老人党どっと混む
当掲示板に投稿された場合、「趣旨と管理方針」の内容に同意されたものと見なします。
よく内容をお読みになってから投稿をしてください。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
2 / 22 ページ ←次へ | 前へ→

【12977】金融・経済ウォッチスレ《...[50]  /  【13419】トランプが北と戦争などや...[0]  /  【13404】生存確認[7]  /  【13388】いまだに北の攻撃や脅威を...[0]  /  【13320】お笑いニッポン! 緑のタ...[4]  /  【13358】セールスマン、トランプ一...[0]  /  【13051】安全保障を語るスレッド・...[50]  /  【13343】米国による北朝鮮攻撃はあ...[2]  /  【13322】安倍政権が今やろうとして...[6]  /  【13323】安倍政権、狂気の移民政策[0]  /  

【12977】金融・経済ウォッチスレ《その8》
 かっくるなかしま  - 16/12/7(水) 8:58 -

引用なし
パスワード
   前スレッドが一杯になりましたので、後継スレッドを立てます。

前スレッドはこちら(↓)。
ttp://roujintou.com/c-board33/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=12529;id=
(【12529】金融・経済ウォッチスレ・その7)

宜しくお願いします。

--------

【13417】平昌五輪開会式〜突然現れた驚きの人面鳥...
 かっくるなかしま  - 18/2/12(月) 19:23 -

引用なし
パスワード
   金融・経済とは関係がないけれど、平昌五輪の開会式繋がりのネタということで、

件(くだん)の《人面鳥》に言及しておきましょう。

個人的には怪異や妖怪が好きなので、人面鳥はなかなかイケてると思って観ていました(^-^ゞ

ただ、朝鮮神話ということでまず想起するのは《卵生神話》であるし、

人面鳥は全くの初見であったし(笑、高句麗の古墳の壁画といってもどこなのか皆目見当がつかず、

数日、ネタを放置していましたが、

おそらくは高句麗の古墳群のこちら(↓)であろうと昨日来漸くメドがついたので、

取り上げてみることにしました。

高句麗古墳群(↓)のうちの、
URL省略。
(Wiki、高句麗古墳群)

こちら(↓)の「徳興里古墳」(トックンニ古墳)であろうと。
URL省略。
(コトバンク、徳興里古墳)

ただし、人面鳥ではありません。《三足烏》(さんそくう)です(↓)。
URL省略。
(Wiki、三足烏)

Wikiの説明の中段にある壁画の写真の中央にいるのがそれ。

写真の向かって右が鳳凰、左が龍。

朝日の報道での写真では、三足烏の隣に龍が確認できる(↓)。鳳凰は写っていないけれど、実況では鳳凰も別個に登場していたと記憶します。

ttps://w
ww.asahi.com/articles/ASL2971P5L29UTQP03N.html
(朝日、「突然現れた「人面鳥」に驚き、実は平和象徴、五輪開会式」、2018/02/10/12:49)

>> 人面鳥が登場したのは、選手が入場行進する前の、韓国の歴史と文化をアピールするアトラクションの一場面。報道各社に配られた開会式のガイドブックによると、人の顔をした鳥は高句麗時代(紀元前1世紀〜7世紀)の壁画に描かれており、韓国の神話に出てくる不死鳥の元になったという。韓国で不死鳥は「平和な時代にしか現れない」とされていることもあり、「平和の祭典」をうたう五輪の開会式に起用されたと思われる。

平和の象徴とガイドブックやNHKや朝日の解説にあるが、平和の象徴なのかどうかは知りません(笑

確実に言えることは、三足烏は高句麗王朝の王族の「トーテム」(精神的なシンボルbyレヴィ=ストロース)であること。

不死鳥は鳳凰と重ねられるけれど、

壁画に準拠するなら、鳳凰は従であり、主は三足烏であり、人面鳥を不死鳥になぞらえることには疑問。

(喩えるなら、三尊形式で中心にあるのは釈迦如来で、主役がは脇侍の菩薩ではありません)

(五輪プロデューサーが誤解しているのか、宗教的に変遷しているのか、知りません)

さらに言えば、三足烏とは《金烏》(きんう)であり、金烏は《太陽神》であるとなります(↓)。

URL省略。
(Wiki、金烏(きんう))

>> 金烏(きんう)は、太陽に三本足の烏がいるという伝説であり、すなわちその烏(火烏)、ないし太陽の異称である。対称に蟾蜍(せんじょ)、または玉兎(ぎょくと)。

(注記: 月には兎がいて、玉兔。日本神話ではなぜか地味な、月読系とみておきましょう)

>> 八咫烏は金烏伝説と少なからず関連しており、太陽にトリ(主にカラス)のモチーフは世界中で散見される伝説である。太陽信仰の象徴とされることもある。

(注記: 三足烏=金烏=八咫烏。八咫烏と言えば、熊野三山や賀茂神社など。因みに賀茂氏と接点のある徳川氏は賀茂神社の葵を家紋に採用しているが、三つ葉葵は三足鳥と重ねられているものと強く推測。また、徳川家、或いは天海上人がトーテムとしての太陽を意識していたことは、西の天照に対する東の東照であることから明らかと思われる)

・・・

ttp://news.livedoor.com/article/detail/14289984/
(ライブドア/中央日報、「日本の韓国植民支配を美化したNBC解説者が降板」、2018/012/11:52)

歴史には光と翳があるが、NBC解説者の発言は、一面としての事実の部類でしょう。

お気の毒(´・ω・`)

であるなら、

開会式のオープングセレモニーでの、人面鳥=三足鳥は、現代韓国が忌み嫌う(?) 我が国の太陽信仰、

王莽の乱(前漢の滅亡)、黄巾の乱、八王の乱により軍事的均衡が崩れ去った時間帯を経ての、

極東アジアでの古代国家建設の黎明期の「旭日」に他ならない、というのがマイオピニオン。

−−−−−−−−

【13418】米規制当局、VIX指数の不正操作巡り調査...
 かっくるなかしま  - 18/2/14(水) 14:57 -

引用なし
パスワード
   表題副題はロイターから(↓)。ロイターの元ネタはWSJ。

ttps://jp.reuters.com/article/usa-stocks-volatility-wsj-idJPKCN1FX2ZF
(ロイター、「米規制当局、VIX指数の不正操作巡り調査に着手=WSJ」、2018/02/14/07:22)

URL省略。(注記:上記の記事の後に記事が掲載されています)
(ロイター、「VIX指数に市場操作があったとの告発、米当局に提出」、2018/02/14/00:31)

ポイントは2箇所。

順不同でまず、被害推定。

>> 前日には、ワシントンに拠点を構える法律事務所が規制当局に対し、VIXが不正操作されたことによって投資家が数十億ドルの損失を被ったとする書簡を提出している。

《コメント》
・ 被害推定を数10億ドルとしている。過去の金融危機とは桁が二つ、三つ違うので、「比較軽微」であると言えるでしょう。

・ 但し、VIX指数を参照しながらポジションの大きさを調整するので、その参考指数が大きくぶれることにより、「間接的」に影響が拡がってしまうし、そうなってしまったとなる。

次いで、操作の手法。

>> この匿名の人物は、高度なアルゴリズムを持つトレーディング・ファームは、実際に取引を行ったり資本を活用することなくS&Pのオプションにクオートを提示するだけでVIXを操作することが可能だと指摘している。

《コメント》
・ 操作が何を意図したかと言えば、市場の変動率(ボラティリティ)の「代理指標」であるVIX指数の、その変動率を抑え込むことで、1) 市場が安定していると見せかける、2) その上で、市場が安定していることに賭ける商品を販促する、となり、売られていた商品がインバースVIX指数。

・ 告発を受けての金融当局による捜査がどう進むのか分かりませんが、操作自体が行われてきたことは間違いない、と観てよいでしょう、なぜならば、VIX指数の「異常」な変化はグラフを見れば一目瞭然であるから(↓)。

ttps://nikkei225jp.com/data/vix.php
(恐怖指数、日経平均等、比較チャート)

・ 直近の2年足(2y)で見ると、VIX指数の水準が、英国EU離脱国民投票(2016/06/23)、米国大統領選挙(2016/11/08)当時の水準を大きく超えてしまっていて、通常であれば起こり得ないことが起きてしまっている。起こり得ないはずの動きなので、異常。

