

現代詩っすか。バイクとスケボーのお話は承っておりましたが。組み合わせが、面白いO(≧∇≦)O

>しかし時間をもてあまし、ひまつぶしに政治関連の記事をみるようになったのですが、投稿板では「老人党」が手始めの掲示板でした。

なるほど。

>そこで意外に、と素人のわたしがいうのはたいへん失礼ですが、
>本格的な投稿をされておられるかっくるなかしまさんや、散文詩といっても遜色ないきゃいんさんの奥の深い日記投稿をみておおっ、これはなんだ!と 興味と感心を抱いた次第です。

恐縮っす(^^;;

私は10数年前になりますが、おかしな掲示板があるということで覗いてみたら老人党で、

故・赤瀬川原平さんや故・立川談志師匠が「老人党宣言」に賛同していたので、様子を観ていたら、

なにコレ(*_*) という衝撃を受けて(笑、

コレは不味(まず)いだろうということで、

常駐に至るという経緯っす。

故・なだいなだ氏の著作のファンであることに間違いはないんですが、

幾度か吊し上げを喰らって、ご覧頂いていた通りネトウヨ扱いっす(^-^ゞ

>例の、わけのわからない、なんとかの散る木の葉さんとか、その他の方々がときおり阿修羅掲示板のことをいっておられたのを読み、

>ではちょっと覗いてみるかということで、このところ、阿修羅にコメントなどしております。正直、まともに連中のコメントを読むと頭がおかしくなるので、ほとんど読んでおりませんが。笑

なるほど。

阿修羅掲示板って、所謂小沢信者をみかけますよね。

老人党が閉じる間際に現れた天橋立氏もシンパだったと記憶しておりますし。

老人党も、約10年前のリセット/リニューアルも、中部地方の某県の小沢シンパの介入を発端としていたし、

結局、今回もそちら方面からのドタバタでしたから、

老人党の管理スタッフも、そこを全く学習できていない(-_-)

>あの掲示板の人たちは、今回の自民党の勝利にはほとんど発狂しているというか、
>おなじみの怨嗟と被害妄想と罵倒が充満しているだけというみっともない
>有り様で、唯一、「真相の道」という右派の方の投稿やコメントだけが冷静な判断力や認識にもとづく話ぶりで、孤立無援ながら周囲の狂人たちをなだめているという有り様です。笑

よくやっていますよね、真相の道氏(笑

>しょせん、創価学会に潜り込んだクリスチャンが周囲を説得しても無題だし、逆に幸福の科学に潜り込んだ学会員が周囲を説得してもだれも聞かないのと
>同じで、あんなところで真面目に政治的な論議をしてもまったく意味がないのですが、「真相の道」氏はよくやっておられると思います。

同感っす(^-^ゞ

>吉本隆明というわたしが傾注している詩人がいみじくも喝破したように、現代では「政治が宗教になり、宗教が政治に」なっている時代です。
>もはや、政治が政治としてちゃんと存在せず、また宗教が宗教として存在もしていないわけです。

なるほど。

都市伝説が信仰されているという感もありますよね。

>阿修羅のような、いわば社会的に不満を抱いている落ちこぼれ層が、宗教の代替物として政治を選んでそこに熱狂的な不満や怒りをぶつけている。

普通に檀家や氏子としてほどほどに信心していたらいいんじゃないかと思われます(^^;;

老人党でも怨嗟や憎悪、人身攻撃が凄かったですからね。

>もはや、ただのキチガイのような投稿板ですが、
>まあ、なんですかね、ときどき、こういうやつらの心理を根っこから引きずり出して、面前でぶちかましてやりたくなりましてね。笑
>ときどき罵倒してやりますが、よほど腹にそえかねてか、ものすごい反発が返ってきます。笑

(*_*)

ちょっと覗いてみます(^-^ゞ

>投稿が停止されているだけでなく、コメントすると必ず非表示に
>されます。笑

非表示(*_*)

それは笑える(≧∇≦)b

>仮に、かっくるなかしまさんがあんなところで冷静な論を展開しても、
>ブタの群れに真珠を投げ込むようなものでしょう。笑
>いずれにせよ、カルト宗教としてパヨク的な政治位置を選んだ、異常な連中の巣窟である「阿修羅」板は、冷静な投稿など皆無で、怨嗟と憎悪と怒りだけが横溢しているという塩梅です。笑

安倍政権とはいえ、最長あと4年で必ずお仕舞いなのだから、

果報は寝て待て、と言っても全く通用しなそうっすね(^^;;

>しかしながら立憲民主党の躍進には全面的賛成というわけではなさそうで、二、三割ほどの民主党トラウマ人間がおり、疑心暗鬼という状態でしょうか。ほんとうは全面的に支持したいのでしょうが
>立憲の顔ぶれがあれですから。笑

枝野氏が小沢氏の復党に最も反対していた人達の一人であったからだろうと思います(笑

>わたしの考えでは小池新党の潮がすっと引いたように、半年もしない内に立憲民主党への追い風はなくなるとおもっています。

短期間にマスメディアが枝野、枝野とやれば、そりゃ枝野でしょうが、

視聴率至上主義であるが故にマスメディア的にはネタの賞味期限というものがありますし。

>というのは昨夜でしたか、代表代行の長妻昭代がNHKの討論会で安倍政権にどんな批判をするか見ておりましたら、びっくりするというか、あきれたことにカケモリなんですね。笑

(*_*)

ホント、ネタに窮しているんですね(笑

>いまだ党利党略に結びつくような批判をしている。これはダメだと思いました。
>支持した人たちはここで長妻が安倍政権の政策面での批判を展開するのを待っていたのに、相も変わらずカケモリです。カケモリは庶民大衆を豊かにしません。党利党略でしかない。

> それより実質賃金が安倍政権になってからどんどん下がっている問題とか、アベノミクスというけれど国内に資本が投資されていないとか、そういう実質的な政権批判をみなさん望んでおられるということが、ちっとも長妻らはわかっていない。

団塊世代がリタイアしてしまって、労組を支持母体としながら、雇用や賃金への関心が下がってしまっているのでしょう。

で、替わって、首相が賃上げを経団連に直談判するに至っては、旧民進党も共産党も、壮大に政策をパクられたも同然で、出る幕なしっす。

>わたしはあれを聞いてすぐにテレビを消しました。こりゃだめだと。
>立憲人気は半年もしない内に消滅しますよ。
>そうするとやはり東京都知事の椅子を利用した小池のパフォーマンスがはじまり、希望の党が徐々にまた息を吹き返すのではないかと思っています。

モリカケに争点を振っていった若狭氏は比例復活できず落選で、電車混雑ゼロの小池氏はマリー・アントワネット状態で、

生き延びるには、政権に媚びを売るしかありませんよね。

しかし、モリカケに争点を振ってしまったツケは大きく、

しかも、民進合流組が主導権を握ろうとしていて(小池氏追放っす)、政権に媚びを売ることも容易でなさそうな雲行きっす。

>小池は改憲派だから自民党にとっては立憲がへこんで小池がすこし盛り返すほうがうれしいでしょうけど、そうなるのじゃないかと思っています。

安倍首相って優しいから、手を差し伸べてしまうかも。

希望の党の、民進合流組の挙動に注目しています。

>では。

ではまた(^-^ゞ

ーーーーーーーーーーーー

・ツリー全体表示

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
1 / 21 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free