・ 従って、異常はVIX指数それ自身に起因し、それに対する操作が原因であるとみなすのは、妥当でしょう。

・ なお、VIX指数は市場のリスクを測る一つの手段であるけれど、一般に市場リスクは資産価格モデルでの「要求リスクプレミアム」に反映される。長期金利の漸進的な上昇は「事業スプレッド」(EVAスプレッド)を経由して資産価格に影響を及ぼすけれど、極端な価格変動は必ず要求リスクプレミアムの伸縮に因ります。

・ 今回の「インバースVIXショック」は、被害総額は小さくとも、要求リスクプレミアムを直撃するため、短期的に間接的な影響を強く及ぼした、となるわけです。


ーーーーーーーーーーー

【13421】平昌五輪、前回の羽生vsチャンを戦術で再...
 かっくるなかしま  - 18/2/18(日) 20:29 -

引用なし
パスワード
   昨日の男子フィギュアでの羽生選手の連覇と、同じく昨日の羽生竜王vs藤井五段の対決を反芻する半日だった(*´∀`)

女子スピードスケート500mの小平奈緒選手の滑走が待ち遠しい(≧∇≦)b

・・・

まずはSportsnaviのこちら(↓)から。

昨日から話題が集中していて今更な感じであるが、女子の個人種目が控えているので、「競技」そのものに注目して、記録しておきましょう。

ttps://pyeongchang.yahoo.co.jp/column/detail/201802170010-spnavi
(Sportsnavi、「羽生連覇の要因、勝敗を分けた差は? 安藤美姫が平昌五輪の男子FSを解説」、2018/2/17/20:40)

安藤美姫氏は解説への起用をテレビ局が躊躇ったようだが(笑、Twitterを含めて解説が的確で面白い(*´∀`) Sportsnaviより、ズバリ勝因は、

>> そういう意味では、FS1位のネイサン・チェン選手(米国)はSPが悔やまれます・・ただ、そういう演技をSPとFSでそろえるのが、羽生選手の強さでもあります。

演技をSPとFSでそろえる・・勝因は全くそこに尽きると思うし、

翻って、なぜ、(直前の怪我にも関わらず) 羽生選手が2本揃えてこられたのかの一端は、ここ(↓)にあったと改めて思う。

ttp://number.bunshun.jp/articles/-/828692
(Number、「羽生結弦の不滅の名プログラム、SEIMEIで再び五輪へ挑む理由」、2017/08/18/18:00)

SPでのショパンのバラードとともに過去のプログラムを、そのアップグレードを含めて再演で臨むという選択肢を採っていたことが、かなり大きいと改めて思う。(もし、全く新しいプログラムであったらと考えた場合、コンディションをギリギリで取り戻せても、プログラムの習熟にはあまりに機会が足りなかったから)

・・・

羽生選手の連覇の影に隠れがちであるが、(1-2フィニッシュだから、そうでもないか(笑 )

視点を切り替えると、宇野選手とフェルナンデス選手の対決が、4年前のソチ五輪での羽生選手vsパトリック・チャン選手の対決を、タクティクス(戦術)の点で《再現》しているようで面白い(≧∇≦)b

ISUのプロトコルに基づいた上位各選手のパフォーマンスの比較が朝日のこちら(↓)。
ttps://w
ww.asahi.com/articles/ASL2K55PKL2KUTQP029.html
(朝日、「羽生結弦、勝負強さこそ力の根源圧巻フリーを記者分析」、2018/02/17/16:30)

演技構成点に反映されているスケーティング技術では、羽生選手とフェルナンデス選手はほぼ互角で、宇野選手はフェルナンデス選手に劣後するが、そのギャップを埋め合わせるのが、後半のジャンプでの加点を狙うプログラム構成。

ソチ五輪当時にパトリック・チャン選手に勝つために、羽生選手/オーサーコーチが採ったタクティクスと全く同じ。

氷上の外で試合は始まっていることを改めて感じさせる(*´∀`)

宇野選手は、試合後のインタビューで、あまり五輪を意識しないコメントでいい意味での不思議ちゃんぶりを全開させているが(笑 、

冒頭での四回転ループを失敗した場合、次の4回転フリップを必ず成功させる練習を重ねてきたと、インタビューで言及していて、

失敗→不安という連鎖を予め断ち切るように心理的な刷り込みをかけてきていて、凄い(*´∀`)

練習とバックアッププランでメダルの色が変わる・・大会の氷上の外で既に始まっている勝負の重さと、4年前のソチ五輪での羽生選手vsパトリック・チャン選手の対決の再現を感じさせる、

宇野選手の素晴らしい銀メダルだった(*´∀`)

ーーーーーーーーーーー

【13422】平昌五輪、女子スピードスケート小平奈緒...
 かっくるなかしま  - 18/2/19(月) 0:33 -

引用なし
パスワード
   ヽ(*´▽)ノ♪ よい

ヽ(^。^)ノ よい

o(^-^o)(o^-^)o よよいの

(o≧▽゜)o よい

・・・

勝てるはずだとは思っていても、絶対と言われていてそうならなかった場合のショックは大きい。

マジに祈る思いでテレビの画面に張り付いてレースを観ていました(;_;)

ホッと(*´∀`)

ttps://w
ww.nikkansports.com/m/olympic/pyeongchang2018/speedskate/news/201802180000784_m.html?mode=all
(日刊スポーツ、「小平奈緒、「22カ月計画」の末につかんだ金メダル」、2018/02/18/22:58)

2年間ものオランダへの武者修行を経ての22カ月であり、その22カ月は修行経験を自分のものとして咀嚼・吸収し、メンタル・技術の両面で完成させる22カ月だったのでしょう。

怪我からの劇的な復活という羽生選手のケースと違って、積み重ねの長期プランの結実はなかなか一言では言い表せず、

これで金メダル未満であったらたとえ銀メダルでもその構想と努力の記録は世の中的には埋没しかねず、

であるだけに小平奈緒選手の下馬評に負けない金メダル獲得は、

嬉しいっす(;_;)

・・・

フィギュアスケートが夏季五輪での体操の床運動であるとすると、スピードスケート500mは陸上短距離100mに相当するシンボリックな競技であるから、その頂点を極めることはとてつもなく凄い。

天与の身体能力で結果が決まってしまうように思えるが、必ずしもそれだけでなく、技量とその習熟によって、身体能力の差違を克服できるということを示しているところがまた凄い(*´∀`)

>> (オランダ修行後) 体が戻ると、技術面に着手した。コーナーワークを磨くため、ショートトラックのリンクでの練習量を増やし、細部の感覚を意識した。さらに、男子選手との滑る量を増やし、スピード感を体に覚え込ませた。100メートルの通過タイムが上がったことで、全体のスピードも上がった。


最初の100mの10秒2台のラップに観られるように、それはその通りだけれど、別の断片的な報道では、オランダからの帰国後、どこかの大学で全身にセンサーをつけて滑走し、コーナリングでの重心のブレをデータ化/画像化して、フォームの修正にフィードバックし、減速しがちなコーナリングでの加速に結びつけ、最初のコーナーを経たところで早々とトップスピードを得るという離れ業を成し遂げていた。

その成果は今回の競技でも、直線コース(200m→300m)で異様にスピードが上がっていたところに如実に現れていた。

氷上の競技は摩擦係数が低いことを利用するが、コーナーでは遠心力の慣性に抗うことになり、慣性は質量(従って体重)に比例するため、天与の身体能力は中立的であり、むしろ技量がパフォーマンスを決定的に左右する。

その技量の獲得に挑んでの今回の小平選手の挑戦だったかに思う。

ここまで極めての挑戦であっただけに、結果を伴わないわけがないと頭では確信しつつも手に冷や汗を握って観戦してしまった(^^;

ホッと(*´∀`)

これで明日の金メダル候補の女子パシュートを少し肩の力を抜いて観戦できる(笑

・・・

身体を微細に制御する、その意味での総合的な精神力(抽象的だな(笑 )を所与としつつ、22カ月計画に潜む科学的合理性にとても興味深いものがありました。

関連して解剖学(↓)。

この記事は、小平選手の金メダル獲得で表題を含めて内容が更新されているけれど、もともとの記事は金メダル獲得という結果とは無関係で、オランダ武者修行で小平選手がどう変わったのか? (喩えとしてのF1の箇所) そして見えにくい小平選手の強さの秘訣が、長野五輪男子スピードスケート金メダリストの清水宏保氏が解説している。

ttps://dot.asahi.com/wa/2018021800020.html?page=1
(朝日/AERA、「女子初の金メダル! 小平奈緒の”F1”滑りの原動力となった解剖学って?清水宏保が解説」、2018/02/18/17:04)

>> 解剖学? はたしてどんな役に立つのか。

>> 「筋肉のイメージが画像診断のように思いつくので、トレーナーに自ら筋肉の状態を説明し、指示することができる。本当の意味でのインナーマッスルにつながっています」(清水さん)

とても興味深い(≧∇≦)b

と言うのも、たまたま今日の日テレのバンキシャで、羽生選手に密着取材していたエピソードの一部が披露されていて、羽生選手が興味を持って論文の収集に努めていたのが《解剖学》であり、同じく記事中にある《運動力学》に他ならないから。

この動作でどういう力が働き、それが身体にどういう影響を及ぼすのか、知りたいし数値化したいと羽生選手が言っていて、

皆さんに感謝しますの羽生選手とは違う羽生選手が垣間見えて興味深かったし、

それぞれの競技で断トツとも言える両金メダリストの意外な共通項を、解剖学と運動力学に観ました。

科学的合理性を極めての戦いに臨む、ということでは、

明日の女子パシュートが大いに注目されるところです。

夏季五輪での陸上男子400mリレーに似た愉しみ(*´∀`)

ーーーーーーーーーーー

・ツリー全体表示

【13419】トランプが北と戦争などやるわけがない
 阿怪  - 18/2/17(土) 18:42 -

引用なし
パスワード
   いまだに米国が北を攻撃するという馬鹿げた世迷い言を
いう批評家がいるが、ばかばかしくて片腹痛い。

あんな頭のイカれた小心者が北と一戦構えるはずがない。
一人だったらやっていたかもしれないが、爺さん、
引退後の娘婿の会社のことしか考えてない。こんな商売人に
大統領の決断を求めるほうが無理。

戦争は総力戦だ。
国内でCIAやFBIと反目しあっていてどうやって戦争など
遂行できるのか、ばかばかしい。
ましてや露のスパイ疑惑をもたれているクズだ。
それどころじゃない。

あらゆる点から考えてあの老いぼれ大統領がすることは
ひとつ。北と話し合いをもつこと。
もちろん北はおいぼれの能力を見切っているから、
おいそれとは対話なんかに乗らない。

結局、おいぼれは日本を切るしかない。
日本を切って中国、北、韓国のなせるままにするだけ。
このおいぼれが病気でもなんでもいいから早くくたばらなければ
日本はどんどん追い込まれる。

それだけの話しだ。

・ツリー全体表示

【13404】生存確認
   - 18/1/1(月) 12:15 -

引用なし
パスワード
   皆さん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年に一度出現するレアキャラの英です。
皆さんお元気なようで何よりです。
私は体調不良が長引き、とうとう腹が出てきました(^∀^;)
引っ込めたるぞー!!

【13408】Re:生存確認
 都民  - 18/1/8(月) 14:29 -

引用なし
パスワード
   皆様

新年 明けましておめでとうございます。

都民です。

久々に海外に行っておりましたのて、ご挨拶が遅れました。
申し訳ありません。

NZのギズボーンという田舎町に滞在しておりました。
キャプテン・クックの上陸地点として有名?ってだけで
のどかな町です。なんせ、ヒッチハイクで
通勤するヤツがいたりします。

こんな田舎でも世界の動きは伝わっていて
市民はなんとなくですが世界のニュースに耳を傾けています。

今年は平穏な一年が過ごせればと、平穏すぎる町から
思ってしまいました。(地震はあったような…)

本年もよろしくお願いします。

【13409】Re:生存確認
 佳之輔  - 18/1/9(火) 2:15 -

引用なし
パスワード
   ▼皆さま:寒中見舞い申し上げます.

昨年は身内を亡くし,更には会社の都合で半年間関東へ….
共通していても慣れぬ仕事に苦闘しました.
その間,かっくるなかしまさん,辰乃与太郎さん,こっかんさんには大変お世話になりました.
一方で3回の靖国参拝(しかも内1回は奉納大相撲観戦),横須賀軍港巡り,わんこもふもふ,長野や新潟遠征,更にはワルいこと??もやってました(謎
ある意味「働きながら修学旅行」してたのかも知れません.

盛夏に地元に戻りましたが,さすが関東は「日本の中心」….交友関係も文化も地元では中々付いて行けない….

一方で最近白髪が増えた….しかも鼻の中まで….
そんなことより,神様のご褒美で○○○○の□□□□□が欲しい….


>>かっくるなかしまさん&辰乃与太郎さん
近日中にメール致しますので宜しくお願いします.

【13410】Re:生存確認
 憲法九条改正  - 18/1/9(火) 17:35 -

引用なし
パスワード
   すっかり忘れてました<(_ _)>

明けましておめでとうございます。

昨年は、30数年務めていた公僕の仕事を無事?終えて現在は、派遣社員をやっております。
初の民間企業でのお仕事は大変です。しかし、新しい発見も沢山あって充実した日々を過ごしています。

懸案は運動不足ですね!周辺状況が好転したら登山を再開したいと考えています。

【13411】Re:生存確認 遅くなりました
 あぶさん  - 18/1/10(水) 12:15 -

引用なし
パスワード
   皆さん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

まだまだ生きております。
皆さんの書き込みを楽しみに読んでます。(^^

・ツリー全体表示

【13388】いまだに北の攻撃や脅威を煽る日本のテレ...
 阿怪  - 17/11/25(土) 20:52 -

引用なし
パスワード
   何度もいうが、北からの、どのような国への、どのような攻撃もありえないし、また、米国による北への先制攻撃もありえない。
これは1000%間違いない。

静かに考えてみれば中学生にもわかることだが、中学生以下の世界観しかもてない一流大学出の大人が
テレビのワイドショーでマンガ以下の北の脅威や攻撃をきょうもお茶の間に煽っていた。いったいどのような陰の意図があるのか?

経済的には韓国、日本は実質、アメリカの経済的身体の一部になっている。
たとえばサムスンの大株主は実質米国のシティ銀行だ。
あるいは日本の伊藤忠だ。
米朝戦争などやらかして韓国が火の海になり日本が火の海になれば、アメリカ経済は片手片足をもがれたに等しくなり、連鎖的な影響によって国力は半滅する。
そんなことをだれが欲するか?

中東の部族国家に何発ミサイルを撃ち込もうとどうってことはないが、北に一発でもミサイルを撃ち込めば、その時点でアメリカは終了する。
もちろん北朝鮮は壊滅的打撃を受けるだろうが、アメリカにとって小国でしかない北朝鮮が壊滅的打撃を受けたって受けなかったとてどうでもいい割にその代償は大きい。
この程度のかんたんな理屈もわからないのだろうか?

アメリカが経済的に破綻して、中国、ロシアを利したいなら米朝戦争をやればいい。そんなバカがいるとすればさっさと終わったほうがいい。

核?笑 北朝鮮が核をもとうがもつまいが日本にとっても米国にとっても実質どんな脅威でもないこと、これも、明らかなことだ。
たしかに核ミサイルはいまのところ史上最強の兵器だ。しかし、この兵器は「使えない」兵器でもある。
最強の兵器だが使えないのだ。そして、使うときはその国が「終わる」ときだ。
終わりたくないならだれも使わない。それが現代の核ミサイルだ。
こんなものが実質的な「脅威」であるわけがない。
それより経済的な侵略のほうがはるかに怖ろしいし、効果がある。

もう一度、いっておきたいとおもう。
韓国と日本の経済が壊滅的な打撃を受けるということは米国の経済が壊滅的な打撃を受けるということであり、そのような戦争は決して起こらないしあり得ない。
もし米朝戦争なんかをマジに考えているやつがいるとすればキチガイか本物の阿呆だ。

しかし「脅威」を煽ることはカネにある。どの国にとっても。北にとっても都合のいい話だ。

・ツリー全体表示

【13320】お笑いニッポン! 緑のタヌキ騒動
 阿怪  - 17/10/25(水) 9:34 -

引用なし
パスワード
   週刊新潮が報じる希望の党新人候補たちの選挙活動中のバカぶり、お粗末ぶり、
イカレぶり、異常さが話題である。

お一人頭、ないやかやでトータル一千万ちかい出費を強要され、党首との写真撮影まで3万をぶん取られた泡沫候補たちは選挙でどう戦ったかというと、「死者累々」と新潮は表現しているが、それも爆笑なしには済まされない死者たちなのだ。

ある候補者は仕事の代役が来てくれなかったので選挙期間中ずっと本業の仕事をしていたとか、
ある候補はじぶんの選挙区を知らず他人の選挙区に事務所を開いたり、ある候補はビジネスホテルを選挙事務所にしたが、
ポスターが山のようにうまって居場所がなくなり、地元の対立候補に預かってくれるよう頼みに行ったとか
もう、むちゃくちゃで、それというのも、どの候補もあれだけ金をふんだくっておきながら希望の党からはいっさい支援も相談する部署もなく、
本部と連絡すらとれず! 来たのはたった一通のメールだけだっとか。

落ちた150名ほどの新人たちはちょっと信じられない選挙戦を強いられたわけで、かれらからは、
「おれおれ詐欺に遭った」「豊田商事だ!」という非難が発せられているらしいが、非難される相手もひどいが、するほうもひどい。笑
どっちもクソだとおもう。

しかし、これがいまの日本の姿なのだから呆れてものもいえない。
これじゃ中韓両国から舐められて当然だろう。

【13321】Re:お笑いニッポン! 緑のタヌキ騒動
 かっくるなかしま  - 17/10/25(水) 12:51 -

引用なし
パスワード
   ▼阿怪さん:

こんにちは。

笑える(≧∇≦)b

・・・

>週刊新潮が報じる希望の党新人候補たちの選挙活動中のバカぶり、お粗末ぶり、
>イカレぶり、異常さが話題である。
>お一人頭、ないやかやでトータル一千万ちかい出費を強要され、党首との写真撮影まで3万をぶん取られた泡沫候補たちは選挙でどう戦ったかというと、「死者累々」と新潮は表現しているが、それも爆笑なしには済まされない死者たちなのだ。

>ある候補者は仕事の代役が来てくれなかったので選挙期間中ずっと本業の仕事をしていたとか、

どひゃ〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ

>ある候補はじぶんの選挙区を知らず他人の選挙区に事務所を開いたり、

どひゃ〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ

>ある候補はビジネスホテルを選挙事務所にしたが、
>ポスターが山のようにうまって居場所がなくなり、地元の対立候補に預かってくれるよう頼みに行ったとか

どひゃ〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ

>もう、むちゃくちゃで、それというのも、どの候補もあれだけ金をふんだくっておきながら希望の党からはいっさい支援も相談する部署もなく、
>本部と連絡すらとれず! 来たのはたった一通のメールだけだっとか。

(ノ゚ο゚)ノうわっ

235人立候補して185人落選したので、

一人当たりの選挙費用は約▲2000万円なので、

185人x▲0.2億円/人=▲37億円。

民進党からの移籍組に対して一人当たり約+1000万円の支度金が出ているとして、約100人で+10億円。

希望の党の落選者トータルで▲20億円くらいの借金を背負う感じです。

記憶では旧みんなの党▲10億円未満(8億円くらい)のおカネの工面がつかず解党していました。

235人の擁立は、民進党の正式な分党を経て政党助成金の分与なくしてあり得ず、

一人当たり分与額は約1億円なので、(概算140億円/衆参140人、公示前)

約50億円の分与の見合いで擁立(支出▲37億円)していたものと推測されます。

ところが、民進党が参院+無所属ベテランで存続すると、

そして、希望の党への合流構想がリセットされると、

分与の話は帳消し(チャラ)になるので、

希望の党は、財政的/金銭的に回らなくなるかも。

民進党は今回の選挙で候補者を立てていないので、

競合しなかったという理由で、民進党への復帰は可能です。

政党助成金の受給は年内に資格確定なので、

民進党の再結成は先の話としても、

旧民進勢力の政党別勢力図は年内に決まり、

希望の党がどうなるか?も高々2カ月で見えてくるとなります。

金欠で組織を欠いている希望の党は、アウトじゃないでしょうか(*_*)

>落ちた150名ほどの新人たちはちょっと信じられない選挙戦を強いられたわけで、かれらからは、
>「おれおれ詐欺に遭った」「豊田商事だ!」という非難が発せられているらしいが、非難される相手もひどいが、するほうもひどい。笑

(ノ゚ο゚)ノうわっ

>どっちもクソだとおもう。

(≧∇≦)b

>しかし、これがいまの日本の姿なのだから呆れてものもいえない。
>これじゃ中韓両国から舐められて当然だろう。

ではまた(^-^ゞ

ーーーーーーーーーーーー

【13326】その後の希望の党〜安保法の考え、民進と...
 かっくるなかしま  - 17/10/26(木) 16:33 -

引用なし
パスワード
   安保法の考え、

民進と変わらずと希望の党( ̄O ̄)

ttp://w
ww.fnn-news.com/sp/news/headlines/articles/CONN00374544.html
(FNN、「希望、安保法の考え、民進と変わらず」、2017/10/26/05:31)

>> 希望の党は、25日に開いた両院議員懇談会で、安全保障関連法について、「民進党の考え方と変わりはない」という認識を確認した。

選挙戦の中盤で、若狭氏や小池氏らが「モリカケガー」とやり始めて、彼らを改憲勢力と見なすことをやめて、

深夜の開票では、与党が議席総数の2/3に到達したことを確認して寝たが(笑、

案の定、

お粗末(≧∇≦)b

政党ロンダリングで旧民進党は焼け太ったな(-_-)

ーーーーーーーーーーーー

【13335】その後の希望の党(その2)〜帰結が「大民進...
 かっくるなかしま  - 17/10/28(土) 20:05 -

引用なし
パスワード
   表題副題は東洋経済のこちら(↓)から。

ttp://toyokeizai.net/articles/amp/195149?display=b
(東洋経済、泉宏、「希望の党、帰結が「大民進復活」では酷すぎる〜2人の「敗軍の将」の進退に際立つ後味の悪さ」、2017/10/28)

希望の党が、というより、伝える側の東洋経済の取り上げ方に合点がいかない(´・ω・`)

イントロの箇所(↓)。

>> 多くの国民が「結局、何も変わらなかった」と嘆息した衆院選の自民圧勝から5日たった27日、選挙の喧騒に代わって、敗北した野党陣営の"戦後処理"ともみえる離合集散騒ぎに永田町の耳目が集中した。

多くの国民は、何も変わらなかったことに、落胆したのだろうか? (´・ω・`)

変わることがいいことで、変わらないことがよくないことであるかのような捉え方は、

報道の入り口からして「バイアス」(予断、偏見)がかかっている。

控え目に観て、多くの国民が変わらないことを選択したということが、厳然たる事実であるはずだ。

・・・

次に、記事の最後の箇所(↓)。

>> 首相が国政選挙5連勝で自民党総裁3選を果たした場合、「最大の貢献者は小池、前原両氏」(首相経験者)というブラックユーモアとなるのでは、小選挙区や比例選で希望に投票した有権者はまったく浮かばれないことになる。

最大の貢献者は小池、前原両氏というのは、単なる事実。

首相が総裁3選を果たすかどうかは、自民党内で決まることであって、希望の党への投票者とは、全くの無関係(-_-)

記事のヘッドラインにあるように、

希望の党、帰結が「大民進復活」では酷すぎるか? と言えば、

大民進復活で落胆するとすればそれは、

希望の党への投票者ではなくて、立憲民主党への投票者でしょう、

何故なら、希望の党に投票したのと同じことになるのだから(-_-)

ーーーーーーーーーーーー

【13373】その後の希望の党(その3)〜小池百合子知...
 かっくるなかしま  - 17/11/14(火) 20:04 -

引用なし
パスワード
   世論同様、

都政に専念すべきであるとは思うが、

小池氏の場合、汚れ仕事ができない/しない、と観てしまっているから、

都政に時間的に専念しつつ、共同代表は継続で、

立ち上げてしまった希望の党にも、最後まで責任を負うかどうかが、

評価上のポイントであったかに思う。

ttp://w
ww.huffingtonpost.jp/2017/11/14/koike-kibou_a_23276364/
(ハフィントン、「小池百合子知事、希望の党代表の辞任を表明、何を語った?(発言詳報)」、2017/11/14/17:27)

小池氏が何を言っているかに興味が湧かない。

たやすく投げてしまえば、

都政に専念しようとも上手くいかなければ、

たやすく投げ出すのだろうと思う(´・ω・`)

ーーーーーーーーーーー

・ツリー全体表示

【13358】セールスマン、トランプ一家と日本人の醜...
 阿怪  - 17/11/8(水) 5:25 -

引用なし
パスワード
   まずは今朝の報道記事から。

【韓国政府が、7日夜の晩さん会に、いわゆる元従軍慰安婦を招待したことなどについて、政府は、外交ルートを通じて、抗議したことを明らかにした。菅官房長官は、日韓両政府が国際社会の場で、慰安婦問題をめぐり、非難し合うのを控えることを申し合わせた、2015年の日韓合意に反するとの立場を示した。】(yahooニュース)

ところが!トランプは韓国の公式晩餐会で文とともに元「慰安婦」を出迎え、抱きしめたのだ。笑

いやはや、欧米各国では日本の「慰安婦」問題についての立場にやっと一定の理解を得てきたというのに、トランプによって日本の慰安婦に対する立場は一顧だにせず踏みにじられてしまった。とうぜんこのことは最初からわかっていなければならない。
公式晩餐会に元慰安婦を招待することはじつは米国務省の戦略なのだ。招待客は米韓両国の事前の承認が必要な事項なのだから。そこでトランプが元慰安婦を抱きしめることも韓国民の歓心を得るために決まっていた演出とかんがえられる。もちろん日本のような属国の立場などトランプ政権は屁ともおもっていない。すべては武器を売るためのセールステクニックなのだ。以下のニュースがそれを如実に示している。

韓国、「数十億ドル」規模の米国製兵器を購入へ 米大統領が明かす。(yahooニュース)

さらにはこの公式晩餐会でわざわざ不法占拠している竹島でとれたエビを大統領に出したという。笑
もはや北朝鮮どころではない。韓国は、あきらかに北朝鮮以上に敵対的であり、侮辱的であるといえる。もっとも韓国や北朝鮮のような小国を相手に大国日本がいちいちめくじらを立てることもないのだが、米国が日本をじつは屁とも思っていないし、日本の立場などいつでも踏みにじる国であることはよく覚えておいたほうがいい。イヴァンカだのメラニアなどと浮かれている国民はそのうち痛い目にあうだろう。

・ツリー全体表示

【13051】安全保障を語るスレッド・その19
 退役軍人  - 17/2/11(土) 21:30 -

引用なし
パスワード
   皆様

前スレッドが一杯になりましたので後継スレッドを立てます。


ひとつよしなに。

【13344】Re:米軍第7艦隊管轄海域、空母3隻態勢に...
 tomyk  - 17/11/3(金) 0:10 -

引用なし
パスワード
   ▼退役軍人さん
▼かっくるなかしまさん

斬首作戦をせずにインフラの徹底破壊・・・
えっげつなぁ・・・
自分の想像をはるかに超えてました。

文大統領が一番嫌がるやつじゃないですかあ、やだー。

これって確実にアメリカ側の「敵」が大損害受ける作戦概要ですよねぇ。

北朝鮮が弾道弾発射準備を進めてる報道がありますが、「花火」なら無視して「こいつらはやはり危険だ!」とするだけ。
「ミサイル」ならトリガーを偉大なる若き指導者が引いてしまったことになり、中国もロシアもアメリカの提案で「分割統治」ですか。
韓国は金を毟られるだけ。
中露も重荷となるっと。

北朝鮮、積んでませんか?

【13346】Re:米軍第7艦隊管轄海域、空母3隻態勢に...
 かっくるなかしま  - 17/11/3(金) 1:00 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん:
▼退役軍人さん:

こんばんは。

>斬首作戦をせずにインフラの徹底破壊・・・
>えっげつなぁ・・・
>自分の想像をはるかに超えてました。

ヒット&アウェイ(;´∀`)

城攻めで言えば備中高松城の戦いか・・

国連決議の包囲網で兵糧(食料と資源エネルギー)を断っているから、復興できません(;´∀`)

>文大統領が一番嫌がるやつじゃないですかあ、やだー。
>これって確実にアメリカ側の「敵」が大損害受ける作戦概要ですよねぇ。

ロシアのGDPは高々イタリア程度だから、ちょっかいは出せても支えられない。韓国はグダグダやるとFTAでアウト。中国は協力しないと構造調整(貿易問題と民間非金融部門の債務問題)で手が回らなくなる。

アメリカ側の「敵」にとっては厳しい状況。実弾と、仮想実弾(貿易と通貨)の三段構え。痺れる(;´∀`)

>北朝鮮が弾道弾発射準備を進めてる報道がありますが、「花火」なら無視して「こいつらはやはり危険だ!」とするだけ。

迎撃するでしょうか(;´∀`)

>「ミサイル」ならトリガーを偉大なる若き指導者が引いてしまったことになり、中国もロシアもアメリカの提案で「分割統治」ですか。

全く。撃ったらアウト。新たに平壌ラインを引いて南側が米韓、北側が東西で中露、平壌は3分割でしょうか。

>韓国は金を毟られるだけ。

全く。

>中露も重荷となるっと。

全くっす。

>北朝鮮、詰んでませんか?

雪隠詰めでしょう。

我が国など眠れるなんとかもいいところで、普通にGDP比で防衛費を2〜3%にして、敵地攻撃能力を保有して、軽空母艦隊を編成して、内閣直下に情報機関を設置して、憲法を改正して・・普通に恫喝してみて欲しい(笑

では(^-^ゞ

ーーーーーーーーーーーー

【13348】Re:米軍第7艦隊管轄海域、空母3隻態勢に...
 tomyk  - 17/11/4(土) 7:53 -

引用なし
パスワード
   ▼かっくるなかしまさん
▼退役軍人さん
おはようございます。

今朝思い出しました。
経済封鎖後、社会インフラの徹底破壊。
これ、オレンジプランの最終段階じゃないですか。
制海権はアメリカの手中にありますし。
既に存在した戦略プラン。
なるほどなー。

【13349】トランプ大統領、「武士の国」日本が動く...
 かっくるなかしま  - 17/11/4(土) 12:05 -

引用なし
パスワード
   トランプ大統領、

「武士の国」日本が動く可能性を中国に警告ヽ( ̄▽ ̄)ノ

ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000034-jij_afp-int
(Yahoo!/時事通信/AFP、「トランプ氏、対北で「武士の国」、日本が動く可能性を中国に警告」、2017/11/03/21:34)

どういうことなのかよく分からないが(笑、

1) 米国が我が国を(政治的・軍事的・経済的に)押さえつけても優先順位付けとして意義に乏しい、

2) 米国が単独でヘゲモニー(ドル基軸)やプレゼンスを維持するには経済的リソースが足りない、

3) 戦後の日米関係は、封じ込め→協力→封じ込め→と変遷してきた、

4) 2016年は日米にとっての戦後史の節目となる年であった、

帰結として、

眠れる虎を野に解き放つ、

それでもいいのか? ということでしょう。

やっと普通の国からのスタートか(*´∀`)

ーーーーーーーーーーーー

・ツリー全体表示

【13343】米国による北朝鮮攻撃はあり得ない
 阿怪  - 17/11/2(木) 20:43 -

引用なし
パスワード
   たしか今年の4月ごろから、ネット上ではいま準強姦罪で騒がれている
山口敬之氏や元外務省主任分析官の何某らが、すぐにでも米朝戦争がはじまる
ようなことを書いていた。いや、かれら二人だけではないが。

しかし、今もって、まったく音沙汰なしである。緊張は高まるものの戦争の兆候は
皆無である。あたりまえだ。笑
常識で考えても米朝激突、まして米国による一方的なミサイル攻撃もしくは爆撃などありえない。

おそらくこの人たちの脳裏には2017年4月7日に米軍がシリアをミサイル攻撃したことが念頭にあるのだろう。
その伝で、北朝鮮もシリアのように圧倒的な量のミサイル攻撃をして破壊してしまえばいい。「戦争は一瞬で終わる」。とかいう人もいる。
バカいえといいたい。
わたしは軍事のシロウトだが、こんなたわけたことをぬかしている輩は、わたしより愚かな連中である。

北朝鮮はシリアとは国家の構造がまるで違う。
自国で自前の自動車(ピョンファ自動車)を生産できるだけの経済構造や国力を持つた国だ。
砂漠のど真ん中にテントを張っているような程度の国ならミサイルを撃ち込んでも反撃はないが、
北朝鮮にあんな真似をすれば、一瞬にして韓国は火の海になる。つまり休戦中の朝鮮戦争の再開だ。

わたしは若い頃といっても二十代のころ、朝鮮戦争に興味を持って、それを題材に小説を書いた。
膨大な資料を読み込み、さまざまな伝記やルポなどを読み漁った。なかでも毎日新聞記者だった大森実の戦後秘史が傑作で、朝鮮戦争に参戦に踏み切った中国の裏舞台が目に見えるように描かれていた。

背筋が寒くなるような圧倒的な、断固たる軍事力だった。
(といっても火気はなく、何十万という兵士が素手で国境を警備している米軍兵士にお襲い掛かったのだ。バズーカを打ち込もうが機関銃を撃とうがそんなものは海に小石を放り投げるようなもので、またたくまに国境を警備していた米軍は壊滅した)
この戦術をもって「人海戦術」という言葉が一時、日本では流行ったと聞いている。

周恩来は最初から参戦するつもりで北朝鮮軍が圧倒的優位に立っていた開戦初戦から、中国軍の精鋭部隊を中朝国境に密かに列車で輸送していた。その数は数百万といわれている。いつか出番が来ると周恩来は読んでいたのだ。

仮に、マンガじゃないが、イラクと同じように米軍がポンポンとミサイルを撃ち込んで北朝鮮ミサイル施設を壊滅したとしても、陸のほうでは非常に悲惨なことが生じることになる。
おそらく北の精鋭陸軍が韓国陸軍と「人海戦術」で圧倒的な陸戦や市街戦を繰り広げるだろうし、
仮に北が不利になれば中国は中朝、国境線に迫ってきた韓国軍を撃破するだろう。
さあ、そうなればロシアも黙ってはいない。
米国は世界大戦をするか、引っ込むかの瀬戸際に立たされる。

.......そんなことを、政権の安定もしていないトランプに出来るかどうか常識で考えてみればいい。
この勝負は北の勝ち。圧倒的な勝ちだ。核搭載ミサイルまでいくかはともかく、一定のものは認めるしかない。
トランプは無策な言い合いを続けるのなら、いつまでも、引退するまでこの膠着を維持して終わりだとおもう。
ちなみに金生恩は欧州で学び、政治哲学もなにもかも欧州の実利哲学を見につけている。甘くみてはいけない。

【13345】Re:米国による北朝鮮攻撃はあり得ない
 tomyk  - 17/11/3(金) 0:20 -

引用なし
パスワード
   ▼阿径さん

こんばんはです。

現状、どの国も大規模な正面からの大攻勢を行う国力はありません。
金がかかり過ぎます。
大国間では収奪目的とした侵攻作戦をするメリットが無いのです。

現状の状況から大きく逸脱する事態となれば、限定的な相手の「嫌がるところを」突く「外交戦」が主です。
砂漠の国家間での陣取りゲームくらいじゃないですかね。
中国も田舎芝居じみた成金のような札束をチラつかせて相手に浸透していく方法で「侵略」していますしね。

北朝鮮への強行策でも、今日の退役軍人さんの書き込みで改めました。
自分にはまだまだ想像力が足りないようです。

【13347】Re:米国による北朝鮮攻撃はあり得ない
 阿怪  - 17/11/3(金) 5:23 -

引用なし
パスワード
   ▼tomykさん

おはようございます。

>現状、どの国も大規模な正面からの大攻勢を行う国力はありません。
>金がかかり過ぎます。
>大国間では収奪目的とした侵攻作戦をするメリットが無いのです。

テレビやネット(youtube)で自称軍事評論家や批評家がさまざまな絵空事を
空想で語っていますが、まったく呆れてものもいえません。
たとえば「斬首作戦」笑 斬首作戦って中東のような部族国家相手にするのならともかく北朝鮮のような国を相手に斬首作戦って、マンガの読みすぎじゃないのとしかいいようがないのですが、さて、

仰るように大国間で「収奪目的の」「侵攻作戦」なんかありえないでしょう。
しかし自国の安全が直接驚かされるような事態が生じれば各大国は毅然として立つことは間違いない。
ロシアだって米国だって立つでしょう。

しかし米国の安全保障が北朝鮮に脅かされているのか?といえばそんなことはない。
“影の大統領”バノン上級顧問が解任される寸前にすっぱ抜きましたが、「北朝鮮と遊んでいるときじゃない」ぞと。北なんか米国にとって何の脅威でもありえない。
ばかばかしい茶番、妄想ですよ。トランプがひとりで煽っているだけで、それに
のっかった金生恩と漫才を繰り広げているだけです。

こういう「世界危機」の製造は米国、中国、ロシアといった大国にとっては必要不可欠なものでデメリットもあるけどメリットもある。
それは金さんも同じ。金さんにとっては国民の敬意と支持を得るだけが大切なので米国と毅然と対峙する姿は権力維持と安定に絶大な効果がある。

問題は我が国に北朝鮮の核開発がどれほどの脅威になっているかですが、韓国が核開発を進めればこれはよほどの脅威ですが(日本は韓国に竹島を不法に占拠され、世界中に慰安婦像をばらまいて国体を辱められているので、韓国が核を持つようなことだけは死を賭してでも防がねばならない。北なんかより何千倍も危険な国は韓国です)。しかし北が核をもってもわたしはそれほど脅威とはおもえない。その気になればいくらでも話し合いの余地はあるとおもう。ただし、安倍にそんなことができるとはおもえませんが。

・ツリー全体表示

【13322】安倍政権が今やろうとしていること その...
 阿怪  - 17/10/25(水) 19:45 -

引用なし
パスワード
   みなさま今晩は。
じつはわたし詩ばかり書いていて政治経済は中学生以下の知識しかありません。
ただ、安全保障については実感として危機感を覚え、安倍氏の政策に共感しておりました。
この度、やっと安倍政権の経済政策についてほんのすこし齧ってみましたが、これが超弩級のとんでもないカルト政策だということが判明しましたので、すこし投稿させていただきたいとおもいます。


安倍首相は昨年、米国の証券取引所で講演し「日本は世界最速で永住権を与える移民国家をめざします」と宣言した。
今年からもうそれが実行されているようだ。現場では、わずか一年で永住権を中国人移民に与えている。
youtube.com/watch?v=B1MJIRjOgas&t=107s
(エラーが出ますので冒頭に例の笑いマーク3つとTPPをつけてください。)

日本には毎年20万人の外国人を受け入れるそうだ。それによって二十年後も一億二千万の人口が維持できるという。
youtube.com/watch?v=oKxoANbzCWQ&t=148s
(エラーが出ますので冒頭にお決まりのをつけてください。)

要するに国民のためというより大企業の生産性を維持するために国の歴史も風土もぶっこわしてもかまわないという政策である。
二十年後は八千万に減少するという厚生省の予測が、これによって一億二千万を維持するのなら、ご十年後は半分は中国人になってしまう。笑
それでも大企業がこの国で稼働できれば問題ないという考えだ。

若者たちはこんな亡国政策を容認するのだろうか???仕事を奪われて賃金も下がりっぱなしで結婚できず少子化が進んだ。それをまかなうために移民を受け入れるわけだが。若者はその存在を移民の労働者以下の扱いを受けている。&#65279;

いま世界の先進国は移民受け入れ反対、反グローバリズムの嵐が吹いている。
これに逆行する安倍氏の共産党の計画経済のような移民政策は、日本という国体の歴史や風土を根底から覆して無化する。

こんなことを平気で考える安倍は果たして何者なのか???

【13328】安倍政権が今やろうとしていること その2
 阿怪  - 17/10/27(金) 18:09 -

引用なし
パスワード
   安倍政権の経済政策を思想的というか哲学的な面から眺めてみると、
この国では(というか世界の主要先進国すべてにあてはまるのだが)、
「グローバル資本主義」と「国民国家」の利益相反という事態が生じている。

国民国家に対する帰属意識が少ない企業ほど国民国家から多くのサービスを期待できる
という倒錯した法則が成立する社会になっている。
ここで両者の定義が必要だろう。

1.国民国家というのは、国境があり、官僚制度があり、常備軍があり、国籍と帰属意識を持つ「国民」を成員とする共同体のことです。
と、内田樹という自称思想家は説明するが、こんな定義は必要もないだろう。あたりまえのことだ。犬畜生だって一種の〈国民国家〉意識を本能的に形成している。たとえばオオカミの群れのリーダーは成員のために敵と戦い、縄張りを守り、餌をとり、それらを成員と分け合う。成員はリーダーを崇め、その統率のもとに動く。

もしオオカミの各グループのリーダーたちが、成員を無視して、互いの他のグループのリーダーたちだけで獲物のおいしいところを分け合い、成員にはわずかしか獲物を与えないどころか、餓死しても平気でいるようなら、もはやグループなどというものは成立しない。各グループは各リーダーたちの道具でしかなく、自然の営みは根本から覆され、あらゆる関係がずたずたになってしまう。これがいわゆる現在世界に現象しているグローバリズムであるといえる。

2.グローバル企業はもはや特定の国民国家には帰属していない。経営者も株主ももう同じ国の国民ではない。言語も宗教も生活習慣も異にしている。
と内田樹は定義する。
彼らに共通するのは、企業の収益を増やし、株価を上げ、適切なタイミングで売り抜けて自己利益を確保すること、それだけである。
日本の大企業はすでにほとんどがグローバル化したか、しつつある。そういう企業は同胞の雇用にも、企業城下町の支援にも、祖国の国益の増大にも、もう関心がない。仮に関心があっても、外国人株主からは「そんな余分な金があるなら株主に配当しろ」というクレームがつくだろう。

つまりこういうことだ。国民国家の長(日本なら安倍首相)は、本来なら日本国という法制下に居住し、税を収めている国民たちの利益のために政治をしなければならないのに、本能の壊れたオオカミの群れのリーダーたちのように、私利私益の充足のために政(まつりごと)を行っている。

国富を私財に移し替えることに熱心な人間、公共の福利よりも私利私欲を優先する人間を当の国家が全力で支援する。それが今、アメリカでも中国でも日本でも、そしておそらく韓国で起きていることの実相だと、自称思想家の内田樹はいう。

面白いのは以下の指摘だ。これはさすがに思想家でなければなかなか見抜けない卓見だとおもう。

●グローバル資本主義は「寿命が5年の生物」を基準にしてものごとの正否を判定しているのに対し、国民国家はとりあえず「寿命100年以上の生物」を基準にしてものごとの正否を判定しているということです。ある意味では「それだけの違い」です。

日本の「会社」組織の平均寿命は5〜7年である。
つまり日本の平均的な企業はその寿命の期間のことしか考えないで活動している。
たとえばある企業が公害を垂れ流したり、北朝鮮に輸出が禁止されている機器をひそかに売ったりするのは、それが発覚して問題化するまえに会社が潰れているから、気にする必要などないからです。
これは日本の政党にもいえることです。笑 政権にもいえるでしょう。笑
大臣がコロコロ変わり、野党がコロコロと名前を変える。だれも数年先の結果責任を負わない。
とめどなくあらゆるものごとの「寿命」が短くなっている。

そういう社会ではたして国家百年の計など成り立つわけがない。だから教育も医療も、数年で利益を出すことに奔走して、患者の命など二の次になる。笑
日本の経済を「寿命」という面から見ると、いろいろなものが見えてくる。

いまテレビドラマで「嵐」の櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」というのを見ているですが、まさしくこの問題を扱っていて、ニヤッとした次第です。

続く

【13330】安倍政権がやろうとしていること〜財政出...
 かっくるなかしま  - 17/10/28(土) 13:33 -

引用なし
パスワード
   消費増税の使途の見直しは、

先般の衆院解散の主たる要件ではないけれど、

経済政策の持続性と政策目標の達成をサポートするという点では、

十分な意義を備えていると言えるでしょう。

平たく言えば、解散の理由にはならないが、政策として理にかなっている。

・・・

選挙を終えて安倍政権が何をやろうとしているか? と言えば、一には緊喫の外交・安全保障であるが、

内政においては、

「デフレ・ギャップ」の解消、そのための有効需要の追加的な創出にあることは、既定路線と言えるでしょう。

来年の年初、通常国会での(大型)補正予算。

将来の消費増税の使途である「教育投資」(所謂人作り)の先行前倒し実施、その他。

補正予算は必至であるにせよ、将来の増税予想(市場期待)に繋がりデフレ期待をもたらすから、予め公約で使途を示すことで、

将来の増税→景気の腰折れ予想→今現在の投資・消費マインドの萎縮という悪循環を阻む、

そうした点で、

選挙の争点消費増税は、解散の理由にはならないが、

政策として理にかなっている、となるでしょう。

ーーーーーーーーーーーー

以下、関連情報を追記、としておきましょう。

ttps://w
ww.google.co.jp/amp/jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKBN1CV1Q3
(ロイター、「安倍首相、来月1日に補正予算編成を指示、政府筋」、2017/10/26/08:49PMJST)

ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/53286?page=4
(現代is、高橋洋一、「大勝をおさめた安倍政権がまずやるべき経済政策はコレだ」、2017/10/23)

ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/53312?page=2
(現代is、安達誠司、「ポスト安倍政権、目指す野党が掲げるべき経済政策とは?」、2017/10/26)

ーーーーーーーーーーーー

【13333】Re:安倍政権が今やろうとしていること ...
 かっくるなかしま  - 17/10/28(土) 19:05 -

引用なし
パスワード
   ▼阿怪さん:

こんばんは。

ご意見、拝見しております。

こちら(↓)の「利益相反」という現状とその重要性については、阿怪さんと認識と同意を共有しつつも、

同時に安倍政権の取り組みという点では、意見を異にするところがあり、

私見を申し述べさせて頂きますm(__)m

>安倍政権の経済政策を思想的というか哲学的な面から眺めてみると、
>この国では(というか世界の主要先進国すべてにあてはまるのだが)、
>「グローバル資本主義」と「国民国家」の利益相反という事態が生じている。

同意するところなのですが、

他方で、私の歴史理解では、戦後(1945)〜冷戦終結(1991、ソ連崩壊)までの期間がやや特殊で、冷戦終結以降、戦前(おおよそ1935以前)のバリバリの資本主義の時代に欧米が「先祖返り」して、我が国の場合は、憲法の制約と平成バブル崩壊の後遺症で、大きな流れに乗り損なったと観ています。

「禍福は糾える縄の如し」で、その流れに乗り損なったが故に、経済的にパッとしないが、今の欧米のようには社会的分断を免れた、といったところではないでしょうか。

まずはデータで。

ttp://w
ww2.ttcn.ne.jp/honkawa/4660.html
(社会実情データ図録、所得格差の推移)

以前は、戦前の欧米のデータも収録されていましたが、なくて残念。

我が国について言えば、ご覧の通り、国民意識は今より高かったにせよ、格差社会でした。

また、当時はグローバル資本主義とは言わず、帝国主義でしたが、

戦前の大日本帝国が国民国家ではなく、むしろ今のEUに類似の「汎国家」であったこともまた、事実でしょう。典型的には満州国の「五族協和」に見られる通り(↓)。

ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/五族協和_(満州国)

また、仕事での必要上、本邦金融史を一四半世紀フォローしてきましたが、

日米開戦前の数年間、我が国は事実上、英米とは中国で通貨戦争を行っていて、典型的には、当時銀本位制に中華民国があったことから、日中戦争での中国の継戦能力を削ぐため、銀の国際商品市場に介入し、銀相場を暴落させることまでやってのけ、土壇場で英米が中国に信用供与して、当時の中華民国を救済するという経緯が史実であり、後の英米との開戦の伏線でもあります。

今でこそグローバル資本主義で欧米の後塵を拝しているが、戦前の大日本帝国は、所謂、帝国主義(今のグローバル資本主義)の「模範生」であったが故に、戦後、欧米戦勝国から警戒され、憲法による制約を受けている、というのが、ざっくりとしたマイ日本史です。

・・・

安倍政権はどういうものなのか? という私見はありますが、

阿怪さんのご意見には続きがあるということなので、改めて申し添えたく存じますが、

以下に含まれる内田樹氏の見解につき、二点、データを添えながら申し上げると、

まず、会社の寿命5年、7年というのは、内田氏のオリジナルではなく、もともとは日経ビジネスによるこちら(↓)の調査なのです。

ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090212/185916/?ST=smart
(日経ビジネス、【会社の寿命】今や"寿命"はわずか5年、2009/02/18)

今から12年前の記事であるということと、そこで定義されている「寿命」というのは、普通の意味での寿命ではなく、上場企業の「時価総額」のランキングが、大きく入れ替わった、という話なのです。

時価総額のランキングがなぜ、大きく入れ替わったのか?

大きく一つには金融要因ですが、もう一つには、技術革新要因であり典型的に「インターネット」の勃興で、二つの要因がいずれも1995年前後に大きく変化したため、10年後の上場企業の時価総額が大きく変わったのです。

会社の寿命5年、7年というのは、結果であって原因ではないのです。

もう一つ、出典となっている内田氏によるこちら(↓)ですが、

ttp://blog.tatsuru.com/2013/03/11_1658.php
(内田樹、「下流志向、韓国語版序文」、2013/03/11)

内田氏の「下流志向」(2007)は、当時、格差論が広く語られる中で、格差論に対し批判的であるという点で異彩を放っていましたが、韓国版に序文を寄せている2013年当時は、リーマンショック(2008)、欧州グローバルソブリンショック(2010)を既に経ていて、誰の目にも所謂グローバル資本主義が壁にぶち当たったことは明らかなので、論としての切り込みのエッジは、「下流志向」に比べて鈍くなっていると思われます。

また、私見では、内田氏は神戸女学院大学の退官を前後に、大阪での市長選へのコミットもあったのでしょうが、内田氏の論が所謂、革新陣営へと鞘寄せして、左派系文化人の様相に転じてしまったことを残念に思っています。

長々と失礼しました。

ではまた(^-^ゞ

ーーーーーーーーーーーー

>国民国家に対する帰属意識が少ない企業ほど国民国家から多くのサービスを期待できるという倒錯した法則が成立する社会になっている。


>ここで両者の定義が必要だろう。

>1.国民国家というのは、国境があり、官僚制度があり、常備軍があり、国籍と帰属意識を持つ「国民」を成員とする共同体のことです。
>と、内田樹という自称思想家は説明するが、こんな定義は必要もないだろう。あたりまえのことだ。犬畜生だって一種の〈国民国家〉意識を本能的に形成している。たとえばオオカミの群れのリーダーは成員のために敵と戦い、縄張りを守り、餌をとり、それらを成員と分け合う。成員はリーダーを崇め、その統率のもとに動く。

>もしオオカミの各グループのリーダーたちが、成員を無視して、互いの他のグループのリーダーたちだけで獲物のおいしいところを分け合い、成員にはわずかしか獲物を与えないどころか、餓死しても平気でいるようなら、もはやグループなどというものは成立しない。各グループは各リーダーたちの道具でしかなく、自然の営みは根本から覆され、あらゆる関係がずたずたになってしまう。これがいわゆる現在世界に現象しているグローバリズムであるといえる。

>2.グローバル企業はもはや特定の国民国家には帰属していない。経営者も株主ももう同じ国の国民ではない。言語も宗教も生活習慣も異にしている。
>と内田樹は定義する。
>彼らに共通するのは、企業の収益を増やし、株価を上げ、適切なタイミングで売り抜けて自己利益を確保すること、それだけである。
>日本の大企業はすでにほとんどがグローバル化したか、しつつある。そういう企業は同胞の雇用にも、企業城下町の支援にも、祖国の国益の増大にも、もう関心がない。仮に関心があっても、外国人株主からは「そんな余分な金があるなら株主に配当しろ」というクレームがつくだろう。

>つまりこういうことだ。国民国家の長(日本なら安倍首相)は、本来なら日本国という法制下に居住し、税を収めている国民たちの利益のために政治をしなければならないのに、本能の壊れたオオカミの群れのリーダーたちのように、私利私益の充足のために政(まつりごと)を行っている。

>国富を私財に移し替えることに熱心な人間、公共の福利よりも私利私欲を優先する人間を当の国家が全力で支援する。それが今、アメリカでも中国でも日本でも、そしておそらく韓国で起きていることの実相だと、自称思想家の内田樹はいう。

>面白いのは以下の指摘だ。これはさすがに思想家でなければなかなか見抜けない卓見だとおもう。

>●グローバル資本主義は「寿命が5年の生物」を基準にしてものごとの正否を判定しているのに対し、国民国家はとりあえず「寿命100年以上の生物」を基準にしてものごとの正否を判定しているということです。ある意味では「それだけの違い」です。

>日本の「会社」組織の平均寿命は5〜7年である。
>つまり日本の平均的な企業はその寿命の期間のことしか考えないで活動している。
>たとえばある企業が公害を垂れ流したり、北朝鮮に輸出が禁止されている機器をひそかに売ったりするのは、それが発覚して問題化するまえに会社が潰れているから、気にする必要などないからです。
>これは日本の政党にもいえることです。笑 政権にもいえるでしょう。笑
>大臣がコロコロ変わり、野党がコロコロと名前を変える。だれも数年先の結果責任を負わない。
>とめどなくあらゆるものごとの「寿命」が短くなっている。

>そういう社会ではたして国家百年の計など成り立つわけがない。だから教育も医療も、数年で利益を出すことに奔走して、患者の命など二の次になる。笑
>日本の経済を「寿命」という面から見ると、いろいろなものが見えてくる。

>いまテレビドラマで「嵐」の櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」というのを見ているですが、まさしくこの問題を扱っていて、ニヤッとした次第です。

>続く

ーーーーーーーーーーーー

【13334】Re:安倍政権が今やろうとしていること (...
 かっくるなかしま  - 17/10/28(土) 19:35 -

引用なし
パスワード
   下記の箇所につき、訂正っす。

ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090212/185916/?ST=smart
(日経ビジネス、【会社の寿命】今や"寿命"はわずか5年、2009/02/18)

(誤) 今から12年前の記事であるということと、

(正)→ 今から8年前、

に訂正っす。

ーーーーーーーーーーーー

・ツリー全体表示

【13323】安倍政権、狂気の移民政策
 阿怪  - 17/10/26(木) 8:43 -

引用なし
パスワード
   日本は表向きは今でも単純労働者は受け入れていない。
しかし、この数年で外国人労働者の受け入れは100万を突破している。
調べてみると2012年に第二次安倍内閣が発足してからの増加は凄まじく、'13年から'16年までの4年間で60万人も増えた。

問題は安倍が世界の趨勢に逆らって移民を増やす理由がさっぱり不明なことだ。
かつて移民政策をとってきたカナダは'14年に移民政策を見直すと声明したのだが、逆に安倍は世界で唯一、大々的な移民政策をこっそりと行っている。

一説には少子化が進むと人手不足が深刻になるからだという。
結果、経済が停滞し、国民総生産がマイナスになるから、それを防ぐためには移民政策しか方法がないと。そういうもっともらしい説明をしている。

バカ抜かせ。笑

かつて少子化が進んだ国でGDPが減少した国は一国もない。
総人口や労働者人口(総人口に占める16歳〜64歳の人口。ちなみに日本の総人口は減っていない。減っているのは労働者人口。それもかなり少ない))が減少した国で、経済が停滞した国はない。

なぜなら人口が減れば一人あたりの生産性向上が当然にはかられ、結果、GDPは向上するからだ。
つまり人口なんて減れば減るほどGDPは上向きになるのが自然の道理のはず。それがそうならないのはなんらかの意図的な抑圧があるからだ。

2000年から2015年までのあいだに労働者人口が減った国は、ジョージア、ラトビア、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、ドイツ、日本など20ケ国ほどだが、このうちジョージアなどは毎年、日本の14倍の速さで人口が減っている。日本は一番少ない。ところが日本以外の全ての国は人口減少のお陰で生産性向上に励み、軒並み経済成長をなしとげている。

じゃ、どうして日本だけ人口減少で経済成長が鈍麻しているのか。そりゃ当然だ。政府が緊縮財政をして国内に投資しないのだから、一人一人の生産性向上などありえない。
しかも、労働力不足のために移民受け入れなどという愚かな政策のお陰でますます国内生産性が減衰する。
カナダが14年に移民政策を考え直したのは移民がひとつも国益に寄与しないことがあきらかになったからだ。

じゃ、安倍はそこまでしてなぜ移民政策など行うのか? これは単純な理由で、ただただ、廉価な労働力を大企業に供給したいからだ。
要するに、政治家でありながら日本国民大衆庶民のことなど一ミリも考えておらず、一労働力として外人と同じに国民の存在を考えている。
これはもはや政治とはいえない。

続く

・ツリー全体表示

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃老人党どっと混むトップページ  
2 / 22 ページ ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free